close

Enter

Log in using OpenID

ITRS*`99準拠 標準SPICEモデルの構築

embedDownload
ITRS*’99準拠
標準SPICEモデルの構築
東京大学 生産技術研究所
稲垣賢一 神田浩一 桜井貴康
* International Technology Roadmap for Semiconductors
概要
n
n
n
n
n
背景
SPICEモデル作成フロー
モデル作成条件
結果
まとめ
背景
将来の回路性能を予測したい
↓
SPICEモデルは必須
↓
標準的・統一的なモデルが無い
↓
2014年までの7ノードについてモデル作成
作成フロー
1.
2.
3.
4.
5.
ロードマップよりトランジスタ特性に係るパラ
メータを拾い出す
α乗則トランジスタモデルを用いてトランジス
タのI-V特性を計算
I-V曲線フィッティングによりパラメータ抽出
遅延特性がトレンドに乗るよう容量パラメー
タ(CJ, CG)を調整
完成
α乗則トランジスタモデル
ID=ID5=IDSAT(1+λVDS)
VDS
VDS
)
ID=ID3=ID5(2 VDSAT VDSAT
W
IDSAT=
B(VGS – VTH)α
LEFF
n
飽和領域 VDS > VDSAT
線形領域 VDS < VDSAT
α:速度飽和パラメータ
MOSのI-V特性を簡単な数式で表したモデル
n
n
赤字:ロードマップの値より計算される値
青字:仮定を含む値
n
従来の傾向からα=1.3, VDSAT=VDD/2, λ=0.2とする
Sakurai, “A Simple MOSFET Model for Circuit Analysis,“ IEEE Trans. on ED, Vol. 38, No. 4, pp887-893, 1991
作成条件 (1)
n
n
n
n
n
SPICE MOS Model3を使用
ハイパフォーマンスを想定
幅のある値は中央値を採用
酸化膜厚、基板濃度、接合深さはロードマッ
プの値を使用
仮定
n
n
n
α, λ は現在の値が維持されるとする
基板バイアス係数γ=CD/COX*
LDはゲート長LDRAWNの5%とする
* Hiramoto and Takamiya, IEICE Trans. E83-C, 161, 2000
1.E-02
2.0
1.E-03
1.E-06
19
97
1.E-08
20
14
0.0
20
08
1.E-07
20
02
0.5
20
14
1.0
1.E-05
Ion
Ioff
20
08
1.5
1.E-04
20
02
Vdd
Vth *
電流 / A
2.5
19
97
電圧 / V
作成条件 (2)
"International Technology Roadmap for Semiconductor," SIA, Semantech Inc., 2000
* Allam et al, “Effect of Technology Scaling on Digital CMOS Logic Styles,” Proc. of IEEE 2000 CICC, pp401-408
NMOS 0.18 µm特性
ID - VGS 特性
2.0E-05
0.001
0.0008
Ids / A
Ids / A
1.5E-05
1.0E-05
0.0006
0.0004
5.0E-06
0.0002
0.0E+00
0
0.0
Ids / A
ID - VDS 特性
0.5
1.0
1.5
Vgs / V
1.E-04
1.E-05
1.E-06
1.E-07
1.E-08
1.E-09
1.E-10
1.E-11
1.E-12
0
0.5
1
1.5
Vds / V
NMOS 0.18 µm
本SPICEモデル
α乗則トランジスタモデル
0.0
0.5
1.0
Vgs / V
1.5
遅延特性
1.E-09
リングオシレータ
1段あたり遅延 (s)
当モデル
実デバイスより抽出したモデル
1.E-10
1.E-11
0.01
0.1
チャネル長 (um)
1
まとめ
α乗則トランジスタモデルに沿った
SPICEモデルを構築
n 各パラメータはロードマップに準拠
n 公開URL
http://lowpower.iis.u-tokyo.ac.jp/~ina/
mospar.lib
n
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
245 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content