close

Enter

Log in using OpenID

2017(平成 29)

embedDownload
2017(平 成 29)年 度 春 期 生
≪2017 年 4 月 入 学 ≫
自己推薦入試 募集要項
ビジ ネス・ブレークス ルー大 学
経営学部
=通 信 教 育 課 程 =
グローバル経 営 学 科
IT ソリューション学 科
h ttp: //bb t .a c /
I. 目次
II. 自己推薦入試とは .......................................... 3
III. 募集概要 ........................................................... 4
IV. 選考内容・出願手続き ................................... 7
V. 入試・合格発表 ............................................. 10
VI. 入学手続き .................................................... 11
VII. 教育ローン・奨学金等 ................................. 13
VIII. システム要件 ................................................ 14
IX. 大学概要 ........................................................ 16
2
II. 自己推薦入試とは
ビジネス・ブレークスルー大学(BBT 大学)経営学部の自己推薦入試は
建学の精神やアドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)を理解し、
ワークショップに参加いただいたうえで、課題提出や面接などを行います。
自分のやりたいことを見つけ、どうしたらできるかを考え、ひたすら努力する姿勢、
思い込みや先入観を取り去り、ゼロから学ぼうとする意欲と行動力や
互いを尊重し物事を進める能力など、皆さん一人ひとりの魅力を多様な視点で評価します。
自己推薦入試の合格者の皆さんには、「入学前スタートアップミーティング」に参加していただきます。
これは、異なる国や地域、さまざまな年齢・職業の学生が集う BBT 大学で学ぶための準備期間として、
学びの目的意識を再確認し、主体的に学ぶ力を養うとともに、
入学生同士の交流を深めて大学生活をいっそう充実させるためのプログラムです。
3
III. 募集概要
1. 募集定員・修業年限等
学部
経営学部
出願区分
学科
募集人員(自己推薦)
本科(1 年次入学)
グローバル経営学科
若干名
IT ソリューション学科
若干名
修業年限:4 年
在籍年限:8 年
2. 出願資格
以下 1、2、3 の条件をすべて満たす者
1.
本学への入学を強く希望し、合格した場合は入学を辞退しない者
2.
以下のいずれかに該当し、2017(平成 29)年 4 月 1 日時点で満 18 歳~20 歳の者。
① 高等学校又は中等教育学校を卒業または卒業見込みの者
② 通常の課程による 12 年の学校教育を修了または修了見込みの者
③ 外国において学校教育における 12 年の課程を修了または修了見込みの者
④ 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了ま
たは修了見込みの者
⑤ 国際バカロレア、アビトゥア、バカロレア等資格を取得した者、または国際的な評価団体(WASC, CIS, ACSI)の
認定を受けた国内の学校で 12 年の課程を修了した者
⑥ 高等学校卒業程度認定試験に合格した者
※卒業(修了)見込=2017(平成 29)年 3 月 31 日までに卒業(修了)見込みの者をいう。
3.
入学前のスタートアップミーティング(全 2 回)に参加できる者。
(5 ページ参照。やむを得ない事情がある場合は、欠席頂いても構いませんが、できるだけ参加してください)
4
3. 出願から入学までのスケジュール
出願書類に不備がある場合や、期限までに提出
出願期間
2016 年 8 月 1 日(月) ~ 8 月 29 日(月)
が確認できない場合はグループワーク・面接に
進めません。
会場:本学麹町校舎
※開始時間 10 分前には来場してください
入学選考
2016 年 9 月 10 日(土)
①グループワークにおけるアイデア審査
9:30~12:00
②個人面接
③書類選考
合格発表
2016 年 9 月 14 日(水)
出願サイト上で発表
17:00
入学金
納入期間
2016 年 9 月 15 日(木)
所定の銀行口座に振込(合格者に案内)
~ 9 月 27 日(火)
入学前
●2016 年 11 月 12 日(土)10:00~13:00
※左記をテーマに、議論の基本を身につけます。
スタート
学習テーマ「異文化理解」
※学習テーマ、日程は変更となる場合があります。
アップ
●2017 年
※やむを得ない事情で参加が難しい場合は、事
ミーティング
学習テーマ「IT サービス」
前の出欠確認時にご連絡ください。
2017 年 2 月 20 日(月)
詳細は 11、12 ページ
1 月 28 日(土)10:00~13:00
入学書類
提出
授業料等
納入期日
当日は本人確認と学習時の本人認証に必要な指
紋登録を実施します。本人確認は対面を原則とし
入学式
2017 年 4 月 1 日(土)
ますので、入学式・オリエンテーションには必ずご
会場:東京都内にて予定
出席ください。
やむを得ない事情で参加が難しい場合は、別途
来学またはオンラインにて実施します。
5
4. 出願にあたってのご注意
(1)出願準備にあたって
 出願書類および入学検定料については、理由の如何に関わらず返還いたしません。
 出願書類・入学手続き書類に虚偽の内容が認められた場合は、合格・入学許可を取り消す場合があります。
(2)学習に必要なスキル等の事前修得について
学習や履修登録等手続きにあたっては、最低限下記スキルを修得していることを前提とします。
①PC 上のファイルや E メールを扱うことができる。
-タイピングができ、テキストの編集やコピー&ペーストができる
-作成したファイルの保存先を指定したり、ファイル名を変更することができる
パソコンスキル
-添付ファイルを送受信できる
②インターネットブラウザにて情報検索ができる
-インターネット上のファイルのダウンロードができる
※授業では、Microsoft Word、Excel、PowerPoint を使用します。
初心者の方は、入学後「PC リテラシー入門(MS Office)(1年次/選択科目)」を履修してください。
(3)身体等が不自由な方について
個別面談において、本学の学習環境等を確認頂く等の機会を設けています。個別面談をご希望の方は、必ず出願前に
①障がいの種類・程度 ②受験及び学習において配慮を希望する事項 ③出身校でとられていた配慮等を記載し、入試
係にメール([email protected])にてお申し込みください。
(4)外国籍の方の出願について
 本学では、外国籍の方の出願に関して制限を課しておりません。ただし、本学の授業は基本的に日本語で行います
ので、授業を履修する上で支障のない日本語能力(検定の種類は問いませんが 1 級程度の能力)を有することが、学
習を進める上での条件となります。
 住民票または外国人登録証明書に記載のある通称名の使用を希望する方は、出願時に 入試係にメール
([email protected])にてご連絡ください。
 本学は通信制の大学のため、在留資格ならびに留学生ビザを取得できません。
6
IV. 選考内容・出願手続き
5. 選考内容
1.グループワーク・アイデア審査 2.個人面接 3.書類選考 にて選考します。
全 90 分間(休憩含む)
― グループワーク(50 分) 個人発表含む
― アイデア記入(30 分、個人のアイデアを① 概要 ②理由を3つのポイントに分けて文章
で説明)
下記テーマで、グループワークを実施します。
あらかじめ自分なりのアイデアを考えておいてください(事前提出は不要です)。
グループメンバーとのディスカッションを経てブラッシュアップした個別のアイデアを、文章にまと
めて提出頂きます。ディスカッション時は、スマートフォンやパソコンを使用できます(必要に応じ
て用意してください。但し、メール・通話・ショートメッセージ等外部とのやりとりは禁止します)
●テーマ
グローバルリーダーになるための必要な行動とは
あなたにとって「グローバルリーダー」とはどのような人物ですか。具体的なロールモデル(行動
の規範となる存在)を一人あげ、その理由を説明してください。さらに、大学生活の中でどんな具
体的な行動を起こすことによって、グローバルリーダーに近づくことができるかを提案してください。
1.グループワーク
によるアイデア審査
≪ よくある質問 ≫
Q. グループワークはどのようなものですか?
A. 出題テーマに基づいて、グループメンバーと議論をし、お互いの意見を引き出し合います。
その上で、最終的に一人ずつアイデアを発表し、またグループメンバーとの議論を通じて
どのような影響を受けたかについても発表します。
発表に対して、試験官から質疑がある場合はそれに応答して終了します。
Q.
どのような点を審査しますか?
A.
グループワークでは、相手の意見を聞き入れる姿勢と、自分の考えが相手に伝わることが
最も大切です。斬新なアイデアを提案できるかどうかは最重要ではありません。
Q.
どのような準備が有効ですか?
A.
相手に意見を引き出すために積極的に質問すること。そして自分の考えを相手に
明確に伝えること。これらの準備をしておくと良いでしょう。
2.個人面接
グループワーク・アイデア審査当日に、個別で 10 分程度の個人面接を実施します。
7
オンライン願書作成時に、入力フォームに記入・提出してください。
(あらかじめ文章を作成しておくと、コピー&ペーストして提出できます)
下記について、自分の考えを 400 字以上 800 字以内で記載してください。
注:①と②の両方について記述してください
①あなたが過去に直面した困難や問題を克服(または解決・突破)した内容について記載して
ください。
3.書類選考
②あなたの目標を示したうえで、現状と今後の目標の間にあるギャップを踏まえ、BBT 大学で
何を学び、どう活かしていくかについて記載してください。
【オンライン出願時に準備頂くこと】
・学習時に使用する OS(Windows または Macintosh)を申請いただきます。学習時に必要な
指紋認証機器(Windows 用または Macintosh 用)を 1 台支給します。
※申請後の変更は、受け付けません。2 台目以降はご自身で購入いただきます
(1 台 2 万 7,000 円)
8
6. 出願手続き
STEP1
書類提出
●郵送による提出書類
① 高校調査書(厳封) または 卒業見込証明書と成績証明書(厳封)
高等学校卒業程度認定試験合格者は、合格成績証明書(合格証明書不可)
② 写真 2 枚(横 3 ㎝×縦 4 ㎝、正面向き・無帽・無背景・目元輪郭を隠していないもので、出願前 6 ヶ月以内に
撮影したもの。カラー/白黒は問いません。裏面に必ず「氏名」「生年月日」を記入)
≪提出先≫
「出願書類在中」と朱書きし、簡易書留で提出
〒102-0084 東京都千代田区二番町3番地 麹町スクエア
ビジネス・ブレークスルー大学 経営学部 自己推薦入試係 (電話:03-5860-5544)
STEP2
入学検定料を納入
出願サイトより入学検定料 3 万円(非課税)を納入ください。納入を確認次第、出願サイトの ID(受験番号)とパスワードを
メールで発行します。一旦納入された入学検定料は返金できませんのでご了承ください。
※クレジットカード又は銀行振込みをご利用頂けます。
<出願サイトへのアクセス>
経営学部ホームページ(http://bbt.ac/)右上の
「出願手続き」からアクセスしてください。
STEP3 オンライン願書の作成と提出
出願サイトへログインし、オンライン願書を作成し提出してください(締切日必着)。
※オンライン願書は、PC からのみ提出可能です(携帯電話・スマートフォン・タブレット端末等からは提出不可)。
STEP4 出願完了
STEP5 出願状況の確認
出願サイトにて出願書類の受理状況が確認できます。出願書類は本学で受領後 5 日以内(土日祝除く)に出願サイトに反
映されます(合格発表および学納金の納入状況等も出願サイトにて確認してください)。
9
V. 入試・合格発表
7. 入試日時・会場等
【日 時】 ※開始時間 10 分前には来場してください。
2016 年 9 月 10 日(土) 9:30~12:00
【会 場】
ビジネス・ブレークスルー大学 麹町校舎
【持ち物】
筆記用具、学生証(写真付身分証明書)
8. 面接上の注意
①
受験者の本人確認をしますので、学生証または免許証、パスポート、写真付き住民基本台帳カードなどの写真付き
身分証明書を持参してください。写真付き身分証明書がない場合は入室できません。
②
携帯電話・PHS・携帯音楽プレーヤー等は必ずアラームを解除し、電源を切ってかばん等に入れてください(グルー
プワーク時は、通話・メール等を除き使用可)。
③
面接会場には面接開始時刻前の 10 分前までに来場ください。面接会場入室の際に本人確認をします。
④
遅刻者は受験することはできません。
⑤
面接当日、天候不良や事故・地震等により公共の交通機関に乱れが生じている場合や、大幅な遅延が予想される
場合(面接開始時間より 30 分以上遅れそうな場合)は、面接確定日時案内メールに記載の電話番号に連絡し指示
を受けてください。
⑥
主要公共交通機関の乱れ(バス、車の渋滞等は除く)により、多数の受験生が面接開始時刻に間に合わないと本学
が判断した場合のみ、面接開始時刻を遅らせることがあります。
その他、海外に在住などで、面接に関し不明な点や質問等がある場合は入試係までお問い合わせください。
ビジネス・ブレークスルー大学 経営学部 入試係
Email : [email protected]
9. 合格発表方法

出願サイトにて合格発表日の 17 時(日本時間)に発表します。電話等による個別の照会には一切応じません。

合格者には、合格発表翌日に合格通知書および入学手続き書類を入学願書に記入された住所へ送付します。

合格発表後、入学手続き書類が 5 日経過しても届かない場合は、入試係に問い合わせてください(地域によって到
着日に差が生じることがあります)。

海外在住者には、合格発表翌日に日本郵便の EMS にて発送しますので、地域によっては 1 週間程かかる場合が
あります。
10
VI. 入学手続き
10. 入学手続き書類
合格者には、合格発表翌日に下記の書類を送付します
・合格通知書
・入学手続きのご案内
また、2017 年 2 月上旬(予定)に、「入学手続きの手引き」を送付しますので、所定の入学手続き締切日までに手続きを完
了させてください(詳しくは「入学手続きの手引き」にて案内)。
11. 入学手続きに関する注意

所定の期日内に入学手続きが完了しない場合は、入学が認められない場合があります。

入学後は、本学オープンカレッジや株式会社ビジネス・ブレークスルーで提供している他プログラムとの並行受講は
原則認められません(学部修士一貫教育プログラムを除く)。出願時点でプログラムを受講中の方は、出願時にご相
談ください。
11
12. 納入金(非課税)
■ 2017 年春期入学者 学納金 ※両学科共通
入学金
31 万 5,000 円
システム利用料
6 万円/半年
授業料
36 万 7,500 円/半年
*上記には教材費、インターネット接続機器、プロバイダー料金および通信費等は含みません。
*在籍中に学費が改訂された場合は、改定時から新たな学費が適用されます。
*再履修する場合には 1 単位につき別途再履修費(2,000 円)が発生します。
■ 納入期限
納入期限
入学金
2016 年 9 月 27 日(火)
31 万 5,000 円
2017 年 2 月 20 日(月)
85 万 5,000 円
1 回目
2017 年 2 月 20 日(月)
42 万 7,500 円
2 回目
2017 年 9 月 5 日(火)
42 万 7,500 円
1 年分一括で
授業料・
システム利用料
納入期限
お支払の場合
半年分に分割して
お支払の場合
納入金
*入学金・授業料・システム利用料は上記期日までに納入してください。
*入学金納入期限までに納入手続が完了しない場合は、入学の意志がないものとみなし、入学許可を取り消します。
また、いかなる場合にも一旦納入した入学金は返還しません。
*やむを得ない事情により学費等の延納を希望の場合は、別途入試係までメール([email protected])にてご相談ください。
13. 入学辞退
出願・入学にあたり納入された諸費用および書類は、理由の如何に関わらず返還しません。
ただし、2017 年 3 月 31 日(金)正午までに、入学志願者本人が入学辞退の旨を書面にて提出した場合は、納入された授
業料・システム利用料を返還します。その場合においても、入学金の返還には応じられません。
12
VII. 教育ローン・奨学金等
14. 教育ローン
(1)民間クレジット会社(貸与型)
本学では、ジャックス・オリコ・セディナの提携教育ローン制度を導入しています。
利用を検討される方は、入学準備の早い段階でご利用条件やお申込方法をご確認ください。出願前から入学費用の借入
れ審査を受けることもできます。詳しくは、経営学部ホームページをご覧ください。
●経営学部ホームページ> 入学のご案内> 教育ローン
http://bbt.ac/admission/loan.html
(2)国の教育ローン(貸与型)
日本政策金融公庫の教育一般貸付に申し込みが可能です。詳しくは「株式会社日本政策金融公庫」の各支店までお問合
せください。
日本政策金融公庫国民生活事業ホームページ
http://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html
●教育ローンコールセンター 0570-008656(ナビダイヤル)又は 03-5321-8656
月~金 9:00~21:00 土 9:00~17:00
15. 日本学生支援機構奨学金
経済的理由により就学に困難がある優れた学生等を対象に、独立行政法人日本学生支援機構(旧日本育英会)が奨学
金制度を実施しています。
本制度は、教育の機会均等に寄与し、社会に有用な人材を育成する為、人物、学業成績ともに優秀でありながら経済的
理由により就学困難な学生に対し、学資の貸与を行うものです。
本制度の利用を希望する方は、入学後、4 月または 10 月に本学事務局を通じ在学採用を申請していただくか、予約採用
をご利用ください。
なお、予約採用の詳細につきましては、出身の高等学校等にお問い合わせください。
詳しくは、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)ホームページをご確認ください。
http://www.jasso.go.jp/index.html
13
VIII.システム要件
2016 年 6 月現在
受講の上で下記のシステム環境が必要ですので、各自ご準備ください。ただし、履修する科目および大学システムの仕様
変更に応じて CPU、メモリ、ハードディスク、ソフトウェア、付属機器等要件が変更となる可能性があります。
16. インターネット接続について
インターネットの継続的接続を必要とするため、常時(長時間)接続可能なプロバイダーを推奨します。
17. 必要機器
①
パソコン
次ページの「AirCampus ポータル動作環境」および「指紋認証機器動作環境」を満たすもの
※動作環境は、随時アップデートされます。こちらのサイトより最新状況を確認できます。
http://aircamp.us/support/env_portal/
②
Microsoft Office
《Windows》 Microsoft Office 2007、2010、2013 のいずれか(Excel/Word/PowerPoint)
《Mac OS》 Office for Mac 2011(Excel/Word/PowerPoint)
入学後は、アカデミック価格で購入できます。オープンオフィス(無料ソフト)は使用不可。
③
ヘッドセット(両耳タイプ)
ヘッドセットで片耳タイプのもの、Bluetooth のものはお勧めしません。
④
Web カメラ(PC 内蔵可)
⑤
プリンタ(推奨)
18. 受講推奨環境と再生テスト
以下のページにて、受講推奨環境の確認と再生テストを行うことができます。
【動画再生環境のチェックサイト】 http://aircamp.us/support/check/
問題なく動画を再生できる場合でも、スムーズに受講するには、「AirCampus ポータル 動作環境」を満たしている必要が
あります。こちらのサイトより最新状況を確認できます。(随時アップデートされます。)
http://aircamp.us/support/env_portal/
14
19. Air Campus ポータル 動作環境
下記の動作環境は 2016 年 6 月時点のものです。動作環境は随時アップデートされるため、新しいパソコンの購入や OS
のアップデートを検討される方は、必ず下記のサイトより、最新状況を確認してください。
http://aircamp.us/support/env_portal/
◆ Windows
◆ Mac OS
対応 OS
Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10 (*1)
*1 Windows 7, 8, 8.1,10 は 64bit 対応
上記いずれかの日本語 OS および英語 OS で
日本語入力が可能なもの
Mac OS 10.8 / 10.9 / 10.10 / 10.11 (*2)
*2 Intel 版のみ。64bit モード対応(日本語)
ブラウザ
Internet Explorer 8 / 9 / 10 / 11
Microsoft Edge
Firefox
Google Chrome
Safari6 以降
Firefox
Google Chrome
必須環境
Flash Player 10.0 以上
CPU
1GHz 以上(2GHz 以上推奨))
メモリ
1GB 以上の物理メモリ (2GB 以上推奨)
ネット
ワーク
こちらの自動環境チェックをお試しください。
http://aircamp.us/support/check/
サポート
対象外
仮想環境
ベータ版の OS,アプリケーション
その他
上記環境での動作を確認しておりますが、すべての環境において正常動作を保障するものではありません。
Microsoft Edge において軽微な文字のずれとマウススクロールができない問題を確認しておりますが
その他の動作に問題はありません。
20. 指紋認証機器動作環境
本学の科目では、指紋認証の専用機器(学校より1台を無料配布)を用いて本人確認をします。
■ Windows 版
対応 OS
CPU/メモリ
注意事項
Windows Vista 7 / 8 / 8.1 / 10 (*1)
*1 Windows 7, 8, 8.1,10 は 64bit 対応
CPU 1GHz 以上(2GHz 以上推奨)
1GB 以上の物理メモリ(2GB 以上推奨)
・ 最新版のサービスパックが適用されている環境でご利用ください。
・ ご利用の端末に既に別の指紋認証ツールがインストールされている場合、BBT 大学が
提供する指紋認証ツールが正しく認識されないケースを確認しております。
DELL 社製品:Digital Persona Fingerprint Software
HP 社製品:HP Protect Tools
該当製品がインストールされている場合は、削除をお願いいたします。
■ Mac OS 版
対応 OS
CPU/メモリ
注意事項
Mac OS 10.8 / 10.9 / 10.10 /10.11 (*2)
*2 Intel 版のみ。64bit モード対応。
CPU 1GHz 以上(2GHz 以上推奨)
1GB 以上の物理メモリ(2GB 以上推奨)
・ インテル製 CPU で動作している Macintosh をご利用ください。
・ 各 OS では最新版のアップデートを適用されている上でご利用ください。
・ 指紋認証機器とご利用の PC は紐付けて登録されます。PC を変更の際は、マニュアルを
ご参照ください。
15
IX. 大学概要
名
学
学
称
長
部
・
学
科
専門職大学院 研究科
設
置
主
体
…ビジネス・ブレークスルー大学
…大前 研一
…経営学部
グローバル経営学科、IT ソリューション学科
…経営学研究科
経営管理専攻
…株式会社ビジネス・ブレークスルー
ビジネス・ブレークスルー大学は、
東京都千代田区「キャリア教育推進特
区」認定の株式会社による大学です
(文部科学省認可)
教育上の理念(建学の精神)
ビジネス・ブレークスルー大学は、
知的創造を礎に、
国際的視野と開拓者精神を持ち、
先駆的指導者たらん人格を涵養し、
世界社会に貢献するを以って建学の精神とする。
校章が伝えるメッセージ
“知のネットワークは、人間の能力を無限に伸ばす”
人材の養成に関する目的(経営学部)
ビジネス・ブレークスルー大学では、グローバル・シチズンとしての教養とビジネスマネジメントにおける理論と実践の融合した専門的能
力を修得し、且つ国際的な視野と開拓者精神を備え、自ら考え判断し、高い倫理観を持って自己責任のもとに行動することのできる職業
人・起業家を養成する。そして本学から、21 世紀の経済の潮流にのり、新しい経済の中で、アジア地域をはじめ、世界各地で経済活動を
指導し、ひいては開拓者精神を持って新規事業を立ち上げるような人材が輩出されることを期待する。
教育研究上の目的
経営学部 グローバル経営学科
グローバル経営学科は、グローバルビジネスコミュニケーション能力、論理的思考力、国際的な教養ならびに情報技術の基礎力と経営
管理能力を備えた、国際的に活躍できるグローバルリーダーを育成することを目的とする。
経営学部 ITソリューション学科
ITソリューション学科は、グローバルビジネスコミュニケーション能力、論理的思考力、国際的な教養ならびに経営管理の基礎力と情報
技術を備え、ITソリューション能力を基礎に国際的に活躍できるグローバルリーダーを育成することを目的とする。
16
学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
●本学が求める人物像
本学の目的を達成するために、学生は本学のカリキュラムを通じて、「マインド・知識・スキル・実践力」の総合的な観点から、次のプロフ
ァイルを修得することを目標とする。
“経営学全般に精通し、獲得した知識・スキル・実践力等の能力を駆使して世界とくにアジアでビジネスを行い、
結果を残すことができる”
●学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
本学が定めた期間在学し、その教育の理念及び目的に基づいて設定したカリキュラムに従った教育を受けて、所定の単位以上を修得し、
且つ卒業論文の最終審査に合格することが学位授与の要件である。本学が掲げるプロファイルに基づいて、マインド・知識・スキル・実
践力が修得されているかどうかが、本学課程修了に際に考慮されるべき要素である。
本科
(1 年次入学)
修業年限
在籍年限
標準 4 年
8年
卒業要件 ①~③すべてを満たしていること
① 4 年以上在学すること
② 卒業に必要な単位である 124 単位を修得していること
③ ②に加え、卒業論文の最終審査に合格し、4 単位を修得していること
上記に関わらず、3 年以上在学し、卒業に必要な単位を優秀な成績で修得したと本学が認める場合には、文部科学大臣の定めるところ
により、卒業させることができる(早期卒業)。
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
本学が策定する目指すべき人材を養成するべく、その能力を修得できるような科目の設置を行う。多様な背景を持つクラスメイトと自由
闊達な議論を交わしながら、皆で事実を積み上げ、本質的問題を発見し、解決策を考え、集団知を高めながらお互いに学んでいく実践
的な教育を実施する。
グローバル経営学科においては、経営学の基礎的分野の教育に加え、4 年間を通し、グローバルなビジネス感覚を 身に着けるべく、最
新のグローバルビジネスについての継続的学習、また、英語によるビジネスコミュニケーションの強化を行う。
IT ソリューション学科においては、経営学の基礎的分野の教育に加え、多様性に富んだ IT 科目の基礎から応用までの継続学習、また、
英語によるビジネスコミュニケーションの強化を行う。
入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)
ビジネス・ブレークスルー大学では、建学の精神の理念と教育目的に応じ、入学者選抜試験を実施しており、アントレプレナーシップをも
って未開の地を切り拓き、グローバルに活躍するアンビションをもった人の入学を求める。本学の建学の精神とオンライン教育方式を理
解し、勇気を持って行動できる人をビジネス・ブレークスルー大学は国内外から広く受け入れる。
グローバル経営学科では、上記に加え、経営学のみならず、4 年間を通し、グローバルなビジネス感覚を身に着けるべく、最新のグロー
バルビジネスについての継続的学習、また、英語によるビジネスコミュニケーションの強化に意欲ある人を求める。
IT ソリューション学科では、上記に加え、経営学のみならず、多様性に富んだ IT 科目の基礎から応用までの継続学習、また、英語による
ビジネスコミュニケーションの強化に意欲ある人を求める。
17
問い合わせ先、アクセス
ビジネス・ブレークスルー大学(BBT 大学)経営学部 入試係
〒102-0084 東京都千代田区二番町 3 番地 麹町スクエア 1 階・2 階
電話番号:03-5860-5544(平日:月~金 9 時 30 分~17 時 30 分)
メール :[email protected]
<麹町校舎 地図>
麹町スクエア
1階・2階
18
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
865 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content