close

Enter

Log in using OpenID

市場別動向と取組み

embedDownload
「市場別動向と取組み」
2011年6月24日(金)
取締役
営業サービス本部 副本部長
新名 清人
市場別動向と取組み
1.水晶市場規模と当社シェア
2.市場別動向とNDKの取組み
3.新製品紹介
2
1.水晶市場規模と当社シェア
3
1.水晶市場規模と当社シェア
水晶の主要市場と用途
移動体通信市場
AV・OA市場
・携帯電話/スマートフォン
・テレビ(液晶・PDP)
・パソコン/周辺機器(HDD、USBメモリー等)
・ゲーム機
・デジタルスチル/ビデオカメラ
・デジタルポータブルオーディオ
・サーバー
・その他オフィス機器
・GPS、PND
・データカード
・コードレス電話
・その他 移動無線装置
水晶デバイスはエレクトロニクス社会の
固定通信市場 あらゆる場面で活躍しています
車載市場
・伝送装置(光通信関連装置、WDM等)
・移動体通信基地局
・衛星通信関連
・デジタル放送用装置
・加入者無線用装置
・その他通信端末(ルーター、モデム等)
・エンジンコントロール
・カーナビゲーション
・エアバック
・キーレスエントリーシステム/スマートキー
・タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム
・ITS関連各種機器
・テレマティクス関連各種機器
4
1.水晶市場規模と当社シェア
水晶製品生産推移(数量ベース)
(QIAJ:日本水晶デバイス工業会)
<QIAJ予測>
11年度は、10年度に引続きプラス
(但し、震災の影響は加味していない)
5
1.水晶市場規模と当社シェア
QIAJにおける当社シェア(金額)
(QIAJ:日本水晶デバイス工業会)
当社シェア
22%
2010年度
QIAJ合計
2,279億円
6
2.市場別動向とNDKの取組み
7
*携帯電話市場
*AV/OA市場
*固定通信市場
*車載市場
8
2.市場別動向とNDKの取組み 携帯電話市場
水晶製品を使用する携帯電話の機能
RF
GPS
TV
チューナ
Bluetooth
W-LAN
携帯電話には2~8個の
水晶製品が使用されている
時計
カメラ
RFID
(フェリカ)
9
2.市場別動向とNDKの取組み 携帯電話市場
携帯電話生産台数実績と予測
単位:百万台
2,000
113%
113%
106%
106%
97%
100%
1,500
1,443
1,000
1,130
120%
1,536
1,627
80%
1,273
60%
台数
前年比
40%
500
20%
0%
0
2009
2010
2011
2012
2013
<携帯電話の動向>
*携帯電話の生産は今後も伸びる。2011年は、対前年13%の伸び。
10
2.市場別動向とNDKの取組み スマートフォン市場
携帯電話全体に占めるスマートフォンの割合
単位:百万台
2,000
38%
35%
31%
1,500
1,536
40%
1,627
30%
1,443
通常端末
1,273
1,130
1,000
16%
22%
990
1,005
スマートフォン
1,010
20%
スマートフォン
構成比
987
952
500
0
10%
178
286
2009
2010
453
531
617
0%
2011
2012
2013
NDKの取組み
◆ 水晶製品を多く使用するスマートフォンへの参入・拡販
◆ スマートフォンなどに搭載されているGPS用水晶発振器(TCXO)で拡販
11
*携帯電話市場
*AV/OA市場
*固定通信市場
*車載市場
12
2.市場別動向とNDKの取組み AV/OA市場
セット機器1台当りの水晶製品使用数
薄型TV
8~12個
ゲーム機
(Wii、PS3、Xbox)
4~6個
ノートパソコン
5~7個
*使用される水晶製品数は、セット機器の設計や高級機/ローコスト機等により異なるがここに記したのは一例。
13
2.市場別動向とNDKの取組み AV/OA市場
AV/OA機器の主なセット機器生産台数推定
単位:百万台
5,000
118%
110%
4,000
3,000
2,924
3,213
108%
3,465
108%
3,728
120%
100%
80%
2,483
60%
2,000
40%
1,000
20%
0%
0
2009
2010
2011
2012
2013
STB
PortableAudio
Game
Printer
PC(Desktop)
DSC/DVC
Blu‐Ray
LCDMoniter
USBMemory
PC(Notebook)
TV(LCD,PDP)
Tuner
WLAN
HDD
前年比
<AV/OAセット機器全体の動向>
*2010年以降も堅調な成長の見通し
*ネット利用の増大によるタブレットも含めたPC関連機器の伸び、AV機器へのHDD
やWiFiの搭載が進んだことにより需要は堅調な伸びを示している。
14
2.市場別動向とNDKの取組み AV/OA市場
AV/OA機器の生産地域割合
北米 その他
2%
1%
日本
4%
中南米
5%
欧州
AV/OA機器生産地域動向
6%
*大きく伸びるAV/OA製品
の生産場所は、主に中国圏。
世界の65% を占めている
(2010年)。
アジア
17%
中国圏
65%
NDKの取組み
◆AV市場:日系及び韓国メーカーでの認定活動を行い、中国で拡販
◆OA市場:米国及び台湾メーカーでの認定活動を行い、中国で拡販
15
*携帯電話市場
*AV/OA市場
*固定通信市場
*車載市場
16
2.市場別動向とNDKの取組み 固定通信市場
通信量の爆発的増加
<通信量の動向>
*高精細動画像系データの増加により、2010年⇒2015年で26倍増の予測
17
2.市場別動向とNDKの取組み 固定通信市場
海底ケーブルの敷設状況
◆海底ケーブルの陸揚局に水晶発振器が使用される
18
2.市場別動向とNDKの取組み 固定通信市場
有線通信…光通信装置
メーカー別シェア
出荷金額
単位:百万$
Total
20,000
109%
2010年
前年比
109%
109%
120%
OTHERS
17%
100%
100%
90%
15,000
80%
60%
10,000
40%
5,000
20%
0%
0
2009
2010
2011
2012
(金額ベース)
2013
NEC
4%
Huawei
(中国)
23%
Ericsson
4%
NokiaSiemens
4%
CISCO
5%
富士通
7% CIENA ZTE(中国)
10%
8%
Alcatel‐
Lucent
(フランス)
18%
NDKの取組み
◆成長が見込まれる中国上位顧客への取り組みを強化
19
2.市場別動向とNDKの取組み 固定通信市場
無線系…携帯電話基地局
単位:千台
2,000
メーカー別シェア
出荷台数
111%
109%
107%
108%
95%
120%
100%
WiMAX
1,500
80%
CDMA
LTE
1,000
60%
3G
40%
500
20%
0
0%
2009
2010
2011
2012
GSM/GPRS
/EDGE
前年比
OTHERS
ZTE 6%
(中国)
4%
Alcatel‐
Lucent
(フランス)
15%
Huawei
(中国)
19%
2013
(金額ベース)
2010年
Ericsson
(スウェーデン)
35%
Nokia‐
Siemens
(フィンランド)
21%
NDKの取組み
◆お客様との関係の一層強化による拡販
20
*携帯電話市場
*AV/OA市場
*固定通信市場
*車載市場
21
2.市場別動向とNDKの取組み 車載市場
水晶デバイスを使用する各種カーエレクトロニクス機器
自動車には、マイコンの基準クロック用・無線通信用途等で多くの水晶製品が使用されます
(小型車で約20個、高級車で約100個)
電子制御パワステ
カーナビゲーション
盗難防止装置
キーレスエントリー
ヘッドアップディスプレイ
後方監視カメラ(CCD)
ETC
後方障害物センサー
(ソナー/超音波)
エンジンコントロール
前方視認性カメラ
(CCD)
電子制御サスペンション
エアバック
横滑り防止装置
TPMS(空気圧センサー)
ABS
電子制御トランスミッション
車々間/路車間センサー
(ミリ波レーダー)
22
2.市場別動向とNDKの取組み 車載市場
自動車世界生産台数 国別実績と予測(トラック、バス除く)
単位:万台
14,000
121%
104%
12,000
10,000
108%
120%
6,922
7,182
7,773
8,386
中東・アフリカ
中東欧
100%
87%
8,000
6,000
108%
80%
南米
西欧
北米
5,744
60%
4,000
40%
2,000
20%
アジア
中国圏
日本・韓国
前年比
0%
0
2009
2010
2011
2012
2013
<自動車生産の動向>
*2009年は生産台数が落ちたが、2010年に大幅に回復。
それ以降堅調な伸びの予測。
*2009年は中国が生産・販売ともに世界一。
23
2.市場別動向とNDKの取組み 車載市場
ハイブリッドカー・電気自動車の世界生産台数予測
単位: 万台
自動車生産数
12,000
7.5%
10,000
10%
8.1%
8.5%
8%
6.4%
8,000
6,000
割合
HEV/PHEV/EV生産数
5.6%
3.6%
4,000
5,993
3.7%
6,882
7,382
7,820
8,300
8,792
9,232
4%
2%
2,000
215
6%
257
412
497
626
714
782
0
0%
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
NDKの取組み
◆ ハイブリッドカーでの売上増/電気自動車への認定活動
◆ 情報機器、及び法制化対象機器など、今後伸びる用途への認定活動
24
3.新製品紹介
25
3.新製品紹介…LTE 基地局向け高精度OCXO
*LTE(次世代高速通信)の携帯電話基地局には高精度OCXOが必要
■±1ppbの高精度を実現したOCXO(恒温槽使用の発振器)を開発。
■LTEの世界的な普及はこれからだが、既存のFOMAなどの3G通信規格と
マルチ化された基地局の設置が進む。
単位:千台
1,600
【 基地局 出荷台数推移 】
1,400
WiMAX
NH37M28LC
1,200
CDMA
1,000
LTE
マルチ基地局化
(LTE+3G)が進む
800
600
3G
400
サイズ:
37(L)×28(W)×19(h) mm
GSM/GPRS
/EDGE
200
0
2009
2010
2011
2012
2013
26
3.新製品紹介…フェムトセル基地局向け高精度TCXO
*フェムトセル基地局=家庭やオフィスに設置される携帯電話用の小型基地局
■OCXOレベルの高安定をTCXOで:
・ OCXOの高安定(±100ppb)を小型化が可能なTCXOで実現
■恒温槽を使用しないことによるメリット:
・ 小型(7 x 5 x 2.0mm)
・ 消費電力が少ない
・ 立ち上がり時間が短く、電源投入後、瞬時に使用可能
【 総合周波数安定度範囲 】
<NT7050BB>
外形寸法
7.0×5.0×2.0mm typ.
【 消費電力 】
(Type)
新製品の領域
SPXO
TCXO
OCXO
0.001
0.01
0.1
(100ppb)
1
10
100 (ppm)
27
ご清聴ありがとうございました。
今後ともご支援のほど、
宜しくお願い申し上げます。
【注意事項】
当プレゼンテーション中、当社の現在の計画、概算、戦略、判断などの記載、また、その他の既に確定した
事実でない記載は、将来の業績についての見通しに関するものです。これらの見通しは、現在入手可能な
情報による当社経営者の判断に基づくものです。実際の業績は、さまざまな重要なリスク要因や不確実な
要素により、見通しの中で説明されている業績から大きく異なる可能性もあり、これらの見通しに過度に依存
されないようお願いいたします。また、新たな情報、将来の事象、その他の結果にかかわらず、当社が見通し
を常に見直すとも限りません。リスクや不確実な要素には、為替変動、製品に対する需要変動、開発・生産
能力、関係会社の業績、及びその他のリスクや不確定要素を含みます。
28
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
530 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content