close

Enter

Log in using OpenID

CD-R/RW、DVD-R/RW に データを書き込むには

embedDownload
CD-R/RW、DVD-R/RW に データを書き込むには
■Disc 形式の選択
Windows 7では、CD-R/RW や DVD-R/RW にデータを書き込む際に書き込み形式を選択する必要があり
ます。
形式は、2種類あり 違いは下表のとおりです。
どちらを選択すればよいかは、書き込みを行った後に使用するコンピューターや用途によって異なりま
す。
書き込み形式
特徴
「ライブファイルシステム
形式」
・USBフラッシュメモリを使用するように、ドラッグアンドドロップ
ですぐに必要なデータの書き込みが行えます。
USB フラッシュドライブと
同じように使用する
・個別にデータの追加、削除が行えるのでデータを頻繁に更新する場
合に適しています。
!注意!
・ Windows XPより古いバージョンのパソコンでは読み取りできないことがあ
ります。
・ CD、DVDまたはブルーレイディスクの専用プレーヤーでは使用できません。
・ディスクフォーマットに数分の時間が必要になります。
「マスター形式」
※課題提出などデータの受け渡しを行う場合に適しています。
CD/DVD プレーヤーで使用する
・MP3ファイルの入った音楽CDなど、多くのファイルを書き込む場合
に便利です。
データの受け渡しで使用する
・ディスクに書き込むファイルを全て選択後、一度に書き込みを行う
必要があります。
書き込み後に『1個だけ(または、一部だけ)ファイルを追加、削除したい』
ということができません。
・Windows XPより古いバージョンや Windowsを実行していないコンピ
ューター、CD/DVD/ブルーレイディスクプレイヤーなどとも互換性
があります。
※どちらかの形式で書き込まれたディスクに、もう一方の形式でデータを追記することはできません。
■参照:Microsoft 『CD/DVD 形式の選択』
1
作成:2012 年 8 月
広島経済大学 情報センター
Windows 7 『マスター形式』でデータを書き込む方法
課題提出などを行う場合に適している『マスター形式』のみ紹介します。
操作方法
① D-R/RW や DVD-R/RW などの書き込み可能ディスクを、CD、DVD ドライブに挿入します。
取り出しボタンを指で
軽く押すとトレーが
(少し)開きます。
トレーを引出し、手で支えながら
CD、DVD を中央の突起に“パチン”
と音がするようにはめ込みます。
トレーは、指で静かに閉めます。
② しばらく待つと [自動再生]ダイアログボックスが表示されます。
[ファイルをディスクに書き込む] をクリックします。
[自動再生] ダイアログ ボックスが表示されない場合
[スタート] ボタン をクリックして [コンピューター]
をクリックし、ディスク書き込み用ドライブをダブルク
リックします。
③ [ディスクの書き込み]ダイアログボックスで [ディスクのタイトル]テキストボックスに
任意のディスク名を入力します。
④ [CD/DVD プレーヤーで使用する] オプションボタンをクリックします。
⑤ [次へ]ボタン をクリックします。
2
作成:2012 年 8 月
広島経済大学 情報センター
⑥ 空のディスクのフォルダーに 書き込むファイル(フォルダー)をドラッグします。
⑦ 書き込むファイル(フォルダー)の選択完了後、[ディスクに書き込む] をクリックします。
選択したファイル(フォルダー)がディスクにコピーされます。
⑧ 「ファイルはディスクへ正しく書き込まれました」というメッセージが表示されたのを確認後[完了]
ボタンをクリックします。
ディスクの書き込みが完了するとドライブトレイが開き、ディスクを取り出すことができます。
3
作成:2012 年 8 月
広島経済大学 情報センター
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
428 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content