close

Enter

Log in using OpenID

忘れ去られた「益税」問題 このままでは消費税への信頼が落ちる

embedDownload
このページを印刷する
【第 70 回】 2014 年 4 月 28 日
森信茂樹 [中央大学法科大学院教授 東京財団上席研究員]
忘れ去られた「益税」問題
このままでは消費税への信頼が落ちる
消 費 税 率 が 8% へ と 引 き 上 げ ら れ た に も か か わ ら ず 、従 来 か ら 言 わ れ て
い た「 益 税 」の 問 題 が 、マ ス コ ミ な ど で 取 り 上 げ ら れ る 機 会 が め っ き り
少 な く な っ た 。し か し「 益 税 」を 生 む 制 度 は 残 っ て お り 、そ の 金 額 も 増
加 す る 。そ こ で 、そ う し た「 益 税 」を 生 む 制 度 の 適 用 範 囲 を 縮 小 し て い
く こ と が 消 費 税 制 度 の 信 頼 を 高 め る こ と に な る 。与 党・財 務 省 の さ ら な
る努力を期待したい。
なぜ簡易課税制度で
益税が発生するのか
「 益 税 」と は 消 費 者 か ら 預 か っ た 消 費 税 の 一 部 が 事 業 者 の 手 元 に 残 る こ
と を 言 う 。現 在「 益 税 」と い う 問 題 を 明 確 に 生 じ さ せ て い る の は 、簡 易
課税税制度と免税事業者制度という 2 つの消費税制度である。
簡 易 課 税 制 度 と い う の は 、 2 年 前 の 年 間 課 税 売 上 高 が 5000 万 円 以 下
の 事 業 者 に つ い て 適 用 さ れ る 制 度 で 、法 令 で 定 め ら れ た「 み な し 仕 入 率 」
を 使 っ て 売 上 税 額 か ら 仕 入 税 額 を 計 算 し 、そ れ を も と に 消 費 税 額 を 納 税
する制度である。
こ の 制 度 は 、消 費 税 の 本 則 計 算 に 伴 う 中 小 事 業 者 の 事 務 負 担 に 配 慮 す
る 観 点 か ら 、簡 素 な 方 式 に よ る 納 税 額 の 計 算 を 認 め る 趣 旨 で 設 け ら れ た
もので、業種ごとに「みなし仕入率」が設定されている。
法令で定められている「みなし仕入率」は、以下のとおりである。
第 1 種 事 業 (卸 売 業 )
90%
第 2 種 事 業 (小 売 業 )
80%
第 3 種 事 業 (製 造 業 等 )
70%
第 4 種 事 業 (そ の 他 )
第 5 種 事 業 (サ ー ビ ス 業 等 )
60%
50%
こ れ に 対 し て 、会 計 検 査 院 か ら 、実 際 の 課 税 仕 入 率 と の か い 離 が 大 き
い 業 種 が あ る と の 指 摘 を 受 け た 。つ ま り 、実 際 の 仕 入 率 に 比 べ て 多 い 割
合 で「 み な し 仕 入 率 」が 決 め ら れ て お り 、そ こ に「 益 税 」が 発 生 し て い
る業種があるという指摘である。
そ も そ も 消 費 税 は 、売 上 に か か る 消 費 税 額 か ら 仕 入 れ に か か る 消 費 税
額を控除して納税する。
例 え ば 、あ る 小 売 事 業 者 が 、 税 込 み で 3240 万 円( 税 抜 き で 3000 万
円 )の 仕 入 れ が あ り 、税 込 み で 4320 万 円( 税 抜 き で 4000 万 円 )の 売
上 を 行 っ て い る と し よ う 。こ の 事 業 者 は 、簡 易 課 税 制 度 の 下 で は 、小 売
業 の み な し 仕 入 率 で あ る 80% を か け た 3200 万 円 を 仕 入 額 と す る こ と
が で き る の で 、 ( 4000-3200) ×8% = 64 万 円 が 納 税 額 と な る ( 注 ) 。
こ の 制 度 を 使 わ ず に 本 則 で 納 税 額 を 計 算 す る と 、4000×8% - 3000×
8% = 80 万 円 と な る の で 、こ の 制 度 の お か げ で 80 万 円 -64 万 円 =16 万
円 低 く な り 、こ の 部 分 が 事 業 者 の 手 元 に 残 る「 益 税 」と い う こ と に な る 。
そ こ で 、 自 民 党 と 公 明 党 は 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 で 、 「 み な し 仕
入率」を厳しくする方向で見直した。
し か し 後 述 す る 通 り 、課 税 当 局 が い く ら 適 正 な「 み な し 仕 入 率 」を 設
定 し た と し て も 、有 利 な 者 だ け が 適 用 を 受 け る と う 実 態 が あ る た め 、結
果 と し て 、甘 い「 み な し 仕 入 率 」と な っ て し ま う と い う 問 題 が 残 る の で
ある。
( 注 )制 度 上 は 、「 売 上 税 額 ×み な し 仕 入 率 = み な し 仕 入 税 額 」と な っ て い る が 、制
度を分かり易く説明する観点から上記計算例とした。
本則と簡易課税制度
どちらが有利かを比較して納税
具 体 的 に は 、平 成 27( 2015)年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 す る 課 税 期 間 か
ら、① 金融業及び保険業を第 5 種事業とし、そのみなし仕入率を現行
の 60% か ら 50% へ と 変 更 す る 。 ② 不 動 産 業 を あ ら た に 第 6 種 事 業 と
し 、そ の「 み な し 仕 入 率 を 現 行 の 50% か ら 40% へ と 変 更 す る 、と い う
内容である。
従来から甘いとの指摘があった分野での「みなし仕入率」の変更は、
筆 者 も 、第 24 回 の 本 欄 で 取 り 上 げ た と こ ろ で あ り 、評 価 す べ き で あ る 。
し か し こ の 制 度 に は も っ と 本 質 的 な 問 題 が あ る 。そ れ は 、こ の 制 度 が 、
本来の趣旨とかけ離れた形で運用されているということである。
具 体 的 に は 、多 く の 適 用 事 業 者 は 、本 則 で 自 ら の 消 費 税 納 税 額 を 計 算
した上で、
「 み な し 仕 入 率 」を 使 っ た 場 合 と ど ち ら が 有 利 か を 比 較 し て 、
有利な方で納税しているということである。
そもそもITの発達で会計ソフト計算は誰でも安価に手に入れるこ
と が 可 能 に な っ て い る 。本 則 で 消 費 納 税 額 を 計 算 で き る 事 業 者 は 、圧 倒
的 に 増 え て い る は ず だ 。そ れ に も か か わ ら ず こ の 制 度 の 適 用 上 限 は 、平
成 16( 2004) 年 か ら 変 わ っ て い な い 。
ち な み に 消 費 税 課 税 事 業 者 の う ち 簡 易 課 税 を 適 用 し て い る 者 は 、 126
万 ( 平 成 24 年 度 ) で 、 こ の 制 度 に よ る 減 収 額 は 1000 億 円 程 度 と 試 算
されている。
本 則 で き ち ん と 消 費 税 額 が 計 算 で き る 事 業 者 が 増 え 、有 利 な 方 で 納 税
計 算 を す る こ と が 蔓 延 し て い る か ら 、こ れ を 防 止 す る た め に 、簡 易 課 税
制 度 の 適 用 上 限 額( 現 在 5000 万 円 )を 大 幅 に 引 き 下 げ る べ き で は な い
か。
諸外国には例のない
特異な免税事業者制度
も う 一 つ 問 題 は 、免 税 事 業 者 制 度( 事 業 者 免 税 点 制 度 )で あ る 。こ の
制 度 は 、2 年 前 の 年 間 課 税 売 上 高 が 1000 万 円 以 下 の 事 業 者 に つ い て 適
用されるもので、消費税の納税義務が免除される。
小規模な事業の事務負担や税務執行コストへの配慮から設けられて
いるものである。
問 題 は 、事 業 者 の 事 務 負 担 や 免 税 事 業 者 が 取 引 か ら 排 除 さ れ な い よ う
に と い う 配 慮 か ら 、つ ま り 、税 額 を 別 記 し た イ ン ボ イ ス 制 度 が 採 用 さ れ
て い な い た め 、売 手 が 課 税 事 業 者 か 免 税 事 業 者 か 分 か ら な い た め 、免 税
事業者からの仕入れについても仕入税額控除が認められていることで
ある。
本 来 な ら 、免 税 事 業 者 は 消 費 税 を 納 め て い な い の で 、こ こ か ら 仕 入 れ
た 事 業 者 は 購 入 者 か ら 受 け 取 っ た 消 費 税 の 全 額 を 納 め る の が 筋 。免 税 事
業 者 制 度 が あ る た め に 、仕 入 れ た 事 業 者 、免 税 事 業 者 双 方 に 益 税 が 発 生
する。
免 税 事 業 者 制 度 は 欧 州 諸 国 で も 導 入 さ れ て い る 制 度 だ が 、消 費 税 を 負
担 し て い な い 業 者 か ら の 仕 入 れ に 仕 入 税 額 控 除 を 認 め る 制 度 は 、諸 外 国
に 例 を 見 な い 我 が 国 に 特 異 な 制 度 で あ り 、確 実 に「 益 税 」を 生 み 出 し て
い る 。も っ と も 、免 税 事 業 者 で あ っ て も 、そ の 仕 入 れ に 際 し て は 消 費 税
を 負 担 し て い る こ と か ら 、仕 入 控 除 さ れ る 税 額 の す べ て が「 益 税 」と い
うわけではないことにも留意が必要である。
こ れ を 是 正 す る に は 、イ ン ボ イ ス 制 度 を 導 入 し 、事 業 者 間 取 引 を 行 う
事業者には課税事業者としての対応を求めていくことが正しい姿と筆
者 は 考 え る 。そ れ ま で の 間 は 、免 税 事 業 者 の 適 用 範 囲 を 縮 小 す る こ と が
必要ではないか。
ち な み に 、免 税 事 業 者 は 、個 人 を 中 心 に 500 万 者 を 超 え る と い わ れ て
お り 、 こ の 制 度 に よ る 減 収 額 は 2000 億 円 と 推 計 さ れ て い る 。
消 費 税 率 が 10% に 引 き あ れ ば 、 こ の 「 益 税 問 題 」 は 、 ま す ま す 大 き
な 問 題 と な り 消 費 税 制 度 の 信 頼 を 傷 つ け る 。早 急 に 対 処 す る こ と が 望 ま
しい。
DIAMOND,Inc. All Rights Reserved.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
637 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content