close

Enter

Log in using OpenID

「地球温暖化問題に関する科学と政策

embedDownload
気候変動に関する政府間パネル(IPCC) 公開シンポジウム
「地球温暖化問題に関する科学と政策
温室効果ガス排出量監視の取り組み」
日時: 平成 28 年 1 月 28 日(木) 13:00-18:00 (12:30- 受付)
会場: ANA クラウンプラザホテル神戸 (兵庫県神戸市中央区北野町 1-1)
13:00 – 13:15
開会挨拶

IPCC インベントリータスクフォース共同議長

竹本 明生 (環境省地球環境局研究調査室長)

鈴木 胖 (公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES) 関西研究センター所長)
【地球温暖化問題に対処するための科学と政策】
13:15 – 13:45
講演 1: IPCC 第5次評価報告書: 統合報告書
ラモン・ピチス-マドルーガ (IPCC ビューローメンバー、第三作業部会副議長)
13:45 – 14:10
講演 2: パリ協定と IPCC への期待
ウィリアム・コジョ・アイェマン‐ボンス (国連気候変動枠組条約事務局)
14:10 – 14:35
講演 3: 気候変動適応策の最近の動向について
竹本 明生 (環境省地球環境局研究調査室長)
【温室効果ガスインベントリー: 排出量監視の取り組みと重要性】
14:35 – 15:00
講演 4: IPCC インベントリータスクフォース
田辺 清人 (IPCC インベントリータスクフォース共同議長)
15:00 – 15:25
講演 5: 温室効果ガスインベントリー:パリ協定の下の温暖化対策の進捗評価への関連性
エドワルド・カルボ・ブエンディア (IPCC インベントリータスクフォース共同議長)
15:25 – 15:45
休憩
【さまざまな主体による地球温暖化対策や排出量監視の取り組み】
15:45 – 16:05
講演 6: 日本の国家温室効果ガスインベントリ
小坂 尚史
(国立環境研究所 温室効果ガスインベントリオフィス
GHG インベントリエキスパート)
16:05 – 16:25
講演 7: 都市向けの GHG プロトコル(地方自治体の温室効果ガスインベントリー)
ウィー・ケアン・フォング (世界資源研究所 シニア・アソシエート)
16:25 – 16:45
講演 8: 企業の温室効果ガス排出量推計の取り組み
川口 清二 (富士通株式会社 環境本部 グリーンファシリティ統括部
環境・施設エンジニアリング部 部長)
16:45 – 17:05
講演 9: 市民ひとりひとりの温室効果ガス排出量の推計 ~ カーボンオフセットの取組
秋山 奈々子 (カーボン・オフセットフォーラム事務局)
17:05 – 17:25
講演 10: 2050 日本低炭素ナビ ~ 概要と排出削減の経路の設定
田村 堅太郎 (IGES 関西研究センター副所長)
17:25 – 17:45
質疑応答
17:45 – 17:50
閉会挨拶
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
130 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content