close

Enter

Log in using OpenID

2016年01月22日 パリも認めた「Dari K」

embedDownload
News Letter
株式会社ジェイアール西日本ホテル開発
〒600-8216
京都市下京区烏丸通塩小路下ル JR 京都駅中央口
TEL:075-344-8888(大代表)
FAX:075-344-4400
URL:http://www.granvia-kyoto.co.jp
報道関係者各位
2016 年 1 月 22 日
ホテルグランヴィア京都
パリも認めた「Dari K」の“カカオが香るフレッシュ・チョコレート”
販売開始のお知らせ
ホテルオリジナルフレーバー「フランボワーズ」を含む全5種類
ホテルグランヴィア京都(代表取締役社長 中村 仁)は、カカオ専門店「Dari K(ダリケー)
」
(京都市
中京区 代表取締役 吉野 慶一)の生チョコレートをペストリー&ベーカリーショップ「ル・タン」にて
販売開始いたします。
「Dari K」は、インドネシア・スラウェシ島のカカオ豆を自社調達し、チョコレート
および菓子の製造・販売も手がけられ、創業わずか 4 年で、世界最大のチョコレートの祭典「サロン・デ
ュ・ショコラ・パリ 2015」にも初出店されました。
当ホテルはこれまで、カカオの品質の高さやカカオに対する情熱に感銘を受け、フランス料理「ラ・フル
ール」でコースを彩る食材として使用して参りました。また昨年 2 月のカフェレストラン「ル・タン」の
スイーツバイキングでは、ホテルオリジナルフレーバー「フランボワーズ」のトリュフを提供。いずれもお
客様から高い評価を頂戴し、物販でのコラボレーション企画へと至りました。
今回は、
「サロン・デュ・ショコラ・パリ 2015」での品評会にてブロンズ賞を受賞いたしました「カカ
オが香るフレッシュ・チョコレート」に、ホテルオリジナルフレーバーである「フランボワーズ」を加えた
5種類のチョコレートを販売いたします。
「カカオが香るフレッシュ・チョコレート」のベースのガナッシュは、カカオ豆、生クリーム、砂糖のみ
で、余分な植物油脂、乳化剤、添加物等は使用せず、濃厚でありながら、あっさりしたあと味に仕上げまし
た。贈答用にも適したホテルグランヴィア京都・オリジナル木箱でご提供いたします。
「カカオが香るフレッシュ・チョコレート」
3 個入
6 個入
10個入
¥1,500 円
¥2,700 円
¥4,000 円
フランボワーズ、柚子抹茶、プレーン 各 1 個
フランボワーズ、柚子抹茶、プレーン 各 2 個
フランボワーズ、オレンジ、柚子抹茶、シナモン&クローブ、プレーン 各 2 個
※料金は、いずれも税金を含んだ価格となります。
・フランボワーズ
・プレーン
・柚子抹茶
・オレンジ
・シナモン&クローブ
…当ホテルオリジナル木イチゴのフレーバー
…カカオの味がダイレクトに楽しめるベーシックタイプ
…京を感じる和のフレーバー
…「Dari K」開業当初から人気のフレーバー
…「サロン・デュ・ショコラ」で注目されたフレーバー
当ホテルは、ブランドプロミスである「人と人との心を結ぶホテル」として、今後も多くのお客
様に楽しんでいただける商品を提供いたします。
【このプレスリリースに関するお問合せは】
株式会社ジェイアール西日本ホテル開発(ホテルグランヴィア京都)
営業推進室マーケティングITグループ 室長 福田 順(ふくだじゅん) マネージャー 木曽 秀樹(きそひでき)
TEL:075-342-5510 FAX:075-342-5535 E-mail:[email protected]
3個入
6個入
10個入
ペストリー&ベーカリーショップ「ル・タン」
Dari K 株式会社(ダリケー)
創
業:2011 年 3 月 11 日
本
店:京都市中京区今新在家西町 22-1F
U R L:www.dari-k.com
企業理念「カカオを通じて世界を変える」
生産者、加工者、消費者の三者全てが Win-Win-Win(トリプルウィン)となる
体制を構築。近年は、インドネシアにおける廃カカオ殻のバイオマス発電を
用いた農村部の電気普及など、あらゆる視点から日々挑戦を続けている。
オーナー兼パティシエ
吉野 慶一氏
Dari K」社名の由来
Dari K のカカオ輸入元であるインドネシア スラウェシ島。
アルファベットの「K」の形をしたスラウェシ島は、全世界のカカオ生産量の約 10%を占める一大産地。
「Dari」は、インドネシア語で「~から」を意味し、
「Dari K」はカカオの産地である「スラウェシ島から」
という意味になります。長らく低品質というレッテルを張られ、日の目を浴びる事がなかったインドネシアの
カカオを一躍世界トップレベルにまで押し上げた。
「K」は Kyoto の頭文字である「K」でもあり、
「スラウェシ
島から。京都から、カカオの可能性を世界に発信する」という思いから名付けられた。
【このプレスリリースに関するお問合せは】
株式会社ジェイアール西日本ホテル開発(ホテルグランヴィア京都)
営業推進室マーケティングITグループ 室長 福田 順(ふくだじゅん) マネージャー 木曽 秀樹(きそひでき)
TEL:075-342-5510 FAX:075-342-5535 E-mail:[email protected]
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
391 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content