close

Enter

Log in using OpenID

東南アジア地域における配車サービス大手Grab Inc.との戦略的

embedDownload
2016 年 12 月 1 日
各 位
会
社 名 東京センチュリー株式会社
代 表 者 名 代表取締役社長 浅 田 俊 一
(コード番号 8439 東証 1 部)
問合せ先 広 報IR室長 松 原 健 志
(TEL03-5209-6710)
東南アジア地域における配車サービス大手Grab Inc.との
戦略的パートナーシップ協定の締結について
当社は、東南アジア地域で最大の配車サービス事業を展開するGrab Inc.(以下、グラブ)と、自動車リース・レン
タル事業を共同で取り組むことに向けた戦略的パートナーシップ協定を締結いたしましたので、下記のとおりお知ら
せいたします。
記
1.協定の目的
グラブおよびそのグループ会社は、東南アジア地域において、モバイルアプリケーションを活用してドライバー
と乗客をマッチングする配車サービス事業を展開しており、同地域における業界最大手です。グラブは現在、事業
拡大を図っており、登録ドライバーを対象とした自動車リース・レンタル事業への取り組みを検討しております。
当社は、本パートナーシップ協定を通じて、国内外で長年培ってきたノウハウを提供することにより、グラブと
の自動車リース・レンタル事業における協働を推進いたします。
東南アジア地域においては、公共交通機関の普及率や自動車保有率が低いことなどを背景に、配車サービスやラ
イドシェアの市場規模の大幅な拡大が見込まれております。当社は、グラブというマーケットリーダーと共に、急
拡大するライドシェアビジネスに参入いたします。配車サービスやライドシェアといった新たな自動車の利用形態
への取り組みや、グラブのデジタルプラットフォームで提供される先進技術を用いたファイナンス事業への取り組
みを強化し、東南アジア地域におけるオートファイナンス関連事業の拡大に注力していく方針です。
2.協定の概要
シンガポール、マレーシア、フィリピン、インドネシア、タイ、ベトナムを中心とした東南アジア地域において、
Grab Carサービス(※)の登録ドライバーを対象とした、B to Cの自動車リース・レンタル事業の協業を推進いたしま
す。合わせて、当社はパートナーシップ協定の一環として、グラブに対する出資も実行しております。
(※)
Grabが提供するタクシー、私有車、バイク、デリバリー等の配車サービスのうち、私有車の配車サービスのこと。
-1-
3.グラブの概要
・
商
号
:
Grab Inc.
・
事 業 概 要
:
モバイルアプリケーションを活用した配車サービス企業
・
事業展開地域
:
東南アジア6か国
(シンガポール、マレーシア、フィリピン、インドネシア、タイ、ベトナム)
・
代
表
者
:
Anthony Tan
以上
-2-
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
118 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content