close

Enter

Log in using OpenID

ちゅうりっぷのうた便り - 福祉作業所ちゅうりっぷのうた

embedDownload
NPO 法人
ちゅうりっぷのうた便り
NO.164
2016.10 月
号
長月 10 月
10 月台風の行方に翻弄されたひところ、何とか休業せず
仕事のできた日々。内職をお持ちいただく会社・工場の方
々に迷惑をかけせずに済むことができ、ほっと一息つきま
した。嵐のあとの夜空は澄み渡り真ん丸な十五夜お月様が
ぽっかり輝いていました。川岸ガーデンの萩も終わり生い
茂った緑の枝が噴水のように伸び広がっています。その合
間に咲き続けたピンクの芙蓉又白い酔芙蓉が未だ元気です。
お供日も無事すぎ、ここ「ちゅうりっぷのうた」への出入りも繁くなってまいりました。
資源物をお持ちくださる方、久々に伊達直人さんのお元気な姿といっしょに厚いお心も
共々に・・・又金木犀の甘い香りにのって伊達直子さんのお心も届けていただきました。
カレンダーの原画展にお越しの方々・・・特別支援学校の生徒さんの見学など千客万来
の日々、忙しいけれど嬉しい日々です。
グループホーム「ちゅうりっぷの家」工事完了
今年 6 月から着工したグループホーム・ショートステイの「ちゅうりっぷの家」
が今年 11 月に完了し引き渡しが終わりました。どしゃ降り続きの梅雨、猛暑の
真夏、台風に脅える秋・・・と厳しい日もあった中を汗のしずくと共に見事立ち
上げていただきました。現場の方々、指揮監督の方々、木を育て製材をして下さ
った方々、そして夜間管理、食事など昼間の世話人を引き受けていただいた方々
に言葉に尽くせぬ感謝でいっぱいです。本当に有り難うございました。
現在ホーム利用希望者は 6 名、
残り女性 1 室、
ショートステイの部屋2室に余裕があります。
予定では、11 月 1 日に利用開始、落成式を 11
月 23 日(水)祝日に予定しています。何かとご迷
惑をおかけすることでしょう。
障害のある人たちが地域で暮らす、地域の中
で周囲と溶け合って社会人として生きていく地
域生活共同体でありますのでお世話になること
が多くなることでしょう。私たちも自立・自律
の心に基づき出来るだけご迷惑をおかけしない
ように心していくつもりでございますので、
万々よろしくお願い致します。
「ちゅうりっぷのうた」新しい年のカレンダー販売中
14 作目となりました。今年は2人の仲間も増え 14
月分の絵を掲載しました。大変恐れ入りますが 100 円
UPとなり、1 部900円でお分けしています。どう
ぞよろしくお願いいたします。絵を描く仲間たち、一
生懸命です。そしてパラリンピックや東京オリンピッ
クへの応援も兼ねています。盛り上げていきましょう。
ふたり展
そして
タロット易占い
若い二人の女流画家、宿の高祖幹子さん(日本画)と百武由里子さん(洋画)の作品展を
していただくことになりました。当グループホームの落成を記念してやりましょうとい
っていただきました。県展入選、入賞をされている画家さんの見応えのある作品です。
是非お出かけ下さい。
又、11 月にタロット占いのボストークちゃんが更に進化した本当によく当たるタロッ
ト易占いをしていただきます。益金はすべてグループホームへ寄付されます。
それにしても若い女性の方々にいただく応援も又嬉しいものです。更にベテラン日展作
家の古賀義治先生の彫刻展、更に百﨑隆司さん、吉田かよ子さんの木工二人展いずれも
チャリティ展といっていただき頭垂れるばかりです。
ギャラリー案内
10 月 25 日(火)
~30 日(日)
11月の予定
開館時間 10:00~17:00
(最終日は 16:30 まで)
ふたり展 ― 高祖幹子&百武由里子
12 日(土)、13 日(日)、14 日(月)
木の香の器と工芸展 ―百﨑隆司&吉田かよ子
22 日(火)~27 日(日)
古賀義治彫刻展
27 日(日) ボストークちゃんのよーく当たる占い
11:00~16:30 ―予約受付中
障がい福祉作業所・ギャラリー
ちゅうりっぷのうた
代表 本村容子
〠849-0501 佐賀県杵島郡江北町大字山口1399番地7(肥前山口駅南)
【TEL・FAX】0952-86-4520
【ホームページ】 http://tulip8.com
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
349 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content