close

Enter

Log in using OpenID

RISCON TOKYO 2016 実施結果報告書

embedDownload
会 期:2016年10月19日
(水)
~21日
(金)
会 場:東京ビッグサイト 西1・2・3ホール、会議棟
主 催:株式会社 東京ビッグサイト
テロ対策を創造する。
Now, Confronting Terroism
事業リスク
犯罪
災 害 、犯 罪 、
あらゆるリスクに対処する
展
災害
実施結果報告書
目 次
危機管理産業展(RISCON TOKYO)2016
■ 開催概要、来場者状況
1
■ 来場者アンケート集計結果
3
■ 主要来場者(一部抜粋)
■ 展示構成
■ 出展者アンケート集計結果
■ セミナー(基調対談 / 基調講演 / シンポジウム / 危機管理セミナー/ 特別セミナー/
出展者プレゼンテーション)
、併催イベント
■ サイバーセキュリティワールド・出展者アンケート集計結果
2
4
5
6,7
8
■ サイバーセキュリティワールドセミナー(主催者セミナー/ 出展者プレゼンテーション) 9
■ 開会式、出展者交流会、行政主催会議・講習会
■ 広報活動
■ RISCON 会場レイアウト図
■ RISCON 出展者一覧
10
11
12,13
14,15
テロ対策特殊装備展(SEECAT)’16
■ 開催概要、来場者状況
16
■ 来場者アンケート集計結果
18
■ 主要来場者(一部抜粋)
■ 展示構成
■ 出展者アンケート集計結果
■ アドバンストセミナー、出展者プレゼンテーション
■ 広報活動
■ SEECAT 出展者一覧
17
19
20
21
22
23
■ SEECAT 会場レイアウト図
24,25
■ 次回開催案内
裏表紙
開催概要
名 称
主 催
特別協力
後 援
協 賛
運 営
展示規模
入 場 料
特別併催企画
危機管理産業展(RISCON TOKYO *)2016
(株)東京ビッグサイト
東京都
内閣府政策統括官(防災担当)、警察庁、復興庁、消防庁、文部科学省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、気象庁、
海上保安庁、防衛省、全国知事会、全国市長会、全国町村会、全国消防長会、アメリカ大使館商務部、
(独)
情報処理推進機構、
(独)日本貿易振興機構(JETRO) (順不同)
(一社)
日本経済団体連合会、(公社)経済同友会、日本商工会議所、全国商工会連合会、
(一社)
日本在外企業協会、
(公財)公共政策調査会、(一社)全国警備業協会、
(公社)
日本防犯設備協会、
(公財)
日本消防協会、
(一社)日本火災報知機工業会、(一財)日本防火・危機管理促進協会、
(一社)
日本損害保険協会、
(一社)
日本防衛装備工業会、
日本赤十字社、(一社)日本ガス協会、(一社)日本原子力産業協会、
(一社)
日本内燃力発電設備協会、
(一社)日本免震構造協会、(公社)日本空気清浄協会、
(一社)
日本オフィス家具協会、定期航空協会、
(一社)日本ケーブルテレビ連盟、全国商店街振興組合連合会、
(特非)
日本データセンター協会、
(特非)
日本防災士会、
(一社)電気通信事業者協会、(公社)日本ファシリティマネジメント協会、
(一財)
エンジニアリング協会、
(一社)日本標識工業会、原子力損害賠償・廃炉等支援機構、
(一財)
日本サイバー犯罪対策センター (順不同)
アテックス(株)
国内外342社 568小間(共同出展含む)
2,000円(税込)
※招待券持参者 ・WEB 事前登録者は無料
サイバーセキュリティワールド2016
RISCON:
“Risk(危険、危機)”と“Control(管理・制御)”からなる造語。「Risk を完全に回避することは困難だが、可能な限り Control したい」との意。
「危機管理産業展」
、
「危機管理展」、「RISCON」は(株)東京ビッグサイトの登録商標です。
*
来場者状況
4月の熊本地震の発生による防災意識の高まりに加え、東京2020オリンピック・パラリンピック等に向けてセキュリティ対策への
関心が高まっていることもあり、官民から多数の来場者が集まった。また、特別併催企画サイバーセキュリティワールドの新設によ
り、業種別構成比については情報通信業の割合が増加した。
民間企業からは防災・セキュリティ・事業リスク対策製品・サービスを調達する総務担当者が多数来場。国・自治体の危機管理担当
者や消防・警察など官公庁関係者の来場も多く、危機管理資機材の調達・情報収集の場として深く浸透している。
日付
天気
10月19日(水)
晴れ
10月20日(木)
晴れ
10月21日(金) 晴れ時々くもり
合計
来場者数※1
のべ来場者数※2
5,851
6,204
7,387
19,442
19,854
18,683
21,243
59,780
前回実績
危機管理産業展(RISCON TOKYO)2015
来場者数
のべ来場者数
5,885
6,638
7,832
20,355
18,677
18,120
20,674
57,471
※1 氏名・会社名等の来場登録を行った人数。会期中1回のカウントとし、再入場は含まない。
  本年の RISCON は、経済産業省が定めた「展示会統計に係る第三者認証制度」に認証申請し、
「一般展示会」として認証された。
※2 本展に来場したのべ人数。同日内の再入場者数を含むため、
「展示会統計に係る第三者認証制度」に定義される「来場者数」とは異なる。
※プレスは含まない。
〈来場者業種別構成比〉
商業施設 0.3%
その他 11.9%※
町会・自治会・マンション管理組合
1.1%
交通・ライフライン 1.5%
医療・福祉 1.7%
運輸業 1.8%
不動産・ディベロッパー 2.1%
警備 4.8%
建設業 5.2%
サービス・金融・
コンサルタント業 8.6%
製造業
24.2%
卸売・小売業
14.0%
国・自治体
13.0%
情報通信業 9.8%
1
※その他:国・自治体議会関係者、大使館、災害ボラン
ティア、大学・研究機関、学校法人、NPO
法人などを含む。
■海外来場者:ブラジル、中国、デンマーク、英国、フ
ランス、ドイツ、オランダなど19カ国・
地域より来場(アルファベット順)
主要来場者(一部抜粋)
警察関係
警察庁
情報本部
分析部
多賀城市
市民経済部商工観光課
自衛隊病院
自衛隊中央病院
つくば市
環境生活部 危機管理課
極東警備保障
自衛隊横須賀病院
那須烏山市
総務課 危機管理グループ
原子力セキュリティサービス 警備部
長官官房 第1開発室
南陽市
上下水道課
CSP フロンティア研究所 研究開発本部
技術戦略部
ふじみ野市
危機管理防災課 防災係
セコム
Tokyo 2020推進本部
調達事業部
船橋市
危機管理課
セントラル警備保障
技術本部
CBRN 検知技術推進室
南アルプス市
防災危機管理室
全日警
警務本部 機械警備部
南魚沼市
総務部総務課防災庶務班
中電防災
浜岡総合事業所
総務部
南相馬市
経済部商工労政課企業支援係
テイケイ
業務推進本部内
警備部
国土強靱化推進室
横浜市
総務局 危機管理室
東芝セキュリティ
総務部
地域部
内閣サイバーセキュリティセンター
清水町
くらし安全課
防災課
長官官房総務課
刑事局 薬物銃器対策課
警備局 警備企画課
防衛装備庁
外事情報部 国際テロリズム対策課
科学警察研究所
皇宮警察本部
警備部
警視庁
総務部
政府関係
交通部
内閣官房
警備
業務第3部
運輸
公安部
内閣府
政策統括官
東伊豆町
鹿島東洋埠頭
総務部
刑事部
個人情報保護委員会
総務課
地方議会
近鉄エクスプレス
総務部
生活安全部
総務省
関東総合通信局 防災対策推進室
東京都議会
国際興業
総務部 総務課
北陸総合通信局 情報通信振興室
岐阜県議会
商船三井
海上安全部
大臣官房会計課
墨田区議会
鈴与
東京事務所
矯正局 成人矯正課
江東区議会
大洋海運
管理部
組織犯罪対策部
オリンピック・パラリンピック競技大会総合対策本部
法務省
サイバーセキュリティ対策本部
愛知県警察本部
情報分析捜査課
文部科学省
研究開発局 地震・防災研究課
目黒区議会
DNP ロジスティクス 総務部環境安全課
茨城県警察本部
警備部公安課 サイバー攻撃特別捜査隊
厚生労働省
医薬・生活衛生局 医薬品審査管理課
大田区議会
日本通運
海外管理部
岡山県警察本部
地域部 通信指令課
経済産業省
産業技術環境局 国際標準課
杉並区議会
日本郵船
総務グループ
神奈川県警察本部
NBC テロ対応専門部隊
製造産業局 航空機武器宇宙産業課
豊島区議会
ヤマト運輸
財務部 調達課
岐阜県警察本部
警備総務課 サイバー攻撃対策係
商務情報政策局 サイバーセキュリティ課
稲城市議会
熊本県警察本部
警備第二課 危機管理室災害警備
特許庁
総務課制度審議室
川越市議会
AIR DO
安全推進室
埼玉県警察本部
総務部財務局施設課 設備係
国土交通省
大臣官房 危機管理室
座間市議会
江ノ島電鉄
総務部 総務課
静岡県警察本部
総務部会計課 予算係
港湾局 海岸・防災課 危機管理室
所沢市議会
遠州鉄道
内部統制室
千葉県警察本部
成田国際空港警備隊 航空課
航空局 安全企画課 国際・危機管理室
那須塩原市議会
小田急電鉄
IT 推進部
栃木県警察本部
警備部公安課 サイバー攻撃特別捜査隊
東北地方整備局 東北技術事務所 防災・技術課
西宮市議会
九州電力
ICT ソリューショングループ
兵庫県警察本部
刑事部捜査第三課
関東地方整備局 河川部 河川工事課
真鶴町議会
京王電鉄
総務法務部 災害対策室
福岡県警察本部
警備部 警備課 危機管理対策室
関東地方整備局 千葉国道事務所
民間企業等
(50音順・法人格省略)
京葉ガス
総務部 管財グループ
北海道警察本部
サイバーセキュリティ対策本部
中部地方整備局 静岡国道事務所
製造業
首都圏新都市鉄道
つくばエクスプレス総合基地 施設管理所
保全・交通部 防災対策課
消防関係
総務省消防庁
東京消防庁
予防課
国民保護運用室
東京都関係
広域応援室
東京都
交通・ライフライン
九州運輸局 海上安全環境部
旭化成
延岡支社企画管理部
首都高速道路
東京航空局 東京空港事務所
味の素
総務・リスク管理部
中国電力
電源事業本部
エーザイ
総務・環境安全部
東海旅客鉄道
中央新幹線推進本部 企画推進部
政策企画局
荏原製作所
人事室海外人事グループ
東京ガスファシリティサービス セキュリティ管理部
企画調整部財務課 予算係
総務局 総合防災部防災管理課
協和発酵バイオ
品質・環境安全統括部
東京急行電鉄
都市創造本部 運営事業部
総務部 情報通信課
オリンピック・パラリンピック準備局 総合調整部
サッポロホールディングス グループリスクマネジメント部
東京地下鉄
鉄道本部 工務部
人事部職員課
福祉保健局 障害者施策推進部
新日鐵住金
室蘭製鐵所 安全環境防災部
東京電力ホールディングス 経営企画ユニット 総務・法務室
警防部 特殊災害課
産業労働局 商工部 経営支援課
スタンレー電気
法務部コンプライアンス推進課
東北電力
東京支社 総務課
防災部 防災安全課
建設局 補修課
太陽石油
危機管理 G
中日本高速道路
保全企画本部 危機管理・防災チーム
救急部 救急医務課
港湾局 東京港管理事務所
デンソー
安全環境・品質本部 情報セキュリティ推進室
成田国際空港
総合安全推進部
予防部 危険物課 保安規制係
交通局 総務部 安全対策推進課
トヨタ自動車
技術管理部 安全健康推進室 安全衛生 G
西日本高速道路
東京事務所 総務企画課
装備部 装備課 特殊車製作係
水道局 職員部
富士通ゼネラル
BCM 推進室
西日本旅客鉄道
安全推進部
消防技術安全所 装備安全課
下水道局 総務部
ブリヂストン
総務部
東日本高速道路
管理事業本部 防災・危機管理チーム
第九消防方面本部消防救助機動部隊
千代田区
地域振興部安全生活課
マルハニチロ
リスク管理統括部
東日本旅客鉄道
総務部
大阪市消防局
警防部 警防課
中央区
防災危機管理室
矢崎総業
危機管理部
北陸電力
情報通信部
小田原市消防本部
警防計画課
港区
防災危機管理室防災課
ルネサスエレクトロニクス 経営企画統括部 CSR 課
北海道ガス
総務人事部危機管理室
霧島市消防局
警防課 消防団係
新宿区
危機管理担当部 危機管理課
ゆりかもめ
運輸部
神戸市消防局
警防課
台東区
危機管理室
SCSK
静岡市消防局
警防部 指令課
墨田区
安全支援課 安全支援係
NTT データ
郵政ビジネス事業部
大森赤十字病院
諏訪広域消防本部
通信指令課
品川区
防災まちづくり部
NTT ドコモ
サービス運営部 災害対策室
恩賜財団済生会東京都済生会向島病院 総務課
天童市消防本部
消防署第二科
目黒区
危機管理室
大塚商会
トータル情報システム室
神奈川県立がんセンター 看護局
長崎市消防局
予防課
大田区
危機管理室
KDDI
総務・人事本部 総務部
がん研究会
購買・施設部 施設管理課
能代山本広域市町村圏組合消防本部 総務課 総務担当
世田谷区
危機管理室
サイバーエージェント システムセキュリティ推進グループ
慶応義塾大学病院
管財課防災担当
白山野々市広域消防本部 通信指令課
渋谷区
危機管理対策部 防災課
日本アイ・ビー・エム セキュリティー事業本部
国立病院機構災害医療センター DMAT 事務局
若狭消防組合
杉並区
危機管理室 危機管理対策課
東日本電信電話
秋田災害対策室
JCHO 東京新宿メディカルセンター 救急総合診療部
北区
危機管理室防災課
日立システムズ
ネットワークセキュリティサービス事業部
聖マリアンナ医科大学病院 救命センター
事業推進本部
警防課 消防本部
防衛省
情報通信
IR・財務・リスク管理グループ リスク管理部
病院
医療社会事業部
整備計画局
防護施設研究室
荒川区
区民生活部 防災課
ビッグローブ
統合幕僚監部
防衛計画部 計画課分析室
練馬区
危機管理室 防災計画課
フューチャーアーキテクト テクノロジーイノベーショングループ
名古屋第二赤十字病院 管理局 経理部 管財課
指揮通信システム部
足立区
危機管理室
みずほ情報総研
エンタープライズ第5部
那須赤十字病院
第1師団第1特殊武器防護隊
葛飾区
防災課 地域安全係
ヤフー
メディアカンパニー ヤフー天気災害
日本医科大学付属病院 事務部 防火管理室
第1後方支援連隊 衛生隊
江戸川区
危機管理室防災危機管理課
中央即応集団司令部 後方補給部
清瀬市
総務部防災安全課
NTT 都市開発
ビル事業本部
需品学校
日野市
総務部 情報システム課
鹿島建設
総務・人事本部
補給統制本部 施設部
自治体関係
(東京都以外、県・市・町別 50音順)
サンシャインシティ
管理部
オリエンタルランド
セキュリティ部
関東補給処
茨城県
企画部 情報政策課 IT 企画室
清水建設
技術研究所 安全安心技術センター
京王プラザホテル
総務部
海上幕僚監部 装備計画部
神奈川県
安全防災局
大和ハウス工業
東京本社 総務部
新横浜ラーメン博物館 管理本部総務課施設衛生
掃海隊群司令部
埼玉県
危機管理防災部 危機管理課
高砂熱学工業
技術本部 品質・環境・安全部
東京国際フォーラム
阪神基地隊
静岡県
危機管理部 危機対策課
竹中工務店
原子力火力本部
東京ドームファシリティーズ BM 本部
舞鶴警備隊 陸警隊
島根県
土木部 技術管理課
千代田化工建設
危機管理ユニット
東武タワースカイツリー 営業本部 運営部
補給本部 需品部需品補給課
鳥取県
危機管理局危機対策・情報課
東急建設
管理本部 総務部
藤田観光
艦船補給処 艦船部
長野県
松本空港管理事務所
中日本ハイウェイ・メンテナンス名古屋 保全課
航空幕僚監部 装備計画部
厚木市
セーフコミュニティくらし安全課
西松建設
安全環境品質本部
三菱地所リテールマネジメント 管理統括部
第9航空団 司令部 監理部
伊豆市
総務部 防災安全課
日揮
法務コンプライアンス統括本部
森ビル
管理事業部
第2作戦システム隊サイバー科
浦安市
総務部 防災課
フジタ
建設本部
横浜国際平和会議場
総務部
航空支援集団司令部
柏市
総務部 防災安全課
前田建設工業
建築設計部 品質監理グループ
電子開発実験群 技術調査隊
川崎市
総務企画局危機管理室
ミサワホーム
調達開発部 特需推進課
補給本部 需品第1課 救命装備・衛生器材班
佐渡市
総務課 防災危機管理室
三井住友建設
企画部 IT グループ
陸上自衛隊
海上自衛隊
航空自衛隊
建設・不動産・ディベロッパー
2
東京医科大学八王子医療センター 安全管理室
看護部
兵庫県災害医療センター 兵庫県災害救急医療情報指令センター
特別養護老人ホーム むさし村山苑 総務部
商業施設
管理部 総務課
新宿ワシントンホテル
三越伊勢丹ホールディングス リスクマネジメント室
(順不同)
来場者アンケート集計結果
(回収枚数:294枚)
Q1 あなたの職種は?
Q3 あなたの職務権限は?
Q2 あなたの役職は?
購入・導入を決定する
権限を持つ
経営者・役員
10.2%
法務・監査
0.3%
広報・宣伝
1.0%
生産
1.0%
情報システム
2.7%
公務員・
団体職員
その他
16.8%
23.7%
13.4%
購入・導入を
アドバイスする
立場である
係長・
主任クラス
22.6%
営業・販売
13.0%
企画・調査
7.7%
特に役割は
ない
30.9%
部長・
課長クラス
23.7%
一般
43.5%
総務・経理・
人事
施設管理
5.0%
研究・開発
6.7%
8.2%
33.7%
機器・システムを
利用する立場から
意見を言う
16.7%
経営者・役員
8.7%
自分の決定に従って
ほぼ購入・導入が決まる
10.5%
Point
公務員・団体職員が1/4を占め、官公庁からの来場が多いことがわかる。
民間からも総務・経理・人事、施設管理など危機管理に携わる職種や、経営者・役
員という決定権者が来場している。
Q4 今回の展示会を何で知りましたか?(複数回答可)
招待券
49.0%
ホームページ
33.0%
知人の紹介
11.6%
主催者からのDM
10.2%
主催者からのE-Mail
2.7%
テロ対策特殊装備展に来場したから
2.4%
1.0%
マスメディア
0
10
30
40
その他 招待券
3.5%
セミナーに ホームページ
参加するため
製品・サービスの
11.2%
同時期開催展に来場したから
購入・導入検討
16.9%
主催者からのダイレクトメール
それほど役に立たなかった
3.1%
43.8%
34.4%
製品・サービスの
情報収集
主催者からのE-Mail
Q7 次回のご来場予定は?
来場しない
0.7%
15.1%
非常に
役に立った
7.5%
35.9%
7.0%
マスメディア
50
Q6 この展示会はあなたの役に立ちましたか?
Q5 ご来場の主な目的は?
知人の紹介
20
役に立った
4.3%
61.0%
3.2%
必ず来場する
来場したい
34.4%
64.9%
68.4% 0.7%
検索エンジン(Yahoo等)
0
10
20
30
40
Point
50
約97%が、RISCONへの来場が役に立ったと回答。次回の来場意欲も極めて高く、
製品・サービスの情報を得る場としての RISCON が、毎年、危機管理マーケット
から高い期待を集めていることがわかる。
3
展示構成
「防災・減災ゾーン」、「セキュリティゾーン」
、
「事業リスク対策ゾーン」の主要3分野に加え、あらゆる組織において対応が喫緊の
課題となっているサイバー攻撃対策にフォーカスした特別併催企画「サイバーセキュリティワールド」を新設。“あらゆるリスクを
網羅する”最新の資機材・サービスが、ハードとソフトの両面から提案された。
〈主要出展製品〉
防災・減災ゾーン ~災害対策を網羅する~
災害対策ロボット・
災害対応ロボット/探査ロボット/消防用ロボット/パワーアシストスーツ/ドローン用安全装置/緊急対策ソリューション など
ド ロ ー ン【集 中 展 示】
地
震
対
策
トレーラーハウス/耐震マット/耐震金具/天井落下防止システム/家具転倒防止具/地震・津波対策シェルター/
緊急地震速報機器/災害対策用トイレ など
水 害 ・
雷 害 ・ 止水板/防水扉/ポンプエアシェルター/水位計/川水位警報ユニット/浸水警報システム/液体バキュームクリーナー/
雪 害 ・ 竜 巻 対 策 インフレータブルボート/長靴・レインウェア/気象レーダー/雪上車/除雪機 など
救助・救出・救急医療
火
災
防
対
災
I
策
C
T
救護担架/AED(自動体外式除細動器)/ベスト/ハーネス/カラビナ/ゴーグル/感染防止衣/救急包帯・はさみ/救助用訓練人形/
緊急災害対策用手袋/止血パッド/電動式心肺人工蘇生器/全天候型防水コンテナ/水難救助資機材/レスキューボート/
電動油圧式救助器具/階段避難車/信号弾/発煙筒/防火・消防活動服/防災・避難テント など
防火服/特殊耐熱服/緊急用シャワー/洗眼器/災害対応型雨水タンク/感震ブレーカー など
J アラート受信機/エリアメール警報装置/高性能スピーカー/緊急通報システム/緊急情報表示システム/安否情報共有システム/
斜面傾き検知システム など
非 常 食 ・ 備 蓄 品
非常持出袋/非常食/保存水/非常用簡易トイレ/手回し式充電ラジオライト/炊き出し器/緊急時用浄水装置/
応急給水組立式タンク/災害避難所用間仕切/折り畳み式簡易ベッド/マンホールトイレ など
感
防毒マスク/バイオハザードマスク/防護具キット/防護服 など
染
症
対
策
老 朽 化 イ ン フ ラ ・
プラスチック製敷板/U 字路/構造物点検診断装置/飛散アスベスト検出装置 など
復
興
対
策
その他災害対策全般
投光器・障害灯/交通規制機材/折りたたみ式ヘルメット/反射ベスト/安全靴/レインスーツ/防水靴下/火山対策用品/
ヘッドライト/避難誘導塔/暗視スコープ/サーマルカメラ/完全防水双眼鏡/環境測定器/呼吸用保護具/災害救援活動二輪車/
災害対策用運搬車両/水陸両用車/総合防災・災害情報システム/レンジャーロープ/特殊工具/防水ケース/蓄光関連製品/
レーザー距離計/圧力計・温度計/超軽量天井材/難燃寝具素材/制菌難燃素材毛布/防災備蓄倉庫 など
セキュリティゾーン ~防犯対策を網羅する~
2 0 2 0 T O K Y O
大規模イベント向け防犯資機材/化学物質・爆発物検知/反射ベスト/長距離用スピーカー など
セキュリティ【集中展示】
監 視 ・
防 犯
シ ス テ ム ・ カ メ ラ
カメラ各種(IP/監視/録画一体型防犯/高倍率ズームレンズ/超低照度/HD 対応)/映像監視システムソリューション/ネットワー
ク監視ソリューション/画像処理/クラウド型セキュリティサービス/生体認証システム/車両番号認識装置/振込め詐欺対策機材 など
入 退 室 管 理 /
外 周 セ キ ュ リ テ ィ
入退室管理/現金輸送車/防弾盾 など
警
ス
次世代マンマシンシステム/双眼鏡/照準器 など
ズ
護身用装備品 など
犯
さす股/ライフジャケット など
防
地
備
サ
犯
域
ー
グ
ビ
ッ
防
その他セキュリティ
対
策
全
般
金属探知機/X 線検査装置/車両阻止アングル/インジケーター付き錠前 など
事業リスク対策ゾーン ~事業活動を取り巻くあらゆるリスク対策を網羅する~
工場・現場の安全対策
安全靴/作業用手袋/非常電源用携帯型発電機/エンジンカッター/チェンソー/小型赤外線カメラシステム/着用型測位デバイス など
【 集
中
展
示
】
交 通 リ ス ク 低 減
電動樹脂ボラード など
【 集
中
展
示
】
非 常 時 通 信 ・
各種無線通信機器/衛星通信サービス/消防受令機 など
ウェブ会議システム
停 電 ・ 節 電 対 策
非常用電源装置/自家発電装置/直流給電システム/折りたたみ式ソーラーパネル など
そ の 他 BCP 対 策 全 般
災害時緊急燃料配送システム/少量危険物タンク/移動電源車/クラウド型監視システム など
特別併催企画サイバーセキュリティワールド ~サイバー空間における脅威に対処する~
エンタープライズ向け
ソ リ ュー シ ョ ン
自
治
体
向
け
ソ リ ュー シ ョ ン
重 要 イ ン フ ラ 向 け
ソ リ ュー シ ョ ン
サイバーテロ対策ソフト/トラフィック可視化アラートシステム/
標的型攻撃対策ソリューション脅威インテリジェンス提供サービス/ファイル自動暗号化ソフト/サイバー演習サービス/
各種サービスのデモンストレーション など
その他サイバーセキュリティ
対
策
全
般
4
出展者アンケート集計結果
Q1 今回出展に至ったきっかけ
Q2 本展への来場者数について
Q3 会期中における来場者との
(複数回答可)
(%)
60
商談について
期待以上
59.9%
9.4%
商談は
なかった
24.5%
期待以下
33.5%
15
8.5% 8.5%
※その他の理由
・過去に出展したことがあり、新製品が出たため。
・防災関係の展示会をさがしていて、WEBサイト
を見つけたため。
・東京ビッグサイト展示会予定表を見て。
など
商談があった
期待どおり
75.5%
57.1%
その他※
評判を聞いて
主催者関係者の紹介
取引先・関係先の紹介
業界紙等の
開催告知記事を見て
出展の案内をDM
で受け取って
毎年出展している
0
12.5%
6.3% 6.3%
4.8%
●自由意見
・想像以上の方がブースへ来てくださった。
・昨年より自社ブースでのアンケートの回収数が増えた。
・見込客の情報が想定以上に集まった。
・新商品の反応が大いに良かった。
・同業の展示会と重なっており、ターゲットの来場が少なく感じた。
(%)
90
87.6%
80
70
60
50
40
30
20
Q4 出展された成果について
10
期待以上
期待以上
5.2%
期待以下
20.2%
9.1%
成約には
至らなかった
②新規顧客獲得の場として
会期終了後、
詳細をかためる
①商談の場として
8.3%
4.1%
成立した
0
③既存客へのアピールの場として
期待以上
期待以下
12.2%
9.5%
期待以下
21.7%
期待どおり
④新製品発表の場として
期待以上
期待以下
10.8%
14.0%
期待どおり
75.2%
期待どおり
期待どおり
74.6%
78.3%
69.2%
⑤販売促進 /PR の場として
期待以上
期待以下
9.9%
11.4%
期待どおり
78.7%
⑥製品に対する来場者からの意見収集の場として
期待以上
期待以下
6.3%
13.3%
期待どおり
80.4%
Point
出展の成果は、7割から8割の出展者が「期待どおり・期待以上」と回答。
「意識の高い来場者に関心を持ってもらえた」
「専門性の高い商談
が出来た」「成約につながりそうな案件が複数ある」という、具体的な実績の声も多数寄せられた。
PR やマーケティング、新規顧客獲得など、危機管理マーケットにおいて確実な成果が見込める展示会として、今回も高い評価が得られた。
5
セミナー
基調対談・基調講演・シンポジウム
会場:会議棟1階 レセプションホール B
基調対談
11:00~12:00
日本が取るべき針路 ~激動するアジア情勢の中で~
小野寺 五典 氏
志方 俊之 氏
【ゲ ス ト】 衆議院議員/元防衛大臣
【ホ ス ト】 帝京大学 名誉教授
月
10 基調講演
13:00~14:00
日
(水)
19 想定すべき大規模な火山災害とその対策について
シンポジウム
15:00~16:30
熊本地震の教訓からみる首都直下地震等への備え
【パネリスト】 東京都 危機管理監
田邉 揮司良
熊本県 危機管理防災企画監
有浦 隆
ルネサス セミコンダクタ マニュファクチュアリング(株) 代表取締役社長
宮本 佳幸
【コーディネーター】 工学院大学 建築学部 まちづくり学科 教授
久田 嘉章
危機管理セミナー
氏
氏
氏
氏
会場:会議棟6階 607+608会議室
11:00~12:30
防災・事業リスク対策(企業向け)
2020年に向け日本企業に求められる BCP
企画協力:
(株)
新建新聞社 リスク対策 .com
日
(木)
20
藤井 敏嗣 氏
【講 師】 東京大学 名誉教授/火山噴火予知連絡会 会長
【講 師】 ニュートン・コンサルティング(株) 代表取締役社長
(株)新建新聞社 リスク対策 .com 編集長
【パネリスト】 デュポン(株) 安全衛生環境部 マネージャー 鹿島建設(株) 東京土木支店 専任部長
労働災害ゼロに向けた
(株)指導医.com 代表取締役
安全文化構築と、緊急時の対応
(株)プラネット 代表取締役
企画協力:
(株)
新建新聞社 リスク対策.com 【コーディネーター】
(株)新建新聞社 リスク対策 .com 編集長
13:00~14:30
事業リスク対策(工場・現場の安全対策)
副島 一也 氏
中澤 幸介 氏
柄澤 理恵
須藤 英明
鶴和 幹浩
根岸 勢津子
中澤 幸介
氏
氏
氏
氏
氏
【講 師】 (一財)DRI ジャパン 理事長(事業継続(BCM)研修・BCM 専門家認証)/ 
日本サービスバリュー推進協会 代表 
(サービスビジネス/BCM コンサルタント)
企画協力:
(一社)
日本在外企業協会
長瀬 貫窿 氏
15:00~16:30
海外展開リスク
世界に通用する“事業継続計画(BCM)
”の構築を目指して
11:00~12:30
2020セキュリティ・IP カメラ
ネットワーク型多目的カメラシステムにおける
プライバシー課題とその対策
企画協力:
(株)
セキュリティ産業新聞社
13:00~14:30
日(金)
21
【講 師】 公立大学法人 首都大学東京 産業技術大学院大学 産業技術研究科 教授
瀬戸 洋一 氏
【スピーカー】 (株)オオコシセキュリティコンサルタンツ シニアアナリスト/ 
清和大学 講師
和田 大樹
システムズ(株) 代表取締役
クラークス,トニー
日本電気(株) 東京オリンピック・パラリンピック推進本部  
パブリックセーフティ事業推進室 エキスパート/ 
企画協力:
(一社)
ASIS インターナショナル 日本支部
日本大学危機管理学部 講師 宇田川 登紀
(一社)ASIS インターナショナル日本支部 支部長
長瀬 泰郎
海外の最新事例に学ぶ ~2020年に向けたセキュリティ対策
セキュリティ
【パネリスト】 (株)エクスプラス 災害研究所 所長 日本大学 危機管理学部 講師 熊本県益城町 政策審議監 企画協力:
(株)
新建新聞社 リスク対策 .com 【コーディネーター】
(株)新建新聞社 リスク対策 .com 編集長
15:00~16:30
防災・事業リスク対策(自治体向け)
被災自治体の支援の必要性 ~災害対応の人的支援体制を作れ~
伊永
山下
門﨑
中澤
勉
博之
博幸
幸介
氏
氏
氏
氏
氏
氏
氏
氏
※講師の所属・役職は2016年10月現在のものです。
特別セミナー
会場:会議棟6階 607会議室
月 日
(水)
10
19
14:00~16:30
BCP 普及啓発セミナー 危機を乗り越える『動く BCP』の本質
ルームプレゼンテーション
月
10
日(水)
19
11:00~12:00
14:00~15:00
(公財)東京都中小企業振興公社
会場:西1ホール2階会議室
「レジリエンス」力の高い組織を作るには
~組織のリスクや事業継続に対する「意識」を形にするプログラム
個人保護具指令等に基づく労働安全関連製品の欧州市場への参入について
ステージプレゼンテーション
(一社)公共ネットワーク機構
(株)メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン
会場:特設ステージ(アトリウム)
月
10
日(水)
19
13:30~14:15
危険地赴任前の実演型危機管理訓練「H.E.A.T. short version」
12:15~13:00
Physical security RIO2016
日(木)
20
日
(金)
21
12:15~13:00
(一財)エンジニアリング協会
RIO 2016
「テロ対策医療と大規模災害医療」
~安全を確保し最大多数を救命するために備えておくべきこと~
6
(一社)日本安全保障・危機管理学会
出展者プレゼンテーション
ルームプレゼンテーション
会場:西1ホール2階会議室
12:30~13:30
非常災害時における衛星通信と無線機を融合した通信手段の確保
20
14:00~15:00
複数拠点を持つ企業の防災対策のキモ ―効果を最大化する方法とは
15:30~16:30
セーフ・コミュニティーを実現する位置情報ソリューション
14:00~15:00
災害時燃料供給事業
三和エナジー(株)
15:30~16:30
地震予知研究の最前線(地震学との違い)
富士防災警備(株)
月 日
(木)
10
日(金)
21
ステージプレゼンテーション
月 日
(水)
10
19
日
(木)
20
日
(金)
21
(株)構造計画研究所
ESRIジャパン(株)
会場:特設ステージ(アトリウム)
11:00~11:45
熊本県かく戦えり!―その真実と教訓―
12:30~12:50
折りたたみ式ソーラーパネル(nano Grid)
11:00~11:45
東日本大震災の教訓(自衛官の有用性について)
13:30~14:15
新型Jアラート受信機の製品発表
15:00~15:45
日本災害食認証制度の推進状況
11:00~11:45
屋内外シームレス測位技術に基く工場等の作業者遠隔見守システム
13:30~14:15
助成事業採択企業が語る自社の成果 ―先進的防災技術実用化支援事業―
15:00~15:45
企業の危機管理における陸上自衛隊のノウハウの有用性
防衛省 陸上自衛隊
三重大学
(株)理経
会場:西ホール アトリウム
「首都東京の危機管理」をテーマに、関係8機関による施策の情報発
信や資機材の展示を実施。首都・東京の防災が注目を集めている中、
多くの来場者が訪れた。
【参加機関】東京都総合防災部、東京都青少年・治安対策本部、 
東京都都市整備局、東京都水道局、東京都下水道局、 
(公財)東京都中小企業振興公社、警視庁、東京消防庁 
(順不同)
JETRO 海外販売代理店・バイヤー商談会
会場:西2ホール2A45、ジェトロ商談会コーナー
(株)東京ビッグサイト・日本貿易振興機構(ジェトロ)の共催で、
「海外販売代理店・バイヤー商談会」
を開催した。12社12か国から販売代理店・バイヤーが参加し、海外販路拡大を検討している企業との
活発な商談が行われた。
【海外バイヤー】
PT KALINGGA TATARAYA(インドネシア)、ACARDO LTD(trading as Safe T)(ニュージーランド)、RQC
Solutions SAS(コロンビア)、Total Prepare Inc.(カナダ)、EVER GLORY COMPANY LIMITED(ミャンマー)、
MAGFORCE INTERNATIONAL(フランス)、365 MOVING CO.,LTD.(カンボジア)、OLYMPIA FIRE PROTECTION
(バングラデシュ)、Wanju International (Hangzhou) Supply Chain Co.,LTD.(中国)、XSPEC TECHNOLOGY SDN
BHD(マレーシア)、BERTONATI TECHNOLOGIES S.A.(ペルー)、Uniformes SoHe(メキシコ)
【商談件数】 161件(うち事前アレンジ139件) 【成約件数】
78件(見込み含む)
防衛省 自衛隊
小間番号:1J32
東京消防庁
小間番号:1N07
防衛省 陸上自衛隊
日本災害食学会
併催イベント
東京都パビリオン
(株)日本デジコム
災害派遣で使用される装備品の展示と、熊本地震での災害派遣活動
実績を写真パネルにより紹介した。
【展示装備品】
野外炊具1号
自然災害や火災などの現場で活躍する車両・装備品・ロボットの展示・
実演を実施した。
【展示車両・装備品】
救助車、救出型ロボット・検知型ロボット
【ロボット実演スケジュール】
11:00、13:30、15:00
7
サイトセンシング(株)
(公財)東京都中小企業振興公社
防衛省 陸上自衛隊
サイバーセキュリティワールド・出展者アンケート集計結果
Q1 本展への来場者数について
Q2 会期中における来場者との
商談について
期待以上
12.5%
商談は
なかった
33.3%
期待以下
31.3%
商談があった
期待どおり
66.7%
56.2%
●自由意見
・初めての出展だったが、多数の人と商談が出来た。
・政府・自治体関係者が多く、期待どおりだった。
・重要インフラのセキュリティ担当者の割合が非常に高い。
・来場者の質が、希望する層と合っている。
・エンドユーザーが多く、直接販売の機会となった。
(%)
90
Q3 出展された成果について
80
70
70
60
60
50
50
40
40
30
30
20
①商談の場として
87.6%
20
8.3%
10
4.1%
③既存客へのアピールの場として
成約には
至らなかった
期待以下
6.2%
会期終了後、
詳細をかためる
0
成立した
成約には
至らなかった
会期終了後、
詳細をかためる
期待以下
12.5%
成立した
20.0%
8.3%
10
4.1%
②新規顧客獲得の場として
0
期待以上
(%)
90
87.6%
80
期待以上
期待以下
20.0%
18.8%
期待以上
31.3%
期待どおり
60.0%
④新製品発表の場として
期待どおり
56.2%
⑤販売促進 /PR の場として
期待どおり
75.0%
⑥製品に対する来場者からの意見収集の場として
期待以下
13.3%
期待以上
33.4%
期待どおり
53.3%
期待以上
37.5%
期待どおり
62.5%
期待以上
期待どおり
62.5%
37.5%
Point
サイバーセキュリティワールドは、初開催ながら、販売促進・PR の場、意見収集の場として高い評価となり、多くの出展者が成果を得ら
れる場となった。
具体的に、「政府・自治体や重要インフラといったターゲット層の新規顧客獲得の機会となった」などの意見も複数寄せられた。
8
サイバーセキュリティワールドセミナー
主催者セミナー
月
10
日(水)
19
会場:西2ホール サイバーステージ A・B
13:30~14:30
自治体情報システム強靭性向上モデルから見る
マイナンバー保護に向けて必要な対策とは?
14:45~15:45
自治体向け
経営リスク(エンタープライズ向け)
IT セキュリティ最前線 日本企業が直面するサイバーリスク
10:30~11:30
東京2020へのチャレンジ(サイバー・セキュリティ)
企画協力:アメリカ大使館
11:50~12:50
脅威から見た IoT セキュリティの現実と課題
企画協力:アメリカ大使館
日(木)
20
13:10~14:00
IoT と ICS のセキュリティ
企画協力:アメリカ大使館
13:30~14:30
【講 師】 東京電機大学 未来科学部 教授/サイバーセキュリティ研究所 所長
佐々木 良一 氏
【講 師】 内閣府本府参与/パロアルトネットワース(株)副会長
齋藤 ウィリアム 浩幸 氏
【講 師】 インテル サイバー戦略室 シニアセキュリティアドバイザー
スコット・ジャーカフ 氏
【講 師】 パロアルトネットワークス(株)Unit42、
 
スレット・インテリジェンス・アナリスト
林 薫 氏
【講 師】 インテル サイバー戦略室 シニアセキュリティアドバイザー
佐々木 弘志 氏
サイバーセキュリティの最新動向
「情報セキュリティ10大脅威2016」
~個人と組織で異なる脅威、立場ごとに適切な対応を~
【講 師】 (独)情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンター  
情報セキュリティ技術ラボラトリー
土屋 正 氏
企画協力:
(独)
情報処理推進機構
14:45~15:45
人材育成・組織づくり
Hackademy が語る、
サイバーセキュリティ強化に向けた人材育成と組織づくり
【講 師】 OWASP Japan 代表/ Hackademy Project founder
岡田 良太郎 氏
日本 CISO 協会 主任研究員/ Hackademy Project founder 蔵本 雄一 氏
【講 師】 マカフィー(株)インテルセキュリティグループ  
セールスエンジニアリング本部 シニアセールスシステムズエンジニア CISSP・CISA・CISM
佐藤 公理 氏
企画協力:東京中小企業サイバーセキュリティ支援ネットワーク(Tcyss)
13:30~14:30
中小企業向け
14:45~16:15
海外情報
日(金)
21 最新のセキュリティ脅威と対策について
米国の国家安全保障庁とサイバーセキュリティ
【講 師】 日本大学 危機管理学部 教授
出展者プレゼンテーション
月
10
日(水)
19
日(木)
20
日(金)
21
茂田 忠良 氏
会場:西2ホール サイバーステージ A・B
10:30~11:30
もう同じ轍は踏まない!! “事例”から学ぶ標的型攻撃対策セミナー
アルプス システム インテグレーション(株)
11:00~12:00
防御・検知から早期対応の時代へ ― 組織対応力強化の鍵とは?
13:00~14:00
サイバーセキュリティ暗黒時代 ― 効果的な対策の選定と活用
14:15~15:15
制御システム/重要インフラの簡単・効果的なサイバー攻撃対策
15:30~16:30
ネットワーク・セキュリティのリアルタイム3D可視化システム
11:00~12:00
リアルタイムウェブインテリジェンス
/オープン~ディープウェブ、高度な情報収集と分析
12:15~13:15
DDoS 警報発令中!最新の攻撃動向と対策を考える
14:15~15:15
機械学習でサイバー攻撃や内部脅威をリアルタイムに検知する方法
15:30~16:30
Web 改竄、ファイル改竄の監視・復旧の一元自動化について
(株)エクストランス
10:30~11:30
標的型攻撃や内部不正による情報漏洩問題を解決する次世代 VDI
(株)セキュアソフト
11:00~12:00
内部対策に求められる復元力とは
シスコシステムズ(同)
11:45~12:45
これからのサイバーテロ対策ソリューション・侵入される事を前提とした対策、
侵入される恐怖よりも、実害を防ぐ対策について
シー・ティ・マシン(株)
13:00~14:00
今、そこにある危機!仮想化技術を活用した高度サイバー攻撃対策とは?
14:15~15:15
脅威(テロ、サイバーテロ)対策はネットワークエッジが決め手!
15:30~16:30
ゼロディ腑弱性を利用する攻撃の傾向と対策
(株)シマンテック
(株)ソリトンシステムズ
アラクサラネットワークス(株)
日本ラッド(株)
日本通信エレクトロニック(株)
日永インターナショナル(株)
(株)ピーエスアイ
ヴイエムウェア(株)
アライドテレシス(株)
パロアルトネットワークス(株)
9
開会式(危機管理産業展、テロ対策特殊装備展 合同)
日 時:2016年10月19日(水)9:40~10:00
会 場:東京ビッグサイト 西ホール アトリウム
次 第:1.主催者挨拶
(株)東京ビッグサイト 代表取締役社長 竹花 豊
2.来賓祝辞
東京都 副知事 中西 充 様
3.テープカット
4.東京消防庁音楽隊演奏
■テープカッター(順不同)
・東京都 副知事
中西 充 様
・米国大使館商務部 上席商務官
アイリーン・マエダ 様
・駐日英国大使館 国際通商部
防衛・セキュリティー装備担当 一等書記官 ティム・ジョンソン 様
・イスラエル大使館 経済部 公使 経済貿易ミッション代表
ノア アッシャー 様
・旭・デュポン フラッシュスパンプロダクツ(株)
代表取締役副社長
小松 衛 様
・日本電信電話(株)
常務理事 サービスイノベーション総合研究所 所長
川添 雄彦 様
・(株)東京ビッグサイト 代表取締役社長
竹花 豊 出展者交流会
会期初日の夕刻より、危機管理産業展、テロ対策特
殊装備展合同の出展者交流会を開催。
出展者や後援・協賛機関、業界有識者との活発な交
流が行われた。
日 時:10月19日(水)17:20~18:30
会 場:西ホール アトリウム内特設ステージ
行政主催会議・講習会
月
10
10:00~12:00
東京都帰宅困難者対策説明会
主催:東京都総務局総合防災部
14:00~15:50
平成28年度 危機管理に関する事業者セミナー
主催:東京都総務局総合防災部
日
(木)
20
会場:会議棟1階 レセプションホールB
会場:会議棟1階 101会議室
10:00~11:40
日(金)
21
第13回 密輸・密入国及びテロ等防止講習会
主催:東京港保安委員会
会場:会議棟1階 レセプションホールB
10:00~12:00
緊急通報システム等推進会議
主催:東京消防庁
10
広報活動
1.主な来場メディア
NHK/TBS テレビ/テレビ朝日/日本テレビ放送網/TOKYOMX/朝日放送/KSB 瀬戸内海放送/とちぎテレビ/名
古屋テレビ放送/毎日放送/DHC シアター/朝日新聞社/産経新聞社/毎日新聞社/日本経済新聞社/ガラス新聞社/環
境新聞社/警備保障タイムズ/建通新聞社/工業技術新聞社/セキュリティ産業新聞社/都政新聞/都政新報社/日刊建
設工業新聞社/イカロス出版/ウェッジ/ダイヤモンド社/東洋経済新報社/日経 BP 社(順不同)
【プレス来場者数】229名(会期中合計)
2.来場誘致広告、パブリシティ(記事掲載・テレビ放映等)
、メールマガジン
■広告
・新聞
■パブリシティ
・新聞
掲載日
8月25日
9月5日
9月11日
9月21日
9月25日
10月10日
10月11日
媒体
警備新報
警備新報
警備保障タイムズ
警備保障タイムズ
警備新報
セキュリティ産業新聞
警備保障タイムズ
・雑誌
掲載日
7月号
9月号
9月号
10月号
10月号
秋号
媒体
リスク対策 .com
セキュリティ研究
リスク対策 .com
セキュリティ研究
事業構想
安全保障と危機管理
掲載日
10月1日
10月5日
10月18日
10月19日
10月25日
10月25日
11月1日
11月15日
媒体
警備保障タイムズ
警備新報
セキュリティナビ
電波タイムズ
警備新報
家具週報
警備保障タイムズ
保険毎日新聞
発行日
9月30日
10月12日
10月11日
10月25日
10月26日
10月31日
媒体
RBBTODAY
RBBTODAY
Response
Response
Response
Response
発行日
9月1日
9月5日
9月26日
9月30日
10月5日
10月11日
10月12日
10月12日
10月13日
10月14日
10月17日
10月17日
10月19日
・テレビ
放送日
番組名
TOKYOMX
10月19日
「TOKYOMXNEWS」
10月20日 TBS「あさチャン!」
とちぎテレビ
11月9日
「とちテレニュース」
KSB 瀬戸内海放送
11月24日
「スーパーJチャンネル」
・雑誌
掲載日
9月号
10月号
秋号
12月号
■メールマガジン
・WEB
媒体
セキュリティ・タイム
日経コンストラクション
日本防災士会会報
JADI
媒体
事務局
事務局
日本実務出版
事務局
事務局
日本実務出版
事務局
リスク対策 .com
事務局
リスク対策 .com
事務局
日本実務出版
事務局
・WEB
掲載日
10月7日
~21日
媒体
ITmedia
3.招待券の配付、プレスリリースの発行
■招待券の配付
RISCONへの入場が無料となる招待券を35万部、サイバーセキュリティワールドでは2万部を発行。出展者には顧客への
PR・告知のための重要なツールとして無料で提供した。
また、特別協力の東京都、後援機関・協賛団体には、関係先への配布用として招待券を提供し、警察や消防、自治体、大
手企業の危機管理担当幹部・総務担当者等へはダイレクトメールにて招待券を送付した。
招待券の主な配布対象
警察・消防幹部、自治体危機管理監、各自治体防災・防犯担当幹部、
地方議会、大手企業危機管理担当幹部・総務部、災害拠点病院、国際
観光ホテル、高齢者・障害者福祉施設 等
■プレスリリースの発行
主要報道機関・関連業界メディア向けに報道用資料を発行。
本年の見どころやセミナー・出展者情報など、詳細を告知し、会場での取材・情
報発信を働きかけた。
11
災
害
、
犯
罪
、
あ
ら
ゆ
る
リ
ス
ク
に
対
処
す
る
ご 招 待 券
災
害
ご 招 待 券
10.19
水
WED
21
金
FRI
10:00-17:00
東京ビッグサイト 西1・2ホール、会議棟
事
業
リ
ス
サ イ バ ー 空 間 に お け る 脅 威 に 対 処 す
るw.kikikanri.biz
ww
ク
●主 催:
(株)東京ビッグサイト ●特別協力:東京都
●後 援:内閣府政策統括 官 ( 防 災 担当) 警 察 庁 復 興 庁 消 防 庁
文部科学省 厚 生 労 働 省 経 済 産 業 省 国 土 交 通 省
気象庁 海上保 安 庁 防 衛 省 全 国 知 事 会 全 国 市 長 会
全国町村会 全 国 消 防 長 会 アメリカ大 使 館 商 務 部
( 独 )情 報 処 理 推 進 機 構 ( 独 )
日本 貿 易 振 興 機 構( ジェトロ )
( 順不同 )
●運 営:アテックス( 株 )
犯
罪
Special Affiliated Event
サイバーセキュリティワールド
サイバ
セキュリテ
2016
10.19
水
WED
21
金
FRI
10:00-17:00
東京ビッグサイ
東京ビッグサ
グサ
サイト 西ホール
西ホ ル
www.kikikanri.biz
●主 催:
(株)東京ビッグサイト
●特別協力:東京都
RISCON 会場レイアウト図 ※は共同出展者
展示分野
西1ホール
防災・減災ゾーン
West Hall 1
Disaster Risk Reduction Zone
防災・減災ゾーン
Disaster Risk Reduction Zone
陸上自衛隊
大林
製作所
集中展示
FS・JAPAN
※三喜 ※ジェントス ※タバタ
※ノーベルアームズ ※HIROBO
災害対策ロボット・ドローン
Robot & Drone for Disaster Measures
地震対策
自衛隊
Earthquake Measures
水害・雷害・雪害・竜巻対策
Natural Disaster Measures
救助・救出・救急医療
Rescue & Emergency Medicine
火災対策
Fire Prevention & Control
防災ICT
ICT for Disaster Management
非常食・備蓄品
Emergency Food & Stockpile
感染症対策
Infection Control
※上鉄
サポートマーケティングサービス
※日本災害援護協会
老朽化インフラ・復興対策
Deterioration Infrastructure Measure &
Disaster Reconstruction
サポートマーケティングサービス
※日本災害援護協会
その他災害対策全般
災害避難研究所
※マツモラ産業
Other Disaster Risk Reduction Measures
セキュリティゾーン
Security Zone
オーピーシー
※日本ファイヤープロテクト
FareTec
※レスポンダー・プロダクツ
※エマギア
※タクティカル メディカル ソリューションズ
レスポンダー・プロダクツ・ジャパン
※ユニバース開発
集中展示
2020 TOKYOセキュリティ
2020 TOKYO Security
監視・防犯システム・カメラ
Surveillance & Crime Prevention System
入退室管理・外周セキュリティ
アトリウム
Access Control / Outside Security
警備サービス
Self-Protection
防犯グッズ
Security Service
地域防犯
Local Crime Prevention
その他セキュリティ全般
Other Security Equipment & Systems
東京都パビリオン展示機関(順不同)
東京都総合防災部
東京都青少年・治安対策本部
東京都都市整備局
●東京都中小企業振興公社
集中展示
工場・現場の安全対策
Factory and Worksite Safety Measures
交通リスク低減
非常時通信・
ウェブ会議システム
●
●
●
●
レスキューナウ
※匠技研
事務局
Emergency Communications /
WEB Conference System
停電・節電対策
Power Outage & Saving Measures
その他BCP対策全般
●
●
アドテクニカ
※フューチャーイン
Reduction of Transportation Risks
Other BCP / BCM Supports
東京都水道局
東京都下水道局
警視庁
東京消防庁
●
東京都パビリオン
事業リスク対策ゾーン
Business Risk Management Zone
東京
サイバーセキュリティワールド 2016
※アイ・ティ・エンジニアリング
※有明電装
※イートラスト
※インターソリューション
※エーワンテクニカ
※NCCコンサルティング
※小林アルミ工業
※ジェーディーエルエンジニアリング
※ティーエヌケー ※TTES
※デジタリーフ
※ネットビジョン
※ファンクション ※ライフセンサー
※久保金属
※多摩川クラフト
エス・アイ・シー
※伊勢屋金鋼工業
クラレ
※ハイランドテクノ
日本防災士会
※防災士研修センター
コアシステムジャパン
※JMACS
※古河電気工業
12
長野
ヤナセ
来場者
防災・減災ゾーン
事業リスク対策ゾーン
セキュリティゾーン
Disaster Risk Reduction Zone
Business Risk Management Zone
Security Zone
広島大学
※シリコンバイオ
三重大学
※ナベル
西2ホール
West Hall 2
全国BCP協議会
※カトウコーポレーション
※シューワ
/
EXPO
※東京整流器
※イー・ダブリュ・エス
※ブイキューブ
ロボティクス・
ジャパン
アメリカ州政府協会
(ASOA)
※アイオワ州経済開発機構
※ミシシッピ州政府駐日代表事務所
※米国ネブラスカ州
政府駐日代表事務所
※ノースカロライナ州
政府日本事務所
東京
エレクトロ
ニツク
システムズ
※東北大学
セミナー会場
西1ホール2階 会議室
日本貿易振興機構(ジェトロ)
JETRO
海外販売代理店・バイヤー商談会
(小間番号:2A45)
インフォメーション
特設
ステージ
日本通信エレクトロニック
※ダブリュアイピー
(ウェブイントプロ)
ピーエスアイ
※ダークトレース
SEECAT
出口
特別併催企画展
登録所
西2会場(特設展示ゾーン・セミナーステージ)
(西3会場へ)
13
出展者一覧(50音順)※は共同出展者
出展者名
小間番号
あ
出展者名
小間番号
出展者名
小間番号
エミック
1A46
三和エナジー
2K44
アーネストワン
1J07
桜電社
2M40
GISupply
2F31
アイ・アール・システム
2C34
オーストリッチインターナショナル
1D42
GVSジャパン
1C39
IHI
2E21
大野リビック
1C53
シーティーシー・エスピー
2D51
アイコム
2D37
オオハシ
2M48
ジェイウィン
3F02
英田エンジニアリング
2G39
大林製作所
1M38
JAI/ワタベ
2J52
アイテック
2J27
大原鉄工所
1J21
JPホームサプライ
1J35
アイテックス
1D17
オーピーシー
1A51
ジオテック
2A51
アイテック阪急阪神
2L21
※日本ファイヤープロテクト
重松製作所
1A21
赤尾
1C19
岡山商店
2J50
静岡技術移転
2A52
あかつき
1J15
オグラ
1E16
シモン
2M34
暁電工
2M52
オプテックス
2F52
ジョイクラフト
1D25
アキレス
1C07
オルテック
1H01
昭電
2J46
浅香工業
1A02
か
ジョブル
2A37
旭・デュポン フラッシュスパンプロダクツ
1J48
カイスイマレン
1A42
新建新聞社/リスク対策.com
2K43
アシスト
1H53
ガデリウス・インダストリー
1A17
神鋼造機
2G33
アドテクニカ
1A14
河村電器産業
1G05
シンロイヒ
1A09
環境クラウドサービス
2M37
スカパーJSAT
2F37
キーオン
1A16
スターリング
1K53
※アイオワ州経済開発機構
気象庁
1N02
スリーエム ジャパン
1A39
※ミシシッピ州政府駐日代表事務所
キッズウェイ
2C35
セイバーズ
1C45
※米国ネブラスカ州政府駐日代表事務所
キャンパルジャパン
1A52
セーコー
1N17
※フューチャーイン
アメリカ州政府協会
(ASOA)
2A44
※ノースカロライナ州政府日本事務所
キュー・エム・エス情報
2A53
セキュリコ
2D35
ALSOK
3A02
旭東電気
1H04
セキュリティ産業新聞社
2N22
アルファフーズ
1H49
緊急地震速報利用者協議会
1N03
世田谷工業振興協会
2K52
イーストアイ
1C51
近代消防社
1A31
セノン
2J21
イーズライフ
2F39
クラレ
1G03
全国警備業協会
2N21
イービストレード
2J24
※ハイランドテクノ
全国BCP協議会
2M33
※東北大学
グリーンケミー
1F50
※カトウコーポレーション
イエロー
1H03
クリロン化成
1M51
※シューワ
イッツ・コミュニケーションズ
2G44
警備保障新聞新社
2A31
セントラルエンジニアリング
2C41
移動無線センター
2F47
警備保障タイムズ
2B31
総合サービス
1D51
インサイト
2M51
ケーイーエム
1E17
ソフトバンク
1A50
ImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジ
2C49
KDDI
2C37
た
ヴイ・インターネットオペレーションズ
2E24
ケネック
3F01
第一電波工業
2K53
ウェルシィ
1H05
ケルク電子システム
2H27
大学産業
1M50
宇根鉄工所
1E24
コアーズインターナショナル
1C41
ダイキ
1D44
エィアンドエィティー
1M49
コアシステムジャパン
1B01
※上鉄
エイ・エヌ・エス
1F40
※JMACS
ダイセル
エイブル山内
1C21
※古河電気工業
大日本プラスチックス
1J37
ASISインターナショナル 日本支部
2A42
香彩堂
1K49
大奉金属
1C24
エグゼクティブ プロテクション
3E03
構造計画研究所
2C52
太陽エネクス
1H50
エクセルシア
1A45
興和
2F34
ダイワロックス
2L22
エジソンハードウェア
3E01
※東京整流器
エス・アイ・オー・ジャパン
1F39
コーケンメディカル
エス・アイ・シー
1L03
※伊勢屋金鋼工業
2A49
高木商事
2F41
1A48
高崎精器
1M41
ゴールドウイン
1A26
高階救命器具
1A25
コーンズテクノロジー
3D01
高千穂交易
2G41
1J53
タキガワ・コーポレーション・ジャパン
1H51
タキロン
1F35
SSAセキュリティ総合研究所
2N26
ゴトー工業
エスコ
1A54
さ
エスシー
2E27
災害避難研究所
ESRIジャパン
2C43
※マツモラ産業
NECネッツエスアイ
2C42
埼玉通商
NSK
2C33
サイトセンシング
エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ
2N24
NTTラーニングシステムズ
1C52
谷澤商事
1F27
ダブルエー・ホールディングス
2K49
1M52
チャレンジ
1D01
2L31
ティーエフサービス
1L05
サイトロンジャパン
2L24
TOA
2J41
2F46
サイボウズスタートアップス
1C10
帝国繊維
1J18
NBCメッシュテック
1F41
サポートマーケティングサービス
帝人フロンティア/帝健
1A37
FS・JAPAN
1M48
※日本災害援護協会
1C35/1C31
テクニカル電子
2F33
※三喜
サンエービルドシステム
1F42
テクノグリーン販売
1D39
※ジェントス
サンタックス
1N04
テレコム
2M35
※タバタ
三徳商事
2C51
テレネット
1E13
※ノーベルアームズ
三友工業
2J39
電気興業
2D33
三立機器
1N24
店舗プランニング
2A21
サンワ
1C16
東京エレクトロニツクシステムズ
2C25
※HIROBO
エフェッシェル
1F01
14
出展者名
小間番号
出展者名
小間番号
出展者名
小間番号
東京ガスエンジニアリングソリューションズ
2K41
ニューメディカ・テック
1M53
メトロポリス
1N18
東京都産業労働局
3F05
ノルメカエイシア
3E02
や
東京都中小企業振興公社
1B03
は
2J37
山岸産業
2G46
ヤマハモーターエンジニアリング
1J27
ヤマハモーターパワープロダクツ
1J27
パイオニアVC
※有明電装
※ブイキューブロボティクス・ジャパン
※イートラスト
ハタヤリミテッド
1K03
※インターソリューション
パトライト
2F44
やまびこ産業機械
2J35
※エーワンテクニカ
パナソニック システムネットワークス
山本光学
1C46
※NCCコンサルティング
システムソリューションズジャパンカンパニー
ヤマヤ物産
1D53
※小林アルミ工業
英技研
2A39
ユアサグローブ
1F37
※ジェーディーエルエンジニアリング
浜口ウレタン
1M37
ユーアールエー
1C48
※ティーエヌケー
パルックス
2D39
ユニット
1C14
※TTES
阪神素地
1A23
横田瀝青興業
1K05
※デジタリーフ
阪神交易
1F48
ヨネ
1G48
※ネットビジョン
日崎
1C17
ら
※ファンクション
ピナクル
2E31
LA・PITA
※ライフセンサー
ビブスドットジェーピー
1C25
理経
2J43
※久保金属
ヒューテック
2K33
理研計器
1A10
※多摩川クラフト
2C47
八重洲無線
※アイ・ティ・エンジニアリング
2H49
1J51
平野石油
2J49
リスペクトシステムズ
2A24
東建エンジニアリング
1E27
広島大学
2M47
利他
1D41
トーハツ
1G41
※シリコンバイオ
リンテック21
1A07
トーヨーセフティー
1F45
ファーストレイト
1C38
嶺幸
1D31
TOWA
1M45
フィジオコントロールジャパン
1D45
レスキューナウ
1D11
常磐精工
1A43
富士グローブ
1J38
※匠技研
トゴス
1K51
富士通
2F53
レスポンダー・プロダクツ・ジャパン
トヤマキカイ
2K39
富士防災警備
1A04
※ユニバース開発
トライリンクス
1E31
ブレインズ
2L27
レッツ・コーポレーション
プレス工業
1E10
わ
な
1D27
2C27
ナカネ
1F13
プロップ
2A33
和光機械工業
長野ヤナセ
1A03
プロテック
2A25
海外
ナガワ
1N21
フロムハート
1A15
大連エバースプライ科技
2A23
ニシヤマ
2A34
文化シヤッター
1J24
EXPLORER CASES by GT LINE
1A24
日栄インテック
1C13
ペリカンプロダクツ
1D46
Fare Tec
1C27
日動工業
2M49
ベルフォアジャパン
2D46
※レスポンダー・プロダクツ
日商エレクトロニクス
2J33
防衛省 陸上自衛隊
1M34
※エマギア
日本キャステム
2D43
防犯防災総合展 in KANSAI 2017
2N27
※タクティカル メディカル ソリューションズ
ポータ工業
2L25
Global Concept Industrial
※イー・ダブリュ・エス
1F46
1F38
日本光電工業
1C42
細谷火工
1K38
K-SAFETY EXPO
2F43
日本災害食学会
1F53
堀富商工
1K50
OCTASIC
2C24
日本大学 危機管理学部
1N15
ホワイトハウスオートモービル
1C37
Sung Chang Telecom
2M39
日本耐震設計
1C11
本田技研工業
1J42
VINIT GLOVES MANUFACTURING PVT
2C39
日本デジコム
2J31
本田洋行
1M54
Zhuhai Zorosy Technology
2G36
日本ファシリティマネジメント協会
2M46
ま
日本貿易振興機構
(海外進出パビリオン)
2A48
まいにち
1J50
アライドテレシス
2D17
三重大学
2M44
アラクサラネットワークス
2G17
アルプス システム インテグレーション
2D15
日本貿易振興機構
(ジェトロ 海外販売代理店・バイヤー商談会)
日本防災士会
2A45
1C01
※防災士 研修センター
サイバーセキュリティワールド
※ナベル
三嶋電子
2K51
ヴイエムウェア
2F13
ミツイワ
2C46
エクストランス
2B11
2G13
日本無線
2D52
三菱重工業
2F49
シー・ティ・マシン
日本ユニシス エコシステム推進事業部
2D41
MIRAI-LABO
2H52
シスコシステムズ
2F15
日本ユニシス 総合技術研究所
2D41
メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン
2A43
シマンテック
2C17
日本ライフライン
1M39
メテックス
1H52
情報処理推進機構
2A15
セキュアソフト
2F17
ソリトンシステムズ
2C13
日永インターナショナル
2A13
日本通信エレクトロニック
2E11
※ダブリュアイピー(ウェブイントプロ)
日本ラッド
2A16
パロアルトネットワークス
2G15
ピーエスアイ
2D13
※ダークトレース
15
開催概要
名 称
テロ対策特殊装備展(SEECAT)’16
主 催
特別顧問
技術顧問
特別協力
後 援
(株)東京ビッグサイト
佐々 淳行 元 内閣官房内閣安全保障室長
志方 俊之 帝京大学名誉教授
東京都
内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当)
、警察庁、消防庁、公安調査庁、外務省、文部科学省、経済産業省、
国土交通省、海上保安庁、防衛省、アメリカ大使館商務部、英国貿易投資総省 国防安全保障機構、イスラエル大使館 (順不同)
協 賛
運 営
展示規模
(公財)公共政策調査会
アテックス(株)
145社 207小間(共同出展含む)
入場条件
招待券の持参者、または WEB 入場審査通過者のみ。
※審査通過者は入場時に顔写真付公的身分証の提示が必要
※ WEB 入場申請の内容によって、入場不可の場合あり
※入場無料
来場者状況
リオデジャネイロ2016オリンピック・パラリンピックを終え、いよいよ2020年の舞台である東京が注目される中、今後、一層
高まるセキュリティニーズから SEECAT にもかつてない期待と関心が集まった。10回目の開催を迎えた今回、展示規模は過去最
大となり、来場者も前回を上回る8,030名となった。
前回実績
日付
天気
来場者数※1
のべ来場者数※2
来場者数
のべ来場者数
10月19日(水)
晴れ
2,394
8,092
2,253
6,959
10月20日(木)
晴れ
テロ対策特殊装備展(SEECAT)
’
15
2,517
7,732
2,281
6,176
10月21日(金) 晴れ時々くもり
3,119
8,940
3,304
7,783
合計
8,030
24,764
7,838
20,918
※1 氏名・会社名等の来場登録を行った人数。会期中1回のカウントとし、再入場は含まない。
※2 本展に来場した延べ人数(同日内の再入場を含む)
※プレスは含まない
治安関係内訳
〈来場者業種別構成比〉
その他ユーザー
7.5%
海上・河川
0.8%
公共施設・病院
0.9%
金融・クレジット
1.4%
商業施設・アミューズメント
1.5%
自動車・道路1.6%
エネルギー・プラント3.3%
その他
ベンダー
18.3%
治安関係
28.1%
公安調査庁
1.7%
税関・入管・保健所
2.1%
海上保安庁
3.1%
消防
15.4%
自衛隊
41.0%
警察
情報通信
18.6%
36.7%
警備
9.4%
国・自治体(上記以外)
4.7%
航空・鉄道3.9%
■海外来場国:36カ国・地域より来場
・東アジア・大洋州:オーストラリア、中国、香港、韓国、ニュージーランド など
・その他アジア:アフガニスタン、バングラデシュ、カンボジア、インドネシア、マレーシア など
・中東・アフリカ:エジプト、イスラエル、モーリタニア、ナイジェリア、ソマリア など
・欧州:デンマーク、英国、フランス、ドイツ、オランダ など
・北米・中南米:カナダ、コロンビア、パラグアイ、米国
(アルファベット順)
16
主要来場者(一部抜粋)
治安関係
警察
国家公安委員会
警察庁
警察大学校
科学警察研究所
皇宮警察本部
関東管区警察局
中部管区警察局
近畿管区警察局
中国管区警察局
九州管区警察局
警視庁
愛知県警察本部
茨城県警察本部
大阪府警察本部
岡山県警察本部
神奈川県警察本部
京都府警察本部
熊本県警察本部
埼玉県警察本部
静岡県警察本部
千葉県警察本部
栃木県警察本部
新潟県警察本部
広島県警察本部
福岡県警察本部
福島県警察本部
北海道警察本部
三重県警察本部
宮崎県警察本部
消防
総務省消防庁
東京消防庁
上尾市消防本部
市川市消防局
一関市消防本部
川口市消防局
川崎市消防局
神戸市消防局
相模原市消防局
山武郡市広域行政組合
成田市消防本部
前橋市消防局
水戸市消防本部
横須賀市消防局
横浜市消防局
防衛省
統合幕僚監部
陸上自衛隊
海上自衛隊
航空自衛隊
防衛装備庁
委員
長官官房会計課装備室
刑事局組織犯罪対策部
交通局交通規制課
警備局警備企画課
警備局外事情報部 国際テロリズム対策課
情報通信局情報管理課
警察情報通信研究センター
法科学第二部・法科学第三部
警備部警備第一課
警備部警備第二課 爆発物対策係
赤坂護衛署
神奈川県情報通信部 機動通信課
愛知県情報通信部 情報技術解析課
和歌山県情報通信部 機動通信課
島根県情報通信部 情報技術解析課
大分県情報通信部 情報技術解析課
総務部 企画課、情報管理課、装備課 など
警備部 警備第一課東京国際空港テロ対処部
隊、警備第二課 爆発物対策第1・第2係 など
公安部 公安総務課サイバー攻撃特別捜査
隊、公安機動捜査隊 NBC テロ捜査隊 など
刑事部 鑑識課
生活安全部
組織犯罪対策部
オリンピック・パラリンピック競技大会総合対策本部
サイバーセキュリティ対策本部
総務部 装備課
警備部 公安課 サイバー攻撃特別捜査隊
外事課国際テロ対策室
警務部 情報管理課
警備部 国際テロ対策室
刑事部刑事企画課 情報分析支援室
警備第二課 危機管理室災害警備
東京オリンピック・パラリンピック警備対策室
サイバー犯罪対策課
警備部成田国際空港警備隊
生活安全部 生活環境課 サイバー犯罪対策室
警備部
刑事部 捜査第二課
警備部 警備課
災害対策課
サイバーセキュリティ対策本部
生活安全部サイバー犯罪対策課
警備部
救急企画室
国民保護室
国民保護運用室
消防研究センター
総務部
警防部 総合指令室
警防部 特殊災害課
救急部救急指導課
予防部危険物課
装備部装備課
消防技術安全所危険物質検証課
消防技術安全所 装備安全課
第二消防方面本部
第三消防方面本部
第九消防方面本部消防救助機動部隊
指令課
北消防署
消防課
警防課
総務部施設装備課
警防課 特別高度救助隊
警防課
南消防署
警防課
中央消防署
北消防署
情報調査課
警防課
整備計画局
総務部 総務課
運用部 運用第1課
防衛計画部 計画課
陸上幕僚監部 防衛部
陸上幕僚監部 装備計画部
開発実験団 装備実験隊
中央情報隊
補給統制本部 需品部
研究本部総合研究部
海上幕僚監部 防衛部
海上幕僚監部 装備計画部
自衛艦隊司令部
掃海隊群司令部
補給本部 需品部
航空幕僚監部 防衛部
航空幕僚監部 装備計画部
航空総隊司令部 防衛部
航空支援集団司令部
開発実験集団司令部
補給本部
電子開発実験群 技術調査隊
装備政策部
海上保安庁
財務省
法務省
公安調査庁
厚生労働省
政府関係
内閣官房
内閣府
外務省
経済産業省
国土交通省
環境省
原子力規制委員会
衆議院
参議院
東京都関係
東京都
調達管理部
航空装備研究所
陸上装備研究所 弾道技術研究部
艦艇装備研究所
先進技術推進センターCBRN検知技術推進室
総務部 情報通信課
装備技術部航空機課
警備救難部 国際刑事課
警備救難部 警備課
海洋情報部 海洋調査課
交通部整備課
第三管区海上保安本部 総務部
羽田特殊救難基地 特殊救難隊
第五管区海上保安本部 総務部情報通信課
関税局 監視課
関税中央分析所 第一調査研究室
東京税関 監視部密輸対策企画室
東京税関 成田税関支署
横浜税関 密輸対策企画室
名古屋税関 監視部
大阪税関 南港出張所
門司税関 下関税関支署 萩出張所
矯正局 成人矯正課
東京入国管理局 調査企画部門
千葉刑務所 用度課
東京拘置所 総務部
最高検察庁 公安部
東京地方検察庁 情報システム管理課
調査第一部
調査第二部
医薬 ・ 生活衛生局 化学物質安全対策室
東京空港検疫所支所
内閣官房副長官補(事態対処 ・ 危機管理担当)付
内閣サイバーセキュリティセンター
東京オリンピック・パラリンピック競技大会推進本部事務局
総合科学技術・イノベーション会議事務局 安全社会 G
大臣官房 情報防護対策室
大臣官房在外公館課 警備対策室
総合外交政策局 通常兵器室
製造産業局 航空機武器宇宙産業課
商務情報政策局 サイバーセキュリティ課
大臣官房 危機管理室
鉄道局 危機管理室
港湾局 海岸 ・ 防災課 危機管理室
航空局 安全部 空港安全 ・ 保安対策課
関東地方整備局 江戸川河川事務所
中国運輸局 海上安全環境部
九州運輸局 海上安全環境部
総合環境政策局 環境リスク評価室
原子力規制庁 長官官房放射線防護グループ
原子力規制庁 原子力災害対策・核物質防護課
事務局 委員部調査課 災害対策特別委員会担当
事務局 警務部
オリンピック・パラリンピック準備局 総合調整部
財務局 建築保全部 庁舎整備課
港湾局 港湾経営部 経営課
港湾局 東京港管理事務所 港務課 保安係
交通局 総務部 安全対策課
水道局
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会大会準備運営第二局
警備局
自治体(東京都以外)
横浜市
港湾局 港湾管財部
川崎市
総務企画局 危機管理室
さいたま市
総務局 危機管理部
荒川区
危機管理専門監
東京オリンピック・パラリンピック開催準備室
藤沢市
外国公館等
駐日英国大使館
在日カナダ ブリティッシュ・コロンビア州政府事務所
駐日クロアチア共和国大使館
台北駐日代表處
チェコ共和国大使館
在日ドイツ商工会議所
駐日トルコ共和国大使館
在日米海軍厚木基地施設部
アイオワ州経済開発機構
米国ミシシッピ州政府駐日代表事務所
在日米陸軍アジア研究所
在日ルーマニア大使館
在日ロシア連邦通商代表部
民間企業・団体等(50音順・法人格省略)
アマゾンデータサービスジャパン DATA CENTER
イースタン・カーライナー 船舶安全部
乾汽船
コーポレートマネジメント部
宇宙航空研究開発機構
第二宇宙技術部門
NAA エレテック
保安施設部 保安管理課
NS ユナイテッド内航海運 営業3部
大阪城ホール
総務部
小田急電鉄
財務部 調達担当
セキュリティ部セーフティープランニンググループ
オリエンタルランド
歌舞伎座
総務部業務課
関西空港オペレーションユニット BCP グループ
関西エアポート
関西国際空港セキュリティ 企画調整部 警備調整グループ
関西電力
高浜発電所 安全・防災室 防護係
九州電力
玄海原子力発電所 防災課
共同船舶
海上事業部
17
杏林大学医学部
救急医学教室
近畿大学
医学部病院事務局情報システム課
京王電鉄
鉄道事業本部安全推進部
KDDI
セキュリティオペレーションセンター
原子力セキュリティサービス 総務部
原子燃料工業
安全防護グループ
原燃輸送
総務部
三愛石油羽田支社
ISO・安全推進部
JR 東海
設備
JR 東日本ビルテック
技術本部
JX エネルギー
危機管理部
ジェットスター・ジャパン 安全保安管理本部
四国電力
原子力本部 伊方発電所 施設防護課
JALUX
航空機部 エアライン・防衛課
首都圏新都市鉄道
安全総括部
首都高速道路
保全・交通部 防災対策課
順天堂大学医学部附属浦安病院 総務課 臨床研修センター
商船三井
専務執行役員
新関西国際空港
関西空港運用部 警備・保安グループ
スカイマーク
空港管理部 航空保安グループ
人事部 海外セキュリティ・グローバル教育グループ
石油資源開発
セコム
Tokyo 2020推進本部
セントラル警備保障
技術本部 購買部
全日警
JR 業務統括部
綜合警備保障
成田支社
そごう・西武
総務部
ソフトバンク
総務本部 総務リソースマネージメント部
ソラシドエア
運送本部 航空保安室
タイコエレクトロニクスジャパン エアロスペース事業部
大丸松坂屋百貨店
大丸東京店 業務本部 業務推進部
中国電力
島根原子力発電所技術部
(核物質防護)
中電防災
浜岡総合事業所
中部国際空港
空港運用本部
浜岡原子力発電所 危機管理部 核物質防護課
中部電力
千代田化工建設
危機管理ユニット
テイケイ
業務推進本部内
帝国ホテルハイヤー
管理部
デルタ航空
成田整備部
東海旅客鉄道
総務部 東京総務室
東京ガス
海外事業部
東京国際空港ターミナル
防災保安部
東京国際フォーラム
管理部 総務課
東京地下鉄
鉄道本部 安全・技術部
東京電力ホールディングス 柏崎刈羽原子力発電所建築 G
東京動物園協会
上野動物園事業課
東京ドーム
営業本部 営業環境管理部
東京都立東部療育センター 経営企画係
東京臨海高速鉄道
安全管理室
東京臨海病院
事務部
東京湾横断道路
総務課
東芝セキュリティ
府中事業所
東芝プラントシステム
磯子事業所 原子力事業部
東邦ガス
技術部
東邦航空
コミューター室
東北電力
原子力部原子力運営
苫東石油備蓄
安全防災課
トヨタ自動車
総務部総務室統括 G
中日本高速道路
保全・サービス事業部
名古屋第二赤十字病院
管理携 業務部 経営企画課
那須赤十字病院
臨床工学技術課
成田国際空港
保安警備部
西日本旅客鉄道
安全推進部
日揮
セキュリティ対策室
日本貨物航空
オペレーションマネージメント部
日本銀行発券局
戸田分館
日本空港ビルデング
施設・防災安全部
原子力緊急時支援・研修センター企画管理課
日本原子力研究開発機構
日本原子力発電
敦賀発電所 安全・防災室 施設防護グループ
日本原子力防護システム
敦賀事務所
日本郵船
ドライバル輸送品質
農林中央金庫
IT 統括部
バニラ・エア
航空保安部
阪急阪神ロジパートナーズ 東日本営業部
Peach・Aviation
航空保安・空港施設課
東日本高速道路
管理事業本部施設部
東日本旅客鉄道
安全研究所
日立 GE ニュークリア・エナジー 中国支社 原子力営業部 原子力第2グループ
日立セキュリティサービス セキュリティ本部 東京セキュリティセンタ
兵庫県災害医療センター
兵庫県災害救急医療情報指令センター
ヒルトン東京お台場
オペレーション部
スポーツ・文化イベントビジネス推進統括部
富士通
武陽ガス
総務
北総鉄道
運輸部 旅客課
ボッシュ
安全環境部
松山観光港ターミナル
総務課
三菱東京 UFJ 銀行
総務部
三菱日立パワーシステムズ 安全環境管理総括部 プラント安全管理部
三菱レイヨン
富山事業所 安全・環境・品質管理部
南多摩病院
危機管理室
みらい建設工業
技術本部総合評価部
明治安田生命保険
総務部
森ビル
管理事業部 管理運営部 運営企画グループ
モルガン・スタンレーMUFG証券 コーポレートセキュリティ
郵船クルーズ
船舶部海務チーム
りそなホールディングス
コンプライアンス統括部
労働金庫連合会
統合リスク管理部
(順不同)
来場者アンケート集計結果
(回収枚数:315枚)
Q1 あなたの職種は?
Q2 あなたの職務権限は?
学生 0.8%
広報・宣伝 0.8%
購入・導入を決定する
権限を持つ
4.3%
その他 5.2%
企画・調査 7.8%
特に役割は
ない
27.6%
公務員・
団体職員
28.4%
営業・販売
22.2%
購入・導入を
アドバイス
する立場である
研究・
開発
16.3%
保安関係(民間)1.4%
総務 1.4%
施設管理 1.7%
情報システム 4.7%
37.8%
機器・システムを
利用する立場から
意見を言う
18.6%
経営者・役員
9.3%
自分の決定に従って
ほぼ購入・導入が決まる
11.7%
Q3 今回の展示会を何で知りましたか?(複数回答可)
開催案内パンフレット
招待券
42.3%
ホームページ
33.3%
知人の紹介
13.3%
主催者からのDM
11.0%
危機管理産業展に来場したから
4.1%
主催者からのE-Mail
2.9%
マスメディア
1.2%
0
10
20
Q4 ご来場の主な目的は?
その他
4.0%
30
Q5 この展示会はあなたの役に立ちましたか?
製品・サービスの
購入・導入検討
セミナーに参加するため
6.8%
50 (%)
40
9.9%
Q6 次回のご来場予定は?
来場しない
1.0%
それほど役に
立たなかった
1.6%
非常に
役に立った
必ず来場する
36.8%
製品・サービスの
情報収集
79.3%
役に立った
61.6%
34.9%
来場したい
64.1%
Point
9 割近い来場者が製品・サービスを求めて来場。今回の満足度・次回の来場意欲も非常に高く、テロ対策の
専門展 SEECAT は業界の最新情報を入手するために有効な展示会として認知・評価されているようだ。
18
展示構成
今回から出展テーマ別に会場全体のゾーニングを導入。各ゾーンのテーマに応じたハイスペックなテロ対策資機材、サービスが多数
展示され、活発な商談が交わされた。
〈展示製品〉
爆発物対策【特設展示ゾーン】
無人ロボット・ドローン【特設展示ゾーン】
爆発物処理ロボット
ドローン・インターセプター
高スループット型爆発物探知装置
自律型遠隔操作ロボット
耐爆チャンバー
自律型水中環境モニタリングロボット
耐爆バッグ
タブレット操作ドローン
爆発物検知キット
画像・映像解析【特設展示ゾーン】
生体認証システム【特設展示ゾーン】
超高感度4K 対応ネットワークカメラ
顔検知・照合ソフト
顔認証システム
ビデオ映像自動解析ソフト
3次元レーザー計測システム
非接触型高速指紋認証器
検知・検査・分析
監視・警戒システム
特殊装備
化学剤検知器
ビデオ監視ソリューション
防弾板
液体検査装置
サーマルカメラ
ポータブル LED サーチライト
地中埋設物探知器
外周警戒ソリューション
防護服・救助服・ブーツ・ヘルメット・ベスト
分光計
小型旋回式カメラ
潜水用資機材
ボディスキャナー
高感度監視カメラシステム
ネットランチャー
通信機器・暗号技術
侵入防止設備・機器
シミュレーター・トレーニング機器
衛星通信機器
ハイセキュリティボラード
防衛シミュレーション
群衆シミュレーション
衛星中継車
赤外線センサー
有線・無線インターカムシステム
フェンスセンター
映像監視システム
壁越しセンサー
その他テロ対策全般
サイバー対応ソリューション
防爆センサー
化学剤除染中和剤・解毒剤・除染システム
映像鮮明化装置
空気清浄装置
名称照合モジュール
救急救命器具
(抜粋)
海外出展者
テロ対策・防衛関係において、最先端の技術を有する英国やイスラエルをはじめ、デンマーク、ドイツ、インドなど多数の海外企業・
団体が出展。最新の治安対策製品・サービスが展示された。
〈主な展示製品〉
遠隔監視装置、空中警報/防護システム、CBRN 対応マスク・呼吸器、防弾盾、ボディアーマー、防弾べスト・ヘルメット、暗視ス
コープ、監視追尾レーダー 等
19
出展者アンケート集計結果
Q1 今回出展に至ったきっかけ
Q2 本展への来場者数について
商談について
(複数回答可)
(%)
Q3 会期中における来場者との
75
期待以上
13.8%
期待以下
22.0%
64.2%
60
商談は
なかった
26.5%
30
15
8.3% 7.3%
64.2%
5.5% 4.6% 3.7%
その他※
出展の案内をDM
で受け取って
主催者関係者の紹介
業界紙等の
開催告知記事を見て
取引先・関係先の紹介
評判を聞いて
毎年出展している
0
73.5%
期待どおり
11.0%
※その他の理由
・以前に出展しており、新製品を披露するため。
・前回来場し、ターゲットがマッチしていると考え
たため。
・出展が恒例になっている(海外出展者)
●自由意見
・重要インフラ、国の機関からの来場者が多数で良かった。
・来場者が多く、昼休みもとれないくらいだった。
・会場が分かれたため、少なく感じる時間帯があった。
・目的が明確な来場者が多く、密な商談ができた。
・普段会うことが難しいユーザー、客層と商談ができた。
40
成約には
至らなかった
会期終了後、
詳細をかためる
5.7%
②新規顧客獲得の場として
0.0%
成立した
期待以上
19.4%
20
0
①商談の場として
80.6%
(%)
80
60
Q4 出展された成果について
期待以下
17.1%
商談があった
③既存客へのアピールの場として
期待以上
期待以下
7.6%
期待以下
14.4%
14.3%
期待以上
17.3%
期待どおり
④新製品発表の場として
期待以下
6.8%
12.6%
期待どおり
80.6%
78.1%
68.3%
⑤販売促進/PRの場として
期待以下
7.4%
期待以上
期待どおり
期待どおり
77.2%
⑥製品に対する来場者からの意見収集の場として
期待以下
8.8%
期待以上
18.5%
期待どおり
74.1%
期待以上
15.7%
期待どおり
75.5%
Point
出展者の 7 割以上が「商談があった」と回答。成果に関しては 8 割から 9 割の出展者が「期待以上・期待どおり」と回
答し、質の高い来場者と密度の濃い商談・情報交換が実現したことが伺える。
20
アドバンストセミナー
会場:西2ホール SEECAT ステージ
パネルディスカッション
月
10
【講 師】 (公財)
東京オリンピック・パラリンピック競技大会 
組織委員会 警備局長
今井 勝典
内閣官房副長官補
(事態対処・危機管理担当)
付内閣参事官
岩下 剛
警察庁 警備局 警備課長
原 和也
警察庁 外事情報部 国際テロリズム対策課長
立﨑 正夫
【コーディネーター】 (公財)公共政策調査会 研究センター長
板橋 功
10:30~12:30
東京2020のセキュリティを考える
日
(水)
19 ~東京オリンピック・パラリンピックに向けての取組みと課題~
氏
氏
氏
氏
氏
内閣官房セミナー
13:30~15:00
【講 師】 警視庁 警務部 理事官
元陸上自衛隊研究本部 特殊武器研究室長
化学テロへの対応
~国民保護の観点から~
奥村 徹 氏
中村 勝美 氏
パネルディスカッション
【講 師】 原子力規制庁長官官房 放射線防護グループ  
原子力災害対策・核物質防護課 核セキュリティ・ 
核物質防護室長
江口
原子力規制庁長官官房 放射線防護グループ  
放射線対策・保障措置課 企画調整官  
(併)
長官官房制度改正審議室企画調整官
寺谷
(国研)
日本原子力研究開発機構 核不拡散・ 
核セキュリティ総合支援センター(ISCN)
野呂
【コーディネーター】 (公財)公共政策調査会 研究センター長
板橋
日
(木)
20
15:30~16:50
核セキュリティ問題を考える
~原子力施設や RI 施設などのセキュリティ~
寛章 氏
俊康 氏
尚子 氏
功 氏
公安調査庁セミナー
【講 師】 公安調査庁 調査第二部 公安調査管理官
日本大学 危機管理学部 教授
13:30~14:30
国際テロ情勢について
日(金)
21 パネルディスカッション
片倉 秀樹 氏
安部川 元伸 氏
【講 師】 内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター  
情報統括グループ企画官
伊貝 耕
警察庁 警備局 警備企画課 課長補佐
松尾 直樹
(一財)
日本サイバー犯罪対策センター 調査分析部長 
間仁田 裕美
【コーディネーター】 (公財)公共政策調査会 研究センター長
板橋 功
15:00~16:30
拡大するサイバー空間の脅威とその対策
出展者プレゼンテーション
氏
氏
氏
氏
会場:西2ホール SEECAT ステージ
月 日
(水)
10
19
日
(木)
20
日
(金)
21
15:30~16:30
Opening and presentation of Pavilion : Israel Export Institute / Cyber &
Intelligence
イスラエルパビリオン
10:30~11:30
Rio 2016 / Mobile Solutions
イスラエルパビリオン
11:45~12:45
ロンドン五輪における車両テロ、侵入防止用のボラード等導入事例
13:00~14:00
NTT グループが考える総合的なリスクマネジメント
14:15~15:15
Video Analytics
イスラエルパビリオン
10:30~11:30
Securing Critical Infrastructures
イスラエルパビリオン
11:45~12:45
効果的なドローン対策手法と、ボディスキャナ最新動向
21
サノヤス・エンジニアリング(株)/帝金(株)
NTTグループ
ローデ・シュワルツ・ジャパン(株)
広報活動
1.主な来場メディア
NHK/TBS テレビ/テレビ朝日/日本テレビ放送網/朝日新聞社/産経新聞社/日本経済新聞社/毎日新聞社/読売新聞
社/共同通信社/朝雲新聞社/ガスエネルギー新聞/ガラス新聞社/警備保障新聞新社/警備保障タイムズ/セキュリティ
産業新聞社/電波新聞社/電波タイムス社/防衛メディアセンター(順不同)
【プレス来場者数】105名(会期中合計)
2.来場誘致広告、パブリシティ(記事掲載・テレビ放映等)
、メールマガジン
■広告
・新聞
掲載日
8月25日
9月5日
9月11日
9月21日
9月25日
10月10日
10月11日
■パブリシティ
・新聞
媒体
警備新報
警備新報
警備保障タイムズ
警備保障タイムズ
警備新報
セキュリティ産業新聞
警備保障タイムズ
・雑誌
掲載日
9月号
10月号
媒体
セキュリティ研究
セキュリティ研究
掲載日
10月1日
10月5日
10月18日
10月19日
10月25日
10月25日
11月1日
11月15日
■メールマガジン
媒体
警備保障タイムズ
警備新報
セキュリティナビ
電波タイムズ
警備新報
家具週報
警備保障タイムズ
保険毎日新聞
・WEB
掲載日
10月31日
媒体
日経ビジネス
・雑誌
掲載日
12月号
媒体
JADI
発行日
9月1日
9月5日
9月26日
9月30日
10月5日
10月11日
10月12日
10月12日
10月13日
10月14日
10月17日
10月17日
10月19日
媒体
事務局
事務局
日本実務出版
事務局
事務局
日本実務出版
事務局
リスク対策 .com
事務局
リスク対策 .com
事務局
日本実務出版
事務局
テ
ロ
対
策
を
創
造
す
る
。
10.19
水
WED
21
金
FRI
Now, Confronting Terroism
10:00-17:00
www.seecat.biz
東京ビッグサイト 西ホール ●主催:(株)東京ビッグサイト ●特別協力:東京都
開催のご案内
招待会社名
小間番号
出展者紹介ID
このパンフレットではご入場いただけません。
WEB入場申請をお願いいたします。
3.招待券の配付、プレスリリースの発行
■招待券の配付
出展者に対しては、顧客へ PR・告知するツールとして案内パンフレット・招待券を提供した。
また事務局からは、特別協力の東京都、後援機関・協賛団体を通じた治安関係者への来場案内と併せ、警察・自衛隊等の
幹部やインフラ関係事業者の経営層にもダイレクトメールにより配付するなど、テロ対策が求められるユーザーに限定し
て来場誘致活動を実施した。
■プレスリリースの発行
主要報道機関・関連業界メディア向けに報道用資料を発行。
本年の見どころやセミナー・出展者情報など、詳細を告知し会場での取材・情報発信を働きかけた。
22
出展者一覧(50音順) ※は共同出展者
出展者名
小間番号
あ
出展者名
小間番号
出展者名
住商エアロシステム
SD23
防衛装備庁
小間番号
SJ25
ポニー工業
SC25
RSダイナミックス・ジャパン
TF05
※ブルカー・ダルトニック
アイ・アール・システム
SG17
スミス ディテクション
SK06
ま
赤尾
SK23
セキュアテック
SB04
松田通商
アライドテレシス
SC17
※エイペック・システムズ
松永製作所
SE14
アルウェットテクノロジー
SF20
※ブルン・ニューテック
松本機工
SH25
EMCジャパン
SK17
※スミス・マイヤーズ
イヨンインターナショナル
TD01
セキュリティー
インフォマティクス
SK04
衛星ネットワーク
TC01
エイビット
SE11
※HAMANI
エーディーエステック
SB24
※三菱レイヨン
ミュートロン
SP09
エーティコミュニケーションズ
SG06
ソニービジネスソリューション
TG04
モボティックス ジャパン
SF01
エグゼクティブ プロテクション
SA17
ソリトンシステムズ
SK20
ら
エス・イー・エイ
TF01
た
エス・ティ・ジャパン
SK06
竹中エンジニアリング
NTTグループ
SK08
谷澤商事
※NTT
多摩川精機
SL23
理研計器
SF19
※NTTコミュニケーションズ
タムロン
SL01
リバスト
TC04
※NTTデータ
DSE Corporation
SF14
ローデ・シュワルツ・ジャパン
SN22
※NTTデータ先端技術
帝国繊維
SK11
わ
※NTTソフトウェア
帝人
SK22
ワイマックス
丸文
SH22
SA09
ミカミ
SJ01
双日エアロスペース
SC20
三菱電機
SC10
ソーゴー
SN24
三菱長崎機工
SF13
※K’s Arrow
リアルビズ
SF16
SE06
リガク
SN02
SB21
理経
SE13
FLE
SG20
デルフトハイテック
SP10
※エマージェント バイオソリューションズ
エム・エー・ジェー
SC14
東通インターナショナル
SL22
海外
江守商事
SE01
東陽テクニカ
SP17
AVON PROTECTION
オーピーティー
SE23
東洋メディック
SB22
※日本エム・アイ・シー
か
SK01
な
COVIDENCE A/S
SM20
SA15
SK25
兼松エアロスペース
SC01
内閣官房
TN03
キーサイト・テクノロジー
SB23
ナカネ
SB03
Department for International Trade (DIT) SK14
Defence & Security Organisation
キヤノン/キヤノンマーケティングジャパン SD06
ナスクインターナショナル
SE19
※ULTRA ELECTRONICS
極東貿易
SL25
日本アクアラング
SM19
※PEARSON ENGINEERING
クマヒラ
SG22
日本エアロスペース
TD04
※THALES GROUP
グローリー
TK04
日本エンジニアリング貿易
SC19
FinFisher
SN04
クロス
TB07
日本オラクル
SN06
INTERPOL WORLD
SN03
ゲネシス コンマース
SE22
日本海洋
SF10/TA03
イスラエル パビリオン
SD08
ケンコー・トキナー
SE20
日本ケミカルデータベース
SM16
※Agent VI
公安調査庁
TN01
日本工機
SE17
※BRIEFCAM
興和光学
SF11
日本実務出版
TN02
※CommuniTake
コーンズテクノロジー
TL01
日本通信エレクトロニック
SC11
※DSIT
近藤工業
TL04
日本電気
SC13
※ISDS
日本ムーグ
SF17
※KELA
ネエチア
SH06
※MAGAL
ネクシス光洋
TD02
※MAGNA
さ
サノヤス・エンジニアリング/帝金
SC16
※ATG Access
三洋貿易
SG23
は
ジェネテック・ジャパン
SK17
ハイテクインター
SL04
※Qognify
ジオファイブ
SE16
ハイドロシステム開発
SH23
※Reporty
阪神交易
SB06
※RT LTA
※ケムリング センサーズ アンド
エレクトロニック システムズ
※MIFRAM
日立製作所
TF04
※TERROGENCE
篠田商会
SA10
富士テクニカルリサーチ
TG02
※MER
島津製作所 SM17
富士電機
SD22
※Octopus
ジャパンセル
SE25
富士フイルム
SE10
MKU PVT
ジャパンマシナリー
SA20
ベイシス・テクノロジー
SN05
23
TF07
SEECAT 会場レイアウト図 ※は共同出展者
西3ホール
N
N
M
M
L
L
K
K
J
J
H
H
G
G
F
F
E
E
D
D
C
デルフト
ハイテック
P
セキュアテック
※エイペック・システムズ
※ブルン・ニューテック
※スミス・マイヤーズ
ワイマックス
※エマージェント バイオ
ソリューションズ
Department for
International Trade(DIT)
-Defence & Security
Organisation
NTTグループ
※NTT
※NTTコミュニ
ケーションズ
※NTTデータ
※NTTデータ
先端技術
※NTTソフト
ウェア
※ULTRA
ELECTRONICS
※PEARSON
ENGINEERING
※THALES GROUP
ジェネテック
・ジャパン/
EMCジャパン
ジオファイブ
※ケムリング センサーズ アンド
エレクトロニック システムズ
イスラエル
パビリオン
※Agent VI
※BRIEFCAM
※CommuniTake
※DSIT
※ISDS
※KELA
※MAGAL
※MAGNA
※MIFRAM
※Qognify
※Reporty
※RT LTA
※TERROGENCE
※MER
※Octopus
三菱長崎
機工
※K's
Arrow
エイビット
SE11
C
B
B
A
A
サノヤス・エンジニアリング/帝金
※ATG Access
AVON PROTECTION
※日本エム・アイ・シー
事務局
手荷物検査
24
登録所
SEECAT会場全体図(東京ビッグサイト西ホール)
西3ホール
P
ソーゴー
※HAMANI
※三菱レイヨン
N
M
L
K
特設展示ゾーン・
セミナーステージ
J
西2ホール
H
G
F
住商エアロシステム
※ブルカー・
ダルトニック
西2ホール
E
D
C
B
A
手荷物検査
A
25
B C D
E F G
H J K L M
N
次回開催予定
2017
7
会 期:2017年10月11日
(水)
~13日
(金)
会 場:東京ビッグサイト 西ホール
RISCON TOKYO・SEECAT 事務局
お問い合わせ
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-2
大同生命霞が関ビル4階 アテックス
(株)
内
TEL:03-3503-7641 FAX:03-3503-7620
E-Mail:
[RISCON]
[email protected] [SEECAT]
[email protected]
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
133
File Size
12 986 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content