close

Enter

Log in using OpenID

「極限への挑戦と極限の成果」WIDIAがUltra4無差別クラスのレーサーを

embedDownload
「極限への挑戦と極限の成果」WIDIAがUltra4無差別クラスのレーサーを後援
車のオーナー、ドライバーとカービルダーはWIDIAの代理店
「これは間違いなく、いま最も急成長しているモータースポーツです。」と話すのは、WIDIAブランドの製
品とサービスの代理店であるHi-Speed Corp.(カリフォルニア州サウザンドオークス)の副社長、David
Buchberger氏です。昼間は会社の副社長を務めるBuchberger氏ですが、夜になるとUltra 4クラスのレース
マシンに部品を組み込み、仕上げに余念がない姿が見られます。2012∼2013年のシーズンに登場するこの
レースカーに、WIDIAが後援しています。
Ultra 4クラスの何よりの特徴は、参加する車両はすべて四輪駆動可能でなければならない点です。そのうえ
、このクラスには制限がありません。つまり、どの車もカスタムメイドであり、形状もサイズも自由であり
、時速160Km
を超える速度が出せ、険しい岩場を走行するため100対1という低速ギヤまで搭載しています。
WIDIA製品グループおよびサービス担当副社長のBernie McConnellは次のように語っています。「IMTS201
2でのWIDIAのテーマは、極限への挑戦と極限の成果です。Ultra 4レースほどそれを実証する最適な場は他
にないでしょう。その主役がDavidならばなおさらです。WIDIAはパフォーマンスにより驚異的な成長のチ
ャンスを生み出すのがモットーです。Ultra 4クラスのレースに挑むDavidを後援するのは当然です。」
キングオブハマー
現在33歳のBuchberger氏は、「私は16歳の頃からRVに親しみ、その醍醐味を味わい尽くしました。」と語
ります。カリフォルニア在住の熱狂的なカービルダーでレーサーでもある彼は、世界で最も過酷な岩場走行
レースとも呼ばれるカリフォルニアの「ハマートレイル」に深く傾倒してきました。2007年には、彼のそ
の取り組みがさらに数段高まる機会が訪れました。カリフォルニア州ジョンソン渓谷の公有地で行われる、
砂漠レースとロッククライミングを組み合わせたオフロードレース「キングオブハマー」の開催です。伝え
られるところによれば、賞品はビール1ケースで観衆を招かずに招待選手のみで行われた最初の大会は、わ
ずか13チームの参加しかありませんでした。彼らはOG13と呼ばれ、その後は毎年レースに招待されていま
す。歴代優勝者、つまりキングも毎年招待されています。
競技者は2台ずつが並んで30秒毎にスタートし、257.5Kmのコースを14時間未満で走破しなければなりませ
ん。各チームとも7箇所のチェックポイントを通過しつつ、コースの中心線から30m以内の範囲をキープす
る必要があります。キングオブハマーは後続のサポートチームなしのレースです。修理などはコース上でレ
ーサー自身が行うか、ピットエリアでしか行えません。最初のOG13以来、2012年のレースでは参加チーム
が135を数えるまでに成長しました。地球上で最も過酷な1日がかりのオフロードレースと呼ばれるこのレ
ースは非常に人気が高まり、専用レースコースがつくられました。プロシリーズと地域別シリーズからなり
、東部地区、西部地区、そして全国のチャンピオンを生み出すUltra 4クラスのレースとなったのです。
かつて見たこともない部品
Buchberger氏がキングオブハマーに2度参加し、新しいレースカーを製作していたときのことです。Bernie
McConnellから電話がかかりました。彼がHi-Speed Corp.で働き、主に航空宇宙とエネルギーの市場で多く
の企業に最先端のWIDIAソリューションを提供して8年以上経った頃です。「Bernieとキングオブハマーに
ついて話していたら、WIDIAからレースカー製作の支援をしようかと持ちかけられたのです。最初のマシン
1/3
が製作に7年かかったことや、次期マシンができるまでに少なくとも2シーズンを見送らざるを得なかったこ
とを考えると、思わず心の中で『信じられない』と叫んでいました。次のシーズンは見送らなくてすむし、
マシンも驚くほど高性能なものができます。」
Ultra 4クラスの車はどれもユニークで、砂漠のレースに合わせた重量感と高速性、および岩場のレースに合
わせた軽快さの両立を狙っています。Buchberger氏はWIDIAの工具ならばその両方を実現できると確信して
います。
「以前はあったらよいなと思うだけだった部品が、今では製作することができます」とBuchberger氏は言い
ます。例えば、彼のチームはトランスファーケースとトランスミッション間の特別なアダプターを6061 T6
アルミニウムから設計製作しました。このアダプターはよく使用されるものですが、材質が8620で焼き入
れ処理された出力軸にミリングとターニングの複合機でスプライン加工し直すのは非常に困難です。このア
ダプターのおかげで、トランスミッションからのミル加工された32筋のスプラインの出力軸を、カスタムE
DM加工されたトランスファーケースの駆動ギヤに連結させることができました。鋼をミーリング加工して
熱処理により硬度と靱性を最大限に確保することにより、岩場の走行に必要な低トルク性能が発揮できるギ
ヤ駆動トランスファーケースが実現します。
「スプラインのミーリング加工は、そんなに簡単な作業ではありません」とBuchberger氏は言います。彼の
チームでは、2枚刃のWIDIA-Hanita™ 超硬ソリッドエンドミルを出力軸のスプライン切削に使用しました。
ミーリング加工は彼のレースカーのフレーム部品にも役立っています。レースカー製作者のほとんどは軽量
と強度の完璧なバランスを求めて厚みの異なる素材を溶接しますが、Buchberger氏は強度と延性のバランス
に定評がある冷間圧延1018鋼のバーを採用し、三角構造の部品を1㎜厚のハニカム形状にミーリング加工す
ることにより、非常に強固で軽量なコンポーネントを実現しました。「このような作業には本当に時間がか
かるものですが、新型のWIDIA-Hanita VariMill IIエンドミルを使うと、13㎜のミルで粗加工し5㎜のミルでポ
ケットを仕上げてエッジを加工する作業を1分間で1mの速度で進めることができました。」
Buchberger氏はこうも語っています。「車の出来映えにはとても満足です。そしてWIDIAの創意工夫にもと
ても満足しています。絶対にやってくれるでしょう。このレースのような歴史の浅いスポーツでは、スポン
サー探しがレースそのものにも劣らないくらい重要です。自力だけでやっていくのは無理ですからね、WID
IAの支援は感激ものです。費用の面だけではなく、このような高性能部品を実現する工具まで提供してもら
えるのですから。」
2/3
WIDIAブランドの製品およびサービスは、超硬スローアウェイインサートに関する世界初の特許取得から、
世界初のコーティング材種の開発に至るまで、80年以上にわたって金属加工業界に革新をもたらしてきまし
た。WIDIAブランドでは、幅広い精密設計製品とカスタムソリューションサービスを取り揃えています。お
客様は、世界中に広がる指定代理店のネットワークを通じて、数千点にもおよぶミーリング加工、旋削加工
、穴あけ加工、およびツーリングシステム製品の中から、必要なものをすべて一箇所で手にすることができ
ます。
WIDIAの代理店をお探しの場合は、WIDIA 製品グループ:
03-3820-2855までご連絡をいただくか、Webサイト www.widia.com をご覧ください。
ケナメタルジャパン株式会社
永尾 真由美
〒135-0042 東京都江東区
木場2-15-12MA ビル 4F
Mayumi NAGAO
電話番号: 03 3820 2862
ファックス: 03-3820-2865
[email protected]
3/3
Powered by TCPDF (www.tcpdf.org)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
141 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content