close

Enter

Log in using OpenID

労働安全衛生の推進 - 日立化成株式会社

embedDownload
コ
ー
ポ
レ
ー
ト
・
ガ
バ
ナ
ン
ス
/
C
S
R
マ
ネ
ジ
メ
ン
ト
労働安全衛生の推進
抜本的な改善に取り組んでいきます。
お
客
さ
ま
、
お
取
引
先
と
と
も
に
● 労働安全衛生の推進体制
P5 CSR取り組み方針 7
● 労働安全衛生への取り組み
日立化成グループでは、
毎年3月に「全社CSR会議」
(P8
従業員の安全と健康は働きやすい職場の根幹です。日
立化成グループは、従業員はもとより、地域社会の方々
の安全・健康を第一に考え、安全衛生活動を推進してい
ます。
参照)を開催し、労働安全衛生に関するグループ全体の
方針を審議・決定しています。
同会議で策定した計画に基づき、各事業所でそれぞれ
の特性に合わせた行動計画を定め、安全衛生活動を推進
具体的には、労働安全衛生マネジメントシステムOSH-
しています。また、
OSH推進者による「OSH推進者会議」、
MSを2000年に導入し、
リスク評価により定常・非定常
各事業所の行動計画を具体的に推進する「安全衛生委
作業時の危険源や老朽化した機械設備の特定と改善を
員会」、新規導入設備の安全性を審査する「保安監査委
推進しています。しかし、近年こうした活動に不活発な面
員会」などが、部門を横断した安全衛生活動を推進して
が見られることから、2006年度より「OSH(安全衛生)
います。
従
業
員
と
と
も
に
推進者制度」を設け、各職場での主体的な安全衛生活動
● 安全防災への投資
を強化しています。
機械設備の設計・完成時には、
国際安全規格(ISO12100
など)に準じた審査を行い、本質的安全化を推進してい
事故災害を防止するためには、安全防災への積極的な
投資が不可欠です。
ます。これにより、機械設備に起因する事故災害の撲滅
2006年度は設備老朽化対策や労働安全衛生対策を
を目指しています。また、
危険予知訓練(KYT)、
ヒヤリ・ハッ
中心に、単独19億円、連結32億円を投資しました。この
トなどの安全活動を実施しています。
結果、日立化成の1990年度以降の安全防災累積投資
今後も、真に安全・安心な職場づくりに向け、各職場で
額は93億円となりました。
事故・災害につながりかねない問題を徹底的に洗い出し、
社
会
の
な
か
で
「OSH推進者制度」を導入し、安全衛生活動を強化
日立化成は、2006年度より「OSH
ため、新たに任命するOSH推進者に
(安全衛生)推進者制度」を導入し、各
対しては、安全衛生分野についての知
職 場 で 全 従 業 員 の 約 4 % にあ た る
識や知見を深めるための教育を実施
133名を登録しました。
しています。
OSH推進者は部門長が任命し、現
場レベルでの安全衛生活動を主導し
全体に広げ、職場の安全衛生活動をよ
ています。
「安全衛生委員会」とも連
り強化していきます。
携し、
リスク評価の指導やリスク低減
地
球
環
境
の
た
め
に
2007年度は、
この制度をグループ
OSH推進者を対象とした研修
の計画を作成するなど、自部門の推進
リーダーとして活動しています。この
日立化成グループ 社会的責任報告書 2007
22
いきいきと、安全で健康的に働ける職場をつくる
従業員とともに
● 安全監査の実施
このほか、管理監督者を対象とした「環境・安全衛生発
日立化成グループでは、労働安全衛生マネジメントシ
ステムOSH-MSに基づき、製造事業所およびグループ
表会」を年1回開催し、労働安全衛生の改善事例などに
関する情報共有を図っています。
の製造会社に対して、環境安全監査時に安全に関する書
類審査と現場監査を年1回実施しています。
● 防災訓練の実施
また、2005年度からは海外製造会社を地域別ブロッ
日立化成グループは、不慮の災害・事故に対する応急
クに分け、ブロック内での相互監査を実施しています。
防護を目的に自衛消防隊を設置し、自主訓練や地方自治
2006年12月には「第 2回東南アジアブロック環境安
体が主催する合同演習への参加を通じて緊急時に迅速
全衛生会議」を Hitachi Chemical Automotive
な対応がとれる体制を整備しています。
Products, (Thailand) Co., Ltd.で実施し、監査ととも
また、
5月14日を「事業所防災の日」、
11月14日を「全
社防災の日」、
これらを含む各1週間を「防災週間」と定め、
に研修・発表会を行いました。
グループ全社で総合防災訓練などを実施し、防災管理体
● 労働安全衛生教育の推進
制の見直しや防災安全設備の点検を行うとともに、防災
日立化成グループは、過去の事故の原因と対策を考察
意識の向上を図っています。
し、チェックポイントと解説を掲載した「職場安全監査の
着眼点」を作成し、労働安全衛生に関する研修を行って
います。日本語版だけでなく、英語版・中国語版も作成し、
海外グループ会社での教育活動に利用しています。
また、
過去の事故原因を整理して制定した「安全10則」
● 健康管理とメンタルヘルスケア
日立化成グループは、従業員に年1回以上の健康診断
を実施しています。さらに、体とともに心の健康をケアす
るため、各事業所で専門家による講演会や産業医による
を記載したカードを従業員に配布・携帯させることで、安
面接指導を行っているほか、
コミュニケーションの活性化
全に対する意識を徹底するよう努めています。
を図っています。
中国で「第1回中国ブロック環境安全相互監査」を実施
2007年2月、中国東莞市において
中国国内のグループ会社による「第1
Hitachi Storage Battery (Dong
回中国ブロック環境安全相互監査」を
Guan) Co., Ltd. の監査、Hitachi
実施しました。
Powdered Metals (Dongguan)
この監査は、2006 年 6 月に同地
23
計40名が出席し、環境安全発表会、
Co., Ltd.の現場巡視を行いました。
で開催した「中国ブロック環境安全研
環境安全発表会では、各社の改善事
修会」で教育を受けた監査員による
例を基に参加者間で活発な議論が行
初 め て の 相 互 監 査です。H i t a c h i
われました。また、監査では、不安全箇
Chemical (Dongguan) Co., Ltd.
所を洗い出し、そのリスク低減対策を
など中国国内のグループ会社7社から
討議しました。
日立化成グループ 社会的責任報告書 2007
環境安全発表会
コ
ー
ポ
レ
ー
ト
・
ガ
バ
ナ
ン
ス
/
C
S
R
マ
ネ
ジ
メ
ン
ト
また、従業員が気軽に健康に関して相談できるよう、健
康保険組合の被保険者とその家族の方を対象に24時間
無料の電話相談サービスを提供しています。
山崎事業所(桜川)での死亡事故に関する報告
お
客
さ
ま
、
お
取
引
先
と
と
も
に
2007年1月10日、
山崎事業所(桜川)の屋外で死亡事
このほか、健康管理の一環として、
ヨガ教室やウォーキ
故が発生しました。
被災者は、熱処理炉出し作業の準備中に、野外に2段積
ング大会などの活動も行っています。
みされたフレコンバックの下段が何らかの原因で破損して
いることに気づき、
こぼれ出たコークスの片付けおよびフ
● 事故災害の発生状況
2006年度における日立化成グループの休業災害件
数は、単独3件(うち死亡災害1件)、連結10件となり、前
年度の単独2件、連結12件から改善できませんでした。
このため、2007年度はCSR取り組み方針においても
「働きやすい職場づくり」を引き続き重点目標とし、行動
レコンバックの補修を行っていましたが、
上段のフレコンバッ
クが被災者の上に崩れ落ち、その下敷きとなって、救助活
動の甲斐なく亡くなりました。
日立化成グループでは、
この事故の記憶を風化させない
よう、従業員一人ひとりが気を引き締め、安全意識の一層
の徹底を図ります。
従
業
員
と
と
も
に
計画に基づく活動をさらに強化しています。
休業災害発生件数推移
(件) ■ 単独 ■ 連結
15
13
12
12
10
9
6
3
3
1
0
2003
2
2
2004
2005
3
2006(年度)
社
会
の
な
か
で
メンタルヘルスケアの一環として「体験カウンセリング」を実施
メンタルヘルスケアへの取り組みの
といった感想が聞かれました。
一環として、2007年2月∼3月にか
こうした取り組みは直接的なストレ
けて、下館事業所では専門機関の産業
スの軽減効果だけでなく、必要な時に
カウンセラーによる「体験カウンセリ
は気軽にカウンセリングを利用できる
ング」を実施しました。
職場の雰囲気の醸成につながると考
対象者は、事前に実施した「心の健
地
球
環
境
の
た
め
に
えています。
康度チェック」の結果、ストレスの度合
いが高いと判断された中堅層の従業
体験カウンセリング(手前が従業員)
員で、体験後は「悩みを気軽に話すこ
とができた」
「話をしてすっきりした」
日立化成グループ 社会的責任報告書 2007
24
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
512 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content