close

Enter

Log in using OpenID

IBM WebSphere DataStage Pack for SAP R/3 クイック・スタート・ガイド

embedDownload
IBM WebSphere DataStage Pack for SAP
R/3
クイック・スタート・ガイド
IBM WebSphere DataStage Pack for SAP R/3 の基本インストールにご使用ください。
各国語版: 他言語のクイック・スタート・ガイドは PDF としてクイック・スタート CD にあります。
製品の概要
IBM® WebSphere® DataStage® Pack for SAP R/3 により、 SAP R/3 および mySAP Business アプリケーション・モジュー
ルに対してデータの抽出とロードを行うことができます。 SAP データを抽出した後、IBM Information Server を使用して、
企業のデータ環境に応じてマップ、アグリゲート、再フォーマットすることにより、データを充実させることができます。
シナリオ: 2 つのシステムでの基本インストール
本書では、2 つのコンピューターにおける WebSphere DataStage Pack for SAP R/3 の基本インストールについて説明しま
す。このパックには、各国語サポートがインストールされた IBM Information Server バージョン 8.1、および SAP R/3 バ
ージョン 4.6C、R/3 Enterprise (Unicode)、mySAP ERP ECC バージョン 5.0 (Web AS 6.4)、または mySAP ERP ECC バー
ジョン 6.0 (Web AS 7.0) が必要です。
1
ステップ 1: ソフトウェアとドキュメンテーションにアクセスする
製品を IBM パスポート・アドバンテージ (Passport Advantage®) Web サイトからダウンロードする場合は、
http://www-06.ibm.com/jp/software/passportadvantage/ に移動して、ダウンロード手順に従ってください。
この製品には、Microsoft® Windows® システム用には 1 枚、Linux® または UNIX® システム用には 2 枚の CD が含
まれています。この CD には、WebSphere DataStage Pack for SAP R/3 のクライアントとサーバーのコンポーネント
が含まれています。クイック・スタート CD に製品資料があります。
このパックをインストールする前に、リリース・ノートをお読みください。 クイック・スタート CD 内のリリース・
ノートに、製品の変更に関する最新情報があります。
2
ステップ 2: ハードウェアおよびシステム構成を評価する
?
WebSphere DataStage Pack for SAP R/3 のハードウェアおよびシステム構成の要件は、 IBM Information Server と同
じです。 IBM Information Server のシステム要件の詳細については、http://www-306.ibm.com/software/data/integration/
info_server/overview/requirements.html を参照してください。
3
ステップ 3: コンポーネントをどのようにインストールするかを決める
基本のデプロイメントにおいて、インストールは 2 つのコンピューターに分散されます。コンピューター A には、
IBM Information Server のクライアントが入ります。コンピューター B には、IBM Information Server のサービス、
メタデータ・リポジトリー、およびエンジンが入ります。
4
ステップ 4: システムにログインする
Linux または UNIX システムでは root ユーザーとして、Windows システムでは管理者または管理特権を持つユーザ
ーとして、ログインします。この管理者はローカル・オペレーティング・システムの管理者でなければなりません。
5
ステップ 5: ファイアウォール・ソフトウェアおよびアンチウィルス・ソフトウェアを使
用不可にする
WebSphere DataStage Pack for SAP R/3 をインストールする前に、システム上のファイアウォール・ソフトウェアを
使用不可にします。アンチウィルス・ソフトウェアを使用不可にすることは必須ではありませんが、インストール・
ウィザードのパフォーマンスが向上する場合があります。
6
ステップ 6: コンピューター A にクライアントをインストールする
コンピューター A にパックのクライアントをインストールします。
Windows システムにインストールする場合、次のようにします。
1. SAP Service Marketplace から、Microsoft Windows プラットフォームに対応した、最新バージョンの Unicode お
よび非 Unicode の RFC SDK ライブラリーをダウンロードします。このライブラリーを dshome/lib ディレクトリ
ーにコピーします。このパックを Unicode SAP システムで使用する予定でも、非 Unicode SAP システムで使用す
る予定でも、両方のライブラリーが必要です。
2. CD の client ディレクトリーで install.exe ファイルをダブルクリックします。
3. インストール・ウィザードの指示に従います。
4. インストールが完了したら、ファイアウォール・ソフトウェアとアンチウィルス・ソフトウェアを再始動します。
7
ステップ 7: コンピューター B にサーバー・コンポーネントをインストールする
コンピューター B にパックのサーバー・コンポーネントをインストールします。
Windows システムにインストールする場合、次のようにします。
1. SAP Service Marketplace から、ご使用の IBM Information Server プラットフォームに対応した、最新バージョン
の Unicode および非 Unicode の RFC SDK ライブラリーをダウンロードします。このライブラリーを dshome/lib
ディレクトリーにコピーします。 32 ビットと 64 ビットの両方の Unicode RFC SDK があるプラットフォームで
は、32 ビット・バージョンをダウンロードしてください。このパックを Unicode SAP システムで使用する予定で
も、非 Unicode SAP システムで使用する予定でも、両方のライブラリーが必要です。
2. server ディレクトリーで install.exe ファイルをダブルクリックします。
3. インストール・ウィザードの指示に従います。
4. インストールが完了したら、ファイアウォール・ソフトウェアとアンチウィルス・ソフトウェアを再始動します。
5. IBM WebSphere Application Server を再始動し、インフォメーション・センターでパックのドキュメンテーション
を使用可能にします。
Linux または UNIX システムにインストールする場合、次のようにします。
1. SAP Service Marketplace から、ご使用の IBM Information Server プラットフォームに対応した、最新バージョン
の Unicode および非 Unicode の RFC SDK ライブラリーをダウンロードします。このライブラリーを dshome/lib
ディレクトリーにコピーします。 32 ビットと 64 ビットの両方の Unicode RFC SDK があるプラットフォームで
は、32 ビット・バージョンをダウンロードしてください。このパックを Unicode SAP システムで使用する予定で
も、非 Unicode SAP システムで使用する予定でも、両方のライブラリーが必要です。
2. ターミナル・ウィンドウを開き、root ユーザーでログインします。
3. CD の server ディレクトリーから ./install.bin コマンドを入力します。
4. インストール・ウィザードの指示に従います。
5. すべてのパック・ユーザーに DSSAPbin および DSSAPConnections ディレクトリーへの書き込みを許可します。
6. インストールが完了したら、ファイアウォール・ソフトウェアとアンチウィルス・ソフトウェアを再始動します。
7. IBM WebSphere Application Server を再始動し、インフォメーション・センターでパックのドキュメンテーション
を使用可能にします。
8
ステップ 8: WebSphere DataStage and QualityStage デザイナーを開始する
このパックと IBM Information Server クライアントをインストールした Windows コンピューターで、「スタート」>
「プログラム」>「IBM Information Server」 >「IBM WebSphere DataStage and QualityStage デザイナー」と
クリックし、スイート証明情報を使用してデザイナー・クライアントにログインします。パックの全ステージが、デ
ザイナー・クライアント・パレットの「パック」カテゴリー下にインストールされます。
詳細情報
?
このパックに関する詳細については、クイック・スタート CD 内のリリース・ノートおよび「連携ガイド: IBM
WebSphere DataStage Pack for SAP R/3 編」を参照してください。
IBM Information Server Licensed Materials - Property of IBM. © Copyright IBM Corp. 2006, 2008. All Rights Reserved.
IBM、DataStage、DB2、Passport Advantage、QualityStage、および WebSphere は、International Business Machines Corporation の米国およびその他の国における商標です。
Linux は、Linus Torvalds の米国およびその他の国における商標です。Microsoft および Windows は、Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標です。
UNIX は The Open Group の米国およびその他の国における登録商標です。他の会社名、製品名およびサービス名等はそれぞれ各社の商標です。
部品番号: CF1FWML
Printed in Ireland
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
362 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content