close

Enter

Log in using OpenID

ソフトフロントとNECエレクトロニクス、新発想プラットフォームを共同推進へ

embedDownload
大 阪 証 券 取 引 所 ニッポン・ニュー・マーケット−「ヘラクレス」市 場
2005 年 11 月 15 日
札幌市中央区北 9 条西 15 丁目 28 番地 196
株式会社ソフトフロント
代表取締役社長 阪口 克彦
(証券コード番号:2321)
ソフトフロントとNECエレクトロニクス、新発想プラットフォームを共同推進へ
∼半導体ソリューションプラットフォーム「platformOViA™パートナープログラム」に参加∼
株式会社ソフトフロント(本社:札幌市、代表取締役社長:阪口 克彦 以下、ソフトフロント)は NEC エ
レクトロニクス株式会社(本社 神奈川県川崎市、 代表取締役社長 中 島 俊 雄 以下、 NEC エレクト
ロニクス)の新 発 想 プラットフォーム「platformOViA™ (プラットフォームオーヴィア 以 下 、「オーヴィア」)
パートナープログラム」に参加し、共同で推進していくことにいたしました。
これにより、今後両社は、携帯電話、デジタル家電製品およびカーナビゲーションシステム市場に対し
て、それぞれの顧 客 基 盤 ・ブランド・販 売 チャネル・事 業 ノウハウなどを最 適 化 し、市 場 での最 終 製 品 の
普及・拡大を積極的に推進してまいります。
近年、携帯 電話、デジタル家電製品 およびカーナビゲーションシステムなどの電子機器は多機能化、
高 性 能 化 に伴 い、組 込 まれるソフトウェア量 が急 増 しております。これら技 術 への対 応 とそのインテグ
レーションは容 易 ではなく、最 終 製 品 を開 発 するセットメーカーはソフトウェア開 発 規 模 の増 大 と開 発 期
間の長期化に苦慮していました。
「オーヴィア」は、NEC エレクトロニクスが本年 6 月に発表した、メーカーが開発する最終製品の開発
負 荷 を軽 減 できる新 発 想 の半 導 体 ソリューションプラットフォームであり、最 終 製 品 (セット)メーカーに対
して SIP(*1)/VoIP(*2)を含むミドルウェア、ハードウェア、OS などを統合し、プラットフォ−ムとして標 準
化 されたインターフェースを提 供 します。セットメーカーは、開 発 ・調 達 ・機 会 のコストを削 減 することがで
き、効 率 的 に製 品 開 発 が行 えます。これにより、競 合 他 社 製 品 との差 別 化 に必 要 なアプリケーションソフ
トウェアの開発に十分なリソースをかけられることから、多機能多品種生産が可能となります。
ソフトフロントは、「オーヴィア」の構想に賛同しており、ESEC(6 月 29 日∼7 月 1 日)や CEATEC(10
月 3 日∼7 日)などの出展に協力してまいりました。
今回の提携を機に、「オーヴィア」へ SIP/VoIP ミドルウェアを本格的に提供することにより、通信機 器
メーカーを中心に幅広く支 持を受けている技術力やブランド力、高い相互接 続性による信 頼性などに加
え、NEC エレクトロニクスの顧 客基 盤、技 術ノウハウなどを融 合し、両社のお客様に対して、付 加 価値の
高いサービスの提供や利便性の向上をもたらすと考えております。
さらに、ソフトフロントでは、今回の提携を通じて当社の SIP 技術を一層推進していけるものと期待して
おります。
なお、両 社 は、2005 年 11 月 16 日 (水 )∼18 日 (金 )にパシフィコ横 浜 で開 かれる「Embedded
Technology 2005(略称:ET2005)」において、デモなどを公開いたします。
1
【ご参考】
■Embedded Technology 2005 の出展概要
会期
:2005 年 11 月 16 日(水)∼11 月 18 日(金) 10:00-17:00 [17 日は PM6:00 まで]
開催場所 : パ シ フ ィ コ 横 浜 展 示 ホ ー ル
主催
: 社 団 法 人 日 本 シ ス テ ム ハ ウ ス 協 会 ( JASA)
出展ブース:C-04(ソフトフロント)、B-23(NEC エレクトロニクス)
出展概要 : MP211 対 応 次 世 代 携 帯 電 話 開 発 プラットフォーム
■用語説明
(*1) SIP(Session Initiation Protocol)
IP 電 話 、ビデオ会 議 などを実 現 する新 しいプロトコル(RFC3261)。Web の技 術 として有 名 な HTTP と同 様 に
テキストベースであり、シンプルで拡 張 性 が高 いことから、IP 電 話 の標 準 的 なプロトコルとして利 用 されている。
最 近 では、その特 徴 を生 かしてデジタル情 報 家 電 などへの搭 載 が注 目 されている。
(*2) VoIP (Voice over Internet Protocol)
IP ネットワークを利 用 した音 声 通 話 の技 術 一 般 を指 す。現 在 、注 目 されている IP 電 話 は、この技 術 を応 用 し
たもの。
※ 記 載 されている会 社 名 、製 品 名 は一 般 に各 社 の商 標 または登 録 商 標 です。
※ 掲 載 文 中 では、TM、(R)マークは原 則 として明 記 しておりません。
【プロフィール】
■株式会社ソフトフロント
1997 年設立のソフトウェア開発企業です。SIP と VoIP を核技術とし、業界から本分野の核技術の提供
企 業 として注目 されています。「技術 を愛 し、技 術を提 供 することによって、社会 変 革 の牽引 役 となり、豊
かな社会を実現すること」を企業理念として、事業を展開しています。
業界標準プロトコルになりつつある SIP に早くから注力しており、様々な技術とノウハウを蓄積してまいりま
した。現在は、これまで培ってきた SIP と VoIP に関する技術やノウハウを多数のメーカーやシステム・イン
テグレーターに提 供 し、それらのパートナー企 業 を通 じて当 社の技 術 の普 及を図 る「SIP パートナープロ
グラム」事業に注力しています。また、最近では、各種 CPU/OS ベンダーとの連携により、SIP 開発環境
の拡充を図っております。
URL: http://www.softfront.co.jp
【リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ソフトフロント
経営企画室 広報担当 内海 雅枝
電話(本社広報直通):011-623-1035 FAX:011-623-1002
E-mail:[email protected]
【本製品に関するお問い合わせ先】
株式会社ソフトフロント
SPP 事業本部 営業グループ
電話:03-5366-2030 FAX:03-5366-2031
URL: http://www.softfront.co.jp/spp/enquiry.html
2
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
32 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content