close

Enter

Log in using OpenID

VePAL TX130M+

embedDownload
Sunrise TelcomのIntelliSAMTM
サービステスト
データシート
包括的なイーサネットサービステスト
スイート
ITU-T Y.1564(旧名: Y.156SAM)は、イーサネットサービス
のテスト方法の規格で、プロバイダが、サービス開始時にイ
ーサネットサービスの設定とパフォーマンスの検証に使用し
ます。サンライズテレコムは、CIR/EIR/Traffic Policingテスト
が含まれる第1世代のテスト規格から、対象帯域幅プロファイ
ルを拡張した第2世代のCIR/CBS/EIR/EBS/CM/Traffic
Policingテスト機能に至るまで、ITU-T Y.1564SAMの推進を支
援しています。
Y.1564のテストは、サービスの設定テスト(設定に関する問
題を検出し修正)とサービスのパフォーマンステスト(パフ
ォーマンスがサービス受入れ基準、長期的な安定性を満たす
ことを検証)の2つに分かれています。IntelliSAMを使用する
と、両方のテストの測定結果を表示し、保存できます。
IntelliSAM の利点
サービスの設定テスト
IntelliSAMのサービスの設定テストは、サービスの設定が目的
に適合することを検証します。各サービスを個別にテストし、
すべてのサービスを順にテストします。実行するテストは次
のとおりです。
 認定情報速度(Committed Information Rate; CIR)の設
定テスト。
 超過情報速度(Excess Information Rate; EIR)の設定テ
スト。Color AwareまたはNon-Color-Awareモード。
 Traffic Policingテスト。Color-Awareまたは
Non-Color-Awareモード。
 認定バーストサイズ(Committed Burst Size; CBS)の設
定テスト。
 超過バーストサイズ(Excess Burst Size; EBS)の設定
テスト。ベストエフォート(CIR=0)
、Color-Awareまた
はNon-Color-Awareモード。
CIR の設定テスト
CIRテストでは、CIRに到達するまでテスト用トラフィックが
段階的に生成されます。情報レート(IR)
、フレーム損失レー
ト(FLR)
、ラウンドトリップフレーム遅延(RTFD)、フレー
、および重大エラー秒数(SES)が測定さ
 サービステスト環境への適合性を高めた高速なテスト方法。 ム遅延変動(FDV)
れ、段階ごとにサービス受入れ基準と比較されます。結果が
 サービスのパフォーマンステストでは、同時に複数ストリ
ユーザー設定の制限範囲内であれば、CIRテストは成功です。
ームをテスト可能。
 MEF 10.2に従い、6つの帯域幅プロファイルパラメータか
ら、CIR、EIR、CBS、EBS、CMをテスト。
 ネットワーク障害だけでなく、サービス品質保証契約の達
成もテスト。
 単一デバイスにとどまらず、ネットワークをテスト。
 ITU-T Y.1563に基づき可用性を計算し、技術者に提示。
 フレームごとに遅延を測定。
 フレーム遅延変動をテスト。
EIR の設定テスト
サービスがColor-Awareの場合、緑色および黄色のトラフィッ
クのIR、FLR、RTFD、FDV、およびSESが測定されます。緑
色のフレームで測定したすべてのパラメータがユーザー設定
の制限範囲内であれば、テストは成功です。Non-Color-Aware
モードの場合、最終的な評価ではIRのみが考慮されます。
Traffic Policing テスト
Traffic Policingテストでは、テスト用トラフィックをCIR +
EIRより高速で送信し、Traffic Policing機能が正しく動作する
ことを確認します。IR、FLR、RTFD、FDVが測定され、サー
ビス受入れ基準と比較されます。Color-Awareサービスの場合、
緑色のトラフィックで測定されたパラメータが制限範囲内で
あればテストは成功です。Non-Color-Awareサービスの場合、
IRの結果のみが考慮されます。
CIR/EIR
レッドゾーン
Traffic Policingを検証
情報速度
EIR+CIR
パフォーマンス無保証
CIR
テスト装置の出力で
確認されたスループット
SLAの検証
時間
1~60秒
CBS の設定テスト
CBSの設定テストでは、1つの手順でColor-AwareおよびNon-Color-Awareのサービスをテストします。IntelliSAMは、CIRレート
でトラフィックを生成し、次にユーザー指定の特性でバーストを生成します。この手順は、ユーザーが指定した回数を繰り返し
ます。IR、FLR、RTFD、およびFDVが測定され、サービス受入れ基準と比較されます。結果がユーザー設定の制限範囲内であ
れば、CBSテストは成功です。
サービスフレーム到着順序
フレーム
サイズ/B
フレームプロファイリングの前(暗緑色)と後(薄緑色)のCBSトークンバケット
トークン
レベル/B
EBS の設定テスト
IntelliSAMは、EBSの設定テストを3種類使用します。CIRがゼロ(ベストエフォートサービス)である特殊な場合に使用するテ
スト、Color-Awareに使用するテスト、Non-Color-Awareに使用するテストです。テスト中に、IR、FLR、RTFD、およびFDVが
測定され、サービス受入れ基準と比較されます。Color-Awareサービスの場合、緑色のトラフィックで測定されたパラメータが
制限範囲内であればテストは成功です。Non-Color-Awareサービスの場合、IRの結果のみが考慮されます。
サービスのパフォーマンステスト
サービスのパフォーマンステストでは、設定されたすべてのサービスを各CIRで同時に実行されます。推奨する最小時間は15分
です。各サービスのIR、FLR、RTFD、FDV、および可用性が測定され、サービス受入れ基準と比較されます。各サービスで測
定されたパラメータが制限範囲内であれば、テストは成功です。
サービスのパフォーマンステスト:
すべてのフローで、次の測定が同時に15分から24時間、CIRの範囲内で実行されます。
- RTFD、FDV、FLR、可用性
購入時の条件を満たすサービスであることを検証
2
IntelliSAM
オペレータ1
オペレータ2
サービス
プロバイダ
サービス
事業者
仕様
ITU-T Y.1564(旧名: Y.156SAM)に基づく。
テストパラメータ
 サービスの設定とパフォーマンのステスト。各テストをオン/オフ





可能。
最大16個のサービスをテスト可能。
開始モード:手動、プログラム済み
保存モード:手動/自動
サービスごとのフレーム長設定: 60~12,000バイト
サービスごとのペイロードパターン設定
PRBS 231-1、223-1、220-1、215-1
ユーザーパターン
- 事前定義済み: 1111, 0000, 1010
- 任意設定: 32ビット、1,024ビット、ポートごとに10個のパタ
ーンを保存可能
パターン反転
認定情報速度(CIR)の設定テスト
ランプトラフィック:
 開始帯域幅(CIRの1~100%)
 停止帯域幅(CIRの1~100%)
 段階帯域幅(CIRの1~100%)
 期間。1~60秒
ランプおよび各サービスの段階ごとのテスト結果
 テストステータス: 合格/不合格
 テスト持続時間(ms)
 受信した情報速度の最小、最大、平均(Mb/s)
 フレーム損失率(%)
 ラウンドトリップフレーム遅延の最小、最大、平均(マイクロ
秒)
 フレーム遅延変動の最小、最大、平均(マイクロ秒)
 重度エラー秒(SES)
超過情報速度(EIR)の設定テスト
帯域幅プロファイル
 MEF10.2に基づく帯域幅プロファイルのサポート
 サービスごとの帯域幅プロファイル設定
 帯域幅プロファイル事前設定表。CIR、EIR、CBS、EBSのデフォ
Color-AwareモードとNon-Color-Awareモードのサポート
各サービスのテスト結果
 テスト持続時間(ms)
 Color-Awareモードでの緑色トラフィックの合格/不合格
 次の詳細な結果
ルト値。ユーザーによる値の編集および保存が可能。
サービス受入れ基準
 サービスごとの受入れ基準設定
 サービス受入れ基準事前設定表。しきい値のデフォルト値。ユー
ザーによる値の編集および保存が可能。
 次のしきい値
フレーム遅延変動(マイクロ秒)
ラウンドトリップフレーム遅延(マイクロ秒)
フレーム損失(%)
可用性に対するフレーム損失(%)
可用性
 サービス受入れ基準の各セットのラベルを独自にカスタマイズ可
能。
-





Color-Awareモードでの緑色、黄色、および合計トラフィッ
ク
- Non-Color-Awareモードでの合計トラフィック
受信した情報速度の最小、最大、平均(Mb/s)
フレーム損失率(%)
ラウンドトリップフレーム遅延の最小、最大、平均(マイクロ
秒)
フレーム遅延変動の最小、最大、平均(マイクロ秒)
重度エラー秒(SES)
Traffic Policing テスト
Color-AwareモードとNon-Color-Awareモードのサポート
各サービスのテスト結果
 テスト持続時間
 Color-Awareモードでの緑色トラフィックの合格/不合格
 次の詳細な結果
-
サービスの設定テスト
MEF 10.2 の帯域幅プロファイルで次のパラメータをテスト:
 認定情報速度(CIR)
 認定バーストサイズ(CBS)
 超過情報速度(EIR)
 超過バーストサイズ(EBS)
 カラーモード(CM)
次のテストを実行:
 認定情報速度の設定テスト。
 超過情報速度の設定テスト。Color Awareまたは





Color-Awareモードでの緑色、黄色、および合計トラフィッ
ク
- Non-Color-Awareモードでの合計トラフィック
受信した情報速度の最小、最大、平均(Mb/s)
フレーム損失率(%)
ラウンドトリップフレーム遅延の最小、最大、平均(マイクロ
秒)
フレーム遅延変動の最小、最大、平均(マイクロ秒)
重度エラー秒(SES)
Non-Color-Awareモード。
 Traffic Policingテスト。Color-AwareまたはNon-Color-Awareモ
ード。
 認定バーストサイズの設定テスト。
 超過バーストサイズの設定テスト。ベストエフォート(CIR =
0)、Color-AwareまたはNon-Color-Awareモード。
各テストのオン/オフ切り替え可能
IntelliSAM
3
認定バーストサイズ(CBS)の設定テスト*
他のテストパラメータ
CBS/EBSテストの詳細設定:
 マージンタイプ: CBS/EBS、CIR/EIR期間の%、MTUの倍数
 バーストのデューティーサイクル
 テストサイクル数
レイヤ 2MAC
各サービスのテスト結果
 テスト持続時間
 ステータス: 合格/不合格
 受信した情報速度の最小、最大、平均(Mb/s)
 フレーム損失率(%)
 ラウンドトリップフレーム遅延の最小、最大、平均(マイクロ
秒)
 フレーム遅延変動の最小、最大、平均(マイクロ秒)
 重度エラー秒(SES)
超過バーストサイズ(EBS)の設定テスト*
Color-AwareモードとNon-Color-Awareモードのサポート
CIR = 0(ベストエフォートモード)のサポート
各サービスのテスト結果
 テスト持続時間
 Color-Awareモードの緑色トラフィックの合格/不合格
 次の詳細な結果





- Color-Awareモードの緑色、黄色、および合計トラフィック
- Non-Color-Awareモードの合計トラフィック
受信した情報速度の最小、最大、平均(Mb/s)
フレーム損失率(%)
ラウンドトリップフレーム遅延の最小、最大、平均(マイクロ
秒)
フレーム遅延変動の最小、最大、平均(マイクロ秒)
重度エラー秒(SES)
任意設定のEtherType/Lengthフィールド
オプションのLLCおよびSNAPヘッダ
レイヤ 3 MAC + IP
任意設定のIPヘッダ
TOS、ID、フラグメンテーション、TTL、プロトコル
レイヤ 4 MAC + IP + TCP/UDP
任意設定のTCPポートおよびヘッダ
任意設定のUDPポート
VLAN
VLAN ID: 0~4095
優先度: 0~7
VLANスタッキング: VLANタグ3個まで
MPLS
MPLSタグ3個まで
ユニキャストまたはマルチキャスト
結果の保存、レポートの生成
製品のデータシートを参照してください。
サポート対象の製品
現在この機能は、RxT 10GEモジュールとXTT 5000でサポー
トしています。
サービスのパフォーマンステスト
オーダー情報
最大16個のサービスをテスト、各サービスのCIRで同時に実
行
テスト持続時間: 15分、2時間、24時間、連続、任意設定
ITU-T Y.1563に基づく可用性の測定
各サービスの次のパラメータを測定:
 ステータス: 合格/不合格
 受信した情報速度の最小、最大、平均(Mb/s)
 フレーム損失率(%)
 ラウンドトリップフレーム遅延の最小、最大、平均(マイクロ
製品のデータシートを参照してください。




秒)
フレーム遅延変動の最小、最大、平均(マイクロ秒)
重大エラー秒数
可用性(秒、%)
非可用性(秒、%)
* RxT 10GEのみで使用可能
メインテクノロジー株式会社
〒107-0061
東京都港区北青山2-7-24
TEL: 03-5772-3403
FAX: 03-5770-4037
Email: [email protected]
お問い合わせ先
 2011 Sunrise Telecom Incorp. 無断複製禁止。性能、品質の向上にともない、お断りなしに記載事項を変更させて頂くことがありますので、あらかじめご了承く
ださい。記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
226 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content