close

Enter

Log in using OpenID

エラーログ詳細資料1・ハードディスク関連のエラーについて

embedDownload
詳細資料1:ハードディスク関連のエラーについて
[内部フロントパネル]
HDD0
HDD2
HDD1
HDD0
HDD1
VDRH-9000/VDRH-9000FS
HDD2
HDD3
VDRH-9000EX/VDRH-700(EX)
(700 シリーズは HDD3 がありません。)
内容
(1) HDD エラーの確認方法 ........................................................................................................................................................................... 1
(2) HDD 交換が必要なエラーコード .......................................................................................................................................................... 3
(3) HDD エラー発生時の対応方法(HDD 交換をしない)................................................................................................................... 3
(4) HDD エラー発生時の対応方法(HDD 交換を伴う)....................................................................................................................... 4
(5)HDD のエラーチェックについて ................................................................................................................................................................ 6
(1) HDD エラーの確認方法
HDD に障害が発生した場合、「ピー」という継続音(アラート音)と共に、対象の HDD 番号に応じて下記のよ
うなエラーが上がります。
エラー番号については、フロント液晶モニターか HD-SDI Out MONI A/B(VDRH-9000 シリーズ)、もしくは、
HD-SDI Out2 か Monitor Out(VDRH-700 シリーズ)の映像で御確認いただけます。
動作状態によっては、アラート音のみでエラーが表示されない場合があります。
その場合、フロントパネルを開け、内部の LED で御確認ください。
VDRH-9000 シリーズの場合、フロントパネル左右のネジ2つを、ドライバやコイン等で緩めてください。フロ
ントパネルが、手前に倒れるように開きます。
VDRH-700 シリーズの場合、フロントパネルの左右に2つずつあるネジを、ドライバで外してフロントパネル
を外してください。ラックマウント金具を装着している場合は、先にそれらを外して下さい。
(フロントパネルからは、内部へ伸びるケーブル束が接続されています。切ったり折ったりしないように十分ご
注意下さい。)
VDRH-9000/VDRH-9000FS の場合、内部液晶部分動作ランプと Fault ランプがあります。
動作ランプ
(左から DISK0,1,2)
DISK Fault ランプ
(左から DISK0,1,2)
Fault ランプ
HDD の接続が確認されない場合
Fault ランプが点灯し、動作ランプが点灯しません。
(正常時は、動作ランプが動作に合わせて青色で点滅。)
HDD の動作に異常があった場合
Fault ランプと DISK Fault ランプが橙色に点灯します。(正常時は、消灯)
VDRH-9000EX/VDRH-700(EX)の場合、各ディスク横に接続ランプと動作ランプがあります。
接続ランプ
動作ランプ
HDD の接続が確認されない場合
接続ランプが点灯しません。(正常時は、青色が点灯。)
HDD の動作に異常があった場合
動作ランプが橙色に点灯します。(正常時は、動作に合わせて緑色が点滅)
アラート音は、内部液晶横のモードボタンを押すと停止できます。
VDRH-9000/VDRH-9000FS
VDRH-9000EX/VDRH-700(EX)
(2) HDD 交換が必要なエラーコード
○HDD の接続がされていない場合/接続を認識していない場合
エラーコード
表示
内容
02_01_0028
RAID HDD0 DISK
HDD0(正面向かって左上)が未接続
02_01_0029
RAID HDD1 DISK
HDD1(正面向かって左下)が未接続
02_01_0030
RAID HDD2 DISK
HDD2(正面向かって右上)が未接続
02_01_0049
RAID HDD3 DISK
HDD3(正面向かって右下)が未接続 (9000EX のみ)
○HDD の接続はあるが、動作に異常がある
エラーコード
表示
内容
02_01_0031
RAID HDD0 DOWN
HDD0(正面向かって左上)が動作異常
02_01_0032
RAID HDD1 DOWN
HDD1(正面向かって左下)が動作異常
02_01_0033
RAID HDD2 DOWN
HDD2(正面向かって右上)が動作異常
02_01_0050
RAID HDD3 DOWN
HDD3(正面向かって右下)が動作異常 (9000EX のみ)
(3) HDD エラー発生時の対応方法(HDD 交換をしない)
HDD のエラーは発生しておりますが、誤検出の可能性や、セクタへの書き込みのタイミングによる発生など、HDD
に異常のない(異常の小さい)ケースも考えられます。
また、交換用 HDD がお手元になく、すぐに交換作業が出来ない場合は、まず HDD 交換の伴わない一時対応を
実施して下さい。
その方法は、“エラーコード表”の方に記載しております。そちらを御確認下さい。
(4) HDD エラー発生時の対応方法(HDD 交換を伴う)
CASE1: VDRH 内の素材が Format 不可の場合
① フロントパネルを開き、アラート音を止めてください。
② Fault ランプでエラーの発生している HDD 番号を確認します。
③
VDRH-9000/VDRH-9000FS の場合
該当ディスクの留めねじを外してください。
VDRH-9000EX/VDRH-700(EX)
HDD 固定金具のネジを緩め、右にスライドするよ
うに固定金具を外して下さい。
④ エラーの発生した HDD を交換します。(※この時、電源は ON のままです。)
⑤ RAID の再構築(リビルド)が始まります。
注意!!
この作業には時間が掛かります。
また、再構築中に追っかけ再生や2ch再生を行うと、読み出しが間に合わずに再生映像が一時停止する
場合があります。
追っかけ再生や2ch再生を行う必要がある場合には・・・
① フロントパネルを開きます。アラート音を止めて下さい。
(アラート音を鳴らしたままでよい場合は、この操作は必要ありません。)
② リビルドを開始させずに、そのまま継続してご使用下さい。
注意!!
この状態での動作は、あくまで HDD エラーを一時的に凌ぐものです。この状態で長時間ご使用にならない
で下さい。
なるべく早いうちに、「リビルド」か、「HDD交換後→RAID Initialize→Format」を行って下さい。
CASE2: VDRH 内の素材が Format 可能な場合
① 収録を停止してください。再生を停止してください。
② フロントパネルを開きます。アラート音を止めてください。
③ Fault ランプでエラーの発生している HDD 番号を確認します。
④ VDRH 本体の電源を落として下さい。
⑤
VDRH-9000/VDRH-9000FS の場合
該当ディスクの留めねじを外してください。
VDRH-9000EX/VDRH-700(EX)
HDD 固定金具のネジを緩め、右にスライドするよ
うに固定金具を外して下さい。
⑥ エラーの発生した HDD を交換します。
⑦ 内部液晶の MODE ボタンを押しながら、電源を ON して下さい。
VDRH-9000/VDRH-9000FS
VDRH-9000EX/VDRH-700(EX)
⑧ 内部液晶に「RAID-5 Normal」と表示されていることを確認します。
⑨ VDRH が立ち上がったら、FORMAT を行って下さい。
以上で、通常通りご使用頂けます。
(5) HDD のエラーチェックについて
VDRH シリーズの内、RAID5 構成が組まれている機種では、1台のディスクに異常が発生した場合でも、
そのディスクのみを切り離すことで一時的に継続して記録・再生を継続することができますが、アプリケー
ションをご使用の際、エラーをクリアしても検出を繰り返してしまうことで、回避してお使い頂いても操作に
不自由がありました。
VDRH-9000/9000EX の Ver.5.20 以降では、ADMIN MENU-DISK の中に、DISK CHECK という項目
が追加されています。(※ご使用の Ver.の確認は、ADMIN MENU)
このメニューを設定することで、切り離したディスクに対するエラーを上げ続けることを無くし、アプリケ
ーションの使用時に、エラーを繰り返さないようにすることができます。
このメニューを開き、該当のディスクを DISABLE にしてください。
このメニュー設定は、再起動後、自動で ENABLE に戻ります。
以上
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
244 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content