close

Enter

Log in using OpenID

平成28年度 第1回 運営推進会議議事録

embedDownload
平成28年度 第1回 運営推進会議議事録
事業所名
リハステーション恵(地域密着型通所介護)
開催日時
平成28年9月23日(金) 14:00∼15:00
開催場所
株式会社環境デザイン 2階会議室
出席者
所属
氏名
所属
氏名
札幌市中央区第1包括支援センター
U様
リハステーション恵
N(管理者)
利用者
H様
リハステーション恵
K(介護員)
苗穂地区第1町内会
H様
1.活動状況報告
1) 利用者構成
利用者数(平成28年9月現在)
介護度
支援1
支援2
21
年齢
∼64歳
12
∼69歳
2
平均年齢
要介護1
要介護2
18
4
∼74歳
1
∼79歳
9
80.1歳
要介護3
4
∼84歳
15
男女比
14
職員体制 6名
・管理者兼生活相談員 1名(N)
非常勤1名 K)
・機能訓練指導員 1名(常勤1名 S)
・看護師兼機能訓練指導員 2名(常勤1名 S 非常勤1名 Y)
3) 主な活動の紹介
・準備運動、ストレッチ等のグループレッスン
・マシントレーニング等の個別での訓練
・理学療法士による専門的なリハビリ
・口腔嚥下改善訓練 作業療法
・認知症予防対策としての「ふまねっと」や手指を使う運動の紹介
要介護5
1
∼89歳
12
男性 35% 女性 65%
2) 職員配置
・介護職員 2名(常勤1名 H
要介護4
90歳∼
6
4) 事故等の状況
■救急搬送 1件 貧血と思われる意識喪失
■事故 3件 椅子から座位のまま滑落 (尻もち 外傷 打撲痛なし)
施設内歩行時の転倒 (膝折れ 外傷 打撲痛なし)
平行棒歩行訓練中の膝折れによる転倒(外傷 打撲痛なし)
5) 苦情・要望等の状況 ・施設内の面積が狭く感じる
・トイレの数を増やして欲しい
・複数日利用すると、同じ訓練が続きマンネリに感じることがある
2.活動状況報告を受けての感想。質疑応答 意見・要望等
・利用者H様→
サービス内容は現状でも満足しているが、やはり施設内の面積は広い方が良いと思う。
A: 家具配置等を見直し、スペースを確保していく。また、改装などでスペースの確保を
検討していく。
・町内会長H様→
利用料や利用するにあたっての方法に関して質問。
A:要支援1の自己負担金を例にとって説明。利用や介護申請にあたっては、ご自身で申 し込む以外にも、地域包括支援センターより助力が得られる旨説明。
・地域包括支援センター ご担当者様より→
リハステーションは、担当している利用者様からのフィードバックでも満足度が高い。
特に理学療法士の指導に関する評判は良い。
今後の制度変更により、運営状況が厳しくなることが予測されるが、良い形で残って欲し
いと思う。
・町内会長H様→
折角、町内にあるのに、近隣の方々の施設に対しての認識が足りないように思う。老人ク ラブや町内の活動を通じて、もっと周知していきたい。
3.次回開催予定
開催日時
平成29年 2∼3月で開催予定
開催場所
リハステーション恵
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
9
File Size
115 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content