close

Enter

Log in using OpenID

トンネル照明 - 星和電機株式会社

embedDownload
はじめに
トン ネ ル 照 明
LED 照明
トンネル 灯( 広ス パン 型 )
トンネル照明
トンネル 灯(各 運 用 方 式)
トンネル 灯( 光 束自律 調 整・不点ランプ 選 択 回 避 機 能 付)
道路照明
街路照明
環境照明
施設照明
投光照明
誘導表示灯
関連機器
032
トンネル照明 /
施設用照明・機器 2010-2011
施設用照明・機器 2010-2011 /トンネル照明
033
明るい 野 外 の 道 路 から真っ暗 なトンネ
ル 内 へ の 急 激 な 走 行 環 境 の 変 化で は、
運転者に大きな負担を与えます。より安
全で 快 適 なトンネ ル 内 走 行を実 現 する
た め 、照 明 は た い へ ん 重 要 な 役 割 を
担っているのです。入口部、基本部、出口
部 によって 照 明 のレ ベ ル を 調 整し、ス
ムースな走行をもたらします。万が一の
停 電 や 災 害 の た め に、停 電 時 照 明 や 誘
導灯、警報板などを完備しています。
トンネル 照 明
入口部照明
基本部照明
はじめに
避難坑照明
LED 照明
トンネル照明
道路照明
街路照明
照明受電盤
環境照明
LED式誘導標示板
施設照明
投光照明
誘導表示灯
LED式非常電話表示灯
LED式非常口表示灯
LED式トンネル内非常電話機収容箱
関連機器
坑外灯
034
トンネル照明 /
施設用照明・機器 2010-2011
施設用照明・機器 2010-2011 /トンネル照明
035
トン ネ ル 照 明
トンネル照明は明かり部の道路照明とは異なり昼間においても照明を必要とします。
周囲が閉鎖されていることから走行上特に交通安全性、快適性を確保する必要があるため、
設計速度、交通量、延長、構造、線形等に応じて適切な照明施設を設置する必要があります。
運転者の眼は日中の明るい場所からトンネル等の暗い場所へ移行するときは順応時間が長くなるため急激な明るさの変化は
非常に危険です。これら眼の順応を円滑に行うためには出入り口部・内部等で、それぞれに照明レベルが異なります。
また、照明方式も視認性、経済性をさらに向上させる新方式が開発されています。
はじめに
対称照明方式と非対称照明方式
入口部・内部・出口部など用途に合わせて安全性、効率性を高める照明方式が開発されています。
トンネルの設計速度と設計交通量など、さまざまな要素を考慮し最適な照明を選定する必要があります。
LED 照明
● 対称照明方式(図2)
もっとも一般的な照明手法で、総合的にバランスのとれた照明方式です。灯具の配光が道路の縦断方向(道路軸方向)に対して、灯具中
心軸の左右がほぼ対称であり、側壁あるいは天井部に設置します。灯具の配光のうち、運転者と向き合う部分は路面輝度を確保するのに
トンネル照明
効果的であり、灯具の配光の道路進行方向の部分は、路上の障害物あるいは先行車の背面の明るさを確保するのに有効です。
● 非対称照明方式(カウンタービーム照明方式)
(図3)
カウンタービーム照明方式は、灯具からの光を交通方向に対向させて照明する方式であり、障害物と路面との間に比較的高い輝度対比
が得られるため、路上の障害物の視認性が向上する特徴があります。
このため、入口照明においては対称照明方式と比べ、境界部の路面
道路照明
輝度を低くすることが可能であり、また、平均照度換算係数を小さく設定できます。ただし、配光特性上、先行車の背面の明るさが低下し
対称照明方式に比べ視認性が低下することがあります。
この照明方式は「入口照明」に適用される照明方式であり、基本照明としては対
象としていません。
● 非対称照明方式(プロビーム※照明方式)
(図4)
街路照明
プロビーム照明方式は、灯具からの光を交通方向に照射する方式であり、先行車の背面の明るさを高めることが可能であり、入口付近や
出口付近等の先行車に対して安定した視認性を得ることができます。
※「プロビーム」は松下電器産業(株)の商標です。
環境照明
中央道 新中野トンネル(山梨県)
施設照明
● 一方交通の場合
● 対面交通の場合
接続道路
照明
接続道路
照明
接続道路
照明
基本照明
基本照明
出口照明
入口照明
入口照明
出口照明
入口照明
出口部照明
トンネル照明 /
入口部照明
基本部照明
入口部照明
接続道路
照明
関連機器
図1 トンネル照明の構成
036
接続道路
照明
明るさ
基本部照明
入口照明
基本照明
明るさ
入口部照明
入口照明
誘導表示灯
入口照明
基本照明
接続道路
照明
投光照明
接続道路
照明
図2 対称照明方式
施設用照明・機器 2010-2011
図3 カウンタービーム照明方式
図4 プロビーム照明方式
施設用照明・機器 2010-2011 /トンネル照明
037
トンネル 照 明
はじめに
LED 照明
トンネル照明
道路照明
中央道 新中野トンネル(山梨県)
新八鬼山トンネル(三重県)
街路照明
表1 基本照明の平均路面輝度
トンネル内部は周囲が閉鎖された空間であることによる運転者の不安感などを解消し、設計速度、交通量、線形などに応じて安全かつ快適に
運転が行われるような照明を選定しなければなりません。また排ガス等による視認性の低下などにも考慮した照明が必要です。
灯具の配置
視機能低下グレア
038
トンネル照明 /
施設用照明・機器 2010-2011
4.5
70
3.2
60
2.3
50
1.9
40以下
1.5
a)向き合わせ配列
S
S
低減の内容
c)中央配列
トンネル1本あたりの日交通量が
10,000台/日未満
走行時間が135秒以上の延長を
持つトンネル
S
b)千鳥配列
表2 基本照明の低減
低減の条件
S
50%以上
走行時間が135秒以後の部分を
65%以上
※表3の注:走行時間が30秒以下の短いトンネルや
入口照明区間は問題にする必要はありません。
S
S
S:灯具の間隔(m)
表3 ちらつき防止のために避けるべき灯具間隔
設計速度(km/h)
灯具間隔(m)
100
1.5∼5.6
80
1.2∼4.4
70
1.1∼3.9
60
0.9∼3.3
50
0.8∼2.8
40
0.6∼2.2
関連機器
障害物の視認性は、視機能低下グレアとも関係があり、相対閾値増加が小
さいほど運転者に影響を与えるグレアが少なくなり、障害物が見えやすく
なります。
トンネル照明における視機能低下グレアは、相対閾値増加TIを
15%以下に抑える必要があります。
9.0
80
誘導表示灯
輝度均斉度は、平均路面輝度が低い場合、見え方に大きな影響を与える
ため、できるだけ良好に保つことが重要であり、障害物の視認性を確保す
るためには総合均斉度0.4以上を確保する必要があります。なお、交通量
による平均路面輝度の低減を行わない場合は、運転者の視覚的不快感を
軽減するために車線軸均斉度0.6以上とする必要があります。
平均路面輝度(cd/㎡)
100
投光照明
輝度均斉度
灯具の配置は、配列方式、取付高さ、取付間隔の三つの要素があり、灯具はトンネ
ル内の路面輝度の均斉度を良好に保ち、
ちらつきによる不快感をできるだけ少な
くするように配置します。
また、
メンテナンスや経済性等も考慮します。
配列方式は、向き合わせ配列、千鳥配列、中央配列の三つがあります。
(図5)
取付高さは、路面上より5m前後が一般的です。
取付間隔は、基本照明の性能指標(平均路面輝度・輝度均斉度・視機能低下グレ
ア・誘導性)を満足するよう設計速度に応じて決定します。また、設計速度によって
避けるべき灯具の取付間隔は表3に示すとおりです。
設計速度(km)
施設照明
平均路面輝度
平均路面輝度は、設計速度に応じて基準値が定められています。
(表1)
また一定の条件を満たす場合のみ、路面輝度を基準値以下にすることが
できます。
(表2) ただし、
この場合においても0.7cd/㎡未満であってはな
りません。
図5 灯具の配列
環境照明
基本照明
施設用照明・機器 2010-2011 /トンネル照明
039
トンネル 照 明
入口部照明
明るさが急激に変化するトンネル入口部には高いレベルの照明を行い、次第に明るさを下げて基本部の照明に接続します。
入口部照明各部の路面輝度と長さ
ブラックホール現象とブラックフレーム現象
適正な入口部照明が得られていないとき、
トンネルの出口が見通せない
長いトンネルの場合には真っ黒に(図6-a)、出口が見通せる短いトンネル
の場合には真っ黒の枠に見えます(図6-b)。前者がブラックホール現象、
後者がブラックフレーム現象と呼ばれています。
入口部照明各部の路面輝度および長さは、野外輝度が3300cd/㎡の場
合、設計速度に応じて表4を標準とします。また、路面輝度は、交通量、照明
方式あるいは連続トンネルの坑口間距離に応じて表4より低い値とするこ
とができます。
これらの現象が起こると運転者は真っ暗なトンネル内部の道路や周辺に
関する視覚情報を知覚することができなくなり、安全に運転することが困
難になります。
(注1)L 1 は境界部、L 2 は移行部終点、L 3 は緩和部終点(基本照明)の路面
輝度、ℓ 1 は境界部、ℓ 2 は移行部、ℓ 3 は緩和部、ℓ 4 は入口部照明
の長さ(ℓ1+ℓ 2+ℓ 3)
図6-b ブラックフレーム現象
図6-a ブラックホール現象
(注2)野外輝度が本表と異なる場合は路面輝度L 1、L 2 は野外輝度に比例
して設定します。緩和部の長さℓ 3は次式により算出します。
はじめに
ℓ3 =(log10 L 2 -log10 L 3 )・
V
(m)
0.55
ただし、Vは設計速度(km/h)
LED 照明
(注3)通常のトンネルでは自然光の入射を考慮してトンネル入口より
おおむね10mの地点より人口照明を開始します。
(注4)対面通行の場合は、両入口それぞれについて本表を適用します。
短いトンネルで両入口の入口部照明区間が重なる場合は、路面輝
度の高い方の値を採用します。
入口部照明の構成
入口部照明は、境界部・移行部・緩和部の3つから構成されます。
(図7)
路面輝度(cd/㎡)
トンネル照明
表4 入口部照明(野外輝度3300cd/㎡の場合)
長さ(m)
設計速度
(km/h)
L1
L2
L3
ℓ1
ℓ2
ℓ3
ℓ4
100
95
47
9
55
150
135
340
83
46
4.5
40
100
150
290
70
70
40
3.2
30
80
140
250
(注2)L3,ℓ3は延長の短いトンネルについてのみ適用されます。
その場合の路面輝度は図7の点線のようになります。
60
58
35
2.3
25
65
130
220
50
41
26
1.9
20
50
105
175
40
29
20
1.5
15
30
85
130
道路照明
80
(注1)図7の輝度変化は片対数目盛グラフで直線です。
図7 入口部照明の構成
中央道 新中野トンネル(山梨県)
移行部
(ℓ2)
緩和部
(ℓ3)
路 面 輝 度
街路照明
境界部
(ℓ1)
入口・出口部照明の調光
(ℓ4)
L2
(cd/㎡)
L3
トンネル入口
表5 入口部照明の調光(4段階の例)
距離(m)
(m)
ℓ1:境界部の長さ
(m)
ℓ2:移行部の長さ
(m)
ℓ3:緩和部の長さ
(m)
ℓ4:入口部照明の長さ
野外輝度の設定値に対する比率
路面輝度の比率
75%以上
100%
50%以上∼75%未満
75%以上
25%以上∼50%未満
50%以上
5%以上∼25%未満
25%以上
施設照明
L1:境界部の路面輝度(cd/㎡)
L2:移行部最終点の路面輝度(cd/㎡)
L3:基本照明の平均路面輝度(cd/㎡)
環境照明
入口部照明は、野外輝度が変化した場合に、それに応じてトンネル内の路
面輝度を調光することができます。設計速度が高いトンネルにおいては
調光段階を4段階(表5)
とし、設計速度が低いトンネルでは調光段階を2
段階(表6)
とすることができます。出口部照明についても入口部照明と同
様の考えとなります。
L1
野外輝度の設定値に対する比率
路面輝度の比率
50%以上
100%
5%以上∼50%未満
50%以上
誘導表示灯
上信越道 八風山トンネル(長野県)
投光照明
表6 入口部照明の調光(2段階の例)
秋田道 市野トンネル(秋田県)
関連機器
040
トンネル照明 /
施設用照明・機器 2010-2011
施設用照明・機器 2010-2011 /トンネル照明
041
トンネル 照 明
はじめに
圏央道 川口トンネル
LED 照明
自動調光装置(ライトコマンダ)
制御部
受光部
照度計式…パラマウント方式で取付が非常に容易。24時間停電補償つきの
タイムスイッチを内蔵し、深夜減灯など時刻による光源の点滅
を指令します。奥行き104mmの薄型化を実現。
(外形図1)
輝度計式…トンネル坑口付近の野外輝度を常時測定します。
トンネル坑口
から150m離れた地点よりトンネル坑口内に向けて設置します。
(外形図4)
街路照明
外形図1 制御部(照度計式)
照度計式…トンネル坑口における自然光の照度レベルを常時測定します。
南向きで天空が見通せる方向に設置します。防水構造で堅牢な
設計。受光素子は長期間の使用でも感度変化の少ないシリコン
フォトダイオードを使用。低電圧回路を使用し、電圧変動による
動作照度の変化がありません。
(外形図2)
道路照明
輝度計式…照度計式と同様に取付が非常に容易であり、
タイムスイッチを
内蔵し、深夜減灯など時刻による光源の点滅、および野外輝度
に応じた入口部照明の調光を4段階まで点滅指令することが可
能です。
(外形図3)
上信越道 五里ヶ峯トンネル(長野県)
トンネル照明
自動調光装置は、野外輝度または野外の鉛直面照度を検出して、
トンネル内部の明るさを常に最適な状態に制御するものであり、受光部と制
御部からなり、種類としては、野外輝度を検出する輝度計式と、野外の照度を検出する照度計式があります。
外形図2 受光部(照度計式)
360
440
410
104
20
7
200
220
90
2-φ10穴
停電時用照明
トンネル内で突然停電に遭遇すると、運転者は心理的動揺をきたし、事故を
起こすことがあります。
このため、停電直後から通常の電源以外の電源に
よって照明することを考慮する必要があります。
外形図3 制御部(輝度計式)
投光照明
出口部照明の路上高さ0.7mの鉛直面照度は、
トンネル内から見たトンネ
ル出口付近の野外輝度の12%の値で、野外輝度が5000cd/㎡ならば鉛直
面照度は600ℓx 、照明区間は80m前後の長さを必要とします。
表示切換時設定 分設定
電源
ON
電源
b.トンネル出口付近の野外輝度が5000cd/㎡以上
c.トンネル延長が400m以上
現在時刻時刻設定ON時刻OFF時刻
1A
20
a.トンネルの設計速度が80km/h以上
夜間においては、
トンネル出入り口付近の幅員構成の変化などを明示す
るため、必要に応じてトンネルに接続する道路に照明施設を設けるものと
します。
自動 晴天 曇天 昼間 昼夜間常時 坑外
施設照明
出口部照明は、次の条件が重なる場合、またはその他とくに必要とされる
場合は出口部照明を設けることがよいとされています。
トンネル照明用自動調光装置
90
接続道路の照明
180
210
15
240
15
環境照明
トンネル照明を選考する場合、出口部、接続道路、停電時なども考慮する必要があります。
出口部照明
150
104
86
その他のトンネル照明
外形図4 受光部(輝度計式)
420
125
a.自家発電設備による停電時用照明
晴
天
1
晴
天
2
曇
天
1
曇
天
2
昼
夜
間
間
深
夜
1
深
夜
2
設 定
動 作 値
最小点灯
夜 間
深 夜
上り
150
動
下り
cd/m
2
下 り
200
100
b.蓄電池による停電時用照明
250
歩道部照明
上 り
自
誘導表示灯
非常駐車帯には、その位置がわかり、かつ一時的に待機している車両の存
在を運転者が確認できるよう、夜間減灯時においても基本照明と併せて平
均路面照度50ℓx 以上を保つよう照明施設を設置することが望まれます。
ディーゼル機関等を原動機とする交流発電機によって交流電源を供給しま
す。
この場合は基本照明の1/4以上の照度を確保することが望ましいとされ
ます。なお、自家発電設備は停電後少なくとも1∼2分後でなければ正規の
電圧にはなりません。その間は蓄電池による方式で対処します。
操作スイッチ
100
非常駐車帯照明
上り
下り
曇天2
曇天2
昼間
曇天1
昼間
曇天1
夜間
晴天2
夜間 晴天2
晴天1
深夜1 晴天1
深夜1
自動
深夜2 自動
深夜2
6-φ7
042
トンネル照明 /
施設用照明・機器 2010-2011
蓄電池とインバータによって交流電源を供給します。
この場合は基本照明の
1/8以上の照度を停電後10分以上にわたって確保することが望まれます。
250
420
関連機器
歩道を有するトンネルの歩道部は、歩行者等の安全を確保するために、
夜間減灯時においても平均路面照度5ℓx 以上の明るさを確保するよう照
明施設を設置する必要があります。なお、
トンネル照明のみで所要の照度
を確保できる場合は歩道部専用の照明は必要ありません。
400
8×50長穴
施設用照明・機器 2010-2011 /トンネル照明
043
トンネル 照 明
はじめに
LED 照明
トンネル照明
道路照明
白色LEDを光源とした内照式表示灯
白色LEDは省電力・長寿命に優れた光源として幅広い分野で製品開発が進んでいる次世代光源です。
内照式表示灯において従来の蛍光ランプに代わり、広く採用されています。
環境照明
トンネル内では、自然風の他、走行車両のピストン効果による気流が発生します。
そのため、照明器具は腐食の原因となる塵埃が付着しやすくなります。星和電機のプレス型トンネル照明器具は、
本体をステンレス鋼板のプレス成形による曲面構造とすることで、塵埃の付着を防ぎ、大幅な耐久性の向上を実現させました。
街路照明
耐久性と照明効率向上を実現した枠なしプレス型トンネル灯
長寿命かつ省電力の白色LED
空気抵抗の少ない曲面構造を採用
器具本体の側面を空気抵抗の少ない曲面構造としたため、腐食の原因となる塵埃の付着が抑えられ、耐久性が向上しました。
器具本体は、冷間圧延ステンレス鋼板によるプレス成形タイプです。継ぎ目のない絞り加工なので、ステンレス本来の耐久性や耐蝕性を最大に活かしています。
施設照明
耐蝕性、防錆性の高いステンレス一体成形
従来のトンネル内表示灯の光源として普及している蛍光ランプの寿命がおよそ8,500時間(定格値・FLR20W)
であるのに対し、白色LED光源は40,000時間以上(期待寿命)
も
の長寿命を実現。蛍光ランプと比較しておよそ5倍、約5年間ランプ交換が不要となります。
さらに電源装置との組み合わせにより省エネルギー化の実現を図ります。
視認性の向上と省スペース化を実現
LED内照式表示灯は表示面全体にLEDを実装することで、均一でムラのない発光を実現します。
また、従来の蛍光ランプに比べ、内部構造の省スペース化が可能となり、
トンネル内表示灯の薄型化を可能とします。
投光照明
枠なし構造による照明効率の向上
上部本体を枠なし構造とすることで、光学的照射範囲を大幅に拡大し、照明効率の向上を実現しました。
誘導表示灯
関連機器
044
トンネル照明 /
施設用照明・機器 2010-2011
施設用照明・機器 2010-2011 /トンネル照明
045
トンネル 灯( 広ス パン 型 )
トン ネ ル 灯( 広 ス パ ン 型 )
道路照明施設設置基準により、トンネル基本照明部は性能指標による取付間隔の規定がありますが、
交通量の少ないトンネルではトンネル内の明るさを 1/2 まで低減することが出来ます。
このような施設を対象に路面輝度に適した無駄のない照明器具の設置を可能とすることで設備費、維持費を縮減し、
CO 2 排出量削減等の環境配慮を目的とした新しい「トンネル照明器具(広スパン型)」の開発を行いました。
広スパン型 高 圧ナトリウムランプ用 照 明 器 具
効 果
経費縮減
本体・照明カバー枠:ステンレス鋼板製プレス成型品
反射板
:アルミニウム合金
照明カバー
:強化ガラス(クリア)
塗装色
:グレー
はじめに
本体・照明カバー枠:ステンレス鋼板製プレス成型品
反射板
:アルミニウム合金
照明カバー
:強化ガラス(クリア)
塗装色
:グレー
広スパン型セラミックメタルハライドランプ用照明器具
1.基本照明部において器具取付間隔を広スパン化することで、設置台数を削減できます。
配光のイメージ
KWD060BL
建電協仕様
適 合 品
3.0H
3.0H
4.5H
歩道側
KWDP060BL(電池内蔵型) 建電協仕様
適 合 品
90゚
60゚
0.3
90゚
30゚
0.1
0.2
蓄電池 :12V5,000mAh
点灯時間:10分以上
光束比 :80%以上
0.3
[適合ランプ]
■高圧ナトリウムランプ NHTD110
60゚
点光源に近いセラミックメタルハライドランプ、または両口金形高圧ナトリウム
ランプと電子安定器を使用することにより照明器具の軽量化を可能とし、枠なし
構造とすることでリサイクル性の向上も実現します。
❶ランプ寿命
■高圧ナトリウムランプ NHTD110
0.2
Hfツイン蛍光灯ランプ
蓄電池 :12V12Ah
点灯時間:10分以上
光束比 :80%以上
0.3
30゚
750
400
0.2
歩道側
NHTD110
※器具形式の末尾に
-Dを付記すると調光形、
-Mを付記すると瞬時停電対応形、
-DMを付記すると瞬時停電対応調光形
30゚
0.3
蓄電池 :24V2,000mAh
点灯時間:10分以上
光束比 :80%以上
0.5
照明率
KWCMT110BL
0.5
NEW
[適合ランプ]
60゚
0.1
30゚
30゚
0.1
60゚
90゚
角度
0.2
■セラミックメタルハライドランプ
CMT110R-WW
蓄電池 :24V2,000mAh
点灯時間:10分以上
光束比 :80%以上
420
470
520
150
160以下
160以下
0.3
0.2
歩道側
[適合ランプ]
0.3
車道側
0.4
0.5
照明率
使用ランプ
CMT110
※器具形式の末尾に
-Dを付記すると調光形、
-Mを付記すると瞬時停電対応形、
-DMを付記すると瞬時停電対応調光形
740
400
❶高効率なセラミックメタルハライドランプ、
または高圧ナトリウムランプの採用と設置台数縮減により、CO2排出量等の環境負荷を低減します。
関連機器
❷長寿命なセラミックメタルハライドランプ、
または高圧ナトリウムランプの採用により廃棄物による環境負荷を低減します。
150
160以下
環 境
150
160以下
420
470
520
現在の照明器具設置時と同等以上の見え方であることを確認しました。
この結果、見え方を維持しながら当初設備費、維持費共に経費縮減が可能となります。
0.4
誘導表示灯
4.
トンネル照明の効果
CMT70
使用ランプ
投光照明
15kg
車道側
0.4
施設照明
20kg
90゚
角度
0.2
■セラミックメタルハライドランプ
CMT70R-WW
KWCMTP110BL(電池内蔵型) NEW
740
400
60゚
0.1
90゚
Hfツイン蛍光灯ランプと比較し、
高圧ナトリウムランプ(両口金形)
で約16%縮減
セラミックメタルハライドランプ(片口金形)
で約43%縮減
0.1
30゚
KWCMTP070BL(電池内蔵型) NEW
■セラミックメタルハライドランプ
CMT110R-WW
❷電力費
60゚
照明率
420
470
520
使用ランプ
高圧ナトリウムランプ(両口金形)
平均寿命:15,000時間
ランプ寿命が約1.3倍
0.3
[適合ランプ]
車道側
0.5
セラミックメタルハライドランプ(片口金形)
425
470
520
90゚
0.4
平均寿命:18,000時間
ランプ寿命が約1.5倍
740
400
60゚
角度
0.4
環境照明
枠なし広スパン型トンネル照明器具
従来型トンネル照明器具
0.5
90゚
0.1
CMT50
使用ランプ
NEW
30゚
3.維持費の縮減
照明率
0.5
照明率
0.1
2.軽量化
[適合ランプ]
蓄電池 :24V2,000mAh
点灯時間:10分以上
光束比 :80%以上
■セラミックメタルハライドランプ
CMT70R-WW
0.2
90゚
0.4
[適合ランプ]
0.3
車道側
0.3
街路照明
KWDP110BL(電池内蔵型)
0.4
90゚
角度
0.2
KWCMT070BL
0.5
歩道側
平均寿命:12,000時間
NHTD60
60゚
0.1
道路照明
21 台
広スパン型トンネル照明器具(延長500mのトンネルの例)
30゚
KWCMTP050BL(電池内蔵型)
照明率
29台
KWD110BL
0.1
30゚
■セラミックメタルハライドランプ
CMT50R-WW
0.5
使用ランプ
60゚
[適合ランプ]
車道側
0.4
照明率
従来型トンネル照明器具
90゚
0.3
トンネル照明
■高圧ナトリウムランプ NHTD60
60゚
角度
0.4
0.2
歩道側
30゚
照明率
トンネル照明器具の配光を道路横断方向を主体としたものから、
道路縦断方向を主体とする道路灯のような横に広がる反射板の開発を行いました。
■セラミックメタルハライドランプ
CMT50R-WW
0.1
[適合ランプ]
平面
0.5
[適合ランプ]
0.2
4.5H
立面
0.4
LED 照明
■高圧ナトリウムランプ NHTD60
3.0H
KWCMT050BL
0.5
[適合ランプ]
照明率
新しいトンネル器具(広スパン型)
:片側配列[H=5.0m]
照明率
従来型トンネル器具:千鳥配列[H=5.0m]
046
トンネル照明 /
施設用照明・機器 2010-2011
施設用照明・機器 2010-2011 /トンネル照明
047
トン ネ ル 灯( 各 運 用 方 式 )
トンネル灯(光束自律調整・不点ランプ選択回避機能付)
トンネル照明は、対称照明方式が一般的に採用されていますが、
蛍光ランプは、初期のランプ光束が定格値よりも高く、周囲温度の影響によってもランプ光速が変動する特性があります。
その中でも道路状況に応じて各々の運用方式が研究・採用されています。
これら初期照度および温度変化によるランプ光束の変動を規定値に補正して
一般的な対称照明方式と合わせ、これら各運用方式に対応したトンネル照明器具の開発も行っています。
無駄な電力を削減することを目的とした 光束自律調整機能を新たに開発しました。
さらに当社の独自機能として不点ランプ選択回避機能を追加し、 メンテナンス性・安全性にも配慮を行いました。
はじめに
光束自律調整機能(標準仕様機能)
初期照度補正と温度補正により一定の明るさ(ランプ光束)へ自動的に制御します。
ランプ交換初期の過剰な明るさを自動抑制
LED 照明
光 束 維 持 率︵ % ︶
明るさセンサで過剰な明るさを設定値へ自動制御
省エネ
トンネル照明
設定値100
0
12,000
点灯時間(h)
電力削減
約20%
周囲の温度による過剰な明るさを自動抑制
山内トンネル 片側配列照明
道路照明
照 度 比︵ % ︶
明るさセンサで過剰な明るさを設定値へ自動制御
省エネ
設定値100
対称配光を有する照明器具を使用し、各
灯具配列(向合せ・千鳥)
で配置します。
夜間50%点灯時(1本消灯・1本不点灯)
2本不点灯で
投光照明
●制御ユニット正常時…LEDモニターの青色ランプが点滅動作
夜間時
基本照明
夜間50%正常点灯時(1本消灯)
全消灯状態
入口照明
基本照明
回避機能作動時はユニットのLEDモニターで診断状況を表示します。
施設照明
昼間時(上ランプ不点灯)
入口照明
入口照明
入口照明
昼間正常点灯時
光束自律調整ユニットの故障診断を自動で行います。
夜間時
正常点灯で
明 るさ 確 保
入口照明
光束自律調整機能自動故障診断
一般器具(回避機能なし)
不点灯時
入口照明
周囲温度(℃)
夜間減灯時(ランプ1本点灯時)に不点ランプの選択を自動的に回避します。
基本照明
基本照明
入口照明
30
不点ランプ選択回避機能(当社独自機能)
夜間時
下側ランプ消灯指令
※高速道路株式会社仕様適合品HID(B)型、
器具型式は末尾に-Kを付記
25
夜間時
下側ランプ消灯指令
※器具型式は末尾に-KWを付記
基本照明は一般的な対称照明方式です
が、入口照明については入口車線側の
みを照明対象とするもので、交通量が少
なく、煤煙透過率が高いトンネルを対象
とし、
トンネル照明設備の建設費・維持
管理費の削減を目的としています。
0
環境照明
基本照明、入口照明ともに片側のみに
照明を配置する方式で、壁面輝度比も
確保できる配光性能を有する必要があ
り、
トンネル照明設備の建設費・維持管
理費の削減を目的としています。
基本照明
入口照明
-10
暫定2車線(対面通行)
トンネル入口照明方式
正常時
※高速道路株式会社仕様適合品HID(A)型、建
電協仕様適合品は側壁(B)タイプ
片側照明方式
街路照明
一般的な対称照明方式
誘導表示灯
●制御ユニット故障時…LEDモニターの青色ランプが消灯
L側灯具
R側灯具
片側灯
片側灯
不点ランプ選択回避機能付
※一方通行方式の入口照明は入口側のみとなります。
048
トンネル照明 /
施設用照明・機器 2010-2011
光軸
器具軸
※一方通行方式にも適用されます。
光軸
光軸
器具軸
器具側で不点ランプを自動感知・点灯可能ランプで自動切換え点灯制御
「青色モニタ」…RUN
「緑色モニタ」…ダークレス制御
「赤色モニタ」…上側ランプ
「赤色モニタ」…下側ランプ
関連機器
光軸
夜間50%点灯時(下側ランプ継続点灯)
夜間時
正常点灯で
明 るさ 確 保
不点灯時
光軸
夜間時
下側ランプ消灯指令
昼間時(上ランプ不点灯)
点滅:正常点灯中
点灯:制御稼動中
点灯:ランプ不点、点滅:光束低下
点灯:ランプ不点、点滅:光束低下
施設用照明・機器 2010-2011 /トンネル照明
049
トンネル 灯
■高圧ナトリウムランプ NHT110LS
建電協仕様
適 合 品
TPHA-180
高速道路株式会社
仕様適合品
H I D( A )型
[適合ランプ]
■高圧ナトリウムランプ NHT180LS
建電協仕様
適 合 品
TPHA-220
高速道路株式会社
仕様適合品
H I D( A )型
[適合ランプ]
[適合ランプ]
■高圧ナトリウムランプ NHT270LS
KWH360B
建電協仕様
適 合 品
TPHA-360
高速道路株式会社
仕様適合品
H I D( A )型
[適合ランプ]
■高圧ナトリウムランプ NHT360LS
TPXA-035
KWLP035(電池内蔵型)
[適合ランプ]
TPXA-055
0.3
60゚
歩道側
30゚
90゚
30゚
60゚
■高圧ナトリウムランプ NHTD70
KWDP070B(電池内蔵型) 建電協仕様
適 合 品
高速道路株式会社
仕様適合品
H I D( A )型
■セラミックメタルハライドランプ
CMT270LR-WW/BH
[適合ランプ]
■高圧ナトリウムランプ NHTD70
蓄電池 :12V5,000mAh×2
点灯時間:10分以上
光束比 :80%以上
60゚
TPMA-360
[適合ランプ]
照明率
420
470
520
高速道路株式会社
仕様適合品
H I D( A )型
0.3
30゚
90゚
60゚
60゚
0.1
30゚
90゚
30゚
0.1
角度
60゚
90゚
角度
0.2
車道側
0.3
使用ランプ
車道側
0.4
0.5
CMT
照明率
※建電協仕様適合品の器具形式の末尾に
-Dを付記すると調光形、
-Mを付記すると瞬時再始動形、
-DMを付記すると調光形瞬時再始動形、
-Eを付記すると電子安定器形、
-DEを付記すると電子安定器の調光形、
-EMを付記すると電子安定器の瞬時再始
動形、
-DEMを付記すると電子安定器の調光形
瞬時再始動形
使用ランプ
NHTD70
※高速道路株式会社仕様適合品の器具形式
の末尾に
-Mを付記すると瞬時再始動形、
-DMを付記すると調光形瞬時再始動形
740
400
施設用照明・機器 2010-2011 /トンネル照明
関連機器
150
160以下
TPDA-150
[適合ランプ]
誘導表示灯
420
470
520
0.4
0.2
740
400
150
160以下
建電協仕様
適 合 品
■高圧ナトリウムランプ NHTD150
0.5
0.5
NX
KWD150B
■セラミックメタルハライドランプ
CMT360LR-WW/BH
0.4
使用ランプ
■高圧ナトリウムランプ NHTD110
高速道路株式会社
仕様適合品
H I D( A )型
歩道側
0.3
[適合ランプ]
投光照明
施設用照明・機器 2010-2011
[適合ランプ]
0.2
車道側
740
400
740
400
高速道路株式会社
仕様適合品
H I D( A )型
0.1
30゚
0.5
照明率
0.3
0.1
0.4
NHT220
TPDA-110
施設照明
0.3
0.5
使用ランプ
0.4
90゚
角度
0.2
0.4
TPDA-070
※高速道路株式会社仕様適合品の器具形
式の末尾に
-Kを付記するとHID(B)型(暫定2車片側用)、
-KWを付記すると片側配列用
0.5
0.1
0.1
車道側
建電協仕様
適 合 品
0.2
90゚
角度
0.2
0.3
60゚
KWD110B
高速道路株式会社
仕様適合品
H I D( A )型
環境照明
30゚
トンネル照明 /
※建電協仕様適合品の器具形式の末尾に
Bを付記すると壁面取付形、
Cを付記すると天井取付形
TPMA-270
[適合ランプ]
建電協仕様
適 合 品
街路照明
90゚
高速道路株式会社
仕様適合品
H I D( A )型
■セラミックメタルハライドランプ
CMT190LR-WW/BH
0.4
■セラミックメタルハライドランプ
CMT220LR-WW/BH
KWD070B
KWCMT360B
TPMA-190
0.5
歩道側
30゚
高速道路株式会社
仕様適合品
H I D( A )型
■セラミックメタルハライドランプ
CMT150LR-WW/BH
0.2
0.1
050
TPMA-150
[適合ランプ]
[適合ランプ]
■低圧ナトリウムランプ NX55
[適合ランプ]
KWCMT270B
KWCMT150B
KWCMT190B
建電協仕様
適 合 品
[適合ランプ]
0.1
照明率
■低圧ナトリウムランプ NX90
TPMA-220
高速道路株式会社
仕様適合品
H I D( A )型
照明率
60゚
建電協仕様
適 合 品
[適合ランプ]
蓄電池 :12V1,800mAh
点灯時間:10分以上
光束比 :80%以上
TPMA-110
照明率
90゚
KWL090
高速道路株式会社
仕様適合品
H I D( A )型
■セラミックメタルハライドランプ
CMT110LR-WW/BH
TPXA-090
■低圧ナトリウムランプ NX35
0.2
歩道側
建電協仕様
適 合 品
KWCMT220B
KWCMT110B
[適合ランプ]
蓄電池 :12V3,500mAh
点灯時間:10分以上
光束比 :80%以上
■低圧ナトリウムランプ NX35
照明率
照明率
0.3
建電協仕様
適 合 品
■低圧ナトリウムランプ NX55
[適合ランプ]
※高速道路株式会社仕様適合品の器具形
式の末尾に
-Kを付記するとHID(B)型(暫定2車片側用)、
-KWを付記すると片側配列用
0.4
KWLP055(電池内蔵型)
[適合ランプ]
KWL055
■高圧ナトリウムランプ NHT220LS
0.5
建電協仕様
適 合 品
KWL035
道路照明
KWH220B
TPHA-270
高速道路株式会社
仕様適合品
H I D( A )型
トンネル照明
KWH180B
建電協仕様
適 合 品
420
470
520
[適合ランプ]
KWH270B
420
470
520
TPHA-110
高速道路株式会社
仕様適合品
H I D( A )型
本体・照明カバー枠:ステンレス鋼板製プレス成型品
反射板
:アルミニウム合金
照明カバー
:強化ガラス(クリア)
塗装色
:グレー
LED 照明
建電協仕様
適 合 品
本体・照明カバー枠:ステンレス鋼板製プレス成型品
反射板
:アルミニウム合金
照明カバー
:強化ガラス(クリア)
塗装色
:グレー
両 口 型 高 圧ナトリウムランプ用照明器具
はじめに
本体・照明カバー枠:ステンレス鋼板製プレス成型品
反射板
:アルミニウム合金
照明カバー
:強化ガラス(クリア)
塗装色
:グレー
本体・照明カバー枠:ステンレス鋼板製プレス成型品
反射板
:アルミニウム合金
照明カバー
:強化ガラス(クリア)
塗装色
:グレー
KWH110B
セラミックメタルハライドランプ用 照 明 器 具
150
160以下
低 圧ナトリウムランプ用 照 明 器 具
150
160以下
高 圧ナトリウムランプ用照明器具
051
トンネル 灯
H f蛍 光ランプ用照明器具
H f 蛍 光ランプ用照 明 器 具
建電協仕様
適 合 品
KWFHP0451B
建電協仕様
適 合 品
[適合ランプ]
■Hf 蛍光ランプ FHP45
建電協仕様
適 合 品
KWFHP0452B
KWFHPP0452B
建電協仕様
適 合 品
(電池内蔵型)
(電池内蔵型)
KWFHPP0451C
[適合ランプ]
[適合ランプ]
■Hf蛍光ランプ FHF32EX
蓄電池 :12V1,800mAh
点灯時間:10分以上
光束比 :80%以上
蓄電池 :12V2,000mAh
点灯時間:10分以上
光束比 :80%以上
蓄電池 :12V2,000mAh
点灯時間:10分以上
光束比 :80%以上
建電協仕様
適 合 品
KWF0322B(2灯用)
[適合ランプ]
トンネル照明
■Hf 蛍光ランプ FHP45
高速道路株式会社
仕様適合品
H f( A )型
■Hf蛍光ランプ FHF32EX
■Hf 蛍光ランプ FHF32EX×2
[適合ランプ]
■Hf 蛍光ランプ FHP45
TPFHFA-3202-H(2灯用)
■Hf蛍光ランプ FHF32EX
蓄電池 :12V2,000mAh
点灯時間:10分以上
光束比 :80%以上
建電協仕様
適 合 品
(電池内蔵型)
[適合ランプ]
建電協仕様
適 合 品
[適合ランプ]
[適合ランプ]
■Hf 蛍光ランプ FHP45×2
■Hf 蛍光ランプ FHP45×2
建電協仕様
適 合 品
KWFP0321B
(1灯用/電池内蔵型)
[適合ランプ]
■Hf 蛍光ランプ FHP45
KWFHPP0451B
建電協仕様
適 合 品
KWF0321B
(1灯用)
本体・照明カバー枠:ステンレス鋼板製プレス成型品
反射板
:アルミニウム合金
照明カバー
:強化ガラス(クリア)
塗装色
:グレー
LED 照明
[適合ランプ]
KWFHP0451C
本体・照明カバー枠:ステンレス鋼板製プレス成型品
反射板
:アルミニウム合金
照明カバー
:強化ガラス(クリア)
塗装色
:グレー
はじめに
本体・照明カバー枠:ステンレス鋼板製プレス成型品
反射板
:アルミニウム合金
照明カバー
:強化ガラス(クリア)
塗装色
:グレー
本体・照明カバー枠:ステンレス鋼板製プレス成型品
反射板
:アルミニウム合金
照明カバー
:強化ガラス(クリア)
塗装色
:グレー
Hf蛍 光ランプ用照 明 器具
Hf蛍 光ランプ用照 明 器 具
KWFP0322B(2灯用/電池内蔵型)
建電協仕様
適 合 品
[適合ランプ]
■Hf 蛍光ランプ FHF32EX×2
道路照明
蓄電池 :12V1,800mAh×2
点灯時間:10分以上
光束比 :80%以上
街路照明
※高速道路株式会社仕様適合品の器具形
式の末尾に
-KWを付記すると片側配列用
※建電協仕様適合品の器具形式の末尾に
-Dを付記すると調光形
照明率
車道側
0.3
420
470
520
使用ランプ
0.3
使用ランプ
車道側
0.4
0.5
照明率
90゚
0.2
車道側
0.4
FHF32
60゚
角度
0.5
FHF32(-KW)
1320
1320
1000
1000
照明率
使用ランプ
FHF32
施設用照明・機器 2010-2011 /トンネル照明
関連機器
150
160以下
30゚
0.1
誘導表示灯
420
470
520
90゚
角度
投光照明
150
160以下
60゚
0.1
30゚
0.2
0.5
FHP45
740
400
施設用照明・機器 2010-2011
0.1
60゚
520
使用ランプ
90゚
420
照明率
30゚
30゚
90゚
0.4
0.5
FHP45
740
400
トンネル照明 /
0.3
0.2
歩道側
0.1
470
使用ランプ
60゚
角度
0.2
車道側
0.4
0.5
052
30゚
0.1
60゚
0.3
施設照明
0.3
90゚
30゚
90゚
0.2
車道側
0.4
照明率
60゚
角度
0.4
0.3
150
30゚
0.1
60゚
0.5
0.4
160以下
90゚
角度
0.2
0.3
90゚
520
60゚
30゚
420
30゚
0.1
60゚
歩道側
0.1
470
90゚
歩道側
0.1
0.5
0.2
0.2
150
30゚
0.3
160以下
歩道側
0.4
環境照明
60゚
0.3
0.2
0.1
※建電協仕様適合品の器具形式の末尾に
-Dを付記すると調光形
0.5
照明率
90゚
0.4
照明率
0.3
0.2
歩道側
※建電協仕様適合品の器具形式の末尾に
-Dを付記すると調光形
0.5
照明率
照明率
0.4
照明率
※建電協仕様適合品の器具形式の末尾に
-Dを付記すると調光形
0.5
053
トンネル 灯( 光 束自律 調 整・不点ランプ 選 択 回 避 機 能 付)
H f蛍 光ランプ用照明器具
H f 蛍 光ランプ用照 明 器 具
本体・照明カバー枠:ステンレス鋼板製プレス成型品
反射板
:アルミニウム合金
照明カバー
:強化ガラス(クリア)
塗装色
:グレー
TPFHFA-3202-HSS
(2灯用 光束自律調整・不点ランプ選択回避機能付)
高速道路株式会社
仕様適合品
H f( A )型
はじめに
本体・照明カバー枠:ステンレス鋼板製プレス成型品
反射板
:アルミニウム合金
照明カバー
:強化ガラス(クリア)
塗装色
:グレー
TPFHFA-3202-HSSE
(2灯用・-5℃仕様・光束自律調整・不点ランプ選択回避機能付)
高速道路株式会社
仕様適合品
H f( A )型
LED 照明
[適合ランプ]
[適合ランプ]
■Hf蛍光ランプ FHF32EX
■Hf蛍光ランプ FHF32EX
トンネル照明
道路照明
街路照明
0.5
0.4
0.4
0.3
0.2
30゚
90゚
30゚
60゚
90゚
30゚
0.1
角度
0.2
90゚
0.2
車道側
0.3
0.4
0.5
照明率
使用ランプ
FHF32
520
420
470
誘導表示灯
150
1320
1000
投光照明
1320
1000
520
FHF32
160以下
使用ランプ
車道側
0.4
0.5
照明率
60゚
角度
施設照明
0.3
0.1
30゚
420
0.1
60゚
470
60゚
150
90゚
0.2
歩道側
0.1
160以下
歩道側
0.3
環境照明
照明率
照明率
0.5
トンネル照明 /
施設用照明・機器 2010-2011
関連機器
054
施設用照明・機器 2010-2011 /トンネル照明
055
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
68
File Size
6 381 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content