close

Enter

Log in using OpenID

カード会員規約

embedDownload
カード会員規約
一般条項
第 1 条(本人会員および家族会員等)
(1)本人会員とは、本規約を承認のうえ、山陰信販株式会社(以下「当社」といいます。)に、次条第 1 項に定
める 4 種類のカードのうち 1 種類を選択して当社所定の申込書により入会の申込みをされ、当社が入会を
認めた方をいいます。
(2)本人会員が代理人として指定した家族で、本規約を承認のうえ家族会員としての入会の申込みをされ、
当社が入会を認めた方を家族会員とします。なお、当社の都合により家族会員を指定できない場合があり
ます。
(3)本人会員は当社が家族会員用に発行するカード(以下「家族カード」といいます。)を、本規約にもとづき
本人会員の代理人として家族会員に利用させることができ、家族会員は、本規約にもとづき本人会員の代
理人として家族カードを利用できるものとします。家族会員による家族カードの利用はすべて本人会員の
代理人としての利用となり、本人会員は本人会員と家族会員(以下両者を「会員」といいます。)の本規約
にもとづく一切の債務につき責任を負うものとします。
(4)家族会員は、当社が家族カードの利用内容・利用状況等を本人会員に対し通知することをあらかじめ承
諾するものとします。
(5)会員と当社との契約は、当社が入会を承認したときに成立します。
第 2 条(カードの貸与と取扱い・有効期限)
(1)本規約に定めるクレジットカードには、当社の発行する「SC クレジットカード」
、VISA カード機能を有
する「SC・VISA カード」
、JCB カード機能を有する「SC・JCB カード」があります。また、当社と個
別加盟店との契約による、加盟店の屋号・加盟店名等をカード名称としたクレジットカード(以下、
「提携
カード」といいます。)も含むものとします。以下、これらを総称して「カード」といいます。本規約中
の VIAS カード機能に関する規定は「SC・VISA カード」および「SC・VISA カード」機能も併せ持つ提
携カードに適用するものとし、JCB カード機能に関する規定は「SC・JCB カード」および「SC・JCB
カード」機能も併せ持つ提携カードに適用するものとします。
(2)当社は本契約に関し、会員 1 名につき、1 枚のカードを発行し、貸与いたします。なお、カード所有権は
当社に属します。
(3)当社がカードを貸与したときは、会員は直ちにカードの署名欄に自署をしなければなりません。また、
善良なる管理者の注意をもって、カードを使用し保管しなければなりません。
(4)カードは、カード上に表示された会員のみが利用でき、カード上に表示された名義人以外の者(以下「他
人」といいます。)に、譲渡、質入れその他の担保提供、貸与、寄託、占有の移転その他一切の処分をす
ることはできません。なお、当社が必要を認めてカードの返却を請求したときは、会員はこれに応じるも
のとします。
(5)カード上には、会員番号、会員氏名、有効期限等が表示されますが、会員はこれらの表示事項を他人に
使用させることはできません。
(6)会員が本条第 3 項、第 4 項、第 5 項に違反し、カードまたはカードの表示事項が他人に使用されたとき
は、その利用代金の支払いは会員の負担となります。
(7)カードの有効期限は、当社が指定しカード上に表示します。当社が引続き会員として適当と認める場
合は、当社所定の時期に有効期限を更新した新しいカードと会員規約を送付します。ただし、会員が満
75 歳を超えた場合、本契約の全部もしくは一部を更新しないことがあります。会員は、新しいカードの
送付を受けたときは、当社が特に指示した場合を除き、従前のカードは、会員の責任において切断する等
使用不能の状態にして、処分していただきます。なお、カードの有効期限内におけるカード利用によるお
支払いについては、有効期限後といえども本規約を適用します。
第 3 条(年会費)
会員は、当社に対し毎年継続して当社所定の時期に当社所定の年会費(カード送付台紙に表示)をお支払いい
ただきます。なお、お支払い済の年会費は、退会・会員資格が取消された場合その他理由のいかんを問わず、
返還しないものとします。また、年会費のみの請求の場合は請求書を発行しないことがあります。
第 4 条(暗証番号)
(1)当社は、会員より申出のあったカードの暗証番号を所定の方法により登録します。暗証番号が登録され
るまでの間は、ご利用いただけるカードの機能が制限されることがあります。また、会員は暗証番号が本
人確認用の番号であることを認識し「0000」
「9999」等の4桁の同一数字および和暦、西暦を問わず生年
月日の組合せ、電話番号、住所の地番、自動車の登録番号等から推測される番号以外の数字を選択し登録
するものとします。
(2)会員は、暗証番号を他人に知られないよう、善良な管理者の注意をもって管理するものとします。登録
された暗証番号が他人により使用された場合は、その損害は会員の負担となります。ただし、登録された
暗証番号の管理について、会員に故意または過失がないと当社が判断した場合は、この限りではありませ
ん。
第 5 条(本人確認)
「犯罪による収益の移転防止に関する法律」にもとづく本人確認手続きが、当社所定の期間内に完了しない
場合、入会をお断りすることやカードの利用を制限することがあります。
第 6 条(カードの利用可能枠)
(1)カードの利用可能枠は、家族会員の利用可能枠を含んで当社が審査し決定した枠までとします。ただし、
当社が会員のカード利用状況もしくは支払状況または信用状態により適当と認めた場合は、会員に通知す
ることなく、いつでも次の手続きを行うことができるものとします。①利用可能枠を増枠または減枠する
こと。②当社から複数枚のカードを貸与された会員に対して会員単位の利用可能枠(以下「総利用可能枠」
といいます。)を別に定め、各カードの合計利用残高を総利用可能枠の範囲に制限すること。
(2)前項に係らず、カードキャッシングの利用可能枠(以下「キャッシング利用可能枠」といいます。)は、会
員の希望するキャッシング利用可能枠の範囲内で当社が審査し決定した枠までとし、その増枠は、会員が
要請しかつ当社がこれを承認した場合のみとします。ただし、会員のキャッシング利用残高がキャッシン
グ利用可能枠の範囲内であっても、当社が貸金業法の規制にもとづき会員単位で別に定める総キャッシン
グ利用可能枠を超える場合は、新たにキャッシングを利用することはできないものとします。また、当社
は、会員のカード利用状況および信用状態等により必要と認めた場合はいつでも、キャッシング利用可能
枠を減額(利用可能枠を 0 円とすることを含みます。)することができるものとします。また、会員が当社
から複数枚のカード(ローンカードを含みます。以下、本項において同じ。)の貸与をされている場合、各
カードのキャッシング合計利用残高は総キャッシング利用可能枠の範囲を超えないものとします。(ただ
し、利用状況等により総キャッシング利用可能枠を減枠した場合はこの限りではありません。)なお、当
社が当社または他社におけるキャッシング利用状況もしくは支払状況または信用状態ならびに貸金業法
の規制等により必要と認めた場合は、会員に通知することなく、いつでもキャッシング利用可能枠および
総キャッシング利用可能枠を減枠できるものとします。
(3)本条第 1 項に係らず、支払方法が翌月 1 回払い以外のカードショッピング(利用後に支払方法を翌月 1 回
払いよりリボルビング払いに変更する場合を含みます。)の利用可能枠は、当社が割賦販売法の規制にも
とづき会員単位で別に定める割賦販売ショッピング利用可能枠までとし、割賦販売ショッピング利用可能
枠の増枠は当社が認めた場合のみとします。会員の翌月 1 回払い以外のカードショッピング利用残高が本
条第 1 項で決定した利用可能枠の範囲内であっても、割賦販売ショッピング利用可能枠を超える場合は、
新たに翌月 1 回払い以外のカードショッピングを利用することはできないものとします。なお、当社が当
社または他社における翌月 1 回払い以外のカードショッピング利用状況もしくは支払状況または信用状
態ならびに割賦販売法の規制等により必要と認めた場合は、会員に通知することなく、いつでも割賦販売
ショッピング利用可能枠を減枠できるものとします。
(4)会員は当社が承認した場合を除き、本条第 1 項から第 3 項に定める利用可能枠(以下「各利用可能枠」と
いいます。)を超えるカード利用(本項では各利用可能枠の対象となるカード利用のことをいいます。)はで
きないものとします。 また、当社の承認を得ずに各利用可能枠を超えてカード利用した場合は、各利用
可能枠を超えた金額を一括して直ちにお支払いいただきます。
第 7 条(カードの機能)
会 員 は 、 カ ー ド を 利 用 し て 当 社 と 契 約 し て い る 加 盟 店 な ら び に 当 社 が 加 盟 す る Visa Worldwide
Pte.Limited(以下「Visa Worldwide」といいます。)もしくは株式会社ジェーシービー(以下「JCB」といい
ます。)に加盟した日本国内外のクレジットカード会社・金融機関と契約した加盟店(以下これら加盟店を総
称して「加盟店」といいます。)で、商品・権利の購入とサービスの提供を受けること(以下「カードショッ
ピング」といいます。)ができます。また、会員は、カードを利用して当社から金銭の借入れを受けること(以
下「カードキャッシング」といいます。)ができます。
第 8 条(お支払い)
(1)カードショッピングの利用代金および手数料(以下「カードショッピングの支払金」といいます。)ならび
にカードキャッシングの融資金および利息(以下「カードキャッシングの支払金」といいます。)、その他
本規約にもとづく会員の当社に対する一切の支払債務(以下これらを総称して「カード利用による支払金
等」といいます。)は、会員があらかじめ約定した当社の指定する金融機関の口座から口座振替の方法に
より、毎月 27 日(金融機関休業日の場合は翌営業日。以下同じ。)に支払うものとします。なお、会員が
希望し当社が適当と認めた場合または事務上の都合により、コンビニエンスストアでのお支払い、または
当社の指定する預金口座への振込等当社が別途指定する方法で支払う場合があります。
(2)前項にもとづくコンビニエンスストアでのお支払いの場合、コンビニエンスストアが支払金を代理受領
したことにより当社への支払いがなされたものとします。
第 9 条(外貨建による利用代金の円への換算)
日本国外におけるカード利用代金は、外貨額を Visa Worldwide または JCB の決済センターにおいて、集
中決済された時点での Visa Worldwide または JCB 所定のレートに、海外取引に事務処理費用を加えたレ
ートで円貨に換算するものとします。
第 10 条(支払金等の充当順序)
会員の支払金が、本規約およびその他の契約にもとづき当社に対して負担する一切の債務を完済させるに足
りないときは、当社が適当と認める順序、方法によりいずれの債務にも充当することができるものとします。
ただし、リボルビング払いの支払停止の抗弁に係る債務については割賦販売法第 30 条の 5 の規定によるも
のとします。
第 11 条(請求書・残高承認)
(1)当社は会員に対しカード利用によるカードショッピングおよびカードキャッシングの支払金を請求する
ときは、あらかじめ利用代金明細および残高が記載された請求書を会員の届出住所あてに送付します。な
お、当社所定の手続きがとられた場合には、当社は、当該請求書に代えて、電子メールの送信その他の電
磁的な方法により当社請求書の記載事項を提供することができるものとします。ただし、法令等により電
磁的な方法によることが認められない場合はこの限りではありません。
(2)会員が前項の請求書を受取った後(電子メールの送信その他の電磁的な方法により前項の請求書の記載事
項を当社が提供した場合には会員がこれを受信した後)、20 日以内に異議の申立てをしなかったときは、
残高その他当該請求書記載の内容を承認したものとみなされても異議がないものとします。ただし、支払
いが年会費のみの場合は利用代金明細書を送付しない場合があります。
第 12 条(費用・公租公課等の負担)
(1)会員は、当社に対するカード利用による支払金等の支払いに要する費用および当社からの返金に要する
費用を負担するものとします。
(2)会員は、支払いを遅延したことにより、当社が金融機関に再度口座振替の依頼をしたときは再振替手数
料として再振替手続回数 1 回につき 200 円(消費税別)を、振込用紙を送付したときは振込用紙送付手数料
として送付回数 1 回につき 200 円(消費税別)を別に支払うものとします。
(3)会員は、当社より書面による催告を受けたときは、当該催告に要した費用を負担するものとします。ま
た、訴訟申立費用、支払督促申立費用、送達費用等法的措置に要した費用は、退会後といえどもすべて会
員の負担とするものとします。
(4)会員は、当社から各種証明書の交付を受けるときは、当社所定の手数料を支払うものとします。
(5)本規約にもとづく費用・手数料に関し課される消費税および地方消費税その他の公租公課は本会員が負
担するものとし、消費税率および地方消費税率が増額変更された場合は当該増額分についても本人会員が
負担するものとします。
第 13 条(カードの紛失・盗難)
(1)カードが紛失・盗難・搾取・横領等(以下まとめて「紛失・盗難」といいます。)により他人に不正使用さ
れた場合、会員は、そのカード利用代金についてすべて責任を負うものとします。
(2)会員は、カードが紛失・盗難にあった場合、速やかにその旨を当社に通知し、最寄の警察署または交番
に届出るとともに、当社所定の届出書を当社あてに提出するものとします。
(3)カードは、紛失・盗難で当社が認めた場合に限り再発行します。この場合、当社所定の手数料をお支払
いいただきます。
(4)当社は、当社におけるカード情報の管理、保護等業務上必要と判断した場合、会員番号を変更のうえカ
ードを再発行することができるものとし、会員はあらかじめこれを承認するものとします。
第 14 条(会員保障制度)
(1)前条第 1 項の規定に係らず、当社は、会員が紛失・盗難により他人にカードを不正使用された場合であ
って、前条第 2 項の警察ならびに当社への届出がなされたときは、これによって会員が被るカードの不正
利用による損害を補てんします。
(2)保障期間は、入会日から 1 年間とし毎年自動的に継続されるものとします。
(3)次の場合は、当社の補てんの責を負いません。
①会員の故意もしくは重大な過失に起因する損害
②損害の発生が保障期間外の場合
③会員の家族・同居人・当社から送付したカードの受領人等、会員の関係者による不正使用に起因する場
合
④会員が次項の義務を怠った場合
⑤紛失・盗難または被害状況の届けが虚偽であった場合
⑥カード利用の際に、登録された暗証番号が使用された場合
⑦前条第 2 項の紛失・盗難の通知を当社が受領した日の 61 日以前に生じた損害
⑧戦争・地震等による著しい社会秩序の混乱中に生じた紛失・盗難に起因する損害
⑨その他本規約に違反する使用に起因する損害
(4)会員は、損害の補てんを請求する場合、損害の発生を知った日から 30 日以内に当社が損害の補てんに必
要と認める書類を当社に提出するとともに、被害状況等の調査に協力するものとします。
第 15 条(退会・会員資格の取消およびカードの使用停止・返却)
(1)会員の都合により退会するときは、当社あてにその旨の届出を行うものとし、同時にカードを返却し、
カード利用による支払金等の未払債務の完済されたときをもって退会とします。なお、当社が請求した場
合は、未払債務の全額を一括して直ちにお支払いいただくことがあります。
(2)会員が次のいずれかに該当した場合、当社は会員に通知することなく、カードの使用を停止しまたは会
員の資格を取消すことができ、これらの処置とともに加盟店に当該カードの無効を通知することがありま
す。
①入会申込みに際に、氏名・住所・勤務先・年収等、会員の特定、信用状況の判断に係る事実について虚
偽の申告をした場合
②本規約のいずれかに違反した場合
③カード利用による支払金等当社に対する一切の債務の履行を怠った場合
④一般条項第条 17 条各項のいずれかに該当した場合
⑤会員の信用状況が悪化したと当社が判断した場合
⑥当社に通知しないで住所を変更し、当社にとって所在が不明となったとき
⑦当社が会員に対して送付したカード(再発行カードを含みます。)について、当社所定期間内に受領され
ない場合
⑧会員が死亡した場合
⑨換金目的によるショッピング利用等、会員によるカードの利用状況が適当でない、または不審であると
当社が判断した場合
⑩会員が当社の定める期間カードを利用せず、当社が必要と認めた場合
⑪その他当社が会員として不適格と判断した場合
(3)本人会員について、退会、カード利用停止、または会員資格の取消のいずれかが生じたときは、当然に
家族会員についても同一の効果が生じるものとします。
(4)当社が特定の加盟店との提携によりカードを発行している場合において、当社と当該加盟店間の提携契
約が終了したときは、当該カードの有効期限に係らず、会員に対する通知をもってカードの利用を停止さ
せることができるものとします。なお、この場合において当社は当該カードに代わるカードに入会案内を
行うよう努めるものとします。
(5)本条第 2 項に該当し、当社または加盟店がカードの返還を求めたときは、会員は直ちに当社の指定する
方法により、カードを返還するものとします。また、当社が当該カードの回収に要した一切の費用は、会
員に負担していただきます。
第 16 条(反社会的勢力の排除)
(1)会員は、会員が、現在、次のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないこ
とを確約するものとします。
①暴力団(その団体の構成員(その団体の構成団体の構成員を含みます。)が集団的にまたは常習的に暴力的
不法行為等を行うことを助長するおそれがある団体)
②暴力団員(暴力団の構成員)および暴力団員でなくなった時から 5 年を経過しない者
③暴力団準構成員(暴力団員以外の暴力団と関係を有する者であって、暴力団の威力を背景に暴力的不法
行為等を行うおそれがある者、または暴力団もしくは暴力団員に対し資金、武器等の供給を行うなど暴
力団の維持もしくは運営に協力し、もしくは関与する者)
④暴力団関係企業(暴力団員が実質的にその経営に関与している企業、暴力団準構成員もしくは元暴力団
員が経営する企業で暴力団に資金提供を行うなど暴力団の維持もしくは運営に積極的に協力しもしく
は関与する企業または業務の遂行等において積極的に暴力団を利用し暴力団の維持もしくは運営に協
力している企業)
⑤総会屋等(総会屋、会社ゴロ等企業等を対象に不正な利益を求めて暴力的不法行為等を行うおそれがあ
り、市民生活の安全に脅威を与える者)
⑥社会運動等標ぼうゴロ(社会運動もしくは政治活動を仮装し、または標ぼうして、不正な利益を求めて
暴力的不法行為等を行うおそれがあり、市民社会の安全に脅威を与える者)
⑦特殊知能暴力集団等(本条第1項①から⑥に掲げる者以外の、暴力団との関係を背景に、その威力を用
い、または暴力団との資金的なつながりを有し、構造的な不正の中核となっている集団または個人)
⑧本条第1項①から⑦に掲げる者(以下「暴力団員等」といいます。)の共生者(暴力団員等の資金獲得活
動に乗じ、または暴力団員等の威力、情報力、資金力等を利用することによって自ら利益拡大を図る者
(暴力団員等が経営を支配し、または経営に実質的に関与する関係を有すると認められる者、不当に暴
力団員等を利用していると認められる関係を有する者、暴力団員等であることを知って資金等を提供し、
または便宜を供与する等の関係を有する者、暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有する者)
⑨その他本条第1項①から⑧に準ずる者。
(2)会員は、自らまたは第三者を利用して次の各号の一つにでも該当する行為を行わないことを表明・確約
いたします。
①暴力的な要求行為
②法的な責任を超えた不当な要求行為
③取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
④風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて当社の信用を毀損し、または当社の業務を妨害する行為
⑤その他本条第2項①から④に準ずる行為
(3)会員が本条第1項もしくは第2項に定める事項に反すると具体的に疑われる場合には、当社は会員に対
し、当該事項に関する調査を行い、また、必要に応じて資料の提出を求めることができ、会員は、これに
応じるものとします。
(4)当社は、会員が本条第 1 項もしくは第 2 項の規定に違反している疑いがあると認めた場合には、会員に
よるクレジットカードの入会申込みを謝絶、または本規約にもとづくクレジットカードの利用を一時的に
停止することができるものとします。クレジットカードの利用を一時停止した場合には、会員は、当社が
利用再開を認めるまでの間、クレジットカード利用を行うことができないものとします。
(5)会員が、本条第 1 項もしくは第 2 項のいずれかに該当した場合、本条第 1 項もしくは第 2 項の規定にも
とづく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合、または本条第 3 項の調査等に応じない
場合や虚偽の回答をした場合のいずれかであって、当社とのクレジットカード会員契約を継続することが
不適切であると当社が認めるときには、当社は、直ちに本契約を解除できるものとします。この場合、会
員は、当然に期限の利益を失うとともに会員資格を喪失し、当社に対する一切の未払い債務を直ちに支払
うものとします。
(6)本条第4項もしくは第5項の規定の適用により、当社に損失、損害または費用(以下「損害等」といいま
す。)が生じた場合には、会員は、これを賠償する責任を負うものとします。また本条第4項もしくは第
5項の規定の適用により、会員に損害等が生じた場合にも、会員は、当該損害等について当社に請求をし
ないものとします。
(7)本条第 5 項の規定にもとづき本契約が解除された場合でも、当社に対する未払い債務があるときは、そ
れが完済されるまでは本契約の関連条項が適用されるものとします。
第 17 条(期限の利益の喪失)
(1)会員が、次のいずれかの事由に該当したときは、本規約にもとづく一切の債務について当然に期限の利
益を失い、直ちに債務の全額を支払うものとします。
①カードショッピングの分割支払金または弁済金支払いを遅滞し、当社から 20 日以上の相当な期間を定
めてその支払いを書面で催告されたにも係らず、その期間内に支払わなかったとき。
②自ら振出した手形、小切手が不渡りになったとき、または一般の支払いを停止したとき。
③差押、仮差押、保全差押、仮処分の申立てまたは滞納処分を受けたとき。
④破産手続開始、民事再生、会社整理、特別清算、会社更生その他裁判上の倒産処理手続きの申立てを受
けたときまたは自らこれらの申立てをしたとき。
⑤債務整理のための和解、調停等の申立てがあったとき、または債務整理のための弁護士等に依頼した旨
の通知が当社に到達したとき。
⑥商品等の購入等が会員にとって営業のため、もしくは営業として締結するものであるなど割賦販売法第
35 条の 3 の 60 第 1 項に該当する場合は、会員が分割支払金、弁済金の支払いを 1 回でも遅滞したと
き。
⑦カードキャッシングの支払金またはカードショッピングの翌月 1 回払い支払金を 1 回でも遅滞したとき。
(ただし、カードキャッシングについては利息制限法第 1 条第 1 項に規定する利率を超えない範囲にお
いてのみ効力を有します。)
⑧カードを他人に貸与したり譲渡、質入れ、担保提供等を行ったとき、またはカードを利用して購入した
商品等の質入れ、譲渡、賃貸その他当社の所有権を侵害する行為をしたとき。
⑨会員が当社に通知しないで住所を変更し、当社において所在が不明になったとき。
(2)会員は、次のいずれかの事由に該当したときは、当社の請求により、本規約にもとづく債務について期
限の利益を失い、直ちに債務を履行するものとします。
①入会申込みに際に、虚偽の申告があったとき。
②会員の経営する法人につき、破産、会社整理、特別清算、会社更生、民事再生の申立てまたは解散その
他営業の廃止があったとき。
③本規約上の義務に違反し、その違反が本規約の重大な違反となるとき。
④本規約以外の当社に対する金銭の支払債務を怠るなど、会員の信用状態が著しく悪化したとき。
第 18 条(届出事項の変更・通知等の送付)
(1)当社に届出た氏名・住所・電話番号・勤務先(連絡先)・指定口座等について変更があった場合、会員は遅
滞なく当社に所定の届出用紙またはインターネットでの当社所定の方法により変更事項を届出るものと
します。ただし、当社が適当と認めた場合には、当社への電話での連絡により届出ることもできます。
(2)前項の届出がないために、当社からの通知または送付書類その他の物が延着または不着となった場合に
は、通常到達すべきときに会員に到達したものとみなします。ただし、届出を行わなかったことについて
やむを得ない事情があるときを除きます。
(3)会員が当社に対して本条第 1 項に定める届出または通知を行わなかったときであっても、当社が適法・
適正に収集した会員の個人情報その他の情報により届出事項に変更があったと判断した場合には、当社は
当該届出事項について本条第 1 項の届出または通知があったものとして取扱うことがあり、会員はこれを
異議なく承諾するものとします。
(4)会員は、当社に届出た自宅住所とは別の住所を利用代金明細書の送付先として申出することができるも
のとします。ただし、この場合であっても、当社が法令またはその他合理的な理由により必要と認めた場
合は、当社はご利用代金明細書を自宅住所あてに送付するものとします。なお、ご利用代金明細書以外の
送付物(カード・更新カードの送付、お支払いに関するご通知等の送付、その他事務処理に関する通知等
の送付等。)の送付先については、会員が当社に届出た自宅住所と別の住所にすることはできないものと
します。
第 19 条(提出書類)
(1)当社は、入会後においても貸金業法その他法令等の定めにより、収入を証明する書面、その他必要な書
類の提出を求める場合があり、会員はその求めに応じるものとします。なお、会員が当社の求めに応じな
いときは、当社は会員資格の取消、カードの全部もしくは一部の利用停止または利用可能枠の減額等の措
置をとることができるものとします。
(2)会員が本規約にもとづき提出した書類は、法令等で定める場合または当社が特に認めたときを除き返還
されないこと、ならびに当社が所定の時期に所定の方法で廃棄することに会員は同意するものとします。
第 20 条(付帯サービスの提供)
(1)会員は、当社または当社が提携する会社(以下「提携会社」といいます。)が提供するサービス(以下「付
帯サービス」といいます。)を受けることができる場合があります。付帯サービスの内容および利用条件
等については、別途当社から会員に対して通知するか当社のホームページにて公表するものとします。
(2)会員は、付帯サービスの内容および利用条件等について、当社が通知または公表することなく変更また
は提供を中止することについてあらかじめ承諾するものとします。
(3)会員がカードの利用を停止されまたは会員資格を喪失した場合には、当該事由発生前に申込んだ付帯サ
ービスを含めて、付帯サービスの提供を受ける権利を喪失するものとします。
第 21 条(外国為替および外国貿易管理に関する諸法令等の適用)
海外でカードを利用する場合その他当社が指定する場合、現在または将来適用される諸法令、諸規約等によ
り許可証、証明書その他の書類を必要とするときには、当社の請求に応じこれを提出し、また、海外等での
カードの利用の制限あるいは停止に応じるものとします。また、会員は海外でカードを利用したときは、当
社、Visa Worldwide または JCB の指示に従うものとします。
第 22 条(債権譲渡)
会員は当社が本規約にもとづく債権および権利を当社の資金調達その他の目的のために必要に応じ取引金
融機関、特定目的会社、特別目的会社、信託会社または債権回収会社(以下「金融機関等」といいます。)に
譲渡もしくは担保提供(質権および譲渡担保設定を含みます。)その他の処分をすること、当社が譲渡した債
権を譲受人から再び譲り受けること、ならびに、当社が金融機関等との間で本規約にもとづく債権および権
利に関するその他の取引をすることについてあらかじめ承諾するものとします。
第 23 条(住民票取得等の同意)
会員は、本申込みに係る審査のため、および途上与信に係る審査のため、もしくは債権管理のために、当社
が必要と認めた場合には、会員の住民票等を当社が取得し利用することに同意するものとします。
第 24 条(規約の変更、承認)
本規約の変更については、当社から会員に変更内容を通知した後、または、新会員規約を送付した後に、会
員がカードを利用したときは、変更事項または新会員規約を承認したものとみなします。
第 25 条(準拠法)
会員と当社との諸契約に関する準拠法は、すべて日本法が適用されるものとします。
第 26 条(合意管轄裁判所)
会員は、本規約について紛議が生じた場合、訴額のいかんに係らず、会員の住所地、商品等の購入地、およ
び当社の本社・支店・管理センターの所在地を管轄する簡易裁判所・地方裁判所を合意管轄裁判所とします。
カードショッピング条項
第 1 条(カードショッピングの利用方法)
(1)会員は、加盟店でカードを提示し、所定の売上票にカードと同一の自己の署名を行うことにより、商品・
権利の購入とサービスの提供等を受けることができます。なお、売上票への署名に代えて、加盟店に設置
されている端末機に暗証番号を入力する等、所定の手続きによりカードの取引を行う場合があります。
(2)郵便・ファクシミリ・電話等による取引を当社があらかじめ承認した加盟店と行う場合は、カードの提
示に代えて取引申込書にカード番号、有効期限、会員の氏名・住所等を記入することにより、もしくは電
話で加盟店に前記の事項を告知することによりカードの取引を行うことができます。
(3)インターネット等各種ネットワークによる取引を当社があらかじめ承認した加盟店と行う場合は、カー
ドの提示に代えてカード番号、有効期限、会員の氏名・住所等をインターネットその他各種ネットワーク
通信によって加盟店に送信することによりカードの取引を行うことができます。
(4)通信料金、サービス料金等の継続的に発生する各種利用代金の取引を当社があらかじめ承認した加盟店
と行う場合は、会員がカード番号、有効期限、会員の氏名・住所等を事前に加盟店に登録することにより、
継続的にカードの取引を行うことができます。なお、本項記載の取引において、会員が加盟店に登録した
カード番号、有効期限等について変更が発生し、かつ、当該取引継続のために変更に係る情報が加盟店に
通知されることが必要または適当と当社が判断した場合は、当社が会員に代わって当該変更情報を加盟店
に通知することについて、会員はあらかじめ承諾するものとします。
(5)会員のカードショッピング利用に際して、利用金額、購入する商品・権利または提供されるサービスの
種類等によっては、事前に当社の承認が必要となる場合があります。この場合、会員は加盟店が当社に対
してカードショッピング利用に関する照会を行うこと、および当社が電話等の方法により直接または加盟
店を通じて会員本人の利用であることを確認することをあらかじめ承諾するものとします。
(6)①会員が当社加盟店でカードショッピングをした場合、会員はカード利用代金を当社が会員に代わって
加盟店に立替払いすることを当社に委託するものとします。
②会員が VISA カード加盟店、JCB カード加盟店でショッピングをした場合、会員は加盟店が会員に対
するカード利用代金債権を加盟店契約会社に譲渡し、さらに加盟店契約会社が直接または Visa
Worldwide、JCB を通じて当社に譲渡することをあらかじめ承諾するものとします。
(7)会員が、現金化を目的として商品・サービスの購入などにカードのショッピング枠を利用することを禁
止とします。
第 2 条(商品の所有権留保)
カードショッピングを利用して購入した商品・権利の所有権は、当該カードショッピングに係る債務の完済
まで当然に当社が有することを会員は異議なく承諾するとともに、次の事項を遵守するものとします。
①善良なる管理者の注意をもって商品を管理し、質入れ、譲渡、賃貸その他当社所有権を侵害する行為をし
ないこと。
②商品の所有権が第三者から侵害されるおそれがある場合、速やかにその旨を当社に連絡するとともに当社
が商品を所有していることを主張証明してその排除に努めること。
第 3 条(カードショッピングの支払金の支払方法)
(1)カードショッピングの支払方法は次の通りとします。
①カードショッピングの支払金の支払方法は、1 回払い、分割払い、ボーナス併用分割払い、据置後分割
払い、据置一括払い(ボーナス 1 回払いを含みます。)、リボルビング払いのうちから、会員がカード利
用の際に指定した方法によります。
②ただし、日本国内で VISA カードまたは JCB カードとして利用する場合は、1 回払い、分割払い、ボ
ーナス 1 回払いまたはリボルビング払いのうちからの指定となります。
③なお、一部の加盟店では、上記①、②の支払方法のうち一部が指定できない場合があります。
④また、海外でカードを利用した場合は、1回払いとなります。
(2)カードショッピングの利用代金は、毎月末日に締め切り、翌月から毎月 27 日にカードショッピングの支
払金をお支払いいただきます。なお、事務上の都合により翌々月以降の 27 日からお支払いいただくこと
もあります。
(3)会員が 1 回払い、分割払い、ボーナス併用分割払い、据置後分割払い、据置一括払いのいずれかを指定
した場合
①支払回数、支払期間、手数料率(実質年率)、分割払手数料は下記の通りとなります。
1回
2回
3回
5回
6回
10 回
支払期間(ヵ月)
1
2
3
5
6
10
手数料率(実質年率)(%)
0
0
12.20
13.50
13.86
14.57
利用代金(現金価格)100 円あた
0
0
2.04
3.40
4.08
6.80
12 回
15 回
18 回
20 回
24 回
据置一括
12
15
18
20
24
2~7
14.74
14.87
14.94
14.96
14.96
0
8.16
10.20
12.24
13.60
16.32
0
支払回数
りの分割払手数料の額(円)
支払回数
支払期間(ヵ月)
手数料率(実質年率)(%)
利用代金(現金価格)100 円あた
りの分割払手数料の額(円)
※ボーナス併用分割払いならびに、据置後分割払いの手数料率(実質年率)は上記と異なる場合があります。
②分割払いの場合、カードショッピングの分割支払金の支払総額は、利用代金に上記の分割払手数料を加
算した金額となります。また、月々のカードショッピングの分割支払金は、カードショッピングの支払総
額を支払回数で除した金額となります。ただし、月々のカードショッピングの分割支払金の単位は 10 円
とし、端数が発生した場合は初回に算入いたします。
(例) 利用代金
10 万円、10 回払いの場合
●分割払手数料
100,000 円×(6.8 円/100 円)=6,800 円
●支払総額
100,000 円+6,800 円=106,800 円
●分割支払金
106,800 円÷10 回=10,680 円
③ボーナス併用分割払いのボーナス支払月は、夏期(6 月、7 月、8 月)と冬期(12 月、1 月)の当社所定の月
とし、最初に到来したボーナス支払月よりお支払いいただきます。また、ボーナス支払月の加算総額は、
1 回あたりのカードショッピングの利用代金の 50%以内とし、ボーナス併用回数で均等分割(ただしボ
ーナス支払月の加算額は 1,000 円単位で均等分割できる金額とします。)し、その金額を毎月の分割支
払金に加算してお支払いいただきます。
④据置後分割払いは、一定期間支払開始を据え置いて、分割払いまたはボーナス併用分割払いで支払うも
のとし、据置期間は 1 ヵ月から 6 ヵ月の 6 通りとします。この場合、据置期間中の手数料の料率は、
手数料率(実質年率)7.2%とし、分割払手数料に加算してお支払いいただきます。
⑤据置一括払いは、一定期間支払開始を据え置いて、1 回で支払うものとし、据置期間は 1 ヵ月から 6 ヵ
月の 6 通りの中から選択でき、手数料は徴収しないものとします。ただし、一部の加盟店ではお取扱期
間、お支払月を限定させていただく場合があります。
(4)会員がリボルビング払いを指定した場合
【手数料】手数料率(実質年率)15.0%
【計算方法】
カードショッピングの締切日における利用代金の未経過残高(以下「利用残高」といいます。
)に対して
手数料率(実質年率)15.0%の手数料を乗じ、毎月返済日の翌日から翌月返済日までの期間の年3
65日(閏年は366日)とする日割計算により算出した額とします。初回分の手数料は、利用日の翌
日から初回返済日までの最長31日間の計算となります。
① 残高スライド定額With・ⅰn方式リボルビング払いによるお支払いの場合、カードショッピング
の締切日の利用残高に応じて下記の表に定める弁済金を支払うものとし、当該弁済金には手数料を含
むものとします。
(ただし、利用残高に手数料を加えた額が支払額以下になる場合は当該金全額を支
払うものとします。)
利用残高
1円
毎月の弁済金
~50,000 円
5,000 円
50,001 円~100,000 円
10,000 円
100,001 円~150,000 円
15,000 円
150,001 円~200,000 円
20,000 円
※ただし、利用残高が 20 万円を超える場合、利用残高 5 万円当たり 5,000 円単位での支払い増額が行わ
れるものとします。
(返済例)
利用残高
100,000 円
弁済金
10,000 円(上記表による)
手数料充当分
100,000 円×15.0%×31 日÷365 日
(1 年を 365 日とした最大 31 日間)=1,273 円
元本充当分
10,000 円-1,273 円=8,727 円
② 定額 With・in 方式リボルビング払いによるお支払いの場合、あらかじめ指定した弁済金を毎月支払
うものとし、当該弁済金には手数料を含むものとします。なお、利用残高に手数料を加えた額が会員
があらかじめ指定した弁済金を下回る場合は、残金を一括してお支払いいただきます。
(返済例)
利用残高
100,000 円
弁済金
10,000 円(定額)
手数料充当分
100,000 円×15.0%×31 日÷365 日
(1 年を 365 日とした最大 31 日間)=1,273 円
元本充当分
10,000 円-1,273 円=8,727 円
③ 定額 With・out 方式リボルビング払いによるお支払いの場合、あらかじめ指定した弁済金に手数料
を加算して支払うものとします。なお、支払元本があらかじめ指定した弁済金以下となる場合は、残
金全額とし、手数料をこれに加算してお支払いいただきます。
(返済例)
利用残高
100,000 円
元本充当分
10,000 円(定額)
手数料充当分
100,000 円×15.0%×31 日÷365 日
(1 年を 365 日とした最大 31 日間)=1,273 円
弁済金
10,000 円+1,273 円=11,273 円
④会員の申出があり当社が承認した場合は、翌月のカードショッピングの弁済金の増額ができます。
⑤会員がお支払いの変更を申出て当社が承認した場合、締切日単位の 1 回払い、ボーナス一括払い、据置
一括払いについては、申込時に指定した上記①、②、③のいずれかのリボルビング払いに変更すること
ができます。
⑥会員が事前に申出て当社が適当と承認した場合、加盟店での利用ショッピング 1 回払いを自動的に当社
の定める条件により上記①、②、③のいずれかのリボルビング払いに変更することができます。
(5)提携先の手数料率(実質年率)等は別途ご案内致します。また提携先以外の一部の加盟店によっては(分割払
い)手数料等が本条第 3 項、第 4 項と異なる場合があります。
(6)会員は、手数料が金融情勢等により変動することに異議がないものとします。また、リボルビング払い
の場合、一般条項第 24 条の規定に係らず、当社から手数料の改定の通知をした後は、通知した時点にお
けるカードショッピングのリボルビング利用元本残高の全額に対しても、改定後の手数料が適用されるこ
とに会員は異議がないものとします。
第 4 条(遅延損害金)
(分割払い等の場合)
(1)会員が、分割支払金の支払いを遅滞したとき(本条第 2 項の場合を除きます。)は、支払期日の翌日から支
払日に至るまで、当該分割支払金に対し、以下の年率を乗じた遅延損害金を支払うものとします。
①分割支払金の支払いが翌月 1 回払い以外の取引については、当該分割支払金に対し、実質年率 20.0%
を乗じた額と分割支払金の残金全額に対し、商事法定利率を乗じた額のいずれか低い額。ただし、一般
条項第 17 条第 1 項⑥の取引に該当する場合は除きます。
②分割支払金の支払いが翌月 1 回払いの取引および一般条項第 17 条第 1 項⑥の取引(ただし、売買契約時
の目的、内容が会員にとって営業のためである場合を除きます。)については、当該分割支払金および
弁済金に対し、実質年率 14.6%を乗じた額。
③売買契約等の目的・内容が会員にとって営業のためのものである場合の取引については、実質年率
20.0%を乗じた額。
(2)会員が、期限の利益を喪失したときは、期限の利益喪失の日から完済の日に至るまでカードショッピン
グの支払金の残金全額に対し、以下の年率を乗じた額の遅延損害金を支払うものとします。
①前項①の取引については、カードショッピングの支払金の残金全額に対し、商事法定利率を乗じ
た額。
②前項②の取引については、カードショッピングの支払金の残金全額に対し、実質年率 14.6%を乗
じた額。
③前項③の取引については、カードショッピングの支払金の残金全額に対し、実質年率 20.0%を乗
じた額。
(リボルビング払いの場合)
(3)会員が弁済金の支払いを遅滞したときは、当該弁済金に対し支払日の翌日から支払日に至るまで、また
期限の利益を喪失したときは、本規約にもとづく債務の残額に対し期限の利益喪失の日から完済の日に至
るまで実質年率 14.6%の遅延損害金を支払うものとします。
(4)前項に係らず、売買契約等の目的・内容が会員にとって営業のためのものである場合の取引については、
実質年率 20.0%の遅延損害金を支払うものとします。
第 5 条(早期完済の場合の特約)
会員が当初の契約の通りにカードショッピングの支払金の支払いを履行している場合には約定支払期間の
中途であっても早期完済をすることができます。早期完済する場合、会員は当社に対して事前に連絡のうえ
当社の承認を得て行うものとします。この場合の支払金額は下記算式により算出した金額とします。
●未払分割支払金合計-期限未到来の分割払手数料
ただし、期限未到来の分割払手数料は、78 分法またはこれに準ずる当社所定の計算方法により算出され
た金額とします。
第 6 条(商品等の点検)
会員は、商品・権利を受領したときまたは、サービスの提供を受けたときは速やかにその内容を点検するも
のとします。
第 7 条(見本・カタログ等との相違)
会員が見本・カタログ等により申込みをした場合において、受領した商品・権利または役務が見本・カタロ
グ等と相違していることが明らかな場合は、速やかに会員は加盟店に商品等の交換または再提供を申出るか、
または当該売買契約等の解除をすることができるものとします。なお、売買契約等を解除したときは速やか
に当社に対し、その旨を通知するものとします。
第 8 条(支払停止の抗弁)
(1)会員は、下記の事由が存するときは、その事由が解消されるまでの間、当該事由の存する商品等につい
て、当社に対する支払いを停止することができるものとします。
①商品の引渡し、権利の移転または役務の提供(権利の行使による役務の提供を含みます。以下同じ)がな
されないこと。
②商品等に破損、汚損、故障、その他の瑕疵があること。
③その他商品の販売または役務の提供について、販売店等に対して生じている事由があること。
(2)当社は、会員が前項の支払停止を行う旨を当社に申出たときは直ちに所要の手続きをとるものとします。
(3)会員は、前項の申出をするときは、あらかじめ本条第 1 項の事由の解消のため、加盟店と交渉を行うよ
う努めるものとします。
(4)会員は、本条第 2 項の申出をしたときは、速やかに本条第 1 項の事由を記載した書面(資料がある場合に
は資料添付のこと)を当社に提出するよう努めるものとします。また、当社が本条第 1 項の事由について
調査する必要があるときは、会員はその調査に協力するものとします。
(5)本条第 1 項の規定に係らず、次のいずれかに該当するときは、支払いを停止することはできないものと
します。
①カードの利用が割賦販売法の適用を受けないとき。
②カードの利用が割賦販売法の適用を受ける場合であっても、売買契約等が割賦販売法第 35 条の 3 の 60
第 1 項に該当するとき。
③1 回のカード利用に係る支払総額が 4 万円に満たないとき。ただし、リボルビング払いは除きます。
④リボルビング払いの場合で 1 回のカード利用に係る現金販売価格が 3 万 8 千円に満たないとき。
⑤会員による支払いの停止が信義に反すると認められるとき。
⑥海外の加盟店でカードを利用したとき。
⑦当社の承諾なしに、売買契約、サービス提供契約の合意解約(ただし、法律上認められるものを除きま
す。)、加盟店に対するカードショッピングの支払金の支払い、その他当社の債権を侵害する行為をし
たとき。
⑧本条第 1 項の事由が会員の責に帰すべきとき。
(6)会員は、当社がカードショッピングの支払金の残額から本条第 1 項による支払いの停止額に相当する額
を控除して請求したときは、控除後のカードショッピングの支払いを継続するものとします。
(7)本条に定める支払停止の抗弁は、支払済のカードショッピングの分割支払金または弁済金の返還請求を認
めるものではありません。
カードキャッシング条項
第 1 条(カードキャッシングの利用方法)
(1)会員は、当社の定めるカードキャッシングの利用可能枠の範囲内で、下記のいずれかの方法により、当
社からカードキャッシングを受けることができます。
①当社および当社提携先所定の現金自動貸付機等(以下「CD・ATM」といいます。)にカードを入れ、登
録された暗証番号を入力する等所定の操作をする方法。
②当社の指定する窓口にカードを提示し、所定の申込手続きをする方法。
③当社所定の申込書に所定の項目を記入し、郵便で申込みをする方法。
④Visa Worldwide または JCB と提携した海外の取扱金融機関等で所定の手続きをする方法。
⑤その他当社所定の方法。
(2)カードキャッシングによる融資金は原則として 1 万円単位(ただし、海外での場合は Visa Worldwide ま
たは JCB が指定する現地通貨単位)とします。
第 2 条(カードキャッシングの支払金の支払方法)
(1)カードキャッシングの融資金は、毎月末日に締切り、翌月から毎月 27 日にカードキャッシングの支払金
を当社にお支払いいただきます。なお、海外での利用分については事務の都合により、翌々月以降の 27
日からお支払いいただくことがあります。
(2)支払方法は 1 回払いまたはリボルビング払いのうち会員が利用の際に指定した方法によります。
ただし、
海外でのカードキャッシング利用分については、1 回払いとします。
(3)会員は CD・ATM を利用してキャッシングをした場合、CD・ATM 利用手数料としてご利用 1 回当たり
の利用金額が 1 万円以下の場合は 100 円(消費税別)
、利用金額が 1 万円を超える場合は 200 円(消費税
別)を当該カードキャッシングの初回支払金に加算してお支払いいただきます。
(4)①1 回払いの場合
会員は、融資金に対し利用日の翌日から支払日までの期間を当社所定の利率で日割計算した(1 年を 365
日とする日割計算。ただし、閏年は 1 年を 366 日とします。以下同じ)利息を、融資金に加算して一括
して支払うものとします。
②リボルビング払い(利用時残高スライド方式)の場合
会員の支払いは、新たな利用のあった月の締切日(月末)における残高に応じ、下記の表の通りとしま
す。利用後の第 1 回の支払金には利用日の翌日から初回支払日までの期間を当社所定の利率で日割計算
した利息を、第 2 回以降支払金には支払月前月の支払日の翌日から支払月当月の支払日までの期間を当
社所定の利率で日割計算した利息を含みます。
融資残高
返済額
5,000 円以下
締切日残高及び利息
10 万円以下
5,000 円
20 万円以下
10,000 円
30 万円以下
15,000 円
50 万円以下
20,000 円
70 万円以下
30,000 円
99 万円以下
40,000 円
※キャッシングの新たな利用がない場合は、前月と同額の返済額をお支払いいただきます。また、残高に
利息を加算した金額が返済額に満たない場合は残高金額および利息をお支払いいただきます。
③会員の申出があり当社が承認した場合は、カードキャッシングのボーナス月増額払いの追加または変更、
翌月支払元金の増額支払いができます。
(返済例)
融資利率が年 18.00%で月末に 10 万円をお借入れの場合、途中に追加のお借入れがないと仮定すると、25 回
(25 ヵ月)でご返済が終了します。
※注:キャッシング利用可能枠の範囲内で繰返し借入れる場合には、利用残高が変動するため、返済期間、返
済回数も変更となります。
※利息の計算方法は以下の通りです。
【1 回払い】
●利息=融資金×利率(年率)×利用日翌日から支払日までの日数÷365 日(ただし、閏年は 1 年を 366 日としま
す。)
【リボルビング払い・利用後第 1 回目のお支払い】
●利息=融資金×利率(年率)×利用日翌日から支払日までの日数÷365 日(ただし、閏年は 1 年を 366 日としま
す。)
【リボルビング払い・利用後通常のお支払い】
●利息=残債務元金×利率(年率)×支払月前月の支払日の翌日から支払月当月の支払日までの日数÷365 日
(ただし、閏年は 1 年を 366 日とします。)
(5)カードキャッシングの当社所定の利率は、会員に対し書面または他の方法をもって通知するものとします。
(6)会員は利率が金融情勢等により変動することに異議がないものとします。また、一般条項第 24 条の規定
に係らず、当社から利率変動の通知をした後は、変更後の利率が適用されるものとします。
第 3 条(カードキャッシングの支払金の繰上返済等)
(1)カードキャッシングの支払金の繰上返済(本規約にもとづく債務の全部または一部の返済を本規約に定め
る約定返済日の前に繰上げて行うことをいいます。)は、会員が当社に対して事前に連絡のうえ当社の承
認を得て行うものとします。なお、当社の承認にあたり、当社が求めた場合には、会員は書面の提出等当
社所定の手続きをとるものとします。
(2)会員は、前項に定める事前の連絡の際に、繰上返済をする範囲、返済方法および支払日を指定するもの
とし、当社は、当該指定に従い当該支払日時点に支払うべき金額をお知らせするものとします。会員が指
定することができる繰上返済の範囲および返済方法は下記の表の通りです。ただし口座振替の場合は、毎
月 10 日までに当社へ連絡のうえ当社の承認を得るものとします。
返済方法
1 回払い
リボルビング払い
返済範囲
全額のみ
全額
指定明細金額
返済方法
口座振込、当社指定の窓口への持参
口座振込、当社指定の窓口への持参、口座振替(支
払日は当社指定の期日に限ります。)
口座振込、当社指定の窓口への持参
(3)当社に対する支払いが次のいずれかに該当する場合には、会員への通知なくして、当社が当該支払いを
当社所定の期日における返済とみなし、当社所定の順序および方法により、当社に対するいずれの債務(本
規約以外の契約にもとづく債務を含みます。)に充当し、または口座振込、郵便為替による返金等をして
も、会員は異議がないものとします。
①当社に対する事前の連絡または当社の承認なく行われたとき。
②当社に対する事前の連絡および当社の承認があった場合であっても、事前の連絡の際に指定した支払日
と異なる日に行われたとき。
③当社に対する事前の連絡および当社の承認があった場合であっても、事前の連絡の際に指定した返済方
法と異なる方法により行われたとき。
④当社に対する事前の連絡および当社の承認があった場合であっても、事前の連絡の際に会員の指示に従
い当社が連絡した金額と異なる金額の支払いが行われたとき。
(4)繰上返済の方法として口座振替を指定した場合において、当社が必要と認めた場合または事務上の都合
により、当社が送付する用紙による当社の指定する預金口座へ振込みおよびコンビニエンスストアでの支
払いの方法で当該用紙に記載された期日の前に繰上返済が行われたことにより超過支払金があるときは、
当社が会員への通知なくして、当該超過支払金を当社所定の時期における返済とみなし、当社所定の順序
および方法により、当社に対するいずれの債務(本規約以外の契約にもとづく債務を含みます。)に充当し、
または口座振込、郵便為替による返金等をしても会員は異議のないものとします。
第 4 条(遅延損害金)
会員がカードキャッシングの支払金の支払いを遅滞したときは、支払期日の翌日から支払日に至るまで当該
支払元本に対し、また期限の利益を喪失したときは、期限の利益を喪失した日から完済の日に至るまで、カ
ードキャッシングの未払債務(元本分)に対し、実質年率 20.0%(1 年を 365 日とする日割計算。ただし、閏年
は 1 年を 366 日とします。)を乗じた額の遅延損害金をお支払いいただきます。
第 5 条(利息制限法超過部分の利息のお支払い)
会員がカードキャッシングをご利用した場合において、借入れの利率が利息制限法第 1 条第 1 項に規定する
利率を超える場合、会員は、超える部分の利息について支払う義務を負いません。
第 6 条(カードキャッシングに関する書面)
(1)会員がカードキャッシングを利用した場合、会員に対して貸金業法第 17 条第 1 項に定める書面を交付し
ます。なお、当該書面に記載する返済期間、返済回数、返済期日、返済金額は、当該書面作成時点でのも
のであり、当該書面記載以降の貸付けまたは弁済その他の事由により変動することがあります。
(2)会員は、当社が特に認めた場合、貸金業法第 17 条第 1 項に定める書面に代えて同法第 17 条第 6 項に定
める書面、および貸金業法第 18 条第 1 項に定める書面に代えて同法第 18 条第 3 項に定める書面を会員
に対して交付することについてあらかじめ承諾するものとします。
(3)会員が承諾した場合、本条第 1 項、第 2 項に定める貸付けおよび返済その他の取引状況を記載した書面
を貸金業法第 17 条第 7 項および同法第 18 条第 4 項にもとづき電磁的方法により提供するものとします。
(4)会員が、当社発行の領収書(取引明細書)または CD・ATM 利用時においてはご利用明細票(領収書)を受取
ったときに直ちに異議の申立てをしなかった場合は、当該支払内容および貸付残高を承認したものとしま
す。
(5)当社は、会員に対し、請求書(ご利用明細書)または残高通知書を、当社所定の方法、時期に送付するもの
とします。会員が上記請求書(ご利用明細書)または残高通知書を受取った後 20 日以内に異議の申立てを
しなかった場合は、当該請求書(ご利用明細書)または残高通知書記載の残高を承認したものとします。
第 7 条(カードキャッシングの利用停止措置)
会員が次のいずれかに該当した場合、当社は会員に通知することなくカードキャッシングの利用を停止する
ことがあります。
①会員が、貸金業法にもとづく収入証明の徴求依頼を拒否した場合
②会員の利用可能枠、当社との他の契約にもとづく借入残高、および他の貸金業者からの借入残高の合計が、
給与およびこれに類する定期的な収入の合計額の三分の一を超えた場合
③その他当社が会員として不適切と判断した場合
第 8 条(貸付けの契約等にかかわる勧誘の承諾)
会員は、当社が会員に対して貸付けの契約、ならびに「個人情報の取扱いに関する同意条項第 2 条」で承認
した内容に関し、勧誘を行うことを承諾します。なお、会員が当該勧誘について承諾しないときは、当社に
対し、勧誘の停止を申出るものとします。ただし、請求書等の業務上必要な書類上に記載する営業案内およ
び同封物はこの限りではありません。
【キャッシングサービスのご案内】
名称
返済方法
返済期間・返済回数
実質年率
利用残高および返済方法
に応じ、元金と利息を完
済するまでの期間、回数。
キャッシングリボ
利用時残高スライド
利用枠の範囲内で繰返し
(with・in 方式)
借入れる場合には、利用
残高に応じて、返済額、
返済期間、返済回数は変
動します。
実質年率 15.0~18.0%
キャッシング一括
海外キャッシュサービス
27~57 日(ただし暦によ
元利一括返済
る)・1 回
実質年率 15.0%
【貸付の利率の特約】
会員が本規約にもとづくカードキャッシングの借入債務または本規約にもとづくカードキャッシング以外
に当社に対して金銭消費貸借上の借入債務を負担している場合、新たにご利用されるカードキャッシングの
貸付の利率は、当該借入債務の残元金と本規約にもとづき新たにご利用されるカードキャッシングの利用元
本の額の合計額に応じて以下の通りとなります。
合計額
貸付の利率
100 万円未満
100 万円以上
18.0%(実質年率)とカードに応じた
15.0%(実質年率)とカードに応じた
貸付利率のいずれか低い利率
貸付利率のいずれか低い利率
【当社が契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関】
●名
称 日本貸金業協会
●所 在 地 〒108-0074
●電話番号
貸金業相談・紛争解決センター
東京都港区高輪 3-19-15
0570-051-051
ETC カード特約(個人用)
第 1 条(定義)
(1)「道路事業者」とは、東日本高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社、
首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社もしくは地方道路公社ま
たは都道府県市町村である道路管理者のうち、山陰信販株式会社(以下「当社」といいます。)の提携カー
ド会社(以下「提携会社」といいます。)と ETC 決済契約を締結した者で、提携会社が指定する者としま
す。
(2)「ETC システム」とは、道路事業者が運営する、車両に装着した車載器に ETC カードを挿入し路側シ
ステムとの間で料金情報の無線通信を実施することにより、道路事業者と定める有料道路の料金所で通行
料金の支払いのために止まることなく通行できるシステムとします。
(3)「ETC カード」とは、ETC システムにより料金を支払う方を識別して車載器を動作させる機能を有する
IC カードとします。
(4)「車載器」とは、車両に搭載して路側システムとの間で料金の決済に必要な情報の通信を行う機能を有
する装置とします。
(5)「路側システム」とは、ETC システムの車線に設置され、車載器との無線通信を行い、通行料金を計算
する装置とします。
(6)「ETC マイレージサービス」とは、道路事業者が主となり運用する ETC 利用者向け割引サービスをい
います。なお、ETC マイレージサービスを利用する会員は道路事業者が定める「ETC マイレージサービ
ス利用規約」を遵守するものとします。
第 2 条(ETC カードの貸与と取扱い)
(1)当社は、当社が発行するクレジットカード(以下「カード」といいます。)のうち当社が指定するカードの
個人会員が、本特約および山陰信販カード会員規約(以下「会員規約」といいます。)を承認のうえ、所定
の方法で申込みをし、当社が適当と認めた方(以下「会員」といいます。)に対し、ETC カードをカードに
追加して発行・貸与します。
(2)会員は ETC カードの裏面に署名を行わないものとします。
(3)ETC カードの所有権は当社に属します。ETC カードは ETC カード表面に印字された会員本人以外は使
用できません。
(4)会員は、ETC カードの使用・保管・管理を善良なる管理者の注意をもって行うものとします。会員は、
ETC カードを他人に貸与・譲渡・質入・寄託してはならず、また、理由のいかんを問わず、ETC カード
を他人に使用させもしくは使用のために占有を移転させてはなりません。
第 3 条(ETC カードのご利用)
(1)会員は、道路事業者の定める料金所において、所定の方法で通過することにより、ETC カードを通行料
金の支払い手段とすることができます。
(2)前項に係らず会員は、道路事業者の定める料金所において、通行料金の支払いに際し、ETC カードの呈
示を求められた場合には、これを呈示するものとします。
第 4 条(ご利用代金の支払い)
(1)会員は、前条により負担する通行料金等にかかわる債務を、会員規約に従いカードの利用代金と合算し
て支払うものとします。
(2)前項の支払いに係る支払い期日および支払い金額等は、原則として 1 回払いに関する会員規約を準用し
ます。ただし、カードの支払区分が「ゆとリボ」および「あとリボ」の場合は各支払方法の定めにもとづ
き支払うものとします。
第 5 条(ご利用可能枠)
ETC カードは、カードの利用枠の範囲内で利用できるものとします。会員がカードの利用枠を超えて ETC
カードを使用した場合も、会員は当然にその支払いの責を負うものとします。
第 6 条(利用の疑義)
当社からの利用代金の請求は、ETC システムに記録された利用記録により道路事業者が作成する請求デー
タにもとづくものとします。なお、当該道路事業者の請求データに疑義がある場合は、会員と道路事業者間
で疑義を解決するものとし、当社への支払義務は免れないものとします。
第 7 条(紛失・盗難)
(1)ETC カードが紛失・盗難・詐取・横領等(以下まとめて「紛失・盗難」といいます。)により他人に不正
利用された場合、会員は、その ETC カード利用代金についてすべて支払いの責を負うものとします。
(2)会員は、ETC カードが紛失・盗難にあった場合、速やかにその旨を当社に通知し、最寄の警察署に届出
るものとします。当社への通知は、改めて文章にて届出ていただくこととします。
(3)当社は、ETC カードが第三者によって拾得される等当社が認識した事由に起因して不正使用の可能性が
あると判断した場合、当社の任意の判断で ETC カードを無効登録できるものとし、会員はあらかじめこ
れを承諾するものとします。
第 8 条(会員保障制度)
(1)前条第 1 項の規定に係らず、当社は、会員が紛失・盗難により他人に ETC カードを不正利用された場合
であって、前条第 2 項の警察ならびに当社への届出がなされた時は、これによって会員が被る ETC カー
ドの不正利用による損害を補てんします。
(2)保障期間は、ETC カードの入会日からカードの最初に到来する保障期間までとし、以降 1 年毎に自動的
に更新されるものとします。
(3)次の場合は、当社は補てんの責を負いません。
①会員の故意もしくは重大な過失に起因する損害。なお、会員が ETC カードを車内に放置していた場合、
紛失・盗難について、会員に重大な過失があったものとみなします。
②損害の発生が保障期間外の場合
③会員の家族・同居人・ETC カードの受領の代理人による不正利用に起因する場合
④会員が本条第 4 項の義務を怠った場合
⑤紛失・盗難または被害状況の届けが虚偽であった場合
⑥前条第 2 項の紛失・盗難の通知を当社が受領した日の 61 日以前に生じた損害
⑦戦争・地震等による著しい秩序の混乱中に生じた紛失・盗難に起因する損害
⑧ETC マイレージサービスを利用する会員のマイレージサービスのポイントおよび還元額(無料通行分)
残高の減少により生じた損害
⑨その他本特約および会員規約に違反する使用に起因する損害
(4)会員は、損害の補てんを請求する場合、損害の発生を知った日から 30 日以内に当社が補てんに必要と認
める書類を当社に提出すると共に、被害状況等の調査に協力するものとします。
第 9 条(年会費)
会員は、当社に対して入会申込書およびホームページ等に記載する所定の ETC カード年会費を支払うもう
のとします。なお、支払われた年会費は、理由のいかんを問わず返還しないものとします。
第 10 条(ETC カードの有効期限)
(1)ETC カードの有効期限は、
当社が指定するものとし、ETC カード表面に記載した月の末日までとします。
(2)ETC カードの有効期限の 2 ヵ月前までに申出がなく、当社が引続き会員として認める場合には、新しい
ETC カードと本特約を送付します。
(3)ETC カードの有効期限内における ETC カード利用によるお支払いについては、有効期限経過後といえ
ども本特約を適用するものとします。
第 11 条(退会および解約)
(1)会員が ETC カードを退会する場合は、原則として ETC カードを添え、所定の届出用紙により当社に届
出るものとします。
(2)会員が決済カードを退会する場合は、会員の ETC カードも同時に退会となるものとします。
(3)会員が次のいずれかに該当する場合、当社は本規約を解除することができるものとし、会員は直ちにカ
ードを返却するものとします。
①会員が会員規約にもとづく会員資格を喪失した場合
②会員が本規定および会員規約に違反したり、ETC カードの利用状況が適当でないと当社が判断した場
合
③当社が有効期限を更新した ETC カードを発行せず、ETC カードの有効期限が経過した場合
④決済カードが更新されない場合
第 12 条(再発行)
(1)ETC カードの再発行は、当社所定の届け出を提出していただき当社が適当と認めた場合に限り行います。
この場合、会員は当社所定の ETC カード再発行手数料を支払うものとします。
(2)ETC カードの再発行により ETC カードの会員番号が変更となった場合には、道路事業者が実施する、
ETC マイレージサービス、有料道路身体障害者割引制度等の登録型割引制度を利用する会員は、自ら、
道路事業者所定の会員番号の変更手続きを行うものとし、変更手続きが完了するまでの ETC カードの利
用が割引(ETC マイレージサービスのポイント付与を含みます。)対象とならないことをあらかじめ承諾す
るものとします。
当社は、ETC カードの利用が割引(ETC マイレージサービスのポイント付与を含みます。)
対象とならないことにより会員が被った損失、損害について一切の責任を負わないものとします。
第 13 条(利用停止措置)
当社は、会員が本特約もしくは会員規約に違反した場合または ETC カードもしくはカードの使用状況が適
当でないと当社が判断した場合、会員に通知することなく ETC カードの利用停止措置をとることができる
ものとし、会員はあらかじめこれを承諾するものとします。当社は、ETC カードの利用停止の措置による
道路上での事故に関し、これを解決もしくは損害賠償する責任を一切負わないものとします。
第 14 条(免責)
(1)当社は、会員に対し、理由のいかんを問わず、道路上または料金所での事故、ETC システムおよび車載
器に関する紛議に関し、これを解決しもしくは損害賠償する責任を一切負わないものとします。
(2)会員は車両の運行に際し、車載器に定められた用法に従い、必ず ETC カードの作動確認を行うものとし
ます。作動に異常がある場合には、ETC カードの使用を止め、直ちに当社に通知するものとします。
(3)当社は、ETC カードの機能不良にもとづく会員の損失、不利益に関して一切の責任を負わないものとし
ます。
(4)当社は、登録型割引制度を含む道路事業者が提供する各サービスに関して、会員が被った損失、損害に
ついて責任を一切負わないものとします。
第 15 条(特約の変更・承認)
本特約の変更については当社から変更内容を通知した後、または新特約を送付した後に ETC カードを利用
したときは、変更事項または新特約を承認したものとみなします。
第 16 条(ETC システム利用規定遵守)
会員は、道路事業者が別途定める ETC システム利用規定を遵守し、ETC カードを利用するものとします。
第 17 条(会員規約の適用)
本特約に定めのない事項については、会員規約を適用するものとします。
会員特約条項
第1条
(1)一般条項第 8 条の定めに係らず、VISA カード加盟店でのカードショッピングおよび VISA 支払機および
VISA 金融機関でのカードキャッシング利用による代金・手数料・利息等の債務は Visa Worldwide と当
社の都合により会員が Visa Worldwide 指定の預金口座へ振込む方法等 Visa Worldwide が別途定める方
法によりお支払いいただくことがあります。
(2)前項の場合、本規約カードショッピング条項第 1 条第 6 項②およびカードキャッシング条項第 1 条第 1
項④に定める Visa Worldwide から当社への債権の再譲渡は行われないものとし、会員は Visa Worldwide
が当該債権の債権者であることをあらかじめ承認するものとします。また、この場合 VISA カード加盟店
により会員の購入した商品の所有権が Visa Worldwide に留保されることを認めるものとします。
【お問合わせ・相談窓口】
(1)商品等についてのお問合わせ、ご相談はカードをご利用された加盟店にご連絡ください。
(2)本規約についてのお問合わせ、ご相談および支払停止の抗弁に関する書面カードショッピング条項「第 8
条第 4 項」については、山陰信販株式会社におたずねください。
山陰信販株式会社
本社/〒683-8602
鳥取県米子市東福原 2 丁目 1-1
(登録番号)中国財務局長(11)第 00032 号
日本貸金業協会 会員 第 002517 号
コンタクトセンター
TEL 0859-32-7331
お客様相談室
0120-31-4839(フリーダイヤル)
ホームページアドレス:http://www.san-inshinpan.co.jp
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
572 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content