close

Enter

Log in using OpenID

test page

embedDownload
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
RaspberryPIでNetBSDを使ってみる
特徴
NetBSDをRaspberryPIで利用するために、ディスクイメージを用意しました。
Xが動いて、ご家庭のテレビでmikutterが動きます。
うまく動いたら、動いた記念写真をツイートだ!
fossil(http://www.fossil-scm.org/)も入れてあります。家庭内Webサーバとかチケットシステムとかwikiサーバになるんでないかい。
準備するもの
RaspberryPI本体
HDMI入力のあるテレビ/ディスプレイ
USBキーボード
USBマウス
有線ネットワーク
起動ディスクの作成
ディスクイメージのダウンロード
earmv6hf
# ftp http://cdn.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/jun/raspberry-pi/
2016-07-29-earmv6hf/2016-07-29-netbsd-raspi-earmv6hf.img.gz
2GB以上のSDカードを準備します。
ダウンロードしたディスクイメージを、SDカード上で展開します。
disklabel sd0 ..... 必ずインストールするSDカードか確認してください。
gunzip < 2016-07-29-netbsd-raspi-earmv6hf.img.gz.gz|dd of=/dev/rsd0d bs=1m
Cubieboard2,BananaPI用イメージ
Cubieboard2,BananaPI用のイメージが、 http://cdn.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/jun/allwinner/ 以下にあります。 同じ手
順で起動できます。
ODROID-C1用イメージ
ODROID-C1用のイメージが、 http://cdn.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/jun/odroid_c1/ 以下にあります。 同じ手順で起動で
きます。
RaspberryPIの起動
1. HDMIケーブル/USBキーボード/USBマウス/有線ネットワークをRPIにさします。
2. 電源を入れてRPIを起動します。
3. 少し待つと、HDMIからNetBSDの起動メッセージが表示されます。
4. メモリカードの容量にあわせたサイズまでルートパーティションを自動調整します。(現在、RPI2では自動調整プログラムの起動が失
敗します)
5. 容量調整後に再起動します。再起動した後は、起動プロセスが最後まで進み、ログインできる状態になります。
6. 起動しない場合、まず基板上のLEDを確認してください。
赤いランプのみ点灯している場合
OSを正しく読み込めていません。
少なくともMSDOS領域に各種ファームウェアファイルが見えていることを確認する。
SDカードの接触不良の可能性があるので、SDカードを挿しなおしてみる。
ファームウェアが古いため起動しない
緑のランプも点灯している場合
OSは起動しているのに画面をHDMIに表示できていません。
HDMIケーブルを差した状態で電源ケーブルを抜き差しして、HDMIディスプレイに何か表示するか確認する。
HDMIケーブル自体の接触不良。ケーブルを何度か差し直してください。
電源アダプタ容量には、少なくとも800mA程度の容量を持つアダプタを使ってみてください。スマートフォン用のアダプタなら
まず大丈夫です。起動途中で画面が一瞬消えたり、負荷をかけるといきなり再起動したりする場合は、電源やUSBケーブルを気
にしてみてください。
1 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
ログイン
rootでログインできます。rootアカウントではリモートからログインすることはできません。
login: root
startxでicewmが立ち上がります。
# startx
mikutterを使ってみよう
xtermからdilloとmikutterを起動します。
# dillo &
# mikutter &
しばらく待ちます。
mikutterの認証画面がうまく出たら、httpsからはじまるURLをクリックするとdilloが起動します。
twitterのIDとパスワードを入力すると、pin番号が表示されます。pin番号をmikutterの認証画面に入力します。
しばらくすると、mikutterの画面が表示されます。表示されるはずです。落ちてしまう場合は時計が合っているか確認してくださ
い。
漢字は[半角/全角]キーを入力すると漢字モードに切り替わります。anthyです。
青い鳩を消したいとき:mikutterのプラグインを試してみる
% touch ~/.mikutter/plugin/display_requirements.rb
すると、鳩が消えます。 mikutterはプラグインを組み込むことで、機能を追加できる自由度の高いtwitterクライアントです。プラグイ
ンに関しては、「mikutterの薄い本 プラグイン」で検索してみてください。
fossilを使ってみよう
fossilは、Wiki/チケット管理システム/HTTPサーバ機能を持つ、コンパクトなソースコード管理システムです。fossilバイナリひとつと、
リポジトリファイルひとつにすべての情報が集約されています。ちょっとしたメモをまとめたりToDoリストを簡単に管理できます。
% fossil help
Usage: fossil help COMMAND
Common COMMANDs: (use "fossil help -a|--all" for a complete list)
add
changes
finfo
merge
revert
tag
addremove
clean
gdiff
mv
rm
timeline
all
clone
help
open
settings
ui
annotate
commit
import
pull
sqlite3
undo
bisect
diff
info
push
stash
update
branch
export
init
rebuild
status
version
cat
extras
ls
remote-url sync
% fossil init sample-repo
project-id: bcf0e5038ff422da876b55ef07bc8fa5eded5f55
server-id: 5b21bd9f4de6877668f0b9d90b3cff9baecea0f4
admin-user: jun (initial password is "f73efb")
% ls -l
total 116
-rw-r--r-- 1 jun users 58368 Nov 14 18:34 sample-repo
% fossil server sample-repo -P 12345 &
ブラウザでポート12345にアクセスし、fossil initを実行した時のユーザとパスワードでログインします。
キーマップの設定を変更する
ログインした状態でのキーマップは/etc/wscons.confで設定します。
encoding jp.swapctrlcaps .... 日本語キーボード,CtrlとCAPSを入れ替える。
Xでのキーマップは.xinitrcで設定します。
setxkbmap -model jp106 jp -option ctrl:swapcap
コンパイル済パッケージをインストールする
コンパイルしたパッケージを以下のURLに用意しました。
2 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
% cat /etc/pkg_install.conf
PKG_PATH=http://cdn.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/jun/raspberry-pi/earmv6hf/2016-07-29
パッケージのインストール
pkg_addコマンドで、あらかじめコンパイル済みのパッケージをインストールします。関連するパッケージも自動的にインス
トールします。
# pkg_add zsh
パッケージの一覧
pkg_infoコマンドで、インストールされているパッケージの一覧を表示します。
# pkg_info
パッケージの削除
# pkg_delete パッケージ名
/usr/pkgsrcを使ってみよう
たとえばwordpressをコンパイル/インストールする時には、以下の手順で行います。
#
#
#
#
#
#
#
#
cd /usr/
ls /usr/pkgsrc
... 上書きしてしまわないか確認
ftp http://cdn.netbsd.org/pub/pkgsrc/current/pkgsrc.tar.gz
tar tzvf pkgsrc.tar.gz |head ... アーカイブの内容確認
tar xzvf pkgsrc.tar.gz
ls /usr/pkgsrc
cd /usr/pkgsrc/www/php-ja-wordpress
make package-install
# cd /usr/pkgsrc
# cvs update -PAd
パッケージ管理
pkg_chk コマンドを使って、インストールしたパッケージを管理してみましょう。あらかじめpkgsrcの内容を更新しておきま
す。どこからパッケージファイルを取得するかは、/etc/pkg_install.confのPKG_PATHに書いておきます。
#
#
#
#
pkg_info
pkg_chk -g
pkg_chk -un
pkg_chk -u
...
...
...
...
インストールしているパッケージ名と概要を出力します。
使っているパッケージの一覧を/usr/pkgsrc/pkgchk.confに作ってくれます。
パッケージをアップデートします。(nオプション付きなので実行はしません)
パッケージをアップデートします。
ユーザー作成
# useradd -m jun
# passwd jun
root権限で作業するユーザーの場合:
# useradd -m jun -G wheel
# passwd jun
サービス起動方法
/etc/rc.d以下にスクリプトがあります。dhcpクライアント(dhcpcd)を起動してみます。
テスト起動:
/etc/rc.d/dhcpcd onestart
テスト停止:
/etc/rc.d/dhcpcd onestop
正しく動作することが確認できたら/etc/rc.confに以下のとおり指定します。
3 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
dhcpcd=YES
/etc/rc.confでYESに指定したサービスは、マシン起動時に同時に起動します。
起動:
/etc/rc.d/dhcpcd start
停止:
/etc/rc.d/dhcpcd stop
再起動:
/etc/rc.d/dhcpcd restart
vnconfigでイメージ編集
NetBSDの場合、vnconfigコマンドでイメージファイルの内容を参照できます。
# vnconfig vnd0 2016-07-29-netbsd-raspi-earmv6hf.img.gz
# vnconfig -l
vnd0: /usr (/dev/wd0e) inode 53375639
# disklabel vnd0
:
8 partitions:
#
size
offset
fstype [fsize bsize cpg/sgs]
a:
3428352
385024
4.2BSD
0
0
0 # (Cyl.
188 b:
262144
122880
swap
# (Cyl.
60 c:
3690496
122880
unused
0
0
# (Cyl.
60 d:
3813376
0
unused
0
0
# (Cyl.
0 e:
114688
8192
MSDOS
# (Cyl.
4 # mount_msdos /dev/vnd0e /mnt
# ls /mnt
LICENCE.broadcom
cmdline.txt
fixup_cd.dat
start.elf
bootcode.bin
fixup.dat
kernel.img
start_cd.elf
# cat /mnt/cmdline.txt
root=ld0a console=fb
#fb=1280x1024
# to select a mode, otherwise try EDID
#fb=disable
# to disable fb completely
1861)
187)
1861)
1861)
59)
# umount /mnt
# vnconfig -u vnd0
HDMIじゃなくシリアルコンソールで使うには
MSDOS領域にある設定ファイルcmdline.txtの内容を変更してください。
https://raw.github.com/Evilpaul/RPi-config/master/config.txt
fb=1280x1024
fb=disable
# to select a mode, otherwise try EDID
# to disable fb completely
起動ディスクを変えるには
MSDOS領域にある設定ファイルcmdline.txtの内容を変更してください。
root=sd0a console=fb ←ld0をsd0にするとUSB接続したディスクから起動します
最小構成のディスクイメージ
NetBSD-currentのディスクイメージに関しては、以下の場所にあります。日付の部分は適宜読み替えてください。
# ftp://nyftp.netbsd.org/pub/NetBSD-daily/HEAD/201502042230Z/evbarm-earmv6hf/binary/gzimg/rpi_inst.bin.gz
# gunzip < rpi_inst.bin.gz |dd of=/dev/rsd3d bs=1m .... sd3にコピー。
RaspberryPIにsdカードを差して、起動すると、# プロンプトが表示されます。
# sysinst
.... NetBSDのインストールプログラムが起動します。
X11のインストール
rpi.bin.gzからインストールした場合、Xは含まれていません。追加したい場合は、
ftp://nyftp.netbsd.org/pub/NetBSD-daily/HEAD/201310161210Z/evbarm-earmv6hf/binary/sets/ 以下にあるtarファイルを展開しま
す。tarで展開するときにpオプションをつけて、必要な権限が保たれるようにしてください。
4 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
tar xzpvf xbase.tar.gz -C /
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
.... pをつける
クロスビルドの方法
ソースファイル展開
./build.sh -U -m evbarm -a earmv6hf release
earm{v[4567],}{hf,}{eb} earmv4hf
http://mail-index.netbsd.org/tech-kern/2013/11/12/msg015933.html
acorn26
armv2
acorn32
armv3 armv4 (strongarm)
cats shark netwinder
armv4 (strongarm)
iyonix
armv5
hpcarm
armv4 (strongarm) armv5.
zaurus
armv5
evbarm
armv5/6/7
外付けUSB端子
NetBSDで利用できるUSBデバイスは利用できる(はずです)。電源の制約があるので、十分に電源を供給できる外付けUSBハブ
経由で接続したほうが良いです。動作しているRPIにUSBデバイスを挿すと、電源の関係でRPIが再起動してしまう場合があり
ます。その場合、電源を増強する基板を利用する方法もあります。
外付けSSD
コンパイルには、サンディスク X110 Series SSD 64GB(読込 505MB/s、書込 445MB/s) SD6SB1M-064G-1022I を外付け
ディスクケース経由で使っています。NFSが使える環境なら、NFSを使い、pkgsrcの展開をNFSサーバ側で実行する方法もあり
ます。RPIにSSDを接続した場合、OSの種類と関係なく、RPI基板の個体差により、SSDが壊れる場合があるので十分注意して
ください。
液晶ディスプレイ
液晶キット( http://www.aitendo.com/page/28 )で表示できています。
aitendoの液晶キットはモデルチェンジした新型になっています。 On-Lap 1302でHDMI出力を確認できました。 HDMI-VGA変換ケーブル
を利用する場合、MSDOS領域にある設定ファイルcmdline.txtで解像度を指定してください。
https://twitter.com/oshimyja/status/399577939575963648
とりあえずうちの1024x768の液晶の場合、 hdmi_group=2 hdmi_mode=16 の2行をconfig.txtに書いただけ。なんと単純。disable_borderはあってもなくても関
inode
inodeが足りない場合は、ファイルシステムを作り直してください。
# newfs -n 500000 -b 4096 /dev/rvnd0a
bytebench
おおしまさん(@oshimyja)がbytebenchの結果を測定してくれました。
https://twitter.com/oshimyja/status/400306733035184129/photo/1
/400303304573341696/photo/1
https://twitter.com/oshimyja/status
壁紙
おおしまさん(@oshimyja)ありがとうございます。
http://www.yagoto-urayama.jp/~oshimaya/netbsd/Proudly/2013/
–
パーティションサイズをSDカードに合わせる
2GB以上のSDカードを利用している場合、パーティションサイズをSDカードに合わせることができます。この手順はカードの内容が消
5 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
えてしまう可能性もあるため、重要なデータはバックアップをとるようにしてください。
手順は、http://wiki.netbsd.org/ports/evbarm/raspberry_pi/ のGrowing the root file-systemにあります。
シングルユーザでの起動
1. /etc/rc.confのrc_configured=YESをNOにして起動します。
2. 戻すときはmount / ;vi /etc/rc.conf でNOをYESに変更してrebootします。
参考URL
http://wiki.netbsd.org/ports/evbarm/raspberry_pi/
NetBSD Guide http://www.netbsd.org/docs/guide/en/
NetBSD/RPiで遊ぶ(SDカードへの書き込み回数を気にしつつ) http://hachulog.blogspot.jp/2013/03/netbsdrpisd.html
http://www.raspberrypi.org/phpBB3/viewforum.php?f=86 NetBSDフォーラム
http://www.raspberrypi.org/phpBB3/viewforum.php?f=82 日本語フォーラム
RaspberryPIでNetBSDを使ってみる(omxplayerとか)
omxplayer
RaspberryPIにはGPUが載っていて、動画再生ソフトのomxplayer(https://github.com/popcornmix/omxplayer)をNetBSDでも使うことが
できます。 pkgsrc/multimedia/omxplayer です。
# pkg_add omxplayer
youtube-dlのインストール
youtube-dl(http://rg3.github.io/youtube-dl/)もインストールしてみましょう。 pkgsrc/net/youtube-dl です。
# pkg_add youtube-dl
youtube-dlとomxplayerで動画再生
youtube-dl経由でダウンロードしたビデオをomxplayerで再生してみます。 スペースキーで一時停止、qで終了します。
# youtube-dl https://www.youtube.com/watch?v=wG8ZCC8IwvM
# omxplayer *.mp4
livestreamerをインストールしてみる
ストリームを再生するためのコマンドラインユーティリティ livestreamer(http://livestreamer.tanuki.se/)をインストールしてみましょ
う。 pkgsrc/wip/livestreamerにもありますが、Pythonのpip経由をつかってみます。
# pkg_add py27-pip
# pip2.7 install livestreamer
livestreamer経由のストリーム再生
youtubeのビデオを、livestreamer経由でストリーム再生してみましょう。コマンドラインでプレーヤーと再生品質を指定して、
livestreamerを起動します。crontabで起動するようにすると、定期的にビデオ再生をするシステムを簡単に作ることができます。
# livestreamer --player omxplayer --fifo --yes-run-as-root https://www.youtube.com/watch?v=wG8ZCC8IwvM --default-stream best
RaspberryPIでNetBSDを使ってみる(Xfceとか)
startxと.xinitrc
コマンドプロンプトからstartxコマンドを実行すると、icewmが起動するように なっています。
# startx
このイメージの/root/.xinitrcは以下のURLにあります。
6 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
https://github.com/ebijun/NetBSD/blob/master/RPI/RPIimage/root/.xinitrc
順番にざっとみてみましょう。 このあたりで、日本語キーボードに設定しています。 オプションにctrl:swapcapsと指定すると、コント
ロールキーとCAPSキーを入れ替えます。
#set keyboard layout
#setxkbmap -layout jp -option ctrl:swapcaps
setxkbmap -model jp106 jp
次に、日本語入力の設定です。uim経由で入力できるように、環境変数XMODIFIERSを 設定します。uimの設定を細かく指定したい時は、
uim-pref-gtkというアプリケーションを 起動して変更します。
uim-xim &
# To select input method via uim-pref-gtk userinterface.
# uim-pref-gtk
export [email protected]=uim
もし、デスクトップ環境としてxfce4を使うときにはコメントアウトしてあるstartxfce4の #をはずせば、ここでXfce4を起動できます。
ディスク容量の関係でXfceをイメージには入れて いないので、この後追加してみましょう。
#to install: pkg_add xfce4
#startxfce4;exit
icewmを使うときにはこのまま進みます。背景の色はxsetrootで決められます。 バックグラウンドでの画像表示はxsetbgを使っています
が、icewmの設定ファイルでも 指定できます。
xsetroot -bg black -grey
#kterm -geometry 80x25+0+0 -fk k14 -fn a14 -fr r14 -km euc&
xsetbg NetBSD.png
mikutterを使いはじめるとき、twitterの認証画面をWebブラウザで表示します。 デフォルトのブラウザをdilloに指定しておくと、クリッ
クしただけでdilloが 起動します。
#for mikutter , click and start browser.
export BROWSER=dillo
あとは、icewmが入っていればicewmを。なければtwmを起動します。
xterm
-geometry 80x25+0+0 &
if [ -f /usr/pkg/bin/icewm ]; then
icewm
else
twm
fi
Xfce4をインストールする
pkg_addコマンドでXfce4をインストールしてみましょう。正常に終わればXfce4がインストールできています。
pkg_add xfce4
.xinitrcでコメントアウトされていたstartxfce4の行の#をはずして、startxコマンドを 実行してみましょう。画面が真っ黒になってびびり
ますが、そのまま待っているとねずみちゃんの ような何かが表示されます。
Firefoxもインストールしてみる
うまくいったらfirefoxもインストールしてみましょう。正常に終わればfirefoxがインストールできています。
pkg_add firefox
pkg_add firefox-l10n
コンパイル済みパッケージのありか
このイメージではpkg_addコマンドでコンパイル済みパッケージをインストールできるようにしています。 コンパイル済みイメージの場
所は、/etc/pkg_install.confに書いてあります。 そこにはftp://ftp.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/jun/raspberry-pi/earmv6hf/2015-11-26/
のようなURLがかいてあります。自分でコンパイルしたパッケージを使う場合は、この部分を書き換えて みてください。
7 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
RaspberryPIでNetBSDを使ってみる(イメージ作成)
Raspberry PIのイメージをつくろう
Raspberry PIで動くイメージファイルの作り方を説明します。
ISOイメージ取得
NetBSDのISOイメージをダウンロードします。 ダウンロードには、以下のRubyスクリプトを使っています。
https://github.com/ebijun/NetBSD/blob/master/RPI/RPIimage/Image/NewestISO
編集するところ:ftpサーバを選ぶ
FTP="nyftp.netbsd.org"
#FTP="ftp.jp.netbsd.org"
#FTP="ftp7.jp.netbsd.org"
編集するところ: アーキテクチャ選択
#ARCH="earmv7hf"
ARCH="earmv6hf"
#ARCH="earm"
コマンドを実行すると、指定したftpサーバが持っている最新のイメージをダウンロードするためのスクリプトを生成します。
$ ./NewestISO
ftp ftp://nyftp.netbsd.org/pub/NetBSD-daily/HEAD/201511241720Z/images/NetBSD-7.99.21-evbarm-earmv6hf.iso
mv NetBSD-7.99.21-evbarm-earmv6hf.iso ./NetBSD-7.99.21-evbarm-earmv6hf-201511241720Z.iso
コマンドの出力結果をshに渡すとダウンロードを実行します。
$ ./NewestISO |sh
ダウンロードがうまくいくと、以下のようなisoイメージをダウンロードできます。
NetBSD-7.99.21-evbarm-earmv6hf-201511241720Z.iso
イメージ作成用Makefile
イメージファイルを作るためにMakefileを作っています。
https://github.com/ebijun/NetBSD/blob/master/RPI/RPIimage/Image/Makefile
編集するところ: イメージファイルの置き場所とかを指定します。
ARCH=earmv6hf
#ARCH=earmhf
#ARCH=earm
PKG_PATH=ftp://ftp.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/jun/raspberry-pi/${ARCH}/2015-11-14/
# iso file information
IMAGE=/usr/release/images/NetBSD-7.99.21-evbarm-${ARCH}-201511091610Z.iso
PKGSRC=../../../pkgsrc/pkgsrc-2015Q3.tar.gz
make を実行するとイメージファイルができます。 make releaseを実行すると、初期設定ファイル等をコピーします。 make pkgを実行
すると、パッケージをインストールするための準備ができます。
# make
# make release
# make pkg
./Copy を実行して、パッケージをSDカードにコピーします。
https://github.com/ebijun/NetBSD/blob/master/RPI/RPIimage/Image/Copy より:
DEVICE=rsd2d
#BOARD=raspi-earm
BOARD=raspi-earmv6hf
#BOARD=raspi-earmv7hf
8 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
COMPRESS=-z
SUFFIX=.gz
#COMPRESS=
#DATE=`date +%Y-%m-%d`
#DATE=2015-11-10
progress $COMPRESS -f ${DATE}-netbsd-${BOARD}.img${SUFFIX} dd of=/dev/${DEVICE} bs=4m
RPIでパッケージのインストール
RPI2にSDカードをさして、ブートするか確認します。rootでログインして、必要なパッケージをインストールします。
cd Package
edit Install
./Install
インストールが終わったら再起動して、fontconfigを実行しておきます。 RPIに差し替えて起動して、dmesgを出力しておきます。
# dmesg > dmesg ...RPIの場合
# dmesg > dmesg7 ...RPI2の場合
イメージをSDカードから書き戻すためのスクリプトを実行します。
https://github.com/ebijun/NetBSD/blob/master/RPI/RPIimage/Image/03_back
tmp日付ディレクトリにRPI,RPI2のdmesgとpkginfoができます。
一時起動時にできたログファイルを消して、配布用イメージを作ります。
make logclean
make release
./Copy (https://github.com/ebijun/NetBSD/blob/master/RPI/RPIimage/Image/Copy)を実行して、できたイメージをSDカードに書き戻し
ます。RPIにさして起動して、自動リサイズが正しく起動するか確認します。
rootでログインします。startxを実行します。mikutterを起動します。認証し、何かツィートしてみます。 あひる焼きを含む文章をツィー
トして、何か返事があればできあがりです。
http://movapic.com/ebijun/pic/5287850
できたことを知らせる
port-armメーリングリストにリリースメールを書きます。mail-indexに載ったらURLをツィートします。
https://github.com/ebijun/NetBSD/blob/master/RPI/RPIimage/README に書いて、
http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/11/11/msg003550.html
dmesg/pkginfoを書きます。
https://github.com/ebijun/NetBSD/blob/master/dmesg/earmv6hf/RPI
https://github.com/ebijun/NetBSD/blob/master/dmesg/earmv6hf/RPI2
https://github.com/ebijun/NetBSD/blob/master/RPI/RPIimage/pkgsrc/pkginfo
RPIのフォーラムにも投げます。
https://www.raspberrypi.org/forums/viewforum.php?f=86
9 / 48
2015/2/7
2015年に作ったRPIイメージ一覧
http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/02/04/msg002833.html
2015/2/28
http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/02/26/msg002883.html
2015/3/13
http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/03/10/msg002918.html
2015/4/19
http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/04/19/msg003100.html
2015/5/23
http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/05/21/msg003185.html
2015/6/13
http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/06/06/msg003243.html
2015/6/30
http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/06/30/msg003266.html (7.0RC1)
2015/7/4
http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/07/02/msg003268.html
2015/7/30
http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/07/31/msg003351.html (7.0RC2)
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
2015/8/8
http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/08/06/msg003389.html
2015/8/19
http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/08/19/msg003428.html
2015/8/22
http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/08/20/msg003430.html
2015/9/5
http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/09/03/msg003439.html
2015/9/19
http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/09/14/msg003467.html
2015/9/28
http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/09/29/msg003496.html (7.0)
2015/10/3
http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/09/30/msg003497.html
2015/10/25 http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/10/20/msg003534.html
2015/11/7
http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/11/04/msg003546.html
2015/11/14 http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/11/11/msg003550.html
2015/12/27 http://mail-index.netbsd.org/port-arm/2015/12/27/msg003586.html
NetBSDのご紹介
こういうOSが欲しい
世界中にあるコンピュータ、昔の計算機から最近のパソコン、組み込み系まで、身の回りで目についたすべてのコンピュータ
で動くOSは、どのようなものでしょうか?コンピュータに接続できる機器もたくさんあります。手持ちの周辺機器を全部利用
できるOSを考えてみましょう。これまでに利用したことのあるソフトウェアすべてを動かすことのできるOSはどのようなもの
であればよいでしょうか?ソースコードを自由に読んだり、書いたり、引用したり、配布したり、売ったり買ったりできるOS
を、世界中の人々と共同で作るためにはどのような枠組みがあればよいでしょうか?
NetBSD
NetBSDは、4.3/4.4BSD&386BSDベースのOSです。 プロジェクトは1993年3月21日から開始していて、現在も活発に開発が進
んでいます。 60種類以上のハードウェアを、単一ソースツリーでサポートしています。
ハードウェア依存/非依存部分を分離しており、IPv6をはじめとする最新のネットワークプロトコルをサポートしています。
ソースコードは、商用ルータ・プリンタ・家電製品・ゲーム機など、幅広い機器に組み込まれています。 OSとして組み込まれ
ることもあれば、ネットワーク機能など、一部のコードが取り込まれることもあります。
NetBSDのウエブサイトは、http://www.NetBSD.org/ です。
NetBSD全般に関するガイドは、http://www.NetBSD.org/docs/guide/en/ にあります。
BSDライセンス
2 条項 BSD ライセンス
http://www.jp.NetBSD.org/ja/about/redistribution.html
Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following
conditions are met:
1. Redistributions of source code must retain the above copyright notice, this list of conditions and the following
disclaimer.
2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions and the following
disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.
2条項BSDライセンス(訳)
http://www.jp.NetBSD.org/ja/about/redistribution.html
ソースおよびバイナリー形式の再配布および使用を、変更の有無にかかわらず、 以下の条件を満たす場合に認める:
1. ソースコードの再配布においては、上記の著作権表示、この条件の列挙、下記の注意書きを残すこと。
2. バイナリー形式の再配布においては、上記の著作権表示、この条件の列挙、下記の注意書きを、 配布物に附属した文書お
よび/または他のものに再現させること。
このライセンスの前には著作権表示そのものが付きます。この後には注意書きが付き、このソフトウェアに関して問題が生じ
ても、作者は責任を負わないと述べます。
BSDライセンスとNetBSD
NetBSDのソースコードを自由に売ることができます。 NetBSDのソースコードから作ったバイナリを売ることもできます。バ
イナリのソースコードを公開する義務はありません。
10 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
ライセンス条項が異なるソースを分離する
NetBSDの配布物には、2 条項 BSD ライセンスのソースコードで書かれているソフトウェアと、そうでないソフトウェアが含ま
れています。NetBSDでは、ライセンス条項が違うソースコードをディレクトリごとに分けて管理しています。
% ls /usr/src/external/
CVS
atheros
Makefile
broadcom
README
bsd
apache2
cddl
gpl2
gpl3
historical
ibm-public
intel-fw-eula
intel-fw-public
lgpl2
lgpl3
mit
public-domain
realtek
zlib
単一ソースツリー
NetBSDは、単一ソースツリーで15種類のCPUアーキテクチャと58種類以上のプラットホームで動きます。
% ls /usr/src/sys/arch
CVS
bebox
Makefile
cats
README
cesfic
acorn26
cobalt
acorn32
dreamcast
algor
emips
alpha
epoc32
amd64
evbarm
amiga
evbmips
amigappc
evbppc
arc
evbsh3
arm
evbsh5
atari
ews4800mips
hp300
hp700
hpc
hpcarm
hpcmips
hpcsh
hppa
i386
ia64
ibmnws
iyonix
landisk
luna68k
m68k
mac68k
macppc
mips
mipsco
mmeye
mvme68k
mvmeppc
netwinder
news68k
newsmips
next68k
ofppc
pmax
powerpc
prep
rs6000
sandpoint
sbmips
sgimips
sh3
sh5
shark
sparc
sparc64
sun2
sun3
sun68k
usermode
vax
x68k
x86
xen
zaurus
ソースコードからNetBSDをコンパイルする
ソースコードからNetBSDのインストールCDをコンパイルしてみましょう。
ダウンロード
ソースコードをダウンロードします。
% ftp ftp://ftp.jp.NetBSD.org/pub/NetBSD/NetBSD-current/tar_files/src.tar.gz
展開
ソースコードを展開します。
% tar xvzf src.tar.gz
コンパイル
ここではbuild.shを利用して、i386用のバイナリを作ってみます。
-U
スーパーユーザー以外の権限でコンパイルするときに指定します。
-m 機種種類
どの機種向けの実行ファイルを作るのか指定します。
% cd src
% ./build.sh -U -m i386 release
:
===> Successful make release
===> build.sh ended:
Tue Jul 2 15:37:03 JST 2013
===> Summary of results:
build.sh command:
./build.sh -U -m i386 release
build.sh started:
Tue Jul 2 17:38:40 JST 2013
NetBSD version:
6.99.22
MACHINE:
i386
MACHINE_ARCH:
i386
Build platform:
Linux 2.6.32-358.11.1.el6.centos.plus.x86_64 x86_64
11 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
HOST_SH:
/bin/sh
No $TOOLDIR/bin/nbmake, needs building.
Bootstrapping nbmake
MAKECONF file:
/etc/mk.conf (File not found)
TOOLDIR path:
/home/jun/NetBSD/src/obj/tooldir.Linux-2.6.32-358.11.1.el6.centos.plus.x86_64-x86_64
DESTDIR path:
/home/jun/NetBSD/src/obj/destdir.i386
RELEASEDIR path:
/home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir
Created /home/jun/NetBSD/src/obj/tooldir.Linux-2.6.32-358.11.1.el6.centos.plus.x86_64-x86_64/bin/nbmake
Updated makewrapper: /home/jun/NetBSD/src/obj/tooldir.Linux-2.6.32-358.11.1.el6.centos.plus.x86_64-x86_64/bin/nbmake-i386
Successful make release
build.sh ended:
Tue Jul 2 19:37:03 JST 2013
===> .
コンパイルが正常に終了しました。NetBSD/i386のファイルができています。
% ls /home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir/i386
INSTALL.html INSTALL.more INSTALL.ps INSTALL.txt binary installation
$ ls /home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir/i386/binary/sets/
MD5
etc.tgz
kern-XEN3PAE_DOM0.tgz man.tgz
text.tgz
SHA512
games.tgz
kern-XEN3PAE_DOMU.tgz misc.tgz
base.tgz kern-GENERIC.tgz
kern-XEN3_DOM0.tgz
modules.tgz
comp.tgz kern-MONOLITHIC.tgz kern-XEN3_DOMU.tgz
tests.tgz
次に、OSのCD-ROMイメージを作ってみましょう。
% ./build.sh -U -m i386 iso-image
:
RELEASEDIR path:
/home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir
:
Successful make iso-image
正常に終了すると、NetBSD/i386のCD-ROMイメージができています。このイメージは、VirtualBoxなどでも利用できます。
$ ls /home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir/images/
NetBSD-6.99.22-i386.iso
..... CDROMイメージができました!
次に、USBメモリに書き込むとブートするインストールイメージを作ってみましょう。
% ./build.sh -U -m i386 install-image
RELEASEDIR path:
/home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir
:
Successful make install-image
$ ls /home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir/images/
MD5 NetBSD-6.99.22-i386-install.img.gz NetBSD-6.99.22-i386.iso SHA512
...... USBメモリにコピーするとインストールできるイメージができました!
次に、USBメモリに書き込むとそのまま使えるLiveイメージを作ってみましょう。
% ./build.sh -U -m i386 live-image
RELEASEDIR path:
/home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir
$ ls /home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir/images/
MD5
NetBSD-6.99.22-i386-install.img.gz
NetBSD-6.99.22-i386-live-sd0root.img.gz ... liveイメージができました!
NetBSD-6.99.22-i386-live-wd0root.img.gz
NetBSD-6.99.22-i386.iso
SHA512
X11も作ってみる
X11を含んだ形のCD-ROMイメージを作ってみましょう。
% cd ..
% ls
src src.tar.gz
% ftp ftp://ftp.jp.NetBSD.org/pub/NetBSD/NetBSD-current/tar_files/xsrc.tar.gz
% tar xzvf xsrc.tar.gz
% ls
src src.tar.gz xsrc xsrc.tar.gz
% cd src
% ./build.sh -U -u -X ../xsrc -x -m i386 release
-u オプション: 初期化しない
-X [パス名] : Xを作る。パス名を指定しない場合/usr/xsrc
12 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
Xのコンパイルができました。X関連のtgzファイルができています。
% $ ls /home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir/i386/binary/sets
MD5
games.tgz
kern-XEN3_DOM0.tgz tests.tgz xfont.tgz
SHA512
kern-GENERIC.tgz
kern-XEN3_DOMU.tgz text.tgz xserver.tgz
base.tgz kern-MONOLITHIC.tgz
man.tgz
xbase.tgz
comp.tgz kern-XEN3PAE_DOM0.tgz misc.tgz
xcomp.tgz
etc.tgz
kern-XEN3PAE_DOMU.tgz modules.tgz
xetc.tgz
Xを含むCD-ROM/起動イメージを作ってみましょう。
% ./build.sh -U -u -m i386 iso-image
% ./build.sh -U -u -m i386 install-image
% ./build.sh -U -u -m i386 live-image
% ls ls /home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir/images/
MD5
NetBSD-6.99.22-i386-install.img.gz
NetBSD-6.99.22-i386-live-sd0root.img.gz
NetBSD-6.99.22-i386-live-wd0root.img.gz
NetBSD-6.99.22-i386.iso
SHA512
X Window システムの初期設定
X Windowシステムも含めてインストールした場合、以下の手順で設定ファイルを作ります。
%
#
#
%
%
su root
.... root権限で実行します。
X -configure
.... /root/xorg.conf.new ができます。
mv /root/xorg.conf.new /etc/X11/xorg.conf
startx
.... twmの画面が出てくれば成功です!twm!twm!
xeyes &
.... 浮動小数点チェック:ちゃんと目が回るかな?
.xinitrc のコピー
cp /etc/X11/xinit/xinitrc ~/.xinitrc
キーボードレイアウトの変更
コンソール画面ではwsconsを利用して、キーボードレイアウトを変更します。
% more /etc/wscons.conf
:
# Select a kernel builtin keyboard map by uncommenting the following line and
# altering the country code to your requirements
# (choose from user, us, uk, be, cz, dk, nl, fi, fr, de, gr, hu, it, jp, no,
# pl, pt, ru, es, sv, sf, sg, ua)
# See wsconsctl(8), pckbd(4), ukbd(4) etc. for more details.
#encoding us.swapctrlcaps
encoding jp.swapctrlcaps
.... この行を追加します
X Window システムでは、setxkbmapコマンドを利用して、レイアウトを切り替えます。
setxkbmap -model jp106 jp -option ctrl:swapcap
外部ディスプレイへの出力切り替え
外部ディスプレイへの出力は、xrandrコマンドで行います。xrandrを実行すると、X画面が表示されますが、色がおかしい場
合、コンソールを一度、X以外に切り替えてからX画面に戻ると正しく表示されます。うまく切り替わらない場合は、/etc
/rc.confに、wscons=YESが指定してあるか確認してください。
% grep wscons /etc/rc.conf
wscons=YES
% xrandr --auto
... 外部ディスプレイ端子に出力されます。
Control+Alt+F4 を押して、コンソール画面に切り替えます。
Control+Alt+F5 を押して、X画面に戻ります。
ネットワーク設定
13 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
DHCPでつないでみる
# dhcpcd ale0
無線LANの設定(WEP)
# ifconfig ath0 up
# ifconfig ath0 ssid "SSIDをここに書く" nwkey "WEPキーをここに書く"
無線LANの設定(WPA-PSK)
% cat wpa.conf
ctrl_interface=/var/run/wpa_supplicant
ctrl_interface_group=wheel
network={
ssid="SSIDをここに書く"
scan_ssid=1
key_mgmt=WPA-PSK
psk="pskをここに書く"
}
# /usr/sbin/wpa_supplicant -B -i athn0 -c wpa.conf
# dhcpcd athn0
rc.d
# ls /etc/rc.d
DAEMON
downinterfaces ldpd
DISKS
envsys
local
LOGIN
fccache
lpd
NETWORKING
fsck
lvm
RCS
fsck_root
makemandb
SERVERS
ftp_proxy
mdnsd
accounting
ftpd
mixerctl
altqd
gpio
mopd
amd
hostapd
motd
apmd
httpd
mountall
bluetooth
identd
mountcritlocal
bootconf.sh
ifwatchd
mountcritremote
bootparams
inetd
mountd
ccd
ipfilter
moused
cgd
ipfs
mrouted
cleartmp
ipmon
named
cron
ipnat
ndbootd
dbus
ipsec
network
devpubd
irdaattach
newsyslog
dhclient
iscsi_target
nfsd
dhcpcd
isdnd
nfslocking
dhcpd
isibootd
npf
dhcrelay
kdc
ntpd
dmesg
ldconfig
ntpdate
# cat /etc/rc.conf
:
wscons=YES
rtclocaltime=YES
hostname=yourhostname.example.com
ip6mode=autohost
rtsol=YES
sshd=YES
powerd=YES
dbus=YES
perusertmp
pf
pf_boot
pflogd
postfix
powerd
ppp
pwcheck
quota
racoon
raidframe
raidframeparity
random_seed
rarpd
rbootd
rndctl
root
route6d
routed
rpcbind
rtadvd
rtclocaltime
rtsold
rwho
savecore
screenblank
securelevel
sshd
staticroute
swap1
swap2
sysctl
sysdb
syslogd
timed
tpctl
ttys
veriexec
virecover
wdogctl
wpa_supplicant
wscons
wsmoused
xdm
xfs
ypbind
yppasswdd
ypserv
httpdの起動方法
NetBSDには、標準でbozohttpdというhttpdプログラムが含まれています。以下の手順で起動できます。
# cat > /var/www/index.html << EOF
<TITLE>test page</TITLE>
test
14 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
EOF
# /etc/rc.d/httpd onestart
# grep httpd /etc/rc.conf
httpd=YES
# /etc/rc.d/httpd start
# /etc/rc.d/httpd stop
TireI/II/III
Tier I
Tier I: Focus — support is part of NetBSD’s strategy
Machines
Port
CPU
amd64
x86_64
64-bit x86-family machines
with AMD and Intel CPUs
Latest Release
evbarm
arm
ARM evaluation boards
6.1
evbmips
mips
MIPS-based evaluation boards
6.1
evbppc
powerpc
PowerPC-based evaluation
boards
6.1
hpcarm
arm
StrongARM based Windows CE
PDA machines
6.1
i386
i386
32-bit x86-family generic
machines (“PC clones”)
6.1
sparc64
sparc
Sun UltraSPARC (64-bit)
6.1
xen
i386 x86_64
Xen Virtual Machine Monitor
6.1
6.1
Tier II
15 / 48
Tier II: Organic — evolving at its own pace
Machines
Port
CPU
acorn26
arm
Acorn Archimedes, A-series
and R-series systems
6.1
Latest Release
acorn32
arm
Acorn RiscPC/A7000/NC and
compatibles
6.1
algor
mips
Algorithmics MIPS evaluation
boards
6.1
alpha
alpha
Digital Alpha (64-bit)
6.1
amiga
m68k
Commodore Amiga,
MacroSystem DraCo
6.1
amigappc
powerpc
PowerPC-based Amiga boards
6.1
arc
mips
Machines following the
Advanced RISC Computing
spec
6.1
atari
m68k
Atari TT030, Falcon, Hades
6.1
bebox
powerpc
Be Inc’s BeBox
6.1
cats
arm
Chalice Technology’s Strong
Arm evaluation board
6.1
cesfic
m68k
CES’s FIC8234 VME processor
board
6.1
cobalt
mips
Cobalt Networks’ Microservers
6.1
dreamcast
sh3
Sega Dreamcast game console
6.1
emips
mips
Machines based on “Extensible
MIPS”
6.1
evbsh3
sh3
Evaluation boards with
Renesas (Hitachi) Super-H SH3
and SH4 CPUs
6.1
ews4800mips
mips
NEC’s MIPS based EWS4800
workstations
6.1
hp300
m68k
Hewlett-Packard 9000/300 and
400 series
6.1
hp700
hppa
Hewlett-Packard 9000/700
series
6.1
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
hpcmips
mips
MIPS based Windows CE PDA
machines
6.1
hpcsh
sh3
Renesas (Hitachi) SH3 and SH4
based Windows CE PDA
machines
6.1
ia64
itanium
Itanium family of processors
none
ibmnws
powerpc
IBM Network Station Series
1000
6.1
iyonix
arm
Iyonix ARM pc
6.1
landisk
sh3
SH4 based NAS appliances by
I-O DATA
6.1
luna68k
m68k
OMRON Tateisi Electronics’
LUNA series
6.1
mac68k
m68k
Apple Macintosh
6.1
macppc
powerpc
Apple Power Macintosh and
clones
6.1
mipsco
mips
Mips family of workstations
and servers
6.1
mmeye
sh3
Brains’ mmEye Multi Media
Server
6.1
mvme68k
m68k
Motorola MVME 68k SBCs
6.1
mvmeppc
powerpc
Motorola MVME PowerPC SBCs
6.1
netwinder
arm
StrongARM based NetWinder
machines
6.1
news68k
m68k
Sony’s m68k based “NET WORK 6.1
STATION” series
newsmips
mips
Sony’s MIPS based “NET WORK
STATION” series
6.1
next68k
m68k
NeXT 68k ‘black’ hardware
6.1
ofppc
powerpc
Generic OpenFirmware
compliant PowerPC machines
6.1
pmax
mips
Digital MIPS-based DECstations 6.1
and DECsystems
prep
powerpc
PReP (PowerPC Reference
Platform) and CHRP machines
6.1
rs6000
powerpc
MCA-based IBM RS/6000
workstations
6.1
sandpoint
powerpc
Motorola Sandpoint reference
platform
6.1
sbmips
mips
Broadcom SiByte evaluation
boards
6.1
sgimips
mips
Silicon Graphics’ MIPS-based
workstations
6.1
shark
arm
Digital DNARD (“shark”)
6.1
sparc
sparc
Sun SPARC (32-bit)
6.1
sun2
m68k
Sun 2
6.1
sun3
m68k
Sun 3 and 3x
6.1
vax
vax
Digital VAX
6.1
x68k
m68k
Sharp X680x0 series
6.1
zaurus
arm
Sharp C7x0/C860/C1000/C3x00 6.1
series PDA
Tier III: Life Support — severely incapacitated or broken
TierIII状態のPortはありません。
サポートしているCPU
Ports by CPU architecture
16 / 48
CPU
Tier(s)
Port(s)
alpha
II
alpha
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
arm
I, II
acorn26 acorn32 cats evbarm hpcarm
iyonix netwinder shark zaurus
hppa
II
hp700
i386
I
i386 xen
m68010
II
sun2
m68k
II
amiga atari cesfic hp300 luna68k
mac68k mvme68k news68k next68k
sun3 x68k
mipseb
I, II
emips evbmips ews4800mips mipsco
newsmips sbmips sgimips
mipsel
I, II
algor arc cobalt evbmips hpcmips
pmax sbmips
powerpc
I, II
amigappc bebox evbppc ibmnws
macppc mvmeppc ofppc prep rs6000
sandpoint
sh3eb
II
evbsh3 mmeye
sh3el
II
dreamcast evbsh3 landisk hpcsh
sparc
II
sparc
sparc64
I
sparc64 (Can also run sparc binaries)
vax
II
vax
x86_64
I
amd64 (Can also run i386 binaries), xen
NetBSDを使ってみる
daily-snapshot
ftp://nyftp.netbsd.org/pub/NetBSD-daily/ 以下には、 毎日コンパイルされているNetBSDの動作イメージがあります。 ミラーサイトは、
http://nycdn.netbsd.org/pub/NetBSD-daily/ にあります。
ftp://nyftp.netbsd.org/pub/NetBSD-daily/ の一覧
サイズ
最終更新日時
名前
HEAD
2013年07月10日 01時00分00秒
ファイル:README
1 KB
2012年11月21日 00時00分00秒
netbsd-5
2013年07月10日
01時00分00秒
netbsd-5-1
2013年07月05日
01時00分00秒
netbsd-5-2
2013年07月01日
01時00分00秒
netbsd-6
2013年07月04日
01時00分00秒
netbsd-6-0
2013年07月03日
01時00分00秒
名前
ftp://nyftp.netbsd.org/pub/NetBSD-daily/HEAD の一覧
サイズ
最終更新日時
201307060520Z
2013年07月06日 18時13分00秒
201307070030Z
2013年07月07日 12時23分00秒
201307071220Z
2013年07月08日 00時24分00秒
201307080020Z
2013年07月08日 12時17分00秒
201307081220Z
2013年07月09日 00時15分00秒
201307090630Z
2013年07月09日 18時29分00秒
PCでどの程度起動するか確認する
ftp://nyftp.netbsd.org/pub/NetBSD-daily/HEAD/201307080020Z/images/NetBSD-6.99.23-amd64-install.img.gz
RPIでどの程度起動するか確認する
ftp://nyftp.netbsd.org/pub/NetBSD-daily/HEAD/201307080020Z/evbarm/binary/gzimg/rpi.img.gz
ftp://nyftp.netbsd.org/pub/NetBSD-daily/HEAD/201307080020Z/evbarm/binary/gzimg/rpi_inst.img.gz
ておくれイメージ
筒井さんが配布しているNetBSD/i386,amd64,WZero3で動作する イメージファイルがあります。 NetBSDの設定例としても優れているの
で、一読をおすすめします。
17 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
http://www.ceres.dti.ne.jp/tsutsui/netbsd/liveimage ...i386/amd64
http://www.ceres.dti.ne.jp/tsutsui/netbsd/liveimage/wzero3.html ..WZero3
http://www.youtube.com/watch?v=Jl0BZVfVSLs ... WZero3起動動画
http://www.slideshare.net/tsutsuii/netbsdcrossliveimage
http://www.ceres.dti.ne.jp/tsutsui/osc12do/NetBSD-cross-liveimage.html
RaspberryPI用NetBSDイメージ
RaspberryPI用NetBSDイメージを配布しています。SDカードにコピーして、RaspberryPIから起動すると動作します。
ftp://ftp.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/jun/raspberry-pi/
ftp://ftp.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/jun/raspberry-pi/README-RPI.pdf
ドリームキャスト版CD
http://ftp.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/tsutsui/dreamcast/
dreamcastbootcd-20101010.tar.gz
1. CD-R付きNetBSDマシンで展開します。
2. CD-R入れる
3. makeすると、バイナリをダウンロードしてブートCDが焼ける
4. dreamcastに入れるとNetBSDが起動します。
X68030エミュレータ XM6i
Windows/NetBSD/CentOS上で動くX68000エミュレータです。
NetBSD/x68kがブートします
http://xm6i.org/
OSC広島で祭り
21世紀のX68→実機デバッグ&エミュレータデバッグ
CPU内部の挙動を細かく観測できる
ATCエントリが見える
WindowsCE向けNetBSD
MIPS系CPU搭載
NEC MobileGear SHARP Tellios
SH系CPU搭載
HP Jornadaシリーズ SEGA DreamCast
ARM系CPU搭載
Compaq iPAQ HP Jornadaシリーズ WZero3
ブートまでの流れ
コンパクトフラッシュを2分割します
WindowsCEの領域 NetBSD/hpcmipsの領域
WindowsCE上のブートローダからブート
メモリ空間を取れるだけ確保する
カーネルファイルをメモリ空間に送り込んで
NetBSDを起動します
NetBSD/hpcsh
SH搭載WindowsCEマシン向け
HP Jornada680 690 620LX
日立ペルソナ HPW50 230
(NetBSD/sh3+NetBSD/hpcmips)/2+α
従来の開発ノウハウとソフトウェア資産
NetBSD/hpcmipsとのソース共有化
NetBSD/Dreamcast互換
NetBSD/hpcarm
18 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
StrongArm搭載WindowsCEマシン向け
SA-1100/1110対応
HP Jornada720
WZero3
Compaq iPAQ
hpcファミリー中最速
NetBSD/evbarm
RPI
Gumstix
Netwalker
(KOBO)
新しく移植するときには
1. まず、機種に依存しない部品を組み合わせます CPU..バス..
2. 次に機種依存部分だけを追加します
3. 足りない部分を作りこみます
4. 自分で自分をコンパイルして、配布できる状態にします
5. pkgsrcにあるソフトウェアを実際に動かしてみます
6. 何か目的を持った配布イメージを配ってみます
twitterクライアント,Webサーバ....
移植成果をNetBSDに組み込む
カーネル部分を移植する
セルフコンパイルでスナップショット作成
パッケージソフトウェアセットを作る
ドキュメント整備
Web・マニュアル・FAQ
インストーラを作る
メーリングリストを作る
プログラミング以外にすること
Port登録 NetBSD/???? 部分
Webページ作成
バグレポートデータベース作成
GNATS
マニュアル作成
インストールマニュアル・マニュアル・FAQ
メーリングリスト作成
ニュースとして報告
アーキテクチャに共通する部分
Package system
バス USB、CardBus
デバイスドライバ
オーディオフレームワーク
OSエミュレーション
バスサポート
仮想デバイス
Concatenated disk driver
Memory disk driver
RAIDframe disk
Random device
Vnode disk
物理デバイス
オーディオデバイス
WSCONS - ワークステーションコンソール
19 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
wsdisplay
wskbd
wsmouse
4.4BSD由来の機能
nullfs – loopbackマウント
unionfs – ファイルシステムを重ねる
lfs – 高速書き込み性能
NFS – NFSv3 NFSoverTCP
IP virtual hosting
NetBSD独自の改良
NFS – WebNFS
NFS over IPv6
UVM virtual memory system
UBC unified buffer cache system
Cardbus
Wscons
USB ver2.0
64bit clean
Wireless networking
http://www.NetBSD.org/about/features.html
ZFS? Google Summer of Code
2038年問題
1970/1/19 0:0:0 GMTからの経過秒数
2^31-1=2147483647 2,147,483,648秒以上を表示できるか
対応済み:date -r 2147483648
Tue Jan 19 12:14:08 JST 2038
未対応:date -r 2147483648
Tue Jan 19 12:14:07 JST 2038
NetBSD:カーネル
機種に依存する部分 i386/MIPS/SH/68000…
デバイスに依存する部分 PCIバス/ISAバス/PCMCIA…
その他 メモリ管理
新しいマシンをサポートするには
搭載CPUがサポートされているか?
搭載バスがサポートされているか?
搭載デバイスがサポートされているか?
共有部分はすべてで共有できる
サポートされていない部分だけを作り、CVSツリーに追加する
NetBSDのリリース
リリース版
2.0 3.0 4.0 5.0......
マイナーリリース
2.1.. 3.1...
パッチリリース
2.1.1... 3.1.1...
開発版
2.99 3.99 4.99 5.99...
カーネルAPIの変更があるとき
2.99.1...
NetBSD開発ロードマップ
20 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
NetBSD release
announcements
NetBSD 0.8
20 Apr 1993
NetBSD 0.9
23 Aug 1993
NetBSD 1.0
26 Oct 1994
NetBSD 1.1
26 Nov 1995
NetBSD 1.2
04 Oct 1996
NetBSD 1.2.1 20 May 1997
NetBSD 1.3
04 Jan 1998
NetBSD 1.3.1 09 Mar 1998
NetBSD 1.3.2 29 May 1998
NetBSD 1.3.3 23 Dec 1998
NetBSD 1.4
12 May 1999
NetBSD 1.4.1 26 Aug 1999
NetBSD 1.4.2 19 Mar 2000
NetBSD 1.4.3 25 Nov 2000
NetBSD 1.5
06 Dec 2000
NetBSD 1.5.1 11 Jul 2001
NetBSD 1.5.2 13 Sep 2001
NetBSD 1.5.3 22 July 2002
NetBSD 1.6
14 Sep 2002
NetBSD 1.6.1 21 Apr 2003
NetBSD 1.6.2 01 Mar 2004
NetBSD 2.0
09 Dec 2004
NetBSD 2.0.2 14 Apr 2005
NetBSD 2.0.3 31 Oct 2005
NetBSD 2.1
02 Nov 2005
NetBSD 3.0
23 Dec 2005
NetBSD 3.0.1 24 July 2006
NetBSD 3.0.2 04 Nov 2006
NetBSD 3.1
04 Nov 2006
NetBSD 4.0
19 Dec 2007
NetBSD 4.0.1 14 Oct 2008
NetBSD 5.0
29 Apr 2009
NetBSD 5.0.1 02 Aug 2009
NetBSD 5.0.2 12 Feb 2010
NetBSD 5.1
19 Nov 2010
NetBSD 5.1.2 02 Feb 2012
NetBSD 5.2
03 Dec 2012
NetBSD 6.0
17 Oct 2012
NetBSD 6.0.1 26 Dec 2012
NetBSD 6.0.2 18 May 2013
NetBSD 6.1
18 May 2013
Automated Testing Framework
http://www-soc.lip6.fr/~bouyer/NetBSD-tests/xen/ に、i386/amd64に関する自動テストレポートがあります。
# cd /usr/tests;
# atf-run | atf-report
組織構成
Core 5人 テクニカルマネージメント
Port maintainer 28人 各実装に関する担当者
Developer CVS/WWW/FTP等開発資産に書き込みできる
アクティブなのは188人
NetBSD Foundation,Inc
21 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
デラウェア州の法人組織
サーバマシンを所有
お金と寄付を管理
NetBSDの版権を管理
http://www.NetBSD.org/foundation/
developer
直接ソースを変更できる
CVS/FTP/WWWサーバの内容
世界中で256人
GNATSでバグ管理
cvsweb.netbsd.org
日本人40人
http://www.NetBSD.org/people/developers.html
NetBSD開発者世界分布図
NetBSD開発者分布図
Developerになるには(1)
PGP/GnuPGの鍵を作る
fingerprint印刷
gpg –fingerprint [email protected]
fingerprint交換
他のDeveloperとfingerprint印刷を交換
本人確認
公的証明書を見せあって本人確認
Developerになるには(2)
相手の鍵を取り込んで、fingerprint照合
gpg-email-confirm [email protected]
ランダムな文字列を送る
メールを暗号化して送り返してもらう
送った文字列とメールアドレスを照合する
鍵にサインしてもらって送り返してもらう
Developerサイン入り自分の鍵ができる
自分の鍵束にimport
pgp.mit.eduにサイン入り自分の鍵を登録する
世界中で打ち合わせをする時間
May 21 03:00
PM -0700
America/Los_Angeles
May 21 06:00
PM -0400
America/New_York
May 21 11:00
PM +0100
Europe/London
May 22 00:00
AM +0200
Europe/Berlin
May 22 01:00
AM +0300
Europe/Helsinki
May 22 07:00
AM +0900
Asia/Tokyo
May 22 08:00
AM +1000
Australia/Melbourne
Port-maintainer
移植責任者
57種類のうち15種類以上は日本人が担当
日本人担当ハードウェア15/56
NetBSD動作マシン@日本
日本からの貢献
国産ハードウェアサポート
ゲーム機・携帯情報端末サポート
IPv6/ IPSEC
Pkgsrc
CardBusサポート
22 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
MIPS/SH/m68K
NetBSD書籍が世界一多く出版される
developer53人
クロス開発環境
NetBSD/i386でクロスコンパイル
build.sh –m hpcmips
Pkgsrc/cross以下に各種パッケージ
Windows環境でクロスコンパイル
Cygwinなど
Linux上でクロスコンパイル
FreeBSD上でクロスコンパイル
distcc - コンパイルだけ速いマシンで
pkgsrcをクロスコンパイル
pkgsrcのcrossbuildでググる!
http://www.lins.jp/~obata/diary/200803242.html
クロス用toolsを作る
バイナリ互換性を利用する
Cobalt Qube2でhpcmipsバイナリ作成
MIPSでendian little =mipsel同士なら動く
ユーザランドはほとんどそのまま動く
パッケージも共通化
NetBSD/{pmax,cobalt,arc,hpcmips}で共通
数GBある各種アプリケーション群を共通にする
エミュレーション環境
Linuxエミュレーション
i386以外のバイナリも動くようにする
FreeBSD
Windows2000/XP
PECOFF
Win32アプリケーションをそのまま動かす ゲーム/WINE
Unixware
NetBSD開発者情報
ftp/WWW/CVS/SUPサーバ
http://www.jp.NetBSD.org/ja/JP/sites.html
開発環境設定方法
http://www.NetBSD.org/developers/ http://releng.NetBSD.org
ソースコード取得方法
ftp
Cvs
cvsup
Sup
Anonymous CVS
rsync
www.netbsd.org 翻訳
現在
www.netbsd.org上のCVSリポジトリ 削除→各国のwwwサーバ
各国の翻訳
ドイツ語 韓国語 ポーランド語 フランス語 緊急度の高い情報を正確に広報する 古いドキュメントでもあった方がいいか そもそも英語
のドキュメントは正確か
まとめ
23 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
NetBSDはいろんなハードで動きます
自作ソフトをいろんなCPUで試せます
最初から移植を考えて設計されています
試作機に移植する工数が最小ですみます
自分の専門分野だけを組み込めます
自由に利用可能で再配布可能なOSです
移植するとIPv6マシンに変貌
さまざまなCPU向けIPv6スタックがあります
愛着あるハードウェアが生き返ります
最新のネットワークコードが利用できます
もしかしたらリサイクル団体なんでしょうか?
NetBSD/x68k
「動かしたいアプリが自分の持ってるコンピュータで動かない場合、たとえばAndroid用出てるけどiOS用はない、みたいのは今でも理解
してもらえると思うけど、どうしても動かしたい+ソースはある→移植するぜ、ってやっちゃったのがNetBSD/x68kでした。」 [18]
X68K関連発表
X680x0 でもユーザストリームがしたい!
OSC2014広
島
http://www.pastel-flower.jp/-isaki/NetBSD/osc14hi/
NetBSD/x68k 近況
OSC2014広
島
http://www.pastel-flower.jp/-isaki/NetBSD/osc14hi/
NetBSD/x68k 近況
OSC2013広
島
http://www.pastel-flower.jp/-isaki/NetBSD/osc13hi/
(XM6iによる?)NetBSD/m68k FPE の実装
OSC2013広
島
http://www.pastel-flower.jp/-isaki/NetBSD/osc13hi/
NetBSD/x68kとXM6i 追いかけっこ開発
OSC2012広
島
http://xm6i.org/event/osc2012hi
OSC展示に見るNetBSD6.0新機能
OSC2012広
島
http://www.slideshare.net/tsutsuii/osc-netbsd-60
NetBSD/x68k近況
OSC2012愛
媛
http://xm6i.org/event/osc2012eh/page1.html
XM6iのご紹介
OSC2011広
島
http://xm6i.org/event/osc2011hi
OSCとX68K展示
24 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
OSC2015京都
2012/10/20
XM6i-earmv6hf初展示
OSC2014広島
2012/10/20
Neptune-X Nereid 060turbo Xellent30 XM6i
OSC2013広島
2012/10/20
Neptune-X Nereid 060turbo Xellent30 XM6i
OSC2012広島
2012/10/20
Neptune-X Nereid 060turbo Xellent30 XM6i
OSC2011広島
2011/10/1
Neptune-X Nereid 060turbo XM6i
OSC2011神戸
2011/4/16
TT030 X68K
OSC2010東京秋
2010/9
/10-11
XM6i 初展示
OSC2007東京秋
2007/10/5-6 Nereid
オープンソース祭り2001
2001/2
/10-11
X68030 みのうらさんの? [6]
NetBSDでXM6iを動かしてみる。
NetBSD/amd64を用意し、その上でXM6iを動かしてみます。
必要なパッケージのインストール
XM6iを動かすために必要なパッケージをインストールしておきます。
# cd /usr/pkgsrc/x11/wxGTK30
# make package-install
XM6iのダウンロード
XM6iをダウンロードして、展開します。
#
#
#
#
mkdir -p /usr/local/XM6i
cd /usr/local/XM6i
http://xm6i.org/download.html
tar xzvf XM6i-0.51-netbsd7.0-i386-amd64-2015Q2.tar.gz
参考資料
[1] Neptune-X http://www.amy.hi-ho.ne.jp/shimada/neptune/
[2] Nereid http://xps.jp/
[3] 060turboの世界 http://homepage2.nifty.com/m_kamada/docs/060turbo.htm
[4] Xellent30 関連 http://retropc.net/x68000/software/hardware/xellent30/
[5] X68000 LIBRARY http://retropc.net/x68000/
25 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
[6] オープンソースまつり2001 in 秋葉原 http://www.cqpub.co.jp/interface/column/ShowandNews/010211/010211.htm
[7] XM6i http://xm6i.org/
[8] xkeropi http://www.asahi-net.or.jp/-aw9k-nnk/keropi/
[9] XM6i/TypeG勉強会 http://xm6i.org/event/meeting1/
[10] NetBSD/x68k開発用 X68030 ブートストラップ起動動作仕様 http://togetter.com/li/410617
[11] 21世紀のX68000まとめ http://togetter.com/li/195551
[12] X68/040turbo―A Story of Making“After X68030 ,ソフトバンククリエイティブ,1994
[13] NetBSD/X68k (X68k Programming Series),ソフトバンククリエイティブ,1995
[14] 究極!!X68000エミュレータ,秀和システム,2001
[15] Inside X68000,ソフトバンククリエイティブ,1992
[16] X68000テクニカルデータブック,アスキー,1987
[17] Outside X68000,ソフトバンククリエィティブ,1993
[18] https://twitter.com/masaru0714/status/506653219687120896
ザウルスでNetBSDを使ってみる
用意するもの
1. ザウルス本体
2. 1G以上のSDカードまたはMicroSDカード+SDカードアダプタ
3. 2G以上のSDカードを使う場合、SD+SDHCドライバインストール用に、1G以下のSDカードまたはコンパクトフラッシュ。
4. ディスクイメージコピー用NetBSDマシン
5. USBカードリーダ
SDカード用デバイスドライバのインストール
ザウルスSL-Cシリーズでは、2G以上のSDカードを利用できません。 「SL-A300、SL-Cシリーズ、SL-6000用のSD+SDHCドライバ」(
[http://petit-noise.net/download/sdhc-driver])を利用すると2G以上のSDカードを利用できます。
ダウンロード
SL-Cxx00用
http://petit-noise.net/system/files/zaurus-sd-driver-update_2.1-for-Cxx00_arm.ipk
SL-C750/760/860用
http://petit-noise.net/system/files/zaurus-sd-driver-update_2.1-for-Cxx0_arm.ipk
SL-C700用
http://petit-noise.net/system/files/zaurus-sd-driver-update_2.0-for-C700_arm.ipk
インストール
ダウンロードしたzaurus-sd-driver-update_2.1-for-C..._arm.ipkを、CFカードまたは、1GB以下のSDカードにコピーします。コ
ピーしたカードをザウルスのカードスロットに差します。
デバイスドライバのインストール
ザウルスを起動し、ファイル→CFカード→zaurus-sd-driver-update_2.1-for-C..._arm.ipkをクリック→インストール先 本体メ
モリーを選ぶ→再起動 OKを選択→メニューバー右上のXをクリックすると再起動が始まります。
NetBSDディスクイメージのダウンロード
http://ftp.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/tsutsui/zaurus/
ftp ftp://ftp.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/tsutsui/zaurus/netbsd-zaurus-20120204-1GB-SD.img.gz
ディスクイメージをコンパクトフラッシュにコピーする
NetBSDをインストールするSDカードをUSBカードアダプタ経由でNetBSDマシンにつなぎます。
# dmesg
.... sd3に2GBのMicroSDカードがつながっています。
sd3 at scsibus0 target 0 lun 3: <USB2.0, CardReader SD, 0100> disk removable
sd3: fabricating a geometry
sd3: 1936 MB, 1936 cyl, 64 head, 32 sec, 512 bytes/sect x 3964928 sectors
26 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
sd3: fabricating a geometry
# disklabel sd3 ... sd3のパーティションを確認します。
:
4 partitions:
#
size
offset
fstype fsize bsize cpg/sgs
a:
2030112
0
MSDOS
# (Cyl.
d:
2030112
0
unused
0
0
# (Cyl.
... NetBSDではdパーティションがディスク全体になります。
# gunzip < netbsd-zaurus-20120204-1GB-SD.img.gz|dd of=/dev/rsd3d
0+14144 records in
0+14144 records out
926941184 bytes transferred in 158.240 secs (5857818 bytes/sec)
USBカードリーダーを差し直します。
# disklabel sd3
8 partitions:
#
size
offset
fstype fsize bsize cpg/sgs
a:
1742848
67584
4.2BSD
2048 16384
128 # (Cyl.
b:
131072
1810432
swap
# (Cyl.
c:
1742848
67584
unused
0
0
# (Cyl.
d:
1941504
0
unused
0
0
# (Cyl.
e:
65536
2048
MSDOS
# (Cyl.
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
0 0 -
991*)
991*)
bs=1m
33
884
33
0
1
-
883)
947)
883)
947)
32)
ターミナルソフトのインストール
ターミナルソフトのダウンロード
ftp http://kimux.org/liza/arc/qpe-embeddedkonsole-ja_1.6.0-wide3_arm.ipk
ターミナルソフトのコピー
# mount_msdos /dev/sd3e /mnt
# cp qpe-embeddedkonsole-ja_1.6.0-wide3_arm.ipk /mnt
# umount /mnt
ターミナルソフトのインストール
ターミナルソフトをインストールするために、ファイル→SDカード→qpe-embeddedkonsole-ja_1.6.0-wide3_arm.ipkをク
リックして、インストーラ経由でターミナルソフトをインストールします。
ターミナルソフトの起動
アプリケーションメニュー内に端末ウィンドウアイコンがあることを確認します。端末ウィンドウアイコンを長押しして離す
と、プロパティメニューを表示します。チェックボックス 「アプリケーションをVGA(480x640ドット)の画面に最適化して実行
する」のチェックを外して、「OK」ボタンを押してアイコン画面に戻ります。
端末ウィンドウアイコンをクリックして、ターミナルを起動します。フォントの大きさは、Fn+Qで現れるメニューで変更できます。
NetBSDの起動
SL-C700以外
bash-2.05$ cd /mnt/card
bash-2.05$ su
# insmod -f zbsdmod.o
# ./zboot
:
NetBSD/zaurus (Amnesiac) (console)
login:
SL-C700の場合
メンテナンスカーネルからLinuxを起動
BとDを押しながら、電池ぶたロックをロック、解除、ロックと動かして電源ボタンを押すと、メンテナンスカーネルが起動し
ます。 メンテナンスカーネルでは、1GB以上のSDカードは認識しないため、差しておくとキーボード入力を受け付けません。
rootでログインします。
27 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
#
#
#
#
zaurus login: root
cd /mnt/card
insmod -f zbsdmod.o
./zboot
スペースキーを押して中断します。
> boot netbsd.c700
:
ログイン
rootでログインします。
X起動
startxコマンドを実行すると、Xサーバが起動します。
cp /etc/X11/xinit/xinitrc ~/.xinitrc
chmod +w ~/.xinitrc
vi ~/.xinitrc
/etc/X11/xorg.conf:
Section "Device"
:
#
Option "Rotate" "CW" ... この行をコメントアウトしてください。
EndSection
NetBSD6.1.5用イメージ
NetBSD6.1.5用のイメージを作りました。
http://mail-index.netbsd.org/port-zaurus/2014/12/06/msg000056.html
ftp://ftp.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/jun/zaurus/2014-12-06-netbsd6-zaurus.img.gz
このイメージを2GB以上の容量のコンパクトフラッシュにコピーします。
# ftp ftp://ftp.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/jun/zaurus/2014-12-06-netbsd6-zaurus.img.gz
# gunzip < 2014-12-06-netbsd6-zaurus.img.gz |dd of=/dev/コンパクトフラッシュのデバイス
例)
# gunzip < 2014-12-06-netbsd6-zaurus.img.gz |dd of=/dev/rsd3d
ザウルスを起動します。
# cd /mnt/cf
# ./Boot
で起動します。起動デバイスはwd0を指定してください。
ZAURUS用の動くイメージを作ってみる
https://github.com/ebijun/NetBSD/tree/master/zaurus/Image の下にある Makefileを見てみてください。
# make
# make release
とすると、イメージファイルができます。
参考リンク
より詳細な説明は、以下のリンクを参考にしてください。
NetBSD/zaurus installation tips [http://mail-index.netbsd.org/port-zaurus/2011/05/20/msg000045.html]
↑日本語訳 [http://www.na.rim.or.jp/~kano/tmp/msg000045ja.html]
[http://ftp.jp.NetBSD.org/pub/NetBSD/misc/tsutsui/zaurus/]
ザウルス SL-C700 シリアルケーブル作成 [http://togetter.com/li/237198]
NetBSDでザウルス SL-C700 サポートするぞ [http://togetter.com/li/242873]
NetBSD/zaurus お試し用 1GB SDイメージ [http://togetter.com/li/243703]
SDHCドライバ [http://petit-noise.net/download/sdhc-driver]
SL-C700でNetBSD/zaurus [http://qml.610t.org/FreeBSD/mutoh_20120212.html]
NetBSD/zaurus [http://www.NetBSD.org/ports/zaurus/]
NetBSD Guide [http://www.NetBSD.org/docs/guide/download/netbsd-en.pdf.gz]
Pkgsrc Guide [http://www.NetBSD.org/docs/pkgsrc/pkgsrc.pdf]
日本NetBSDユーザーグループ [http://www.jp.NetBSD.org/]
28 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
日本NetBSDユーザーグループfacebookページ [http://www.facebook.com/NetBSD.jp]
WZERO3でNetBSDを使ってみる
NetBSD/hpcarm 6.1 W-ZERO3 ておくれLive Image
筒井さんによる、ておくれイメージのページも見てください。
http://www.ceres.dti.ne.jp/tsutsui/netbsd/liveimage/wzero3.html
用意するもの
1. WZERO3本体 WS003SH/WS004SH/WS007SH/WS011SH/WS020SH
2. ディスクイメージコピー用NetBSDマシン
3. USBカードリーダ
4. NetBSDインストール用メモリカード
WS003SH/004SH/007SH
MiniSDカードが必要です。MicroSDカードとMiniSDカードアダプタを組み合わせても利用できます。 2G以上のSDHCカードを使う場
合は、SDHCドライバをインストールするために、2G以下のSDカードが必要です。
WS011SH/WS020SH
2G以上のMicroSDカード
SDカード用デバイスドライバのインストール
WS003SH,WS004SH,WS007SHで、2G以上のSDHCカードを利用するためにはSDカード用デバイスドライバをインストールします。
SDHCドライバ
http://w-zero3.org/?%A5%B7%A5%B9%A5%C6%A5%E0%B4%D8%B7%B8#wf87e46c
インストール
ダウンロードしたSDHCドライバを、2GB以下のMicro/MiniSDカードにコピーします。コピーしたカードをWZEROのカードス
ロットに差します。
デバイスドライバのインストール
WZERO3を起動し、ファイルエクスプローラ→mini/microSDカード→コピーしたSDHCドライバをクリック→インストールす
る場所 デバイスを選んでインストール→再起動 OKを選択→メニューバー右上のXをクリックすると再起動が始まります。
NetBSDディスクイメージのダウンロード
NetBSD7.99.4インストール済みのディスクイメージファイルを作りました。
ftp://ftp.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/jun/hpcarm/2015-01-24-netbsd-hpcarm.img.gz
ディスクイメージをコンパクトフラッシュにコピーする
NetBSDをインストールするMini/MicroSDカードをUSBカードアダプタ経由でNetBSDマシンにつなぎます。
# dmesg
.... sd3に2GBのMicroSDカードがつながっています。
sd3 at scsibus0 target 0 lun 3: <USB2.0, CardReader SD, 0100> disk removable
sd3: fabricating a geometry
sd3: 1947 MB, 1947 cyl, 64 head, 32 sec, 512 bytes/sect x 3987456 sectors
sd3: fabricating a geometry
# disklabel sd3 ... sd3のパーティションを確認します。
:
5 partitions:
#
size
offset
fstype fsize bsize cpg/sgs
d:
3987456
0
unused
0
0
# (Cyl.
0 - 1946)
e:
3987209
247
MSDOS
# (Cyl.
0*- 1946)
... NetBSDではdパーティションがディスク全体になります。
# gunzip < 2014-12-06-netbsd6-hpcarm.img.gz |dd of=/dev/rsd3d bs=1m
USBカードリーダーを差し直します。
# disklabel sd3
#
size
offset
fstype fsize bsize cpg/sgs
29 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
a:
b:
c:
d:
e:
2947392
526016
3473408
3964928
393184
393216
3340608
393216
0
32
4.2BSD
swap
unused
unused
MSDOS
2048 16384
0
0
0
0
0 #
#
#
#
#
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
(Cyl.
(Cyl.
(Cyl.
(Cyl.
(Cyl.
97*828*97*0 0*-
828*)
958*)
958*)
983*)
97*)
NetBSDの起動
hpcboot起動
ファイルエクスプローラ→hpcboot.exe を起動すると、ブートローダhpcbootが起動します。
hpcboot内で機種とカーネルを指定
1. mini/microSDカード→カード種別を指定します。
2. netbsd→呼び出すカーネルを指定します。
3. Sharp W-ZERO3(WS004SH)→機種名をプルダウンメニューから選択します。
NetBSD起動
Bootボタンを押すと、本当に起動していいか確認メニューが現れます。NetBSDを起動すると、WZERO3のメモリ上にセーブし
ていたデータは消えてしまうので、必要ならバックアップをとっておいてください。
ログイン
root でログインできます。
login: root
X起動
startxコマンドを実行すると、Xサーバが起動します。
# startx
無線LAN (WS003SH/004SH)
NetBSD起動前にWindowsMobile上で有効(無線LAN LED点灯状態)にしておきます。 「スタート」→「設定」→「ユーティ
リティ」→「無線ON/OFF」→「内蔵ワイアレスLANを停止」チェックをはずす→MACアドレスが表示されるか確認する
[http://www.nazgul.ch/upgt/upgt-firmware-1.1.tar.gz]をダウンロードします。
% tar xzpvf upgt-firmware-1.1.tar.gz
:
% ls -l
total 68
-rw-r--r-- 1 root wheel
23 Dec 23 2008 Makefile
-rw-r--r-- 1 root wheel 28976 Dec 23 2008 upgt-gw3887
-rw-r--r-- 1 root wheel
372 Dec 23 2008 upgt-info
# dmesg
... MicroSDカードをUSBカードアダプタ経由でNetBSDマシンにつなぎます。
:
sd3 at scsibus0 target 0 lun 3: <USB2.0, CardReader SD, 0100> disk removable
sd3: fabricating a geometry
sd3: 1947 MB, 1947 cyl, 64 head, 32 sec, 512 bytes/sect x 3987456 sectors
sd3: fabricating a geometry
# fsck /dev/sd3a ... sd3にメディアがつながっている場合
# mount /dev/sd3a /mnt ... /mntにマウントする。
無線LANのファームウェアをコピーします。
# cp upgt-gw3887 /mnt/libdata/firmware/upgt/upgt-gw3887
参考リンク
より詳細な説明は、以下のリンクを参考にしてください。
http://www.ceres.dti.ne.jp/tsutsui/netbsd/liveimage/wzero3.html
http://ftp.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/tsutsui/wzero3/
http://ftp.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/tsutsui/wzero3/README.ja
30 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
NetBSD Guide [http://www.NetBSD.org/docs/guide/download/netbsd-en.pdf.gz
Pkgsrc Guide [http://www.NetBSD.org/docs/pkgsrc/pkgsrc.pdf
http://www.amazon.co.jp/dp/B000L81AAU/
日本NetBSDユーザーグループ http://www.jp.NetBSD.org/
NetBSD/hpcmipsを使ってみる
特徴
NetBSD/hpcmipsを利用するために、ディスクイメージを用意しました。
NetBSDでmatt-nb... がマージされたあと、hpcmipsは不安定です。
NetBSD7に向けて、バイナリイメージで試せるようにします。
RPI向けイメージと同じバイナリを作ってみます。
準備するもの
NetBSD/hpcmipsをサポートしているマシン (NEC mobilegear,sigmarion)
2GB コンパクトフラッシュ
SigmarionII:FOMA接続ケーブル+USB ネットワークアダプタ
PCMCIAネットワークカード (カードバス対応でないもの)
起動ディスクの作成
ディスクイメージのダウンロード
# ftp ftp://ftp.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/jun/hpcmips/
2013-08-23-netbsd-hpcmips.img.gz
2GB以上のコンパクトフラッシュを準備します。
ダウンロードしたディスクイメージを、コンパクトフラッシュ上で展開します。
disklabel sd0 ..... 必ずインストールするSDカードか確認してください。
gunzip < 2013-08-23-netbsd-hpcmips.img.gz|dd of=/dev/rsd0d bs=1m
NetBSD/hpcmipsの起動
1. コンパクトフラッシュをWindowsCE機に挿して起動します。
2. CF上に見えるhpcboot.exeを実行します。
3. メニューでカーネルを指定して起動します。
4. 少し待つと、NetBSDの起動メッセージが表示されます。
ログイン
rootでログインできます。
login: root
DreamCastでNetBSD
DreamCastでNetBSDを起動してみましょう。DreamCastからNetBSDを 起動するために、起動用のCD-Rを作ります。
1. CD-Rに書き込めるドライブ付きのPCを用意します。
2. ブータブルNetBSDイメージで起動します。
3. CD-ROMドライブでDreamCast起動CD-Rを作ります。
4. 作ったCD-Rを使ってDreamCastを起動します。
@tsutsuiiさん作、DreamCastのCD-Rを作るための環境を準備します。
http://ftp.netbsd.org/pub/NetBSD/arch/dreamcast/dcburn/
詳しい手順はREADMEに書いてあります。 dcburn-20151122.img.gz をダウンロードして、ブート用USBメモリを 作ります。
USBメモリからPCを起動します。
rootでログインします。
31 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
うまくCD-Rドライブとネットワークインターフェースが見えていれば大丈夫です。
ping www.netbsd.org
CD-Rをドライブにいれます。
make を実行します。
http://ftp.netbsd.org/pub/NetBSD/arch/dreamcast/dcserv/
KOBOでNetBSDを動かしてみる
目標
KOBOでNetBSDを動かしてみます。
KOBOにシリアルポート経由で接続します。
バイナリイメージで試せるようにします。
RPI向けイメージと同じイメージで起動します。
できることとできないこと
NetBSDが起動します。
外部から電源を供給できるUSBハブ経由で接続したUSB機器を利用できるはずです。
電子インクは利用できません。
準備するもの
KOBO
2GB 以上のmicro SDカード2枚
シリアル接続ケーブル
KOBOとシリアルを接続するジャンパ線
秋月:FTDI 3.3V http://akizukidenshi.com/catalo
TXD: 橙色
RXD: 黄色
GND: 黒色
microSDカードの設定
kobo touchには、内蔵microSDスロットと、脇部分にあるmicroSDスロットがあります。内蔵microSDスロットにubootイメー
ジを書き込んだmicroSDを挿します。
脇部分にあるmicroSDスロットには、RPI用に作ったイメージを挿します。 元から刺さっていたmicroSDは大事に保管しておきます。 もし
NetBSD起動に飽きた時でも、本来の電子図書として楽しく使えます。 KOBOではmicroSDに書き込んだPDFファイルも読めるので、 PDF
ビューワとしても便利です。
シリアルケーブル
まず裏蓋を開けます。右下の部分にTX,RXと書いた基盤の穴があります。
ここにシリアルポートを接続します。
uboot
KOBO用ubootイメージは以下の場所にもあります。
http://rappappararin.blogspot.jp/2012/09/kobou-boot.html
http://rappappararin.blogspot.jp/2012/09/kobonetbsd.html
https://docs.google.com/open?id=0B-K-8275486qNDk2VFVKS3ZaOHc
以下のコマンドでカーネルをロードして起動します。
mmcinfo 1
fatload mmc 1 0x70800000 kobo.bin
go 0x70800000
または、環境変数に引数を設定しておきます。
32 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
BR-1A # setenv bootcmd_netbsd 'mmcinfo 1;fatload mmc 1 0x70100000 kobo.bin; go 0x70100000'
BR-1A # setenv bootcmd 'run bootcmd_netbsd'
BR-1A # saveenv
pkgsrcでソフトウェアをインストールする
pkgsrcを利用すると、さまざまなソフトウェアをコンパイル、インストールすることができます。
1. まずOSをインストールします
2. pkgsrc.tar.gzを展開します
3. 必要なパッケージをコンパイル、インストールします
tcsh,icewm,kterm,anthy-elisp,ja-less
libreoffice4,firefox,gimp ...
pkgsrcをダウンロード
pkgsrcのWebサイトはhttp://www.pkgsrc.org/です。pkgsrcは、一年に4回定期的にリリースされます。
% ftp ftp://ftp.pkgsrc.org/pub/pkgsrc/
pkgsrc-2012Q4
pkgsrc-2013Q1
pkgsrc-2013Q2
:
% ftp ftp://ftp.pkgsrc.org/pub/pkgsrc/stable/pkgsrc.tar.gz
日本のミラーの場合:
% ftp ftp://ftp7.jp.NetBSD.org/pub/pkgsrc/stable/pkgsrc.tar.gz
/usr/pkgsrcにダウンロードしたtar ファイルを展開してみましょう。
% su
# tar xzvf pkgsrc.tar.gz
# ls /usr/pkgsrc
CVS
comms
Makefile
converters
README
cross
archivers
databases
audio
devel
benchmarks distfiles
biology
doc
bootstrap
editors
cad
emulators
chat
filesystems
-C /usr
... /usr以下に展開します。
finance
fonts
games
geography
graphics
ham
inputmethod
lang
licenses
mail
math
mbone
meta-pkgs
misc
mk
multimedia
net
news
packages
parallel
pkglocate
pkgtools
print
regress
security
shells
sysutils
templates
textproc
time
wip
wip-jp
wm
www
x11
ソフトウェアをコンパイルしてインストールする枠組みが、/usr/pkgsrc/ジャンル/ソフトウェア名 以下にあります。 LibreOfficeをコンパ
イルして、インストールしたいときには、次のようにコマンドを実行します。
# cd /usr/pkgsrc/misc/libreoffice4
# make package-install
うまくコンパイルしてインストールできると、LibreOfficeを実行出来ます。
% soffice
pkgsrcを使ってみる
「RaspberryPIでmikutterというtwitterクライアントを使いたい」場合を考えてみます。 インストールできそうなソフトウェアは、/usr
/pkgsrc/ジャンル名/ 以下にディレクトリがあります。 ここに使いたいソフトウェアがあれば、コンパイルしてインストールできるかもし
れません。
% ls /usr/pkgsrc/* |grep mikutter
mikutter
....
% cd /usr/pkgsrc/*/mikutter
....
% pwd
/usr/pkgsrc/net/mikutter
....
% ls
CVS
DESCR
Makefile PLIST
% cat DESCR
....
Mikutter is a Twitter client aim for
Miku-aholics and Twitter-holics.
33 / 48
pkgsrcにmikutterがある!
ジャンルはわからないけど移動
"net" の下にあった
distinfo files
ソフトウェアの説明
endsville Twitter client For all of
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
% cat Makefile
# $NetBSD: Makefile,v 1.68 2013/06/23 01:09:43 tsutsui Exp $
#
DISTNAME=
PKGNAME=
CATEGORIES=
MASTER_SITES=
mikutter.0.2.2.1264
... mikutterのバージョンとか
${RUBY_PKGPREFIX}-${DISTNAME:S/./-/}
net
http://mikutter.hachune.net/bin/ ... 配布サイト
MAINTAINER=
HOMEPAGE=
COMMENT=
LICENSE=
[email protected] ... このパッケージを管理している人
http://mikutter.hachune.net/
... ソフトウェアのホームページ
Simple, powerful, and moeful twitter client .. 一行説明
gnu-gpl-v3 AND cc-by-sa-v3.0
... ソフトウェアのライセンス
RUBY_VERSION_SUPPORTED= 193
.include "../../lang/ruby/rubyversion.mk"
xdg-utils-[0-9]*:../../misc/xdg-utils ... 依存しているソフトウェア
${RUBY_PKGPREFIX}-hmac>=0.4.0:../../security/ruby-hmac
:
% cat PLIST ... インストールするファイルの一覧です
@comment $NetBSD: PLIST,v 1.23 2013/05/15 11:24:14 obache Exp $
bin/mikutter
... /usr/pkg/bin/mikutterにインストールされます
share/applications/mikutter.desktop
share/doc/mikutter/README
share/mikutter/core/boot/check_config_permission.rb
share/mikutter/core/boot/load_plugin.rb
share/mikutter/core/boot/mainloop.rb
share/mikutter/core/boot/option.rb
DEPENDS+=
DEPENDS+=
% distinfo .... ダウンロードするファイルの一覧とチェックサム
$NetBSD: distinfo,v 1.60 2013/06/16 08:58:06 obache Exp $
SHA1 (mikutter.0.2.2.1264.tar.gz) = f93757ca51f3fe9f555df32c86c2ed7021992887
RMD160 (mikutter.0.2.2.1264.tar.gz) = bd3f4a49eb8d96a225b4cc704115995fe390e42a
Size (mikutter.0.2.2.1264.tar.gz) = 2318031 bytes
mikutterと、mikutterをインストールするために必要なソフトウェアをインストールoします。
% su
# cd /usr/pkgsrc/net/mikutter
# make package-install
RaspberryPIで使いそうなソフトを一気にインストールする
/usr/pkgsrc/ジャンル名を眺めて、使いそうなソフトウェアをリストアップします。
% cat List
kterm
tcsh
vlgothic-ttf
icewm
xli
mikutter
uim
fossil
sudo
scmgit-base
zsh
dillo
簡単なシェルスクリプトを作って、実行します。コンパイルがうまく進めば、必要なソフトウェアがすべてソースコードからコンパイ
ル・インストールされた状態になります。
% cat Package
for i in `cat List`
do
cd /usr/pkgsrc/*/$i
make package-install
done
% su
# sh Package
# pkg_info
.... インストールされたパッケージの一覧を表示します。
34 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
デスクトップ環境を作ってみる
デスクトップ環境の設定:Xfceの場合
#
#
#
%
%
%
%
%
cd /usr/pkgsrc/meta-pkgs/xfce4
make package-install
pkg_info |wc
.... 110個程度の関連パッケージがインストールされます
rehash
.... ログインシェルがcshの場合に必要です
startxfce4
.... 英語版の環境が立ち上がります
setenv LANG ja_JP.UTF-8
.... ログインシェルがcshの場合
.... ログインシェルがshの場合
export LANG=ja_JP.UTF-8
startxfce4
.... 日本語版の環境が立ち上がります
デスクトップ環境の設定:gnomeの場合
# cd /usr/pkgsrc/meta-pkgs/desctop-gnome
# make package-install
# gnome-session
デスクトップ環境の設定: deforaos-desktopの場合
RPIなどでは、/etc/mk.confに以下の行を追加します。
PKG_OPTIONS.deforaos-terminal=embedded
# cd /usr/pkgsrc/meta-pkgs/deforaos-desktop
# make package-install
ウィンドウマネージャの設定:icewmの場合
# cd /usr/pkgsrc/wm/icewm
# make package-install
# which icewm
/usr/pkg/bin/icewm
% cd
% ls .xinitrc
..... .xinitrcがあるかどうか確認します。
もし.xinitrcがない場合、以下の手順でコピーします。
cp /etc/X11/xinit/xinitrc -/.xinitrc ... XXX:上書きしないよう気をつけて!
% vi .xinitrc
..... 最後の5行を書き換えます。
twm &
xclock -geometry 50x50-1+1 &
/usr/X11R7/bin/xterm -geometry 80x50+494+51 &
/usr/X11R7/bin/xterm -geometry 80x20+494-0 &
exec /usr/X11R7/bin/xterm -geometry 80x66+0+0 -name login
↓
xclock -geometry 50x50-1+1 &
/usr/X11R7/bin/xterm -geometry 80x50+494+51 &
/usr/X11R7/bin/xterm -geometry 80x20+494-0 &
/usr/X11R7/bin/xterm -geometry 80x66+0+0 &
icewm
% startx
..... icewmが起動します。
% cp -r /usr/pkg/share/icewm -/.icewm .... メニューをカスタマイズ
% vi -/.icewm/menu
prog Kterm Kterm kterm -fk k14 -fn a14 -fr r14 -km euc
prog SeaMonkey seamonkey seamonkey
prog Mikutter mikutter miutter
separator
prog Shotwell shotwell shotwell
prog GtkPod gtkpod gtkpod
prog Fossil fossil fossil server /usr/local/fossil/my-repo
separator
prog OpenOffice soffice soffice
prog Acroread acroread9 acroread9
separator
menuprog Gnome folder icewm-menu-gnome1 --list
menuprog Gnome folder icewm-menu-gnome2 --list
menuprog KDE folder icewm-menu-gnome --list
menufile Emulators folder programs
... 階層構造
menufile Games folder games
% vi -/.icewm/programs
... .icewmで指定した階層構造
# This is an example for IceWM's toolbar definition file.
#
35 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
# Place your variants in /usr/pkg/etc/icewm or in $HOME/.icewm
# since modifications to this file will be discarded when you
# (re)install icewm.
#
prog Xnp2 xnp2 xnp2
prog XM6i xm6i xm6i
prog Minux Minux Minux
% vi -/.icewm/preferences
:
# Desktop background image
# DesktopBackgroundImage=""
.... 壁紙のイメージをここで設定できます。
ウィンドウマネージャの設定:jwmの場合
# cd /usr/pkgsrc/wm/jwm
# make package-install
漢字変換&emacs
mozcを利用する場合
% cd /usr/pkgsrc/inputmethod/ibus-mozc
# make package-install
漢字変換に必要な環境変数を.xinitrc等で設定します。
export LANG=ja_JP.eucJP
export GTK_IM_MODULE="ibus"
export XMODIFIERS="@im=ibus"
export QT_IM_MODULE="ibus"
ibus-daemon --xim &
emacsを利用する場合は、mozc-elispパッケージをインストールします。
% cd /usr/pkgsrc/inputmethod/mozc-elisp
# make package-install
anthyを利用する場合
#
#
#
#
cd /usr/pkgsrc/inputmethod/anthy
make package-install
cd /usr/pkgsrc/inputmethod/uim
make package-install
.xinitrcに以下の行を追加します。
export GTK_IM_MODULE=uim
export LANG=ja_JP.eucJP
export [email protected]=uim
export QT_IM_MODULE="uim"
uim-xim &
emacsを利用する場合は、anthy-elispパッケージをインストールします。
% cd /usr/pkgsrc/inputmethod/anthy-elisp
# make package-install
.emacs に、以下の記述を追加します。
(set-language-environment "Japanese")
(set-default-coding-systems 'utf-8)
(set-language-environment "Japanese")
(load-library "anthy")
(setq default-input-method "japanese-anthy")
;
(define-obsolete-variable-alias 'last-command-char 'last-command-event "at least 19.34")
壁紙
36 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
# cd /usr/pkgsrc/graphics/xli
# make package-install
.xinitrcに以下の行を追加して、壁紙画像を表示するプログラムを起動します。
例)
xsetbg -/Desktop/penguindrum_wp1_1s.jpg
ソフトウェアのコンパイル/インストール
gedit
% cd /usr/pkgsrc/editors/gedit
# make package-install
firefox
% cd /usr/pkgsrc/www/firefox
# make package-install
% cd /usr/pkgsrc/www/firefox-l10n
# make package-install
# grep flashsupport /etc/mk.conf
ACCEPTABLE_LICENSES+= adobe-flashsupport-license
# cd /usr/pkgsrc/multimedia/adobe-flash-plugin11
# make package-install
LibreOffice
#
#
#
%
grep libreoffice4 /etc/mk.conf
cd /usr/pkgsrc/misc/libreoffice4
make package-install
/usr/pkg/bin/soffice
LaTeX
# cd /usr/pkgsrc/print/ja-ptex
# make package-install
CMSを使ってみる
drupal
# cd /usr/pkgsrc/www/drupal7
# make package-install
wordpress
# cd /usr/pkgsrc/www/php-ja-wordpress
# make package-install
# cd /usr/pkgsrc/archivers/php-zlib
# make package-install .... zip形式のテーマをインストールする時に必要
AddHandler application/x-httpd-php .php
fossilを使ってみる
# cd /usr/pkgsrc/devel/fossil
# make package-install
% ls /usr/pkg/bin/fossil
% fossil help
Usage: fossil help COMMAND
Common COMMANDs: (use "fossil help --all" for a complete list)
add
changes
finfo
merge
revert
tag
addremove
clean
gdiff
mv
rm
timeline
all
clone
help
open
settings
ui
37 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
annotate
commit
import
pull
sqlite3
undo
bisect
diff
info
push
stash
update
branch
export
init
rebuild
status
version
cat
extras
ls
remote-url sync
This is fossil version 1.25 [d2e07756d9] 2013-02-16 00:04:35 UTC
% fossil init my-repo
fossil init my-repo
project-id: fdd587ee44f524d432186fe6a1dc379c51b26c1d
server-id: 7873c960d27f3b0ef2d7da2294bfc6eb092dc61e
admin-user: jun (initial password is "bb4867")
% fossil server my-repo &
.... ブラウザでポート8080にアクセスするとGUI画面が表示されます。
Gitのインストール
# cd /usr/pkgsrc/devel/git-base
# make package-install
% ls -l /usr/pkg/bin/git
エミュレータでNetBSD
Qemu
#
#
#
#
#
cd /usr/pkgsrc/emulators/qemu
make package-install
qemu-img create -f qed NetBSD-sparc.qed 500M ... qedが動くかチェック
qemu-system-sparc -M SS-20 -m 64 -kernel netbsd-GENERIC -hda my-sun4c-disk.img -hdb miniroot.fs -nographic -cdrom NetBSD-6.99.17-sparc.is
qemu-system-sparc -M SS-20 -m 64 -kernel netbsd-sd -hda my-sun4c-disk.img -nographic -net nic -net user -redir tcp:2222::22
Gxemul
# /usr/pkgsrc/emulators/gxemul
# make package-install
# gxemul -e mobilepro770 -M 128 -I 800000000 -d Z50.img -d c:/usr/release/images/NetBSD-6.99.14-hpcmips.iso netbsd-install
# gxemul -e jornada680 -M 128 -I 800000000 -d c:/usr/release/iso/NetBSD-5.1.2-hpcmips.iso /mnt/netbsd
Package - /usr/pkgsrc
簡単にソフトウェアをコンパイル・インストール
1997年8月開始
201?-Q[1-4] もうすぐ準備
41種類のジャンル
9963種類以上のソフトウェア
Make installでソフトウェアのインストール
各CPUアーキテクチャ間で共通
mipsel –mips endian little
arc – MIPSで動くNTマシン
cobalt – Cobalt Qube1/2
pmax – DEC station
hpcmips – MIPS搭載WinCE
/usr/pkgsrc/emulators
gxemul
mips (pmax,hpcmips)
dreamcast
simh
NetBSD/vax
tme
sun2,sun3,SPARCstation 2
QEMU
PC
USBデバッグ
38 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
Packagesジャンル一覧
The NetBSD Packages Collection
Packages to support the X window system
x11
archivers
Archivers
audio
Audio tools
benchmarks
Benchmarking tools
biology
Software for the biological sciences
cad
CAD tools
chat
Communication programs
comms
Communication utilities
converters
Document format and character code converters
cross
Cross-platform development utilities
databases
Databases
devel
Development utilities
editors
Editors
emulators
Emulators for other operating systems
filesystems
File systems and file system related packages
finance
Monetary financial and related applications
fonts
Fonts
games
Games
geography
Software for geographical-related uses
graphics
Graphics tools and libraries
ham
Wireless communication tools and applications
inputmethod
Input method tools and libraries
lang
Programming languages
mail
Electronic mail utilities
math
Mathematics
mbone
Multi-cast backBone applications
meta-pkgs
Collections of other packages
misc
Miscellaneous utilities
multimedia
Multimedia utilities
net
Networking tools
news
Network news
parallel
Applications dealing with parallelism in computing
pkgtools
Tools for use in the packages collection
print
Desktop publishing
security
Security tools
shells
Shells
sysutils
System utilities
textproc
Text processing utilities (does not include desktop publishing)
time
Clocks calendars daily planners and other time related
applications
wm
X11 window managers configuration tools and themes
www
Packages related to the World Wide Web
目的別
デスクトップ向け
組み込み向け
pkgsrc/meta-pkgにいくつかある
Package対応プラットフォーム
1. NetBSD
2. Solaris / SmartOS / illumos
3. Linux
4. Darwin (Mac OS X)
5. FreeBSD
6. OpenBSD
39 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
7. IRIX
8. AIX
9. DragonFlyBSD
10. OSF/1
11. HP-UX
12. QNX
13. Haiku
14. MirBSD
15. Minix3
16. Cygwin
17. GNU/kFreeBSD
18. SCO OpenServer 5
NetBSD以外でpkgsrc
# tar xzvf pkgsrc.tgz
# cd pkgsrc/bootstrap
# ./bootstrap
Packageとライセンスの取扱い
個々のパッケージごとにLICENSE定義
受け入れられるライセンスを制御したい
ツールとライブラリのライセンスが違う
ツールがGPL,ライブラリがLGPL
GPLv2とv3が混在する例 rubyとreadline6
GPL2とGPL2 or laterの区別
GPL3とリンクできるかできないか http://d.hatena.ne.jp/obache/20090922/
バイナリ互換性を利用する
Cobalt Qube2でhpcmipsバイナリ作成
MIPSでendian little =mipsel同士なら動く
ユーザランドはほとんどそのまま動く
パッケージも共通化
NetBSD/{pmax,cobalt,arc,hpcmips}で共通
数GBある各種アプリケーション群を共通にする
pkgsrcを更新する
まず/usr/pkgsrcを更新し、次に、必要なソフトウェアを再コンパイルします。cvsで、/usr/pkgsrcを更新します。
# cd /usr/pkgsrc
# cvs update -PAd
... 最新版に上げる
# cvs update -Pdr pkgsrc-2013Q2 ... 2013Q2に上げる
更新が必要なソフトウェアを更新します。pkg_chkコマンド、またはpkg_rolling-replaceコマンドで更新します。
# pkg_chk -u
# /usr/pkg/sbin/pkg_chk -u -b -n -P /usr/local/src/NetBSD/pkgsrc-2013Q2/packages/All
# /usr/pkg/sbin/pkg_chk -u -b -P /usr/local/src/NetBSD/pkgsrc-2013Q2/packages/All
# cd /usr/pkgsrc/pkgtools/pkg_rolling-replace
# make package-install
# /usr/pkg/bin/pkg_rolling-replace
このドキュメント
以下のURLからこのドキュメントのソースコードをダウンロードできます。 ドキュメントはpy-sphinxを利用しています。
https://github.com/ebijun/NetBSD/tree/master/Guide
フォーマット: /usr/pkgsrc/textproc/py-sphinx
編集: /usr/pkgsrc/editors/gedit
PDFチェック: /usr/pkgsrc/pring/evince
bccksで豆本にしたい
40 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
mlterm-fbを使ってみる
mlterm
リソースの限られたマシンでは、Xを起動させるだけでリソースを使いきってしまう場合があります。 mlterm (pkgsrc/x11/mlterm)
[mlterm] は、X上で動作する多言語ターミナルエミュレータですが、mlterm-fbを有効にしてコンパイルすると、フレームバッファ上で動
作する多言語ターミナルエミュレータとして利用できます。
mlterm-fb向けオプション設定
/etc/mk.confに、mltermに与えるオプションを指定しておきます。pkgsrc/x11/mlterm以下を利用して、mltermをインストールします。
% grep mlterm /etc/mk.conf
PKG_OPTIONS.mlterm=xft2 mlterm-fb
# cd /usr/pkgsrc/x11/mlterm
# make package-install
# which mlterm-fb
/usr/pkg/bin/mlterm-fb
起動
コンソール画面からmlterm-fbを起動します。
% mlterm-fb
PCでのmlterm-fb起動
NetBSD/i386,amd64でmlterm-fbを利用する場合、起動時にVESAを指定します。 [はよーん]
1. 起動オプションで5を選択
2. > プロンプトでvesa を指定
3. boot
4. 起動
5. ログイン
6. mlterm-fb起動
テスト画像表示
mlterm-fbを起動した状態で、catを利用して、画像イメージを表示します。
% ftp http://mlterm.sourceforge.net/vimperator.six
% cat vimperator.six
41 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
画像変換方法
netpbmをインストールして、以下のコマンドを実行するとsixel形式に変換できます。
# cd /usr/pkgsrc/graphics/netpbm;make package-install
% jpegtopnm aaa.jpg |pnmquant 256 |ppmtosixel > aaa.sixel
% pngtopnm aaa.png |pnmquant 256 |ppmtosixel > aaa.sixel
mltermソースからmlterm-fbをコンパイルする
# ./configure --with-gui=xlib,fb
# make install
回転させて表示
NetBSD/zaurus C1000以降および、NetBSD/hpcarm WS011SHでは、そのまま起動すると、 mltermが縦画面で起動してしまいます。こ
の場合、mltermに–rotateオプションをつけて起動するか、起動後に$ mlcc rotate_display trueすると回転します。 。 .. –rotateオプショ
ンの挙動を変更し、–rotate=rightで時計回りに、–rotate=leftで反時計回りに回転します。(WS011SHは反時計回り?) この機能は最新版(
http://t.co/l52DRJGwGf ) に追加されています。
mltermについて
http://mlterm.sourceforge.net/ に、より詳しい情報があります。
mlterm-fb上でtwを動かしてみる
mlterm-fb上で日本語が表示できたら、tw [tw] を利用してツイッターのタイムラインを表示してみましょう。
twのインストール
pkgsrcからtwをインストールします。
# cd /usr/pkgsrc/net/ruby-tw
# make package-install
[mlterm] mlterm http://mlterm.sourceforge.net/
[tw] tw http://shokai.github.io/tw/
[はよーん] http://jnug.net/msg012914ja.html
PkgsrcでCMSを使ってみる
net commons
http://www.netcommons.org/
NetCommons-2.4.1.0.tar.gz をダウンロード
「推奨の組み合わせ: Linux, PHP 5.1.6, MySQL 5.0.22, Apache 2.2.3」
# cd /usr/pkgsrc/lang/php53 ... netcommonsはphp54以降未サポート(2013/8/1)
# cd /usr/pkgsrc/databases/php-mysql ... php53+mysqlインストール
# vi /usr/pkg/etc/php.ini
extension=mysql.so
# cd /usr/pkgsrc/www/ap-php
... php53+apacheインストール
# make package-install
# vi /usr/pkg/etc/httpd/httpd.conf
LoadModule php5_module lib/httpd/mod_php5.so
AddHandler application/x-httpd-php .php
# cd /usr/pkgsrc/converters/php-mbstring
# make package-install
# vi /usr/pkg/etc/php.ini
extension=mbstring.so
# vi /usr/pkg/etc/httpd/httpd.conf
DirectoryIndex index.php index.html
42 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
# vi /etc/rc.conf
apache=YES
# cp /usr/pkg/share/examples/rc.d/apache/etc/rc.d/apache
# /etc/rc.d/apache start
#
#
#
#
cp -r NetCommons-2.4.1.0/html/html /usr/pkg/share/httpd/htdocs/
cd /usr/pkg/share/httpd/htdocs
chown -R www.www html
mv html/* .
2013/8/1現在php5.4未対応
[Unknown_Condition_2048 ]:Non-static method LogFactory::getLog() should not be called statically,assuming $this from incompatible context in
/usr/pkgsrc/lang/php53
make package-install
SSL設定
/usr/pkg/etc/httpd/httpd-ssl.conf
SSLCertificateFile
SSLCertificateKeyFile
SSLCertificateChainFile
/usr/pkg/etc/httpd/httpd.conf
Include etc/httpd/httpd-ssl.conf
... コメントはずす
プリンターの設定
hplipのインストール
# cd /usr/pkgsrc/print/hplip
# /etc/mk.confに
PKG_OPTIONS.hplip=qt追加
# hpli..
cupsのインストール
#
#
#
#
#
cd /usr/pkgsrc/print/cups
make package-install
/etc/rc.conf に cupsd=YESを追加する
ブラウザでhttp://localhost:631にアクセス。
Administratorタブを開いて、rootでログイン。
NetBSDでの無線LAN設定
1. WEPの時
# ifconfig iwn0 ssid "sdfsdfdsfsdf" nwkey "sdfsfsdfsfs"
# ifconfig iwn0 ssid "sdfsdfdsfsdf" nwkey "0x0123ABCDEF"
2. WPA-PSKの時
/etc/wpa_supplicant.confに設定内容を書く。
ctrl_interface=/var/run/wpa_supplicant
ctrl_interface_group=wheel
network={
ssid="oschiroshima_booth_xx"
scan_ssid=1
key_mgmt=WPA-PSK
psk="osc2011hiroshima1"
}
と書いて、
# ifconfig iwn0 up
# /usr/sbin/wpa_supplicant -dd -i iwn0 -c /etc/wpa_supplicant.conf
43 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
でうまく動いたら-ddをとる。
NetBSDで観光ガイドを作ってみる
イベントで配る小冊子を作る
オープンソースカンファレンスではいつもNetBSDブースで「観光ガイド」と いう小冊子を配っています。この作り方を紹介します。
観光ガイド一覧
https://github.com/ebijun/osc-demo
観光ガイドを配るまで
観光ガイドはA4 20ページくらいのPDFファイルです。印刷はセブンイレブンの コピー機を使っています。USBメモリに入れたPDFファイ
ルを、セブンイレブンに あるコピー機でカラー1部,白黒15部印刷します。 そのとき「小冊子印刷」を選ぶと、コピー機がページの割付を
してくれて、 A5サイズの小冊子を印刷できます。小冊子印刷で印刷するPDFファイルの ページ数は4の倍数にしておきます。一回にかか
る費用は2800円程度です。
観光ガイドの構造
観光ガイドは、3つのPDFを組み合わせて作っています。
表紙
本文
裏表紙
PDFを組み合わせる
PDFを組みあわせて、ひとつのPDFファイルにするときには、 pdfshufflerを使っています。
# cd /usr/pkgsrc/print/pdfshuffler
# make package-install
% pdfshuffler
表紙
表紙は、WindowsのIllustratorで作って、PDF出力しています。 ガイドを作りはじめた頃はWindowsで作っていました。 NetBSDなら
inkscapeが使えます。
# cd /usr/pkgsrc/graphics/inkscape
# make package-install
% inkscape
裏表紙
裏表紙は、scribusを使っています。これもPDF出力できます。
# cd /usr/pkgsrc/print/scribus-qt4
# make package-install
% scribus
本文
本文部分は、sphinxとgithubを組み合わせて使っています。
# cd /usr/pkgsrc/textproc/py-sphinx
# make package-install
Sphinxでドキュメントを作る
sphinx-quickstartコマンドを実行すると、文書のスケルトンを作ってくれます。
% sphinx-quickstart
Welcome to the Sphinx 1.2.2 quickstart utility.
44 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
Please enter values for the following settings (just press Enter to
accept a default value, if one is given in brackets).
Enter the root path for documentation.
> Root path for the documentation [.]:
You have two options for placing the build directory for Sphinx output.
Either, you use a directory "_build" within the root path, or you separate
"source" and "build" directories within the root path.
> Separate source and build directories (y/n) [n]:
Inside the root directory, two more directories will be created; "_templates"
for custom HTML templates and "_static" for custom stylesheets and other static
files. You can enter another prefix (such as ".") to replace the underscore.
> Name prefix for templates and static dir [_]:
The project name will occur in several places in the built documentation.
> Project name: Pipe Piper Paper
> Author name(s): Jun Ebihara
Sphinx has the notion of a "version" and a "release" for the
software. Each version can have multiple releases. For example, for
Python the version is something like 2.5 or 3.0, while the release is
something like 2.5.1 or 3.0a1. If you don't need this dual structure,
just set both to the same value.
> Project version: 1.0
> Project release [1.0]: 0
The file name suffix for source files. Commonly, this is either ".txt"
or ".rst". Only files with this suffix are considered documents.
> Source file suffix [.rst]:
One document is special in that it is considered the top node of the
"contents tree", that is, it is the root of the hierarchical structure
of the documents. Normally, this is "index", but if your "index"
document is a custom template, you can also set this to another filename.
> Name of your master document (without suffix) [index]: [39;49;00m
Sphinx can also add configuration for epub output:
> Do you want to use the epub builder (y/n) [n]:
Please indicate if you want to use one of the following Sphinx extensions:
> autodoc: automatically insert docstrings from modules (y/n) [n]:
> doctest: automatically test code snippets in doctest blocks (y/n) [n]:
> intersphinx: link between Sphinx documentation of different projects (y/n) [n]:
> todo: write "todo" entries that can be shown or hidden on build (y/n) [n]:
> coverage: checks for documentation coverage (y/n) [n]:
> pngmath: include math, rendered as PNG images (y/n) [n]:
> mathjax: include math, rendered in the browser by MathJax (y/n) [n]:
> ifconfig: conditional inclusion of content based on config values (y/n) [n]:
> viewcode: include links to the source code of documented Python objects (y/n) [n]:
A Makefile and a Windows command file can be generated for you so that you
only have to run e.g. `make html' instead of invoking sphinx-build
directly.
> Create Makefile? (y/n) [y]:
> Create Windows command file? (y/n) [y]:
Creating
Creating
Creating
Creating
file
file
file
file
./conf.py.
./index.rst.
./Makefile.
./make.bat.
Finished: An initial directory structure has been created.
You should now populate your master file ./index.rst and create other documentation
source files. Use the Makefile to build the docs, like so:
make builder
where "builder" is one of the supported builders, e.g. html, latex or linkcheck.
html出力をしてみる
gmake htmlを実行すると、_build/html以下にhtmlファイルを作ってくれます。
% gmake html
% ls _build/html
45 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
_sources
_static
genindex.html
index.html
objects.inv
search.html
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
searchindex.js
テキスト出力をしてみる
gmake textを実行すると、_build/テキスト以下にtxtファイルを作ってくれます。
% gmake text
% ls _build/text
index.txt
Sphinxのディレクトリをgithubに登録する
Sphinxのディレクトリをgithubに登録して、文章の版数管理とプレビューを githubでやってみます。
https://github.com/ebijun/NetBSD/tree/master/Guide
たとえば、 https://github.com/ebijun/NetBSD/blob/master/Guide/Luna.rst を見ると、Lunaの薄い本の内容がそれっぽくフォーマット
されて出力されます。
観光ガイド本文を作る
いろんな文章を、markdownでかいて、どんどんgithubに登録していきます。 観光ガイドを作るときは、イベントに合わせた文章をいく
つか選んで、 index.rstに登録します。
https://raw.githubusercontent.com/ebijun/NetBSD/master/Guide/index.rst
:
Place/fukuoka
https://github.com/ebijun/NetBSD/blob/master/Guide/Place/fukuoka.rst
Place/intro
https://github.com/ebijun/NetBSD/blob/master/Guide/Place/intro.rst
RPI
https://github.com/ebijun/NetBSD/blob/master/Guide/RPI.rst
Place/asiabsdcon
https://github.com/ebijun/NetBSD/blob/master/Guide/Place/asiabsdcon.rst
gmake singlehtmlを実行します。すべての文章が一つのhtmlファイルにまとまります。
% gmake singlehtml
% ls _build/singlehtml
_images
_static
index.html
objects.inv
まとまった文章をfirefoxで開きます。全体を20ページにするなら、表紙と裏表紙2ページ分を抜いた18ページ分になるよう、firefoxの表示
縮尺を調整して、PDFで出力します。
% firefox _build/singlehtml/index.html
PDFを組み合わせる
表紙、裏表紙、本文3つのPDFをpdfshufflerでひとつのPDFファイルにつなぎあわせて、 FTPサーバにアップデートします。アップデート
したらtwitterなりfacebookなりで 報告します。イベント終了後には、URLを配布ドキュメントとして連絡します。
まとめ
イベントごとに配布している小冊子をNetBSD上で作る方法を紹介しました。 おもにAtomのネットブックでいつも作っていますが、
NetBSDであればどのマシンでも手順自体はおなじです。
日本NetBSDユーザーグループのご紹介
Japan NetBSD Users’ Group
1999年8月21日成立
members-ja:45人 committee:18人
日本のNetBSDユーザに便宜を図る
FTP/CVS/WWWサーバの管理
ドキュメント・WWWページ翻訳
KOF,OSCに全て参加(.DB/.cloud除く)
46 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
回線提供:IIJ
http://www.jp.NetBSD.org/
年一度定期総会・BoFを実施
2016/7/9
東京 根津 東大武田先端知ビル
ハッシュタグ: #JNUG
メーリングリスト
http://www.jp.netbsd.org/ja/JP/ml.html
NetBSD一般
announce-ja,junk-ja,tech-misc-ja,tech-pkg-ja
機種特有
port-arm32-ja,port-hpcmips-ja,port-mac68k-ja,port-mips-ja,port-powerpc-ja,hpcmips-changes-ja
JNUG関連
members-ja,admin-ja
jp.NetBSD.org運営関連
www-changes-ja
サーバ周り
ftp?.jp.NetBSD.org
1時間に一度更新:cvsweb.NetBSD.org (pigu)とanoncvs.jp.NetBSD.org (incubator)
Webページ
CVS管理からgit管理へ git clone git://github.com/NetBSDjp/htdocs.git
FaceBook
http://www.facebook.com/NetBSD.jp/
366いいね: イベント欄: www.jp.NetBSD.orgと連携
[email protected]
参加申し込み:
[email protected] にメールください
アーカイブ:
http://www.re.soum.co.jp/~fukaumi/
1994/11/25-: 10446通/7897日(2016/7/9まで:21年227日)
メールアドレス登録数 873 有効メールアドレス 402
国内BSDユーザグループ
http://www.netbsd.org/gallery/groups.html
BBQ: ?
BSD Users Group,Shinshu: ?
Chofu *BSD Users’ Grup: ?
Chiba *BSD Users’ Grup: ?
Daibou East *BSD Users Group: ?
Echigo BSD Users Group: 活動中
Kansai *BSD Users Group: 活動中
Nagoya *BSD Users Group: 活動中
Northern land BSD Users Group: 活動中
Shikoku *BSD Users Group: 活動中
Tohoku BSD Users Group: ?
オープンソースカンファレンスこの一年
オープンソースカンファレンスと関西オープンソースに出展しています
47 / 48
2016/07/21 13:57
セキュリティキャンプ2016 SecCamp2016 ドキュメント
file:///usr/local/Github/NetBSD/Guide/_build/singleh...
Facebookイベントページ作成
毎月 [email protected]アナウンス
ブース出展:基本セット(RPIなど)+ご当地出展
セミナー:NetBSD観光ガイド(https://github.com/ebijun/osc-demo) +希望者発表
netbsd-advocacyへ参加報告
RaspberryPIイメージ作成 port-armへ告知
togetterでツィートまとめ→反応がわかります
pkgsrc: mikutter,mlterm,contao,libreoffice,basercms...
2016/7/5時点のtogetterアクセス数です。
48 / 48
イベント名
URL
View
オープンソースカンファレンス2016 Okinawa NetBSDブース展示の記録
http://togetter.com/li/995155
551
オープンソースカンファレンス2016 Hokkaido NetBSDブース展示の記録
http://togetter.com/li/988853
598
オープンソースカンファレンス2016 Nagoya NBUG & NetBSDブース展示の記録
http://togetter.com/li/980383
1050
オープンソースカンファレンス2016 Gunma NetBSDブース展示の記録
http://togetter.com/li/975036
739
AsiaBSDCon 2016の記録
http://togetter.com/li/947029
2737
オープンソースカンファレンス2016 Tokyo/Spring NetBSDブース展示の記録
http://togetter.com/li/943037
1749
オープンソースカンファレンス2016 Hamanako NetBSDブース展示の記録
http://togetter.com/li/929091
1098
NetBSD Advent Calendar 2015の記録
http://togetter.com/li/916444
1003
オープンソースカンファレンス2015 Tokushima NetBSDブース展示の記録
http://togetter.com/li/899923
1160
関西オープンソース2015 NetBSDブース展示の記録
http://togetter.com/li/896456
1855
オープンソースカンファレンス2015 Tokyo/Fall NetBSDブース展示の記録
http://togetter.com/li/891107
1233
オープンソースカンファレンス2015 Fukuoka NetBSDブース展示の記録
http://togetter.com/li/881732
977
オープンソースカンファレンス2015 Hiroshima NetBSDブース展示の記録
http://togetter.com/li/875487
1675
オープンソースカンファレンス2015 Niigata NetBSDブース展示の記録
http://togetter.com/li/869752
984
オープンソースカンファレンス2015 Shimane NetBSDブース展示の記録
http://togetter.com/li/863726
1062
オープンソースカンファレンス2015 [email protected] NetBSDブース展示の記録
http://togetter.com/li/857157
4008
日本NetBSDユーザーグループ第十七回定期総会 および NetBSD BoF 2015 の記録
http://togetter.com/li/845730
1499
2016/07/21 13:57
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
446
File Size
488 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content