close

Enter

Log in using OpenID

NetCOBOL解説書 V9.0 - ソフトウェア

embedDownload
B1WW‑9691‑01Z0(00)
Microsoft® Windows® 2000
Microsoft® Windows® XP
Microsoft® Windows ServerTM 2003
NetCOBOL V9.0
NetCOBOL解説書
まえがき
■製品の呼び名について
本書では、各製品を次のように略記しています。あらかじめご了承ください。
「Microsoft® Windows® XP Professional operating system」
→「Windows® XP」
「Microsoft® Windows® XP Home Edition operating system」
→「Windows® XP」
「Microsoft® Windows® 2000 Professional operating system」
→「Windows® 2000」
「Microsoft® Windows® 2000 Server operating system」
→「Windows® 2000」
「Microsoft® Windows® 2000 Advanced Server operating system」
→「Windows® 2000」
「Microsoft® Windows Server® 2003, Standard Edition」
→「Windows Server® 2003」
「Microsoft® Windows Server® 2003, Enterprise Edition」
→「Windows Server® 2003」
「Microsoft® Windows Server® 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems」
→「Windows Server 2003」または「Windows Server 2003 EE (Itanium)」
「Microsoft® Windows Server® 2003, Datacenter Edition for Itanium-based Systems」
→「Windows Server 2003」または「Windows Server 2003 DTC (Itanium)」
「Windows® XP」、「Windows® 2000」および「Windows Server® 2003」
→ 「Windows®」
■本書の目的
本書は、NetCOBOLシリーズの各製品と各製品に含まれる各プログラムの概要を説明しています。
本書により、NetCOBOLシリーズの各製品および製品に含まれる各プログラムで何ができるか知る
ことができます。
■本書の対象読者
本書は、NetCOBOLシリーズの各製品を購入された方、購入を検討されている方を対象としていま
す。
■前提知識
本書を読むにあたって、特別な知識は必要ありません。
■本書の位置づけ
本書は、NetCOBOLシリーズの全体概要を紹介しています。個々のプログラムの詳細な機能、使い
方などは、それぞれのプログラムのマニュアルを参照してください。
■登録商標について
本書に記載されている登録商標を、以下に示します。
Microsoft, Windows, Windows NTは、米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国にお
i
ける登録商標です。
ActiveXは、米国Microsoft Corporationの商標です。
UNIXは、X/Openカンパニーリミテッドが独占的にライセンスしている米国ならびに他の国におけ
る登録商標です。
SunおよびSolarisは、米国Sun Microsystems,Inc.の商標です。
HP、HP‑UXは、米国Hewlett‑Packard Companyの商標です。
JavaおよびすべてのJava関連の商標およびロゴは、米国およびその他の国における米国Sun
Microsystems,Inc.の商標または登録商標です。
Pervasive、Pervasive Software、Pervasive SQL、Btrieve、Pervasive Softwareロゴは、米国
Pervasive Software,Inc.の米国および他の国における商標または登録商標です。
Oracleは、米国Oracle Corporationの登録商標です。
その他の会社名または製品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
2006年12月
All Rights Reserved, Copyright (C) 富士通株式会社 2003‑2006
All Rights Reserved,Copyright(C) Microsoft Corporation. 1983‑1998
Portion of this program Copyright 1982‑1996 Pervasive Software Inc. All Rights
■ 告知文
[高度な安全性が要求される用途への使用について]
本製品は、一般事務用、パーソナル用、家庭用、通常の産業等の一般的用途を想定して開発・
設計・製造されているものであり、原子力施設における核反応制御、航空機自動飛行制御、航空
交通管制、大量輸送システムにおける運行制御、生命維持のための医療用機器、兵器システムに
おけるミサイル発射制御など、極めて高度な安全性が要求され、仮に当該安全性が確保されない
場合、直接生命・身体に対する重大な危険性を伴う用途(以下「ハイセイフティ用途」という)
に使用されるよう開発・設計・製造されたものではありません。
お客さまは本製品を必要な安全性を確保する措置を施すことなくハイセイフティ用途に使用
しないでください。また、お客さまがハイセイフティ用途に本製品を使用したことにより発生す
る、お客様または第三者からのいかなる請求または損害賠償に対しても富士通株式会社およびそ
の関連会社は一切責任を負いかねます。
ii
目次
第1章
リリース情報 ............................................................................... 1
1.1
追加機能の概要 ............................................................................. 2
1.1.1 NetCOBOL開発環境......................................................................... 2
1.1.2 NetCOBOL運用環境......................................................................... 2
1.1.3 PowerCOBOL開発環境....................................................................... 3
1.1.4 PowerCOBOL運用環境....................................................................... 3
1.1.5 FORM、PowerFORM.......................................................................... 3
1.1.6 MeFt..................................................................................... 3
1.1.7 MeFt/Web................................................................................. 4
1.1.8 Foundation Class Library................................................................. 4
1.1.9 PowerGEM Plus............................................................................ 4
1.1.10 SIMPLIA/COBOL支援キット................................................................. 4
1.2
互換に関する情報 ........................................................................... 7
1.2.1 NetCOBOL開発環境......................................................................... 7
1.2.2 NetCOBOL運用環境......................................................................... 9
1.2.3 PowerCOBOL開発環境...................................................................... 12
1.2.4 PowerCOBOL運用環境...................................................................... 12
1.2.5 FORM、PowerFORM......................................................................... 15
1.2.6 MeFt.................................................................................... 15
1.2.7 MeFt/Web................................................................................ 15
1.2.8 Foundation Class Library................................................................ 16
1.2.9 PowerGEM Plus........................................................................... 16
1.2.10 SIMPLIA/COBOL支援キット................................................................ 16
1.3
プログラム修正一覧 ........................................................................ 17
1.3.1 NetCOBOL開発環境........................................................................ 17
1.3.2 NetCOBOL運用環境........................................................................ 19
1.3.3 PowerCOBOL開発環境...................................................................... 21
1.3.4 PowerCOBOL運用環境...................................................................... 21
1.3.5 FORM、PowerFORM......................................................................... 22
1.3.6 MeFt.................................................................................... 23
1.3.7 MeFt/Web................................................................................ 23
1.3.8 Foundation Class Library................................................................ 23
1.3.9 PowerGEM Plus........................................................................... 23
1.3.10 SIMPLIA/COBOL支援キット................................................................ 24
第2章
製品概要 .................................................................................. 25
第3章
プログラムの概要 .......................................................................... 31
3.1
NetCOBOL .................................................................................. 32
3.2
PowerCOBOL ................................................................................ 42
3.3
FORM、PowerFORM、FORMオーバレイオプション ................................................. 44
3.4
MeFt、MeFt/Web ............................................................................ 48
3.5
Foundation Class Library .................................................................. 50
3.6
PowerGEM Plus ............................................................................. 52
3.7
SIMPLIA/COBOL支援キット ................................................................... 56
第4章
関連製品 .................................................................................. 59
4.1
NetCOBOL Enterprise Edition ............................................................... 60
4.2
NetCOBOL for .NET ......................................................................... 62
4.3
NetCOBOL JEFオプション .................................................................... 63
4.4
NetCOBOL XMLオプション .................................................................... 64
4.5
PowerRDBconnector for NetCOBOL ............................................................ 67
4.6
PowerRW+ .................................................................................. 68
iii
4.7
付録A
PowerSORT/PowerSORT Server ................................................................ 69
NetCOBOL、PowerCOBOL85/97シリーズの構成プログラム ......................................... 71
iv
第1章
リリース情報
この章では、NetCOBOLシリーズのリリース情報を紹介します。
1
第1章
リリース情報
1.1
追加機能の概要
1.1.1
NetCOBOL開発環境
ここに記載する情報は、以下の製品に適用されます。
•
NetCOBOL Base Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ
表1.1 NetCOBOL開発環境の追加機能概要
項番
1.1.2
内容
マニュアルの記載場所
1
V9.0L10
V/L
NetCOBOL
Studio
機能名
オープンソースのGUI開発
環 境 で あ る Eclipse を ベ ー
ス と し た COBOL プ ロ グ ラ ム
開発環境を提供します。
NetCOBOL Studio 使 用
手引書
2
V9.0L10
リモート開発
Windows Server 2003 for
Itanium‑based Systemsで動
作するNetCOBOL Enterprise
Edition 開発・運用パッケ
ージと連携して、アプリケ
ーションの開発・デバッグ
をリモートで支援します。
NetCOBOL Studio 使 用
手引書
NetCOBOL使用手引書
‑ 19.9 対 話 型リモー
トデバッガの使い方
3
V9.0L10
ストアドプロシ
ージャの戻り値
ストアドプロシージャの戻り
値を受け取ることができま
す。NetCOBOL運用環境にも同
じ記載があります。
COBOL文法書
‑ 8.2.6 SQLERRD
‑ 8.10.1 CALL文
NetCOBOL使用手引書
‑ 21.5.2 ストアドプロ
シージャの呼出し例
NetCOBOL運用環境
ここに記載する情報は、以下の製品に適用されます。
•
NetCOBOL Base Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Base Edition クライアント運用パッケージ
•
NetCOBOL Base Edition サーバ運用パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition クライアント運用パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition サーバ運用パッケージ
2
1.1
追加機能の概要
表1.2 NetCOBOL運用環境の追加機能概要
項番
1.1.3
V/L
機能名
内容
マニュアルの記載場所
1
V9.0L10
ストアドプロシ
ージャの戻り値
ストアドプロシージャの戻り
値を受け取ることができま
す。NetCOBOL開発環境にも同
じ記載があります。
COBOL文法書
‑ 8.2.6 SQLERRD
‑ 8.10.1 CALL文
NetCOBOL使用手引書
‑ 21.5.2 ストアドプロシ
ージャの呼出し例
2
V9.0L10
DISPLAY 文 の フ
ァイル出力拡張
DISPLAY 文 の 出 力 先 フ ァ イ
ルに以下の指定ができるよ
うになります。
‑ 既存ファイルへの追加書
き
NetCOBOL使用手引書
‑ 5.4.1.59 SYSOUTのアク
セス名(小入出力機能の
出力ファイルの指定)
‑ 11.1.5.4 DISPLAY文の
ファイル出力拡張
3
V9.0L10
COUNT 情 報 フ ァ
イルの追加書き
COUNT情報を既存 のフ ァイ
ルに追加出力できます。
NetCOBOL使用手引書
‑ 5.4.1.57 SYSCOUNT
(COUNT情報の出力ファイ
ルの指定)
4
V9.0L10
NATIONAL関数の
変換モード
NATIONAL関数の変換モード
を追加しました。
NetCOBOL使用手引書
‑
5.4.1.10
@CBR̲FUNCTION̲NATIONAL
(NATIONAL関数の変換モ
ードの指定)
PowerCOBOL開発環境
追加機能はありません。
1.1.4
PowerCOBOL運用環境
追加機能はありません。
1.1.5
FORM、PowerFORM
FORM、PowerFORMは、以下の製品に含まれています。
•
NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ
FORM、PowerFORMの追加機能の情報は、「FORM説明書」を参照してください。
1.1.6
MeFt
MeFtは、以下の製品に含まれています。
•
NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ
3
第1章
リリース情報
•
•
NetCOBOL Standard Edition クライアント運用パッケージ
NetCOBOL Standard Edition サーバ運用パッケージ
MeFtの追加機能の情報は、「MeFt説明書」を参照してください。
1.1.7
MeFt/Web
MeFt/Webは、以下の製品に含まれています。
•
NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition サーバ運用パッケージ
表1.3 MeFt/Webの追加機能概要
項番
1.1.8
V/L
機能名
内容
V9.0L10
利用者プログラ
ムの指定
リモート実行機能で起動する MeFt/Web V9.0 説明書
利用者プログラムや参照する ‑ 2.3 利用者プログラム
ユーザ資源を制限する機能。 の指定
OSやWebサーバの設定に依存
せず、確実に必要最小限のプ
ログラムのみを起動できま
す。
2
V9.0L10
Internet
Explore
用
MeFt/Webプラグ
イン
これまでMeFt/Webプラグイン MeFt/Web V9.0 説明書
はNetscape Navigatorでしか ‑ 1.3 MeFt/Webプラグイ
使用できませんでしたが、 ン
Internet Exploreでも使用で
きるようになりました。
Foundation Class Library
追加機能はありません。
1.1.9
PowerGEM Plus
追加機能はありません。
1.1.10
SIMPLIA/COBOL支援キット
SIMPLIA/COBOL支援キットは、以下の製品に含まれています。
•
NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ
4
マニュアルの記載場所
1
1.1
1.1.10.1
追加機能の概要
TF‑MDPORT
表1.4 TF‑MDPORTの追加機能概要
項番
V/L
機能名
内容
マニュアルの記載場所
1
V70L10
マスク機能(取
扱要注意情報の
変換)
SIMPLIA/TF‑MDPORT 使 用
個人情報(氏名・住所・電
手引書
話番号等)を含むデータを
‑ 取扱要注意情報の変換
テストで用いる際、個人情
報流出の危険性がありま
す。
本機能を使うことにより個人
情報を秘匿してデータの開示
が出来るようになります。
2
V70L10
マルチレイアウ
ト定義機能
データファイル変換におい
て、1ファイル上のレコード
フォーマットが、レコード
によって変わる(複数のレ
コードフォーマットが存在
する)ものに対応しました。
SIMPLIA/TF‑MDPORT 使 用
手引書
‑ マルチレイアウト定義
機能
3
V70L10
可 変 長 COBOL フ
ァイル対応
可 変 長 の COBOL フ ァ イ ル の
入出力が出来るようになり
ます。(但し、COBOLランタ
イムシステムが必要になり
ます。)
なし
4
V70L10
他社コード変換
CharsetMGR対応
CharsetMGRを使用した他社
コードの変換を行うことが
出来るようになります。
(但
し、日本電気AVX日本語コー
ドには対応していません。)
SIMPLIA/TF‑MDPORT 使 用
手引書
‑ MDPORT変換指示ウィザ
ード 5/5 (変換仕様・エ
ラー情報)
5
V70L10
メッセージ出力
件数制限解除
変換エラー出力可能件数の
制限を無くし、メモリの許
す限り出力可能です。
SIMPLIA/TF‑MDPORT 使 用
手引書
‑ MDPORT変換指示ウィザ
ード 5/5 (変換仕様・エ
ラー情報)
6
V70L10
同一コード無変
換対応
同一コードを指定した場合
に限り、変換を行わずにそ
のままデータを出力可能で
す。
SIMPLIA/TF‑MDPORT 使 用
手引書
‑ MDPORT変換指示ウィザ
ード 5/5 (変換仕様・エ
ラー情報)
1.1.10.2
TF‑LINDA
表1.5 TF‑LINDAの追加機能概要
項番
1
V/L
V60L40
機能名
UCS2 BE対応
内容
マニュアルの記載場所
UCS2ビッグエンディアンに対 SIMPLIA/TF‑LINDA使用手
応しました。
引書
‑ Unicodeの詳細設定
5
第1章
リリース情報
1.1.10.3
TF‑EXCOUNTER
追加機能はありません。
1.1.10.4
DF‑COBDOC
表1.6 DF‑COBDOCの追加機能概要
項番
1
1.1.10.5
V/L
V50L40
機能名
調査用資料の登
録集名の出力
内容
マニュアルの記載場所
調査用資料に原文名、ファイ SIMPLIA/DF‑COBDOC 使 用
ル名、フルパスファイル名の 手引書
追加出力ができます。
‑ USERS GUIDEのドキュメ
ント出力
VF‑FILECOMP
表1.6 VF‑FILECOMPの追加機能概要
項番
1
1.1.10.6
V/L
V60L40
機能名
CSV比較機能
Unicode フ ァ イ
ル比較
内容
マニュアルの記載場所
比較対象資産の文字コードが SIMPLIA/VF‑FILECOMP 使
Unicode(UTF‑8 、 UCS‑2 LE 、 用手引書
UCS‑2 BE)で比較が行えます。 ‑ ファイルの比較
CSV比較のフィールド情報の
操作改善。
MF‑STEPCOUNTER
表1.7 MF‑STEPCOUNTERの追加機能概要
項番
1
6
V/L
V50L40
機能名
UNICODE ソ ー ス
ファイル対応
内容
マニュアルの記載場所
新規計測で、UNICODEファイル SIMPLIA/MF‑STEPCOUNTER
の計測ができます。
使用手引書
‑ 新規計測
1.2
1.2
互換に関する情報
互換に関する情報
1.2.1
NetCOBOL開発環境
ここに記載する情報は、以下の製品に適用されます。
•
NetCOBOL Base Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ
(1) 連絡節データの翻訳時チェックの強化について
変更内容
COBOL97 V61L10で、連絡節に定義したデータ項目の不正な参照を翻訳時にチェックするように変
更されました。
これにより、COBOL97 V60L10以前では正常に翻訳できたプログラムであっても次のいずれかの翻
訳エラーが出力される場合があります。
メッセージ
メッセージの意味
JMN3482I‑S
プログラム、メソッド、二次入口の呼出し時の連絡節データの使用法誤り。
JMN3483I‑S
主プログラムの連絡節データの使用法誤り。
(OSIV形式のコマンド行引数の受取り)
JMN5595I‑S
対処方法
以下のようにプログラムを次のように修正してください。
条件
対処方法
JMN3482I‑Sが出力
される場合
診断メッセージで指摘されるデータ項目が、プログラム、メソッド、二
次入口のパラメタとして呼出し元とデータのやり取りをする項目であ
れば、手続き部見出しのUSING/RETURNING指定(プログラム、メソッド
の場合)あるいはENTRY文のUSING指定(二次入口の場合)に記述してく
ださい。
上記に該当しないのであれば、そのデータ項目は連絡節ではなく、作業
場所節で定義するように修正してください。
JMN3483I‑S
、
JMN5595I‑Sが出力
される場合
主プログラムの連絡節には、OSIV形式でコマンド行引数を受け取るた
めのデータ項目を1つだけ定義することができます。連絡節に定義し
たデータ項目をこの目的で使用するのであれば、規則に従った適切な
形式に修正してください(詳細については『NetCOBOL V9.0 使用手引
書』付録Gを参照してください)。
上記に該当しないのであれば、そのデータ項目は連絡節ではなく、作
業場所節で定義するように修正してください。
(2) 固定長形式の扱いについて
変更内容
COBOL97 V60L10以前は、固定長形式(SRF(FIX[,FIX]))での翻訳時、レコード長が80バイトを超え
た場合、81バイト以降を次のレコードとして扱っていましたが、COBOL97 V61L10以降は、81バイ
ト以降を無視します。
対処方法
既存資産において不都合が生じる場合は、翻訳オプション"SRF(LFIX[,LFIX])"を指定してくださ
い。
7
第1章
リリース情報
(3) COM プログラムにおける文字列中のNULL文字について
変更内容
特殊クラスのメソッド呼出し時およびCOMサーバからの返却時の文字列中のNULL文字(英数字項
目の場合X'00 ,日本語項目の場合X'0000')の扱いが以下のとおり異なります。
•
COBOL97 V61L20以前
: NULL文字を文字列の区切りとみなし、それよりも右側の文
字は無視されます。
•
NetCOBOL V70L10以降
: NULL文字は通常の文字と同じように扱われます。
対処方法
NULL文字を文字列の区切りとして使用している場合、以下のいずれかの対処が必要です。
•
文字列中のNULL文字とNULL文字より右側の領域を空白でクリアする。
•
実行環境変数@CBR̲COM̲STRING̲NULL̲TERMINATE=YESを指定する。
この実行環境設定を行うと、NetCOBOL V70L10以降で作成したプログラムでもNULL文字
は文字列の区切りとみなされるので注意してください。
(4) 中間結果精度が30桁を超える加減算の演算結果について
変更内容
次のような算術式のとき、NetCOBOL V7.2以前は、演算作用対象の属性の組み合わせにより、得
られる実行結果が異なる場合がありました。
NetCOBOL V9.0L10では、どの項類を使用しても一定の値が得られるように処理を改善しています。
1) 加算または減算である。かつ
2) 作用対象がいずれも固定小数点である。かつ
3) 『COBOL 文法書』の"付録D 中間結果精度"が示す規則に従い中間結果精度を求めると、精
度が30桁を超え、その結果として中間結果精度が30桁と決定される。かつ
4) 演算作用対象が、実際に結果が30桁を超える値を保持している。
例:
01 DATA‑A
01 DATA‑BIN
01 DATA‑ZONE
01 DATA‑PACK
01 RCV
PIC
PIC
PIC
PIC
PIC
S9(18) COMP‑5
S9(18) COMP‑5
S9(18)
S9(18) COMP‑3
S9(18).
VALUE
VALUE
VALUE
VALUE
999999999999999999.
1000000000000.
1000000000000.
1000000000000.
COMPUTE RCV = (( DATA‑A * 1000000000000 ) + ア ) ‑ 1000000000000.
イ
[NetCOBOL V7.2以前の結果]
•
アがDATA‑BINの場合 → RCVの格納値:+999999000000000000
•
アがDATA‑ZONEの場合 → RCVの格納値:‑000001000000000000
•
アがDATA‑PACKの場合 → RCVの格納値:‑000001000000000000
これは、加減算処理が2進で行われるとき、中間結果精度が30桁と定められても、2進型のため
16バイトに入りきる値までは値を保持してしまうことによります (上記例ではアがDATA‑BINの
ときのイの加算)。
[NetCOBOL V9.0以降の結果]
•
アがDATA‑BINの場合 → RCVの格納値:‑000001000000000000
•
アがDATA‑ZONEの場合 → RCVの格納値:‑000001000000000000
•
アがDATA‑PACKの場合 → RCVの格納値:‑000001000000000000
8
1.2
1.2.2
互換に関する情報
NetCOBOL運用環境
ここに記載する情報は、以下の製品に適用されます。
•
NetCOBOL Base Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Base Edition クライアント運用パッケージ
•
NetCOBOL Base Edition サーバ運用パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition クライアント運用パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition サーバ運用パッケージ
(1) コマンド行引数での'"' の扱いについて
変更内容
Windows 3.1版およびCOBOL85 V30L10以前は、コマンド行引数の取り出しの際に、'"' をデータ
として扱っていますが、COBOL85 V30L20以降の版では'"' を区切り文字として使用しています。
対処方法
コマンド行引数で'"' を使用している場合には、互換オプションとして次の実行環境変数を用意
しています。
@CBR̲DOUBLEQUOTE (コマンドラインに区切り文字として記述した'"'を区切り文字として扱うか、
データとして扱うか、を指定)
@CBR̲DOUBLEQUOTE =
DELIMITER
DATA
コマンドラインに区切り文字として記述した'"'を、区切り文字として扱う (DELIMITER) か、デ
ータとして扱う(DATA)か、を指定します。
(2) COBOL プログラム実行中の制御権の放棄について
変更内容
COBOL85 V30L20以前は、COBOL プログラムの実行中に制御を手放していました。このため、COBOL
プログラムの実行中に、そのCOBOL プログラムの呼出し元のアプリケーションに制御を移すこと
ができました。
COBOL97 V40L10以降では、デフォルトでCOBOL プログラムの実行中にはそのCOBOL プログラムの
呼出し元のアプリケーションに制御を移しません。ただし、実行環境設定画面、コンソールウィ
ンドウおよびスクリーンウィンドウ、表示ファイル(画面)を使用した入力処理の実行時には、
無条件に制御を手放します。
なお、制御を手放さないことにより、COBOL97 V40L10以降は、デフォルトでは実行環境設定画面、
コンソールウィンドウおよびスクリーンウィンドウ、表示ファイル(画面)を使用した入力処理
を行っていない場合には、COBOL プログラムのアイコンから 閉じる およびWindowsのログオ
フ、シャットダウンによるCOBOLプログラムの強制終了はできません。また、このとき、実行環
境変数 @CBR̲ExitSessionMSGの指定は無効になります。
たとえば、Visual Basic からCOBOL プログラム(コンソールウィンドウにDISPLAY 文を利用し
て表示する)を呼び出すような場合、V30L20以前では、COBOL プログラムの実行中にVisual Basic
の画面をアクティブにすることが可能でした。
V40L10以降では、デフォルトではCOBOL プログラムの実行中にはVisual Basic の画面をアクテ
ィブにすることはできません。
対処方法
COBOL プログラムが制御を手放すことを期待したプログラムを実行する場合には、互換オプショ
9
第1章
リリース情報
ンとして、次の実行環境変数を用意しています。
@CBR̲YIELDCONTROL(COBOLプログラム実行中の制御権放棄の有無の指定)
@CBR̲YIELDCONTROL=
NO
YES
COBOL プログラムの実行中に、制御を手放す(YES) か、手放さない(NO)か、を指定します。
(3) エントリ情報(副プログラム名、二次入口点名)の大文字/小文字の区別につい
て
変更内容
COBOL85 V30L20以前は、エントリ情報に指定された左辺の文字列の大文字/小文字を等価に扱っ
ていました。COBOL97 V40L10以降は、デフォルトでエントリ情報の左辺の文字列の大文字/小文
字を区別しています。このため、CALL文に指定したプログラム名と、エントリ情報に指定した左
辺(副プログラム名、二次入口点名)は等しくなければなりません。
CALL文の指定
エントリ情報の指定
呼出しの可否
CALL "ABC"
ABC=A.DLL
○
CALL "ABC"
abc=A.DLL
×
対処方法
旧資産で、エントリ情報に指定した左辺(副プログラム名、二次入口点名)が、CALL文に指定し
たプログラム名と等しくない場合は、エントリ情報を修正するか、実行環境変数
@CBR̲PGMENTRYINF̲CASE=EQUIVALENCE
を指定してください。ただし、クラスおよびメソッド
のエントリ情報については、大文字/小文字を等価に扱いません。
@CBR̲PGMENTRYINF̲CASE
(エントリ情報検索時の英文字の扱いの指定)
@CBR̲PGMENTRYINF̲CASE =
INEQUIVALENCE
EQUIVALENCE
プログラム中で指定された副プログラム名または二次入口点名とエントリ情報で指定された左
辺 (副プログラム名または二次入口点名) を比較する場合、英大文字/英小文字を等価とみなす
(EQUIVALENCE)か、みなさない(INEQUIVALENCE)か、を指定します。
(4) ファイル名に含まれる空白の扱いについて
変更内容
COBOL97 V40L10以前のCOBOLファイルシステムでは、空白を含むファイル名を扱うことができま
せんでした。また、空白を含むファイル名を指定した場合、その空白は無視されていました。
COBOL97 V40L20以降では、空白をファイル名として扱うことができます。そのため、ファイル名
中に空白が含まれている場合、処理するファイルが異なります。
(5) 実行環境変数TERMINATORについて
変更内容
COBOL97 V40L20以前は、スクリーン操作のファンクションキー指定は実行環境変数TERMINATORで
指定していましたが、今後はキー定義ファイルを使用してください。
なお、旧互換のため、実行環境変数TERMINATORの指定も有効になります。キー定義ファイルの指
定@CBR̲SCR̲KEYDEFFILE と、TERMINATORの指定が両方とも設定されている場合は、キー定義ファ
イルの指定が有効となります。
10
1.2
互換に関する情報
(6) 実行環境設定画面について
変更内容
COBOL97 V40L20以前にCOBOLプログラム実行時に表示していた「実行環境設定画面」は、COBOL97
V50L10以降は表示されません。
対処方法
「実行環境設定画面」で設定していた情報は、プログラム実行前に本製品に添付されている実行
環境設定ツール(COBENVUT.EXE)または、テキストエディタを利用して作成する必要があります。
(7) COBOL コンソール画面の表示位置について
COBOL コンソール画面の表示位置は、画面中央ではなくシステムに依存します。
(8) 印字文字配置座標の計算方式の扱いについて
変更内容
COBOL97 V50L10で実行環境変数"@CBR̲PrintTextPosition"のデフォルトの扱いを変更しました。
V40L20以前では、FORMAT句なし印刷ファイルを使用したときの印字文字配置座標の扱いは、プリ
ンタ装置の解像度をアプリケーションで指定された行間隔(LPI)や文字間隔(CPI)で除算し、余り
は切り捨てた値で文字と文字の間隔を決定し配置していました(TYPE1 指定)。V50L10以降では、
プリンタ装置の解像度をアプリケーションで指定された行間隔(LPI) や文字間隔 (CPI)で除算
した値で文字と文字の間隔を決定し配置しますが、割り切れない解像度を持つプリンタ装置に出
力する場合、1インチ単位内で座標の補正処理を行います(TYPE2 指定)。
対処方法
既存資産において印字文字の配置座標がずれるなど印刷結果に不都合が生じる場合、実行環境変
数"@CBR̲PrintTextPosition=TYPE1"を指定してください。
@CBR̲PrintTextPosition (文字配置座標の計算方法の指定)
@CBR̲PrintTextPosition =
TYPE2
TYPE1
FORMAT句なし印刷ファイルにおいて、印字する文字を配置する座標(x,y)の計算方法を指定しま
す。文字配置の座標の補正を行わない(TYPE1)か、行う(TYPE2)か、を指定します。
(9) COM クライアント機能における省略パラメタについて
変更内容
特殊クラスのメソッド呼出し時にパラメタにNULLオブジェクトが指定された場合の扱いが以下
のとおり異なります。
•
COBOL97 V60L10以前 : 省略パラメタとみなします。
•
COBOL97 V61L10以降 : NULLオブジェクトを渡します。
対処方法
省略パラメタとしてNULLオブジェクトを使用している場合、以下のいずれかの対処が必要です。
•
省略パラメタにNULLオブジェクトではなくOMITTED を指定するよう、プログラムを修
正する。
•
実行環境変数@CBR̲COM̲NULL=OMITTED を指定する。
この実行環境設定を行うと、V61L10以降で作成したプログラムもNULLオブジェクトを
省略パラメタとみなすため、注意してください。
また、特殊クラスのメソッド呼び出し時にパラメタにOMITTED が指定された場合の扱いが以下の
とおり異なります。
•
COBOL97 V61L10以前: COM サーバにVT̲EMPTY型のデータを渡します。
•
COBOL97 V61L20 以 降 : COM サ ー バ に VT̲ERROR 型 の デ ー タ と し て 、 エ ラ ー コ ー ド
11
第1章
リリース情報
"DIEP̲E̲PARAMNOTFOUND"を渡します。
古いCOM サーバのメソッドの中には、VT̲ERROR型のデータを省略パラメタと見なさないものがあ
り、動作時にパラメタエラーが発生する場合があります。
その場合は以下の対処を行ってください。
•
実行環境変数@CBR̲COM̲OMITTED=EMPTYを指定する。
この実行環境設定を行うと、COBOL97 V61L20以降で作成したプログラムもパラメタに
OMITTED が指定された場合、COM サーバにVT̲EMPTY型データを渡しますので、注意し
てください。
1.2.3
PowerCOBOL開発環境
ここに記載する情報は、以下の製品に適用されます。
•
NetCOBOL Base Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ
(1) ビルド時の警告メッセージの追加について
変更内容
フォームが無いプロジェクトをビルドするとき、警告メッセージを出力する様にしました。
(2) テキスト属性プロパティページ のチェック強化について
変更内容
テキスト属性プロパティページで、PICTURE文字列に整数部15桁以上または小数部5桁以上の数字
項目を指定したときに警告メッセージを出力する様にしました。
1.2.4
PowerCOBOL運用環境
ここに記載する情報は、以下の製品に適用されます。
•
NetCOBOL Base Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Base Edition クライアント運用パッケージ
•
NetCOBOL Base Edition サーバ運用パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition クライアント運用パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition サーバ運用パッケージ
(1) V3.0以前からの非互換
PowerCOBOL V3.0以前のバージョンとの非互換については、『PowerCOBOL ユーザーズガイド』の
「付録 B.6 資産の移行方法」を参照してください。
(2) 印刷の余白域
変更内容
V4.0では、実際に印刷される場合の余白の長さは、指定した余白域の長さ+プリンタの物理マー
ジンの長さでした。V5.0以降では、余白域の長さが指定された場合、プリンタの物理マージンを
12
1.2
互換に関する情報
加算しないようになりました。ただし、余白域の長さがプリンタの物理マージン未満の場合、余
白域の長さはプリンタの物理マージンとなります。
このため、V5.0以降のPowerCOBOLでプロジェクトファイルを保存した場合、印刷結果がV4.0と異
なる場合があります。
V4.0でビルドしたアプリケーションをV5.0以降のランタイムシステム上で実行した場合は、V4.0
と同様の印刷結果となります。
(3) プリンタ
変更内容
V4.0では、SetPrinterまたはSetPageメソッドでプリンタを変更した場合、変更後の最初の
PrintFormメソッドでの印刷だけ、そのプリンタに印刷することができました。V5.0以降では、
プリンタを変更したモジュールが動作している間有効となりますので、印刷後デフォルト値に戻
ることを前提にプログラムが書かれている場合、印刷先のプリンタが変わってしまう場合があり
ます。
(4) フォーカスを持ったコントロールが、非表示または無効状態になったときのフォ
ーカス移動について
変更内容
フォーカスを持ったコントロールが、非表示または無効状態になったとき、次のフォーカス先を、
TabIndex プロパティの順序で検索します。この際、V4.0L20以前と以下の違いが発生します。
V4.0L10以降V4.0L20以前:
①. タブグループ内では、TabIndexプロパティの順序にしたがって、フォーカス可能なコ
ントロールを検索します。
②. タブグループ内でフォーカス可能なコントロールが検索できなかった場合、タブグル
ープを越えて、次のフォーカス先を検索します。ただし、TabStopプロパティがFalse
のコントロールはスキップされます。
V5.0L10以降:
①. TabIndexプロパティの順序にしたがって、フォーカス可能なコントロールを検索しま
す。
TabStopプロパティは、[Tab]キーによるフォーカスの移動が可能かどうかを示すプロパティであ
るため、V5.0L10以降で修正しました。
なお、フォームのオープン時もTabIndexプロパティが1のコントロールから、同様の検索処理を
実行します。このため、V4.0L20以前と、初期表示時のフォーカス位置が異なる場合があります。
(5) Openedイベントで、SetFocusメソッドを呼び出した場合の動作について
変更内容
Openedイベントで、SetFocusメソッドを呼び出した場合、V5.0L10以前と以下の違いが発生しま
す。
V4.0L10以降V5.0L10以前:
①. TabIndexプロパティが最小のコントロールにフォーカスがあたります。
②. SetFocusメソッドを呼び出したコントロールにフォーカスがあたります。
V6.0L10以降:
①. SetFocusメソッドを呼び出したコントロールにフォーカスがあたります。
V6.0L10以降、一つ目のフォーカス設定が無くなっているのは、まだフォームが表示状態になっ
ていないため、コントロールの種類によっては、意図しない動きをする場合があったためです。
13
第1章
リリース情報
(6) NodeClick イベントの発生条件について
変更内容
TreeViewコントロールのNodeClick イベントの発生条件が、V5.0L10以前と以下の様に異なりま
す。
V4.0L10以降V5.0L10以前:
•
Nodeオブジェクト(ラベルとビットマップ部分)以外の部分をクリックしてもイベント
が発生します。
V6.0L10以降:
•
Nodeオブジェクト(ラベルとビットマップ部分)をクリックしたときだけイベントが発
生します。
V5.0L10以前は、Nodeオブジェクト以外の部分をクリックしてもイベントが発生してしまってい
たため、V6.0L10以降で修正しました。
(7) 別ウィンドウをアクティブにしたときのTextBoxコントロールの動作について
変更内容
SelectTextプロパティがTrueのTextBoxコントロールがフォーカスを持っている状態で、別のウ
ィンドウをアクティブにすると、再度フォームがアクティブになった時に、以下の違いが発生し
ます。
V4.0L10以降V6.0L10以前:
•
TextBoxコントロールのテキストが選択状態になります。
V6.1L10以降:
•
非アクティブ状態になる前のTextBoxコントロールの状態が維持されます。
(8) メニューをアクティブにしたときのTextBoxコントロールの動作について
変更内容
EditableLabelプロパティがTrueのTextBoxコントロールがフォーカスを持っている状態で、メニ
ューをアクティブにすると、以下の違いが発生します。
V4.0L10以降V6.0L10以前:
•
TextBox コントロールのテキストが確定され、コントロールに表示されるテキストが
不正な状態になります。
V6.1L10以降:
•
メニューをアクティブにする前のTextBoxコントロールの状態が維持されます。
なお、V6.0L10以前のバージョンでは、EditableLabelプロパティがFalseの場合も同様のフォー
カス処理が実行されていました。このため、SelectTextプロパティがTrueの場合は、TextBoxコ
ントロールの状態が維持されず、テキストが選択状態になる現象が発生していました。
14
1.2
1.2.5
互換に関する情報
FORM、PowerFORM
FORM、PowerFORMは、以下の製品に含まれています。
•
NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ
FORM、PowerFORMの互換に関する情報は、「FORM説明書」を参照してください。
1.2.6
MeFt
MeFtは、以下の製品に含まれています。
•
NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition クライアント運用パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition サーバ運用パッケージ
MeFtの互換に関する情報は、「MeFt説明書」を参照してください。
1.2.7
MeFt/Web
MeFt/Webは、以下の製品に含まれています。
•
NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition サーバ運用パッケージ
(1) リモート実行機能について
変更内容
MeFt/Web でリモート実行するプログラムは、事前にサーバ上の利用者プログラム指定ファイル
へ登録してください。利用者プログラム指定ファイルに記述されていない利用者プログラムが指
定された場合、「P2016 プログラムの起動に失敗しました」のエラーメッセージがクライアント
に表示され、処理が停止されます。利用者プログラム指定ファイルについては、『MeFt/Web V9.0
説明書』の 2.3 利用者プログラムの指定 を参照してください。
(2) クライアント印刷中のダイアログボックス表示について
変更内容
クライアント印刷を行った場合、クライアントマシン上には、印刷中を示すダイアログボックス
が必ず表示されます。
(3) CGIアクセス機能について
変更内容
CGIアクセス機能(ユーザ資源をサーバのローカルパスで指定する方法)を利用する場合は、参
照す る ユ ー ザ資 源 を 事 前 に利用者プログラム指定ファイルへ登録してください。詳細は
『MeFt/Web V9.0 説明書』の 7.7 CGIアクセス を参照してください。
15
第1章
リリース情報
(4) Webサーバの設定について
変更内容
CGI アクセス機能およびMeFt/Webサーバサービスマネージャを使用する場合は、インストール後
に手動で仮想ディレクトリを設定する必要があります。設定方法については、MeFt/Webのソフト
ウェア説明書(meftweb.txt)を参照してください。
なお、MeFt/Webサーバサービスマネージャを起動するためのURLが以下のように変更されていま
す。
•
V8.0以前 :http://hostname/MeFtWeb/default.htm
•
V9.0
:http://hostname/mw‑mgr/default.htm
1.2.8
Foundation Class Library
互換に関する情報はありません。
1.2.9
PowerGEM Plus
互換に関する情報はありません。
1.2.10
SIMPLIA/COBOL支援キット
互換に関する情報はありません。
16
1.3
1.3
プログラム修正一覧
プログラム修正一覧
1.3.1
NetCOBOL開発環境
ここに記載する情報は、以下の製品に適用されます。
•
NetCOBOL Base Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ
表1.8 NetCOBOL開発環境のプログラム修正一覧
項番
V/L
P番号
現象
1
V9.0L10
PG44902
以下の条件のとき、登録集の展開誤りによって不当な翻訳エラー
が出力されるか、または、コンパイラが異常終了する問題を修正
しました。
1) COPY文のREPLACING指定に複数のBY指定が記述されている。か
つ、
2)BY指定の右辺に引用符つきの定数が指定されており、置換え対
象が登録集内に存在する。かつ、
3)引用符つきの定数の直後に分離符がなく改行している。かつ、
4)次の行が注釈行である。かつ、
5)4)の次の行にBY指定が記述されている。または、注釈行が複数
行続いたあと、BY指定が記述されている場合。
なお、本件はメモリの状態に依存して発生するため、上記発生条
件に該当しても正しく動作する場合もあります。また、翻訳が正
常に終了した場合、オブジェクトには何ら問題はありません。
2
V9.0L10
PG49000
以下の条件のとき、埋込みSQL文の文字列定数が、指定した文字列の
末尾にシングルクォーテンションを付加して実行される問題を修正
しました。
1) COBOLのデータベース機能(ODBC接続)を使用している。かつ、
2) 1つの埋込みSQL文を複数行に渡って記述している。かつ、
3) 埋込みSQL文中に文字列定数を記述している。かつ、
4) 3)の文字列定数の直後に改行がある。かつ、
5) 次行に以下のいずれかの条件に当てはまるSQL文を記述している
場合。
‑ 最終トークンが 4)と同条件の文字列定数ではない場合、有効
バイト数(*2)37バイトのSQL文。
例)INSERT INTO ADDRTBL VALUES (103, '03 ', 'FUJITSU'▽
,'FUJITSU FMV‑DESKTOP CELSIUS', 50000▽
↑有効バイト数37バイトのSQL文
‑ 最終トークンが 4)と同条件の文字列定数である場合、有効バ
イト数(*2)38バイトのSQL文。
例)INSERT INTO ADDRTBL VALUES (103, '03 ', 'FUJITSU'▽
,'FUJITSU FMV‑DESKTOP CELSIUS WINDOWS'▽
↑有効バイト数38バイトのSQL文
*1 ▽は改行を表します。
*2 連続した空白は1バイトとみなします。
(次頁につづく)
17
第1章
リリース情報
表1.8 NetCOBOL開発環境のプログラム修正一覧(前頁からのつづき)
項番
V/L
P番号
現象
例)ORDER BY MK12345678901
,
MK1234567890
上記の例の'FUJITSU'が以下のように処理されます。
‑ V8.0L10以前 : 「FUJITSU'」 (末尾に「'」が付加される)
‑ V9.0L10以降 : 「FUJITSU」
3
V9.0L10
PG44863
以下の条件のとき、翻訳時、コンパイラがアクセス違反例外で異常
終了する問題を修正しました。
1) NetCOBOL V8.0L10を使用している。かつ、
2) COBOLソースプログラム内に、TRANSACTION文を記述している。か
つ、
3) 同ソース内に、サブスキーマ名段落を記述している場合。
4
V9.0L10
PG49828
以下の条件のとき、診断メッセージJMN2106I‑Sが出力される問題を
修正しました。
1) ALPHABET句でNATIVE以外の符号系名を定義している。かつ、
2) 1)で定義した符号系名をPROGRAM COLLATING SEQUENCE句に指定し
ている。かつ、
3) 字類が英数字の項目に条件名を定義している。かつ、
4) 3)の条件名のVALUE句がTHRU指定を持つ、かつ
5) 4)のTHRU指定の前後に記述した定数の値の大小関係が,NATIVE
な場合と1)で定義した符号系名の間とで逆転する場合。
5
V9.0L10
PG50529
以下の条件のとき、診断メッセージJMN2224I‑Wが出力されない問題
を修正しました。
1) REDEFINES句を指定した項目が、CHARACTER TYPE句を指定した項
目に従属している。かつ、
2) 1)のREDEFINES句を指定した項目、あるいはこれに従属している
項目が、日本語項目または日本語編集項目である。かつ、
3) 1)のREDEFINES句指定項目によって再定義される項目は、次のい
ずれにも該当していない。かつ、
‑ 書き方1、2のCHARACTER TYPE句が適用される日本語項目また
は日本語編集項目。
‑ 書き方3のCHARACTER TYPE句が適用される表示用データ項目。
4) 2)の日本語項目または日本語編集項目自身には、CHARACTER TYPE
句を指定していない場合。
6
V9.0L10
PG45956
以下の条件のとき、翻訳時、コンパイラがアクセス違反例外で異
常終了する問題を修正しました。
1) 翻訳するCOBOLソースに、FUNCTION LENGを記述している。かつ、
2) 同ソース、FUNCTION LENGの引数に、添字付けまたは部分参照
を記述している。かつ、
3) 同ソース、2)の添字、または、部分参照の最左端文字位置およ
び長さに、ポインタ修飾のない基底場所節データを記述している
場合。
7
V9.0L10
PG44499
以下の条件のとき、実行時、COBOLプログラムの比較処理の結果が
正しくない問題を修正しました。
1) 翻訳オプションOPTIMIZEを指定している。かつ、
2) 内部ブール項目の比較が3つ以上連続している(*1)。かつ、
3) 比較対象の内部ブール項目が集団項目に従属する基本項目であ
る。かつ、
4) 3)の基本項目が集団項目の先頭から1バイト以上離れた文字位置
に存在している。かつ、
(次頁につづく)
18
1.3
プログラム修正一覧
表1.8 NetCOBOL開発環境のプログラム修正一覧(前頁からのつづき)
項番
V/L
P番号
現象
5) 3)の基本項目が同一バイト内にある(*2)場合。
*1:プログラムの論理で3つ以上の連続した比較である。例えば、
3つ以上の連続したIF文や、EVALUATE文のWHENが3つ以上連続し
た場合、条件文中にANDやORで条件式を3つ以上記述した場合な
どが該当します。
*2:内部ブール項目が連続していなくても、同一バイト内にあれ
ば該当します。
8
1.3.2
V9.0L10
PG42569
以下の条件の場合、COBOL対話型デバッガの検索機能において、誤
った文字が検索される問題を修正しました。
1) [検索]ダイアログにおいて「大文字と小文字を区別する」を
チェックしていない。かつ、
2) 検索する文字列と、検索される文字列、の両者に、全角文字
が存在する(全角カタカナのオとナなど)。かつ、
3) 両者の全角文字の下位バイトの値が、大文字と小文字の関係
にある同じ英字である。(半角英字の、Aとa、Bとb、など)
NetCOBOL運用環境
ここに記載する情報は、以下の製品に適用されます。
•
NetCOBOL Base Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Base Edition クライアント運用パッケージ
•
NetCOBOL Base Edition サーバ運用パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition クライアント運用パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition サーバ運用パッケージ
表1.9 NetCOBOL運用環境のプログラム修正一覧
項番
V/L
P番号
現象
1
V9.0L10
PG41322
以下の条件のとき、簡易アプリ間通信クライアントサブルーチンを
呼び出すと、エラー(エラーコード13)が発生し、通信継続不能と
なる問題を修正しました。
1) 簡易アプリ間通信サーバとして、UNIX版(Solaris版、Linux版、
HP‑UX版、および、UXP/DS版)を使用している。かつ、
2) 簡易アプリ間通信クライアントとして、Windows版を使用してい
る。かつ、
3) Windows版は、以下いずれかの系統の製品を使用している。かつ、
‑ NetCOBOL V7.2L10
‑ NetCOBOL V8.0L10
‑ COBOL97 V61L10(*1)
‑ COBOL97 V61L21(*2)
*1:応急修正TP06149を適用済みの場合のみ該当
*2:応急修正TP16149を適用済みの場合のみ該当
4) 簡易アプ リ間通信ク ラ イアント側の 利用者プログ ラム内で
COBCI̲READを呼び出した後、続けてCOBCI̲WRITE、COBCI̲READ、及び、
COBCI̲CLOSEを呼び出している場合。
(次頁につづく)
19
第1章
リリース情報
表1.9 NetCOBOL運用環境のプログラム修正一覧(前頁からのつづき)
項番
V/L
P番号
現象
2
V9.0L10
PG41660
以 下 の 条 件 の と き 、 NetCOBOL の 実 行 時 メ ッ セ ー ジ JMP0395I‑U
'DUPLICATE READY'が出力される問題を修正しました。
1) READY文を実行する。かつ、
2) READY文の実行が領域不足で失敗する。かつ、
3) COBOLの実行単位を終了せずに、再度READY文を実行した場合。
3
V9.0L10
PG42546
以 下 の 条 件 の と き 、 COBOL プ ロ グ ラ ム の 実 行 時 、 JMP0310I‑I/U
'LOCK‑FULL'の実行時メッセージが出力されるが、メッセージ説明書
からエラーの原因が判断できない問題を修正しました。
1) COBOLファイルに対するOPEN文の実行である。かつ、
2) 同一ファイルに対して、同時に複数回のOPEN文を実行した場合。
4
V9.0L10
PG49852
以下の条件のとき、実行時メッセージJMP0320I‑I/Uに埋め込まれる
エラーコードが反転して出力される場合がある問題を修正しまし
た。
1) ファイルの高速処理を指定したファイルへの操作である。かつ、
2) READ文またはWRITE文を実行した。かつ、
3) 2の入出力文の実行が失敗した場合。
5
V9.0L10
PG50258
以下の条件のとき、実行時にSEARCH文(SEARCH ALL)のWHEN指定
の条件を満足する表要素を検索できない場合がある問題を修正し
ました。
1) COBOLプログラムにSEARCH文(SEARCH ALL)を記述している。
かつ、
2) SEARCH文のWHEN指定に複数の条件を記述している、または、
WHEN指定のキー項目に指定されている添字が多次元である。か
つ、
3) 条件の左辺(キー項目)に次のいずれかの項目を記述している。
かつ、
‑ 符号なし外部10進項目
‑ 符号付き外部10進項目
‑ 符号なし内部10進項目
‑ 符号付き内部10進項目
4) 条件の右辺(比較対象項目)に符号なし内部10進項目を記述し
ている場合。
6
V9.0L10
PG51442
以下の条件のとき、実行時にSEARCH ALL文でWHEN指定の条件を満
足する表要素を検索できないことがある問題を修正しました。
1) アプリケーションの実行時の文字コード系をUnicodeにするた
め、COBOLプログラムに翻訳オプション RCS(UCS2)を指定して翻訳
している。かつ、
2) SEARCH文(SEARCH ALL)を記述している。かつ、
3) SEARCH文のWHEN指定に複数の条件を記述している、または、
WHEN指定のキー項目に指定されている添字が多次元である。か
つ、
4) 条件の左辺(キー項目)または右辺(比較対象項目)に日本語
項目または日本語編集項目を記述している。かつ、
5) 4)の条件の他方に集団項目を記述している場合。
7
V9.0L10
PG42472
以下の条件のとき、実行時にCOBOLプログラムの実行環境の閉鎖
処理でアプリケーションエラーが発生する問題を修正しました。
1) 副プログラムで表示ファイルまたはFORMAT句付き印刷ファイ
ルを使用している。かつ、
(次頁につづく)
20
1.3
プログラム修正一覧
表1.9 NetCOBOL運用環境のプログラム修正一覧(前頁からのつづき)
項番
V/L
P番号
現象
2) 1)の副プログラムを呼ぶプログラムでは表示ファイルおよび
FORMAT句付き印刷ファイルを使用していない。かつ、
3) 1)の副プログラムを動的プログラム構造を利用したCALL文で
呼び出している。かつ、
4) 呼ぶプログラムでCANCEL文を使用して1)の副プログラムを
削除している場合。
8
V9.0L10
PG42473
以下の条件の時、実行時のリモートデータベースアクセス
(ODBC)において、複数行指定(*1)のSQL文の実行で、単一行しか
処理されない問題を修正しました。
条件 1:
1) カーソルを使用している。かつ、
2) 複数行指定のFETCH文を実行している。かつ、
3) カーソルをクローズしている。かつ、
4) 2)と同じ処理行数を指定した、以下のいずれかのSQL文を実
行した場合。
‑ カーソルをオープンし、FETCH文を実行する。
‑ 動的カーソルをオープンし、動的FETCH文を実行する。
‑ 動的SQL文(*2)を実行する。
条件 2:
1) 複数行指定の動的SQL文を実行している。かつ、
2) 1)と同じSQL文識別子で、1)と同じ処理行数を指定した動的
SQL文を実行した場合。
補足)
SQLERRDを定義している場合、SQLERRD(3)に値1が格納されるた
め、正しい処理行数を知ることが出来ない。
*1:複数行指定は、SQL文に以下を指定した場合を示す。
‑ 複数行指定ホスト変数
‑ 表指定ホスト変数
‑ FOR句に値2以上を指定
*2:SELECT文, INSERT文, UPDATE文(探索), DELETE文(探索)
1.3.3
PowerCOBOL開発環境
プログラム修正の情報はありません。
1.3.4
PowerCOBOL運用環境
ここに記載する情報は、以下の製品に適用されます。
•
NetCOBOL Base Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ
21
第1章
リリース情報
•
•
•
•
NetCOBOL
NetCOBOL
NetCOBOL
NetCOBOL
Base Edition クライアント運用パッケージ
Base Edition サーバ運用パッケージ
Standard Edition クライアント運用パッケージ
Standard Edition サーバ運用パッケージ
表1.10 PowerCOBOL運用環境のプログラム修正一覧
1.3.5
項番
V/L
P番号
1
V9.0L10
PG40341
現象
以下の条件のとき、印刷アイテムを使った実行時印刷で、「プ
リンタ またはプリンタドライバが存在しませんプリンタの設
定が正しく行われているか確認してください。」のエラーメッ
セージが表示されます。
‑システムで設定した標準プリンタの名前の長さが40バイト
を越える。または,
‑システムで設定した標準プリンタのポート名の長さが40バイ
トを越える。
2
V9.0L10
PG42777
以下の条件のとき、テキストボックスコントロールのSelectText
プロパティがTrueであっても文字列の選択が解除されます。
‑フォームのDelayedFocusEvent プロパティがTrue。かつ
‑ GotFocus イベントで、フォーカスを取得したテキストボック
スコントロールのText プロパティを変更している。かつ
‑EditableLabel プロパティがFalse。かつ
‑タブキーでフォーカス移動を行う。
3
V9.0L10
PG43236
以下の条件のとき、チェックボックスおよびオプションボタン
がデフォルトボタンとして機能してしまうことがあります。
‑ チェックボタンまたはラジオボタン含む、V3以前のプロジェ
クトをコンバートする。
4
V9.0L10
PG44489
以下の条件のとき、リストボックスコントロールの高さが、座
標で指定した高さより低くなってしまうことがあります。
‑V3以前のプロジェクトを、V4以降のプロジェクトにコンバート
する。かつ
‑コンバート前のシートにリストボックスアイテムが含まれて
いる。
5
V9.0L10
PG52707
以下の条件のとき、単一起動アプリケーションが、複数起動さ
れてしまうことがあります。
‑ アプリケーションを起動する親プロセスが異なる。
FORM、PowerFORM
FORM、PowerFORMは、以下の製品に含まれています。
•
NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ
FORM、PowerFORMのプログラム修正に関する情報は、「FORM説明書」を参照してください。
22
1.3
1.3.6
プログラム修正一覧
MeFt
MeFtは、以下の製品に含まれています。
•
NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition クライアント運用パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition サーバ運用パッケージ
MeFtのプログラム修正に関する情報は、「MeFt説明書」を参照してください。
1.3.7
MeFt/Web
プログラム修正の情報はありません。
1.3.8
Foundation Class Library
Foundation Class Libraryは、以下の製品に含まれています。
•
NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ
•
NetCOBOL Standard Edition サーバ運用パッケージ
表1.11 Foundation Class Libraryのプログラム修正一覧
1.3.9
項番
V/L
P番号
1
V7.2L10
PG51101
現象
以下の条件に合致するとき、 Jアダプタクラスを使用するプロ
グラムが異常終了する。
1)実行時コード系にUNICODEを使用するものとして、Jアダプタ
クラスを生成している(java2cobコマンドの‑cu指定時)。かつ
2)Jアダプタクラスジェネレータで生成したアダプタクラスに
JavaのString型データが含まれる(デフォルト)。かつ、
3)java‑lang‑Stringクラスの以下のいずれかのメソッドの呼出
しを大量のループ処理内で使用している。
‑ GET‑STRING‑N
‑ GET‑STRING‑X
2
V7.2L10
PG51057
以下の条件に合致するとき、 Jアダプタクラスを使用するプロ
グラムの実行結果に誤りが発生する。
1)Javaのchar型をパラメタまたは戻り値として使用するメソッ
ドまたはフィールドを使用する。
PowerGEM Plus
プログラム修正の情報はありません。
23
第1章
リリース情報
1.3.10
SIMPLIA/COBOL支援キット
SIMPLIA/COBOL支援キットは、以下の製品に含まれています。
•
NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ
1.3.10.1
TF‑MDPORT
表1.12 TF‑MDPORTのプログラム修正一覧
項番
V/L
1
V70L10
1.3.10.2
P番号
現象
‑
領域溢れが発生していないにも関わらず、領域溢れエラーが出力
される不具合を修正しました。
TF‑LINDA
表1.13 TF‑LINDAのプログラム修正一覧
項番
V/L
1
V60L40
‑
印刷時にフッダに出力するコード系の情報にエンディアンの指
定関連の情報が付加されない問題を修正しました。
2
V60L40
‑
環境設定‑フォルダ設定のテストケースを設定するフォルダとし
て相対パスが設定できてしまう問題を修正しました。
3
V60L40
‑
Unicodeのファイルのデータ条件抽出で、対象外のレコードも抽
出される場合がある問題を修正しました。
1.3.10.3
P番号
現象
TF‑EXCOUNTER
プログラム修正の情報はありません。
1.3.10.4
DF‑COBDOC
プログラム修正の情報はありません。
1.3.10.5
VF‑FILECOMP
表1.14 VF‑FILECOMPのプログラム修正一覧
項番
V/L
P番号
現象
1
V60L40
FIL‑W60L20
‑004
以下の条件の時、正しく比較不一致を検出できない問題を修正
しました。
1)バイナリ比較機能において、NULL値(0x00)を含むデータを比
較した場合。
1.3.10.6
MF‑STEPCOUNTER
プログラム修正の情報はありません。
24
第2章
製品概要
この章では、NetCOBOLシリーズの各製品を紹介します。
25
第2章
製品概要
NetCOBOLシリーズとは
プログラミング言語COBOLとその関連プログラムをシリーズ化した製品です。
開発環境向け製品と運用環境向け製品があります。
表2.1 開発環境向け製品
製品名
概要
NetCOBOL
Base
Edition 開 発 パ ッ ケ
ージ
国 際 規 格 ( ANSI'85 お よ び X/OPEN CAE (Common Applications
Environment) 仕様)に準拠し、オブジェクト指向機能などの国際規格
COBOL2002の主要機能、SIA 富士通標準仕様および主要な業界標準仕様
といった拡張仕様を取り入れた言語仕様を実現するCOBOLプログラム
の開発環境製品。プロジェクト管理、対話型デバッガなど、オブジェ
クト指向/従来方式双方のプログラム開発を支援する機能に加え、
COBOLの知識だけでWindowsらしいGUI (Graphical User Interface)ア
プリケーションを開発するための開発環境を提供します。
NetCOBOL
Standard
Edition 開 発 パ ッ ケ
ージ
NetCOBOL Base Edition 開発パッケージに、強力な画面操作機能、帳
票/オーバレイ帳票印刷機能、既存資産を活用したWebアプリ構築機能、
およびCOBOLからJavaを呼び出す機能やCOBOLから利用可能な有用なク
ラスライブラリ(帳票、DB、コレクション)など、ビジネス系基幹業務
を構築するための必要な機能群を組み合わせた開発環境を提供しま
す。
NetCOBOL
Professional
Edition 開 発 パ ッ ケ
ージ
NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージに、資産管理機能、グロ
ーバルサーバ分散開発環境機能、保守ドキュメント作成機能などを組
み合わせた統合開発環境を提供します。
表2.2 運用環境向け製品
製品名
概要
対応開発環境製品
NetCOBOL
Base
Edition ク ラ イ ア ン
ト運用パッケージ
NetCOBOL Base Edition開発パッケージで開発
したアプリケーションのスタンドアロン/クラ
イアント環境向けの運用環境製品です。
NetCOBOL
Base
Edition 開 発 パ ッ
ケージ
NetCOBOL
Standard
Edition ク ラ イ ア ン
ト運用パッケージ
NetCOBOL Standard Edition開発パッケージま
たは同Professional Edition開発パッケージ
で開発したアプリケーションのスタンドアロ
ン/クライアント環境向けの運用環境製品で
す。
NetCOBOL Standard
Edition 開発パッケ
ー ジ , NetCOBOL
Professional
Edition 開発パッケ
ージ
NetCOBOL
Base
Edition サ ー バ 運 用
パッケージ
NetCOBOL Base Edition開発パッケージで開発
したアプリケーションのサーバ環境向けの運
用環境製品です。スタンドアロン/クライアン
ト環境向け製品に比べ、Webサーバ/アプリケー
ションサーバ向けの機能を強化しています。
NetCOBOL
Base
Edition 開 発 パ ッ
ケージ
NetCOBOL
Standard
Edition サ ー バ 運 用
パッケージ
NetCOBOL Standard Edition開発パッケージ、
同Professional Edition開発パッケージで開
発したアプリケーションのサーバ環境向けの
運用環境製品です。スタンドアロン/クライア
ント環境向け製品に比べ、Webサーバ/アプリケ
ーションサーバ向けの機能を強化しています。
NetCOBOL Standard
Edition 開 発 パ ッ ケ
ージ、
NetCOBOL
Professional
Edition 開 発 パ ッ ケ
ージ
PowerCOBOL85/97シリーズとの関係
NetCOBOLシリーズは、PowerCOBOL85/97シリーズの後継製品です。一部、構成プログラムに違い
26
がありますが、それぞれの製品は概ね以下のような関係になります。構成プログラムの違い詳細
は、付録A NetCOBOL、PowerCOBOL85/97シリーズの構成プログラムを参照してください。
PowerCOBOL85シリーズ
PowerCOBOL97シリーズ
COBOL85
COBOL97
PowerCOBOL85
PowerCOBOL97
PowerCOBOL85 Std
PowerCOBOL97 Std
NetCOBOL
Standard
Edition開発パッケージ
PowerCOBOL85 Pro
PowerCOBOL97 Pro
NetCOBOL Professional
Edition開発パッケージ
A
NetCOBOLシリーズ(注意)
NetCOBOL Base Edition開
発パッケージ
Bは、BはAの後継製品であることを示します。
注意:
NetCOBOLシリーズは、バージョン7.0でPowerCOBOL97シリーズからNetCOBOLシリーズに名
称変更しました。
NetCOBOLシリーズは、バージョン7.2で製品名に「開発パッケージ」という文字を追加し
ました。
NetCOBOLシリーズは、バージョン9.0で他プラットフォームに合わせ、「for Windows」の
いう文字列を削除しました。
NetCOBOLシリーズは、バージョン8.0まで、COBOL85とCOBOL97の後継となるNetCOBOL開発
パッケージという製品を提供していましたが、それらの後継製品をNetCOBOL Base Edition
開発パッケージにしました。
動作環境
NetCOBOLシリーズの製品は、下記OSで動作します。
Windows® XP
Windows® 2000
Windows Server® 2003
なお、NetCOBOL Base Editionサーバ運用パッケージと同Standard Editionサーバ運用パッケー
ジは、サーバ環境向け製品ですので、Windows® 2000とWindows Server® 2003の環境で動作し
ます。
27
第2章
製品概要
製品を構成するプログラム
表2.3 開発環境向け製品とその構成プログラム
製品名
製品に含まれるプログラム
プログラムの概要
NetCOBOL Professional Edition開発パッケージ
NetCOBOL Standard Edition開発パッケージ
NetCOBOL Base Edition開発パッケージ
NetCOBOL
COBOLプログラムの開発を支援する開発
環境
Pervasive.SQL
高速トランザクショナル処理と高速リ
レーショナル アクセスを実現する高性
能スタンドアロン データベース シス
テム
PowerCOBOL
GUI(Graphical User Interface)アプリ
ケーションを開発するための開発環境
Foundation Class Library
COBOLプログラムから利用可能な帳票・
DB・コレクションクラスライブラリと
Javaプログラムを呼び出す機能
FORM、PowerFORM
画面と帳票の設計ツール
FORMオーバレイオプション
オーバレイ印刷用帳票の設計ツール
MeFt
画面入出力、帳票出力を行う実行ライ
ブラリ
MeFt/Web
インターネット、イントラネット環境
で画面入出力、帳票出力を行う実行ラ
イブラリ
PowerGEM Plus
資産管理、グローバルサーバ/UNIX連携
の基盤
SIMPLIA/COBOL支援キット
COBOLファイルの作成・更新・変換・及
びドキュメント支援ツール群
表2.4 運用環境向け製品とその構成プログラム(その1)
製品名
製品に含まれるプログラム
プログラムの概要
NetCOBOL Standard Edition クライアント運用パッケージ
NetCOBOL Base Edition クライアント運用パッケージ
28
NetCOBOL
COBOLで作成した応用プログラムのスタンド
アロン/クライアント環境用実行環境
PowerCOBOL
PowerCOBOLで作成した応用プログラムの実
行環境
MeFt
画面入出力、帳票出力を行う実行ライブラリ
表2.5 運用環境向け製品とその構成プログラム(その2)
製品名
製品に含まれるプログラム
プログラムの概要
NetCOBOL Standard Editionサーバ運用パッケージ
NetCOBOL Base Editionサーバ運用パッケージ
NetCOBOL
COBOLで作成した応用プログラムのサーバ環
境用実行環境。クライアント環境用実行環境
に、Webサーバ、COMサーバ、及びアプリケー
ションサーバ向け機能を強化した、COBOL応
用プログラムの運用環境
PowerCOBOL
PowerCOBOLで作成した応用プログラムの実行
環境
Foundation Class Library
COBOLプログラムから利用可能な帳票・DB・
コレクションクラスライブラリとJavaプロ
グラムを呼び出す機能
MeFt
画面入出力、帳票出力を行う実行ライブラリ
MeFt/Web
インターネット、イントラネット環境で画面
入出力、帳票出力を行う実行ライブラリ
29
第2章
30
製品概要
第3章
プログラムの概要
この章では、NetCOBOLシリーズに含まれる各種プログラムを紹介します。
31
第3章
プログラムの概要
3.1
NetCOBOL
言語仕様
NetCOBOLは、OSIV仕様(グローバルサーバ)やK/Gシリーズ(オフコン)仕様を包含する幅広い言語
仕様をサポートしています。
表3.1 NetCOBOLの言語仕様
NetCOBOL
(Windows)
K/Gシリーズ
中核
○
○
○
順ファイル
○
○
○
相対ファイル
○
○
○
索引ファイル
○
○
○
プログラム間連絡
○
○
○
整列併合
○
○
○
原始文操作
○
○
○
報告書作成
○
‑
○
行順ファイル
○
‑
‑
C言語間結合(値渡し、復帰
値)
○
‑
‑
ファイル共用/レコード排他
○
‑
‑
スクリーン操作
○
‑
‑
コマンド行引数
○
‑
‑
環境変数操作
○
‑
‑
連結式
○
‑
‑
○
‑
‑
オブジェクト指向COBOL
○
‑
‑
利用者定義型
○
‑
‑
○
○
○
表示ファイル(画面、帳票)
○
○
○
表示ファイル(APL、ACM)
○
○
○
日本語プログラミング
○
○
○
日本語処理
○
○
○
ビット操作
○
○
○
行内注記
○
○
○
拡張日本語印刷
○
○
○
日本語整列併合
○
‑
○
浮動小数点データ
○
‑
○
FORMAT句付き順ファイル
○
‑
○
索引ファイルの拡張(多重キ
ー項目、逆順検索など)
○
‑
○
定数節
○
‑
言語仕様
OSIV
国際規格COBOL85
XPG4 CAE仕様
国際規格1989年追補
組込み関数
国際規格COBOL2002
SQL仕様(注1)
リレーショナルDB
富士通拡張仕様
○
(次頁につづく)
32
3.1
NetCOBOL
表3.1 NetCOBOLの言語仕様(前頁からのつづき)
NetCOBOL
(Windows)
K/Gシリーズ
○
‑
○
表示ファイル(CMD、TRM、WST)
○
‑
○
ネットワークDB(DML)
○
‑
○
システム制御(AIM固有)
○
‑
○
通信ファイル(AIM固有)
‑
‑
○
旧仕様順編成ファイル
‑
‑
○
○
‑
○
○
‑
‑
言語仕様
システムプログラム記述向
け機能
OSIV
OSIV固有仕様(注2)
OSIV旧仕様
他社互換仕様
VS COBOLIIソース互換
他社仕様
Micro Focus COBOL/2主要機
能
注1) SQLプリコンパイラが必要な場合があります。
注2) Windows上では、OSIV固有仕様を含む分散開発支援機能により単体テストまで可能です。
開発環境
プロジェクトマネージャ
プロジェクトマネージャにより、開発資産の依存関係を管理しながら、コンパイラ、プリコンパ
イラ(埋込みSQL文の展開など)、クラスブラウザ、デバッガなどの各種支援ツールと連携操作が
できます。
33
第3章
プログラムの概要
図3.1 プロジェクトマネージャ
NetCOBOL Studio
COBOLアプリケーション開発用ワークベンチに、オープンソースのEclipseプロジェクトで開発さ
れたEclipseプラットフォームをベースにしたワークベンチを提供します。COBOLエディタ、デバ
ッガおよび資産管理ツールがシームレスに統合され、コーディングからテストまでの操作性が向
上します。また、Solaris、Linux(Itanium)、Linux(x86)、Windows(Itanium)の各サーバをター
ゲットとしたCOBOLアプリケーションをリモート開発することができます。
34
3.1
NetCOBOL
図3.2 NetCOBOL Studio
エディタ
COBOLのソースプログラムを効率よく編集するため、予約語や定数の色分け表示、全構文テンプ
レート、翻訳エラーチェックなどの機能を装備しています。
プリコンパイラ連携
OracleやSymfoWAREといったDBMSのプリコンパイラをプロジェクトマネージャに定義できます。
プリコンパイラが必要なプログラムも、プリコンパイラを使わないプログラムと同様にプロジェ
クトマネージャで一貫した作業を行うことができます。
Webアプリケーションウィザード
Webアプリケーションウィザード機能は、HTML文書からCOBOLソースを自動生成します。ビジネス
ロジックを追加するだけでWebアプリケーションを作成できます。
35
第3章
プログラムの概要
開発環境
開発環境
プロジェクトマネージャ
APIに対応したCOBOL
Webサブルーチンに
アクセスする
COBOLソースを生成
自動生成
COBOLソース
HTML
運用環境
運用環境
サブルーチン
Web
WWWサーバ
イントラネット/インターネット
WWWブラウザ
プログラム作成
COBOL
プログラム
各種Webサーバ
図3.3 Webアプリケーションウィザード
CORBA開発環境
従来のCOBOLインタフェースに加え、オブジェクト指向COBOLインタフェース(INVOKE文)による
CORBAアプリケーションの開発支援機能を提供しています。これにより、CORBAアプリケーション
の開発の負荷を軽減でき、生産性の向上が図れます。さらに、グローバルサーバ用のInterstage
と連携するためのIDL‑COBOL変換機能を提供しており、容易にグローバルサーバ用のCORBAアプリ
ケーションが作成できます。
プロジェクトブラウザ
クラス/プログラム間の参照関係とインタフェースを表示します。
クラスブラウザ
クラスライブラリの継承関係とインタフェースを表示します。
デバッガ
一般的に使われる対話型デバッガに加え、ジャストインタイムデバッグ機能とトラブルシューテ
ィング機能を提供します。
36
3.1
NetCOBOL
図3.4 デバッガ
ジャストインタイムデバッグ
アプリケーション実行時にエラーが発生した場合にデバッガが起動され、即座にデバッグできま
す。この機能を利用することで、アプリケーションの起動と同時にデバッガを起動することがで
きるため、サーバアプリケーションのようにデバッガから起動できないアプリケーションもデバ
ッグすることが可能になります。
トラブルシューティング
エラー個所、エラー種別、システム情報、呼び出し経路などの詳細なデバック情報を出力する診
断レポートを装備しており、運用時のトラブルシューティングに費やす調査時間を大幅に短縮で
きます。また、アプリケーションからイベントログが出力でき、容易に異常状態の監視・調査を
行えます。
データベース連携
プログラム中に埋込みSQL文、またはREAD/WRITE文を記述することで、データベースへアクセス
することができます。
(1)埋込みSQL文
以下のデータベースは、ODBCインタフェースでアクセスできることを確認済みです。
•
SymfoWARE (Windows Server® 2003, Windows 2000, Windows NT, UNIX, グロ
ーバルサーバ)(注1)
•
•
•
SymfoWARE7000 (Windows Server® 2003, Windows 2000, Windows NT, UNIX)
SymfoWARE6000 (PRIMERGY6000)
Oracle (Windows Server® 2003, Windows 2000, Windows NT, UNIX)(注2)
•
Microsoft SQL Server (Windows Server® 2003, Windows 2000, Windows NT)
(2)READ/WRITE文
•
BtrieveまたはPervasive.SQL(注3)
•
SymfoWARE7000 (Windows Server® 2003, Windows 2000, Windows NT, UNIX)
注1) SymfoWARE Programmer s Kitのプリコンパイラによるアクセスも可能です。
37
第3章
プログラムの概要
注2)
注3)
Oracle Pro*COBOLプリコンパイラによるアクセスも可能です。
Pervasive Software社の製品
COM連携機能
COM(Common Object Model)機能(COMクライアント/サーバ)を利用したアプリケーションを作成で
きます。MTS(Microsoft Transaction Server)、IIS(Internet Information Server。Microsoft
社が提供しているWebサーバ)と組み合わせることで、高性能・高信頼・高運用性を活かしたサー
バ向けアプリケーションをCOBOLで開発・運用することが可能になります。イントラネット/分散
オブジェクト環境システムのソリューション適用範囲が広がります。
図3.5 COM連携機能
Interstage(CORBA/EJB)連携機能
Interstage(富士通が提供するインターネットビジネスにフォーカスしたソフトウェア製品群の
統一ブランド)は、ネットワーク上に分散しているアプリケーションをインターネットの国際標
準環境(CORBA)で利用する富士通のソフトウェア製品群です。
フロントシステムでのWebアプリケーション開発には、COBOLを利用することもできますが、Java
を利用することが有効です。Javaは、変化の激しい業務に柔軟に対応することができ、インタネ
ット関連の豊富な機能を持っています。
バックシステムは、COBOLが有効です。バックシステムで動作する多量データ処理、帳票・伝票
印刷処理はCOBOLが最も得意としています。
COBOLはJavaとの相互連携を実現しており、それぞれの言語特性を活かした最適なシステム構築
が可能です。
38
3.1
NetCOBOL
図3.6 Interstage 連携機能
Webアプリケーション機能
COBOL資産とノウハウを活かし短期間でWebシステム構築
Windows/Solaris
ブラウザ
MeFt/Web機能
サーバ
WWW
ブラウザ
イントラネット/インタネット
本格的なデータエントリ業務
きめ細やかな帳票出力
プレビュー機能
COBOL
業務アプリ
既存の画面帳票アプリケーション
を活用
DB
COBOL Web
サブルーチン
帳票
帳票
COBOL
業務アプリ
携帯電話
モバイル端末など
HTMLの表現力を活かしつつ、
COBOL開発ノウハウの延長で
Web化
DB
帳票
帳票
図3.7 Webアプリケーション機能
COBOL Webサブルーチン
HTMLの表現力を活かし、COBOL Webサブルーチンを使ってWebアプリケーションを作成できます。
Webサブルーチンは、Webサーバを選ばないCGI機能と、Microsoft IIS、Netscape Server向けの
拡張機能があります。COBOL WebサブルーチンはNetCOBOLの機能ですので、NetCOBOL開発パッケ
ージを利用してアプリケーションを開発することができます。
39
第3章
プログラムの概要
MeFt/Web機能
画面・帳票定義体を使ったアプリケーションを活用して短期間でWeb化する方法です。NetCOBOL
Standard Edition開発パッケージまたはProfessional Edition開発パッケージに含まれている
MeFt/Webが前提の機能です。
アプリケーション間通信機能
以下の二つの機能を提供します。
•
富士通標準の表示ファイル(ACM)によるビジネスサーバ、およびWindowsシステムとのア
プリケーション間通信をサポートします。この機能は、PowerRW+が必須です。
•
Windowsの通信機能を使ったCALL文による簡易アプリケーション間通信をサポートしま
す。この機能は、NetCOBOLに含まれていますので、他のソフトウェア製品は必要ありま
せんが、簡易機能のため小規模な環境でのみご利用ください。大規模環境での利用は、
PowerRW+を使った表示ファイル(ACM)をご利用ください。
より詳しく知りたい場合は
NetCOBOLについて、より詳しく知りたい場合は、下記マニュアルを参照ください。
表3.2 MetCOBOLのマニュアル一覧
マニュアル名称
記載内容
補足
COBOL文法書
COBOLプログラムを作成するための規則を
説明しています。
PDF形式のオンライ
ンマニュアル
製本マニュアルは別
途購入が必要です。
NetCOBOL 使 用 手 引 書
V9.0
COBOLのソースプログラムから実行形式フ
ァイルを作成する方法、プログラムの実行
やデバッグ方法、COBOLファイルの扱いおよ
び印刷に関する設定方法などを説明してい
ます。
同上
NetCOBOL Studio 使 用 手
引書
COBOLプロジェクトの作成、COBOLエディタ HTML形式のオンライ
の機能、実行形式ファイルを作成する方法、 ンマニュアル
プログラムの実行やデバッグ方法などを説
明しています。
NetCOBOL 例 題 プ ロ グ ラ
ム
COBOLのサンプルプログラムを解説してい
ます。
PDF形式のオンライ
ンマニュアル
COBOL フ ァ イ ル ア ク セ ス
ルーチン使用手引書
COBOLファイルをC言語からアクセスするた
めの関数仕様を説明しています。
同上
NetCOBOL Web連携ガイド
各種WWWサーバの特徴が記載されています。
同上
COBOL Web サ ブ ル ー チ ン
使用手引書
COBOL Webサブルーチンの使用方法を説明し
ています。
同上
OSIV分散開発の手引き
UNIX系システムのアプリケーション開発に
Windows系システムを活用する方法を説明
しています。
同上
UNIX分散開発の手引き
OSIV系システムのアプリケーション開発に
Windows系システムを活用する方法を説明
しています。
同上
NetCOBOLメッセージ説明
書
NetCOBOLが出力するメッセージを説明して
います。
同上
移 行 手 引 書 MF COBOL/2
→ NetCOBOL V9
ソース移行の際に必要な具体的な作業項目
を説明しています。
テキスト形式のオン
ラインマニュアル
MF COBOL/2移行支援ツー
ル 使用手引書 V9
ソース移行支援ツールの使用方法を説明し
ています。
同上
(次頁につづく)
40
3.1
NetCOBOL
表3.2 MetCOBOLのマニュアル一覧(前頁からのつづき)
マニュアル名称
記載内容
補足
MF COBOL/2移行支援ツー
ル 変換仕様書 V9
ソース移行支援ツールの変換仕様を説明し
ています。
同上
MF COBOLファイル移行ツ
ール 使用手引書 V9
ファイル移行支援ツールの使用方法を説明
しています。
同上
サブスキーマ取り出しツ
ール 説明書
サブスキーマ取り出しツールを使用して、
ホストシステム上のAIMディレクトリをパ
ソコン上で利用できるサブスキーマ登録集
に変換する方法を記載しています。
同上
41
第3章
3.2
プログラムの概要
PowerCOBOL
COBOLの知識を利用して、Windowsで動作するアプリケーションをビジュアルに作成するためのシ
ステムです。
Windows® で 動 作 す る た め の 特 有 な プ ロ グ ラ ム 構 造 や 、 Windows® の API(Application
Programming Interface)の知識がなくても、PowerCOBOLを利用することにより、GUI(Graphical
User Interface)アプリケーションを作成できます。
したがって、新規にアプリケーションを作成する場合はもとより、グローバルサーバやオフコン
上のアプリケーションをWindows®システムでリメイクする場合に、使い慣れたCOBOLを使用し
Windows®らしいGUIを持つアプリケーションを作成できます。
図3.8 PowerCOBOL
ビジュアルなウィンドウ作成
ビジュアルな操作でアプリケーションを開発できます。
(1) ツールボックスからコントロールを選択して、設計画面(フォーム)に配置するだけでアプ
リケーション画面を作成できます。また、コントロールの編集(色、フォント、サイズ変更、
削除など)も容易に行えます。
(2) フォームの編集操作は、ビジュアルに行えます。
(3) PowerCOBOLで作成したプロジェクト、モジュール、フォームおよびコントロールは、エク
スプローラの感覚で操作できます。
プログラミングはCOBOLで
プログラミングは、使い慣れたCOBOLで記述できます。
(1) アプリケーション画面への表示/入力を指示する手続きは、COBOLで記述できます。
(2) 強力なCOBOLの言語機能(ファイル、10進数データなど)をそのまま記述できます。
(3) PowerCOBOLがアプリケーションのイベント(ボタンが押されたなど)を管理しており、ユー
ザはそのイベントが発生した時の手続きをCOBOLで記述するだけで、イベント駆動型のプロ
グラムを作成できます。
42
3.2
PowerCOBOL
統一された開発環境
画面作成から手続き編集、翻訳、リンク、実行、デバックまでの操作をPowerCOBOLの中で行うこ
とができます。また、複数のEXEファイルやDLLファイルからなるアプリケーションを一つのプロ
ジェクトとして管理できます。
豊富なコントロールを用意
以下のコントロールを利用して、表現力豊かなアプリケーションを作成できます。
● Windows®の標準的なコントロール(ボタン、スクロールバーなど)
● ビジネス用アプリケーションで必要なコントロール(表、グラフ)
● マルチメディア対応用のコントロール(イメージ、アニメーションなど)
● Windows®のコモンコントロール(ツールバー、ツリービューなど)
● データ連携用のコントロール(データベースアクセス、ADOデータソース、DDEなど)
他ツールとの容易な連携
COBOL言語でActiveXコントロールやオートメーションの機能を利用したアプリケーションを作
成できます。この機能を利用することによって、簡単に他ツール(VB、EXCELなど)と連携できま
す。
また、PowerCOBOLではActiveXコントロールを作成することもできます。COBOLの機能を活用した
ActiveXコントロールを作成し、各種コンテナに組み込んだり、Web上で利用することができます。
クライアント・サーバ型アプリケーションの作成
COBOLのSQL文、Foundation Class LibraryのデータベースアクセスライブラリやPowerCOBOLが提
供するDBアクセスコントロール、ADOデータソースコントロールを利用して、各種データベース
(たとえば、MicrosoftR SQL Server(TM)など)へアクセスすることにより、クライアント・サ
ーバ型のアプリケーションを作成できます。
事務処理用アプリケーションの作成
ファンクションキーを利用できるなど、従来の事務処理操作を継承したアプリケーションを作成
できます。
より詳しく知りたい場合は
PowerCOBOLについて、より詳しく知りたい場合は、下記マニュアルを参照ください。
表3.3 PowerCOBOLのマニュアル一覧)
マニュアル名称
記載内容
補足
PowerCOBOL V9.0 ユ
ーザーズガイド
PowerCOBOLを使ってアプリケーショ
ンを開発するための操作/編集方法、
および、プログラミング方法やコン
トロールの使用方法について説明し
ています。
PDF形式のオンライン
マニュアル
製本マニュアルは、別
途購入が必要です。
PowerCOBOL V9.0 リ
ファレンス
PowerCOBOLが提供するコントロール
やオブジェクトのインタフェース、
および、開発時に利用するダイアロ
グボックスの設定項目など、機能ご
との詳細仕様を説明しています。
HTMLヘルプ形式のオ
ンラインマニュアル
43
第3章
3.3
プログラムの概要
FORM、PowerFORM、FORMオーバレイオプション
画面・帳票・オーバレイ印刷帳票の設計ツールです。
•
FORM
Windows、UNIX、グローバルサーバ、K/Gシリーズの各システムでそのまま使用できる画面・
帳票定義体の作成ツールです。
•
FORMオーバレイオプション
Windows、UNIX、グローバルサーバ、K/Gシリーズの各システムでそのまま使用できるオー
バレイ定義体の作成ツールです。
FORMオーバレイオプションでは、スキャナーから読み取った帳票イメージからオーバレイ
定義をすることができます。また、複数のオーバレイ定義を重ねて一つのオーバレイ定義
体の作成もできます。
•
PowerFORM
WindowsとUNIXのプラットフォームで使用できる帳票定義体の作成ツールです。FORMに比
べ、帳票の表現力と操作性を強化しました。
図3.9 PowerFORM
バーコード
FORM及びPowerFORMの帳票定義体以下のバーコードをサポートしています。
表3.4 バーコード
名称
FORM
PowerFORM
JAN標準
○
○
JAN短縮
○
○
主な用途
食品、雑貨、たばこなど、店頭販
売される小売り商品、スーパーな
どで生鮮食品へのインストアー
マーキングとして使用されてい
る。
(次頁につづく)
44
3.3
FORM、PowerFORM、FORMオーバレイオプション
表3.4 バーコード(前頁からのつづき)
名称
FORM
PowerFORM
主な用途
NW‑7
○
○
医療機関(病院/血液銀行)、図
書館(貸し出し管理)、宅配便の
送り状、各種会員カードなどで
使用されている。
Code 3 OF 9
○
○
FA(生産ライン、在庫管理)、
OA(伝票管理)などで使用され
ている。
米国ではAIAG(米国自動車事業
界)、EIA(米国電子愚品業界)、
HIBCC(米国保険医療産業)など
で使用されている。
Code 3 OF 9 (EIAJ準拠)
‑
○
工業用バーコードとして多く
使用されている。
INDUSTRIAL 2 OUT OF 5
○
○
段ボール印刷に向いているこ
とから物流管理などに使用さ
れている。
INTERLEAVED 2 OUT OF 5
○
○
段ボール印刷、図書館(貸し出
し管理)、ビデオ予約、カラオ
ケ予約などで使用されている。
標準物流
○
‑
主に段ボールなどの包装箱に
マーキングされ、物流用として
使用されている。
梱包された商品のJAN標準
コードの前に、1桁の梱包形態
を示す物流識別コードが付加
されている形式。
拡張物流
○
‑
主に段ボールなどの包装箱に
マーキングされ、物流用として
使用されている。
梱包された商品のJAN標準
コードの前に、2桁の梱包形態
を示す物流識別コードが付加
されている形式。
カスタマバーコード
○
○
郵便用(日本)
Code 128
‑
○
FA(生産ライン、在庫管理)、
OA(伝票管理)、商品流通コード
として使用されている。
EAN‑128
‑
○
物流管理、商品管理、請求・支払
い業務で使用されている。
EAN‑128 (コンビニエン
スストア向け)
‑
○
コンビニエンスストアでの料
金収納に使用されている。
UPC バージョンA
‑
○
UPC バージョンE
‑
○
商品流通コードでアメリカ、カ
ナダで使用されている。JANコ
ード、EANコードのもととなっ
たコードである。
EAN‑13
‑
○
店頭販売される小売り商品に
使用されている。
(食品、雑貨、
たばこなど)
(次頁につづく)
45
第3章
プログラムの概要
表3.4 バーコード(前頁からのつづき)
名称
FORM
PowerFORM
主な用途
QR Code (モデル1)
‑
○
自動車部品用、インターネット
のURLなど多方面の詳細情報用
として使用されている。
QR Code (モデル2)
‑
○
自動車部品用、インターネット
のURLなど多方面の詳細情報用
として使用されている。モデル
1と比べて、位置補正の機能を
高め、大容量データにも対応し
ている。
Delivery Point Code
‑
○
郵便用(米国)
Zip+4 Code
‑
○
5‑Digit Zip Code
‑
○
U.S. Postal FIM
‑
○
より詳しく知りたい場合は
FORM、PowerFORM、FORMオーバレイオプションについて、より詳しく知りたい場合は、下記マ
ニュアルを参照ください。
表3.5 FORM、PowerFORM、FORMオーバレイオプションのマニュアル一覧
マニュアル名称
記載内容
補足
FORM V9.0 説明書
FORMとプログラムとの関係や、FORMの
基本操作および機能概要を説明して
います。
PDF形式のオンライン
マニュアル
製本マニュアルは、別
途購入が必要です。
FORM ヘルプ
FORMの機能詳細が記載されています。
画面帳票定義体の設計フェーズでご
利用下さい。
オンラインヘルプ
補 足 事 項 FORM
PowerWORDVIEW(R)
連携機能
FORMの項目ディクショナリ参照と突
き合わせ機能の補足事項を説明して
います。
テキスト形式のファ
イル
オーバレイ印刷機
能ファイル FORM
オーバレイ印刷時に参照してくださ
い。
同上
オーバレイ定義機
能ファイル FORM
オーバレイ設計時に参照してくださ
い。
同上
オーバレイ定義体
移行時の留意事項
(FORM編)
他システム(グローバルサーバ、ASP
シリーズ、SX/Gシリーズ 等)で作成
したオーバレイ定義体をFORMのオー
バレイ編集機能で扱う場合の留意事
項を記載しています。
同上
OS別留意事項
FORMで作成した画面帳票定義体を他
OSで運用する場合の留意事項を記載
しています。
同上
PowerFORM ヘルプ
PowerFORMの機能概要、機能詳細を記
載しています。
オンラインヘルプ
(次頁につづく)
46
3.3
FORM、PowerFORM、FORMオーバレイオプション
表3.5 FORM、PowerFORM、FORMオーバレイオプションのマニュアル一覧(前頁からのつづき)
マニュアル名称
記載内容
補足
オーバレイ定義体
移行時の留意事項
(PowerFORM編)
他システム(グローバルサーバ、ASP
シリーズ、SX/Gシリーズ 等)で作成
したオーバレイ定義体をPowerFORMの
オーバレイ編集機能で扱う場合の留
意事項を記載しています。
テキスト形式のファ
イル
PowerFORM コ ン バ
ータ対応表
FORM で 作 成 し た 帳 票 定 義 体 を
PowerFORMで扱う際の対応表を記載し
ています。
オンラインマニュア
ル
PowerFORM V9.0L10
−形式による機能
比較表−
PowerFORMで帳票定義体を設計する場
合に参照してください。
オンラインマニュア
ル
ターゲットシステ
ムによる機能比較
表
PowerFORMでグローバルサーバ、ASP、
UNIX用のオーバレイ定義体を設計す
る場合に参照してください。
オンラインマニュア
ル
47
第3章
3.4
プログラムの概要
MeFt、MeFt/Web
FORM、PowerFORM、FORMオーバレイオプションで作成した、画面・帳票、オーバレイ帳票の実行
時ライブラリです。COBOLからは、READ/WRITE文で操作できます。
•
MeFt:
スタンドアロン/クライアント環境用の、画面・帳票、オーバレイ帳票の実行
時ライブラリです。
•
MeFt/Web:画面・帳票定義体を使ったアプリケーションをWebアプリケーションとして運
用するための実行環境です。
図3.10 MeFt/Web
既存資産(画面定義体)のWeb化支援
MeFt/Web機能により、画面・帳票定義体を使って作成したアプリケーションをWebサーバアプリ
ケーションとして運用できます。クライアントマシンからは、WWWブラウザを使って画面の表示/
操作ができます。
Kシリーズなどの画面・帳票定義体を使った既存のアプリケーションも、業務形態を活かして短
期間にWebアプリケーションに移行できます。
充実した印刷機能
MeFt/Web機能は、WWWブラウザ上での帳票のプレビュー機能およびサーバ/クライアントに接続さ
れているプリンタへの印刷機能を持っています。また、利用者プログラムからの印刷要求をサー
バ上にスプールし、スプールされた出力結果をWWWブラウザ上でプレビューすることもできます。
48
3.4
MeFt、MeFt/Web
より詳しく知りたい場合は
MeFt、MeFt/Webについて、より詳しく知りたい場合は、下記マニュアルを参照ください。
表3.6 MeFt、MeFt/Webのマニュアル一覧
マニュアル名称
記載内容
補足
MeFt V9.0 説明書
MeFtの機能と使用方法を説明してい
ます。
PDF形式のオンライン
マニュアル
帳票印刷コントロー
ル使用手引書
MeFtの帳票印刷コントロールの使用
方法を記載しています。オブジェク
ト指向を用いたイベント駆動型のプ
ログラミングで、帳票定義体(および
オーバレイ定義体)を使用した印刷
をする場合に参照して下さい。
HTML形式のオンライ
ンマニュアル
帳票印刷コントロー
ルリファレンス
MeFtの帳票印刷コントロールのプロ
パティ、メソッド、イベントを説明
しています。オブジェクト指向を用
いたイベント駆動型のプログラミン
グで、帳票定義体(およびオーバレイ
定義体)を使用した印刷をする場合
に参照して下さい。
ヘルプファイル
MeFt/Web V9.0 説明
書
MeFt/Webの機能と使用方法を説明し
ています。
PDF形式のオンライン
マニュアル
49
第3章
プログラムの概要
3.5
Foundation Class Library
クラスライブラリ
業務アプリケーションを効率的に開発するためのクラスライブラリとツールです。高度なアプリ
ケーションを容易に構築でき、高い生産性を実現します。
データベースアクセスライブラリ
COBOLで作成したアプリケーションからデータベースをアクセスするためのクラスライブラリで
す。プラットフォームおよびデータベースの種類に依存せず、複数種のデータベースに対して統
一されたインタフェースでアクセスできます。
帳票印刷クラスライブラリ
帳票印刷を行うアプリケーションを開発/運用するためのクラスライブラリです。帳票レイアウ
トを定義した帳票定義体およびオーバレイ定義体を使用します。
コレクション
オブジェクトの集まり(コレクション)を扱うクラスライブラリです。
クラスライブラリ
COBOL
アプリケーション
データベースアクセス
DB
帳票印刷
帳票
帳票
ビジネス ロジック
コレクション
図3.11 クラスライブラリ
50
3.5
Foundation Class Library
継承(帳票を利用する場合)
ファンデーションクラス
継承
COBOL
アプリケーション
ビジネス ロジック
継承
印刷部品B
印刷部品A
差分
継承
差分
印刷部品B−2
差分
図3.12 クラスの継承
Javaラッパー
Javaクラスを呼び出すCOBOLクラス(アダプタクラス)を生成するツールです。アダプタクラスを
使用することで、COBOLアプリケーションからJavaクラスライブラリを利用できます。
より詳しく知りたい場合は
Foundation Class Libraryについて、より詳しく知りたい場合は、下記マニュアルを参照くだ
さい。
表3.7 Foundation Class Libraryのマニュアル一覧
マニュアル名称
記載内容
補足
DBアクセスクラスライ
ブラリ for COBOL V1.0
APIリファレンス
DBアクセスクラスの機能、使用
方法を説明しています。
PDF形式のオンライン
マニュアル
Jアダプタクラスジェネ
レータ V7.2 使用手引
書
COBOLからJavaクラスを利用す
る方法を説明しています。
同上
コレクションクラスラ
イ ブ ラ リ for COBOL
V7.0 使用手引書
コレクションクラスの機能、使
用方法を説明しています。
同上
帳票印刷クラスライブ
ラリ for COBOL V7.0 使
用手引書
帳票印刷クラスの機能、使用方
法を説明しています。
同上
51
第3章
プログラムの概要
3.6
PowerGEM Plus
PowerGEM Plusは、アプリケーション開発で生成されるソースプログラム、画面定義体、帳票定
義体、仕様書(文書)などの各種資産を、Windows®環境から効率良く管理する資産管理ツールで
す。
図3.13 PowerGEM Plus
WindowsR環境に閉じた開発環境だけでなく、分散開発環境でも、アプリケーション開発に必要な
資産を、Windows®環境から確実に管理します。また、各種ツールを提供し、アプリケーション
開発作業を確実にサポートします。
資産流通を容易にする自動コード変換
テキストコードの自動変換機能により、ソースプログラムのコード変換を意識する必要がない資
産流通を実現しています。これにより、Windows、UNIX、ASPおよびグローバルサーバ(MSP、XSP、
IBM OS/390)の各プラットフォーム上のライブラリを資産格納庫として活用できます。
図3.14 各プラットフォームの文字コードと自動コード変換
資産の一括管理
PowerGEM Plusでは、Windows®環境を含めた各プラットフォーム環境上の資産を効率良く一括
管理します。
GEMライブラリによる資産の一括管理
WindowsR環境に世代管理機構とデータ圧縮機構を持つ資産格納庫としてGEMライブラリを提供し
ます。このGEMライブラリには、ソースプログラムだけでなく、画面定義体、帳票定義体、仕様
書などを一括して格納して世代管理することができます。ソースプログラムをはじめとするテキ
スト形式の資産は、前世代からの変更部分だけが更新履歴情報(世代管理のための情報)として保
存されます。また、資産のデータは圧縮してGEMライブラリに格納されます。これにより、資産
を管理するための資源のスペース効率化が図れます。
52
3.6
PowerGEM Plus
図3.15 GEMライブラリによる資産管理
プラットフォーム上の資産の一括管理
Windows®環境から、PowerGEM Plusを使用して、各プラットフォーム上の資産格納庫に格納さ
れている資産を一括管理できます。
図3.16 PowerGEM Plusによる各プラットフォームの資産管理
確実な更新履歴の管理
PowerGEM Plusでは、GEMライブラリを使用した資産の効率的な世代管理を実現しています。
更新履歴情報の自動蓄積
GEMライブラリに格納されている資産には、最新バージョンだけでなく、旧バージョンの版数や
変更点が 更新履歴情報 として自動的に蓄積されるため、プログラム更新過程の参照や以前の
版数への復元などが確実に行なえます。
53
第3章
プログラムの概要
図3.17 更新履歴管理
開発状況の管理
更新履歴情報をもとに、開発状況を容易に把握できることから、開発作業の進捗を効率的に管理
できます。
図3.18 開発状況の管理
54
3.6
PowerGEM Plus
より詳しく知りたい場合は
PowerGEM Plusについて、より詳しく知りたい場合は、下記マニュアルを参照ください。
表3.8 PowerGEM Plusのマニュアル一覧
マニュアル名称
記載内容
補足
PowerGEM Plus V6.2
説明書
PowerGEM Plusが提供する 資産管
理 の特徴や機能など全般的な説明
を記載しています。
アプリケーション開発で生成される
ソ ー ス フ ァ イ ル (COBOL 、 Java 、
Visual Basic®、C/C++など)やドキュ
メントなどの開発資産について、修
正履歴および版数を管理する場合に
参照してください。
PDF形式のオンライン
マニュアル
PowerGEM Plus V6.2
資産管理オペレーシ
ョンガイド
資産管理を使用した開発作業の手順
を、使用するコマンドの流れから理
解していただくことを目的として記
載しています。
同上
55
第3章
プログラムの概要
3.7
SIMPLIA/COBOL支援キット
テスト支援
表3.9 SIMPLIA/COBOL支援キットのテスト支援プログラム一覧
プログラム名
説明
SIMPLIA/TF‑LINDA
テストデータの作成/検証
SIMPLIA/TF‑MDPORT
EBCDIC/他社データからの変換など
SIMPLIA/TF‑EXCOUNTER
実行網羅率の測定
SIMPLIA/MF‑STEPCOUNTER
ソースプログラムのステップ数をカウント
SIMPLIA/VF‑FILECOMP
データファイルの比較
テストデータ作成工数の削減
COBOLファイルの作成/検証(創成、更新、追加、表示、印刷)ができます。
テストデータの作成/検証作業が大幅に軽減します。
既存データを活用した効率のよいデータ作成
コード/ファイル変換ツールにより、UNIXやグローバルサーバの既存データから、テキストデー
タや運用データを効率よく作成できます。また、CSV形式ファイルとの相互変換も可能です。
テスト網羅率の検証
テスト量の把握や実行されていない命令を検出し、テスト漏れを防止できます。
ドキュメント作成支援
表3.10 SIMPLIA/COBOL支援キットのドキュメント作成支援プログラム一覧
プログラム名
説明
SIMPLIA/DF‑COBDOC
ドキュメントの作成
ドキュメント作成の効率化
画面・帳票/ファイル/アプリケーション構造/モジュール設計書などの保守ドキュメントを開発
資産から自動生成します。保守ドキュメントをHTML文書としても生成できるため、WWWブラウザ
での閲覧、共有化、省資源化が可能です。
信頼度の高いドキュメント自動生成
アプリケーションを構成する開発資産を入力とするため、運用システムと同期のとれたドキュメ
ントを生成できます。
保守支援ドキュメントの生成
影響範囲調査など保守作業を支援する資料を自動生成し、保守作業を効率化します。
56
3.7
SIMPLIA/COBOL支援キット
より詳しく知りたい場合は
SIMPLIA/COBOL支援キットについて、より詳しく知りたい場合は、下記マニュアルを参照くだ
さい。
表3.11 SIMPLIA/COBOL支援キットのマニュアル一覧
マニュアル名称
記載内容
補足
SIMPLIA/DF‑COBD
OC オンラインマ
ニュアル
SIMPLIA/DF‑COBDOCの機能、使用方法を説明して
います。NetCOBOLで開発されたCOBOL開発資産か
ら、開発・保守に必要な設計書や仕様変更時の影
響を調査するための資料を、自動的に生成する場
合に参照してください。
PDF形式のオ
ンラインマ
ニュアル
SIMPLIA/MF‑STEP
COUNTER オ ン ラ
インマニュアル
SIMPLIA/MF‑STEPCOUNTERの機能、使用方法を説明
しています。Cソース、C++ソース、Cリソース、
COBOLソース、インクルードファイル、およびCOPY
登録集ファイルをもとに、管理用データ収集及び
資産整理支援のためのドキュメントを出力する
場合に参照してください。
同上
SIMPLIA/TF‑EXCO
UNTER オ ン ラ イ
ンマニュアル
SIMPLIA/TF‑EXCOUNTERの機能、使用方法を説明し
ています。NetCOBOLが出力するCOUNT情報を利用
して、テスト量の把握やテスト漏れの防止、およ
びテスト作業を効率化する場合に参照してくだ
さい。
同上
SIMPLIA/TF‑LIND
A オン ライ ン マ
ニュアル
SIMPLIA/TF‑LINDAの機能、使用方法を説明してい
ます。COBOLデータファイルを、COBOLの登録集原
文、ファイル定義体または、YPSインクルード仕
様書に基づき、項目単位に操作(作成/検証)す
る場合に参照してください。
同上
SIMPLIA/TF‑MDPO
RT オンラインマ
ニュアル
SIMPLIA/TF‑MDPORTの機能、使用方法を説明して
います。グローバルサーバ、オフコン、UNIX機お
よびPCとの間で、データやソースの流通を支援す
るツールを使用する場合に参照してください。
同上
SIMPLIA/VF‑FILE
COMP オンライン
マニュアル
SIMPLIA/VF‑FILECOMPの機能、使用方法を説明し
ています。ファイル間のデータを比較し、比較結
果を画面に表示する場合に参照してください。
同上
57
第3章
58
プログラムの概要
第4章
関連製品
この章では、NetCOBOLシリーズと関係深い製品を紹介します。
59
第4章
関連製品
4.1
NetCOBOL Enterprise Edition
Windows Server® 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems上で動作するWindows
システム向けNetCOBOLシリーズの最上位エディションです。以下の2製品があります。
•
NetCOBOL Enterprise Edition 開発・運用パッケージ
•
NetCOBOL Enterprise Edition 運用パッケージ
製品構成
表4.1 製品構成
コンポーネント
開発・運用パッケージ
運用パッケージ
COBOLコンパイラ
○
−
COBOLランタイムシステム
○
○
MeFt
○
○
SIMPLIA/COBOl支援キット(注)
○
−
PowerSORT
○
○
注)SIMPLIA/COBOL支援キットは、TF‑LINDAとTF‑MDPORTSが提供されます。
言語仕様
幅広い言語仕様のサポートにより、適用範囲の拡大とプログラムの流通性向上を支援します。
•
•
•
•
•
ANSI
85
ANSI 85の規格に準拠しています。
X/OPEN CAE仕様(XPG4)
行順ファイル、コマンド引数/環境変数操作、ファイル/レコードの排他制御、連結式
などをサポートしています。
SIA 富士通標準仕様
索引ファイル拡張仕様(逆順検索、キーの複数データ項目による構成)
システムプログラム記述向け機能(C言語などで獲得した領域の参照)
中核系拡張機能(定数節、ビット操作、浮動小数点、16進文字定数、記号定数、行内注記、COPY
DISJOINING/JOINING文)
オブジェクト指向機能
国際規格COBOL2002に採用されたオブジェクト指向機能をサポートしています。
MF COBOL固有仕様
Micro Focus COBOL固有仕様における主要機能をサポートしています。
実行環境
サーバ業務に適したアプリケーションを作成できます。
•
マルチスレッドのサポート
マルチスレッドモデルで作成されたアプリケーションの開発・運用をサポートします。
マルチスレッド機能により、今後さらに増大するIT(情報技術)分野/ネットワークコン
ピューティング/分散オブジェクト環境での業務アプリケーションの円滑な運用を実
現します。
•
C言語アプリケーションとの融和
COBOLで記述されたアプリケーションとC言語で作成されたアプリケーションの相互の
呼出しが可能です。
開発支援機能
Windows環境を利用した分散開発機能強化(リモートビルド、リモートデバッグ)により、Windows
を核としたサーバアプリ開発環境の統合を図り、開発〜実行テストまでをWindows上で実現でき
ます。
60
4.1
NetCOBOL Enterprise Edition
帳票出力実行ライブラリ(MeFt)
きめ細かな帳票出力を行う実行ライブラリを提供します。
•
面倒なプリンタの制御をMeFtが行います。プログラムは業務固有の処理に専念できます。
•
フォームオーバレイパターンを利用することで、きめ細かな表現の帳票を高速に印刷できま
す。
•
写真・地図等のイメージデータを含んだ帳票を印刷できます。
ビジネス業務向け高性能ソート・マージ(PowerSORT)
•
•
•
•
高度なソート技法の採用により、ビジネス分野で必要な大容量データを短時間で処理できま
す。
用途に応じた利用形態を選択できます(コマンドによる簡単操作/NetCOBOLのSORT文、MERGE
文におけるソートマージ処理の実現/BSORT関数によるC言語アプリケーションへの自在な組
み込み)。
主要機能であるソート/マージ/コピーに組み合わせて、選択/集約/再編成等の各種レコード
操作を利用できます。
1回の実行で条件別に複数の出力ファイルを作成できます。
61
第4章
関連製品
4.2
NetCOBOL for .NET
NetCOBOL for .NETは、Microsoft提唱の.NET Framework上で動作するCOBOLアプリケーションを
開発するための製品です。
言語仕様
Windowsで動作するNetCOBOLの言語仕様をベースに、.NET Frameworkに適した言語仕様を選択・
追加しています。
表4.2 NetCOBOL for .NETの言語仕様
言語仕様
概要
ANSI'85
ほとんどの機能、組込み関数機能
X/OPEN仕様(XPG4)
ファイル/レコードの排他など
オブジェクト指向
国際規格2002のオブジェクト指向プログラミング機能、.NET
固有機能
主要な業界標準仕様
VS COBOL II(IBM)、Micro Focus COBOL(Merant)
SIA富士通標準仕様
日本語処理機能など
開発環境
● 開発環境にVisual Studio .NETを採用します。Visual Studio .NETが提供する高機能・高
生産性統合開発環境をCOBOLでも活用できます。
● デバッガにマイクロソフトの共通.NETデバッガエンジンを使用します。言語を問わずシー
ムレスなデバッグを可能にします。
インターネット時代の業務システム
● ASP.NETをサポートすることにより、高機能・高生産性のWebアプリをCOBOLで構築できま
す。
● COBOLの適用範囲をミドル〜バックに加え、フロントまで広げることが出来ます。
インターネット経由のBtoB、BtoCシステム
● ASP.NETとCOBOLを組み合わせることにより、表現力の高いWebアプリを短期に構築するこ
とが可能になります。
● XML WebServiceをサポートすることにより、インターネット経由のアプリ連携を容易に実
現できます。(インターネット標準プロトコルXML/SOAPをサポートしています)
.NET機能
● 共通実行エンジンによる言語間相互連携をサポートします。.NETをサポートする様々な言
語と相互連携が可能です。
● 共通実行エンジンのサポートにより、他言語で開発したクラスライブラリ/フレームワー
クをCOBOLアプリで活用できます。
● 他言語を使用して.NET向けに開発された機能を即座にCOBOLから利用できます。
● COBOLの特性を生かして、ビジネス処理向けクラスライブラリ/フレームワークを.NET上で
開発できます。
● XML WebServiceにより、インターネット上で業種別部品/共通部品/サービスなどをCOBOL
で作成できます。これにより、新しい形態のASPビジネスにCOBOLを適用可能です。
62
4.3
4.3
NetCOBOL JEFオプション
NetCOBOL JEFオプション
NetCOBOLコンパイラの動作コード系をEBCDIC/JEFとするオプション製品です。
以下の特徴があります。
● JEFコードで扱える全ての文字を利用することができます。
● コード系がグローバルサーバ/PRIMERGY6000(K) シリーズと同じであり、プログラム・デ
ータの移行を容易に行えます(システムに依存したコーディングは修正が必要です)。
EBCDIC/JEFコード系を採用
Shift‑JIS コ ー ド 系 で 扱 え る 文 字 数 の 少 な さ を グ ロ ー バ ル サ ー バ / ビ ジ ネ ス サ ー バ
(PRIMERGY6000(K) シリーズ) で実績のあるEBCDIC/JEFコード系を採用することにより解決しま
した。Shift‑JIS コード系では外字 (第一水準、第二水準、JIS 非漢字を除く文字) 域が 1,880
文字であったのに対して、EBCDIC/JEFコード系では、約8,000 文字(利用者定義文字:3,102 、JEF
拡張漢字:4,039 、JEF 拡張非漢字:1,010)の拡張文字を利用できます。
プラットフォーム共通の言語仕様
幅広い言語仕様およびプラットフォーム共通仕様のサポートにより、プログラム適用範囲の拡大
とプログラム流通性の向上を支援します。JEF オプションを利用する場合、言語仕様はANSI'85
とSIA 富士通標準仕様の範囲となります。
(1)ANSI'85
すべての必須機能単位および選択機能単位の、報告書作成機能の最高水準の機能が利用でき
ます。
(2)SIA富士通標準仕様
日本語処理機能(日本語データ操作、日本語プログラミング機能、豊富な印刷機能、日本語
メッセージ出力)、表示ファイル機能(画面・帳票編集ツール(MeFt、FORM) と連携して画面
操作/帳票出力などを順ファイルインタフェースで作成可能)など。
プログラム支援環境の提供
Shift‑JIS 版コンパイラと同様に、次のような機能をサポートしており、プログラム開発におけ
る生産性の向上を促進します。
(1) NetCOBOL開発環境
小規模な開発を支援するNetCOBOL開発環境(翻訳、翻訳エラーの修正、一連の操作手順の登
録など)
(2) 対話型デバッグ機能
豊富なデバッグ・テスト支援機能(自由度の高い中断点設定、データ内容監視、データ変更
時中断など)、操作履歴の保存・再現バッチコマンドファイルによる一括操作などを提供
(3) ファイルユーティリティ 機能
NetCOBOLファイルの創成、表示、編集、印刷、整列、復旧などのユーティリティ機能を提供
(デバッグ、運用、保守を支援)
63
第4章
関連製品
4.4
NetCOBOL XMLオプション
NetCOBOL XMLオプションは、EAI、EDI等の情報通信の核となるXMLデータをCOBOLアプリケーショ
ンで扱い、従来から蓄積してきた資産を有効に活用しながら、最新技術・最新環境下で業務構築・
運用を可能とするNetCOBOLシリーズのオプション製品です。
電子フォームアプリケーションのフレームワーク対応
Interstage Apcoordinatorが提供する電子フォームアプリケーションのフレームワーク(以降、
Formcoordinaror機能と略記)をCOBOLアプリケーションから利用できます。
従来、Webアプリケーションのフロント部分はJavaで構成されていましたが、本機能を利用する
ことにより、COBOLでWebアプリケーションのフロント部分を作成することが可能となります。
図4.1 Formcoordinator機能を利用した電子帳票システム
64
4.4
NetCOBOL XMLオプション
MeFt XML入出力機能
従来から利用してきたMeFtの表示ファイル機能を利用して、READ文/WRITE文により、XMLデータ
ファイルの入出力を行うことが可能です。
図4.2 MeFt XML入出力機能
65
第4章
関連製品
他製品・他環境とのXMLデータの連携(以降、XML COBOLマッピング機能と略記)
EAI連携機能などを持つ、他製品・他環境とXMLデータを利用して連携するCOBOLアプリケーショ
ンを作成することが可能となるなど、XMLを基盤とした業務をCOBOLで効率よく構築することが可
能となります。
図4.3 XML COBOLマッピング
66
4.5
4.5
PowerRDBconnector for NetCOBOL
PowerRDBconnector for NetCOBOL
PowerRDBconnector for NetCOBOL は、COBOLの入出力文(READ文、WRITE文など)で記述されたア
プリケーションでデータベース( Microsoft® SQL ServerTM) にファイルアクセスし、既存の
COBOLアプリケーションを活用するための製品です。
ファイルアクセス機能
データベースのテーブル及びビューに対して、以下のファイルアクセスを行うことが
できます。
順編成でのファイルアクセス
索引編成でのファイルアクセス
COBOLアプリケーション
OPEN
READ
WRITE
CLOSE
データベース
テーブル
ビュー
インデックス
図4.4 ファイルアクセス機能
トランザクション機能
データベースへのファイルアクセスに対して、トランザクション(開始、終了、取消し)を行う
ことができます
COBOLアプリケーション
OPEN
トランザクション開始命令
READ
トランザクション
WRITE
トランザクション終了命令
トランザクション開始命令
READ
トランザクション
WRITE
トランザクション取消し命令
データベース
COMMIT
テーブル
ビュー
ROLLBACK
インデックス
図4.5トランザクション機能
67
第4章
関連製品
4.6
PowerRW+
PowerRW+ は、COBOLプログラムからREAD/WRITEでアクセスできる信頼性の高いファイルアクセス
機能とプログラム間非同期通信機能を可能にする製品です。
高信頼性ファイルアクセス機能
1) READ/WRITEアクセス機能
COBOLアプリケーションからREAD/WRITEにダイレクトにアクセスすることができます。ファイル
レベルとレコードレベルで排他が可能で、レコード排他時の待ちも可能です。
2) トランザクション機能
トランザクションサブルーチンにより、COBOLアプリケーションからトランザクション機能を簡
単に利用することができます。トランザクション機能を使用することでアプリケーションプログ
ラムを実行中に何らかの異常が発生した場合に、トランザクション単位に処理をキャンセルする
ことができます。
3) リカバリ機能
トランザクション機能を使用することでシステムダウンした場合にシステムがダウンする直前
のトランザクションの終了状態までデータを復旧することができます。
トランザクション機能とファイルのバックアップを合わせて行うことで、ディスク異常によりデ
ータが失われた場合でも最新のトランザクション終了状態まで復旧することができます。
プログラム間通信機能
非同期プログラム間通信機能(ACM2)により、COBOLアプリケーションから表示ファイルの
READ/WRITE文を使って、プログラム間通信を行うことができます。
システム間通信機能、Interstageとの連携機能をサポートしており、別マシンのCOBOLアプリケ
ーションとのメッセージ連携やJMS連携を使用してJMSアプリケーションとCOBOLアプリケーショ
ンとのメッセージ連携を行うことができます。
図4.6 プログラム間通信機能
68
4.7
4.7
PowerSORT/PowerSORT Server
PowerSORT/PowerSORT Server
PowerSORT/PowerSORT Serverは、ビジネス分野向けの高性能なソートマージ製品です。グローバルサーバ
上で培ってきた高度なソート技法をMicrosoft Windowsに合わせて最適化し、事務処理において取り扱う少
量のデータから大容量のデータまで、効率よくソート処理できます。
sortコマンドで処理している業務の処理時間を大幅に短縮できます。
sortコマンドでは扱いきれない、大容量データをソートマージ処理できます。
固定小数点2進数、内部10進数などのバイナリデータが処理できます。
複数のキー項目で、ソートマージ処理ができます。
bsortコマンドを使用し、サーバでのバッチ処理などに組み込むことができます。
C言語プログラムからBSORT関数によるPowerBSORTの関数呼び出しができます。
PowerSORT/PowerSORT Serverをインストールするだけで、COBOLのSORT/MERGE文からPowerSORTを
呼び出すことができます。ソースの修正も再コンパイルも必要ありません。
複数のファイルを一つのファイルにまとめることができます。
主要機能と各種レコード処理機能
PowerSORT/PowerSORT Serverには、ソート、マージ、コピーの主要機能と各種レコード処理機能があり、
組み合わせることで様々な処理が同時にできます。レコード集約、サプレス、先入力先出力(FIFO)のいず
れか1つと、レコード選択及びレコード再編成は同時に使用できます。
主要機能
ソート機能
マージ機能
コピー機能
キーの大小によりレコードを並べ換えます。
ソート済のレコード群を1つのファイルにまとめます。
1つ以上の入力ファイルを出力ファイルに複写する機能です。
各種レコード処理機能
レコード選択機能
レコード再編成機能
レコード集約機能
サプレス機能
先入力先出力(FIFO)機能
指定した条件に合うレコードのみを処理の対象にしてソート、マージ、コピ
ーができます。
レコードの内容やフィールドの順番を変更しながら、ソート、マージ、コピ
ーができます。
キーが等しい2つ以上のレコードについて、指定した数値部分を加算し、1つ
のレコードにまとめます。キーを指定するソート、マージで使用できます。
キーが等しいレコードが複数ある場合に、1つだけ出力するよう指定できま
す。キーを指定するソート、マージで使用できます。
キーが等しいレコードの出力順序を、入力した順を保証して出力するよう指
定できます。
69
第4章
70
関連製品
付録A NetCOBOL、PowerCOBOL85/97シリーズの構成プロ
グラム
ここでは、NetCOBOLシリーズ、PowerCOBOL85/97シリーズの各製品を構成するプログラムを示し
ます。NetCOBOLシリーズは、PowerCOBOL85/97シリーズの後継製品です。
表A.1 開発環境向け製品とその構成プログラム
71
付録A
NetCOBOL、PowerCOBOL85/97シリーズの構成プログラム
表A.2 運用環境向け製品とその構成プログラム
72
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
535
File Size
1 989 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content