close

Enter

Log in using OpenID

2002 - World Bank

embedDownload
第6章
世界銀行について
表
表 6.1
世銀融資適格国
131
表 6.2
アフリカ地域に対する世銀の融資承認額、
融資実行額及び純移転額、1997 ∼ 2002 年度
133
東アジア・大洋州地域に対する世銀の融資承認額、
融資実行額及び純移転額、1997 ∼ 2002 年度
133
南アジア地域に対する世銀の融資承認額、
融資実行額及び純移転額、1997 ∼ 2002 年度
134
表 6.3
表 6.4
表 6.5
ヨーロッパ・中央アジア地域に対する世銀の融資承認額、
融資実行額及び純移転額、1997 ∼ 2002 年度
134
表 6.6
ラテンアメリカ・カリブ海地域に対する世銀の融資承認額、
融資実行額及び純移転額、1997 ∼ 2002 年度
135
表 6.7
中東・北アフリカ地域に対する世銀の融資承認額、
融資実行額及び純移転額、1997 ∼ 2002 年度
表 6.8
表 6.9
表 6.10
表 6.11
表 6.12
表 6.13
表 6.14
135
2002 年度に承認された融資、
アフリカ地域
136
2002 年度に承認された融資、
東アジア・大洋州地域
144
2002 年度に承認された融資、
南アジア地域
148
2002 年度に承認された融資、
ヨーロッパ・中央アジア地域
151
2002 年度に承認された融資、
ラテンアメリカ・カリブ海地域
157
2002 年度に承認された融資、
中東・北アフリカ地域
164
構造調整融資、2002 年度
166
組織に関する情報
総務及び総務代理
理事・理事代理及び議決権
幹部職員
現地事務所の所在地
116
120
122
123
組織に関する情報
総務及び総務代理
2002 年 6 月 30 日
116
加盟国
総務
アフガニスタン
アルバニア
アルジェリア
アンゴラ
アンティグア・バーブーダ+
アルゼンチン
アルメニア
オーストラリア
オーストリア
アゼルバイジャン
Hedayat Amin-Arsala
Kastriot Islami
Mohamed Terbeche
Ana Dias Lourenco
Lester B. Bird
Roberto Lavagna
Vahram Nercissiantz
Peter Costello
Karl-Heinz Grasser
Elman Siradjogly Rustamov
バハマ+
バーレーン+
バングラデシュ
バルバドス
ベラルーシ+
ベルギー
ベリーズ
ベナン
ブータン
ボリビア
William C. Allen
Abdulla Hassan Saif
M. Saifur Rahman
Reginald Farley
Andrei V. Kobyakov
Didier Reynders
Ralph Fonseca
Bruno Amoussou
Yeshey Zimba
Jacques Trigo Loubiere
ボスニア・ヘルツェゴビナ
ボツワナ
ブラジル
ブルネイ・ダルサラーム+
ブルガリア+
ブルキナファソ
ブルンジ
カンボジア
カメルーン
カナダ
Azra Hadziahmetovic
Baledzi Gaolathe
Pedro Sampaio Malan
Haji Hassanal Bolkiah
Milen Veltchev
Jean Baptiste Compaore
Edouard Kadigiri
Keat Chhon
Martin Okouda
John Manley
ケープベルデ
中央アフリカ共和国
チャド
チリ
中国
コロンビア
コモロ
コンゴ民主共和国
コンゴ共和国
コスタリカ
Carlos Augusto Duarte Burgo
Alexis Ngomba
Mahamat Ali Hassan
Nicolas Eyzaguirre
Xiang Huaicheng
Juan Manuel Santos Calderon
Djaffar Mmadi
Matungulu Mbuyamu Ilankir
Mathias Dzon
Jorge Walter Bolanos Rojas
コートジボワール
クロアチア
キプロス
チェコ
デンマーク
ジブチ
ドミニカ国
ドミニカ共和国
エクアドル
エジプト・アラブ共和国
Affi N’Guessan
Mato Crkvenac
Takis Klerides
Jiri Rusnok
Per Stig Moller
Yacin Elmi Bouh
Swinburne Lestrade
Francisco M. Guerrero Prats-R.
Carlos Julio Emanuel
Medhat Hassanein
世界銀行年次報告書 2002
総務代理
(空席)
Fatos Ibrahimi
Omar Bougara
Job Graca
Asot A. Michael
Mario Blejer
Karen Chshmarityan
Chris Gallus
Thomas Wieser
Jahangir Fevzi Hajiyev
Ruth R. Millar
Zakaria Ahmed Hejres
Anisul Huq Chowdhury
Grantley W. Smith
Vladimir N. Shimov
Guy Quaden
Sydney Campbell
Lazare Sehoueto
(空席)
Bernardo Requena Blanco
Mladen Ivanic
Serwalo S.G. Tumelo
Arminio Fraga Neto
Yakub Abu Bakar
Martin Mihaylov Zaimov
Etienne Yameogo
Dieudonne Nintunze
Ouk Rabun
Daniel Njankouo Lamere
Leonard M. Good
(空席)
Clement Eregani
Maina Touka Sahanaye
Mario Marcel
Jin Liqun
Juan Carlos Echeverry
Moindjie Saadi
Jean-Claude Masangu Mulongo
Clement Mierassa
Eduardo Lizano Fait
Bouabre Bohoun
Josip Kulisic
Andreas Tryfonides
Oldrich Dedek
Carsten Staur
Nouh Omar Miguil
Ambrose M. J. Sylvester
Luis Manuel Piantini
Julio Ponce Arteta
Faiza Abulnaga
加盟国
総務
総務代理
エルサルバドル
赤道ギニア
エリトリア
エストニア+
エチオピア
フィジー
フィンランド
フランス
ガボン
ガンビア
Juan Jose Daboub
Fortunato Ofa Mbo
Berhane Abrehe
Harri Ounapuu
Sufian Ahmed
Jone Yavala Kubuabola
Sauli Niinisto
Francis Mer
Casimir Oye-Mba
Famara L. Jatta
Rafael Barraza
Melchor Esono Edjo
Kibrom Dafla
Renaldo Mandmets
Mekonnen Manyazewal
Solomone S. Kotobalavu
Satu Hassi
Jean-Pierre Jouyet
Claude Ayo Iguendha
Dodou B. Jagne
グルジア
ドイツ
ガーナ
ギリシャ
グレナダ
グアテマラ
ギニア
ギニアビサウ
ガイアナ
ハイチ
Mirian Gogiashvili
Heidemarie Wieczorek-Zeul
Yaw Osafo-Maafo
Nikolaos Christodoulakis
Anthony Boatswain
Eduardo Humberto Weymann Fuentes
Cheick Ahmadou Camara
Rui Duarte Barros
Bharrat Jagdeo
Faubert Gustave
Giorgi Gachechiladze
Caio K. Koch-Weser
Grace Coleman
Vasilis Rapanos
Swinburne Lestrade
Lizardo Arturo Sosa Lopez
Cellou Dalein Diallo
Verissimo Paulino Nancassa
Saisnarine Kowlessar
Venel Joseph
ホンジュラス
ハンガリー
アイスランド
インド
インドネシア
イラン・イスラム共和国
イラク
アイルランド
イスラエル
イタリア
Arturo Alvarado
Csaba Laszlo
Halldor Asgrimsson
Yashwant Sinha
Boediono
Thahmaseb Mazaheri-Khorzani
Issam Rashid Hwaish
Charlie McCreevy
David Klein
Antonio Fazio
Maria Elena Mondragon de Villar
Peter Adamecz
Geir Hilmar Haarde
Chander Mohan Vasudev
Achjar Iljas
Mohammad Khazaee-Torshizi
Hashim Ali Obaid
Tom Considine
Ohad Marani
Lorenzo Bini Smaghi
ジャマイカ+
日本
ヨルダン
カザフスタン
ケニア
キリバス
大韓民国
クウェート
キルギス共和国
ラオス人民民主共和国
ラトビア
レバノン
レソト
リベリア
リビア
リトアニア+
ルクセンブルク
マケドニア旧ユーゴスラビア共和国
マダガスカル
Omar Lloyd Davies
Wesley George Hughes
塩川 正十郎
速水 優
Bassem I. Awadallah
Alexander Sergeyevich Pavlov
Christopher Mogere Obure
Beniamina Tinga
Yun-Churl Jeon
Yousef Hamad Al-Ebraheem
Temirbek Akmataliev
Soukanh Mahalath
Hala Bsaiso Lattouf
Mazhit T. Yessenbayev
Mwaghazi W. Mwachofi
Tebwe Ietaake
Seung Park
Bader Meshari Al-Humaidhi
Kubat Abduldaevich Kanimetov
Phouphet Khamphounvong
Roberts Zile
Fuad A.B. Siniora
Mohlabi Kenneth Tsekoa
Amelia A. Ward
Alojeli Abdel Salam Breeni
Dalia Grybauskaite
Luc Frieden
Nikola Gruevski
Pierrot J. Rajaonarivelo
Aigars Kalvitis
Basil R. Fuleihan
T. J. Ramotsoari
M. Nathaniel Barnes
Ali Ramadan Shnebsh
Arvydas Kregzde
Jean Guill
Vanco Kargov
Simon Constant Horace
(次頁に続く)
第6章
世界銀行について
117
総務及び総務代理(続き)
118
加盟国
総務
総務代理
マラウイ
マレーシア
モルディブ
マリ
マルタ+
マーシャル諸島
モーリタニア
モーリシャス
メキシコ
ミクロネシア連邦
Friday Jumbe
Mahathir Mohamad
Fathulla Jameel
Ousmane Issoufi Maiga
John Dalli
Michael Konelios
Mohamed Ould Nany
Khushhal Chand Khushiram
Francisco Gil Diaz
John Ehsa
Zaki Chalira
Samsudin Hitam
Adam Maniku
Toure Alimata Traore
Joseph Scicluna
Smith Michael
Abdallah Ould Hormtallah
Philippe Ong Seng
Agustin Carstens
Sebastian L. Anefal
モルドバ
モンゴル
モロッコ
モザンビーク
ミャンマー
ナミビア+
ネパール
オランダ
ニュージーランド
ニカラグア
Zinaida Grecianii
Chultem Ulaan
Fathallah Oualalou
Adriano Afonso Maleiane
Khin Maung Thein
Saara Kuugongelwa
Ram Sharan Mahat
Gerrit Zalm
Michael Cullen
Eduardo Montealegre Rivas
Dumitru Ursu
Ochirbat Chuluunbat
Ahmed Lahlimi
Manuel Chang
Soe Lin
Usutuaije Maamberua
Bimal P. Koirala
Eveline Herfkens
Alan Bollard
Mario Alonso Icabalceta
ニジェール
ナイジェリア
ノルウェー
オマーン
パキスタン
パラオ
パナマ
パプアニューギニア
パラグアイ
ペルー
Ali Badjo Gamatie
Adamu Ciroma
Hilde Frafjord Johnson
Ahmed Macki
Shaukat Aziz
Casmir Remengesau
Norberto Delgado Duran
Mekere Morauta
James Spalding
Pedro Pablo Kuczynski
Maliki Barhouni
Thelma Amata Iremiren
Olav Kjorven
Mohammed bin Nasser Al-Khasibi
Nawid Ahsan
Lawrence Alan Goddard
Domingo Latorraca
Koiari Tarata
Jose Ernesto Buttner
Richard Webb
フィリピン
ポーランド
ポルトガル
カタール+
ルーマニア+
ロシア連邦
ルワンダ
セントクリストファー・ネイヴィース
セントルシア
セントビンセントおよびグレナディーン諸島
Jose Isidro N. Camacho
Leszek Balcerowicz
Manuela Ferreira Leite
Yousef Hussain Kamal
Mihai Nicolae Tanasescu
Viktor Khristenko
Donald Kaberuka
Denzil Douglas
Kenny D. Anthony
Ralph E. Gonsalves
Rafael B. Buenaventura
Andrzej S. Bratkowski
Miguel Frasquilho
Abdullah Bin Khalid Al-Attiyah
Emil Iota Ghizari
German O. Gref
Jean Marie Karekezi
Wendell Everton Lawrence
Bernard La Corbiniere
Laura Anthony-Browne
サモア
サンマリノ+
サントメ・プリンシペ
サウジアラビア
セネガル
セーシェル+
シエラレオネ
シンガポール+
スロバキア共和国
スロベニア
Misa Telefoni Retzlaff
Fiorenzo Stolfi
Adelino Santiago Castelo David
Ibrahim A. Al-Assaf
Abdoulaye Diop
Jeremie Bonnelame
Peter J. Kuyembeh
Lee Hsien Loong
Ivan Miklos
Anton Rop
Hinauri Petana
Clelio Galassi
Angela M. da Graca Viegas Santiago
Hamad Al-Sayari
Cheikh Hadjibou Soumare
Alain Butler-Payette
Samura Kamara
Lim Siong Guan
Marian Jusko
Irena Sodin
世界銀行年次報告書 2002
加盟国
ソロモン諸島
ソマリア
南アフリカ
スペイン
スリランカ
スーダン
スリナム+
スワジランド
スウェーデン
スイス
総務
Laurie Chan
(空席)
総務代理
Shadrach Fanega
(空席)
Trevor Andrew Manuel
Rodrigo de Rato Figaredo
Kairshasp Nariman Choksy
Abdul Rahim Hamdi
Humphrey S. Hildenberg
Guduza Dlamini
Bosse Ringholm
Pascal Couchepin
Mandisi Bongani Mpahlwa
Juan Costa Climent
Charitha Ratwatte
Sabir Mohamed Hassan
Stanley B. Ramsaran
Musa D. Fakudze
Jan O. Karlsson
Joseph Deiss
シリア・アラブ共和国
タジキスタン
タンザニア
タイ
トーゴ
トンガ
トリニダード・トバゴ
チュニジア
トルコ
トルクメニスタン+
Muhammad Al-Atrash
Safarali Najmuddinov
Abdallah Omar Kigoda
Somkid Jatusripitak
Simfeitcheou Pre
Siosiua T. T. ’Utoikamanu
Patrick Manning
Fethi Merdassi
Faik Oztrak
Ymamdurdy Gandymov
Mohamad Bittar
Maruf N. Sayfiev
Peter J. Ngumbullu
Somchainuk Engtrakul
Kossi Assimaidou
’Aisake V. Eke
Conrad Enill
Abdelhamid Triki
Aydin Karaoz
ウガンダ
ウクライナ+
アラブ首長国連邦
英国
米国
ウルグアイ+
ウズベキスタン
バヌアツ
ベネズエラ・ボリバル共和国+
Gerald M. Ssendaula
Vasyl Rohovyi
Hamdan bin Rashid Al-Maktoum
Clare Short
Paul H. O’Neill
Alberto Bension
Rustam S. Azimov
Sela Molisa
Felipe Perez
ベトナム
イエメン共和国
ユーゴスラビア連邦共和国
ザンビア
ジンバブエ
Le Duc Thuy
Ahmed Mohamed Sofan
Miroljub Labus
Boniface Nonde
Simba Herbert Stanley Makoni
(空席)
C. M. Kassami
Alexander Shlapak
Mohammed Khalfan Bin Khirbash
Gordon Brown
Alan P. Larson
Ariel Davrieux
(空席)
Jeffery Wilfred
Tobias Nobrega Suarez
Duong Thu Huong
Anwar Rizq Al-Harazi
Jovan Rankovic
Likolo Ndalamei
Leonard Ladislas Tsumba
(+印)IDA 加盟国ではない。
第6章
世界銀行について
119
組織に関する情報
理事・理事代理及び議決権
2002 年 6 月 30 日
IBRD
IDA
理事代理
国名
全体に
占める
議決権数 割合(%)
Carole Brookins
Robert B. Holland, III
原田 有造
吉田 正紀
Eckhard Deutscher
Tom Scholar
Pierre Duquesne
Eckhardt Biskup
Rosemary B. Stevenson
Emmanuel Moulin
米国
日本
ドイツ
英国
フランス
265,219
127,250
72,649
69,647
69,647
16.45
7.89
4.51
4.32
4.32
1,913,640
1,461,212
940,076
658,718
579,342
14.52
11.09
7.13
5.00
4.40
オーストリア、カザフスタン、
スロバキア、スロベニア、チェコ、
トルコ、ハンガリー、ベラルーシ a、
ベルギー、ルクセンブルク
77,669
4.82
592,203
4.49
エルサルバドル、グアテマラ、
コスタリカ、スペイン、ニカラグア、
ホンジュラス、
メキシコ
ベネズエラ a、
72,786
4.51
291,969
2.22
アルメニア、イスラエル、ウクライナ a、
オランダ、キプロス、グルジア、
クロアチア、ブルガリア a、
ボスニア・ヘルツェゴビナ、
マケドニア、
モルドバ、ルーマニア a
72,208
4.48
478,024
3.63
アイルランド、アンティグア・バーブーダ a、
ガイアナ、カナダ、グレナダ、ジャマイカ a、
セントビンセントおよびグレナディーン諸島、
セントクリストファー・ネーヴィス、
セントルシア、ドミニカ国、バハマ a、
バルバドス、ベリーズ、
62,217
3.86
560,547
4.25
エクアドル、コロンビア、スリナム a、
ドミニカ共和国、
トリニダード・トバゴ、
ハイチ、
パナマ、
フィリピン、
ブラジル
58,124
3.61
392,696
2.98
アルバニア、イタリア、ギリシャ、
ポルトガル、サンマリノ a、マルタ a
55,938
3.47
517,721
3.93
バヌアツ、オーストラリア、韓国、
カンボジア、キリバス、サモア、
ソロモン諸島、ニュージーランド、
パラオ、パプアニューギニア、
マーシャル、ミクロネシア、モンゴル
55,800
3.46
396,886
3.01
インド、スリランカ、バングラデシュ、
ブータン
54,945
3.41
546,804
4.15
アルジェリア、
イラク、
イラン、
ガーナ、
チュニジア、
パキスタン、
モロッコ
54,052
3.35
253,710
1.93
アイスランド、エストニア a、スウェーデン、
デンマーク、
ノルウェー、
フィンランド、
ラトビア、リトアニア a
54,039
3.35
652,246
4.95
アンゴラ、ウガンダ、エリトリア、ボツワナ、
ブルンジ、ガンビア、ケニア、マラウイ、
ザンビア、シエラレオネ、ジンバブエ、
スーダン、スワジランド、セーシェル a、
タンザニア、ナイジェリア、ナミビア a、
南アフリカ、モザンビーク、リベリア、レソト、
53,962
3.35
476,109
3.61
理事
議決権数
全体に
占める
割合(%)
任命理事
選任理事
Philippe M. Peeters
(ベルギー)
Moises Pineda
(メキシコ)
Pieter Stek
(オランダ)
Terrie O’Leary
(カナダ)
Jaime Ruiz
(コロンビア)
Franco Passacantando
(イタリア)
Neil F. Hyden
(オーストラリア)
Balmiki Prasad Singhb
(インド)
Ahmed Sadoudi
(アルジェリア)
Finn Jønck
(デンマーク)
Girmai Abraham
(エリトリア)
120
世界銀行年次報告書 2002
Emin Dedeoglu
(トルコ)
Jose H. Machillanda
(ベネズエラ)
Tamara Solyanyk
(ウクライナ)
Sharon Weber
(ジャマイカ)
Luis Antonio Balduino
(ブラジル)
Helena Cordeiro
(ポルトガル)
Dong-Soo Chin
(韓国)
Akbar Ali Khan
(バングラデシュ)
Inaamul Haquec
(パキスタン)
Inkeri Hirvensalo
(フィンランド)
Richard H. Kaijuka
(ウガンダ)
IBRD
理事
Pietro Veglio
(スイス)
Zhu Guangyao
(中国)
全体に
占める
議決権数 割合(%)
国名
Jerzy Hylewski
アゼルバイジャン、ウズベキスタン、
キルギス、スイス、タジキスタン、
トルクメニスタン a、ポーランド
46,096
2.86
467,821
3.55
中国
45,049
2.79
247,345
1.88
サウジアラビア
45,045
2.79
471,464
3.58
ロシア
45,045
2.79
35,991
0.27
アラブ首長国連邦、イエメン、エジプト、
オマーン、カタール a、クウェート、
ヨルダン、シリア、バーレーン a、
モルディブ、リビア、レバノン
43,984
2.73
283,980
2.16
インドネシア、シンガポール a、タイ、
トンガ、ネパール、フィジー、
ブルネイ a、ベトナム、マレーシア、
ミャンマー、ラオス
41,096
2.55
345,372
2.62
アルゼンチン、ウルグアイ a、チリ、
パラグアイ、ペルー、ボリビア
37,499
2.33
237,131
1.80
カメルーン、ガボン、ギニア、
ギニアビサウ、ケープベルデ、
コートジボワール、コモロ、コンゴ共和国、
コンゴ民主共和国、サントメ・プリンシペ、
ジブチ、赤道ギニア、セネガル、
中央アフリカ、チャド、トーゴ、
ニジェール、ブルキナファソ、
ベカル、マリ、
モーリタニア、モーリシャス、ルワンダ
32,252
2.00
374,898
2.85
(ポーランド)
Chen Huand
議決権数
全体に
占める
割合(%)
理事代理
(中国)
Yahya Abdulla M.
Alyahya
Abdulrahman M.
Almofadhi
(サウジアラビア)
(サウジアラビア)
e
(Vacant)
(ロシア)
Mahdy Ismail Aljazzaf
(クウェート)
Abdul Aziz Mohd.
Yaacob
Eugene Miagkov
(ロシア)
Mohamed Kamel Amr
(エジプト)
Nguyen Doan Hung
(ベトナム)
(マレーシア)
Mario Soto-Platero
(ウルグアイ)
Bassary Toure
(マリ)
IDA
Roberto Garcia-Lopez
(アルゼンチン)
Paulo F. Gomes
(ギニアビサウ)
前記リストの理事及び理事代理に加えて、下記の人物が 2001 年 6 月 30 日より後に任務を遂行した。
理 事
Khalid M. Al-Saad(クウェート)
Andrei Bugrov(ロシア)
Matthias Meyer(スイス)
Jean-Claude Milleron(フランス)
Stephen Pickford(英国)
Jan Piercy(米国)
Helmut Schaffer(ドイツ)
任期終了日
2001 年 10 月 31 日
2002 年 3 月 31 日
2002 年 3 月 31 日
2001 年 8 月 1 日
2001 年 12 月 16 日
2001 年 8 月 19 日
2002 年 6 月 15 日
理事代理
任期終了日
Anna M. Brandt(スウェーデン)
2001 年 7 月 31 日
Lewis D. Holden(ニュージーランド) 2001 年 7 月 6 日
Mahbub Kabir(バングラデシュ)
2001 年 9 月 21 日
注:アフガニスタン(IBRD ― 550 票、IDA ― 13,557 票)、エチオピア(IBRD ― 1,228 票、IDA ― 23,053 票)及びソマリア(IBRD ― 802 票、IDA ― 10,506 票)は、
2000 年の定期理事選挙に不参加であった。ユーゴスラビア(IBRD ― 1,847 票、IDA ― 25,109 票)は、同選挙の後に加盟国となった。
a. IBRD のみに加盟。
b. 2002 年 8 月 1 日、C. M. Vasudev(インド)が着任。
c. 2002 年 7 月 1 日、Tanwir Ali Agha(パキスタン)が着任。
d. 2002 年 7 月 15 日、Wu Jinkang(中国)が着任。
e. 2002 年 7 月 1 日、Alexey G. Kvasov(ロシア)が着任。
第6章
世界銀行について
121
組織に関する情報
幹部職員
2002 年 6 月 30 日
122
総裁
James D. Wolfensohn
専務理事
専務理事
専務理事
専務理事
Shengman Zhang
Jeffrey A. Goldstein
Mamphela Ramphele
Peter Woicke
上級副総裁、兼最高財務責任者
上級副総裁、開発経済担当、チーフ・エコノミスト
副総裁、兼ネットワーク総括責任者、業務ポリシー・対借入国サービス
副総裁、金融セクター
副総裁、兼経理担当
副総裁、ラテンアメリカ・カリブ海地域
副総裁、兼官房秘書官
副総裁、兼ネットワーク総括責任者、環境・社会・持続可能な開発
副総裁、対外関係及び国連担当
副総裁、東アジア・大洋州地域
副総裁、資源動員・協調融資
副総裁、世界銀行研究所
副総裁、ヨーロッパ・中央アジア地域
副総裁、アフリカ地域
副総裁、兼主席情報担当官
副総裁、兼ネットワーク総括責任者、貧困削減・経済政策
副総裁、南アジア地域
副総裁、対外関係(ヨーロッパ地域担当)
副総裁、兼ネットワーク総括責任者、人的開発
副総裁、中東・北アフリカ地域
副総裁、民間セクター開発・インフラ、兼ネットワーク総括責任者、
民間セクター・インフラ
副総裁、人的資源
副総裁、戦略・資源管理
副総裁、兼最高法律顧問
副総裁、兼トレジャラー
総局長、業務評価
Gary Perlin
Nicholas Stern
James W. Adams
Cesare Calari
Fayezul H. Choudhury
David de Ferranti
Cheikh Ibrahima Fall
Ian Johnson
Mats Karlsson
Jemal-ud-din Kassum
世界銀行年次報告書 2002
日下部 元雄
Frannie Leautier
Johannes Linn
Callisto Madavo
Mohamed Muhsin
Gobind Nankani
西水 美恵子
Jean-François Rischard
Jo Ritzen
Jean-Louis Sarbib
Nemat Shafik
Katherine Sierra
Anil Sood
Ko-Yung Tung
Graeme Wheeler
Robert Picciotto
組織に関する情報
現地事務所の所在地
2002 年 6 月 30 日
本部:
ジュネーブ:
アルバニア:
1818 H Street N.W.
Washington, D.C. 20433, U.S.A.
Tel: (202) 473-1000
Fax: (202) 477-6391
E-mail: [email protected]
Web: www.worldbank.org
Mr. Alfredo Sfeir-Younis
The World Bank
3, chemin Louis-Dunant
Case Postale 66
1211 Geneva 20, Switzerland
Tel: (41-22) 748 1000
Fax: (41-22) 748 1030
Mr. Eugen Scanteie
The World Bank
Deshmoret e 4 Shkurtit, No. 34
Tirana, Albania
Tel: (355-4) 230 017
Fax: (355-4) 240 590
E-mail: [email protected]
ロンドン:
アルジェリア:
The World Bank
New Zealand House
15th Floor, Haymarket
London SW1 Y4TE, England
Tel: (44-20) 7930-8511
Fax: (44-20) 7930-8515
Mr. Djamal Mostefai
The World Bank Liaison Office
c/o Hotel Sheraton
Staouéli, Algiers, Algeria
Tel: (213-21) 37-66-13
Fax: (213-21) 37-66-14
E-mail: [email protected]
ニューヨーク事務所:
Mr. Eduardo A. Doryan
The World Bank, Office of the Special
Representative to the U.N.
809 United Nations Plaza, Suite 900
New York, N.Y. 10017, U.S.A.
E-mail: [email protected]
2002 年 8 月 15 日以降の新住所
1 Dag Hammarskjold Plaza
885 2nd Avenue, 26th Floor
New York, N.Y. 10017, U.S.A.
Tel: (212) 355-5112
Fax: (212) 355-4523
ヨーロッパ:
Mr. Jean-François Rischard
Vice President
Banque Mondiale
66 avenue d’Iéna
75116 Paris, France
Tel: (33-1) 40 69 30 00
Fax: (33-1) 40 69 30 64
Web: www.worldbank.org/europe
ブリュッセル:
Mr. Andrew Rogerson
Banque Mondiale
10 rue Montoyer
B-1000 Brussels, Belgium
Tel: (32-2) 552 00 52
Fax: (32-2) 552 00 25
E-mail: [email protected]
Web: www.worldbank.org/eu
フランクフルト:
Mr. Oltmann G. Siemens
The World Bank
Bockenheimer Landstrasse 109
60325 Frankfurt am Main, Germany
Tel: (49-69) 743-48230
Fax: (49-69) 743-48239
ローマ:
Ms. Susana Esteban Berrocal
The World Bank
Via Labicana 110
00184 Rome, Italy
Tel: (39-06) 77 7101
Fax: (39-06) 70 96 046
Web: www.worldbank.org/europe
東京:
〒 100-0011
東京都千代田区内幸町 2-2-2
富国生命ビル 10 階
世界銀行東京事務所
副総裁
吉村 幸雄
アンゴラ:
Ms. Olinda M. Vieira Dias
The World Bank Liaison Office
Rua Alfredo Troni (Edificio BPC)
No. 15, 14 Andar (14th Floor)
Luanda, Angola
(postal address: Caixa Postal 1331)
Tel: (244-2) 394-877
Fax: (244-2) 394-784
E-mail: [email protected]
Tel: (81-3) 3597-6650
Fax: (81-3) 3597-6695
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
Web: http://www.worldbank.or.jp/
* アルゼンチン:
Ms. Myrna L. Alexander
Banco Mundial
Edificio Bouchard
Bouchard 547, 3er Piso
C1106ABG Buenos Aires, Argentina
Tel: (54-11) 4316-9700
Fax: (54-11) 4313-1233
E-mail: [email protected]
アフガニスタン:
アルメニア:
Mr. William Byrd
The World Bank
Street No. 15, House No. 19
Wazir Akbar Khan
Kabul, Afghanistan
Tel: 0093 7207 9192
E-mail: [email protected]
Mr. Owaise Saadat(2002 年 7 月31日まで)
Mr. Roger Robinson(2002 年 8 月1日以降)
The World Bank
Republic Square
9 V. Sargsyan Street
Yerevan 375010, Armenia
Tel: (374-1) 527888
Fax: (374-1) 521787
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
(* 印)国別担当局長が配置されている。現地事務所の地図及び第 5 章の融資適格国を参照。
注:世銀の業務分野ごとのウェブサイトについては、174-175 頁を参照。
第6章
世界銀行について
123
* オーストラリア:
Mr. Klaus Rohland
The World Bank
Level 19, CML Building
14 Martin Place
Sydney NSW 2000, Australia
Tel: (61-2) 9235-6522
Fax: (61-2) 9223-9903
E-mail: [email protected]
ベナン:
ブラジル、レシフェ:
Ms. Diarietou Gaye
Banque Mondiale
Zone Résidentielle de la Radio
Cotonou, Bénin
(postal address: B.P. 03-2112)
Tel: (229) 312124
Fax: (229) 312751, 315839
E-mail: [email protected]
Mr. Tulio Barbosa
Banco Mundial
Edificio SUDENE, Sala 13S-021
Cidade Universitaria
50670-900 Recife, PE, Brazil
Tel: (55-81) 3453-1644
Fax: (55-81) 3453-4624
E-mail: [email protected]
アゼルバイジャン:
ボリビア:
ブルガリア:
Mr. Akbar Noman
The World Bank
91-95 Mirza Mansur Street
Icheri Sheher
Baku, 370004, Azerbaijan
Tel: (994-12) 922586
Fax: (994-12) 921479
E-mail: [email protected]
Mr. John Newman
Banco Mundial
Edificio Victor, piso 9
Calle Fernando Guachalla #342—
Sopocachi
La Paz, Bolivia
(postal address: Casilla 8692)
Tel: (591-2) 244-3555
Fax: (591-2) 212-9880
E-mail: [email protected]
Mr. Oscar de Bruyn Kops
The World Bank
World Trade Center—Interpred
36 Dragan Tsankov Blvd.
1040 Sofia, Bulgaria
Tel: (359-2) 96 97 229
Fax: (359-2) 971 20 45
E-mail: [email protected]
Web: http://www.worldbank.bg/
* バングラデシュ:
Mr. Frederick Thomas Temple
The World Bank
3A, Paribagh
Dhaka 1000, Bangladesh
(postal address: G.P.O. Box 97)
Tel: (880-2) 861-1056
Fax: (880-2) 861-3220
E-mail: [email protected]
ベラルーシ:
Mr. Sergiy Kulyk
The World Bank
2A Gertsen Street, 2nd Floor
Minsk, 220030
Republic of Belarus
Tel: (375-17) 226-5284
Fax: (375-17) 211-0314
E-mail: [email protected]
ベルギー:
Ms. Margret C. Thalwitz
Banque Mondiale
Rue Montoyer
17-19, 1st Floor
1040 Brussels, Belgium
Tel: (32-2) 504 09 90
Fax: (32-2) 504 09 99
E-mail: [email protected]
ブルキナファソ:
ボスニア・ヘルツェゴビナ:
Mr. Joseph K. Ingram
The World Bank
Hamdije Kresevljakovica 19/5
71000 Sarajevo
Bosnia and Herzegovina
Tel: (387-33) 440 293
Fax: (387-33) 440 108
E-mail: [email protected]
Web: http://www.worldbank.org.ba/
* ブラジル:
Mr. Vinod Thomas
Banco Mundial
Setor Comercial Norte Quadra 02
Lote A—Edificio
Corporate Financial Center
Conjuntos 303/304, 603
Brasilia, DF 70712-900, Brazil
Tel: (55-61) 329-1000
Fax: (55-61) 329-1010
E-mail: [email protected]
ブラジル、フォルタレザ:
Mr. Vinod Thomas
The World Bank Liaison Office
Rua Oswaldo Cruz, No. 01
Edifício Beira Mar Trade Center,
Sala 1710, 60125-150 - Fortaleza,
Ceará, Brazil
Tel: (55-85) 242-7200
Fax: (55-85) 242-7177
(* 印)国別担当局長が配置されている。現地事務所の地図及び第 5 章の融資適格国を参照。
注:世銀の業務分野ごとのウェブサイトについては、174-175 頁を参照。
124
世界銀行年次報告書 2002
Mr. Jean Mazurelle
Banque Mondiale
Immeuble BICIA, 3ème étage
Ouagadougou, Burkina Faso
(postal address: B.P. 622)
Tel: (226) 306237
Fax: (226) 308649
E-mail: [email protected]
ブルンジ:
Mr. Mathurin Gbetibouo
Banque Mondiale
avenue du 18 septembre
Bujumbura, Burundi
(postal address: B.P. 2637)
Tel: (257) 222443, 223269
Fax: (257-2) 26005
E-mail: [email protected]
カンボジア:
Mr. Bonaventure Mbida-Essama
The World Bank
113 Norodom Boulevard
Phnom Penh, Cambodia
(postal address: P.O. Box 877)
Tel: (855-23) 213538, 213639
Fax: (855-23) 210504, 210373
E-mail: [email protected]
カメルーン:
コンゴ民主共和国:
東ティモール:
Mr. Madani M. Tall
Banque Mondiale
rue 1. 792, No. 186
Yaoundé, Cameroon
(postal address: B.P. 1128)
Tel: (237) 221 68 75
Fax: (237) 221 07 22
E-mail: [email protected]
Mr. Onno Ruhl
The World Bank
avenue Wagenia, no. 4847
Kinshasa-Gombe
Democratic Republic of Congo
Tel: (243) 99 49015
Fax: (243) 880-7817
E-mail: [email protected]
Ms. Sarah F. Cliffe
The World Bank
Rua Dos Direitos Humanos
Dili, East Timor
(postal address: World Bank Mission,
East Timor, GPO Box 3548,
Darwin, NT 0801, Australia)
Tel: (670-390) 312-367/324-649
Fax: (670-390) 321-178
中央アフリカ:
コンゴ共和国:
Mr. Madani M. Tall
Banque Mondiale
rue des Missions
Bangui, République Centrafricaine
(postal address: B.P. 819)
Tel: (236) 616 138
Fax: (236) 616087
E-mail: [email protected]
Mr. Alassane Diawara
The World Bank
Immeuble BDEAC, 2è étage
Boulevard de la Révolution
P.O. Box 14536
Brazzaville, Republic of Congo
Tel: (242) 81 33 30
Fax: (242) 81 53 16
E-mail: [email protected]
チャド:
Mr. Gregor Hans Binkert
Banque Mondiale
avenue Charles de Gaulle
et avenue du Commandant Lamy
Quartier Bololo
N’Djamena, Chad
(postal address: B.P. 146)
Tel: (235-52) 3247, 3360
Fax: (235-52) 4484
E-mail: [email protected]
* コートジボワール:
Mr. Mamadou Dia
Banque Mondiale
Corner of Booker Washington and
Jacques Aka Streets, Cocody,
Abidjan 01, Côte d’Ivoire
(postal address: B.P. 1850)
Tel: (225) 22 40 04 00
Fax: (225) 22 40 04 61
E-mail: [email protected]
* 中国:
Mr. Yukon Huang
The World Bank
9th Floor, Building A, Fuhua Mansion
No. 8, Chaoyangmen Beidajie
Dongcheng District,
Beijing 100027, China
(postal address: P.O. Box 100600-9086)
Tel: (86-10) 6554-3361
Fax: (86-10) 6554-1686
E-mail: [email protected]
Web: http://www.worldbank.org.cn/
* クロアチア:
Mr. Andrew Vorkink, Country Director
Ms. Indira Konjhodzic, Country
Manager
The World Bank
Trg J.F. Kennedya 6b/lll
HR-10000 Zagreb, Croatia
Tel: (385-1) 2357-222
Fax: (385-1) 2357-200
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
Web: http://www.worldbank.hr/
コロンビア:
ドミニカ共和国:
Mr. Alberto Chueca Mora
Banco Mundial
Carrera 7 No. 71-21
Torre A, piso 16
Apartado 10229
Bogota, Colombia
Tel: (57-1) 326-3600
Fax: (57-1) 326-3480
E-mail: [email protected]
Mr. Marco Mantovanelli
Banco Mundial
Calle Virgilio Díaz Ordoñez #36
esq. Gustavo Mejía Ricart
Edificio Mezzo Tempo, Suite 401
4ta. Planta, Santo Domingo, R.D.
Tel: (809) 566-6815
Fax: (809) 566-7746, 566-7189
E-mail: [email protected]
(オーストラリアのみから接続可能)
E-mail: [email protected]
エクアドル:
Mr. McDonald P. Benjamin
Banco Mundial
Calle 12 de Octubre 1830 y Cordero
World Trade Center
Torre B, Piso 13
Quito, Ecuador
Tel: (593-2) 222 0204
Fax: (593-2) 222 0205
E-mail: [email protected]
* エジプト:
Mr. Mahmood A. Ayub
The World Bank
World Trade Center
1191 Corniche El-Nil, 15th Floor
Boulaq
Cairo, Arab Republic of Egypt, 11221
Tel: (20-2) 574-1670
Fax: (20-2) 574-1676
E-mail: [email protected]
エリトリア:
Mr. Emmanuel Y. Ablo
The World Bank
15/17, Tsegai Adig Street
Zone 03, Subzone 01
Asmara, Eritrea
Tel: (291-1) 12 43 02
Fax: (291-1) 12 43 09
E-mail: [email protected]
* エチオピア:
Mr. Ishac Diwan
The World Bank
Africa Avenue
Bole Road
Addis Ababa, Ethiopia
(postal address: P.O. Box 5515)
Tel: (251-1) 62 77 00
Fax: (251-1) 62 77 17
E-mail: [email protected]
(* 印)国別担当局長が配置されている。現地事務所の地図及び第 5 章の融資適格国を参照。
注:世銀の業務分野ごとのウェブサイトについては、174-175 頁を参照。
第6章
世界銀行について
125
* インドネシア:
Mr. Mark Baird
(2002 年 8 月 31 日まで)
Mr. Andrew Steer(2002 年 9 月 1 日から)
The World Bank
Jakarta Stock Exchange Building
Tower 2, 13th Floor
Sudirman Central Business
District (SCBD)
Jl. Jendral Sudirman Kav. 52-53
Jakarta 12190, Indonesia
(postal address: P.O. Box 324/JKT)
ハイチ:
Tel: (62-21) 5299-3000
Mr. Marco Mantovanelli
Fax: (62-21) 5299-3111
Banque Mondiale
c/o IDB, 389 Route de Bourdon
E-mail: [email protected]
Port-au-Prince, Haïti
(2002 年 8 月 31 日まで)
Tel: (509) 510-3797
E-mail: [email protected]
Fax: (509) 512-5895 \ (809) 566-7746
(2002 年 9 月 1 日から)
E-mail: [email protected] Web: http://www.worldbank.or.id
ガボン:
ガイアナ:
Banque Mondiale
Quartier Palais de Justice
Section RG
Parcelle No. 222
Libreville, Gabon
Tel: (241) 73 81 71
Fax: (241) 73 81 69
Mr. James Droop
The World Bank Liaison Office
UNDP Building
42 Brickdam and UN Place
Stabroek
Georgetown, Guyana
Tel: (592) 223-5036
Fax: (592) 225-1384
E-mail: [email protected]
グルジア:
Mr. Tevfik Mehmet Yaprak
The World Bank
5A, 1st Drive, Chavchavadze Avenue
Tbilisi, 380079 Georgia
Tel: (995-32) 91-30-96
Fax: (995-32) 91-23-71
E-mail: [email protected]
* ガーナ:
Mr. Mats Karlsson(2002 年 11 月1日から)
The World Bank
69 Dr. Isert Road
North Ridge Residential Area
Accra, Ghana
(postal address: P.O. Box M. 27)
Tel: (233-21) 229681
Fax: (233-21) 227887
グアテマラ:
Mr. Eduardo Somensatto
Banco Mundial
13 Calle 3-40
Zona 10, Edificio Atlantis, Piso 14
Guatemala City, Guatemala
Tel: (502) 366-2044
Fax: (502) 366-1936
E-mail: [email protected]
ギニア:
Mr. Jan Aime E. Weetjens
Banque Mondiale
Immeuble de l’Archevêché
Face Baie des Anges
Conakry, Guinée
(postal address: B.P. 1420)
Tel: (224) 412-770
Fax: (224) 415-094
E-mail: [email protected]
ホンジュラス:
ジャマイカ:
Mr. Joseph Owen
Banco Mundial
Centro Financiero BANEXPO, 4to Piso
Boulevard San Juan Bosco
Colonia Payaquí
Apartado Postal 3591,
Tegucigalpa, Honduras
Tel: (504) 239-4551
Fax: (504) 239-4555
E-mail: [email protected]
Mr. Errol G. Graham
The World Bank Liaison Office
Island Life Center
6 St. Lucia Avenue
Third Floor
Kingston 5, Jamaica
Tel: (876) 960-0459
Fax: (876) 960-0463
E-mail: [email protected]
* インド:
Mr. Edwin R. Lim
Mr. Michael Carter(2002 年 9 月1日から)
The World Bank
70 Lodi Estate
New Delhi 110 003, India
(postal address: P.O. Box 416,
New Delhi 110 001)
Tel: (91-11) 461 7241
Fax: (91-11) 461 9393
E-mail: [email protected]
Web: http://www.worldbank.org.in/
(* 印)国別担当局長が配置されている。現地事務所の地図及び第 5 章の融資適格国を参照。
注:世銀の業務分野ごとのウェブサイトについては、174-175 頁を参照。
126
世界銀行年次報告書 2002
* カザフスタン:
Mr. Dennis N. de Tray
The World Bank Almaty Office
41/A Kazybek bi Street,
4th Floor, 480100 Almaty,
Republic of Kazakhstan
Tel: (7-3272) 980-580
Fax: (7-3272) 980-581
E-mail: [email protected]
Web: http://www.worldbank.org.kz/
The World Bank Astana Office
Samal Microdistrit, 14th Floor
Astana Towers
473000 Astana, Republic of Kazakhstan
Tel: (7-3172) 580-5555
Fax: (7-3172) 58-03-42
* ケニア:
Mr. Makhtar Diop
The World Bank
Hill Park Building
Upper Hill
Nairobi, Kenya
(postal address: P.O. Box 30577)
Tel: (254-2) 260 300
Fax: (254-2) 260 380
E-mail: [email protected]
レバノン:
マラウイ:
The World Bank
U.N.-House
6th Floor
Riad El Solh
Beirut 1107 2270, Lebanon
(postal address: P.O. Box 11-8577)
Tel: (961-1) 987 800
Fax: (961-1) 986 800
Mr. Dunstan M. Wai
The World Bank
Development House
Capital City
Lilongwe 3, Malawi
(postal address: P.O. Box 30557)
Tel: (265-1) 770 611
Fax: (265-1) 771 158 / 773 908
E-mail: [email protected]
レソト:
コソボ:
Mr. Sidi Boubacar
The World Bank Liaison Office
Rruga Tirana No. 35
38000 Pristina, Kosovo
Federal Republic of Yugoslavia
(Serbia and Montenegro)
Tel: (381-38) 249 459
Fax: (381-38) 249 780
E-mail: [email protected]
キルギス:
Mr. Mohinder S. Mudahar
The World Bank
214 Moskovskaya Str.
Bishkek 720010, Kyrgyz Republic
Tel: (996-312) 61 06 50
Fax: (996-312) 61 03 56
E-mail: [email protected]
ラオス:
Mr. Enrique O. Crousillat
The World Bank
Pathou Xay - Nehru Road
Vientiane, Lao PDR
(postal address: P.O. Box 345
code 01004)
Tel: (856-21) 414-209, 450-010
Fax: (856-21) 414-210
E-mail: [email protected]
ラトビア:
Mrs. Inguna Dobraja
The World Bank
Smilsu Street 8, 5th Floor
Riga, LV 1162, Latvia
Tel: (371-7) 220-744
Fax: (371-7) 814-245
E-mail: [email protected]
Web: http://www.worldbank.org.lv/
Mr. Fayez S. Omar
The World Bank Liaison Office
U.N. House
United Nations Road
Maseru, Lesotho
Tel: (266) 321-480
Fax: (266) 310-619
リトアニア:
Mr. Mantas Nocius
The World Bank
Jogailos Str. 4, 5th Floor
2001 Vilnius, Lithuania
Tel: (370-5) 210 7680
Fax: (370-5) 210 7681
E-mail: [email protected]
Web: http://www.worldbank.lt/
マケドニア:
Ms. Marie-H. P. Bricknell
The World Bank
34 Leninova Street
91000 Skopje, Republic of Macedonia
Tel: (389-2) 117-159
Fax: (389-2) 117-627
E-mail: [email protected]
Web: http//www.worldbank.org.mk/
* マダガスカル:
Mr. Hafez Ghanem
Banque Mondiale
Rue Andriamifidy L.
Razafimanantsoa, Anosy (près du
Ministère des Affaires Etrangères)
Antananarivo 101, Madagascar
(postal address: B. P. 4140)
Tel: (261-20) 2256000
Fax: (261-20) 2233338
E-mail: [email protected]
マリ:
Ms. Judith Press
Banque Mondiale
Immeuble SOGEFIH,
Centre Commercial Rue 32
Quartier du Fleuve, Bamako, Mali
(postal address: B. P. 1864)
Tel: (223) 222 22 83
Fax: (223) 222 66 82
E-mail: [email protected]
モーリタニア:
Mr. Yves Duvivier
Banque Mondiale
Villa No. 30, Lot A
Quartier Socogim
Nouakchott, Mauritanie
(postal address: B. P. 667)
Tel: (222) 525 1017
Fax: (222) 525 1334
E-mail: [email protected]
* メキシコ:
Mr. Olivier Lafourcade
Banco Mundial
Insurgentes Sur 1605, Piso 24
San Jose Insurgentes
03900 Mexico, D. F., Mexico
Tel: (52-5) 5480-4200
Fax: (52-5) 5480-4222
モルドバ:
Mr. Carlos Elbirt
The World Bank
Sciusev str., 76/6, MD 2012
Chisinau, Republic of Moldova
Tel: (373-2) 237-065
Fax: (373-2) 237-053
E-mail: [email protected]
(* 印)国別担当局長が配置されている。現地事務所の地図及び第 5 章の融資適格国を参照。
注:世銀の業務分野ごとのウェブサイトについては、174-175 頁を参照。
第6章
世界銀行について
127
モンゴル:
ニジェール:
Mr. Saha Dhevan Meyanathan
The World Bank
11-A Peace Avenue
Ulaanbaatar 210648, Mongolia
Tel: (976-11) 312-647
Fax: (976-11) 312-645
E-mail: [email protected]
Web: http://www.worldbank.org.mn
Mr. Geoffrey Bergen
Banque Mondiale
42 rue des Dallols
Niamey, Niger
(postal address: B. P. 12402)
Tel: (227) 72 50 09
Fax: (227) 73 55 06
E-mail: [email protected]
モロッコ:
* ナイジェリア:
Mr. Mark D. Tomlinson
The World Bank
Plot 433 Yakubu Gowon Crescent
Opposite ECOWAS Secretariat
Asokoro District
Abuja, Nigeria
(postal address: P.O. Box 2826, Garki)
Tel: (234-9) 314-5269
Fax: (234-9) 314-5267
E-mail: [email protected]
Mr. Olivier P. Godron
The World Bank
7, rue Larbi Ben Abdellah
Rabat-Souissi, Morocco
Tel: (212-3) 763.60.50
Fax: (212-3) 763.60.51
E-mail: [email protected]
* モザンビーク:
Mr. Darius Mans
The World Bank
Avenue Kenneth Kaunda, 1224
Maputo, Mozambique
(postal address: Caixa Postal 4053)
Tel: (258-1) 49 28 41
Fax: (258-1) 49 28 93
E-mail: [email protected]
* ネパール:
Mr. Kenichi Ohashi
The World Bank
Yak & Yeti Hotel Complex, Lal Durbar,
Kathmandu, Nepal
(postal address: P.O. Box 798)
Tel: (977-1) 226793
Fax: (977-1) 225112
E-mail: [email protected]
ニカラグア:
Mr. Ulrich Lächler
Banco Mundial
De la Rotonda de la
Centroamerica, 400 mts. abajo
Segundo Piso Edificio SYSCOM
Managua, Nicaragua
Tel: (505) 270-0000
Fax: (505) 270-0077
E-mail: [email protected]
* パキスタン:
Mr. John W. Wall
The World Bank
20 A Shahrah-e-Jamhuriyat, Ramna 5,
G-5/1, Islamabad, Pakistan
(postal address: P.O. Box 1025)
Tel: (92-51) 2279641
Fax: (92-51) 2279648
E-mail: [email protected]
世界銀行年次報告書 2002
* フィリピン:
Mr. Robert V. Pulley
The World Bank
23/F, The Taipan Place Building
Emerald Avenue, Ortigas Center
Pasig City, Metro Manila, Philippines
Tel: (63-2) 637-5855
Fax: (63-2) 637-5870
E-mail: [email protected]
* ポーランド:
Mr. Michael F. Carter
The World Bank
53, Emilii Plater St.
Warsaw Financial Center, 9th Floor
00-113 Warsaw, Poland
Tel: (48-22) 520 8000
Fax: (48-22) 520 8001
E-mail: [email protected]
Web: http:/www.worldbank.org.pl/
ルーマニア:
パプアニューギニア:
Mr. Mahesh Sharima
The World Bank Liaison Office
c/o Holiday Inn
Suite 102
P.O. Box 1981
Boroko, Port Moresby
Papua New Guinea
Tel: (675) 323-1366
Fax: (675) 323-1526
パラグアイ:
Mr. Peter M. Hansen
Banco Mundial
Edificio Naciones Unidas
Av. Mcal. Lopez y Saravi
Asunción, Paraguay
Tel: (595-21) 664-000
Fax: (595-21) 664-002
E-mail: [email protected]
(* 印)国別担当局長が配置されている。現地事務所の地図及び第 5 章の融資適格国を参照。
注:世銀の業務分野ごとのウェブサイトについては、174-175 頁を参照。
128
* ペルー:
Ms. Isabel M. Guerrero
Banco Mundial
Avenida Alvarez Calderón 185
Piso 7, San Isidro
Lima, Peru
Tel: (51-1) 215-0660
Fax: (51-1) 421-7241
E-mail: [email protected]
Mr. M. Ziad Alahdad
The World Bank
Boulevard Dacia 83, Sector 2,
Bucharest, Romania
Tel: (40-1) 210-1804
Fax: (40-1) 210-2021
E-mail: [email protected]
Web: http://www.worldbank.org.ro/
* ロシア
Mr. Julian F. Schweitzer
The World Bank
Sadovaya-Kudrinskaya No. 3
Moscow 123242, Russian Federation
Tel: (7-095) 745-7000
Fax: (7-095) 254-8368
E-mail: [email protected]
Web: http://www.worldbank.org.ru/eng/
ルワンダ:
Mr. Edward K. Brown
The World Bank
Blvd. de la Révolution
SORAS Building
Kigali, Rwanda
(postal address: P.O. Box 609)
Tel: (250) 572204
Fax: (250) 576385
E-mail: [email protected]
サウジアラビア:
Mr. Edgar Saravia
The World Bank
UNDP Building, Diplomatic Quarter
(beside American Embassy)
Riyadh, Saudi Arabia
(postal address: P.O. Box 5900,
Riyadh 11432, Saudi Arabia)
Tel: (966-1) 483-4956
Fax: (966-1) 488-5311
E-mail: [email protected]
* セネガル:
Mr. John McIntire
Banque Mondiale
3, place de l’indépendance
Immeuble SDIH 5ème étage
Dakar, Sénégal
(postal address: B. P. 3296)
Tel: (221) 849-50-00
Fax: (221) 849-50-27
E-mail: [email protected]
* 南アフリカ:
Mr. Fayez S. Omar
The World Bank
First Floor, Pro Equity Court
1250 Pretorius Street
Hatfield, Pretoria 0083
Republic of South Africa
(postal address: P.O. Box 12629,
Hatfield 0028, Pretoria)
Tel: (27-12) 431-3100
Fax: (27-12) 431-3134
E-mail: [email protected]
* スリランカ:
Mr. Peter C. Harrold
The World Bank
1st Floor, DFCC Building
73/5, Galle Road
Colombo 3, Sri Lanka
(postal address: P.O. Box 1761)
Tel: (94-1) 448070/1
Fax: (94-1) 440357
E-mail: [email protected]
タジキスタン:
Mr. Mustapha Rouis
The World Bank
Rudaki Avenue 105
Dushanbe, Tajikistan
Tel: (992-372) 21-07-56
Fax: (992-372) 51-00-42
E-mail: [email protected]
タンザニア:
シエラレオネ:
Mr. Richard Lynn Ground
The World Bank
Africanus House
13A Howe Street
Freetown, Sierra Leone
Tel: (232-22) 227555
Fax: (232-22) 228555
E-mail: [email protected]
シンガポール:
Mr. Peter L. Stephens
The World Bank Liaison Office
#15-08, MAS Building
10 Shenton Way
Singapore, 079117
Tel: (65) 6324-4612
Fax: (65) 6324-4615
E-mail: [email protected]
Mr. Benno J. Ndulu
The World Bank
50 Mirambo Street
Dar-es-Salaam, Tanzania
(postal address: P.O. Box 2054)
Tel: (255-22) 2114575
Fax: (255-22) 2113039
E-mail: [email protected]
トーゴ:
Mr. Jean-Michel Happi
Banque Mondiale
169 Boulevard du 13 Janvier
Immeuble BTCI, 8ème étage
Lomé, Togo
(postal address: Boite Postale 3915)
Tel: (228) 221.55.69
Fax: (228) 221.78.56
E-mail: [email protected]
チュニジア:
Ms. Fatma Felah
The World Bank Liaison Office
61, Boulevard Bab Benat
1035 Tunis, Tunisia
Tel: (216-71) 563-265
Fax: (216-71) 436-475
E-mail: [email protected]
* トルコ:
Mr. Ajay Chhibber
The World Bank
Ugur Mumcu Caddesi 88
Kat: 2, 06700 Gaziosmanpasa
Ankara, Turkey
Tel: (90-312) 446 38 24
Fax: (90-312) 446 24 42
E-mail: [email protected]
Web: http://www.worldbank.org.tr/
トルクメニスタン:
Mrs. Guljahan Kurbanova
The World Bank Liaison Office
United Nations Building
Atabaev Street, 40
Ashgabat 744000
Turkmenistan
Tel: (993-12) 350477
Fax: (993-12) 351693
E-mail: [email protected]
ウガンダ
* タイ:
Mr. Ian C. Porter
The World Bank
Diethelm Towers, Tower A
14th Floor, 93/1 Wireless Road
Lumpini, Pathumwan
Bangkok 10330, Thailand
Tel: (66-2) 256-7792
Fax: (66-2) 256-7794/5
E-mail: [email protected]
Web: http://www.worldbank.or.th
Mr. Robert Blake
The World Bank
1 Lumumba Avenue
Rwenzori House, 4th Floor
Kampala, Uganda
(postal address: P.O. Box 4463)
Tel: (256-41) 230-094
Fax: (256-41) 230-092
E-mail: [email protected]
(* 印)国別担当局長が配置されている。現地事務所の地図及び第 5 章の融資適格国を参照。
注:世銀の業務分野ごとのウェブサイトについては、174-175 頁を参照。
第6章
世界銀行について
129
ウクライナ:
Mr. Gregory T. Jedrzejczak
The World Bank
2 Lysenko Street
Kyiv 01034, Ukraine
Tel: (380-44) 490 6671
Fax: (380-44) 490 6670
E-mail: [email protected]
Web: http://www.worldbank.org.ua/
* ベトナム:
Mr. Andrew D. Steer
(2002 年 8 月 31 日まで)
The World Bank
63 Ly Thai To Street, 8th Floor
Hanoi, Vietnam
Tel: (84-4) 934-6600
Fax: (84-4) 934-6597
E-mail: [email protected]
ユーゴスラビア:
Mr. Rory O’Sullivan
The World Bank
Bulevar Kralja Aleksandra 86-90
Belgrade, Federal Republic
of Yugoslavia
Tel: (381-11) 3023-700
Fax: (381-11) 3023-732
E-mail: [email protected]
(対外関係部門の連絡用電子メール)
ウズベキスタン:
Mr. David Pearce
The World Bank
43 Academician Suleimanova Street
Tashkent, Uzbekistan 700017
Tel: (998-71) 1335002
Fax: (998-71) 1206215
E-mail: [email protected]
ベネズエラ:
Mr. Felipe Saez
Banco Mundial
Av. Francisco de Miranda
con Av. del Parque
Torre Edicampo, Piso 10,
Campo Alegre
Caracas, República Bolivariana
de Venezuela
Tel: (58-212) 267-9943
Fax: (58-212) 267-9828
E-mail: [email protected]
Web: http://www.worldbank.org/vn
* ヨルダン川西岸・ガザ地区:
Mr. Nigel Roberts
The World Bank
P.O. Box 54842
Jerusalem
アルラム Tel: (972-2) 2366500
アルラム Fax: (972-2) 2366543
ガザ Tel: (972-8) 2823422
ガザ Fax: (972-8) 2824296
世界銀行年次報告書 2002
Mr. Laurence C. Clarke
The World Bank
Anglo American Building
74 Independence Avenue, 3rd Floor
Lusaka, Zambia 10101
(postal address: P.O. Box 35410)
Tel: (260-1) 252-811
Fax: (260-1) 254-283
E-mail: [email protected]
ジンバブエ:
イエメン:
Mr. Robert E. Hindle
The World Bank, Hadda Street No. 40
off Damascus Road
Sana’a, Republic of Yemen
(postal address: P.O. Box 18152)
Tel: (967-1) 413 708
Fax: (967-1) 413 709
E-mail: [email protected]
(* 印)国別担当局長が配置されている。現地事務所の地図及び第 5 章の融資適格国を参照。
注:世銀の業務分野ごとのウェブサイトについては、174-175 頁を参照。
130
ザンビア:
Mr. Ohene Owusu Nyanin
The World Bank
Old Lonrho Building
88 Nelson Mandela Avenue
Harare, Zimbabwe
(postal address: P.O. Box 2960)
Tel: (263-4) 729-611
Fax: (263-4) 708-659
E-mail: [email protected]
Web: http://www.worldbank.org.zw/
表
表 6.1 世銀融資適格国
(2002 年 7 月 1 日現在)
所得分類
及び国名
2001 年の
一人当たりGNIa
2001 年の
一人当たりGNIa
所得分類
及び国名
IBRD 融資のみの適格国
一人当たり GNI が 5,185 ドル超
スロベニア
大韓民国
アンティグア・バーブーダ
アルゼンチン
セントクリストファー・ネーヴィス
パラオ
ウルグアイ
メキシコ
トリニダード・トバゴ
チェコ共和国
セーシェル
9,780
9,400
9,070
6,960
6,880
6,730
5,670
5,540
5,540
5,270
—
一人当たり GNI が 2,976 ∼ 5,185 ドル
ハンガリー
ベネズエラ・ボリバル共和国
クロアチア
チリ
ポーランド
レバノン
コスタリカ
モーリシャス
エストニア
スロバキア共和国
マレーシア
ボツワナ
パナマ
ラトビア
ガボン
リトアニア
ブラジル
4,800
4,760
4,550
4,350
4,240
4,010
3,930
3,830
3,810
3,720
3,640
3,630
3,290
3,260
3,160
3,080
3,070
一人当たり GNI が 1,436 ∼ 2,975 ドル
ベリーズ
南アフリカ
ジャマイカ
トルコ
2,910
2,900
2,700
2,530
ドミニカ共和国
マーシャル諸島
ミクロネシア連邦
フィジー
チュニジア
エルサルバドル
ペルー
タイ
ナミビア
コロンビア
イラン・イスラム共和国
ヨルダン
ロシア連邦
ルーマニア
マケドニア旧ユーゴスラビア共和国
スリナム
グアテマラ
アルジェリア
ブルガリア
エジプト・アラブ共和国
2,230
2,190
2,150
2,130
2,070
2,050
2,000
1,970
1,960
1,910
1,750
1,750
1,750
1,710
1,690
1,690
1,670
1,630
1,560
1,530
一人当たり GNI が 746 ∼ 1,435 ドル
カザフスタン
パラグアイ
スワジランド
エクアドル
ベラルーシ
モロッコ
フィリピン
シリア・アラブ共和国 b
トルクメニスタン
中国
イラク c
1,360
1,300
1,300
1,240
1,200
1,180
1,050
1,000
950
890
—
一人当たり GNI が 746 ドル未満
ウクライナ
赤道ギニア
710
700
一人当たり GNI が 746 ドル未満
インドネシア
アゼルバイジャン
パプアニューギニア
ウズベキスタン
ジンバブエ c
インド
パキスタン
ナイジェリア
680
650
580
560
480
460
420
290
IBRD 融資及び IDA 融資のブレンド適格国 d
一人当たり GNI が 2,976 ∼ 5,185 ドル
セントルシア e
グレナダ e
ドミニカ国 e
3,970
3,720
3,060
一人当たり GNI が 1,436 ∼ 2,975 ドル
セントビンセントおよびグレナディーン諸島 e
2,690
一人当たり GNI が 746 ∼ 1,435 ドル
ボスニア・ヘルツェゴビナ
ボリビア
ユーゴスラビア連邦共和国 c
1,270
940
—
(次の頁に続く)
第6章
世界銀行について
131
表 6.1 世銀融資適格国(続き)
所得分類
及び国名
2001 年の
一人当たりGNIa
所得分類
及び国名
2001 年の
一人当たりGNIa
IDA 融資のみの適格国 d
一人当たり GNI が 1,436 ∼ 2,975 ドル
モルディブ e
トンガ e
サモア e
2,040
1,530
1,520
一人当たり GNI が 746 ∼ 1,435 ドル
ケープベルデ e
アルバニア
バヌアツ e
ジブチ
ホンジュラス
ガイアナ
キリバス
スリランカ
1,310
1,230
1,050
890
890
840
830
830
一人当たり GNI が 746 ドル未満
コンゴ共和国
ブータン
コートジボワール
ソロモン諸島 c
カメルーン
グルジア
アルメニア
レソト
アンゴラ
ハイチ c
セネガル
イエメン共和国
ベトナム
ギニア
モンゴル
モルドバ
コモロ
バングラデシュ
ベナン
700
640
630
580
570
570
560
550
500
480
480
460
410
400
400
390
380
370
360
モーリタニア
ケニア
ガンビア
スーダン c
ザンビア
ラオス
ガーナ
キルギス共和国
サントメ・プリンシペ
タンザニア
ウガンダ
中央アフリカ共和国 c
カンボジア
トーゴ c
マダガスカル
ネパール
ルワンダ
ブルキナファソ
マリ
モザンビーク
チャド
エリトリア
マラウイ
ニジェール
ギニアビサウ
タジキスタン
シエラレオネ
ブルンジ
エチオピア
アフガニスタン c
コンゴ民主共和国 c
リベリア c
ミャンマー c
ニカラグア
ソマリア c
350
340
330
330
320
310
290
280
280
280
280
270
270
270
260
240
220
210
210
210
200
190
170
170
160
160
140
100
100
—
—
—
—
—
—
―:正確な数値が不明。
a. 「世界銀行アトラス」方式:一人当たり GNI(国民総所得。従来は GNP が使用されていた)の数値は、2001 年の米ドル建て。
b. 2002 年 6 月 30 日現在、融資は行われていない。
c. 2002 年 7 月 1 日現在、融資は行われていない。
d. 借入国は、(a) 相対的貧困度、及び (b) 信用力不足に基づいて、IDA 融資適格国となる。2003 年度においては、IDA 融資適格国の基準を満たす 2001 年の一人当た
り GNI(「世界銀行アトラス」方式)の上限は 875 ドルとなっている。IDA 融資を受けるためには、借入国はパフォーマンス・テストに合格しなければならない。
例外として、上記の GNI 基準を上回っており、本格的な調整努力を行っているが、IBRD 融資の適格性を有していない借入国に対しては、暫定的に適格性が認めら
れる。経済規模の小さい諸島国は、例外扱いとする(脚注 e を参照)。
e. 信用力がないために世銀グループの援助がほとんど、または、全く受けられないような一部の経済規模の小さい諸島国に対しては、一人当たり GNI による IDA 融資
適格国の基準(2003 年度の上限は 875 ドル)を適用除外扱いとした。かかる諸国に対しては、信用力を改善するためのプロジェクト及び構造調整プログラムに対
する資金供与のために、IDA 融資を行うかどうかをケース・バイ・ケースで検討する。
132
世界銀行年次報告書 2002
表
表 6.2 アフリカ地域に対する世銀の融資承認額、融資実行額
及び純移転額、1997 ∼ 2002 年度
(単位: 100 万ドル)
エチオピア
項 目
2002
IBRD と IDA の承認額
210
1,170
437
22
415
16
399
未実行残高
実行総額
返済額
純実行額
金利・諸掛り
純移転額
ウガンダ
1997–2002a 2002
1,646
1,170
1,097
114
982
76
907
296
666
256
21
235
16
219
ナイジェリア
1997–2002a 2002
1,275
666
1,064
253
811
88
724
427
261
26
196
(169)
80
(249)
地域合計
1997–2002a 2002
682
261
832
1,749
(917)
831
(1,748)
1997–2002a
3,794
8,363
2,651
792
1,859
417
1,442
16,021
8,363
14,232
6,525
7,707
3,054
4,653
注:この表は、過去 2 年度(2001 ∼ 2002)において同地域で融資額が最も多い上位 3 ヶ国を示すものである。数字は四捨五入されている。
a. 2002 年度には、世銀は、重債務貧困国イニシアティブに基づいて、タンザニアに対する 4,125 万ドルとザンビアに対する 1,935 万ドルを含め、22 ヶ国に対して合
計約 2 億 2,763 万ドルの債務救済を実施した。
表 6.3 東アジア・大洋州地域に対する世銀の融資承認額、融資実行額
及び純移転額、1997 ∼ 2002 年度
(単位: 100 万ドル)
中 国
ベトナム
インドネシア
地域合計
項 目
2002
1997–2002
2002
1997–2002
2002
1997–2002
2002
1997–2002
IBRD と IDA の承認額
563
8,427
2,015
1,532
483
725
(242)
10,551
8,427
11,911
4,108
7,803
4,102
3,702
593
1,760
332
2
330
9
321
2,561
1,760
1,338
8
1,330
37
1,294
303
2,110
507
956
(449)
911
(1,360)
5,288
2,110
5,895
5,574
322
5,031
(4,709)
1,774
14,339
3,591
3,435
156
2,457
(2,301)
31,141
14,339
32,029
15,607
16,422
14,446
1,976
未実行残高
実行総額
返済額
純実行額
金利・諸掛り
純移転額
注:この表は、過去 2 年度(2001 ∼ 2002)において同地域で融資額が最も多い上位 3 ヶ国を示すものである。数字は四捨五入されている。
第6章
世界銀行について
133
表
表 6.4 南アジア地域に対する世銀の融資承認額、融資実行額
及び純移転額、1997 ∼ 2002 年度
(単位: 100 万ドル)
インド
項 目
2002
1997–2002
IBRD と IDA の承認額
2,190
8,026
2,089
1,467
622
504
118
11,271
8,026
9,806
7,451
2,355
3,857
(1,502)
未実行残高
実行総額
返済額
純実行額
金利・諸掛り
純移転額
パキスタン
2002
800
585
869
310
559
170
389
バングラデシュ
地域合計
1997–2002
2002
1997–2002
2002
1997–2002
2,507
585
3,756
1,653
2,103
1,252
851
321
1,367
321
104
217
49
168
2,761
1,367
2,088
470
1,618
283
1,334
3,508
10,395
3,392
1,934
1,459
745
714
17,205
10,395
16,392
9,793
6,599
5,527
1,072
注:この表は、過去 2 年度(2001 ∼ 2002)において同地域で融資額が最も多い上位 3 ヶ国を示すものである。数字は四捨五入されている。
表 6.5 ヨーロッパ・中央アジア地域に対する世銀の融資承認額、
融資実行額及び純移転額、 1997 ∼ 2002 年度
(単位: 100 万ドル)
トルコ
項 目
2002
1997–2002
IBRD と IDA の承認額
3,550
2,541
1,679
427
1,253
290
963
7,498
2,541
4,293
3,578
715
1,580
(865)
未実行残高
実行総額
返済額
純実行額
金利・諸掛り
純移転額
ユーゴスラビア
2002
172
0
70
0
70
18
52
ロシア
地域合計
1997–2002
2002
1997–2002
2002
1997–2002
2,039
0
70
0
70
18
52
351
1,751
376
448
(71)
298
(370)
6,113
1,751
6,351
1,080
5,271
1,853
3,418
5,524
8,497
3,824
1,640
2,184
1,179
1,005
28,606
8,497
22,429
9,673
12,757
7,174
5,582
注:この表は、過去 2 年度(2001 ∼ 2002)において同地域で融資額が最も多い上位 3 ヶ国を示すものである。数字は四捨五入されている。
134
世界銀行年次報告書 2002
表
表 6.6 ラテンアメリカ・カリブ海地域に対する世銀の融資承認額、
融資実行額及び純移転額、1997 ∼ 2002 年度
(単位: 100 万ドル)
ブラジル
メキシコ
アルゼンチン
地域合計
項 目
2002
1997–2002
2002
1997–2002
2002
1997–2002
2002
1997–2002
IBRD と IDA の承認額
1,566
2,646
497
807
(310)
489
(799)
8,615
2,646
8,643
5,668
2,975
2,642
333
660
1,597
813
1,304
(490)
794
(1,284)
7,013
1,597
6,857
7,868
(1,011)
5,025
(6,036)
735
2,438
1,190
1,363
(173)
613
(786)
7,266
2,438
7,654
3,485
4,168
3,118
1,051
4,366
9,698
3,777
4,588
(811)
2,555
(3,366)
31,289
9,698
31,968
24,177
7,791
15,025
(7,234)
未実行残高
実行総額
返済額
純実行額
金利・諸掛り
純移転額
注:この表は、過去 2 年度(2001 ∼ 2002)において同地域で融資額が最も多い上位 3 ヶ国を示すものである。数字は四捨五入されている。
表 6.7 中東・北アフリカ地域に対する世銀の融資承認額、融資実行額
及び純移転額、1997 ∼ 2002 年度
(単位: 100 万ドル)
チュニジア
項 目
IBRD と IDA の承認額
未実行残高
実行総額
返済額
純実行額
金利・諸掛り
純移転額
2002
253
303
227
150
77
80
(3)
1997–2002
1,188
303
1,093
991
102
540
(438)
イエメン
2002
78
394
69
18
51
9
42
1997–2002
741
394
638
78
560
48
512
レバノン
2002
109
241
48
26
22
14
8
1997–2002
519
241
270
86
184
74
111
地域合計
2002
1997–2002
554
2,760
632
891
(259)
561
(821)
5,465
2,760
5,656
6,095
(439)
3,758
(4,196)
注:この表は、過去 2 年度(2001 ∼ 2002)において同地域で融資額が最も多い上位 3 ヶ国を示すものである。数字は四捨五入されている。
第6章
世界銀行について
135
表
表 6.8 2002 年度に承認された融資、アフリカ地域
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
ベナン
IDA ―「綿花セクター改革投資融資」
地域社会に権限を委譲し、その責任を強化することによって、同セクタ
ーの収益率を改善し、かつセクター方針の策定・実施のプロセスに対す
る農家の参加率を高めることを目指すもの。
総コスト: 2,420 万ドル。
✧ IDA ―「マルチセクター・ HIV/エイズ抑制投資融資」
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
US$
RD
2002/1/22
2012/2041
14.1
18.0
HD
2002/1/4
2012/2041
17.8
23.0
UD
2002/3/28
2012/2041
17.7
22.0
HD
2002/1/22
2012/2041
25.6
32.6
PSG
2001/8/23
2011/2041
36.0
45.0
HD
2001/7/6
2011/2041
17.3
22.0
HD
2002/6/27
2012/2042
29.1
36.0
FPSD
2002/6/24
2008/2038
4.2
5.5
HD
2002/3/28
2012/2042
7.3
9.0
エイズの拡散を抑制し、かつその影響の緩和を目指すもの。HIV/ エイ
ズ予防・治療のために、支援が行われる。HIV/ エイズ患者を抱えた家
庭、介護者及びエイズ孤児のために、社会的支援システムを確立する。
総コスト: 2,540 万ドル。
ブルキナファソ
✧ IDA ―「都市環境補完融資」
都市部の貧しい人々の生活の質を改善するために、全長 18km の道路、
58 の分散型廃棄物処理場、全長 4km のウェムティンガ水路、及び埋立
処理場の建設を支援するもの。
総コスト: 2,310 万ドル。
✧ IDA ―「基礎教育セクター投資融資」
38 万人の子供達に初等教育を施し、6 ∼ 8 万人の女性を読み書き教室に
通わせ、NGO が実施する読み書きプログラムを通じて少女に対する教
育を改善するもの。
総コスト: 9,620 万ドル
✧ IDA ―「貧困削減支援融資」
マクロ経済の安定性維持と経済成長率の加速を目指すもの。財政管理に
関する説明責任と透明性の改善を通じて、基本的行政サービスを実施す
る際により多くの公的資金が効率的に使用されるようになるので、すべ
ての国民が便益を受ける。
総コスト: 4,500 万ドル。
✧ IDA ―「HIV/エイズ惨禍対応投資融資」
脆弱なグループに対する介護・治療の提供、エイズ拡散の緩和、及び個
人や家庭の負担の軽減を通じて、予防活動を改善し、かつ能力を強化す
ることを目指すもの。
総コスト: 2,350 万ドル。
ブルンジ
✧ IDA ―「マルチセクター・ HIV/エイズ抑制・孤児保護投資融資」
孤児、女性及び農村部の貧しい人々が日和見感染に対する予防と治療を
受ける機会を増やすことを目指すもの。さらに、同プロジェクトは、
HIV/エイズに感染した人々に対し継続的に栄養補給剤を提供する。
総コスト: 3,670 万ドル。
カメルーン
IDA ―「SACIII −第 5 次融資」
IDA 融資の継続分。
ケープベルデ
✧ IDA ―「HIV/エイズ抑制投資融資」
孤児及び HIV/エイズ患者を抱える家族に対する診断、治療及び介護を
改善することによって、HIV/ エイズの拡散を緩和し、かつ患者の生産
寿命を伸ばすことを目指すもの。
総コスト: 960 万ドル。
136
世界銀行年次報告書 2002
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
IDA ―「構造調整融資」
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
US$
PSG
2001/12/13 2012/2042
11.6
15.0
HD
2001/12/14 2011/2041
13.3
17.0
PSG
2001/12/18 2012/2042
31.4
40.0
HD
2001/7/12
2011/2041
19.6
24.6
EM
2001/8/2
2011/2041
4.8
6.0
PSG
2002/6/13
2012/2042
360.4
450.0
PSG
2001/7/31
適用なし
40.0
50.0
UD
2002/5/2
2012/2042
32.2
40.0
PSG
2002/2/7
2012/2042
5.6
7.0
社会的支出の確保、及び民間セクター開発のための政府の安定化プログ
ラムの支援として財政援助を提供することによって、すべての国民に便
益を与えるもの。
総コスト: 3,160 万ドル。
中央アフリカ
✧ IDA ―「マルチセクター・ HIV/エイズ抑制投資融資」
自主的テストの提供、行動の変更、カウンセリングと治療、及び介護と
支援の提供を通じて、26 万人を超える HIV/エイズ患者に便益を提供し、
かつ脆弱なグループの間での HIV/エイズの拡散を緩和することを目指
すもの。
総コスト: 1,800 万ドル。
チャド
✧ IDA ―「第 4 次構造調整融資」
公的資金の使用、調達及び予算編成手続における透明性の改善、並びに、
綿花セクターの改革による持続可能な経済成長の実現を通じて、すべて
の国民に便益を提供すると共に、貧困削減を図ることを目指すもの。
総コスト: 4,890 万ドル。
✧ IDA ―「第 2 次人口・ HIV/エイズ抑制投資融資」
孤児及び HIV/エイズ患者を抱える家族に対する診断、治療及び介護を
改善することによって、HIV/エイズの拡散を緩和し、かつ HIV/エイズ
患者の生産寿命を伸ばすことを目指すもの。
総コスト: 3,310 万ドル。
コモロ
✧ IDA ―「緊急経済復興融資」
貧しい人々の困窮状況を緩和し、かつ同国の国民和解プロセスを支援す
るために必要となる緊急公共支出の原資を提供するもの。
総コスト: 600 万ドル。
コンゴ民主共和国
✧ IDA ―「経済復興融資」
民間セクターの開発を促進し、かつ行政サービスを拡大するための政府
の計画を支援するもの。これらの改革は、公共セクターの財務管理の改
善、及び公営企業の再編成に重点を置いている。
総コスト: 4 億 5,000 万ドル。
✧ IDA ―「緊急早期復興グラント」
ドナー援助プロジェクトを同国の人々が実施する能力を改善できるよう
公的機関を強化すると共に、復興のための戦略フレームワークの策定を
支援するもの。
総コスト: 5,000 万ドル。
コンゴ共和国
✧ IDA ―「緊急復興・生活条件改善融資」
道路、鉄道及び社会インフラなどの優先分野に重点を置いて、同国経済
の復興を支援するもの。この融資は、所得創出事業の実施を通じて、貧
しい人々の緊急の経済的・社会的ニーズを充足することを目指すもので
ある。
総コスト: 4,000 万ドル。
✧ IDA ―「透明性及びガバナンス・キャパシティ・ビルディング融資」
新たな管理手法を活用することで、効率性を改善し、かつ政府機関の能
力を強化することを目指すもの。この融資により、社会・経済セクター
における公共投資が拡大する。
総コスト: 1,080 万ドル。
(次の頁に続く)
第6章
世界銀行について
137
表 6.8 2002 年度に承認された融資、アフリカ地域(続き)
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
US$
✧ IDA ―「緊急復員・社会復帰融資」
約 1 万人の復員軍人に所得創出事業に参加する機会を提供すると共に、
SPRM
2001/7/31
2011/2041
4.0
5.0
PSG
2001/7/31
2011/2041
30.0
37.7
RD
2002/6/11
2012/2041
160.2
200.0
FPSD
2002/1/10
2008/2038
9.2
12.0
SPRM
2002/5/16
2012/2042
48.1
60.0
SDGI
2001/7/6
2011/2041
4.0
5.0
PSG
2002/6/18
2012/2042
96.2
120.0
RD
2002/5/30
2012/2042
68.1
85.0
FPSD
2002/4/17
2012/2041
4.1
5.0
社会・経済セクターへの投資を通じて地域経済の活性化を図るもの。
総コスト: 500 万ドル。
✧ IDA ―「紛争後経済復興融資」
公的資金管理に関する透明性と公正なガバナンスの回復を支援するも
の。同国経済を活性化し、かつ安定化させるために、国内外の民間投資
の拡大を図る。
総コスト: 3,750 万ドル。
コートジボワール
IDA ―「経済復興投資融資」
農村部の地域社会を対象として、所得を拡大し、雇用機会を改善し、民
間セクターを強化し、かつ初等教育と保健サービスの利用機会を拡大す
ると共に、これらのサービスの提供に関して地域社会の参加を拡大する
ことを目指すもの。
総コスト: 2 億ドル。
IDA ―「運輸セクター投資融資」
IDA 融資の継続分。
エリトリア
✧ IDA ―「緊急復員・社会復帰融資」
最大 20 万人の復員軍人を対象とする同国の復員・社会復帰プログラム
を支援することを通じて、同国の平和を確実なものとし、かつ経済復興
に貢献するもの。この融資は、復員軍人に提供される各種サービスの効
率性と有効性の改善を目指すものである。
総コスト: 6,000 万ドル。
✧ IDA ―「文化財修復研修・革新融資」
文化財の保全、及び公的記録の管理の改善を通じて、地域社会の経済状
態と文化的活動を活性化できるよう支援するもの。
総コスト: 540 万ドル。
エチオピア
IDA ―「構造調整融資」
民間セクターの投資家と輸出業者の取引コストの低減を通じて、ビジネ
ス環境を改善し、かつ外国投資家を引きつけることを目指すもの。この
融資によって実施される改革は、公共セクターの効率性の向上、及び重
要な行政サービスの改善を目指すものである。
総コスト: 1 億 2,000 万ドル。
✧ IDA ―「食糧安定供給融資」
土壌と用水を保全することによって穀物と家畜の生産・管理を改善し、
農家が農業以外の雇用や所得を獲得する機会を拡大し、かつ子供、妊婦
及び授乳中の母親の栄養状態を改善することを目指すもの。
総コスト: 1 億 1,020 万ドル
✧ IDA ―「文化遺産研修・革新融資」
古代から続く工芸の伝統を保全すると共に、この工芸を地域・国全体の
経済活動の重要な一部として確立することを支援するもの。地域での工
芸品販売機会を拡大し、かつ輸出を支援することを目的として、職人と
小売業者/輸出業者の関係改善のための支援を行う。
総コスト: 570 万ドル。
138
世界銀行年次報告書 2002
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
ガンビア
IDA ―「ゲートウェイ対応プログラム融資」
外国からの直接投資を引き付けられるような自立的投資促進システムの
確立を通じて、輸出目的の生産に対する民間投資と雇用を拡大し、かつ、
バンジュル地区の住民への技術移転の促進を目指すもの。
総コスト: 1,810 万ドル。
✧ IDA ―「経済政策キャパシティ・ビルディング投資融資」
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
US$
TI
2002/2/28
2011/2041
12.4
16.0
EM
2001/7/26
2011/2041
12.0
15.0
FPSD
2001/12/11 2011/2041
0.4
0.5
FPSD
2001/7/26
2011/2041
87.7
110.0
FPSD
2001/7/26
2011/2041
175.3
220.0
ENRM
2001/8/23
2011/2041
20.0
25.0
HD
2001/7/24
2012/2041
55.7
70.0
PSG
2001/7/24
2012/2041
39.3
50.0
FPSD
2002/3/26
2012/2041
21.0
26.0
FPSD
2002/6/24
2010/2040
1.2
1.5
PSG
2001/7/31
2011/2041
11.9
15.0
政府が、優れた経済政策と税制の実施、及び優先分野への公的資金の配
分を通じてマクロ経済の安定性を維持するのを支援するもの。
総コスト: 1,650 万ドル。
ガーナ
IDA ―「第 3 次経済改革支援融資」
IDA 融資の継続分。
✧ IDA ―「第 3 次経済改革支援運用融資」
ココアの生産者価格を引き上げ、100 万の農家の主たる所得を改善し、か
つ債務負担の軽減、及び公共支出の管理・統制の強化を通じてマクロ経済
の安定性を回復する政府の能力を高めることを目指すもの。
総コスト: 1 億 1,000 万ドル。
✧ IDA ―「道路セクター開発投資融資」
全天候型道路を建設することによって、道路を市場までの物品の運搬の
ために使用する商業利用者、及びその他の目的で利用する一般利用者に
便益を提供すると共に、道路の建設・保守コストの引き下げを図るも
の。
総コスト: 12 億ドル。
ギニア
IDA ―「第 3 次給水・衛生補完融資」
衛生状態を改善し、かつ子供の間での水媒介型病気の感染を減少させる
ことを目指すもの。汚染の緩和を通じて、海洋生態系を保護し、かつ海
浜と都市部の沿岸の回復を図る。
総コスト: 2,750 万ドル。
✧ IDA ―「『万人のための教育』に対応するプログラム融資」
3 ∼ 6 歳の児童を対象として、農村部での初等教育就学率を改善し、か
つ、基礎教育と読み書き訓練のための資金を増額するもの。
総コスト: 4 億 2,010 万ドル。
✧ IDA ―「第 4 次構造調整融資案」
ガバナンスを強化し、かつ国家財政に対する国民の信頼回復を通じて、
行政サービスを改善する政府の能力の強化を図るもの。
総コスト: 5,000 万ドル。
ギニアビサウ
IDA ―「民間セクター再編成・開発投資融資」
貧しい人々に提供される一般的サービスと公益サービスの改善を図るも
の。外国からの投資と輸出収入の増加により、同国の国際収支の改善を
図る。
総コスト: 3,140 万ドル。
ケニア
IDA ―「経済・セクター改革融資」
IDA 融資の継続分。
✧ IDA ―「公共セクター運営技術支援融資」
行政サービスと政策実施の対象設定の改善を図るもの。システムと人的
資源の能力の通じて、財務管理などの受託者責任(fiduciary
responsibility)を強化し、かつ行政サービスに関する汚職を削減する
ことができる。
総コスト: 2,050 万ドル。
(次の頁に続く)
第6章
世界銀行について
139
表 6.8 2002 年度に承認された融資、アフリカ地域(続き)
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
マダガスカル
✧ IDA ―「マルチセクター STI /エイズ予防投資融資」
STI /エイズの拡散を緩和し、診断・治療の改善を通じて HIV/エイズ患
者の寿命を伸ばし、かつ患者を抱えた家庭と孤児に対する支援を行うこ
とを目指すもの。
総コスト: 9,630 万ドル。
IDA ―「第 2 次民間セクター開発融資」
テーマ a
SDRb
US$
2001/12/13 2012/2041
15.7
20.0
FPSD
2001/8/28
2012/2041
19.0
23.8
PSG
2001/12/11 2012/2041
55.0
70.0
RD
2001/12/11 2012/2041
34.2
43.5
HD
2001/11/21 2012/2041
2.7
3.3
HD
2001/10/25 2012/2041
39.1
49.2
UD
2001/10/25 2011/2041
55.8
70.0
HD
承認日
返済期間
民間セクターの開発を通じて、輸送などの重要な公益サービスの利用率
と信頼性を高め、かつ価格を引き下げることを目指すもの。民間セクタ
ーの役割を拡充することによって、企業の効率性が高まり、かつ民間企
業による新規参入と投資が増加するので、結果的に貧しい人々に対する
サービスも改善する。
総コスト: 2,960 万ドル。
マリ
IDA ―「第 3 次構造調整融資」
綿花セクターの改革、同セクターの成長率の加速、及び生活水準の改善
を通じて、農村部の住民に便益を与えるもの。この融資は、政府による
改革を支援すると共に、同国の国際収支を改善する。
総コスト: 7,000 万ドル。
✧ IDA ―「農業・生産団体対応プログラム融資」
生産団体を強化することによって農村部の女性の所得を増やし、もって、
家庭の食糧自給率と福利水準を高める。
総コスト: 5,340 万ドル。
モーリタニア
✧ IDA ―「グローバル遠隔研修・改革融資」
同国がデジタル・ディバイド(情報格差)を克服し、かつ電子商取引の
推進と通信の改善を通じて公共・民間セクターによる世界経済との統合
を改善できるよう支援するもの。
総コスト: 500 万ドル。
✧ IDA ―「教育セクター開発対応プログラム融資」
質の高い教育を提供すると共に、初等・中等・高等教育を受けている
100 万人の学生のために、学校の施設、及び学習教材や教授法の改善を
図るもの。
総コスト: 3 億 2,370 万ドル。
✧ IDA ―「都市開発対応プログラム融資」
都市部の少なくとも 54 万 1,600 人に便益を与えるものである。この融
資は、雇用機会の拡大と都市・土地管理の改革を通じて、生活条件の改
善をも目指すものである。
総コスト: 9,910 万ドル。
モーリシャス
IBRD ―「公共支出改革融資」
政府が経済アジェンダに基づいて施策を実施するのを支援するもの。こ
の融資は、競争力、社会開発及び社会的統合の改善、並びに環境保護に
重点を置く。
総コスト: 4,000 万ドル。
IBRD ―「金融セクター監督当局投資融資」
政府による金融セクター委員会の設置、及び国際競争力を備えた金融セ
クターの構築を支援することを通じて、消費者、金融セクターの当事者
及び国際社会に便益をもたらすもの。
総コスト: 230 万ドル
140
世界銀行年次報告書 2002
PSG
2002/5/7
2007/2017
適用なし
40.0
FPSD
2001/12/4 不明/ 2016
適用なし
1.8
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
モザンビーク
✧ IDA ―「高等教育セクター投資・維持融資」
2006 年までに入学する約 1 万 5,000 人の高校生を対象として、高等教
育の授業料の融資、及び大学入学前の学習のための資金の融資を通じて、
大学卒業生を増やすことを目指すもの。
総コスト: 7,110 万ドル。
✧ IDA ―「通信セクター改革技術支援融資」
SME を対象として、近代的な通信、郵便、航空輸送サービスの利用機
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
US$
HD
2002/3/7
2012/2042
47.1
60.0
2001/11/27 2012/2041
11.6
14.9
FPSD
会を拡大し、かつ通信サービス・コストの削減を図るもの。
総コスト: 1,540 万ドル。
✧ IDA ―「道路・橋梁管理・保守対応プログラム融資」
RD
2001/7/19
2011/2041
127.4
162.0
UD
2001/7/19
2011/2041
26.7
33.6
RD
2002/3/19
2012/2041
31.3
38.7
PSG
2001/11/20 2011/2041
54.5
70.0
農村地域を全国道路ネットワークに連結することによって、農村部の
人々が市場や保健・教育施設を利用し、かつその他のサービスを受ける
機会を拡大することを目指すもの。
総コスト: 7 億 360 万ドル。
✧ IDA ―「地方自治体開発投資融資」
家庭、企業及び都市部の貧しい人々に便益を与えるものである。この融
資は、5 つの都市のインフラと各種サービスの提供、及び各地の労働者
に対する雇用機会の提供を通じて、管理・財政面の地方自治体の能力を
強化することを目指すものである。
総コスト: 4,210 万ドル。
ニジェール
✧ IDA ―「民間灌漑推進投資融資」
小規模農家の灌漑システムの改善を通じて、農家の能力、農村部の雇用、
及び農業の所得・利益率の改善を図るもの。
総コスト: 4,840 万ドル。
✧ IDA ―「公共支出構造調整融資」
マクロ経済と金融の安定性を促進すると共に、公的資金の管理改善を通
じて、貧しい地域社会に供与する資金を増やすことを目指すもの。
総コスト: 7,000 万ドル。
ナイジェリア
✧ IDA ―「地域社会主導型都市開発融資」
貧しい都市部の住民に便益を与えるものである。この融資は、資源を有
効に利用する地方自治体の能力を改善することを通じて、保健サービス
と安全性を改善し、移動性を改善し、かつ地域社会の洪水を減らすこと
を目指すものである。
総コスト: 1 億 3,750 万ドル。
✧ IDA ―「保健システム開発投資融資」
UD
2002/6/6
2012/2037
88.1
110.0
HD
2002/6/6
2012/2037
101.8
127.0
FPSD
2002/3/19
2012/2036
78.6
100.0
農村部の人々―特に女性と子供―を対象として、基本的な保健サービス
を利用する機会を拡大するものである。この融資は、保健セクターの制
度改革も支援する。
総コスト: 1 億 5,320 万ドル。
✧ IDA ―「送電線開発投資融資」
エネルギー利用者に便益を与えるものである。この融資は、エネルギー
を生産している電力セクターを再編し、かつ国内の電力供給を改善する
ことを通じて、経済成長の制約となっている電力供給上の隘路を緩和す
ることを目指すものである。
総コスト: 1 億 1,350 万ドル。
(次の頁に続く)
第6章
世界銀行について
141
表 6.8 2002 年度に承認された融資、アフリカ地域(続き)
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
✧ IDA ―「HIV/エイズ・プログラム推進融資」
HIV/エイズの拡散を緩和すると共に、患者を抱えた家庭及び孤児に対
する診断、治療及び介護を改善することを通じて、HIV/ エイズ患者の
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
US$
HD
2001/7/6
2011/2036
71.0
90.3
SDGI
2002/4/25
2012/2042
20.0
25.0
HD
2002/3/14
2012/2042
11.8
14.7
HD
2002/2/7
2012/2041
23.6
30.0
HD
2002/3/26
2012/2041
12.1
15.0
FPSD
2001/12/13 2012/2041
39.4
50.0
ENRM
2002/6/26
2012/2041
24.6
31.1
RD
2002/3/26
2012/2042
20.8
26.0
PSG
2002/2/12
2012/2040
0.5
0.6
寿命を伸ばすことを目指すもの。
総コスト: 9,630 万ドル。
ルワンダ
✧ IDA ―「復員・社会復帰融資」
「アフリカの五大湖」地域の平和を確実なものとし、かつルワンダ国内
の融和の促進を図るもの。この融資は、約 4 万 5,000 人の軍人の復員を
支援すると共に、これらの復員軍人に対し、所得獲得機会を提供し、か
つ彼らの社会的・経済的復帰を支援する。
総コスト: 2,500 万ドル。
セネガル
✧ IDA ―「栄養強化対応プログラム融資」
3 歳未満の約 17 万人の幼児と 5 万人の妊婦の栄養、衛生及び食糧の状態
を改善するもの。栄養物などの配布は、NGO と地域団体が行う。
総コスト: 2,020 万ドル。
✧ IDA ―「HIV/エイズ予防・抑制投資融資」
シビルソサエティと地域社会のイニシアティブを支援することを通じ
て、高リスク・グループの間での HIV/エイズ感染の予防を目指すもの。こ
の融資は、予防・治療プログラムを利用する機会を拡大する。
総コスト: 3,220 万ドル。
シエラレオネ
✧ IDA ―「HIV/エイズ対策投資融資」
HIV/エイズの感染率を低下させると共に、公共・民間セクターの団体
及び地域社会による活動の推進を通じて、感染者の状況を緩和すること
を目指すもの。この融資は、HIV/ エイズ感染者に対する介護を改善す
る。
総コスト: 1,530 万ドル。
✧ IDA ―「第 2 次経済復興・回復融資」
優先度の高い公共支出、及び民間投資を拡大するための改革に必要な資
金の政府への提供を通じて、国内の平和と安全を確保し、もって、すべ
ての国民に便益を提供するものである。
総コスト: 5,000 万ドル。
タンザニア
✧ IDA ―「森林保全・管理投資融資」
森林に依存した生活を送っている農村部の家庭や失業者に便益を提供す
るもの。この融資は、植林地の管理・開発に民間セクターを参加させる、
森林の持続可能な管理・保護のためのフレームワークを確立する。
総コスト: 4,000 万ドル。
✧ IDA ―「農村給水・衛生融資」
250 の農村社会の約 65 万人を対象として、給水・衛生サービスの拡大
を図るもの。
総コスト: 2,770 万ドル。
IDA ―「プログラム構造調整融資」
IDA 融資の継続分。
142
世界銀行年次報告書 2002
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
テーマ a
✧ IDA ―「ビクトリア湖環境管理補完融資」
ENRM 2001/12/13 2012/2041
承認日
返済期間
SDRb
US$
4.0
5.0
ビクトリア湖への原水の供給を維持し、家庭・動物用として使用するた
めに適切な水質を維持し、かつホテイアオイの繁殖の範囲と深刻度を緩
和することを目指すもの。
総コスト: 510 万ドル。
✧ IDA ―「ソンゴソンゴ・ガス開発・発電投資融資」
パイプライン沿いの 25 の村落(ソンゴソンゴ島の住民)を対象として、
FPSD
2001/10/9
2011/2041
145.7
183.0
HD
2001/10/9
2011/2041
119.1
150.0
ENRM
2001/7/3
2011/2041
5.0
6.3
RD
2001/12/13 2012/2041
38.3
49.1
HD
2002/3/26
2012/2041
4.0
5.0
FPSD
2001/7/3
2011/2041
48.0
62.0
RD
2001/7/3
2011/2041
50.9
64.5
PSG
2002/5/16
2010/2041
5.3
6.7
2,981.5
3,793.5
電気と安全な飲料水を提供するもの。
総コスト: 2 億 9,520 万ドル。
✧ IDA ―「初等教育推進構造調整融資」
子供達の就学率を改善すると共に、労働条件の改善及び専門知識習得機
会の提供を通じて、教師による授業の質の改善を図るもの。
総コスト: 1 億 5,000 万ドル。
✧ IDA ―「キハンシ下流環境管理技術支援融資」
キハンシ渓谷の生態系の保全・管理を支援すると共に、良く調整され、
かつ一貫性のある、環境・水資源管理のための法的・制度的フレームワ
ークの策定を支援するもの。
総コスト: 630 万ドル。
ウガンダ
✧ IDA ―「農村電化対応プログラム融資」
農村部の家庭に電力を安定的に供給し、もって、農村の生産性と所得の
改善を図るもの。
総コスト: 1 億 2,330 万ドル。
✧ IDA ―「マケレレ大学訓練実験的学習・革新融資」
同国の地方自治体の能力強化、及び行政サービスの改善を通じて、授
業・学習環境の改善を図るもの。
総コスト: 1,100 万ドル。
✧ IDA ―「第 4 次電力投資融資」
同国の消費者に安定的に電力を供給することを目指すもの。電力セクタ
ーの民営化により、政府の貧困削減プログラムが側面的に支援されるこ
とになる。
総コスト: 8,930 万ドル。
✧ IDA ―「第 2 次道路開発対応プログラム融資」
農村部の道路ユーザーの走行時間と輸送コストの削減を図るもの。舗装
などによる道路の強化により、車両走行コスト及びインフラ保守コスト
が低減される。
総コスト: 9,700 万ドル。
ザンビア
IDA ―「第 5 次財務持続可能性融資」
IDA 融資の継続分。
合 計
✧ これは、世銀援助プロジェクトの設計段階からプロジェクトの進行のモニタリング及び結果の評価段階まで、様々なレベルにシビルソサエティが参加していること
を示す。
注:数字は四捨五入されている。
a. EM :経済政策。ENRM :環境・天然資源管理。FPSD :金融・民間セクター開発。HD :人的開発。PSG :公共セクター運営。RD :農村開発。RL :法規。SDGI :
社会開発・ジェンダー・参加。SPRM :社会的保護・リスク管理。TI :貿易・統合。UD :都市開発。囲み 2.1 を参照。
b. IDA 融資は、SDR(特別引出権)で承認された。2002 年度における SDR の交換レートは、1 SDR = $1.265 であった。
第6章
世界銀行について
143
表
表 6.9 2002 年度に承認された融資、東アジア・大洋州地域
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
カンボジア
IDA ―「経済・社会セクター・キャパシティ・ビルディング技術支援融資」
国民に行政サービスを提供することを目指すもの。一部の政府関係者を
対象としたキャパシティ・ビルディングによって、これら関係者は、グ
ローバル・ディベロップメント・ラーニング・ネットワーク・センター
の確立をはじめ、重要な開発業務を遂行できるようになる。
総コスト: 580 万ドル。
✧ IDA ―「土地管理・行政投資融資」
10 の県とプノンペン市の約 500 万人を対象として、確実な土地所有権
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
US$
PSG
2002/6/25
2012/2042
4.4
5.5
ENRM
2002/2/26
2012/2042
19.3
24.3
PSG
2001/8/23
2012/2041
14.7
18.4
FPSD
2002/6/25
2008/2022
適用なし
105.0
FPSD
2002/6/6
2008/2022
適用なし
100.0
ENRM
2002/4/16
2009/2018
適用なし
93.9
HD
2002/3/21
2010/2022
適用なし
104.0
FPSD
2002/1/29
2007/2022
適用なし
160.0
証書を発給するもの。
総コスト: 3,390 万ドル。
✧ IDA ―「復員・社会復帰投資融資」
政府による 3 万人の軍人の復員を支援するものであって、社会経済的資
産、保健医療及び訓練機会の提供を通じて、復員軍人の社会復帰を支援
するものである。
総コスト: 4,200 万ドル。
中 国
✧ IBRD ―「湖北省貧困地域水力発電開発投資融資」
4 つの貧しい県にそれぞれ中・小型発電所を建設し、かつ湖北省の送電
網に販売することによって、経済成長の促進及び電力セクターの強化を
図るもの。
総コスト: 2 億 2,240 万ドル。
✧ IBRD ―「内モンゴル幹線道路投資融資」
輸送インフラの費用対効果と安全性の改善、及び当地域の社会・経済的
発展に対する支援を通じて、経済成長の加速と低所得層の人々の生活条
件の改善を目指すもの。
総コスト: 2 億 6,870 万ドル。
✧ IBRD ―「持続可能森林開発投資融資」
森林の保全管理及び持続可能な利用・開発のための、地域社会が管理す
る参加型の実行可能なシステムを構築することを通じて、約 275 万人―
ほとんどが女性と少数民族―に便益を提供することを目指すもの。自然
林と生物多様性の保護も推進する。
総コスト: 2 億 3,060 万ドル。
✧ IBRD ―「TB 抑制投資融資」
すべての人々に無償で診断を行い、かつ TB 患者に無償で治療を行う全
国的な TB 抑制プログラムを実施することで、TB 患者の死亡率を低減さ
せ、もって、16 の省の 6 億 8,800 万人に便益を提供するもの。
総コスト: 2 億 4,230 万ドル。
✧ IBRD ―「国有鉄道投資融資」
中国北西部の宝鶏から蘭州までの既存の鉄道を広軌化し、かつ中国の国
有鉄道の改革を支援することを通じて、中国の貧しい地域社会の一部に
便益を提供するもの。
総コスト: 13 億ドル。
144
世界銀行年次報告書 2002
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
インドネシア
✧ IBRD ―「グローバル・ディベロップメント・ネットワーク研修・革新融資」
グローバル・ディベロップメント・ラーニングの有効性と持続可能性を
テストするもの。遠隔研修・通信技術により、4 つのセンターの開発情
報・大学プログラムの利用機会が拡大される。
総コスト: 360 万ドル。
✧ IBRD/IDA ―「第 2 次都市貧困投資融資 c」
テーマ a
承認日
返済期間
HD
2002/6/28
2008/2022
適用なし
2.7
UD
2002/6/11
2002/6/11
2008/2022
2012/2037
適用なし
55.7
29.5
70.5
政府と地域団体の協力関係強化を通じて、都市部の貧しい人々
に提供する資金、社会福祉及びインフラ・サービスを改善すると共に、
貧しい人々に対し、公共セクターの意思決定に関して発言権を付与する
ことを目指すもの。
総コスト: 1 億 2,690 万ドル。
✧ IBRD ―「インドネシア東部輸送投資融資」
SDRb
US$
FPSD
2001/12/11 2007/2021
FPSD
2002/6/25
2012/2042
13.5
17.0
FPSD
2002/6/25
2012/2042
6.8
8.5
SPRM
2002/6/25
2012/2042
15.3
19.3
FPSD
2002/6/11
2012/2041
4.0
5.0
RD
2002/6/11
2012/2042
15.0
18.7
適用なし
200.0
道路の保守、交通の安全性の向上及び権限委譲による計画策定を通じて、
2,200 万人の住民に経済成長と社会福祉の改善という形態で便益を提供
するもの。
総コスト: 2 億 6,400 万ドル。
ラオス
IDA ―「金融セクター運営構造調整融資」
公共支出管理の改善を通じての金融セクターの改革、及び国営企業の改
革・発展を支援するもの。この融資は、「金融セクター運営キャパシテ
ィ・ビルディング投資融資」を補完するものである。
総コスト: 1,700 万ドル。
IDA ―「金融セクター運営キャパシティ・ビルディング投資融資」
公共支出管理の改善を通じての金融セクターの改革、及び国営企業の改
革・発展を支援するもの。この融資は、「金融セクター運営構造調整融
資」を補完するものである。
総コスト: 950 万ドル。
✧ IDA ―「貧困削減資金投資融資」
地域の公共インフラの開発、行政サービスの利用機会の拡大、及び意思
決定プロセスに参加するエンパワーメントを通じて、対象の約 22 の貧
しい地方の地域社会を支援するもの。
総コスト: 2,170 万ドル。
モンゴル
IDA ―「金融セクター・キャパシティ・ビルディング投資融資」
民間銀行の信用リスク管理、決済システムの近代化、及び貯蓄銀行の解
散プロセスの統制を通じて、金融セクターを改善し、かつ金融仲介機能
を強化することを目指すもの。
総コスト: 550 万ドル。
✧ IDA ―「持続可能な生活水準対応プログラム融資」
全国的な貧困削減戦略の変更、並びに、農村部におけるリスク管理、小
口金融の提供、地域的なイニシアティブの実施及びプログラム管理を通
じて、全国の貧しい家庭と脆弱な家庭に便益を提供することを目指すも
の。
総コスト: 2,210 万ドル。
(次の頁に続く)
第6章
世界銀行について
145
表 6.9 2002 年度に承認された融資、東アジア・大洋州地域(続き)
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
✧ IDA ―「法律・司法改革投資融資」
テーマ a
RL
承認日
返済期間
2001/12/21 2012/2041
SDRb
US$
4.0
5.0
情報提供を改善するための新たな手法の策定・テスト、専門的裁判所の
創設、及び法律教育の充実を通じて、透明で、効果的な法律・司法シス
テムの推進を目指すもの。
総コスト: 560 万ドル。
パプアニューギニア
IBRD ―「道路保守・修復投資融資」
道路の保守・修復、及び橋梁の架け替え・修復を通じて輸送条件を改善
することによって、約 130 万人の住民に便益を提供するもの。
総コスト: 5,920 万ドル。
✧ IBRD ―「森林・保全投資融資」
FPSD
2002/6/6
2008/2022
適用なし
40.0
ENRM 2001/12/18 2010/2021
適用なし
17.4
2010/2019
適用なし
100.0
FPSD
2002/10/18 2010/2021
適用なし
30.0
SPRM
2002/5/30
2012/2042
4.7
5.9
FPSD
2002/6/25
2012/2042
177.9
225.0
RD
2002/5/30
2012/2042
160.2
200.0
同国の森林資源の保全を通じて生物多様性を保護し、かつ炭素吸収源を
維持することによって、森林所有者、地域社会の住民及び政府に便益を
提供するもの。
総コスト: 3,930 万ドル。
フィリピン
✧ IBRD ―「第 2 次社会的支出管理投資融資」
行政サービスに財源を配分する予算管理部門による監督・管理を通じ
て、社会セクターの 3 部門―教育、保健及び社会福祉―の透明なガバナ
ンスを推進することを目指すもの。
総コスト: 1 億 1,540 万ドル。
✧ IBRD ―「地方自治体都市給水・衛生対応プログラム融資」
政府と民営水道会社が 250 の都市で商業ベースの給水・衛生サービスを
提供するのを支援するための第 2 次対応プログラムである。
総コスト: 3,000 万ドル。
PSG
2002/6/4
トンガ
✧ IDA ―「サイクロン緊急復興・管理投資融資」
緊急リスク管理能力を強化すると共に、貧しい人々とホームレスの人々
に避難所を提供し、自然災害に対する抵抗力を高めることで、これらの
人々の生活条件を改善することを目指すもの。
総コスト: 560 万ドル。
ベトナム
IDA ―「システム効率改善・公平化・再生可能資源投資融資」
電力システムの改善と貧しい人々によるエネルギー利用機会の改善を通
じて、農村地域の貧困削減に寄与することを目指すもの。再生可能資源
を利用して、温室効果ガスの排出量を減少させる。
総コスト: 3 億 5,240 万ドル。
✧ IDA ―「第 2 次農村地域金融・金融仲介投資融資」
約 9 万の小企業と農家に融資を行うもの。農村地域の金融サービスを改
善することによって、貧しい人々のために雇用を創出し、彼らの所得を
増加させる。
総コスト: 2 億 9,820 万ドル。
146
世界銀行年次報告書 2002
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
✧ IDA ―「地域輸血センター投資融資」
21 県の約 3,000 万人を対象として、4 ヶ所の地域輸血センターで安全な
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
US$
HD
2002/4/16
2012/2042
30.8
38.2
HD
2001/12/20 2012/2041
15.6
19.8
RD
2001/10/25 2012/2041
87.9
110.0
629.8
1,773.6
輸血サービスを提供するもの。
総コスト: 4,750 万ドル。
✧ IDA ―「小学校教師育成投資融資」
教育施設の改善、及び 23,000 人の教師に対する訓練の改善と専門技能
の育成を通じて、同国における 10 県の 75 万人の小学生に便益を提供す
るもの。
総コスト: 3,570 万ドル。
✧ IIDA ―「北部山岳地帯貧困削減投資融資」
農村地域の 100 万人の貧しい人々に対し、教育・保健サービス、農業生
産性の向上、飲料水、輸送サービスの改善及び販売サービスなどを提
供・実施するもの。
総コスト: 1 億 3,250 万ドル。
合 計
✧ これは、世銀援助プロジェクトの設計段階からプロジェクトの進行のモニタリング及び結果の評価段階まで、様々なレベルにシビルソサエティが参加していること
を示す。
注:数字は四捨五入されている。
a. EM :経済政策。ENRM :環境・天然資源管理。FPSD :金融・民間セクター開発。HD :人的開発。PSG :公共セクター運営。RD :農村開発。RL :法規。
SDGI :社会開発・ジェンダー・参加。SPRM :社会的保護・リスク管理。TI :貿易・統合。UD :都市開発。囲み 2.1 を参照。
b. IDA 融資は、SDR(特別引出権)で承認された。2002 年度における SDR の交換レートは、1 SDR = $1.265 であった。
c. IBRD 融資と IDA 融資の同時実行。
第6章
世界銀行について
147
表
表 6.10 2002 年度に承認された融資、南アジア地域
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
アフガニスタン
✧ IDA ―「緊急地域エンパワーメント・公共事業グラント」
同国政府の「全国連帯プログラム」を支援するもの。このプログラムは、
復員軍人、及び旱魃・紛争のために故郷を離れていた帰還難民のために、
農村地域で雇用を創出することに重点を置いて地域社会を支援するもの
である。小規模な機能回復訓練により経済活動の後押しを目指す。
総コスト: 4,200 万ドル。
✧ IDA ―「緊急教育復興・開発グラント」
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
US$
SDGI
2002/6/6
適用なし
33.7
42.0
HD
2002/6/6
適用なし
12.1
15.0
SDGI
2002/6/6
適用なし
26.5
33.0
PSG
2002/4/4
適用なし
8.1
10.0
RD
2002/6/25
2012/2042
153.0
191.0
FPSD
2002/6/19
2012/2042
3.9
5.0
PSG
2002/5/2
2012/2042
3.6
4.5
HD
2002/3/12
2012/2042
96.4
120.9
復員軍人、戦争未亡人及び女性を対象とした研修・技能開発を図ると共
に、総合・単科大学の復興、教育政策の策定、及び遠隔研修センターの
設立を支援するもの。
総コスト: 1,500 万ドル。
IDA ―「緊急インフラ復興グラント」
小都市で緊急に必要とされている給水・衛生サービス、カブールでの衛
生サービス及び、すべての都市での電力供給の復興を支援するもの。都
市の公共事業の創出により、都市部の人々に短期的な雇用機会が生まれ
る。
総コスト: 3,300 万ドル。
IDA ―「緊急行政グラント」
調達、財政管理及び監査などの主要行政機能に関して、政府を支援する
もの。これにより、戦争で荒廃した同国の復興・発展のために、公的資
金を効果的に使用することが可能になる。
総コスト: 1,000 万ドル。
バングラデシュ
✧ IDA ―「農村電化・再生可能エネルギー開発投資融資」
農村地域における環境に優しいエネルギーの利用機会を拡大することに
よって、約 70 万の家庭と小企業に便益を提供するもの。
総コスト: 2 億 9,830 万ドル。
IDA ―「貧しい人々の研修・革新のための金融サービス融資」
革新的な手法で貧困を削減し、セーフティネットと慈善に依存して生活
している人々に小口融資を行い、かつ貧しい人々が貧困サイクルから抜
け出せるように支援するためのモデルの探究を目指すもの。
総コスト: 600 万ドル
IDA ―「公共調達改革融資」
公共セクターが必要とする資材、工事及びサービスの調達に関連する汚
職を減らし、かつ調達の効率性を高めることを目指すもの。調達に関す
る規則、手続及び管理方法を改革することにより、公的資金を国民の利益
になるような方法で適切に使用することができるようになる。
総コスト: 490 万ドル。
✧ IDA ―「第 2 次女子中等教育支援投資融資」
中等教育就学率を引き上げ、かつその教育内容を改善するもの。農村地
域に適用される学費援助などを通じて、最大で 145 万人の女子が便益を
受ける。
総コスト: 1 億 4,460 万ドル。
148
世界銀行年次報告書 2002
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
UD
2002/6/18
2002/6/18
2008/2022
2012/2037
62.5
463.0
79.0
SPRM
2002/5/2
2012/2037
356.0
442.8
RD
2002/4/25
2012/2036
80.0
98.9
UD
2002/3/14
2007/2021
適用なし
FPSD
2002/3/14
2012/2036
47.5
PSG
2002/3/14
2002/3/14
2007/2022
2012/2036
101.0
2002/3/14
2002/3/14
2007/2022
2012/2036
40.5
RD
2002/2/19
2012/2036
110.0
140.0
RD
2002/2/19
2012/2036
117.0
149.2
ENRM 2001/12/18 2012/2036
119.0
151.6
US$
インド
✧ IBRD/IDA ―「ムンバイ都市輸送投資融資 c」
道路の交通状態の改善、及び鉄道線路近くの、危険な不法占拠
地域から約 2 万軒の貧しい家庭を他の場所に移動することを通じて、ム
ンバイの交通渋滞を緩和し、かつ郊外鉄道の能力とサービスの質を改善
するもの。
総コスト: 9 億 4,500 万ドル
IDA ―「グジャラート州緊急地震復興融資」
適用なし
現在実施されている「グジャラート州緊急地震復興融資」の第 2 段階のも
ので、現在の復興工事の完成と防災体制の確立を目指すもの。
総コスト: 5 億 370 万ドル。
✧ IDA ―「カルナタカ州地域主導溜池管理投資融資」
溜池を開発する責任を村民に与えて貧しい農村地域の水資源を管理する
という地域社会のアプローチを支援することで、貧困削減を図るもの。
総コスト: 1 億 2,500 万ドル。
✧ IBRD ―「ケララ州輸送投資融資」
255.0
同州の住民のために、道路を拡張し、かつ道路の安全性と効率性を改善
するための安全プログラムを実施するもの。
総コスト: 3 億 3,600 万ドル。
✧ IDA ―「ミゾラム州道路投資融資」
60.0
州道の修復・保守を通じて道路の能力、質及び安全性を改善することで、
同州の総人口の約 70% に便益を提供するもの。
総コスト: 7,000 万ドル。
IBRD/IDA ―「アンドラプラデシュ州経済改革投資融資 c」
同州で実施されている大規模な経済・構造改革プログラムを支
援するもの。
総コスト: 2 億 5,000 万ドル。
IBRD/IDA ―「第 2 次カルナタカ州経済再編投資融資 c」
PSG
現在実施中の地域社会を対象とした改革アジェンダを支援する
プロジェクトの第 2 段階のもの。このプロジェクトは次の 4 つの分野で
構成されている。すなわち、財政・公共支出の改革、行政改革、民間セ
クター開発、及び貧困状況調査である。
総コスト: 1 億ドル。
✧ IDA ―「ラジャスタン州水資源セクター再編投資融資」
適用なし
適用なし
125.0
125.0
50.0
50.0
特に灌漑セクターの管理改善などによって、貴重な水資源の持続可能な
開発・利用を推進することで、25 万軒の農家に便益を提供するもの。
総コスト: 1 億 8,020 万ドル。
✧ IDA ―「ウッタルプラデシュ州水資源セクター再編投資融資」
水資源管理・灌漑セクターの根本的改革を通じて、農村地域の 2 万
2,000 軒の農家に便益を提供するもの。
総コスト: 1 億 7,370 万ドル。
IDA ―「第 2 次カルナタカ州農村給水・衛生投資融資」
安全な飲料水の提供、衛生状況の改善、及び衛生慣習の改善を通じて、
農村地域の 400 万人の住民に便益を適用するもの。
総コスト: 1 億 9,340 万ドル。
(次の頁に続く)
第6章
世界銀行について
149
表 6.10 2002 年度に承認された融資、南アジア地域(続き)
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
ネパール
✧ IDA ―「電気通信セクター改革投資融資」
政策と規制に関する政府の能力を強化すると共に、通信サービスの利用
機会を拡大することで、すべての農村地域の約 25% に便益を適用する
もの。
総コスト: 2,460 万ドル。
パキスタン
IDA ―「第 2 次構造調整融資」
同国の改革プログラムと債務削減戦略の実施を支援し、ガバナンスの改
善を通じて国際収支の改善を支援し、かつ社会事業(教育、保健・医療
など)支出の拡大を図るもの。
総コスト: 5 億ドル。
IDA ―「金融セクター再編・民営化投資融資」
現在国有化されている 3 つの商業銀行が民営化の準備として再編を行う
テーマ a
FPSD
EM
FPSD
SDRb
US$
17.5
22.6
2012/2037
395.2
500.0
2001/10/23 2012/2036
239.5
300.0
59.3
75.0
2,082.3
3,508.5
承認日
返済期間
2001/12/11 2012/2041
2002/6/11
のを支援することで、競争力のある金融システムの確立を図るもの。
総コスト 5 億 4,000 万ドル。
スリランカ
✧ IDA ―「農村経済開発のための再生可能エネルギーに関する投資融資」
農村地域の生活の質を改善するもの。民間セクターは、再生可能エネル
ギー資源を使用して発電を行って、 10 万軒の家庭、及び農村地域の
1,000 の中小企業と公共機関に電力を供給する。
総コスト: 1 億 3,370 万ドル。
合 計
RD
2002/6/20
2012/2042
✧ これは、世銀援助プロジェクトの設計段階からプロジェクトの進行のモニタリング及び結果の評価段階まで、様々なレベルにシビルソサエティが参加していること
を示す。
注:数字は四捨五入されている。
a. EM :経済運営。ENRM :環境・天然資源管理。FPSD :金融・民間セクター開発。HD :人的開発。PSG :公共セクター・ガバナンス。RD :農村
開発。RL :法規。SDGI :社会開発・ジェンダー・参加。SPRM :社会的保護・リスク管理。TI :貿易・統合。UD :都市開発。囲み 2.1 を参照。
b. IDA 融資は、SDR(特別引出権)で承認された。2002 年度における SDR の交換レートは、1 SDR = $1.265 であった。
c. IBRD 融資と IDA 融資の同時実行。
150
世界銀行年次報告書 2002
表
表 6.11 2002 年度に承認された融資、ヨーロッパ・中央アジア地域
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
アルバニア
✧ IDA ―「道路保守投資融資」
農村地域における道路ネットワークの管理・保守の効率改善を通じて、
輸送コストを低減し、事故発生率を引き下げ、かつ農村地域による道路
の利用や重要な社会事業の利用機会を改善することを目指すもの。その
結果、貧しい人々にも便益がもたらされる。
総コスト: 2,090 万ドル。
IDA ―「金融セクター構造調整融資」
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
US$
RD
2002/6/27
2012/2042
13.5
17.0
FPSD
2002/6/20
2012/2042
12.0
15.0
SPRM
2002/6/20
2012/2042
16.0
20.0
FPSD
2002/6/20
2012/2042
24.0
29.9
RD
2002/2/28
2012/2041
4.4
5.6
ENRM
2002/6/4
2012/2042
6.7
8.3
TI
2002/4/16
2012/2042
0.8
1.0
2001/11/29 2012/2041
3.9
5.0
政府の金融セクター改革プログラムを支援するもの。この改革プログラ
ムは、次の 3 つの分野で構成されている。すなわち、金融セクターの継
続的な改革、破産・債務解決フレームワークの強化、及びノンバンク・
セクターの改革である。
総コスト: 1,500 万ドル。
IDA ―「貧困削減支援融資」
政府の経済成長・貧困削減戦略を支援するもの。この融資は、分野横断
的で革新的な様々な公共セクター改革を支援すると共に、行政サービス
と社会的セーフティネットの有効性を改善するための優先的施策を支援
する。
総コスト: 2,000 万ドル。
IDA ―「電力セクター再建・再編投資融資」
送電ロスの削減、請求の適正化、及び料金低減措置などを通じて、電力
セクターの操業の有効性を大幅に改善することを目指すもの。これによ
り、都市と農村の低所得家庭に便益を提供する。
総コスト: 3,510 万ドル。
✧ IDA ―「漁場開発投資パイロット融資」
漁業セクター管理の改善を通じて、海洋と湖沼の漁業の経済的・環境的
持続可能性を改善するもの。さらに、地元の漁場の共同管理を通じて、
猟師、その家族及びサプライヤー(計、約 6,500 人)に便益を提供す
る。
総コスト: 670 万ドル。
アルメニア
✧ IDA ―「天然資源管理・貧困削減投資融資」
アルメニア北部のタボウシュ地域とゲガルクニク地域を対象として、持
続可能な資源管理手法の採用と貧困削減の促進を図るもの。これにより、
100 の村の約 27 万 3,000 人に便益を提供する。
総コスト: 1,340 万ドル
IDA ―「外国投資・輸出促進研修・改革融資」
処理プロセスを一元化し、かつ投資・輸出促進戦略を実施する主務機関の
設置が投資や輸出の拡大につながるかどうかをテストするもの。
総コスト: 130 万ドル。
IDA ―「事業インキュベーター研修・革新投資融資」
FPSD
同国の人的資本の開発を阻害している制度的障害(特にビジネス環境に
関するもの)を除去することによって、貧困を削減し、かつ経済成長の
促進を目指すもの。
総コスト: 760 万ドル。
(次の頁に続く)
第6章
世界銀行について
151
表 6.11 2002 年度に承認された融資、ヨーロッパ・中央アジア地域(続き)
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
✧ IDA ―「灌漑開発投資融資」
30,000 件の農家を対象として、優遇策と制度改革を通じて、灌漑農業
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
US$
RD
2001/8/30
2011/2041
19.8
24.9
PSG
2002/6/18
2012/2037
7.5
9.5
PSG
2002/3/12
2012/2037
48.4
60.0
ENRM
2002/6/20
2012/2037
14.3
18.0
FPSD
2002/5/30
2012/2037
35.3
44.0
FPSD
2002/3/28
2012/2036
24.2
30.0
FPSD
2002/2/28
2012/2036
8.0
10.0
SPRM
2001/12/4
2007/2016
HD
2001/8/28
2011/2041
の利益率と持続可能性の改善を図るもの。
総コスト: 3,080 万ドル。
アゼルバイジャン
IDA ―「第 2 次制度構築技術支援融資」
公共セクターの財政管理の透明性と説明責任に重点を置いた技術支援の
提供、及び貧困削減のための公共支出とその効果の調査の強化を通じて、
納税者と国民に便益を提供するもの。
総コスト: 1,340 万ドル。
IDA ―「第 2 次構造調整融資」
均衡の取れた経済成長、雇用創出及び貧困削減を実現するために過去 2
年にわたって政府が実施した改革プロジェクトの加速を目指すもの。
総コスト: 6,000 万ドル。
ボスニア・ヘルツェゴビナ
✧ IDA ―「固形廃棄物管理投資融資」
持続可能な環境と費用対効果の大きな固形廃棄物管理サービスの利用拡
大を通じて、80 万人を超える人々に便益を提供するもの。
総コスト: 2,100 万ドル。
IDA ―「ビジネス環境構造調整融資」
投資環境を改善し、国内外の投資を引き付け、かつ企業の参入、操業、
解体に関わる障壁を除去するための政府の改革を支援するもの。これに
より、民間セクターが活性化し、雇用が創出され、生活水準が改善す
る。
総コスト: 4,400 万ドル。
IDA ―「道路管理・安全投資融資」
質の悪い道路の修復を通じて交通の流れを改善し、かつ事故を減少させ
ることで、道路の利用者に便益を提供することに加えて、民間セクター
の成長と雇用創出を支援するもの。
総コスト: 4,150 万ドル。
IDA ―「民間セクター融資・金融仲介融資」
銀行融資などの利用機会を拡大することによって、民間セクターの成長
を促進すると共に、民間企業と銀行に便益を提供するもの。
総コスト: 1,600 万ドル。
クロアチア
✧ IBRD ―「構造調整融資」
政策の管理、財政規律の遵守、市場制度の強化、労働市場の弾力化、及
び社会的保護の強化を通じて、同国経済の競争力の改善を目指すもの。
総コスト: 2 億 200 万ドル。
グルジア
IDA ―「保健・医療プロジェクト補完融資」
公共・民間セクター労働者の保健規則の確立を通じて、国民(特に女性
と子供)が質の高い保健医療を受ける機会を拡大することを目指すも
の。
総コスト: 280 万ドル。
152
世界銀行年次報告書 2002
適用なし
2.2
202.0
2.7
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
キルギス
✧ IDA ―「農村地域給水・衛生投資融資」
イシククル、ナリン及びタラス・オブラスツ地域の約 35 万人の住民を
対象として、衛生状態を改善すると共に、より多くの人々に飲料水を提
供するもの。
総コスト: 2,460 万ドル。
ラトビア
✧ IBRD ―「住宅プロジェクト研修・革新融資」
一般家庭、住宅組合及び金融機関に様々な融資手法を紹介した上で、資
格のある人がこれらの新たな融資手法を使用して、高利回りの投資案件
(現在は、民間金融機関はこのような案件には融資していない)に投資
することが可能かどうかを判断しようとするもの。
総コスト: 280 万ドル。
リトアニア
IBRD ―「教育改善投資融資」
教育に配分される資金、人的資源及び物理的資源の利用の効率化を通じ
て、5 年生から 10 年生に対する授業の質を改善することを目指すもの。
これにより、1 年生から 12 年生の約 60 万人の児童・生徒に便益が提供
される。
総コスト: 4,540 万ドル。
✧ IBRD ―「ビリニュス地域暖房投資融資」
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
US$
RD
2001/12/4
2012/2041
12.0
15.0
FPSD
2002/4/25
2007/2019
適用なし
2.0
HD
2002/6/20
2007/2019
適用なし
25.4
UD
2001/8/23
—/2018
適用なし
17.1
SDGI
2002/5/30
2012/2022
4.1
5.0
PSG
2002/4/9
2012/2036
12.1
15.0
EM
2001/12/13 2012/2021
11.6
15.0
RD
2002/6/20
8.3
10.5
コスト削減、信頼性向上及び安定的な温度管理に重点を置いて暖房サー
ビスの質を改善しようとしている政府の取り組みを支援することで、地
域住民に便益を提供するもの。
総コスト: 6,450 万ドル。
マケドニア
✧ IDA ―「地域開発投資融資」
政府の紛争復興活動を支援し、かつ地域社会主導の小規模なイニシアテ
ィブを試験的に試みるもの。地域社会は、社会的緊張の緩和、及び現地
の社会資本の蓄積という形で便益を受ける。
総コスト: 960 万ドル。
IDA ―「公共セクター運営構造調整融資」
重要な制度の強化、並びに、公的資金の使用に関する説明責任、透明性
及び効率性の改善を通じて、持続可能な経済成長を加速し、かつ行政サ
ービスを改善を目指すもの。
総コスト: 1,500 万ドル。
IDA ―「緊急経済復興投資融資」
民間セクターによる重要製品の輸入拡大を通じて、内戦で疲弊した経済
活動の回復を図るもの。
総コスト: 1,500 万ドル。
モルドバ
IDA ―「農村地域投資・サービス対応プログラム融資」
農村地域における事業、経済活動の多角化及び交易の推進を通じて、農
村地域の人々の所得と生活条件の改善を目指すもの。さらに、一般農家
と企業による法定所有権や知識の取得、及び一般農家と企業が融資を受
ける機会を拡大するものである。
総コスト: 1,970 万ドル。
2012/2042
(次の頁に続く)
第6章
世界銀行について
153
表 6.11 2002 年度に承認された融資、ヨーロッパ・中央アジア地域(続き)
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
IDA ―「第 3 次構造調整投資融資」
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
US$
PSG
2002/6/20
2012/2042
24.1
30.0
FPSD
2001/11/20 2009/2034
4.0
5.0
貧困削減施策のモニタリングと評価の改善、及びすべての国民のための
教育・保健医療サービスの改善を通じて、政府が持続的経済成長の基礎
を固めるのを支援するもの。
総コスト: 3,000 万ドル。
✧ IDA ―「構造調整融資」
IDA 融資の継続分。
ポーランド
✧ IBRD ―「第 2 次無煙炭セクター構造調整融資」
失職する炭鉱労働者が次の就職先を見つけるのを支援し、石炭産業によ
る税金の支払いを免除し、同産業の民営化準備を支援し、かつ同産業の
環境対策を改善などを通じて、石炭産業を競争力を備えた利益率の高い
セクターに再編を支援するもの。
総コスト: 1 億ドル。
ルーマニア
✧ IBRD ―「農村開発対応プログラム融資」
地域のグループによる公共投資案件の受注を増やし、かつ貧しい農村地
域での持続可能なインフラの建設拡大を通じて、地方自治体のガバナン
スの強化を目指すもの。
総コスト: 5,340 万ドル。
✧ IBRD ―「第 2 次社会開発基金対応プログラム融資」
社会開発プロジェクトの実施を通じて、250 の農村地域の社会資本を拡
FPSD
2001/8/2
2011/2011
適用なし
100.0
RD
2002/3/19
2006/2019
適用なし
40.0
2001/12/20 2006/2018
適用なし
20.0
SDGI
大すると共に、これらの地域の貧しい人々をこれらのプロジェクトに参
加させることを目指すもの。
総コスト: 2,870 万ドル。
ロシア
IBRD ―「財務省近代化対応プログラム融資」
政府が機能的な財務省を確立するのを支援すると共に、現金管理の改善、
及び承認された予算に従って歳出を確実に実行していくことで、国民全
体に便益を提供することを目指すもの。
総コスト: 6 億 6,300 万ドル。
IBRD ―「財政連邦主義・地方財政改革構造調整融資」
PSG
2002/6/6
2008/2019
適用なし
231.0
PSG
2002/1/29
2007/2018
適用なし
120.0
SPRM
2002/2/21
2006/2016
適用なし
23.5
FPSD
2001/8/2
2007/2015
適用なし
177.3
社会的支出・支援の対象を効果的に選定することで、貧しい人々に便益
が生じるような財政改革を支援するもの。
総コスト: 1 億 2,000 万ドル。
スロバキア
IBRD ―「社会保障給付・改革運営投資融資」
管理方法の改善を通じて、費用効果が大きく、効率的な社会保障制度の
確立を図るもの。これにより、労働者と社会保障給付受給者(計、約
350 万人)に便益が提供される。
総コスト: 4,030 万ドル。
IBRD ―「企業・金融セクター構造調整融資」
金融システムの再編、及び破産やコーポレート・ガバナンスに関する法
的フレームワークの大幅な改善をはじめ、銀行と企業に関する改革を支
援するもの。
総コスト: 1 億 7,730 万ドル。
154
世界銀行年次報告書 2002
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
タジキスタン
IDA ―「パミール高原民間発電融資」
タジキスタンのゴルノ・バダフシャン自治州において、民間セクターを
参入させて、資金的、環境的及び社会的に持続可能な方法で電力の安定
供給を図ることで、消費者に便益を提供するもの。
総コスト: 2,640 万ドル。
✧ IDA ―「ドゥシャンベ給水投資・保守融資」
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
US$
FPSD
2002/6/27
2012/2042
7.9
10.0
UD
2002/6/18
2012/2042
13.5
17.0
SPRM
5/21/02
2012/2042
11.1
13.8
FPSD
2002/4/16
2002/4/16
2007/2017
2005/2007
適用なし
適用なし
550.0
800.0
HD
2001/9/13
2007/2016
適用なし
500.0
FPSD
2001/7/12
2001/7/12
2006/2018
2004/2006
適用なし
適用なし
700.0
400.0
RD
2001/7/12
2006/2018
適用なし.
600.0
FPSD
2002/3/28
2010/2021
適用なし
既存施設の修復、並びに、資金・発注管理の方法を改良して財務状態と
手続の改善を通じて、ドゥシャンベ地域の人々を対象とした給水事業の
安全性、信頼性、効率性及び経済性を改善するもの。
総コスト: 1,940 万ドル。
✧ IDA ―「第 2 次貧困削減投資融資」
脆弱な人々と極貧状態にある人々の生活水準の改善を図るもの。40 ∼
70 万人の人々が、小規模プロジェクト、小口融資、及び地域社会に対
するエンパワーメントによって便益を受けることになる。
総コスト: 1,830 万ドル。
トルコ
✧ IBRD ―「第 2 次プログラム別金融・公共セクター構造調整融資」
政府が改革プログラムの第 2 段階を実施するのを支援し、かつ
社会的プログラムに必要な適切な資金の確保を可能にすると共に、金融
安定化と持続的経済成長のための諸条件を実現するための政府のマクロ
経済政策フレームワークを支援するもの。
総コスト: 14 億ドル。
✧ IBRD ―「社会的リスク緩和・セクター構造調整融資」
社会事業の拡大につながる投資、及び最近の経済危機で影響を被った最
貧困層の人々に対する緊急支援の提供を通じて、同国の社会的セーフテ
ィネットの強化を図るもの。
総コスト: 6 億 3,550 万ドル。
✧ IBRD ―「プログラム別金融・公共セクター構造調整融資」
金融システムに対する信頼回復、EU 加盟のためのセクター別
の準備、及び社会的支出を維持するための緊急財政措置の実施を目指し
た改革を支援するもの。
総コスト: 11 億ドル。
✧ IBRD ―「農業改革遂行投資融資」
農家のために、販売協同組合の再編を通じて、農業改革を実施するもの。
この再編により、政府による補助金支出と販売コストが低減されると共
に、過剰労働者に対する補償金の支払いが行われる。
総コスト: 6 億 6,200 万ドル。
ウクライナ
✧ IBRD ―「民間セクター発展対応プログラム融資」
政府による規制環境の改善に対する支援、及び企業再編を実施する経営
者に対する訓練の実施を通じて、民間セクターの発展を推進するもの。
総コスト: 3,800 万ドル。
30.0
(次の頁に続く)
第6章
世界銀行について
155
表 6.11 2002 年度に承認された融資、ヨーロッパ・中央アジア地域(続き)
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
US$
✧ IBRD ―「社会投資基金融資」
SPRM
2001/12/4
2007/2022
適用なし
50.2
PSG
2001/9/20
2007/2021
適用なし
250.0
UD
2002/3/19
2002/3/19
2007/2022
2012/2037
適用なし
15.9
20.0
20.0
適用なし
36.1
経済的・社会的変化によって影響を受けた貧しい地域社会と不利な状況
に置かれているグループの生活条件を改善するための社会的・地域的サ
ービスを開発するもの。
総コスト: 7,010 万ドル。
IBRD ―「第 1 次プログラム別構造調整融資」
持続的経済成長、貧困削減及び環境保護の強化を実現するための政府の
経済成長・改革プログラムを支援するもの。
総コスト: 2 億 5,000 万ドル
ウズベキスタン
IBRD/IDA ―「ブハラ・サマルカンド給水・衛生投資融資 c」
設備の修復によって、約 65 万人に供給されている飲料水の質
を改善すると共に、事業体の強化によって給水事業の財務状態の改善を
目指すもの。
総コスト: 6,200 万ドル。
IBRD ―「農村地域企業支援投資融資」
RD
2001/12/20 2007/2021
新たに策定された民間セクター・イニシアティブの実施より、約 40 万
人が集団農場を再編するのを支援するもの。これにより、農場の生産性
と利益率が改善されることになる。
総コスト: 4,350 万ドル。
ユーゴスラビア連邦共和国
IDA ―「南東ヨーロッパ地域・貿易・輸送促進投資融資」
2 つの開発目標の達成を目指すもの。貿易業界の関係者、消費者及び生
産者は、貿易と輸送に関する非関税コストの削減、及び密輸と国境検問
所での汚職の削減で便益を受ける。
総コスト: 1,100 万ドル。
IDA ―「民間・金融セクター構造調整融資」
TI
2002/6/4
2012/2022
5.5
6.8
FPSD
002/5/23
2012/2022
68.1
85.0
HD
2002/5/2
2012/2022
8.0
10.0
PSG
2002/1/29
2012/2021
55.5
70.0
502.7
5,523.6
民間セクターの成長を加速しようとする政府の目標を支援することで、
健全な金融システムの確立を目指すもの。これにより、投資環境が改善
される。
総コスト: 8,500 万ドル。
✧ IDA ―「教育改善投資融資」
セルビア共和国政府の教育改革アジェンダを支援するもの。この IDA
融資額の半分は、約 650 の小学校の子供達と教師のために活用される。
これにより、約 25,000 人の教師と 30 万人の児童が便益を受ける。
総コスト: 1,220 万ドル。
✧ IDA ―「構造調整融資」
財政の持続可能性を確保するための改革を推進すると共に、外貨準備を
増やし、貧困を削減し、かつ持続可能な経済成長を推進するために必要
な資金を提供するもの。
総コスト: 7,000 万ドル。
合 計
✧
これは、世銀援助プロジェクトの設計段階から、プロジェクトの進行のモニタリング、及び結果の評価段階まで、様々なレベルにシビルソサエティが参加している
ことを示す。
注:数字は四捨五入されている。
a. EM :経済運営。ENRM :環境・天然資源管理。FPSD :金融・民間セクター開発。HD :人的開発。PSG :公共セクター・ガバナンス。RD :農村開発。RL :法規。
SDGI :社会開発・ジェンダー・参加。SPRM :社会的保護・リスク管理。TI :貿易・統合。UD :都市開発。囲み 2.1 を参照。
b. IDA 融資は、SDR(特別引出権)で承認された。2002 年度における SDR の交換レートは、1 SDR = $1.265 であった。
c. IBRD 融資と IDA 融資の同時実行。
156
世界銀行年次報告書 2002
表
表 6.12 2002 年度に承認された融資、ラテンアメリカ・カリブ海地域
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
アルゼンチン
✧ IBRD ―「家庭参加強化・社会資本拡大研修・革新融資」
地域の団体や NGO のサブ・プロジェクトに対する支援を通じて、地域
社会の構成員である家庭の労働市場や社会的活動への積極的な参加を図
るもの。
総コスト: 670 万ドル。
✧ IBRD ―「構造調整融資」
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
SDGI
2001/11/8
2007/2016
適用なし
5.0
PSG
2001/8/28
2005/2016
適用なし
400.0
PSG
2001/7/19
2007/2016
適用なし
330.0
FPSD
2002/4/16
2012/2037
62.0
77.0
ENRM
2001/9/18
2011/2036
4.8
6.0
RD
2002/6/27
2007/2017
適用なし
22.5
FPSD
2002/6/13
2012/2012
適用なし
454.6
FPSD
2002/6/13
2012/2012
適用なし
404.0
HD
2002/6/13
2007/2014
適用なし
160.0
US$
健康保険規制、税制及び財政管理に関する改革に対する支援、並びに、
基本的に重要な社会事業の維持を通じて、貧しい人々と脆弱な人々の生
活の質の改善を図るもの。
総コスト: 4 億ドル。
✧ IBRD ―「サンタフェ州改革構造調整融資」
サンタフェ州における貧困削減を支援すると共に、同州の財政・保健・
教育の改革、及び民間セクターの発展の推進を図るもの。これにより、
低所得層の家庭とその子供達が便益を受ける。
総コスト: 3 億 3,000 万ドル。
ボリビア
✧ IDA ―「道路修復・保守投資融資」
幹線道路と一般道路の修復・保守を行うもの。小規模農家は、複数の町
の間で取引が活発化すること、市場への出荷が容易になること、輸送時
間が短縮されること、及び事故が減少するなどの便益を受ける。
総コスト: 2 億 8,400 万ドル。
✧ IDA ―「全国土地管理補完融資」
土地所有権の登録及び約 300 万ヘクタールの農村地域を対象とした土地
所有権の登録作業を政府が完了するのを支援することを通じて、小規模
農家に便益を提供するもの。
総コスト: 1,080 万ドル。
ブラジル
✧ IBRD ―「農村地域貧困削減投資融資」
農村地域の約 8 万の家庭を対象として、給水、電化、道路修復、保健医
療施設及び学校に関する地域社会主導プロジェクトを支援するためのマ
ッチング・グラント(ある活動を行うグループの資金と同額の資金を政
府が提供するもの)の提供を通じて、貧困削減を推進するもの。
総コスト: 3,000 万ドル。
IBRD ―「エネルギー・セクター改革投資融資」
電力料金、規制改正及び電力供給量の拡大などの改革を支援することを
通じて、投資環境を改善し、かつ経済成長を促進することで、国民に便
益を提供するもの。
総コスト: 4 億 5,460 万ドル。
IBRD ―「第 2 次プログラム別金融セクター構造調整融資」
融資利用機会の提供、及び金融システム強化を図る政府のイニシアティ
ブに対する支援を通じて、貧しい人々に便益を提供するもの。
総コスト: 4 億 400 万ドル。
✧ IBRD ―「Fundescola IIIA(第 3 次学校改革)対応プログラム融資」
同国の公立学校教育の質の改善(特に、北東部、北部及び中西部の最貧
困地域に対する支援が中心)を通じて、数千人の学生に便益を提供する
もの。
総コスト: 3 億 2,000 万ドル。
(次の頁に続く)
第6章
世界銀行について
157
表 6.12 2002 年度に承認された融資、ラテンアメリカ・カリブ海地域(続き)
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
US$
✧ IBRD ―「天然資源管理・農村地域貧困削減融資」
ENRM
2002/4/25
2007/2017
適用なし
62.8
HD
2002/3/14
2007/2017
適用なし
68.0
RD
2002/1/29
2007/2017
適用なし
20.8
UD
2002/1/22
2007/2017
適用なし
209.0
UD
2001/12/4
2007/2011
適用なし
85.0
FPSD
2001/9/4
2007/2016
適用なし
14.5
FPSD
2001/8/23
2007/2016
適用なし
65.0
HD
2002/3/19
2010/2011
適用なし
75.8
PSG
2002/2/19
2007/2017
適用なし
23.2
実験的な新規技術、革新的な農業システム、及び環境に優しい手法の促
進に対してマッチング・グラント(ある活動を行うグループの資金と同
額の資金を政府が提供するもの)を提供することによって、約
105,000 人の農家と 5,000 人の先住民に便益を提供するもの。
総コスト: 1 億 750 万ドル。
✧ IBRD ―「家庭保健・医療サービス対応プログラム融資」
40 都市における公的資金による保健・医療サービスを拡大し、かつ家庭
ごとの保健・医療サービス状況を調査する保健セクターの能力を強化す
るもの。これにより、低所得家庭の人々の健康状態の改善を図る。
総コスト: 1 億 3,600 万ドル。
✧ IBRD ―「セルジッペ州農村地域貧困削減投資融資」
給水、電力及びその他の基本的サービスの利用機会の拡大を通じて、同
国北東部に位置するセルジッペ州の農村地域の 52,000 の家庭の生活水
準を改善することを目指すもの。
総コスト: 2,800 万ドル。
✧ IBRD ―「サンパウロ市地下鉄投資融資」
サンパウロ市地下鉄 4 号線の建設資金を融資することによって、同市周
辺の低所得層の人々に安全で、信頼性の高い輸送サービスを提供するも
の。
総コスト: 9 億 3,400 万ドル。
✧ IBRD ―「フォルタレザ地下鉄輸送投資融資」
都市輸送システムの開発、現在の通勤列車用線路の修復、及び輸送効率
化を図るための中継駅の改修などに対する支援を通じて、低所得層の
人々に便益を提供するもの。
総コスト: 1 億 9,380 万ドル。
IBRD ―「金融セクター技術支援融資」
同国の金融システムの安定性を高める金融セクター改革を実施するため
に必要となる診断的調査、訓練及びシステム構築に対する支援を通じて、
金融セクターの強化を図るもの。
総コスト: 1,810 万ドル。
✧ IBRD ―「ゴイアス州幹線道路管理対応プログラム融資」
主要幹線道路ネットワークの拡大、修復及び保守を通じて、道路インフ
ラの改良を図るもの。これにより、効率的な道路輸送に依存する農業関
連産業に便益が提供される。
総コスト: 1 億 3,000 万ドル。
チリ
✧ IBRD ―「生涯学習・訓練投資融資」
初等・中等・技術教育の実施に関する政府のイニシアティブ、及び成人
向け(特に、若い失業者と就業中の貧しい人々が対象)の訓練プログラ
ムを支援するもの。この支援の目的は、遅れている生涯教育・訓練機会
の提供を強化することである。
総コスト: 1 億 5,080 万ドル。
✧ IBRD ―「公的支出管理投資融資」
高度な財政管理・資源配分システムの確立を通じて、行政の有効性と透
明性を高めることを目指す政府のイニシアティブを支援することによっ
て、国民全体に便益を提供するもの。
総コスト: 3,350 万ドル。
158
世界銀行年次報告書 2002
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
コロンビア
✧ IBRD ―「生産パートナーシップ支援投資融資」
農村地域を対象としたもので、地域社会と民間セクターを関与させたパ
ートナーシップ・スキームを通じて、農村地域の経済の活性化を目指す
もの。
総コスト: 5,230 万ドル。
✧ IBRD ―「財政構造調整融資」
政府の効率向上策を支援して財政改革の推進を図ると共に、財政改革の
過程で社会的支出を維持するもの。
総コスト: 4 億ドル。
✧ IBRD ―「裁判による紛争解決の手続き改善のための研修・革新融資」
民事裁判制度の下での紛争解決手続きの改善を図るもの。これにより、
頻発する暴力の最大の被害者である貧しい人々に便益が提供される。
総コスト: 670 万ドル。
✧ IBRD ―「給水セクター改革支援投資融資」
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
US$
RD
2002/1/22
2010/2015
適用なし
32.0
PSG
2001/12/18 2010/2015
適用なし
400.0
RL
2001/11/8
2007/2018
適用なし
5.0
UD
2001/10/25 2009/2016
適用なし
40.0
民間セクターを給水事業の管理に関与させると共に、これまで十分では
なかった 70 万人の住民に対する給水を確実に実施させるために資金援
助を行うことによって、同国の市営給水事業の改革を支援するもの。
総コスト: 7,000 万ドル。
✧ IBRD ―「第 2 次マグダレナ・メジオ地域開発研修・革新融資」
SDGI
2001/9/27
2011/2013
適用なし
5.0
HD
2001/7/12
2008/2016
適用なし
17.0
FPSD
2002/3/7
2002/3/7
2007/2016
2007/2036
適用なし
1.0
2.2
RD
2002/4/25
2007/2022
適用なし
4.8
PSG
2002/3/26
2007/2021
適用なし
13.9
開発プログラムの運営、及び地域における諸制度の強化の面での地域団
体の役割を拡大するもの。
総コスト: 640 万ドル
コスタリカ
✧ IBRD ―「保健・医療セクター強化・近代化投資融資」
近代化・権限委譲プログラムを通じて、質の高い保健・医療サービスを同
国の 400 万人の国民に提供するイニシアティブを支援するもの。
総コスト: 2,350 万ドル。
ドミニカ国
IBRD/IDA ―「緊急復興投資融資 c」
ドミニカ国、グレナダ、セントクリストファー・ネーヴィス、
セントルシア、及びセントビンセントおよびグレナディーン諸島を対象
としたものである。このプロジェクトは、2001 年 9 月 11 日に米国で発
生した同時多発テロ後に旅行客が急減したことで大きな影響を受けた観
光セクターを上記の諸島国が活性化するのを、販促宣伝活動、及び観光
セクターにとって極めて重要な輸入を可能にすることによって支援する
もの。
総コスト: 2,480 万ドル。
エクアドル
✧ IBRD ―「農業統計・情報システム技術支援融資」
同国の農業統計の作成を支援し、かつ中央政府と地方自治体による農業
セクターの育成を支援することによって、社会的公平性を高めることを
目指すもの。
総コスト: 700 万ドル。
IBRD ―「公共セクター財政管理技術支援融資」
1.9
中央政府とすべての地方自治体に財政管理システムを実施させることを
通じて、公共セクターの財政管理の改善を図る同国のイニシアティブを
支援するもの。
総コスト: 1,880 万ドル。
(次の頁に続く)
第6章
世界銀行について
159
表 6.12 2002 年度に承認された融資、ラテンアメリカ・カリブ海地域(続き)
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
テーマ a
IBRD ―「近代化・農村地域公益サービス投資融資」
FPSD
承認日
返済期間
2001/11/20 2010/2021
SDRb
US$
適用なし
23.0
同国の電力・通信サービスの近代化を支援し、これらのサービスを低所
得層の消費者にも提供し、かつ生活の質の改善と雇用創出の推進を図る
もの。
総コスト: 4,040 万ドル。
✧ IBRD ―「貧困削減・農村地域開発投資融資」
SPRM
2001/7/5
2009/2021
適用なし
25.2
HD
2001/12/4
2007/2018
適用なし
142.6
FPSD
2002/3/7
2002/3/7
2007/2016
2012/2036
適用なし
1.1
2.7
FPSD
2002/6/25
不明/不明
適用なし
150.0
FPSD
2002/6/25
2008/2018
適用なし
5.0
PSG
2002/3/14
2008/2018
適用なし
29.8
HD
2002/5/7
2012/2042
21.8
27.1
ENRM
8/2/01
2007/2037
6.7
8.3
農村地域を対象とした貧困削減イニシアティブに融資を行うもの。これ
により、約 6 万人の住民が所得を増やし、生活の質を改善することがで
きる。
総コスト: 4,200 万ドル。
エルサルバドル
✧ IBRD ―「地震緊急復興・保健・医療サービス拡大融資」
2001 年初めに発生した 2 度の地震で被害が最も大きかった 8 つの病院、
及び 113 の保健・医療施設(全体では 361)の再建と修復のために融資
を行うもの。
総コスト: 1 億 6,570 万ドル。
グレナダ
IBRD/IDA ―「緊急復興投資融資 c」
ドミニカ国、グレナダ、セントクリストファー・ネーヴィス、
セントルシア、及びセントビンセントおよびグレナディーン諸島を対象
としたものである。このプロジェクトは、2001 年 9 月 11 日に米国で発
生した同時多発テロ後に旅行客が急減したことで大きな影響を受けた観
光セクターを上記の諸島国が活性化するのを、販促宣伝活動、及び観光
セクターにとって極めて重要な輸入を可能にすることによって支援する
もの。
総コスト: 2,480 万ドル。
グアテマラ
IBRD ―「金融セクター構造調整融資」
金融、マネーロンダリング(資金洗浄)防止、金融監督及び中央銀行に関す
る同国の法的フレームワークの強化を通じて、グアテマラの投資環境を
改善し、かつ金融危機に対する抵抗力を高めるものである。
総コスト: 1 億 5,000 万ドル。
IBRD ―「金融セクター技術支援融資」
2.2
金融セクターの改革、債務超過銀行の閉鎖、脆弱な金融機関の資本再編、
及び金融に関する規制強化を推進するために、技術支援を提供するもの。
すべての国民の金融サービス利用機会を拡大することによって、貧困を
削減し、経済成長を実現することができる。
総コスト: 500 万ドル。
IBRD ―「第 3 次集中的財政管理・技術支援融資」
政府による公共セクター財政管理近代化を支援すると共に、企業に対し、
経済成長率の加速と貧困削減の面で貢献するよう要請するもの。
総コスト: 3,320 万ドル。
ホンジュラス
✧ IDA ―「保健・医療システム改革投資融資」
保健・医療システムの改革、貧困地域も含めた保健・医療サービスの提
供、母親/乳幼児死亡率の低減、及びエイズ感染率の低減を通じて、同
国の低所得層の人々に便益を提供するもの。
総コスト: 970 万ドル。
✧ IDA ―「農村地域土地管理投資融資」
農村地域の 10 万戸を超える貧しい家庭を対象として、その借地権の確
実性の強化、土地の生産性の向上、及び所得の拡大を図るために、農村
地域の土地管理の改善を支援するもの。
総コスト: 1,500 万ドル。
160
世界銀行年次報告書 2002
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
✧ IDA ―「持続可能沿岸観光研修・革新融資」
表テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
US$
ENRM
2001/7/25
2012/2041
4.0
5.0
HD
2002/3/29
2007/2019
適用なし
15.0
PSG
2001/12/20 2007/2018
適用なし
75.0
同国の北部沿岸地域の持続可能な観光を支援することで地域社会発展の
基礎の確立を目指すと共に、安全確保、エイズ及び海洋保護に関する問
題に取り組むもの。
総コスト: 600 万ドル。
ジャマイカ
✧ IBRD ―「エイズ予防・抑制対応プログラム融資」
エイズ・ウィルスの伝染率を引き下げる政府のプログラムを支援し、か
つエイズ感染者に治療と介護を提供することを通じて、エイズに感染す
るリスクのある国民に便益を与えるもの。
総コスト: 1,650 万ドル。
IBRD ―「緊急経済復興・構造調整投資融資」
主要産業の復興促進を通じてマクロ経済の安定維持を図るイニシアティ
ブを支援すると共に、最も脆弱な人々を保護するもの。
総コスト: 1 億 5,000 万ドル。
✧ IBRD ―「社会的セーフティネット投資融資」
SPRM
2001/9/4
2007/2019
適用なし
40.0
PSG
2002/6/18
2008/2017
適用なし
52.0
PSG
2002/6/18
2012/2012
適用なし
303.0
HD
2002/3/21
2007/2017
適用なし
300.0
FPSD
2001/9/27
2011/2011
適用なし
5.0
複数の社会福祉プログラムを、最も支援を必要としている子供、若者、高
齢者及び障害者を対象とした新たなプログラムに統合することを支援す
ることによって、最貧困グループの生活の質の改善を目指すもの。
総コスト: 7,750 万ドル。
メキシコ
✧ IBRD ―「税務行政制度構築技術支援融資」
税金を徴収し、有効な監査を実施する連邦国税庁の能力を強化すると共
に、税収に対する徴税コストの比率を引き下げるもの。
総コスト: 8,200 万ドル。
IBRD ―「税制改革構造調整融資」
納税者に便益を提供するもの。このプロジェクトは、類似の所得水準の
人々による税負担を公平なものとすることを目的とした同国の税制改革
を支援すると共に、連邦政府の税収を増やしてマクロ経済の安定性と社
会的プログラムの維持を図るものである。
総コスト: 3 億 300 万ドル。
✧ IBRD ―「基礎教育強化フェーズ II 対応プログラム融資」
すべての子供に基礎教育を修了する機会を保証し、かつ最も困窮してい
る児童に資金を貸与することを通じて、全国(農村地域、先住民居住地
域及び都市の外縁部を含む)の基礎教育の質を改善し、かつその普及率
を高めることを目指すイニシアティブを支援するもの。
総コスト: 5 億 3,110 万ドル。
✧ IBRD ―「南東地域民間セクター育成研修・革新融資」
カンペチェ州、ユカタン州及びキンタナロー州による民間セクターの強
化と貧困削減を目指す零細事業イニシアティブを支援するもの。
総コスト: 1,060 万ドル。
(次の頁に続く)
第6章
世界銀行について
161
表 6.12 2002 年度に承認された融資、ラテンアメリカ・カリブ海地域(続き)
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
ニカラグア
✧ IDA ―「土地管理投資融資」
借地権の確実性の強化、農業投資の拡大、所得増加、及び天然資源の持
続可能な利用の推進によって、小規模農家と先住民に便益を提供するも
の。
総コスト: 3,850 万ドル。
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
US$
ENRM
2002/6/18
2012/2041
26.2
32.6
TI
2001/7/31
2007/2016
適用なし
10.5
SPRM
2002/3/21
2007/2018
適用なし
9.0
HD
2002/6/13
2007/2017
適用なし
5.0
FPSD
2002/3/7
2007/2016
適用なし
4.4
HD
2002/6/13
2002/6/13
2007/2017
2012/2037
適用なし
6.0
6.0
2002/3/7
2002/3/7
2005/2017
2012/2037
適用なし
12/20/01
12/20/01
2007/2016
2012/2036
パナマ
✧ IBRD ―「公共政策改革技術支援融資」
同国の国際競争力、貿易交渉能力、財政の持続可能性、及び公共セクタ
ーの効率性を改善するための改革を支援することによって、貧困削減を
図るもの。
総コスト: 1,350 万ドル。
パラグアイ
✧ IBRD ―「実験的地域社会開発投資融資」
農村地域と都市部周辺地域の貧困を削減するための地域社会開発イニシ
アティブを支援することで、約 32,000 人の低所得家庭に便益を提供す
るもの。
総コスト: 1,120 万ドル。
セントクリストファー・ネーヴィス
IBRD ―「教育強化対応プログラム融資」
様々な設備が整備された中学校の建設資金を融資し、かつ教師に対して
訓練と指導指針を提供することによって、数百人の生徒に便益を提供す
るもの。
総コスト: 700 万ドル。
IBRD ―「緊急復興プロジェクト融資」
ドミニカ国、グレナダ、セントクリストファー・ネーヴィス、セントル
シア、及びセントビンセントおよびグレナディーン諸島を対象としたも
のである。このプロジェクトは、2001 年 9 月 11 日に米国で発生した同
時多発テロ後に旅行客が急減したことで大きな影響を受けた観光セクタ
ーを上記の諸島国が活性化するのを、販促宣伝活動、及び観光セクター
にとって極めて重要な輸入を可能にすることによって支援するもの。
総コスト: 2,480 万ドル。
セントルシア
IBRD/IDA ―「教育強化投資融資 c」
2 つの中学校を新設する資金を融資し、既存の施設を改善し、
新たなカリキュラムを作成し、かつ教師を訓練することによって、約
1,400 人の生徒に便益を提供するもの。
総コスト: 1,920 万ドル。
IBRD/IDA ―「緊急復興投資融資 c」
FPSD
ドミニカ国、グレナダ、セントクリストファー・ネーヴィス、
セントルシア、及びセントビンセントおよびグレナディーン諸島を対象
としたものである。このプロジェクトは、2001 年 9 月 11 日に米国で発
生した同時多発テロ後に旅行客が急減したことで大きな影響を受けた観
光セクターを上記の諸島国が活性化するのを、販促宣伝活動、及び観光
セクターにとって極めて重要な輸入を可能にすることによって支援する
もの。
総コスト: 2,480 万ドル。
✧ IBRD/IDA ―「給水セクター改革技術支援融資 c」
同国の給水事業を健全な法律・規制フレームワークの中で民間
セクターに委嘱することによって上下水サービスを改善することで、住
民の生活の質の向上を図るもの。
総コスト: 840 万ドル。
162
世界銀行年次報告書 2002
ENRM
4.8
3.6
1.9
4.4
n.a.
1.1
1.3
1.3
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
セントビンセントおよびグレナディーン諸島
IBRD/IDA ―「緊急復興・災害管理対応プログラム融資 c」
予防措置を講じ、かつハリケーンなどの緊急状況を効果的に管
理する政府の能力を強化することを通じて、自然災害による住民の生
命・財産の損失を抑制するもの。
総コスト: 680 万ドル。
IBRD/IDA ―「緊急復興投資融資 c」
表テーマ a
承認日
返済期間
SPRM
2002/5/29
2002/5/29
2007/2019
2012/2037
適用なし
2002/3/7
2002/3/7
2007/2019
2012/2037
適用なし
HD
2002/4/25
2007/2017
適用なし
42.0
RD
2001/7/31
2006/2016
適用なし
18.5
FPSD
ドミニカ国、グレナダ、セントクリストファー・ネーヴィス、
セントルシア、及びセントビンセントおよびグレナディーン諸島を対象
としたものである。このプロジェクトは、2001 年 9 月 11 日に米国で発
生した同時多発テロ後に旅行客が急減したことで大きな影響を受けた観
光セクターを上記の諸島国が活性化するのを、販促宣伝活動、及び観光
セクターにとって極めて重要な輸入を可能にすることによって支援する
もの。
総コスト: 2,480 万ドル。
ウルグアイ
IBRD ―「基礎教育の質を改善する投資融資」
貧困地域の約 51,000 人の生徒にも都会型の全日制教育を施すことによ
って、これら生徒の学業成績を伸ばし、かつ小学校と中学校を卒業する
まで入退学を繰り返す児童・生徒の割合を引き下げることを目指すも
の。
総コスト: 5,600 万ドル。
✧ IBRD ―「口蹄疫病緊急復興投資融資」
SDRb
US$
3.0
2.9
2.4
1.0
2.2
1.9
牛肉輸出市場を再び確保するための同国のイニシアティブを支援し、か
つ口蹄疫病を絶滅することによって、約 5 万軒の畜産農家に便益を提供
するもの。
総コスト: 2,400 万ドル。
合 計
143.4
4,365.9
✧ これは、世銀援助プロジェクトの設計段階から、結果のモニタリング/評価段階までの様々なレベルに、シビルソサエティが参加していることを示す。
注:数字は四捨五入されている。
a. EM :経済運営。ENRM :環境・天然資源管理。FPSD :金融・民間セクター開発。HD :人的開発。PSG :公共セクター・ガバナンス。RD :農村開発。RL :法規。
SDGI :社会開発・ジェンダー・参加。SPRM :社会的保護・リスク管理。TI :貿易・統合。UD :都市開発。囲み 2.1 を参照。
b. IDA 融資は、SDR(特別引出権)で承認された。2002 年度における SDR の交換レートは、1 SDR = $1.265 であった。
c. IBRD 及び IDA 融資の同時実行。
第6章
世界銀行について
163
表
表 6.13 2002 年度に承認された融資、中東・北アフリカ地域
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
アルジェリア
IBRD ―「担保付き融資技術支援投資融資」
金融システムに関するキャパシティ・ビルディング、及び法律・規制問
題に関する技術支援を通じて、機能的な抵当証券市場の確立を図るも
の。
総コスト: 820 万ドル。
IBRD ―「輸送技術支援投資融資」
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
FPSD
2002/6/27
不明/2018
適用なし
5.5
FPSD
2001/8/23
不明/2018
適用なし
8.7
FPSD
2001/7/26
不明/2017
適用なし
16.5
HD
2002/6/4
2012/2042
12.0
15.0
PSG
2001/12/20 2012/2041
7.9
10.0
HD
2002/4/16
2007/2019
適用なし
50.0
RD
2002/6/27
2008/2019
適用なし
5.0
UD
2002/6/13
2009/2015
適用なし
65.0
US$
民間セクターの参加を推進し、鉄道を改善し、かつ政府の能力を強化す
ることによって、輸送システムを近代化・拡張し、全国民に便益を提供
するもの。
総コスト: 1,130 万ドル。
IBRD ―「金融システム・インフラ近代化投資融資」
銀行間決済システムの導入促進、及び基準・標準の策定を通じて、一般
家庭と民間セクターに基本的な金融サービスを提供するもの。
総コスト: 1,820 万ドル。
ジブチ
✧ IDA ―「保健・医療セクター強化対応プログラム融資」
母親と子供に対する保健・医療サービスの改善、医療補助員の増員、及
び医療施設に常備される医薬品の量の拡大を通じて、母親と子供の死亡
率の低減に関する MDGs の達成を図るもの。
総コスト: 3,000 万ドル。
IDA ―「財政再建構造調整融資」
年金資金の持続可能性を回復することによって新たな退職者に便益を提
供すると共に、その他の行政サービスを改善するもの。
総コスト: 1,000 万ドル。
エジプト
✧ IBRD ―「高等教育強化投資融資」
法律改正、制度再編、及び質を保証する独立的な仕組みとモニタリン
グ・システムの確立を通じて、高等教育システムの質を改善するもの。
総コスト: 6,000 万ドル。
ヨルダン
IBRD ―「園芸作物輸出促進・技術移転研修・革新融資」
市場情報と支援サービスの提供を通じて、農家が、特定の市場に対する
園芸作物の輸出を拡大し、かつ価格変動による影響を緩和するために園
芸作物の輸出市場を多角化するのを支援すると共に、中小規模の農家に
よる輸出市場への参入を拡大するもの。
総コスト: 660 万ドル。
レバノン
✧ IBRD ―「都市輸送改善投資融資」
基本的制度に関するフレームワークを構築し、かつ既存の都市輸送イン
フラの効率性を高める上で重要な投資を行うことを通じて、ベイルート
とその近郊に効率的な輸送システムを確立するための基礎を築くもの。
これにより、都市部の人々に便益が提供される。
総コスト: 1 億 1,520 万ドル。
164
世界銀行年次報告書 2002
元本金額(単位:100 万ドル)
主要
国名/プロジェクト名
テーマ a
承認日
返済期間
SDRb
US$
✧ IBRD ―「バールベック給水・排水投資融資」
ENRM
2002/6/4
2009/2015
適用なし
43.5
SPRM
2002/6/4
2008/2022
適用なし
5.0
2001/12/20 2002/2018
適用なし
252.5
給・排水サービスの利用範囲を拡大し、給水当局の能力を強化し、かつ
水道メーターの設置によって給水の合理的な利用を推進することで、低
所得グループに便益を提供するもの。
総コスト: 4,920 万ドル。
モロッコ
✧ IBRD ―「社会開発庁投資融資」
貧しい農村地域で社会事業を拡大するための新たな手法をテストし、か
つ地域社会に開発プロジェクトの実施を請け負わせることによって、貧
しい地域社会と脆弱なグループに便益を提供するもの。
総コスト: 1,500 万ドル。
チュニジア
IBRD ―「第 3 次経済競争力構造調整融資」
通信セクターの競争力を強化し、かつ保険・金融セクターの効率性を改
善することによって、安定したマクロ経済環境と合理的なビジネス環境
の創造を目指すもの。
総コスト: 2 億 5,250 万ドル。
イエメン
✧ IDA ―「高等教育研修・革新融資」
高等教育に関するガバナンス、財政及び質を改善するための方策を考案
し、その方策を試すことを支援するもの。政府関係者が高等教育に関す
る戦略を主体的に策定することができるようにするために、彼らにリー
ダーシップと技術に関する訓練を施す。
総コスト: 530 万ドル。
IDA ―「保健・医療改革支援対応投資融資」
FPSD
HD
2002/6/18
2012/2042
4.1
5.0
HD
2002/3/28
2012/2041
22.2
27.5
UD
2001/11/1
2012/2041
35.6
45.2
81.8
554.4
女性と子供が保健・医療サービスを受ける機会を拡大すると共に、保
健・医療システム全体の効率性と公平性を改善するもの。
総コスト: 2,960 万ドル。
✧ IDA ―「第 2 次タイズ市開発・治水投資融資」
洪水帯の建設、再定住計画に対する資金の提供、及び地方自治体の能力
強化を通じて、季節的に発生する鉄砲水による損害や傷害を低減するこ
とで、住民に便益を提供するもの。
総コスト: 5,000 万ドル。
合 計
✧ これは、世銀援助プロジェクトの設計段階から、プロジェクトの進行のモニタリング及び結果の評価段階まで様々なレベルにシビルソサエティが、参加しているこ
とを示す。
注:数字は四捨五入されている。
a. EM :経済運営。ENRM :環境・天然資源管理。FPSD :金融・民間セクター開発。HD :人的開発。PSG :公共セクター・ガバナンス。RD :農村開発。RL :法規。
SDGI :社会開発・ジェンダー・参加。SPRM :社会的保護・リスク管理。TI :貿易・統合。UD :都市開発。囲み 2.1 を参照。
b. IDA 融資は、SDR(特別引出権)で承認された。2002 年度における SDR の交換レートは、1 SDR = $1.265 であった。
第6章
世界銀行について
165
表
表 6.14 構造調整融資、2002 年度
(100 万ドル)
166
国名
プロジェクト
貧困削減支援融資
アルバニア
ブルキナファソ
貧困削減支援融資
貧困削減支援融資
プログラム別構造調整融資
ブラジル
トルコ
ウクライナ
第 2 次プログラム別金融セクター構造調整融資
第 2 次プログラム別金融・公共セクター構造調整融資
プログラム別構造調整融資
セクター構造調整融資
アルバニア
ボスニア・ヘルツェゴビナ
ブラジル
コートジボワール
ポーランド
スロバキア
タンザニア
チュニジア
トルコ
トルコ
ユーゴスラビア連邦共和国
金融セクター構造調整融資
ビジネス環境構造調整融資
エネルギー・セクター改革融資
運輸セクター構造調整・投資融資(IDA 融資の継続分)
第 2 次無煙炭セクター構造調整融資
企業・金融セクター構造調整融資
初等教育強化プログラム融資
第 3 次経済競争力構造調整融資
農業改革遂行プロジェクト融資
社会的リスク緩和プロジェクト融資
民間・金融セクター構造調整融資
構造調整融資
アルゼンチン
アルゼンチン
アゼルバイジャン
カメルーン
ケープベルデ
チャド
コロンビア
コンゴ民主共和国
コートジボワール
クロアチア
ジブチ
エチオピア
ガーナ
ガーナ
グアテマラ
ギニア
インド
インド
構造調整融資
サンタフェ州改革融資
第 2 次構造調整融資
第 3 次構造調整融資(IDA 融資の継続分)
構造調整融資
第 4 次構造調整融資
財政構造調整融資
経済復興融資
経済復興融資
構造調整融資
財政再建融資
エチオピア構造調整融資
第 3 次経済改革支援運用融資
第 3 次経済改革支援融資(IDA 融資の継続分)
金融セクター構造調整融資
第 4 次構造調整融資
アンドラプラデシュ州経済改革プログラム
第 2 次カルナタカ州経済再編融資
世界銀行年次報告書 2002
IBRD
IDA
20
45
404
1,350
250
20
45
404
1,350
250
15
44
455
12
100
177
150
253
600
500
85
400
330
60
6
15
40
400
450
200
202
10
120
110
0
150
125
50
合計
50
125
50
15
44
455
12
100
177
150
253
600
500
85
400
330
60
6
15
40
400
450
200
202
10
120
110
0
150
50
250
100
国名
プロジェクト
構造調整融資(続き)
ジャマイカ
ケニア
ラオス
マケドニア
マリ
モーリシャス
メキシコ
モルドバ
モルドバ
ニジェール
パキスタン
ロシア
シエラレオネ
タンザニア
ユーゴスラビア連邦共和国
ザンビア
緊急経済復興融資
経済・セクター改革融資(IDA 融資の継続分)
財政管理構造調整融資
公共セクター運営構造調整融資
第 3 次構造調整融資
公共支出改革融資
税制改革構造調整融資
第 3 次構造調整融資
構造調整補完融資
公共支出構造調整融資
第 2 次構造調整融資
財政連邦主義・地域財政改革融資
第 2 次経済復興・回復融資
プログラム別構造調整融資(IDA 融資の継続分)
構造調整融資
財政持続可能性融資(IDA 融資の継続分)
特別な構造調整融資
トルコ
プログラム別金融・公共セクター構造調整融資
合 計
IBRD
IDA
75
1
17
15
70
40
303
30
5
70
500
120
50
1
70
7
1,100
7,383
合計
75
1
17
15
70
40
303
30
5
70
500
120
50
1
70
7
1,100
2,443
9,826
注:数字は四捨五入されているため、合計が一致しないことがある。
第6章
世界銀行について
167
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
528
File Size
813 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content