close

Enter

Log in using OpenID

DVD±R/RW ドライブ「PX-716AL」発表

embedDownload
新製品発表
スロットローディング方式 DVD±R16 倍速・DVD+RW8倍速・DVD±R DL6 倍速書き込み対応
DVD±R/RW ドライブ「PX-716AL」発表
平成 17 年 3 月 2 日付
プレクスター株式会社
周辺機器部
拝啓
貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
さて、プレクスター株式会社(社長 金子元昭、本社 東京都中央区)では、5 インチハーフハイトの書込型
DVD ドライブとしては世界初となるスロットローディング方式に対応し DVD±R 16 倍速/DVD+RW 8 倍速
/DVD±R DL(2 層)6 倍速書き込みも実現した DVD±R/RW ドライブ「PX-716AL」を、平成 17 年 3 月 2
日付けにて発表いたします。
本製品では、現在販売中の PX-716 シリーズと同等の最大 16 倍速 CAV 書き込みを実現しただけではな
く、プレクスターの書き込み技術の集大成とも言える新機能「Intelligent Recording」を搭載。ドライブが
自動的にメディア特性を学習して登録する機能や、ディスク面の傾きに合わせて記録箇所へより正確にレー
ザーを照射できる制御技術などにより、高速記録における高記録品位をさらに強化しております。
つきましては、ぜひ貴社誌上・紙上並びに Web 媒体等にてご紹介いただけますよう、お願い申し上げます。
敬具
製品名(型番)
PX-716AL
価格
生産開始時期
備考
未定
6 月中旬/受注生産
ATAPI 内蔵型/業務用
◆総販売元
〒103-8286 東京都中央区八重洲 1-4-21 共同ビル8F
プレクスター株式会社 周辺機器部 国内営業課
<プレクスターダイレクトショップURL>
https://www.plextor-direct.net
◆開発・製造元
〒386-0012 長野県上田市中央6-15-26
シナノケンシ株式会社 電子機器事業部
◆お問い合わせ先
プレクスター株式会社
周辺機器部 販売促進室 担当:坪田
〒103-8286 東京都中央区八重洲 1-4-21 共同ビル 8F
Tel:03-3517-8062 / Fax:03-3517-8065
e-mail:[email protected]
http://plextor.jp
本製品開発の背景
店頭や街頭に設置する KIOSK 端末などの業務機器に光ディスクドライブをご利用頂く場合、従来のトレイイ
ジェクト・ローディング方式では、ローディングメカの耐久性やディスクを傷つけないなどの安全性に優れ
る反面、トレイを出し入れする構造であるためにトレイ部分を端末使用時に誤って破損されるケースや、デ
ィスクをトレイ上の正しい位置に置かれないため、トレイとドライブ本体でディスクを挟み込んでしまうケ
ースなどの問題を抱えておりました。弊社では業務機器をご利用されるお客様の使い勝手向上を目指して、
スロットローディング方式の採用により、トレイローディング方式の光ディスクドライブ搭載端末をご利用
されるお客様の使い勝手を向上する一方で、ディスクの安全性確保や 8cm ディスクにも対応可能なメカ設計
を採用。また、使い勝手だけではなくローディングメカの耐久性と安全性の面においてもトレイイジェク
ト・ローディングのメカ耐久性を実現できる製品として本製品を開発いたしました。
製品特長
1.高い利便性と安全性を実現するメカ設計
スロットローディング時の動作において記録面をこすらず、ディスク外周部をはさんでローディングを行う
方式を採用いたしました。スロットローディング時の問題であったディスクに付着しているごみやホコリに
よるディスク記録面の損傷を防止しております。また、8cmディスクのローディングにも対応可能であるだけ
でなく、ドライブ障害時にもメディアの緊急イジェクトが可能です。
2.省スペース設計 縦置き対応
PX-716AL では奥行き 178.7mm を実現。ドライブの大きさに制約を受ける小型システムでも安心してご利
用いただけます。また縦置き対応によりシステムデザインの幅を広げます。
3.業務用機器として実力を発揮する各種機能
本製品には業務用として使用されるにあたり有用となる、製品が接続されるシステムの OS に依存せずドライ
ブ単独で対応できる下記機能を搭載しております。
A) OS に依存せずメディア特性を学習する機能「AUTOSTRATEGY®」
ドライブが自動的にメディア特性を学習して登録する機能である「AUTOSTRATEGY®」により、OSに依
存することなく、将来発売されるメディアや、ドライブに未登録のメディアに対する記録品位を上げること
ができます。
4.記録速度・品質の向上、幅広いメディアへの対応を同時に実現する新機能「Intelligent Recording」
プレクスターの書き込み技術の集大成とも言える新機能「Intelligent Recording」を搭載。ドライブが自動
的にメディア特性を学習して登録する機能や、ディスク面の傾きに合わせて記録箇所へより正確にレーザー
を照射できる制御技術などにより、高速記録における高記録品位をさらに強化しております。
B) 「AUTOSTRATEGY®」
ドライブが自動的にメディア特性を学習して登録する機能。将来発売されるメディアや、ドライブに未登録
のメディアに対する記録品位を上げるだけではなく、既存のメディアのロット差を補正し記録します。記録
メディアのトップメーカーである太陽誘電の技術をディスク検査機能のノウハウをもつプレクスターの技術
が活用することにより、実現できました。
C) 「Intelligent Tilt」
従来の3次元チルト機構に加えて、新開発の液晶シャッターを搭載。高速記録における高記録品位確保の妨げ
となるレーザー光の三大収差を防ぎます。
D) 「PoweRec」
書き込み中のメディアの状態をドライブが監視しながら、メディアの特性を最大限に活かした記録を行うの
で、4倍速対応メディアには8倍速、8倍速対応メディアには最大16倍速の高速書き込みが可能になります。
※DVD±Rメディアに対する機能です。メディアの個体差により最高速での記録が出来ない場合、ドライブ側にて記録品位を保つため自
動的に記録速度を落とす場合がございます。
5.CPRM(Content Protection for Records Media)に対応
CPRM 対応ソフト・メディアと組み合わせることにより、コピーワンス放送(一回だけコピー可能な
TV 番組のこと)の再生・書き込みが可能です。
※2004 年 4 月より日本の地上波デジタル/BS デジタル放送の全番組がコピーワンス放送となっております。
6.DVD±R メディアへの最大 16 倍速書き込み DVD±R DL(2層)メディアへの 6 倍速書き込みを実現
世界最速レベルになる最大 16 倍速 CAV 方式による書き込みを実現しました。CAV 方式では、ディスクの回転
速度を一定にして書き込むため、高速であることはもちろん、ディスクを回転させるスピンドルモータの回
転速度が一定であることから、振動が起きにくく記録品位の向上にもつながります。
7.CD 書き込みも記録型 DVD で最高速の、最大 48 倍速を実現
CD 書き込み機能においては、記録型 DVD ドライブでは最高速となる、CD-R への最大 48 倍速書き込
みを実現しました。CD-RW 書き換えは最大 24 倍速となっております。
その他の機能
VariRec TM
ユーザーが書き込み時のレーザーパワーを手動で自由に調節することができます。この調整内容によりメ
ディアとプレーヤーとの相性問題がある場合にも、プレイアビリティを改善させることができる場合があ
ります。
主な仕様
製品名称
PX-716AL
内蔵型/外付型
インタフェース
DOS/V用 ATAPI 内蔵型 DVD±R/RW
ATA/ATAPI 5 UltraATA/66 (Ultra DMA Mode 4)
サポートメディア DVD
DVD-ROM 1層/2層、DVD-R for General Ver2.1、DVD-R DL Ver3.0 Draft、DVD-RW Ver1.1/1.2、DVD+R Ver1.3、
DVD+RW Ver1.0/1.3、DVD+R DL Ver1.0
サポートメディア CD
イエローブック
レッドブック
ブルーブック
書き込み・読み込み
可能フォーマット
DVD
書き込み方式
DVD+R
CD-DA CD Extra Video CD Photo-CD CD-ROM Mode-2 CD-ROM Mode-1
CD-ROM XA CD TEXT CD-I CD+G マルチセッション Mixed CD
ディスクアットワンス
シーケンシャルライト
DVD-R
ディスクアットワンス
DVD-RW
サポートメディアサイズ
消費電力(平均)
本体重量
寸法(幅×高さ×奥行)
接続可能コンピュータ
CPU
DVD+R/RW
DVD-R/RW
CD-R/RW
ロスレスリンキング
ゼロリンク
バッファアンダーランプルーフ
DVD+R
DVD+R DL
DVD+RW
DVD-R
DVD-R DL
DVD-RW
CD-R
CD-RW
書き込み速度
16倍速
6倍速
8倍速
16倍速
6倍速
4倍速
48倍速
24倍速
書き込み方式
CAV
CLV
PCAV
CAV
CLV
CLV
CAV
PCAV
DVD±R
DVD±R DL
DVD±RW
CD-R
CD-RW
12倍速
8倍速
12倍速
48倍速
48倍速
メディアタイプ
DVD-ROM
1層
2層
16倍速
12倍速
8MB
平均 150ms
DVD
平均 100ms
CD
電源
インクリメンタルレコーディング
メディアタイプ
読み込み速度
設置条件
ランダムアクセスライト
マルチボーダーレコーディング
12cm CD DVD 8cm DVD-R DVD-RW
バッファアンダーラン
防止機能
ローディング方式
オーディオ出力
インクリメンタルレコーディング
ディスクアットワンス マルチボーダーレコーディング インクリメンタルレコーディング
リストリクテッドオーバーライティング DRT-DM
トラックアットワンス ディスクアットワンス パケットライト
セッションアットワンス
CD-R/RW
データバッファ
アクセスタイム
マルチセッション
ディスクアットワンス
DVD+RW
最大読み込み速度
オレンジブックパート3
DVD-ROM DVD-Video マルチセッション マルチボーダ DVD+VR DVD-VR
CD
DVD+R DL
最大書き込み速度
ホワイトブック
グリーンブック
オレンジブックパート2
スロットローディング方式
背面
アナログ
4ピンコネクタ
デジタル
S/PDIF 2ピンコネクタ
水平(横) 垂直(縦)
DC+12V(±10%) DC+5V(±5%)
22.2W
1kg
幅146mm x 高さ41.3mm x 奥行178.7mm
動作可能環境
DOS/V機 5インチベイに空きがありUltra ATA/66 (Ultra DMA Mode 4)対応インタフェースがあること
メモリ
Pentium4 1.4GHz以上
256MB以上
HDD
10GB以上の空き容量
以上
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
47 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content