close

Enter

Log in using OpenID

第2643例会 - 大宮ロータリークラブ

embedDownload
ROTARY INTERNATIONAL D.2770
SINCE 1955
2008-09 大宮ロータリークラブ週報
2008-2009RI テーマ 「夢をかたちに」
会 長 李 東 建
会長:永嶋良一
副会長:岩井良彦
幹事:江本尚浩
クラブ会報担当:鈴木康男
発行 2008/8/27
第2770 地区テーマ 『 あなたが船の操縦者』
第3グループテーマ 『例会で会いましょう』
№ 2002 第 2643 例会 2008 年 8 月 20 日
Make Dreams Real
大宮ロータリクラブテーマ
「一期一会」
会長あいさつ
久
。私
。2 週間
。皆様
毎日暑 日 続
体
十分気
。
今日 、読売新聞 8月19日 朝刊 記事 2
考
思
。
紹介 、
[8月19日読売新聞朝刊第 9 面 記事]
中国
18日、北京五輪陸上 110
障害
棄権
劉翔 罵倒
声
。国民 期待 一
身 集
英雄 転落
瞬間、無数 「石
」浴
。
「
脱走兵 」
「意気地
」
「13 億人 傷
新記録 」
大手
掲示板 殺到
万単位 書 込 。多
怒
。
強 知 中国国民
金
難
見
、
形
敗北 想定外
。
「逃 劉」
、四川大
地震 生徒 放
逃
教師 同 呼 方
広
。
「
儲
最後
」
絡
批判 非常 多
。格差社会 象徴 。中国誌
CM 引 張
、劉
翔 昨 年 推 定 6000 万 ∼ 7000 万 元(9 億 6000 万 ∼ 11 億
2000 万) 収入
。怒
渦 「何千元 出
買
」
庶民 恨 節 混
。
「 前
終
」
、容赦
宣告 続 。
「中国頑張 !」 鳴 響 北京五輪
劉翔
。
、偉大 成績 残
劉翔
人 多
、
英雄
出
。沸騰
掲示板
書 込
。
「異常 社会 。非常 多
中国人 責任 義務 他
人 押
、 人 成功
天
持 上
。
失敗
地獄 落
」
[8月19日 編集手帳]
西条八十 会食 席
失敗談
。
旅 「商船
」 原作者 詩人
・
晩餐 招
。料理 皿 取
、皿 見
敷物
。
客人
言「jeunesse」
青春 告
。
日本 詩人 当時 30 代、年齢 青春
。若 日々
記憶 中 輝
、 失敗
思 出
… 、北京
届 映像 毎日同 言葉
。 、
不調、不運 泣
人 、
宝物 手
。五輪
青春 、
失敗 祭典
。 開会式 「口
」 歌声 要
演出
。
少女 緊張
歌 間違 、泣 出
聴衆
泣
拍手 彼女
包
。
〈日々 過
/日々 過 (
) /二
/一
〉
。詩人、吉野弘
詩「過」 一節
。人
皆、過
繰 返
生
。失敗 許 認
、
「青
春」 一語 忘
社会 息苦
。
日本人
化
以 上 8月19日読 売 新 聞 朝 刊
記事 2 編 紹介
。
北京 派遣
日本選手団、
選手 339 人、一握
勝者 敗
者、期待
目前 破 、
初戦 、
立
出来
棄権 余儀
多
敗者 対 、励
言葉
、誰一人
選手
尊厳 傷
言動
者
私 誇
感
共 、
一抹 寂
感
。
1896 年、参加選手 245 人、第 1 回
大会
財政難
金
作
優勝者 銀
、2 位 銅
、3 位
、
優勝
羊飼
・
途中
立 寄 先頭
前 通過
聞
、
十分追
言
1 杯飲
走 出 、
、卵
飲
。
第 4 回
大会
過去 3 回 同 40 ㎞ 、国
王 住
城
・
競技場
設定
、
王妃
「
地点
宮殿 庭 、
地点 競技場
席 前 」
注文
42.195 ㎞
半端 数字
。
常 財政難 中、大会 運営
、
選手
知
、参加選手 1 万 1
千人、多
選手
近
選手 参加
、多
企業
提供
、莫大 資金 投入 100
万 超
警察官
北京大会 見 彼
思
、
考
。
清聴
。
第 53 代大宮ロータリークラブ会長
フレッシュ高校生 社会体験活動プログラム受入れについて
上尾橘高校 教務主任 井原 章様
本日は生徒の就業体験のプログラムの
ご協力ということでお願いに参りまし
た。詳しい内容は、本日資料をお持ちし
ましたのでそちらをご覧下さい。高校生
活の充実にもつながり、生徒の進路の選
択の際の参考になるようこのようなプロ
グラムがはじまっています。これは今年
3 年目を迎えましたが、本校では今年度
初めて県の指定を受けまして、取り組む
ことになりました。1 年生の生徒対象の 5 日間、近隣の企業、
福祉施設にお願いして社会を体験するというプログラムです。
人間関係、或いは社会の中で必要なことを社会体験を通じて学
び、そして学校で勉強して出ていくんだという学習の動機付け
に繋がってくれればいいなと思います。5 日間ということで受
入れされる皆様方には大変ご負担をお掛けすると思いますが、
趣旨をご理解いただき受け入れをお願い致します。期間は 5 日
間ですので仕事の内容を細かく知るとか、将来の進路にに結び
つくとか、そういうところまで結びつくのは難しいと思ってい
ます。例えば社会に出た時に、挨拶がどれだけ大事かを知るだ
けでも収穫であると思います。私は日頃生徒には「オアシスだ
よ。 お願いします、ありがとうございます、失礼します、す
みません それがちゃんと出来れば一人前になれるよ。社会に
出ても可愛がられるよ」こう言っています。ですが、なかなか
学校で話をしても生徒にはピンとこないようです。ぜひ皆様方
の企業で現場で、まず朝行ったときに挨拶が元気に言えるかど
うか厳しくご指導いただけると有り難いと思っております。
皆様方には何もプラスがないかも知れません。私共の一方的
なお願いかも知れません。しかし、先々日本の青年達の育成に
繋がるということをご理解いただいてご支援いただきたいと思
います。現状を申し上げますとあと 30 名ほど受け入れ先が確
保されておりません。この大宮ロータリークラブさんの所で 1
人でも 2 人でも受入れていただければ大変有り難いとお思いま
す。 ぜひ、お力をお貸しいただきたいと思います。本日はあ
りがとうございました。
幹事報告 SECRETARY
こ
ん
に
「トレントン帰国報告」
は
2005 年度∼ 2006 年度
ロータリー財団国際親善奨学生
相島葉月さん
大宮ロータリクラブの推薦を受けまし
て、2006 年度 4 月よりエジプトに留学し
ております。皆様にお会いするのは久しぶりですが 2006 年 4
月よりエジプトのカイロ大学博士課程において社会学部とい
いますが文学部の社会学科に所属しています。エジプトの現代
宗教文化についての研究を行なっています。早いものでカイロ
に暮らし始めて 2 年半程経ちました。お陰様で無事にアラビア
語も習得しつつ、研究も進んでいる次第です。今は夏休みで、2
週間ほど大宮に戻ってくる機会がありましたので、皆様にお会
いできて嬉しく思います。カイロというのは日本の関東圏並に
広く、カイロの中にいろいろな地区があり、紹介したバナーの
地区のクラブというのは、東京でいえばすごく中心部の省庁関
係の建物や中心的企業が集まっている地区です。エジプトはア
ラビア語が主体ですが、ロータリーの皆さんは上流階級の方々
がほとんどです。クラブによってアラビア語のクラブと英語の
クラブとフランス語のクラブがあります。本日お持ちしたバ
ナーのカイロ西ロータリークラブは、アラビア語、コスモポリ
タンロータリークラブは英語、カイロシャンポリオンクラブは
フランス語でしたので、例会に伺ったときは非常に困りまし
た。外国人の留学生があまりいないものですからフランス語の
クラブの方にも温かく受入れていただきました。バナーを頂戴
したり、また大宮ロータリークラブの紹介もさせていただきま
した。大宮ロータリークラブの前回のバナーの、能面があって
氷川神社の鳥居があって盆栽町の盆栽があってというあのバ
ナーを見せただけで なんて綺麗なんだ。なんて素晴らしいん
だ と、感動していただきエジプトの
皆様にも喜んで頂きました。もうす
ぐ
ぐエジプトに戻りますが、帰国し
たときにはよい報告が出来れば
と思います。
今後ともよろしくお願いいたし
ます。
委員会報告
江本尚浩 幹事
大宮ロータリークラブからのお知らせ
次回例会卓話 「経営道について」
(株)飯野製作所 飯野耕司会員
大変面白いお話が聞けるということで
乞うご期待下さい。
◆年度計画書も出来上がりました。訂正等 がございましたら幹事まで連絡お願い致し
ます。名簿ももうすぐ出来上がりますのでお待ち下さい。
◆先ほど井原先生から「フレッシュ高校社会体験プログラム」の
お話がありましたが、どうぞ会員の皆様のほうでもお気軽に
参加いただきたいと思います。お聞きしたところによります
とこのプログラムを導入してから、高校の中途退学率が減っ
たということです。皆さんも高校生を迎えるにあたりいろい
ろ気を遣うんじゃないかと心配されると思いますがそういう
趣旨ではなくこんなに社会は大変なんだということを教えて
いただき、
お気軽に参加していただきたいと思います。
◆皆様のテーブルにトレントンより帰国された小池奈津さん、
徳山和歌さんよりいただいたお土産のチョコレートがありま
す。東海岸の味を是非ご賞味下さい。
ち
【会計】櫻井義久会員(写真①)
上期の会費納入ありがとうございました。納入期限が 7 月 31
日になっていますが、まだの方がおりましたら納入お願いいた
します。ご不明な点がございましたら事務局までお問い合せ下
さい。
【青少年交換プロジェクト委員会】 富所伸一 副委員長(写真②)
皆さんのご協力で徳山会員のお嬢さんの和歌さんと、私の姪
の小池奈津が無事トレントンより帰国致しました。後ほど帰国
報告をしてもらいますのでお楽しみに。
【SAA】 荒井 渉 委員長(写真③)
8 月 20 日(水)18:30 ∼橋本会員のアウルホテルに於いて
SAA と出席委員会とニコニコ BOX の家庭集会を行いますので
担当委員の方はぜひご出席下さい。
①
②
③
【川島利雄 会員】
♪ロータリーヴォイシーズより夏公演のお知らせ♪ 8 月 23 日(土)
18:00 ∼
カフェギャラリー「シャイン」
(与野駅西口徒歩 1 分)
私たちが教わっている先生の
音楽事務所の、1 周年記念パー
ティを兼ねて大変豪華な出演メ
ンバーでのコンサートが行なわ
れ ま し た。そ の コ ン サ ー ト に
我々ロータリーヴォイシーズも
出演いたしました。
2008∼2009 年度 トレントン派遣学生
こ の 度、皆 様 の お 陰 で、無 事
トレントンより帰国致しました。
写真に沿ってトレントンでの様
子を報告させていただきます。
小池奈津さん
1 日目 2 日目とお世話になった RJ の別荘です。
(写真①)RJ
は両親と 3 人でこの別荘に泊っているので本来でしたらこの
別荘に 1 泊する予定でしたがお母さんが猫を飼っていて、私が
(徳山和歌さん)猫アレルギーだった為この家ではなく RJ の友
人の家に泊らせてもらいました。
2 日目はライトハウスというロングビーチアイランドに行
きました。ライトハウスの頂上に登りました。
(写真②)RJ の友
人の家から歩いて 5 分ぐらいの所に海がありました。2 日目の
夕食は RJ の別荘の庭で夕食をいただきました。ハンバーガー
焼き機が定番の物のようで他の家にもありました。
(写真③)赤
い洋服を着た女性が今回宿泊させていただいたおうちの奥さ
ん、
その隣がご主人。
真ん中が RJ の両親です。
(写真④)
3 日目は海の見えるカフェのような所でハンバーガーを食
べました。ハンバーガーは顔の大きさぐらいあります。3 日目
はスコットさんのお宅にお世話になりました。
。スコットさん
の息子のブライアン君です。上に 14 歳の双子のお兄ちゃんが
います。
(写真⑤)
4 日目はニューヨークへ行きました。マジソンスクエアガー
デンです。
(写真⑥)メトロポリタン美術館に行きました。すご
く大きな美術館でした。
(写真⑦)この美術館はエジプトに関す
る展示物に定評があるらしく、たくさんのエジプト美術の展示
が行なわれていました。
(写真⑧)その他、モダンアートとヨー
ロ ッ パ の 中 世 の 絵 画 を 見 ま し た。こ れ は 有 名 な ア ン デ ィ・
ウォーホールの作品です。
(写真⑨)そのあとニューヨークのセ
ントラルパークに行きました。去年大宮ロータリークラブにも
きたマンディとの写真です。
(写真⑩⑪)タイムズスクエアの写
真です。
(写真⑫)
5 日目はニューホープという街に行きました。ニューホープ
に連れて行ってくれたのは去年大宮ロータリークラブにきた
ショーン・マクモリスさん。
(写真⑬)
6 日目はフィラデルフィアに行きました。これはリバティ・
ベル(自由の鐘)
。
(写真⑭)フィアデルフィア美術館にも行きま
した。私(小池奈津さん)はマルセル・デュシャンという芸術家
が好きなので彼の作品をたくさん見ることが出来てとても嬉
しかったです。
(写真⑮)そのあとはボブ・ライアンという方に
モールに買い物に連れて行ってもらいました。
3 日目から 6 日目までお世話になったアイオリア家です。公
園ではなく庭です。
(写真⑯)一番左がアイオリア家の長女メ
リッサです。16 歳で来年大宮に来たいといっていましたが忙
しいのでどうなるかわかりませんと言っていました。
(写真⑰)
真ん中がお母さんです。
(写真⑱)
❶
❷
❸
❹
徳山和歌さん
7 日目からグレン・ポールさんのお宅にお世話になりまし
た。彫刻を野外に展示してあるテーマパーク的美術館に行きま
した。
(写真⑲)そのあとモールに連れて行ってもらい買い物を
しました。
8 日目はグレン・ポールさんの出身校でもあるブリンスト
ン大学に行きました。ここは世界大学ランキングで評価が高い
らしくグレン・ポールさんは自慢していました。
(写真⑳)理系
と美術の大学であるらしく恐竜など考古学の研究も盛んに行
なわれているようでした。
(写真 )その日の夕方はロデオを見
に行きました。写真がぶれていますが、人が馬から落ちる瞬間
を写しました。アメリカ人はロデオにすごく興奮していました
が、
私にはよくわかりませんでした。
(写真 )
9 日目は朝に教会に行き礼拝に参加したあと、中世ヨーロッ
パのテーマパークの様なところに行ってきました。
(写真 )
グレン・ポール家の皆さんと。
(写真 )
10 日目はニューヨークへ行ってきました。ニューヨーク近
代美術館、MOMA に行ってきました。
(写真 )大変混雑してい
ましたがアンディ・ウォーホールの有名な作品も見ることが
出来ました。その後ソーホーに行って買い物。それからグラウ
ンドゼロに行ってきました。クレーンの先に星条旗が取り付け
られていてそれが印象的でした。
(写真 )自由の女神を遠くか
らではありますが見ることができました。
11 日目はスカイダイビングをしようと言われましたが拒否
したのでもう一度フィアデルフィアに戻り最初にバスツアー
をしました。大きなギターの看板がハードロックカフェ。
(写真
)緑色の洋服の方が連れて行ってくれたバースタインさん。
(写真 )
12 日目はフィルクーパーさんの家族と一緒にワシントンに
行って来ました。ワシントンでは日本国大使館に行き、次に
ジョージタウンに行って来ました。ホワイトハウスで撮った写
真です。
(写真 )黄緑の T シャツの女の子がフィルクーパーさ
んのお嬢さんのサマンサ、来年 16 歳になるそうで彼女も大宮
に来たいと言っていました。
隣はフィルクーパーさん。
13 日目はアナポリスという海に近い町に行きました。
(写真
)この町は蟹が有名らしく蟹料理や蟹グッズが沢山ありまし
た。
(写真 )13 日目の夜はフェアエルパーティに行きました。
写真は 10 日目にニューヨークへ連れて行ってくれたイー
ジーさんと奥さん、イージーさんは去年大宮に来た小さい方の
アレックスのお父さんで雰囲気が似ています。
(写真 )
最後の写真は最終日、空港にて。送り迎えをしてくれたカー
ト・ハベルトさんご夫妻と。
(写真 )
❺
❻
❼
❽
❾
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
15
File Size
877 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content