close

Enter

Log in using OpenID

高梁市長表彰 栄光をたたえます

embedDownload
クァンジュ
月 日~
日・韓国)
準決勝進出 ( 月
日~ 日・コロンビア)
■世界ユース陸上競技選手権大会[女子200㍍]
さいとう
み
( 月 日~8月 日・和歌山県)
女子4×100㍍リレー 3位 女子200㍍ 8位
倉敷中央高等学校1年
あ
齋藤 愛美 さん(落合町近似)
よし だ
りょう ま
(
月
日~8月3日・京都府)
岡山工業高等学校3年
経験となりました」
(
月
日~
■ヤングリーグ選手権大会[硬式野球]
いのうえ ゆう き
いい経験になりました」
こ ん に ち は。 長 野 エ ド
ウィン・タケルです。
川上町高山に
家族で移り住み
3年が
たとう
ード競技大会・女子サッカーで銅メダルを獲得した、吉備国際大学の
3選手を表彰しました。
はまもと
左から吉武愛美さん、濱本まりんさん、
近藤隆則市長
と考えます。
らしだけでは過疎になるのではな
いかな?
そこでイベントの告知をさせて
く だ さ い。 退 任 後 で は あ り ま す
が、9月5日
、自立支援協議会
主催で高梁福祉フォーラムイベン
心に全国幅広く音楽活動している
トを行います。広島県府中市を中
また8月末日で
協力隊活動を終えること
す。全盲右半身不随でも彼の明る
友人の堤友彦くんを紹介したいで
ととても長い時間に感じます。
く元気なライフスタイルを見て聴
いて、一人でも多くの高梁市民の
皆さんに感じてほしいです。
する事ができました。関わってく
学習支援ボランティア等にも参加
学 び 多 き 3年 間 で し た。 消 防 団、
らしや食生活、農業⋮いろいろと
けない、丈
ず風にも負
雨にも負け
め ま し た。
ニャクの担い手として活動をはじ
夫なこん
の暮らし ↓ 新しい暮らし︵未来︶
﹁ 地 方 創 生 ﹂ と は、 地 域 に あ る
もともとの暮らし × 他地域から
です。
ていきたい
れから作っ
にゃくをこ
を生み出していくことであると思
しています。
ださった大勢の地域の皆様に感謝
動を通じてはじめて知ることがで 最後になりますが、弥高山の
か っ こ う 花 グ ル ー プ に て、 コ ン
きました。そして、歴史文化、暮
と、ご縁がある事にこの協力隊活
私 は ご 先 祖 様 が 井 原 市 出 身 で、
ま た、 川 上 町 に も 親 戚 が い た り
に な り ま す が、 振 り 返 る
としております。
7月3日~ 14 日に韓国光州で開催された国際大会のユニバーシア
います。地域にあるもともとの暮
発揮し、厳しい状況から1勝でき、
ちの持ち味であるチームワークを
「全国大会という大舞台でも自分た
高梁北中学校3年
日・津山市)
ま し た が、 全 国 大 会 は と て も 良 い
戦 の 末 惜 敗 し、 残 念 な 結 果 と な り
「初戦で大分県の代表チームに延長
吉田 涼馬 君(下町)
■全国高等学校総合体育大会[バスケットボール]
れを糧に今後も頑張ります」
し さ と 悔 し さ を 味 わ い ま し た。 こ
験 を し、 イ ン タ ー ハ イ で は、 う れ
「初の世界大会では、さまざまな経
2
3位 (
22
■全国高等学校総合体育大会[陸上競技]
9
■ユニバーシアード競技大会(光州)[女子サッカー]
たかつか あや ね
「 吉 備 国 代 表 と し て、 日 本 代 表 と し
て、戦えたことを誇りに思います。
たくさんの応援ありがとうござい
ました」
7
28
高塚 綾音 さん(川端町) 吉備国際大学3年
よしたけ まな み
りを意識しているとのことです。「住みやすい高梁の地域づくりを目指して」というスローガンのもと、医療
高塚 綾音さん 吉武 愛美さん 濱本 まりんさん
吉武 愛美 さん(落合町近似) 吉備国際大学3年
医療と福祉の充実には、実務者同士の連携は不可欠です。
「連携します」を合い言葉に実務者同士のつなが
28
「優勝できなかった悔しさはありますが、
との言葉が印象的でした。
7
銅メダルを獲得して今大会を終えること
ができて本当に良かったです。このような
素晴らしい経験ができたのは、多くの方々
の支えや応援があったからだと思います。
今回の経験を今後に活かせるよう頑張り
21
と、そして自分たちの専門性を見つめ直すきっかけとなった、
■問い合わせ スポーツ振興課スポーツ振興係☎ 21- 0425
(有)
ます。応援ありがとうございました!」
務内容が見えることで、専門職同士が支え合う関係ができたこ
よしたけ まな み
吉備国際大学3年
また、顔が見える関係ができたことにより、他の専門職の職
■吉備国際大学女子サッカー部
さん(頼久寺町)
取り組めるようになりました。
21
ビスが調整できるようになるなど、今では重層的な生活支援に
19
「 今 回 は、 た く さ ん の 方 々 の 支 え が
るように病院スタッフで支援をしたり、退院時の在宅サービス導入の際に、入院中の支援状況に応じたサー
7
あ っ た か ら こ そ、 3 位 と い う 結 果
ことができるようになりました。このことにより、入院前の状態を把握し、入院前の状態になるべく近づけ
たかつか あや ね
を 残 せ た と 思 っ て い ま す。 本 当 に
ることもありました。しかし、実務者同士のつながりを強化し、垣根を低くしたことで、情報共有を進める
高梁市長表彰
(土)
はまもと
以前は、入退院やサービス提供に関する情報の受け渡しが関係機関の間でうまくいかず、対応の遅れが生じ
井上 佑樹 君(中井町西方)
と福祉の充実を図るために、日々、資質の向上と他職種理解、多職種連携に取り組んでいる姿に、高梁市民
濱本 まりん
今回は、高梁地域医療連携実務者協議会の取り組みのうち「情報共有と多職種連携」についてご紹介します。
7
14
ありがとうございました!」
【インタビュー】森下 茜さん、角 美星さん
(吉備国際大学社会福祉学科 3 年)
3
市 内 に 在 住、 ま た は 市 内 で 活 動 し、 文 化 や ス ポ ー ツ 活
動 の 全 国 大 会 出 場、 そ れ に 準 ず る 成 績 を 収 め た 個 人・ 団
として心強さを感じることが出来ました。
7
体の 情 報 が あ れ ば 、 お 知 ら せ く だ さ い 。
∼ 高梁地域医療連携実務者協議会の多職種連携への取り組み ∼
10
広報 8月号 vol.131
広報 8月号 vol.131
11
■問い合わせ 保険課連携推進係 ☎21- 0304
【指導】岡崎 幸友准教授(吉備国際大学社会福祉学科)
第 16 回
在宅医療連携拠点事業通信
■問い合わせ 秘書政策課公聴広報係☎ ‐0210
医療と福祉と生活をつなぐ ②
栄光をたたえます
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
379 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content