close

Enter

Log in using OpenID

イロコイ滝

embedDownload
 フランス領ルイジアナおよびスペイン領フロリダの購入
1
5
9
18
13
6
19
第二章 先住民 第一節 起源 太平洋沿岸の海岸線 大西洋沿岸の海岸線 南北の境界線 海岸地形の原因
海岸線と経済 等温線、気圧 南北と東西 自然区分
17
出土品
古代人との連続性
34
22
石器時代 貝塚 マウンド 形象墳
墳丘の変遷 先住民の人口
22
28
23
35
12
15
33
27
33
目次
イギリスによる割譲
5
2
第一章 総説 国土面積、地質構造、および自然区分 名称
1
カナダ国境 メキシコ国境 アラスカの購入 ノルマン人の探険
十五~十八世紀の探険 ルイス・クラーク探検隊 アメリカ地質調査所の端緒
10
1
メイソン・ディクソン線 初期の測量 アメリカ沿岸測量局の端緒 国土基本図
国内の地名 先住民に由来する地名 英語の地名 地勢 地質
7
12
30
25
36
30
21
31
24
14
3
15
30
35
目次
i
第二節 特質と社会 類似と相違 肌の色
脳容積
体格
衣服と装飾 住居
40
42
典型像
社会組織
子供の養育
成人への通過儀礼
懲罰
身体装飾
婚姻
葬礼
呪術
太陽崇拝
マニトゥ
52
48
イロコイ族 チェロキー族
46
マスコギー語族 ナチェズ族 スー語族 ミシシッピ川以西の部族
アサバスカ語族 コロンビア川流域の諸部族 ショショウニ語族 ユタ族
57
51
第三節 分布 アルゴンキン語族 ワイアンドット語族
53
57
61
61
63
64
62
コマンチ族 モハヴィ族 ピーマ族 プエブロ族 プエブロ族の村
プエブロ族の祭事 アパッチ族 先住民の移動
63 59
72
アメリカ人
66
73
イギリス人によるヴァージニア入植 年季奉公人
第三章 合衆国への入植者、白人と黒人 66
75
メイフラワー号とニューイングランド地方の入植
77
71
第一節 初期の入植 フランス人によるフロリダ入植
F・F・V・
68
79
75
70 65
56
43
59
39
65
78
78
56
55 48
40
39
39
44
50
43
49
74
74
ii
目次
81
独立後の拡大
84
ニューヨークへの入植 ペンシルヴェニア州とメリーランド州の入植
ノースカロライナ州、サウスカロライナ州、ジョージア州の入植
ケンタッキー州とテネシー州の入植 ミシシッピ川以西の入植
第二節 白人系の要素 84
81
十九世紀の移民
ニューイングランド人
ヴァージニア人 アイルランド系
初期のドイツ系移民
一八四八年以後のドイツ系移民
フランス系
スカンジナビア系およびイタリア系
88
93
89
第三節 黒人奴隷制と南北戦争 独立以前 独立後 南北の対立 南北戦争 解放後
87
第四節 中国系移民 第五節 アメリカ国民の課題
98
97
99
拡張の衝動 人口と権力の偏在 多民族国家アメリカの課題
ユニラテラリズムとアメリカ国民の使命
109
94
100
95
106
107
106
102
98
90
87
82
80
91
105
97
105
第四章 アパラチア山脈と大西洋側斜面 iii
iv
第一節 アパラチア山脈 位置と方向 北部の山容 中部および南部の山容 構造
オートゥール・デ・テール ホワイト山地ほか グリーン山地
アディロンダック山地
112
110
オセイブル峡谷 キャッツキル山地
116
116
キタティニー山地 アレゲイニー山脈の支脈 グレート・ヴァレーほか
アパラチア山脈の南部集団 南端部 アパラチア山脈の地質 石炭層
タコーニック山地
114 111
109
109
123
119
123
第二節 河川 氷河期の痕跡 メイン州の水系 コネティカット川 ハドソン川の河谷
121
126
コッド岬
131
137
128
133
129
133 131
127
137
134 132 130
サンディ・フック メイ岬付近 デルマーヴァ半島 チェサピーク湾
ディズマル湿地 ノースカロライナ州の沿岸 サウスカロライナ州の沿岸
140 138
142
147
第三節 気候、植物相、動物相 154
145
143
フロリダ半島の構造 オキーチョビー湖 地下水 珊瑚礁の分布 ケイ(洲島) メキシコ湾流 メキシコ湾流の移動
147
143
130
142
144
151
148
149
153
149
117
112
122
126
ジョージ湖とシャンプレイン湖
ハドソン川の概況
モホーク川 ハドソン川の水運
ハドソン峡谷
河口部
デラウェア川
リーハイ川合流後のデラウェア川
サスケハナ川
ポトマック川
ジェームズ川
タルラ滝ほか
フロリダ州の河川
メイン州沿岸部
氷河の限界
マーサズ・ヴィニヤード島、ナンタケット島、ロングアイランド島
126
136
150
136
124
128
119 114
109
140
気候要因 寒暖
降水
アパラチア山脈の影響
無偏角線
156
州と都市 内陸部
160
ポートランド 行楽地
166
第四節
沿岸部
第二項 ニューハンプシャー州 位置と沿革 ポーツマス コンコード 別荘地
第一項 メイン州 位置と沿革、地勢 住民
158
164
159
164
第三項 ヴァーモント州 位置と沿革 物産 モントピリアほか
169
160
155
アパラチア山脈の植生
ニューイングランド地方の植生
ノースカロライナ州以南の植生
紅葉
大型動物ほか
げっ歯類ほか
155
175
ボストンの由来と埋め立て
174
178
193
ニューベッドフォード、フォールリヴァー ウスター、フィッチバーグ
コネティカット川以西の都市
190
第五項 ロードアイランド州 位置と概況
ポタケット プロヴィデンス ニューポート
コネティカット川河谷の都市
176
周囲の市街 人口と影響力 中心部
179
185
188
186
リン
第四項 マサチューセッツ州 州名と国内での位置 住民 ローウェル ローレンスほか セーラム
172
172
162
173
194
181
167
156 154
174
学術機関 ボストン湾 ボストン周辺の都市 プリマス
コッド岬半島、マーサズ・ヴィニヤード島、ナンタケット島
178
176
162
158
162
162
170
185
192
194
190
196
183
194
181
154
169
172
171
173
175
195
目次
v
vi
第六項 コネティカット州 州名と物産 ノーウィッチ、ニューロンドン
ニューヘイヴン イェール大学ほか
第七項 ニューヨーク州 ハートフォードほか
フーサトニック川沿岸
199
201
ニューバーグ、ウェストポイント
市街と周辺
208
212
205
ニューヨークの沿革
212
輪郭と地勢ほか サラトガスプリングス
ハドソン川とモホーク川の合流点以南の集落 オールバニ ハドソン、ポキプシー
204
198
204 203
208
人口 街並み 凝集分離 都市用水 都市交通 ブルックリン橋
学術機関 ニューヨーク港の泊地と水道 ヘルゲート ニューヨーク港の貿易
214
222
218
215
215
223
226
219
216
224
229
街区
236
239
234
フィラデルフィアの物産
238
233
独立記念館、ジラール大学
235 232
236
フェアマウント公園 ジャーマンタウン スクラントン、ウィルクスバリー
ウィリアムズポート、ハリスバーグ
ランカスター、カーライル ゲティスバーグ
243
沿革と地勢 物産 イーストン、アレンタウン モークチャンク(現ジムソープ)
レディング フィラデルフィアの端緒 フィラデルフィアの成長
228
フィラデルフィア港
232
234
232
227
ケープメイほか ヴァインランド付近
第九項 ペンシルヴェニア州 227
240
229
229
210
209
201
204
行楽地 バッファロー ダンカークほか ロックポートほか
イロコイ連邦保留地付近 オスウィーゴほか ローム、ユーティカほか
224
220 217
198
218
第八項 ニュージャージー州 位置と概況 ジャージーシティ、ニュアークほか エリザベスほか トレントン
226
213
221
238
240
242
241
242
241
ガリツィン、アルトゥーナ
ピッツバーグの工業
第十項 メリーランド州 ドーヴァー、ウィルミントン
アナポリス
エリーほか ジョンズタウン ピッツバーグの沿革
245
ボルティモアの商工業と大学
244
周辺
リッチモンド
ニューポートニューズ
第十三項 ヴァージニア州 沿革と概況 黒人住民 フレデリックスバーグほか
254
第十四項 ノースカロライナ州 位置と住民 ローリー、ウィルミントン、ニューバーン アッシュヴィル
265
270
ビューフォート、ポートローヤル
279
第十五項 サウスカロライナ州 位置と概況 コロンビア、チャールストン
274
266
255
ピーターズバーグ リンチバーグ モンロー砦
ノーフォーク、ポーツマス
259
267
259
264
270
271
261
254
第十六項 ジョージア州 位置と南北戦争
アトランタ メイコン、ミレッジヴィル、オーガスタ
276
271
262
276
274
261
254
259
270
271
246
252
244
沿革と概況 ボルティモアの沿革
カンバーランド、ヘイガーズタウン
概況
251
247
第十一項 デラウェア州 249
第十二項 連邦特別区(ワシントン) 位置づけ 街区 連邦議会議事堂 ホワイトハウス、スミソニアン協会ほか
253
258
257
249
253
249
253
252
277
目次
vii
サヴァンナ 山岳部、ダローネガ
第十七項 フロリダ州 280
植民 セントジョン川 セントオーガスティン 半島南端部
セミノール族、マイアミ キーウェスト島 タンパほか セントマークス
282
アパラチコラ
282
第一節 地形 第五章 五大湖およびミシシッピ川流域 ペンサコラ
285
292
292
291
282
284
288
285
石膏層
296
旧氷河の範囲 オハイオ氷河湖 氷河地形の形成
エリー湖およびオンタリオ湖とミシシッピ川の分水界 五大湖流域の河川
第二節 旧氷河、湖沼と河川 292
298
299
302
イロコイ族の湖(フィンガー湖群) チャタフチー川(アパラチコラ川)
クーサ川(アラバマ川、モービル川) パスカグーラ川、パール川
304
293
ミシシッピ川の位置づけ ミズーリ川との関係
ミシシッピ川とミズーリ川の対照性 河名の由来 イタスカ湖 上流部
307
305
307
307 304
299
リャノ・エスタカード
位置と区分 アパラチア山脈西麓 テネシー州のグレートベースン
ミシシッピ川の河谷 プレイリーの岸辺 オザーク高原 ウィチタ山地
294
297
309
310
311
309
312
297
313
299
289
279
290
292
286
295
viii
セントアンソニー滝 中流部の支流 ミネソタ川 セントクロイ川、デプレーンズ川
イエローストーン国立公園
318
315
ミズーリ川 スリーフォークス グレートフォールズ
トゥーオーシャン峠
315
320
318
323
イエローストーン・キャニオン イエローストーン川合流後のミズーリ川 キャノンボール川ほか
プラット川(ネブラスカ川)
ミズーリ川とミシシッピ川の合流点 セントルイス下流 タワーロックと古代湖
328
328
329
324
ルイヴィルの珊瑚礁
オハイオ川下流部
オハイオ川の河況
カルスト地形 マンモス洞窟
331
333
ミシシッピ川の沖積作用
337
335
オハイオ川との合流点 オハイオ川 オハイオ川上流部、アレゲイニー川とモノンガヒラ川 オハイオ川中流部、リッキング川
329
316
323
347
352
348
沖積層の厚さ ミシシッピ川の水害
354
デルタ
355
350
マッドランプ サウス・パス ミシシッピ川の河況
354
レッド川 グレートラフト レッド川、ワシタ川、アチャファラヤ川とミシシッピ川の合流点 バイユー
砂礫堆
ミシシッピ川の幅と水深
パス
359
369
第三節 気候、植物相、動物相 365
366
370
360
366
345
357
368 362
349 345
海への流入 ミシシッピ川の土砂運搬量 デルタの前進 サビーン川ほか
リオ・グランデ上流部 リオ・グランデ下流部
358
353
サンク・カントリー アーカンザス川 ミシシッピ川とアーカンザス川の合流点 ヤズー川 ミシシッピ川の蛇行 ミシシッピ川沿岸の景観 ミシシッピ川の東漸
マンモス洞窟の動物
336 333
332
319
314
327
330
339 335 332
331
349
341
360
373
目次
ix
x
気温の年較差 熱波と寒波 五大湖地方の気温 降雨 降雪
季節風
暴風雨
サイクロン、竜巻
気象予報
空気の乾燥
377
377
374
378
375
バイソンの減少と保護
第四節 州と都市 クロコダイルほか爬虫類
鳥類
チャールストンほか
381
379 376
蚊
384 382
マリエッタほか
391
フォートウェイン
388
399
第一項 ウェストヴァージニア州 沿革と概況 ハーパーズ・フェリー
第二項 オハイオ州 沿革と概況 クリーヴランド サンダスキー、トリドほか
コロンバスほか シンシナティ ハミルトンほか
第三項 インディアナ州 沿革と概況 ジェファソンヴィルほか エヴァンズヴィル
インディアナポリスほか サウスベンド
404
406
405
400
387
391
380
386
393 393
383
402
396
395
385 383
沿革と概況 シカゴの沿革 シカゴの住民と街区 建築物 都市基盤
緑地、シカゴ万博 文化 食肉処理 交通 プルマン、エヴァンストン
第四項 イリノイ州 405
397
379
390
393
390
ミシシッピ川流域の森林 プレイリー プレイリーでの農耕 山火事 森林限界
豊作と不作
クロス・ティンバーズ
パイン・バレンほか
ミシシッピ川以西のステップ 農作物 プレイリードッグ バイソンの往時
374
395
403
407 406
404
400
ガリーナほか
412
413
414
416 414 408
イリノイ川の上流域、ジョリエットほか 415
412
415
373
376
382
393
395
403
406
410
イリノイ川の中流域、ピオリアほか イリノイ川の下流域、イーストセントルイスほか ケイロー
第五項 ミシガン州
416
417
ロウワー半島 アッパー半島 沿革 ランシング、デトロイト サギノー
マキノーシティ マーケット、エスカナーバ スーセントマリー、ピクチャード・ロックス
418
第六項 ウィスコンシン州 位置と住民 ラシーン ミルウォーキー マディソン
422 419
位置と沿革 レキシントンほか
第八項 テネシー州 位置と沿革 ナッシュヴィル、ノックスヴィル
第九項 アラバマ州 フォンデュラック
ミドルズバラ
チャタヌーガ メンフィス
ルイヴィル、パドゥーカ
アッシュランド オークレア、ラクロス、プレイリードシエン
第七項 ケンタッキー州 424
位置と沿革 バーミングハム モントゴメリー モービル、パール川
第十項 ミシシッピ州 ナチェズ
ミネアポリス セントポール
452
位置と概況 物産と沿革 ヴィックスバーグほか
第十一項 ミネソタ州 450
439
434
421
427
419
432
420
446
440
444
443
448
441
425
443
437
429
432
425
435
431
434
439
426
436
418
422
429
第十二項 ノースダコタ州 448
423
417
424
431
434
439
443
位置 沿革と物産 ダルース
ヘイスティングズほか
448
453
449
454
目次
xi
xii
位置と沿革 ペンビーナほか
サウスダコタ州 第十三項
ビスマーク
位置 スー族の保留地 ヤンクトンほか デッドウッド
第十四項 アイオワ州 454
第十五項 ネブラスカ州 位置、地勢、住民 オマハ
リンカンほか
第十六項 ミズーリ州 位置と沿革 物産と住民 カンザスシティほか
セントジュヌヴィーヴほか
セントルイスの位置
458
466
458
イーストセントルイスほか
469
473
住民 市域 産業
第十七項 カンザス州 473
467
位置、物産、住民 ダビューク ダヴェンポート デモイン、キオカク
スーシティ、カウンシルブラフス
457
465 463 461 459
471
位置と地勢 沿革 レヴンワース トピカほか
第十八項 アーカンソー州 472
位置 白人による蚕食 自治
諸部族
将来
第二十項 オクラホマ準州 沿革
479
475
チェロキー族の沿革
チェロキー族の現況
位置、地勢、住民 リトルロック、ホットスプリングスほか フォートスミスほか
第十九項 インディアン準州 475
478 478
482
480
455
469 465
478
476
455
455
456
463
457
461
468
475
483
470
457
454
465
471
459
455
467
478
481
482
497 494
第一節 地勢 ロッキー山脈の輪郭と標高
492
ビッグベルト山地
第六章 ロッキー山脈と太平洋側斜面 492
ニューオーリンズの交易
498
ララミー高原とフロント山脈 パイクス・ピーク
ノースパーク、ミドルパーク、サウスパーク 氷河
ブラックヒルズ山地
501
510 508
506
ユアンタ山地
サングレデクリスト山脈
サワーチ山脈ほか 大陸分水嶺
ネボ山ほか サンフランシスコ・ピーク(ハンフリーズ・ピーク)
ロッキー山脈の南端
511
522
506
512
509
504
ワサッチ山脈
513
516
505
515
520
518
ビッグホーン山地からウィンドリヴァー山脈まで イエローストーン公園周辺の火山地形
火山活動
マンモス・スプリングス
グランド・ガイザー
ジャイアント・ガイザーほか
間欠泉の変化
バッドランズ
バッドランズの古代湖
サウスパスとエヴァンズ峠
498
487
アレクサンドリア、シュリーヴポート バトンルージュ
モーガンシティ
ニューオーリンズの市街
州内の集落や住民
484
524
485
第二十一項 ルイジアナ州 位置 物産と住民
ニューオーリンズの位置
沿革
483
第二十二項 テキサス州 沿革 地域区分 住民 ナカドーチェスほか ダラスほか
ウェイコほか オースティン サンアントニオ エルパソほか
491
483
490
487
492
501
494
521
510
519
504
525
500
495
485 484
493
500
500
496
523
目次
xiii
xiv
溶岩地帯
グレートベースン
ロスト・マウンテンズ ワシントン州の火山
オレゴン州の火山
シャスタ山
シャスタ山の氷河とアッシュクリークビュート山
530
ラッセン・ピーク
シエラ・ネヴァダ
ヨセミテ渓谷 ホイットニー山ほか
金鉱
コースト山脈
ディアブロ山脈
サンバーナディノ山地
チョコレート山地、チャネル諸島ほか
536 533
537
541
538
542
第二節 河流、湖沼、内陸水系 ピュージェット湾流域 シュヘイリス川 コロンビア川 コロンビア盆地
544
546
546
スネーク川 スネーク川の北側支流 ショショウニ滝
コロンビア川とスネーク川の合流 トラベリング山までのコロンビア川
551
549
550
コロンビア川下流部 クラマス川ほか サクラメント川およびサンワキーン川
コロラド川源流、グリーン川 グランドキャニオンの形成過程 551
グランドキャニオンの地形
539 536 532
グランドキャニオンの支流群
グレートベースンの輪郭と標高
グランドキャニオンの探険史
コロラド川下流部と河口
556
グレートベースンの分水界 ボンヌヴィル湖とグレートソルト湖
グレートソルト湖とセヴィア湖の分水界 グレートソルト湖水系、ベア湖
ソルトン湖 ヒラ川
559
553
566
セヴィア湖 ラホンタン湖 ソーダ湖
572
オーウェンズ湖 モハヴィ沙漠(モハベ沙漠)とデス・ヴァレー
572
576
グレートソルト湖の水位
モノ湖
第三節 気候、植物相、動物相 タホ湖
574
569
563
553
576
560
540
555
566 562 557
554
544
570
563
530
535
542
569
579
578
529
549
561
548
540
574
第四節 州と都市 第一項 モンタナ州 位置と物産、住民 先住民
ヘレナほか
584
第二項 アイダホ州 位置と物産、住民 アイダホシティ、ボイズシティ
第三項 ワイオミング州 位置と物産、住民 シャイアンほか
594
597
595
ソルトレークシティほか
601
581
587
581
590 587
第四項 コロラド州 物産と沿革 デンヴァー レドヴィル プエブロ
602
606
第五項 ユタ準州 地勢 沿革と住民
第七項 アリゾナ準州
アルバカーキ
602
608
604
602
605
582
588
内陸高地の寒暖 沿岸部の寒暖 カリフォルニア州の等温線
580
589
595
593
594
594
581
592
583
591
600 599
599
593 591 591
580
カリフォルニア海流の影響、サンタカタリナ湾沿岸
気圧
風向
内陸の降雨
沿岸の降雨
ヨモギ
沙漠の植生
西部の森林
樹種
恐竜の化石
哺乳類の化石 西海岸の大型動物 西海岸の小型動物
579
591
583
589
595
第六項 ニューメキシコ準州 位置と地勢 住民 ラスベガス サンタフェ ヘメスほか
599
596
608
目次
xv
位置と物産、住民
第八項 ネヴァダ州 ツーソン、フェニックスほか
ユマ
位置と人口 カーソンシティ、ヴァージニアシティ付近の銀山
第九項 ワシントン州 609
沿革と資源 住民
ワラワラほか
611
シアトルほか タコマほか ポートタウンゼンド
616
サクラメント
アストリアほか
クレセントシティほか
620
624
615
第十項 オレゴン州 位置と地勢 沿革と物産 ポートランドほか
第十一項 カリフォルニア州 位置と地勢、物産 住民
623
617
611
614
618
618
622
第七章 合衆国の人口と統計 第一節 人口推移
628
625
郡部の人口減少
アメリカ国勢調査 気温と降水量からみた人口分布 経度からみた人口分布
緯度からみた人口分布 南部と北部 都市の発達 都市への集中
631
637
625
646
630 627
都市の消滅
634
マリポサほか サンフランシスコの造成 サンフランシスコの景観
オークランド ベニシアほか サンフランシスコの貿易相手 サンノゼ
モントレー ロサンジェルス サンディエゴ
627 624
629
637
645
636
641
都市建設のブーム 自然発生的な都市
643
642
629
621
619
615
611
614
617
618
612
608
621
634
634
644 640
xvi
首都の座 ワシントン ワシントン以外の首都候補 人口重心
647
649
649
移民の流入量
移民の国内移動
出身地別のコロニー
移民構成の変遷
移民の排斥
地元民の減少
自然増減の差
男女比
ユダヤ人
アメリカ人の体格
660
強制移住と放逐
収奪
第三節 アフリカ系アメリカ人 657
保留地
658
将来
667
671
662
672
662
663
653
659
呼称 独立以前 独立後 ブラックゾーン 差別 国外移住の提案
就業先の多様化 教育水準の向上 土地所有 混交 人種問題の将来
666
第二節 先住民の人口 一八九〇年の人口 劣等人種論 先住民の人口増 白人による土地の奪取
651
662
673
680
673
682
675
681
684
野菜
タバコ
地割 機械化 農民気質 干拓 灌漑 農産物価格の値崩れとその影響 鉄道運賃 ボナンザ・ファーム
690
果樹
ワタほか
695
ブタほか
701
695
699
694
688
ウシ
700
684 683
693
688
699
692
687
サトウキビ ブドウ
702
米麦類
697
690
683
687
病害虫とスズメ 森林減少 育苗と花卉 ウマ
捕鯨ほか 漁業 カキ
702
695
第四節 土地所有制度および農業 ホームステッド法 初期の土地制度 鉄道と入植 ダグアウトとソッド ハ
・ ウス
672
トウモロコシ
678
685
680
676
653
659
650
665
664
646
655
691
672
685
691
689
698
703
目次
xvii
xviii
第五節 鉱業 概況 金 水銀
銀
708
銅
709
資本集中 分布
719
天然ガス その他の鉱物資源
705
716
718
石油
第六節 製造業 概況 製鉄
所得層の分解
718
鉛
709
石炭
711
労働力
鉄鉱石
企業城下町
711
第七節 通商および交通路 貿易の概況 貿易相手国 五大湖の水運 河川の水運 運河
720
726 722
724
724
722
723
712
鉄道の発展 ヨーロッパ鉄道網との違い 鉄道網の西進 大陸横断鉄道 標準時帯 鉄道会社への政府支援 鉄道会社の独占的性格 鉄道会社間の競合
725
720
705
721
717
719
712 705
718
730
735
735
732
第八節 公教育 植民地時代 公教育への財政支援 就学率 宗教色や民族色 中等および高等教育 女性教育 大学運営 大学の公共性 737
文芸および出版
743
740
747
742
745
740
743
知的活動の地方性 犯罪
746
748 744 741
733
727
736
727
鉄道事故 資本集中 電鉄および道路 海運
北大西洋航路
734 730
740
728
目次
750
753
751
753
766
第八章 政府と行政 765
第一節 地方自治体 758
761
758
シティ(市) 州 参政権
760
タウンシップ カウンティ(郡)
州の重要性 準州
754
780
778 772
773
政治家への道
778
771
大統領の職務 閣僚
776
第二節 連邦政府と連邦議会 連邦の発足 三権分立 連邦下院 連邦上院 上院の機能
大統領選挙
771
第三節 司法 裁判所 地方差、リンチ 禁酒法ほか
782
774 771
769
プロテスタント系諸派 モルモン教 その他の宗派 伝道集会
宗教的恍惚 キリスト教の底流 キリスト教共産主義 社会主義の共同体
752
第九節 信仰および宗教団体
749
独立前 独立後 行政支援 カトリック教徒の比率 民族的出自
黒人および先住民の信徒 ヨーロッパとの相違点 プロテスタント
749
752
754
770
780
773
763
769
764
760
763
780
762
749
763
xix
南北戦争の戦費と戦災
786
785
789
786
第四節 軍事、財政、行政区分 783
合衆国陸軍 合衆国海軍 財政
連邦税と地方税 行政区分
謝辞 索引
訳者あとがき 索引 ~
56
829
付録 黒人法と黒人奴隷 (両世界評論第 巻、一八六〇年十二月十五日号、 ~ 頁所載) 783
1
793
788
792
xx
30
868
901
xxi
目次
図版一覧
図1
図 2
合衆国の連続的拡張4
ルシーニによるニューイングランド沿
岸7
8
図 3
アンガーによるシャンプレイン湖
図4 コルヴィンによるシャンプレイン湖
8
図 5
合衆国における地図化の進展状況 14
図 6
合衆国の標高19
図 7
合衆国の地質構造20
図 8
北米の大西洋岸およびメキシコ湾岸
23
図 9
合衆国の等温線26
図 10 合衆国の植生区28
図 11 マリエッタにおける先住民の城砦 32
図 12 マニトゥ諸島54
図 13 カナダをイギリスに譲渡したのちのイ
ロコイ族の境界線58
図 1416 世紀におけるミシシッピ川以東の
先住民60
図 15 ミシシッピ川以西の先住民 69
図 16 フランス人とスペイン人によるフロリ
ダ初期の入植76
図 17 十八世紀における内陸のフランス植民
地83
図 18 サスケハナ川以南のアパラチア山系の
軸111
図 19 アディロンダック山地115
図 20 二本のシェナンドーア川の合流点にお
けるグレート・ヴァレー120
図 21 ハーパーズ・フェリーの峡谷 135
図 22 ニューイングランド地方の氷河の南限
138
139
図 23 コッド岬の「舳先」
図 24 サンディ・フック141
146
図 25 ノースカロライナ州の沿岸洲
図 26 フロリダ半島152
図 27 無偏角線の移動157
図 28 メイン州とニューハンプシャー州のケ
イム163
図 29 メイン州165
図 30 ポートランド167
図 31 ポートランド北東で平行する島と半島
168
図 32 ホワイト山地170
図 33 セーラムとリン177
図 34 ボストン180
図 35
図 36
図 37
図 38
図 39
図 40
図 41
図 42
図 43
図 44
図 45
図 46
図 47
図 48
図 49
図 50
図 51
図 52
図 53
図 54
図 55
図 56
図 57
図 58
図 59
図 60
図 61
図 62
図 63
図 64
図 65
図 66
図 67
図 68
図 69
図 70
図 71
図 72
図 73
図 74
図 75
図 76
ボストン港184
187
プリマスとダックスバリー
コッド岬半島188
189
マーサズ・ヴィニヤード島
フォールリヴァー191
ホリオクの峡谷192
プロヴィデンス196
ニューポート197
ニューロンドン200
ニューヘイヴン202
ハドソン川とモホーク川の合流点付近
207
キャッツキル山地210
ニューヨークの発展211
バッファロー222
225
白人入植前のイロコイ族の湖
メイ岬230
バーネガットの砂洲231
フィラデルフィア237
油田、ガス田地帯245
ピッツバーグ247
ボルティモア250
ワシントン連邦特別区256
260
南北戦争時のヴァージニア戦域
南北戦争中のリッチモンドにおける陣
地配置263
チェサピーク湾265
ハンプトン・ローズ267
ジェームズタウン島268
ノーフォーク269
チャールストン273
ビューフォート275
シャーマンの進路277
アトランタ278
サヴァンナ281
フロリダ・キーズの列島286
キーウェスト島287
フロリダ半島の湖沼地帯288
ペンサコラ290
テネシー州のシルル紀性グレートベー
スン294
300
北方の旧氷河が被覆した地方
古エリー・オンタリオ湖301
ウィスコンシン州の氷堆丘(ドラムリ
ン)303
アパラチコラ川の河口306
xxii
308
図 77 クーサ川上流の侵蝕された台地
図 78 ミシシッピ川の源流地方311
312
図 79 イタスカ湖
図 80 シカゴ建設前のイリノイ川の屋根 317
319
図 81 ミズーリ川のスリーフォークス
図 82 「ロッキー山脈の戸口」とミズーリ川
の瀑布群321
図 83 トゥーオーシャン・パス322
図 84 アチソン手前のミズーリ川の蛇行と旧
河道326
図 85 ローン山地334
図 86 ミシシッピ河谷の中央部における河川
の合流338
図 87 サンク・カントリー340
図 88 アーカンザス川の峡谷342
343
図 89 カナディアン川の上流峡谷
344
図 90 アーカンザス川との合流点
346
図 91 グリーンヴィル付近の蛇行
図 92 レッド川合流点における河道の短絡
351
図 93 アーカンザス川からヤズー川までの氾
濫原356
図 94 ミシシッピ川による沖積357
図 95 サウス・パス361
図 96 ミシシッピ川の流域364
図 97 ミシシッピ川およびその支流の流量
365
367
図 98 ミシシッピ川デルタの変遷
図 99 リオ・グランデの源流370
図 100 リオ・グランデの河口371
図 101 中央部の森林地帯380
385
図 102 ミシシッピ州のパイン・バレン
図 103 姿を消していくバイソン389
図 104 サンダスキー398
図 105 トリド399
図 106 シンシナティ401
図 107 シカゴ409
図 108 デトロイト421
図 109 マディソン427
428
図 110 フォンデュラックとグリーン湾
図 111 ルイヴィル433
図 112 チャタヌーガ437
図 113 メンフィス438
440
図 114 バーミングハムと鉱山地帯
図 115 モービル442
図 116 ヴィックスバーグとミシシッピ川の河
道の移動445
図 117 ナチェズ447
450
図 118 ダルースとスペリアーシティ
451
図 119 ミネアポリスとセントポール
460
図 120 カウンシルブラフスとオマハ
図 121 ミズーリ川とネブラスカ川の合流点
464
図 122 ふたつのカンザスシティ474
図 123 ホットスプリングス476
図 124 ヴァンビューレンとフォートスミス
477
479
図 1251889 年現在のインディアン準州
図 126 ニューオーリンズの地峡486
図 127 ニューオーリンズ488
図 128 ガルヴェストン496
図 129 オースティン497
図 130 イエローストーン湖と間欠泉地帯 503
図 131 ファイアホール川の谷507
図 132 ララミー高原512
図 133 パイクス・ピークの山塊514
図 134 ノースパーク516
図 135 サウスパーク517
図 136 オカティ山と溶岩原519
図 137 アンコンパーグレ高地とシンドバッド
峡谷521
図 138 グランド・メサ526
527
図 139 サンフランシスコ・ピーク
図 140 マルパイスの大溶岩流528
図 141 ユタ準州高地の並走山脈531
図 142 シャスタ山534
図 143 ヨセミテ渓谷538
図 144 ピュージェット湾545
図 145 ミズーリ川とコロンビア川の分水嶺
547
図 146 コロンビア川の河口554
図 147 コロラド川の源流556
図 148 グランドキャニオン559
図 149 ビルヘン川の溝561
図 150 コアウイラ谷の新湖562
図 151 西部の河川の流域565
図 152 ボンヌヴィル古代湖567
図 153 ボンヌヴィル湖のふたつの水盆のあい
だにあった古代河川568
図 154 ベア湖570
図 155 グレートソルト湖の伸縮571
図 156 旧ラホンタン湖のマッドレーク群と沼
沢地573
図 157 タホ湖と旧ラホンタン湖の湖成盆地
575
図 158 モノ湖と第四紀の氷河577
図 159 西部の森林586
図 160 デンヴァー597
xxiii
目次
図 161 レドヴィルとアーカンザス川源流部
598
図 162 ニューメキシコ中央部のリオ・グラン
デの谷603
図 163 ズーニー族の郷国604
図 164 キャニオン・デシェイ607
図 165 ヴァージニアシティ613
図 166 ポートランド620
図 167 ロサンジェルス630
図 168 サンディエゴ632
図 169 合衆国、イギリス、フランスの人口増
加比較635
図 170 グリニッチ経度でみた合衆国の人口分
布637
638
図 171 緯度でみた合衆国の人口分布
図 17219 世紀初頭の人口密度639
図 1731890 年の人口密度641
図 174 ミドルズバラ644
図 175 南北戦争の戦域648
図 176 移民の流れ652
654
図 1771880 年におけるドイツ系移民
図 178 スー族の保留地670
図 179 ブラックゾーン674
686
図 180 アイオワ州のタウンシップ
図 1811880 年の綿花生産地帯696
図 182 合衆国の金鉱、銀鉱、水銀鉱、銅鉱
708
図 183 キーウィノー半島710
713
図 184 ペンシルヴェニア州の無煙炭
図 185 合衆国の石炭地帯714
図 1861889 年における合衆国西側の鉄道網
729
図 1871889 年における合衆国東側の鉄道網
728
図 188 合衆国の時間帯区分731
図 189 ニ ュ ー ヨ ー ク を 結 ぶ 定 期 航 路(1891
年)739
図 190 主要大学と高等専門学校745
図 191 ユタ湖とジョーダン川河谷のモルモン
教共同体755
図 192 アイオワ州のカウンティ765
768
図 193 アメリカ合衆国の州と準州
777
図 194 別荘地マウント・デザート島
図 195 マサチューセッツ州沿岸の海難救助施
設785
図 196 合衆国と諸外国の国勢比較(1890 年)
788
xxiv
挿画一覧
挿画 I
ロッキー山脈。ユタ準州マ・クンタ・
ウィプ谷の眺望11
挿画 II
ニューヨーク湾。市街南端からの眺
め21
挿画 III アリゾナ準州ピーマ族の人々41
挿画 IV 熊と狼ごっこ47
挿画 V
保留地内の宿営地50
挿画 VI ユマ族の男性67
挿画 VII プエブロ・デ・タオス71
挿画 VIII コネティカット州の農家85
挿画 IX サンフランシスコ、中華街の眺め
103
挿画 X
キャッツキル山地。ハドソン湾から
の眺め117
挿画 XI ディズマル湿地145
挿画 XII アパラチア山脈の景観。フレジデン
シャル・レインジ南東のホールズ・レッ
ジからの眺め156
挿画 XIII ニューハンプシャー州北部、ディッ
クスヴィル・ノッチにあるディックスハ
ウスの眺め171
挿画 XIV ボストン。コモンから見た全景182
挿画 XV ジョージ湖206
挿画 XVI ブルックリン橋。ニューヨークから
の眺め217
挿画 XVII モークチャンクの遠景235
挿画 XVIIIフィラデルフィアの独立記念館239
挿画 XIX ゲティスバーグの墓地。無名戦士の
墓243
挿画 XX ワシントンのキャピトル(連邦議会
議事堂)の東からみた全景255
挿画 XXI リッチモンド。ジェームズ川の早瀬
がある上流部262
挿画 XXII サヴァンナの市街と河口280
挿画 XXIIIシルヴァー・スプリングの岸辺の眺
め283
挿画 XXIVセントアンソニー滝314
挿画 XXV イエローストーン・キャニオンの大
滝325
挿画 XXVIシンシナティの橋337
挿画 XXVII ミシシッピ川の渡し船359
挿画 XXVIIIサビーン川の岸辺の眺望368
挿画 XXIXミシシッピ川の岸辺。フォートスネ
リング手前の眺め382
挿画 XXX ハーパーズ・フェリーの眺望394
挿画 XXXIシカゴ。街路の眺望411
挿画 XXXII ミシガン湖上のシカゴ市取水口
413
挿画 XXXIIIウィスコンシン州の景観。デヴィ
ルズ湖430
挿画 XXXIVセントポールの遠景453
挿画 XXXV ネブラスカ州バッドランズの眺望
462
挿画 XXXVIチェロキー族の男性481
挿画 XXXVII
ニューオーリンズ。埠頭の眺
め489
挿画 XXXVIII リオ・グランデの谷499
挿画 XXXIXイエローストーン湖の釣りと調理
505
挿画 XL エクセルシオール・ガイザー508
挿画 XLI グリーン川のキャニオン523
挿画 XLII グリーン川沿いの岩山。グランド
キャニオンの最上流部525
挿画 XLIIIロッキー山脈の眺め。ユタ準州の三
つのティートン山532
挿画 XLIVシャスタ山535
挿画 XLV コロンビア川。フッド山のふもとの
眺望552
挿画 XLVIコロラド川の峡谷、マーブルキャニ
オン558
挿画 XLVII カナブウオッシュの湧泉564
挿画 XLVIII ア リ ゾ ナ 準 州 の 眺 め。 ベ ン ケ イ
チュウとユッカ585
挿画 XLIXニューメキシコ準州の首府サンタ
フェの遠景605
挿画 L
プエブロ族の古民家606
挿画 LI アリゾナ準州、キャニオン・デシェ
イの「キャプテンズ」610
挿画 LII ネヴァダ州シルヴァーシティの銀山
614
挿画 LIII サンフランシスコの通りからの眺め
626
挿画 LIV オマハ遠景645
挿画 LV アルカリ峡谷ブラック・ヒルズの宿
営地658
挿画 LVI バーユート・ネーションのカイ・ヴァ
ヴ・イト族、すなわちカイバブ族の女性
668
挿画 LVII フロリダ州のある黒人家族の住居
680
挿画 LVIIIミシシッピ州の綿花収穫697
挿画 LIX カウボーイ701
xxv
目次
挿画 LX ネヴァダ州ノース・ブルームフィー
ルドでの水力による露天掘り706
挿画 LXI 金を含む沖積層の探査工事。シエラ・
ネヴァダ山脈フォレスト・ヒルの金鉱707
挿画 LXII サンフランシスコ湾。市街からの眺
め723
挿画 LXIIIイエローストーン国立公園内のマン
モス・テラス732
挿画 LXIVセントルイスの橋738
挿画 LXV ソルトレークシティの全景757
挿画 LXVIテキサス州の屠場767
挿画 LXVII ウェストポイントとハドソン川
784
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
15
File Size
800 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content