close

Enter

Log in using OpenID

低騒音・小形パワーパッケージTU-PAC

embedDownload
低騒音・小形パワーパッケージ TU-PAC
Low noise small power packages
● 電動機とポンプを逆U字形タンクの中に収納す
ることによって、コンパクトで軽量、全高の低い
パワ-パッケ-ジを可能にしました。
●高効率で放熱が良好なため、
油温の上昇を抑えら
れますので、タンク油量が少なくて済みます。
● オプションでポンプに直接マニホ-ルドブロッ
クを取り付けられますので、集積弁 TGM-3シ
リ-ズを搭載することによって、ご希望の油圧回
路が簡単に構成できます。
●全形式にリタ-ンフィルタを標準装備し、
システ
ム全体の長寿命化をさらに進めました。
●温度計・マグネット・レベルスイッチ・マニホ-ル
ドブロック・ ドレンク-ラなど、豊富なオプショ
ンが用意されています。
形式
TU3C-N(T)(
- T)
(M)
(L)
(S)
(3)
(C)
(R)-1234
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
1 小形パワ-パッケ-ジTU-PACシリ-ズ
2 形式記号(1C~13C)
「仕様」(S8ペ-ジ)参照
3 電動機電圧記号(右表参照)
4 電磁弁電圧記号(右表参照)
(無記号:電磁弁なし)
≪オプション記号≫
5 温度計の有無
無記号:温度計無し
T:温度計付き
6 マグネットの有無
無記号:マグネット無し
M:マグネット付き
7 レベルスイッチの有無
無記号:レベルスイッチ無し
L:レベルスイッチ付き
8 マニホ-ルドブロック接続口方向(ポンプ側から見て)
無記号:マニホ-ルドブロック無し
S:右側面(TU1C~7C)
F:前面(TU1C~3Cのみ)
A:特殊マニホ-ルドブロック
☆TU8C~13Cの、マニホ-ルドブロック付きについてはご
相談下さい。
☆ 9 マニホ-ルドブロック連数(ISO4401-03サイズ)
数字は連数を表す
S形の場合1~5連
F形の場合2~4連
12
10 塗色
無記号:標準色マンセルN5.
5
C:特殊塗色
11 ドレンク-ラ(ラジエ-タ)の有無
無記号:ドレンク-ラ無し
R:ドレンク-ラ付き
12 組立図面番号(下4桁)
電動機電圧記号
記号
N
A
B
F
D
標準
特殊
電
200/200/220 V
400/400/440 V
380 V 50 Hz
415 V 50 Hz
460 V 60 Hz
源
50/60/60 Hz
50/60/60 Hz
上記以外の電圧についても製作致します。電源電圧周波数をご指示下さい。
電磁弁電圧記号
電源
記号
T
B
交流
(AC)
V
D
直流
(DC)
G
H
電圧 V
周波数 Hz
100
110
110
115
120
200
220
220
230
240
12
24
50/60
60
50
60
60
50/60
60
50
60
60
―
パ
ワ
ー
パ
ッ
ケ
ー
ジ
S
7
仕様
形 式
電動機定格
ピストンポンプ
容量
3
cm /rev
C
シ
リ
ー
ズ
TU1C
TU2C
TU3C
TU4C
TU5C
TU6C
TU7C
TU8C
TU9C
TU10C
TU11C
TU12C
TU13C
0.75 kW,4P
1.5 kW, 4P
2.2 kW, 4P
3.7 kW, 4P
5.5 kW, 4P
7.5 kW, 4P
8
16
16
21
16
21
31
31
40
31
37
40
*1)定格使用圧力
(ラジエータなし)
MPa
3.5
7.0
3.5
6.0
4.0
9.0
7.0
5.0
7.0
*5) 5.0
9.0
7.0
*5) 7.0
*2)最高使用圧力
(ラジエータ付き)
MPa
―
―
―
*3) 10.0
*3)
7.0
*3) 14.0
*3) 10.5
*3)
7.0
*3) 10.0
*3)
7.0
*3) 10.0
*3)
7.0
*3)
9.0
*3)最大吐出量
L/mIn
50 Hz 60 Hz
11
13.2
22
22
29
22
29
42.6
42.6
54.9
42.6
50.8
54.9
26.4
26.4
34.6
26.4
34.6
51.0
51.0
65.9
51.0
60.9
65.9
タンク容量 *4)質量
L
kg
10
35
45
53
70
70
90
90
98
130
144
130
130
144
15
25
40
60
*1)
50 Hzの最大吐出量時の電動機定格内での使用圧力を示します。
*2)
ラジエータ付きで、カットオフ連続運転で油温上昇が室温+20 ℃以内となる圧力を示します。油温上昇特性線図( S9ページ )をご参照ください。
*3)使用吐出量と圧力の関係は、機種選定方法(S10~S11)ページのグラフをご参照ください。
*4)作動油およびマニホールドブロックは含みません。
*5)TU10C,TU13Cは定格使用圧力内でもラジエータ付きとなります。
記事
1)消防法、CEマーキング、難燃性作動油(水・グリコール系)対応のユニットについてはご相談ください。
2)電動機のON-OFF運転の場合は、特殊仕様になりますのでご相談ください。
3)その他の特殊仕様につきましても当社までご相談下さい。
4)ポンプの制御方式はCMCまたはCMが標準となります。その他の制御方式につきましては A8~A10ページをご参照ください。
注1)TU1C/TU2Cのポンプ制御方式はCBCが標準となります。
注2)TU8C/TU9C/TU11C/TU12Cのポンプ制御方式はCMが標準となります。
パ
ワ
ー
パ
ッ
ケ
ー
ジ
S
8
特性線図
油温上昇特性
30
1C
温
度
上
昇
値
℃
3C
20
R
5C-
-R
8C
C
9/11
R
-
C
3
10/1
R
4C-
R
12C-
4
6C
7C
5C
8C
2C 12C
10
0
4C
R
7C- 6C-R
C-R
9/11
6
8
圧力
10
12
14
MPa
(1)油温=室温+温度上昇値
(2)実線はラジエータ無し、破線(R)はラジエータ付きの性能を示します。
(3)カットオフ連続運転(60Hz)で、通気性の良いところに設置した時のデータです。
騒音特性
75
3C
10/12/1
70
C
8/9/11
騒
音
値
3C
6C
7C
5C
65
4C
dB
(A)
1/2C
60
0
4
6
8
圧力
10
MPa
(1)測定距離:1m(カットオフ運転での5面平均値)
(2)回転数:1800 min -1(60 Hz)
(3)油温:40℃
12
14
パ
ワ
ー
パ
ッ
ケ
ー
ジ
S
9
TU1C~13Cシリーズ
機種選定方法
圧力-流量-電動機出力線図
(TU1C~TU8C)
圧力-流量-電動機出力線図の線の下側が使用可能領域となります。
ご使用の圧力、流量がこの領域に入る機種を選定してください。
3
20
15
流
量
3
TU1C ( 8cm /rev-0 .75 kW ,
4P )
20
TU2C (8cm /rev-1.5 kW ,
4P )
15
60 Hz
流
量
50 Hz
10
L/min
60 Hz
50 Hz
10
L/min
5
0
5
1
2
3
4
0
2
4
30
3
TU3C ( 16cm /rev-1.5 kW ,
4P )
流
量
30
60 Hz
25
25
50 Hz
20
流
量
15
L/min
8
3
TU4C ( 16cm /rev-2 .2 kW ,
4P )
60 Hz
50 Hz
20
ラジエータ付き
15
L/min
10
10
5
5
0
1
2
3
4
0
4
圧 力 MPa
8
12
圧 力 MPa
3
40
3
TU5C ( 21cm /rev-2.2 kW ,
4P )
30
60 Hz
4P )
TU6C ( 16cm /rev-3.7 kW ,
60 Hz
25
50 Hz
50 Hz
30
流
量
6
圧 力 MPa
圧 力 MPa
ラジエータ付き
20
L/min
流
量
20
ラジエータ付き
15
L/min
10
10
5
パ
ワ
ー
パ
ッ
ケ
ー
ジ
S
10
0
2
4
6
8
0
4
圧 力 MPa
3
40
30
流
量
8
12
16
圧 力 MPa
3
4P )
TU7C ( 21cm /rev-3.7 kW ,
60
60 Hz
50
50 Hz
ラジエータ付き
20
L/min
流
量
4P )
TU8C ( 31cm /rev-3.7 kW ,
60 Hz
50 Hz
40
ラジエータ付き
30
L/min
20
10
10
0
4
8
圧 力 MPa
12
0
2
4
圧 力 MPa
6
8
機種選定方法
圧力-流量-電動機出力線図(TU9C~TU13C)
3
80
TU10C ( 40cm /rev-5 .5 kW ,
4P )
60 Hz
70
60
3
TU9C( 31cm /rev-5 .5 kW ,
4P )
60
50 Hz
60 Hz
50
50 Hz
ラジエータ付き
流
量
40
流
量
ラジエータ標準装備
50
40
L/min
30
30
20
20
10
10
L/min
0
2
4
6
8
10
0
2
4
圧 力 MPa
6
8
10
8
10
圧 力 MPa
70
TU12C ( 37cm3 /rev-7 .5 kW ,
4P )
60 Hz
3
60
TU11C ( 31cm /rev-7 .5 kW ,4P )
60
60 Hz
50
流
量
50 Hz
ラジエータ付き
50 Hz
50
40
流
量 40
L/min
30
30
20
20
10
10
L/min
0
2
4
6
8
10
圧 力 MPa
80
0
2
4
6
圧 力 MPa
3
TU13C ( 40cm /rev-7 .5 kW ,4P )
60 Hz
70
60
50 Hz
ラジエータ標準装備
50
流
量
40
L/min
30
20
S
10
0
パ
ワ
ー
パ
ッ
ケ
ー
ジ
11
2
4
6
圧 力 MPa
8
10
TU1C~3Cシリーズ
油圧回路図
b
b
P
「回路例」
b
P
A
P
T
B
T
A
B
a
A
S形マニホールドブロック1連~5連 S1 ~ S5
a
T
B
F形マニホールドブロック2連~4連 F2 ~ F4
B1 A1
B2 A2
B3 A3
P
(Rc3/8)
2
5
Rc3/8
T
(Rc3/8)
8
DR1
DR2
(Rc1/2)
(Rc3/8)
3
7
T・6
L
M
n=2
4
1
記号
1
2
3
4
5
T・6
7
8
M
L
S*
F*
機 器 名 称
タンク
ピストンポンプ
直結形電動機
フィルタ
圧力計(グリセリン入)
油面計( T:温度計付 )
注油口兼エアブリーザ
フィルタ
マグネット
レベルスイッチ
マニホールドブロック(接続口方向:右側面)
マニホールドブロック(接続口方向:前面)
形 式 記 号
TU2C
TU1C
10 L
個数
TU3C
15 L
P8VM ( 8 cm3/rev )
P16VM ( 16 cm3/rev )
1.5 kW, 4 P
0.75 kW, 4 P
OFS-06-S1-M1(150 μm)
φ40×10 MPa
φ40×25 MPa
φ40×10 MPa
OLG(T)2-100K( T:オプション )
MSA-V30
51-500400(10 μm)
MG40(オプション)
T-LSN, AC 100 V,0.1 A / DC 24 V,0.05 A(オプション)
1~5連(オプション)
2~4連(オプション)
1
1
1
1
1
1
1
1
2
1
1
1
寸法表(K,Lは作動油容量を示す)
パ
ワ
ー
パ
ッ
ケ
ー
ジ
S
12
TU1C
TU2C
TU3C
A
320
350
350
B
465
515
515
C
307
337
337
D
390
444
469
E
80
85
104
F
105
115
115
G
270
295
295
H
185
235
235
J
K
L
M
-14 11.9L 8.1L 395
-10 17.4L 12.6L 449
15 17.4L 12.6L 474
P
169
179
179
Q
126
126
145
R
450
504
529
S
55
55
80
T
21
26
45
U
277
287
287
V
400
454
479
W
155
165
165
Y
Z
210 32.5
235 35
235 35
外形寸法図
(TU1C~3C)
5
5
10
15
●標準形
丸形圧着端子( M4 用)
M
φ22 配線穴
8
3
B
U V W E
M
電動機配線用カバー
2
M
10
4-φ10( 取付け穴 )
電気接続図
J
10
10
A
圧力調整ねじ
ケースドレン注入口
(右回転で圧力上昇)
吐出量調整ねじ
( Rc3/8 )
φ22 電動機配線穴
( 左回転で吐出量増加 )
ドレン口 DR2 ( Rc3/8)
55
4
L
T・6
1
7
50
ドレン口 DR1 ( Rc1/2 )
戻り口 T( Rc3/8 )
( 膜付グロメット付 )
H
電動機配線用カバー
5
K:
(HIGH )
Z
2-排油口
吐出口 P
( Rc1/4 )
( Rc3/8 )
●S形マニホールドブロック付
(1~5連)
注)( )内寸法は1連を示す。
D
70
(40)
n:連数
60 30 ( n-1)×50
サービススペース
M( V )
A1
A2
A3
A4
A5
B1
B2
B3
B4
B5
P( W )
5
(40(
)30)
3815 (132) ( 集積弁1個のとき )
E
4.
5
25
F
G
G
Y
C
L:
(LOW )
Q
100
Rc3/8 接続口
n:連数
T(n-1)×50 55
24
A2
A3
A4
B1
B2
B3
B4
Rc3/8 接続口
パ
ワ
ー
パ
ッ
ケ
ー
ジ
S
13
U
A1
5
15
●F形マニホールドブロック付
(2~4連)
38 (132) (集積弁1個のとき)
(1連は,A ,
B ポートが逆になります。)
交流のとき:S
直流のとき:S+4
R
B
TU4C~8Cシリーズ
油圧回路図
b
b
P
「回路例」
b
P
A
P
T
B
T
A
B
a
A
☆S形マニホールドブロック1連~5連 S1 ~ S5
a
T
B
TU4~7C・・・Rc1/2
TU8C・・・Rc3/4
P
B1
A1
B2
A2
B3
A3
2
Rc3/8
DR1
DR2
( Rc3/4)
(Rc1/2)
T
8
5
3
R
接続口からの配管はゴムホースをご使用ください。
7
4
L
T・6
M
n=2
1
☆印:TU8Cのマニホールドブロック付きについてはご相談ください。
記号
1
2
3
4
5
T・6
7
8
M
L
☆S*
R
パ
ワ
ー
パ
ッ
ケ
ー
ジ
S
14
機 器 名 称
TU4C
タンク
TU5C
25 L
P16VM
P21VM
3
3
( 16 cm /rev ) ( 21 cm /rev )
ピストンポンプ
2.2 kW,4 P
直結形電動機
フィルタ
圧力計(グリセリン入)
油面計( T:温度計付 )
注油口兼エアブリーザ
フィルタ
マグネット
レベルスイッチ
マニホールドブロック(横出し)
ドレンクーラ(ラジエータ)
φ40×16 MPa
形 式 記 号
TU6C
P16VM
3
( 16 cm /rev )
TU7C
40 L
P21VM
3
( 21 cm /rev )
3.7 kW,4 P
OFS-06-S1-M2(150 μm)
φ40×25 MPa
OLG(T)2-100K( T:オプション )
個数
TU8C
1
P31V
3
( 31 cm /rev )
φ40×16 MPa
MSA-V30
Y-440600(10 μm)
MG40(オプション)
T-LSN, AC 100 V,0.1 A / DC 24 V,0.05 A(オプション)
1~5連(オプション)
RA-4(オプション)
1
1
1
1
1
1
1
2
1
1
1
寸法表(K,Lは作動油容量を示す)
TU4/5C
TU6/7C
TU8C
A
410
460
460
B
620
670
670
C
407
477
477
D
570
620
657
E
105
105
125
F
150
162
162
G
360
430
430
H
325
375
375
J
631
681
728
K
L
28.3L 21.7L
44.2L 35.8L
44.2L 35.8L
M
575
625
―
P
214
226
―
R
420
470
470
S
290
360
360
V
580
630
―
W
200
212
―
外形寸法図
(TU4C~8C)
5
5
15
●標準形
端子台
R
M
L
( M4×4 極 )
8
4
φ28 配線穴
7
U VW E
J
B
R
3
端子箱
M
M
2
電気接続図
A矢視図
15
4-φ12 穴
15
15
圧力調整ねじ
( 右回転で圧力上昇 )
ケースドレン注入口
TU4~8C(9/16-18UNF )
A
最大流量調整ねじ
( TU8C には付いていません。)
( 左回転で吐出量増加 )
42 .
5
H
対面側 φ28配線穴
( 膜付グロメット付 )
吐出口 P
TU4~7C・・・Rc1/2
TU8C・・・Rc3/4
5
4.
5
2- 排油口( Rc1/2 )
65
4- 防振ゴム
●S形マニホールドブロック付
(1~5連)
注)( )内寸法は1連を示す。
200
( 端子箱の配線スペース )
(40) n:連数
60 30 (n-1)×50
M(V)
A1
A2
A3
A4
A5
B1
B2
B3
B4
B5
P(W )
5
D
(40(
)30)
3815 (132) (集積弁1個のとき)
E
A
G
1
F
G
S
L:
(LOW )
30
60
ドレン口 DR1 ( Rc3/4 )
TU8C・・・Rc3/4
K:
(HIGH)
C
ドレン口 DR2 ( Rc1/2 )
TU4~7C・・・Rc1/2
T・6
55
端子箱
戻り口 T
4-M10 アイボルト
145
100
Rc3/8 接続口
(1連は,A ,B ポートが逆になります。)
パ
ワ
ー
パ
ッ
ケ
ー
ジ
S
15
TU9C~13Cシリーズ
油圧回路図
「回路例」
(Rc3/4)P
2
8
5
3
R
7
4
DR1
DR2
(Rc3/4(
) Rc3/4)
(Rc3/4)T
T・6
L
M
n=2
1
注)TU9~13Cのマニホールドブロック付きについてはご相談ください。
記号
1
タンク
2
ピストンポンプ
3
4
5
T・6
7
8
M
L
R
パ
ワ
ー
パ
ッ
ケ
ー
ジ
S
16
機 器 名 称
直結形電動機
フィルタ
圧力計(グリセリン入)
油面計( T:温度計付 )
注油口兼エアブリーザ
フィルタ
マグネット
レベルスイッチ
ドレンクーラ(ラジエータ)
形 式 記 号
TU11C
TU12C
TU13C
60 L
P31V
P40V
P31V
P40V
P37V
3
3
3
3
3
( 31 cm /rev ) ( 40 cm /rev ) ( 31 cm /rev ) ( 37 cm /rev ) ( 40 cm /rev )
5.5 kW,4 P
7.5 kW,4 P
OFS-08-S1-M3(150 μm)
φ40×25 MPa
φ40×25 MPa φ40×16 MPa
OLG(T)2-100K( T:オプション )
MSA-V30
Y-440600(10 μm)
MG40(オプション)
T-LSN, AC 100 V,0.1 A / DC 24 V,0.05 A(オプション)
RA-4(オプション)
TU9C
TU10C
個数
1
1
1
1
1
1
1
1
2
1
1
外形寸法図
(TU9C~13C)
注)( )内寸法はTU9C,11C,12Cを示す。
5
15
5
M
L
540
3
7
M
( M4×4 極 )
R
832( 782 )
4
740
端子台
8
φ28 配線穴
UVW
E
YZX
2
端子箱
4-φ12 穴
A矢視図
15
M
圧力調整ねじ
15
15
ケースドレン注入口
TU9 ,11 ,12C(9/16-18UNF )
530
( 右回転で圧力上昇 )
電気接続図
TU10 ,13C( Rc3/4 )
最大流量調整ねじ
( TU9C ,11C には付いていません。)
( 左回転で吐出量増加 )
ドレン口 DR2(Rc3/4)
T・6
H:65.
5L
ドレン口 DR1(Rc3/4)
50
1
端子箱
435
対面側φ28 配線穴
戻り口 T ( Rc3/4 )
5
( 膜付グロメット付 )
60L
L:54.
5L
吐出口 P( Rc3/4 )
475
A
182
407
30
4.
5
525
70
475
55
4-M10 アイボルト
4- 防振ゴム
(125)
133
2- 排油口( Rc1/2 )
(708)
720
65
200
( 端子箱の配線スペース )
パ
ワ
ー
パ
ッ
ケ
ー
ジ
S
17
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
21
File Size
695 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content