close

Enter

Log in using OpenID

The Times Group Corporate Brochure-1

embedDownload
どこよりも幅広くインドのターゲットへのアクセスを提供します!
あらゆるメディアを網羅したソリューション
新 聞
雑 誌
全国版
全国版
ラジオ
国内全土向け
インターネット
全世界
高級志向
地方版
女性向け/映画
テレビ
モバイル
家庭外
(モバイルコンシューマ
ーサービスブランド)
交通機関、
空港、
都市
交通システム
国内全土向け
現在、インドで利用可能
ストリートファーニ
チャー
大型広告
現在、インド、ネパール、
スリランカ、南アフリカ
、モルジブで利用可能
デジタル LED
スクリーン
4 つの地下鉄を網羅
ムンバイ、
デリー、
ベンガ
ルール、
ハイデラバード
包括的メディア提案 - 360度のアプローチで成功に導きます。
インド。世界中でニュースの見出しを飾り、間違いなく超大国の 1 つになるであろうと言われ、世界
で重要な市場の 1 つになりつつある国。
インド経済は 2007 ~ 2008 年の GDP 成長率が 9 パーセントと世界で 2 番目に早い成長を遂げ
ています。購買力平価(PPP)では、今やアメリカ、中国、日本に続く世界第 4 位です。
インド経済の成長に伴って、「偉大なるインド中産階級」にも大幅な増加が見込まれます。可処分所得
と強い購買欲を持つ個人や世帯は増加の一途をたどっています。中でも最も大きな割合を占めている
のが、25 ~ 44 歳の層です。この年齢層は 2025 年まで毎年平均 5500 万人増加し、若いインド経
済の源となると考えられています。
3 億人にも及ぶインド中産階級の支出は、毎月高い割合を示しており、このことは自動車、二輪車、
CTV、携帯電話のなどの売上や、クレジットカードや個人ローンの急激な成長となって現れていま
す。
世界的なマーケティングの基準で言えば、現在、インドの消費は GDP のわずか 0.5 パーセントに過
ぎません。
多数のブランドが市場に存在することから、消費者と消費市場が進化していくにつれて、広告には巨
大な成長の可能性が秘められています。
この巨大な市場にアクセスするには適切なメディアプラットフォームへの露出が必要です。印刷物、
テレビ、屋外、インターネットなど、さまざまな種類のメディア全体でブランドの可視性を高めるプ
ラットフォームが必要なのです。
1838 年設立で 170 年の歴史を持つ Times Group は、Bennett, Coleman &
Company Limited としても知られ、規模、歴史、多様性のすべてにおいてインド最大
のコングロマリットです。
Times Group の信条は、差別化されたコンテンツで、ブランドの作成と構築に努め、広
告主が特定のターゲットにアクセスできるようにすることです。
さまざまなメディアでの強力なプレゼンスを示すデータをご紹介します。
新 聞
14 エディションで発行され、世界最大の販売部数と幅広い読者を誇る普通サイ
ズの英字新聞。
発行部数:3,508,053 部(ABC Jan - Jun 2009)
読者数:7,142,000(IRS 2009-Round 2)
=== The Times of India と他の日刊紙 ===
発行部数:350 万部(Audit Bureau of Circulations
Jan-Jun 2009)
読 者 数:7,142,000(The Indian Readership
Survey 2009 Round 2)
単位:千
* IE 発行部数は最新の「ABC Jan-Jun 2000」のデータ
** HT 発行部数は「ABC Jul-Dec 2008」のデータ
Indian Readership Survey 2009, Round 2 によると、
・TOI 読者の 97% がインド都市部の出身である。 ・TOI 読者の 79% が SEC AB 世帯の出身である。
THE ECONOMIC TIMES
11 エディションで発行され、ウォールストリートジャーナルに続く、世界第 2 位の販売部数とアジア
第 1 位の部数を誇る英字経済日刊紙。
発行部数:651,145 部(ABC Jan - Jun 2009) 読者数:757,000(IRS 2009-Round 2)
ET と他の経済日刊紙
The Economic Times の読者数は第 2 位の経済日刊紙を 698,000 人上
回っています。
ET と他の経済誌の読者数
The Economic Times の読者数は、他の経済誌を大きく上回っています。The
Economic Times の読者数は第 2 位の経済誌を 487,000 人上回っています。
Indian Readership Survey 2009, Round 2 によると、
・ET 読者の 80% が学士以上。・ET 読者の 85% が SEC AB 世帯の出身である。
戦略的ブランドであるThe Times of IndiaとThe Economic Timesには、次のような多数のサブ
ブランドがあります。
戦略的ブランド
カラー版で日曜に発行される普通サイズのレジャー新聞。インド最大の販売部数を誇る。
The Sunday Times of Indiaと共に販売。
毎週水曜に玄関先まで配達されるインドのトップスペシャリストのための普通サイズの新聞。
The Times of IndiaおよびThe Economic Times, Chennaiと共に販売。
以上はすべて各都市向けの出版物で、主にエンターテイメントに関連するローカルニュースを掲載しています。
サブブランド
インド最大の販売部数を誇る、教育に関する週 2 回発行の普通サイズの新聞。15 の地下鉄で販売
インド最大の販売部数を誇り、毎週発行される普通サイズの不動産に関する新聞。10 の地下鉄で販売
インド最大の販売部数を誇り、毎週発行される健康に関する普通サイズの新聞。5 つの地下鉄で販売
インド最大の販売部数を誇り、隔週発行される女性に関する普通サイズの新聞。
ムンバイの自動車マニアを対象とした普通サイズの週刊紙。
バンガロールの自動車マニアを対象とした自動車ニュース。
ムンバイで毎週発行される個人の財務管理に関する普通サイズの新聞。
金融界に関するわかりやすい説明に役立つデリーとバンガロールの普通サイズの週刊紙。
The Times Group Stableの「コンパクトな」出版物
毎日朝刊と午後版が発行され、コンパクト版ではインド初の完全な英字の朝刊紙です。
ローカルニュースを中心に取り上げ若く、冒険的な読者を対象としています。
Bangalore Mirror、Ahmedabad Mirror、
Kolkata Mirror も最近発刊されました。
読者数 - Mumbai Mirror: 810,000.Indian Readership Survey, 2009-Round 2
Indian Readership Survey 2009, Round 2 によると、
・Mumbai Mirror 読者の 49% 以上が学士以上。
・Mumbai Mirrors 読者の 67% 以上が SEC AB 世帯。
・Mumbai Mirror 読者の 59% 以上が 30 歳未満。
Hindustan Times の出版社とのユニークなジョイントベンチャーで、Metro Now はペース
の速いローカルニュースを掲載した機動的な消費者向けのコンパクトな都市型新聞です。
充実した週末を過ごすためのアイデアと情報を提供する週刊のコンパクトな雑誌。The
Times of India Mumbai および Delhi と共に毎週金曜に発行されています。
戦略的ブランド
THe Economic Times と共に、毎週水曜日に 11 都市で発売。広告とマーケティングに関
するインド最大の販売部数を誇るカラーの普通サイズの新聞。
最大の販売部数を誇る、リーダーシップ管理に関するカラー普通サイズの週刊紙。ムンバ
イ、デリー、バンガロール、アーメダバード、プネ、およびチェンナイで販売。
サブブランド
最も幅広く読まれている、旅行に関する普通サイズの週刊紙。読者はムンバイとデリーのインド人富裕層。
ムンバイで隔週発行される ET Realty は最大の販売部数を誇る営業用不動産に関するカラー普通
サイズの新聞です。
実務教育に関する普通サイズの週刊紙。ムンバイとデリーの読者向け。
お金を稼ぎ、投資し、使うための週刊ガイド。11 都市で販売。
デリーとチャンディーガルの自動車マニア向け、普通サイズの週刊紙。
ムンバイ、デリー、およびバンガロールで年 2 回発行される、インド企業トップ 500 のガイド。
マーケティング管理に関する月 2 回発行の権威ある雑誌。
Times Group 所有のインドの言語の新聞 :
デリーとムンバイで発行されている普通サイズのヒンズー語日刊紙。
発行部数:532,933 部(ABC Jan - Jun 2009) 読者数:2,366,000。IRS 2009-Round 2。
Indian Readership Survey 2009, Round 2 によると、
NBT 読者の 65% が SEC AB 世帯の出身である。
NBT 読者の 64% が 40 歳未満である。
ムンバイで発行されている、マラーティー語普通サイズ日刊紙のトップ。
発行部数:288,149 部。ABC Jan-June 2009。
読者数:1,124,000。IRS 2009-Round 2。
Indian Readership Survey 2009, Round 2 によると、
MT 読者の 57% が 40 歳未満。
MT 読者の 50% が SEC AB 世帯の出身。
The Economic Times は今年グジャラート語版を発刊して、グジャラート州のグジャラート
語社会へのアクセスを目指しています。印刷部数:70,000 部。
(カンナダ語)
The Times of India は今年カンナダ語版を発刊して、バンガロール
とカルナタカ州の人々へのアクセスを目指しています。
カルナタカ州で最も幅広く読まれているカンナダ語の出版物。
発行部数:540,090 部。ABC Jan-June 2009。読者数:3,429,000。IRS 2009-Round 2。
グジャラート州で 2 番目に幅広く読まれているグジャラート語の新聞。The Times Group は、
Sandesh で少数民族にも対応しています。
読者数:グジャラートで 3,234,000。IRS 2009-Round 2。
雑 誌
女性誌と映画雑誌:世界的なメディアが所有する、BBC と Times Group との間のジョイントベンチャー。
IRS 2009-Round 2 で 282,000 名の読者数を誇る、最も販売部数の多い英語女性誌。
IRS 2009-Round 2 で 450,000 名の読者数を誇る、最も販売部数の多い映画雑誌。
その他の WWM 定期刊行物には以下のようなものがあります。Femina Sri Lanka、
Femina Girl、Femina
Allure、BBC Top Gear、Hello、JLT (Just Like That)、
BBC Good Homes、Grazia。
高級志向の雑誌:Times Group 所有。
Time N Style のメインマガジンは、高級時計とジュエリーを中心とした、高級志向のニッチなプレ
ミアマガジンです。読者はステータスにこだわり、将来性豊かで、独自の見解を持ち、多くは意思決定者
の立場にあります。雑誌の合計配布部数は 57,000 部。
Time N Style Beauty は、Time N Style の姉妹誌です。Time N Style Beauty
は、現代の美意識の強い世代の考え方や願望に同調しています。美容を中心として、向上心に
溢れる読者のための情報を提供しています。
Time N Style Beauty Broadsheet は、デリー、ムンバイ、コルカタで The Times of India の付録として販売さ
れている普通サイズの月刊紙です。向上心に溢れる読者のための情報を提供しています。発行部数 200,000 部で毎月第
2 木曜日に発行されています。
Time N Style Luxury は大型版で月 2 回発行の雑誌で、限られた人々のための、贅を尽く
した高級感と優雅さに満ちた奥深い世界を紹介します。ムンバイとデリーの一部で The
Economic Times と共に配布されています。雑誌の合計配布部数は 100,000 部。
印刷物以外に、Times Group ではビジネスパートナーの皆さまのために、カスタマイズされ対象を限定した、メディア
を問わない測定可能なコミュニケーションソリューション、Response Integrated Solutions(RIS)を提供して
います。統合型ソリューションでは、次のような Times Group のデジタル版も利用可能です。
新聞のデジタル版
非居住インド人と Indian Desktop のメンバーがターゲット。
動画、ボイススポット、ウェブリンクなど画期的な内容を提供。
収益機会:マイクロサイト、広告バナー、動画 / リッチメディア配信。
Indiatimes はインターネットとモバイルで付加価値を提供するサイトとして最も人気があります。
芸術から航空会社までありとあらゆる分野のニッチなコンテンツに対応します。
オンラインショッピングと旅行関係のナンバーワンポータル。
収益機会:ショッピング、クリケット、自動車、Remit2lndia、NavBharatTimes、Maharashtra Times など
58888 はインドナンバーワンのモバイルコンシューマーサービスブランドです。
登録ユーザーはインド全体で 3000 万人
収益ストリーム:キーワード、フッター、M- クーポン、コンテスト、流行のアクティビティ、ブランド付きのモバイルゲー
ム、ワイヤレスクラブ、WAP サイトなど
インドで最もよく選ばれるニュースウェブサイト。
インドや海外の企業ユーザーの割合が多いのが特長です。
利用者の 60% は海外。
収益機会:広告バナー、マイクロサイト、その他、認知度を高めるためのオプション。
実業界には多数の ET.com ユーザーがいます。
インドのオンライン会社や実業界の人々が毎日 ET.com にアクセスしています。
ET.com はビジネスの分野で誰もが認める権威です。
収益機会:バナー広告、HNI ニュースレターなど
Educationtimes.com は教育産業に焦点を当てた初のポータルです。
奨学金、貸付、特殊教育、e- テスト、e- チュートリアル、e- ラーニングなどに関して、学生向けにニッチなコンテン
ツも提供しています。
収益機会:広告バナー、記事広告、マイクロサイト、e- コマースとコンテンツ、サービスベースのタイアップ。
Timeswellness.com は健康に対する意識の高いユーザー向けのポータルです。
健康に関する情報や健康関連の記事、健康的な生活を送りたいユーザーのさまざまな質問に答える、医師で構成された
専門家パネルなどが利用できます。
収益ストリーム:記事広告、広告バナーなど。
インドの業界のベストプラクティスを共有できる HR コミュニティポータル。
人事に関する理解を深め、企業生活に関連する記事が掲載されています。
収益機会:記事広告、広告バナー、ニュースレターなど。
MumbaiMirror.com では、ムンバイに関連するあらゆるニーズに対応するオンラインプラットフォームが提供さ
れています。
ポータルでは映画、レストラン、ショッピング、地図、地域の出来事などに関する情報が提供されています。
収益機会:広告バナー、地図、一覧など。
中小企業と起業家のためのプラットフォーム Bizxchange では、情報、マーケティング、ネットワーキングサービス
が提供されています。数百万人のインド人の中小企業起業家と新興企業が対象です。
会員は多数のユーティリティとサービスを利用できます。B2B 製品 / サービスへの大規模な会員ベースが提供され
ます。
収益ストリーム:コンテンツ / サービスの後援、広告バナー、マイクロサイト、業界別のデータベースへの e-DM。
http://www.shippingbiz360.com は、海運業と物流に関するあらゆるニーズに対応する B2B ポータル兼
マーケットプレイスで、ニュース、トレンド情報、レポート、ケーススタディなどが掲載されています。
収益ストリーム:コンテンツ / サービスの後援、広告バナー、マイクロサイト、データベースへの e-DM。
http://www.constructionbiz360.com は、建設とインフラに関するあらゆるニーズに対応する B2B ポー
タル兼マーケットプレイスで、ニュース、トレンド情報、レポート、ケーススタディなどが掲載されています。
収益ストリーム:コンテンツ / サービスの後援、広告バナー、マイクロサイト、データベースへの e-DM。
http://www.retailing360.com は、小売と関連産業に関するあらゆるニーズに対応する B2B ポータル兼マー
ケットプレイスで、ニュース、トレンド情報、レポート、ケーススタディなどが掲載されています。
収益ストリーム:コンテンツ / サービスの後援、広告バナー、マイクロサイト、データベースへの e-DM。
http://www.foodprocessing360.com は、食品加工と関連産業に関するあらゆるニーズに対応する B2B
ポータル兼マーケットプレイスで、ニュース、トレンド情報、レポート、ケーススタディなどが掲載されています。
収益ストリーム:コンテンツ / サービスの後援、広告バナー、マイクロサイト、データベースへの e-DM。
http://www.machinist360.com は、オートメーションと製造業に関するあらゆるニーズに対応する B2B
ポータル兼マーケットプレイスで、ニュース、トレンド情報、レポート、ケーススタディなどが掲載されています。
収益ストリーム:コンテンツ / サービスの後援、広告バナー、マイクロサイト、データベースへの e-DM。
http://www.plasticbiz360.com は、プラスチックとポリマーに関するあらゆるニーズに対応する B2B ポー
タル兼マーケットプレイスで、ニュース、トレンド情報、レポート、ケーススタディなどが掲載されています。
収益ストリーム:コンテンツ / サービスの後援、広告バナー、マイクロサイト、データベースへの e-DM。
ラジオ
32都市をカバーするインドナンバーワンのラジオ局。
ムンバイ、デリー、コルカタ、チェンナイ、インドール、アーメダバード、プネ、ハイデラーバード、バンガロール、ジャ
イプル、パトナ、ジャランダール、ゴア、バローダ、ボパール、カーンプル、ラージコット、ナシック、バラナシ、アウラ
ンガーバード、ラクナウ、スラト、コラープル、マドゥライ、ナーグプル、ビシャーカパトナム、コインバトール、マンガ
ロール、ビジャヤワーダ、ライプル、ティルヴァナンタプラム、ジャバルプル。
ENLは2001年10月、インドールに初のラジオ局を開設しました。
Radio Mirchiは、マーケットシェアと聴取者の両方でインド最大のラジオ局です。IRS R2, 2009によると、Mirchiと
系列局の聴取者ベースは、毎週の聴取者がほぼ4650万人に達しており、第2位のラジオ局のほぼ2倍、インド国内最大の日
刊紙読者の3倍に上っています。
Radio Mirchiは、使用時間(FCT)、番組編成の一体化(DJの会話と野外放送)、その他画期的な内容(Mirchiモバイ
ルスタジオ、シングルクライアントロードブロック)によって、クライアントがユーザーにアクセスできる方法を提供して
います。
イギリスで毎週200万人のリスナーを獲得しているラジオ局。「本物の」音楽への情熱に溢れた25~54歳の富裕層の男性
が対象です。人気DJによる番組やコンサート、スポーツ、コメディなどのコンテンツを提供しています。
Absolute Radio、Absolute、Classic Rock、Absolute 80s、DABBの4局で47のプラットフォームに番組を
配信しています。
50%のリスナーがデジタルプラットフォームで聴取する、イギリス初のラジオ局。
オンエアコンテンツとインターネット、ポッドキャスト、電話アプリをシームレスに統合して業界をリードしています。
個々のブランドにカスタムメイドのプログラミングとソリューションを提供しています。
テレビ
TIMES TVネットワークには、TIMES NOW、ET NOW、ZOOMの3チャンネルがあります。
TIMES NOWはインドをリードする英語ニュースチャンネルです。ダイレクトなレポート、偏見のない分析、掘り下げた
報道が信条です。毎日3000万を超える世帯に視聴者を抱えるTIMES NOWは、インド、そして世界各地から、毎日新た
なニュースを提供しています。TIMES NOWはインドの視聴者に常に一歩先を行く情報を提供しています。
ET NOWはインドで最も新しい24時間放送の英語ビジネスニュースチャンネルで、Economic Timesのコアバリュー
と質の高い情報をテレビで提供しています。ET NOWのマーケットに影響するニュースや洞察力のある分析を利用するこ
とで、ユーザーは十分な情報に基づいて取引や投資に関する決定を下すことができます。「より大きく、より大胆に、より
良く、より早く」というミッションを追求することで、ET NOWはビジネスニュースに関するコミュニティのあらゆるニ
ーズに対応しています。
ZOOMはインド映画産業に関する娯楽情報を専門に提供する、インド初で最大のチャンネルです。最新情報を追う熱心な
ファンは、インド音楽、毎日のニュース、インド映画産業の見解やレビュー、人物紹介、ニュース特集、都会の映画などか
ら、厳選した情報を紹介するZoomに常に注目しています。インド映画に関心がある方のニーズに完全に応えられるのが
ZOOMです。
TIMES TVネットワークのすべてのチャンネルはケーブル、DTH、モバイル、インターネットで利用できます。
TIMESビジネスソリューション
Times Groupは、上記以外に以下のサイトも提供しています。
950万人を超える登録者を抱えるナンバーワンジョブポータル。
インドナンバーワンの不動産ポータル。
毎日3,000件の登録のある、インド唯一の首都圏中心のマッチメーキングポータル。
画期的な新しいオンライン支払いサービスで、相手、場所、店舗を問わずオンラインで支払いの送受信が可能です。
Wallet365.com は絶対安全、素早く、しかも便利です。
India Money Transfers、Global Money Transfers、NRI Services、Personal Finance Services な
どのサービスをインドと全世界のユーザーに提供するコンシューマー向け金融サービスプロバイダのリーダー。
印刷物、テレビ、ラジオ、インターネット以外に、Times Group は Times Out-of-Home (Times OOH) という
形で屋外広告の分野でも存在感をアピールしています。持ち株会社は Entertainment Network India Ltd で、
以下の地所に複数年の広告権を保有しています。
インド主要2空港(デリーおよびムンバイ)。旅客のほぼ50%が利用し、富裕層の最上部にアクセスできます。
ドワールカからインドラプラスタまで続くデリーのブルーライン DMRC(ラジブ・チョウクを除く)
。デリー西部と
ムンバイ南部と西部で約1400箇所のバス待合所(BQS)
ベンガルールとハイデラーバードで最高の場所にある約200箇所のBQS
ムンバイ、マリンドライブのパテル・ブリッジ。アジアで最も高級なOOH地所。
デリー・ノイダ・ダイレクト(DND)フライウェイの大型広告。若者やプレミア層にアクセスできます。
DND、デリー、デリー空港、ムンバイ空港のデジタルスクリーン
所有している場所や手配可能な広告の面積が広くロケーションも良いことから、Times OOH はインド全土で手軽に
屋外広告を提供できます。
右脳と左脳が結びつくように、企業が探している企業と、ブランドが消費者と出会える場を提供します。
Times Group の Brand Activations 部門は、以下で構成されています。
Times Grey Cell:B2B のスペシャリストが知識を共有し、知性の向上を目指すためのプラットフォームをセッ
ティングします。
Times Red Cell:消費者をブランド、製品、サービスに親しませるための B2C プラットフォーム。
ニッチなターゲットにアクセスするには最適のプラットフォームです。
現代の広告主は従来のマスメディア広告から一歩進んで、消費者に直接アクセスし、消費者を製品ではなくブランドと結
び付けるようなユニークなブランド構築に重点を置く必要があります。
この新たな変化を視野に入れ、Times Group が提唱する Brand Activation Marketing は 2006 年に開始し、
クライアントとブランドに総合的なブランド構築ソリューションを提供しています。Times Group の幅広いメディ
アリソースを活用した Brand Activation Marketing はインドの 6 つの地下鉄広告で地位を確立しており、イン
ド全土の主要都市で広告の掲示が可能です。
Brand Activation Marketing 部門は、Times Red Cell と Times Grey Cell で大規模なマスメディア広告
と小規模な広告の両方に対応できます。
Times Grey Cell とは「次世代の知識」
Times Grey Cell(TGC)とは、業界の CEO、CXO、CFO、人事部長、CIO、CTO、起業家、マーケティングやブランド
部門長の知識共有とエンゲージメントプラットフォーム構築のため、2006 年に創設された Times of India のコン
ファレンス部門です。TGC は Economic Times と Times of India のネットワークとブランド連想を活用して、
話題のトピックや業界が直面する問題に対応する知識プラットフォームを作成します。
TGC では、意思決定者が今後の状況を具体的に把握し、事業の方向性を決定するために役立つ、新たな時代のトレンド、
テクノロジー、イニシアティブ、慣習、展望などに関する情報を提供します。TGC プログラムには、一流企業のエグゼク
ティブが参加し、著名な企業の代表、専門家、先見性のある人物が議長を務めています。
現在、TGC は毎年 30 を超える部門に対応し、銀行業務、金融サービス、保険、IT/ITES-BPO、
電気通信、FMCG、小売、
農業、製薬、製造など、主要な業種をカバーしています。
TGC の主なプロジェクト:
・The Economic Times Banking Technology Conclave:銀行業界の最新の展開、
トレンド、
課題を扱います。
・The Brand Equity Compass:常に変化するビジネスシナリオ向けの画期的なマーケティング戦略を
紹介します。
・The Economic Times Financial Inclusion Summit:銀行口座を開設できない層に対する銀行業務に
関する最新の展開について論議します。
・The Times of India HR Forum:人材管理や他の人事の課題について論議します。
・The Economic Times Energise India:インドのエネルギー部門について論議します。
・The Economic Times Realty Convention:インドの不動産部門に焦点を当てています。
詳細については、[email protected] にメールでご連絡くださるか、www.timesgreycell.com をご
覧ください。
Times Red Cell: Breathing とは「ブランドに活力を与える方法」
Times Red Cell(TRC)
は、ブランドマネージャーとメディアプランナーのマーケティングキャンペーンに新風を吹
き込みます。赤血球のようにクライアントのブランドマーケティングプランにイノベーションという酸素を送り込むの
が TRC の役割です。
各クライアントとコアビジネスを把握したクリエイティブチームを擁する TRC ボードが、クライアント独自のマーケ
ティングニーズに応えるカスタマイズされたプログラムを概念化して設計します。TRC はショッピングモールでのエ
キサイティングなイベント、クイズ、販売説明会から、スポーツ関連のプログラム、ショッピングフェスティバル、CSR
ベースのコミュニティ活動など、さまざまな 360 度のの統合型ソリューションを提供します。これにより、TRC は
Lavasa、MetLife、Cadbury's、Tatas、Citibank、BPCL、Panasonic、Maruti、Acer などを初めとするク
ライアントに優れたサービスを提供しています。
TRC の主なプロジェクト:
・Lavasa Women's Drive:国際女性デーに向けた女性のためのエキサイティングなカーラリー。
・I Want to Be an Editor:TOI 編集者になりたい子供のための全国的な活動。
・Tata Essay Competition:学生のための全国的な作文コンテスト。
・Bournvita Confident Minds Callenge:学生達の時事問題に関する知識と信頼性のレベルをテストする
インド全国規模のコンテスト。
・ET Citi Grandmasters:初のビジネススクール向け小テスト。
・Times Swranotsav:ディーワーリー中に開催される Gold Shopping フェスティバル。
・Times Big Rewards:あらゆる製品セグメントの主要ブランドをカバーする大規模なショッピング
フェスティバル。
・Maruti Big Idea Challenge:新興の起業家向けの全国的なチャレンジ。
コンファレンス
Times Group はメディアスペースだけでなく、幅広い人々に知識を提供するさまざまな試みでも、先見的なア
プローチを行っていることで知られています。
「The Times of India」や「The Economic Times」など、
さまざまな出版物だけでなく、プロフェッショナルフォーラム、セミナー、シンポジウムによっても情報 / ニュー
ス / 分析を強化しています。
2000 年からの 10 年間はビジネスを含めて、激動の 10 年でした。テクノロジー関連の株価暴落から始まり、
9/11 のテロ、世界的な金融危機とビジネスは数え切れないほどの状況の急変による打撃を受けてきました。こ
のような状況でビジネスリーダーに必要なのは、素早く反応する能力です。このときにどのような情報が必要かと
言えば、ビジネス環境に新たに出現するトレンドに対する明快で偏見のない分析であると言えるでしょう。このよ
う な 場 合 に 頼 り に な る の が The Economic Times(ET)の 事 業 調 査 部 門、ET Intelligence Group
(ETIG)です。ETIG は、インドのニュースと分析の両方で最先端の調査を行う唯一の調査会社です。マクロ経済、
業種別調査、株式調査など、あらゆる分野に対応する調査機能を持つ ETIG は、インド人のビジネスに役立つ経済
学的調査と業種別調査を目指しています。ETIG の任務は、The Economic Times の信条「知識の力」をさら
に追求することです。
このようなナレッジエンパワーメントに向けた取り組みで、Economic Times Intelligence Group は
「ETIG Knowledge Forum」という名称でビジネスに関するトピックについて、セミナーやパネルディス
カッションを開催しています。100 名を超える中間管理職や上級管理職の方々はすべて招待ベースで参加してい
ます。
セッションは 1 ~ 2 時間の集中的なディスカッション向けに設計されています。各分野の経験豊富なパネリスト
は、慎重な配慮のもとに選ばれた専門家です。ETIG は質の高いディスカッションやマルチメディア全般(印刷物、
テレビ、インターネット)への対応、さらに特別に設計されたホワイトペーパーなどで、参加者の体験の強化や補
完に努めています。
ETIG Knowledge Forum は企業戦略、マーケットに関する知識、職務とプロセスに関する問題、ベストプラ
クティスなど、多様な角度からビジネスに関する知識を追求すると共に、業種や会社の枠を超えた CXO との情
報交換を可能にするユニークなチャンスを提供しています。
Times Private Treaties | アイデアの連携、成長の加速
広告主のビジネスの成長を支援する取り組みとして、インドの法人部門のブランドへの投資、連携、可能性を見い
だすための画期的なアプローチ、Times Private Treaties をご紹介します。
Times Private Treaties とは、インドで国際的レベルのブランドの作成に重点を置く、将来有望な企業との
連携です。
目的はブランド開発への投資の触媒となり、イノベーションを誘発し、インドの起業家精神を刺激すると共に、広
告でリスクを共有することです。
TPT のファシリテーション:
ブランドの構築にはリソースが必要ですが、予算を制限すると望ましい指数関数的成長ではなく、有機的成長が引
き起こされる可能性があります。Times Private Treaties は広告を通じて、会社のブランド成長のみに集中
するため、連携を行うことで会社はリソースを拡張計画や製品の紹介に理想的に活用できます。
TPT のイノベーティブなアプローチによって、投資対象の会社には株式と引き替えに広告機能が提供されるた
め、流動性には影響がありません。この方法により、TPT は投資対象の会社のビジネスのリスクとメリットを共有
し、話題性とマーケットでより高いシェアを達成できるようにサポートします。
ブランドメッセージを伝えるのに最もふさわしい場は Times Private Treaties です。
新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、オンライン、屋外広告を活用する BCCL Group はリーチに優れ、ほぼインド全土の
対象者にアクセスすることができます。BCCL の広告媒体には、世界第 1 位の英字日刊紙、インド第 1 位の経済
日刊紙、インド第 1 位のヒンディー語の日刊紙、インドの大手 FM ネットワーク、地方日刊紙、インド第 1 位の女
性誌、インド第 1 位の映画雑誌、テレビチャンネルなどが含まれています。
パワフルなブランドが企業価値の向上に役立つとお考えであれば、TPT の専任チームにお任せください。
御社のビジネスニーズと抱負を把握したチームが、目標達成に向けてどのような連携が可能かをご提案します。
Times Private Treaties は国内 8 箇所にオフィスがあります。お問い合わせはお近くのオフィスにご連絡
ください。
詳細は www.times.privatetreaties.com をご覧ください。
このパンフレットでは幅広く概要のみをお伝えしているため、詳細については具体的な話し合いが必要です。実際
に御社チームとお会いしてから、お客様に付加価値を提供するという弊社のビジョンに即して、具体的なニーズに
対応する、カスタマイズされた提案をさせていただきます。
御社と実りある連携ができることを楽しみにしております。
詳細については、以下にご連絡ください。
ザ・タイムズ・オブ・インディア 日本媒体代表
株式会社 華報社
〒104-0045
東京都中央区築地 2-10-6 BPS スクエア 9F
担当:高見
Tel:03-3547-6333 / Fax:03-3547-6330
E-mail:[email protected]
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
1 325 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content