close

Enter

Log in using OpenID

DB2 UDB データへアクセス

embedDownload
田中耕一郎 TANAKA, Koichiro
今回は、DB2 UDB データへアクセスするクライアントの
DB2 ア
ジニ
ン
エ
構成方法についてに解説します。基本的にクライアント
の設定は何度も行なうものではなく、しかもローカルな
環境では構成の設定も必要ないので、なかなか覚える
機会がないことも確かです。この機会に是非ともしっか
実践講座
第3回
り覚えて、得点源にできるようにしておきましょう。
データへのアクセス
DB Magazineサイトへ
はじめに
「DB2 UDB サーバーの発見と認識」です。
環境です。複数のデータベースを 1 つのイ
この問題で問われるのは、ずばり
「ノードと
ンスタンス内に作成でき、また、単一のマシ
エンジニア試験では、DB2 UDB データ
データベースのカタログ方法」です。詳細は
ン上に複数のインスタンスを作成できます。
のアクセスカテゴリからの出題が全出題数の
後述しますが、コマンドを使用する方法と
インスタンスに特有の設定項目は、データ
15 %を占めています
(表 1)
。エンジニア試験
ツールを使用する方法とがあります。
ベース・マネージャー構成ファイル(DBM 構
の全問題数が 54 問あるとすると、およそ8 問
次に 2 つ目の「基本的な DB2 UDB オブ
成ファイル)
にパラメータとして登録されてい
がこの項目から出題される計算になります。
ジェクトの作成」と3 つ目の「DB2 UDB オ
ます。これらの値を参照するには、CLP(コ
DB2 UDB データへのアクセスカテゴリの
ブジェクトのアクセスと操作」ですが、DB2
マンド行プロセッサー)から get dbm cfg
問題は、次の 3 つの項目から構成されます。
UDB オブジェクトと一言で言っても多岐に
コマンドやコントロール・センターから見るこ
渡ります。そのため、誌面の都合上今回は
とができます。これらの個々の値が何を意
・DB2 UDB サーバーの発見と認識
解説しません。次回の「DB2 UDB データ
味するのかはひとまず置いておいて、これ
・基本的な DB2 UDB オブジェクトの作成
の使用」カテゴリで、DB2 GUI ツールの中
らのパラメータがインスタンス・レベルでそ
・DB2 UDB オブジェクトのアクセスと操作
心的な役割を果たすコントロール・センター
のインスタンスに属するすべてのデータベー
の紹介を含め、DB2 オブジェクトについて
スに影響を与えることを覚えておいてくださ
も解説したいと思います。
い。デフォルトでは、DB2という名前のイン
DB2 では、クライアントマシンからDB2 サ
ーバーのデータベースに接続するために
今回は、カタログとは何かを説明する前
「カタログ」
という作業が必要になります。そ
に、DB2 の論理的な構成要素を説明しま
データベースとは、表や索引といったデータ
のカタログの知識を問う問題が、1 つ目の
す。これらの理解なくしては、ノードとは何
ベースオブジェクトを格納できる論理的な構
表 1:エンジニア試験の出題項目と問題配分
カテゴリ
出題項目
計画
15%
②
セキュリティ
10%
③
DB2 UDB データのアクセス
15%
④
DB2 UDB データの使用
30%
⑤
DB2 UDB オブジェクトの使用
20%
⑥
データの同時実行性
合計
か、また、なぜカタログする必要があるのか
造です。また、ユーザーからの接続を受け付
といったことが見えてこないからです。
ける単位でもあります。個々のデータベースの
設定を規定するために、インスタンスと同様の
配分
①
10%
100%
スタンスが作成されます。
構成ファイルを持っています。これらはデータベ
DB2 の構成
ース構成ファイルと呼ばれ、get db cfg for
[データベース名]
コマンド、あるいはコントロー
インスタンスとデータベース
インスタンスとは、論理的な DB サーバー
ル・センターから参照できます。画面 1 は、
DB2 付属の SAMPLE データベースの構成
DB Magazine 2003 September
209
DB2インスタンス
データベース
データベース・
マネージャ
構成ファイル
管理サーバー
構成ファイル
リモートからの管理
表スペース
表
索 引
DASインスタンス
データベース
構成ファイル
インスタンス1
図 1:インスタンスとデータベースの論理的な関係
インスタンス2
DISCOVERY
ジョブのスケジューリング
インスタンス3
図 2:DAS によるインスタンス管理
パラメータをコントロール・センターから表示し
トで管理するための特殊な DB2 インスタン
す。インスタンス、データベース、DAS には、
たものです。図 1は、インスタンスとデータベー
スです。DAS の役割を次に挙げます。
それぞれ特有のパラメーター値を保持する
スの論理的な関係を示しています。
ファイルがあることはすでに説明しましたが、
図 1 から、それぞれのオブジェクトが階層
的になっていることが分かるかと思います。
・DB2 サーバーのリモート管理
このほかにも
「DB2 プロファイル・レジストリ」
・スケジューラーを使用して、ユーザーが作成
と
「DB2システム環境変数」があります。
表スペースは実際の物理ファイルにマップさ
したジョブをローカルまたはリモートで実行
れる論理的な単位で、複数の表や索引な
・DB2ディスカバリーを使ったリモート・クライ
アントに情報を戻す
(詳細については後述)
どのオブジェクトを格納できます。表スペー
DB2 プロファイル・レジストリ
DB2 インターフェイスや通信パラメーター
をコントロールするための DB2COMM や
スにより、実際のデータの物理的な格納先
(ファイルシステムやテープ)
を気にしなくて
済みます。
DB2 UDB 管理サーバー
図 2 は、DAS がインスタンス1 から3まで
DB2PATH などのパラメーターが保管され
を管理している様子を表わしています。図に
ています。パラメーターとその値を参照する
ある管理サーバー構成ファイルの内容は、
には、次のコマンドを発行します。
get admin cfgコマンドで取得できます。
また、
DB2 UDB 管理サーバー(以降、DAS)
は、DB2 サーバーをローカルおよびリモー
■
db2set -all
DAS の開始と終了はそれぞれ db2admin
start、db2admin stopコマンドで行ないま
結 果
[e]
[i]
[i]
[i]
[i]
[i]
[g]
[g]
[g]
[g]
■
DB2PATH=D:¥IBM¥SQLLIB
DB2ACCOUNTNAME=DIANNE¥db2admin
DB2INSTOWNER=DIANNE
DB2PORTRANGE=60000:60003
DB2INSTPROF=D:¥IBM¥SQLLIB
DB2COMM=TCPIP
DB2SYSTEM=DIANNE
DB2PATH=D:¥IBM¥SQLLIB
DB2INSTDEF=DB2
DB2ADMINSERVER=DB2DAS00
DB2 システム環境変数
OS のシステム環境変数として保存される
いくつかのパラメーターがあります。これらは
OSによって異なります。画面 2 は Windows
の 環 境 変 数 です。D B 2 I N S T A N C E と
DB2TEMPDIR が登録されていることが分
かります。
画面 1:SAMPLE データベースの構成を
コントロール・センターから表示
210
DB Magazine 2003 September
画面 2:Windows の環境変数
DB2 ア
ジニ
エン
実践講座
インストール時に TOOLSDB(タスク・センタ
点では、クライアントマシンのシステム・デー
ーなどの GUIツールを使用するときに必要)
タベース・ディレクトリーには当然ながら1 つ
とSAMPLE データベースを作成しているの
もデータベースはカタログされていません。
で、そのときに暗黙的にカタログされていま
そのため、該当リモートデータベースの情
「データベースをカタログする」
とはどうい
す。ローカルに既に存在しているデータベー
報を元にカタログ作業をしなければなりま
うことでしょうか。カタログとは、一般的に一
スに対して別名を持たせたいときは、次の
せん。カタログするためには、次の 4 つの作
覧表やリストのことですから、データベース
ようにコマンドを入力します。なお、ここで
業が必要になってきます。
のカタログとは、使用できるデータベースの
は S A M P L E デ ータベ ー スに 対 して
データベースのカタログ
クライアントの構成
一覧であると言えます。つまり、データベー
スをカタログするとは、データベースの情報
moniker という別名を付けています。
■
通信プロトコルの設定
DB2 がサポートする通信プロトコルは、
db2 catalog database sample as moniker
TCP/IP、NetBIOS、Named Pipes、
を一覧の中に登録する作業です。
では、なぜこのようなカタログという作業が
コマンドを入力後、再び list database
APPC です。ほとんどの場合 TCP/IP プロ
必要なのでしょうか。それは、アプリケーショ
directoryコマンドを発行します。結果的に
トコルが選択されます。以降もTCP/IP を
ンがアクセスしたいデータベースを特定するた
データベース・エントリーが 3 つになり、デ
前提として解説します。
めの情報として必要となるからです。ローカル
ータベ ー ス S A M P L E の 別 名 として
な環境でDBを明示的にカタログする必要は
MONIKER が登録されているはずです。
成ファイルのSVCENAME エントリーで示す
結 果
接 続ポート名が O S の s e r v i c e s ファイル
動的にカタログされるからです。カタログの作業
は、リモートにあるデータベースにアクセスする
クライアントマシン上か、あるいはローカル DB
ですでに登録されているデータベースに別名
を持たせたいときに行ないます。実例を見てみ
ディレクトリー中の項目数
データベース 1 項目 :
データベース別名
データベース名
データベース・ドライブ
ディレクトリー項目タイプ
= 3
=
=
=
=
MONIKER
SAMPLE
D:¥DB2
間接
ましょう。自分のPCにDB2とSAMPLEデー
タベースをインストールしている方は、CLPを起
動して次のコマンドを入力してみてください。
db2 list database directory
システム・データベース・ディレクトリー
ディレクトリー中の項目数
= 2
データベース 1 項目 :
データベース別名
= TOOLSDB
データベース名
= TOOLSDB
データベース・ドライブ
= D:¥DB2
ディレクトリー項目タイプ
= 間接
データベース 2 項目 :
データベース別名
= SAMPLE
データベース名
= SAMPLE
データベース・ドライブ
= D:¥DB2
ディレクトリー項目タイプ
= 間接
%SYSTEM%¥SYSTEM32¥drivers¥etc
にあります)
に定義されているかも確認します。
リモート・ノードの登録
以降、MONIKER へは他のデータベース
ノードは、インスタンスとほぼ同じものだと
と同様に CLP あるいはクライアント・アプリ
覚えておいてください。該当データベースが
ケーションからアクセスできます。
存在するインスタンスを、使用する通信プロ
ドとその結果を次に示します。
connect to moniker
結 果
トコルとともにノードとしてシステム・データベ
ース・ディレクトリーとノード・ディレクトリーに
エントリーを追加します。
■
リモート・データベースの登録
先ほど登録したノード内に存在するデー
データベース接続情報
データベース・サーバー
= DB2/NT 8.1.0
ローカル・データベース別名 = MONIKER
タベースの情報をクライアント・マシンのシス
テム・データベース・ディレクトリーとノード・
ディレクトリーに登録します。
クライアントからの
DB2 サーバーへのアクセス
db2 list database directoryコマンド
( Windows NTファミリー の 場 合 は 、
■
CLP から MONIKER に接続するコマン
結 果
がTCPIPになっていることを確認します
(前出
のdb2setコマンドを使用)
。続いて、DBM 構
ありません。なぜなら、データベース作成時
(CREATE DATABASE 文発行時)
に自
まず、DB2レジストリー変数のDB2COMM
では、クライアントアプリケーションから、
■
登録したリモート・データベースへの接続
登録したデータベース名で接続できるか
は、システム・データベース・ディレクトリーを
リモートのデータベースサーバーへ接続す
を確認します。ノードとデータベースがカタ
参照して、カタログされているデータベース
るときにはどのような手順が必要でしょうか。
ログされたことを確認し、接続コマンドを発
の情報を表示します。この環境では、DB2
クライアントモジュールをインストールした時
行して実際に接続します。
DB Magazine 2003 September
211
これらの 4 つの作業を行なうためには、
次の 3 通りの方法が提供されています。
ここまでが JACK 側で行なう作業です。
結 果
これより、クライアント側の DIANNE での
設定について解説します。まず、TCP/IPノ
・手動で行なう
システム・データベース・ディレクトリー
データベース別名
= R_SAMPLE
データベース名
= R_SAMPLE
ノード名
= R_JACK
ディレクトリー項目タイプ
= リモート
ードを R̲JACK としてカタログします。
・DB2 の GUI ツールであるディスカバリー
db2 catalog tcpip node r_jack remote
jack server db2c_DB2
を使用する
・アクセス・プロファイルを使用する
DIANNE 側での設定は以上です。それ
ノードが正常に作成されたかどうかは、
それでは、カタログのメカニズムを追うた
めに、それぞれのやり方を見ていきましょう。
次のコマンドで確認できます。
では、接続テストを行なってみましょう。次
のコマンドで J A C K 上 のデータベース
db2 list node directory
SAMPLE への接続確認ができます。
● 手動でカタログを行なう
結 果
db2 connect to r_sample user xxxx using xxxxx
まず、手動で設定する場合を見ていきま
す。今回は JACKとDIANNEというマシン
上に、DB2 サーバーとクライアントモジュール
をインストールして、JACK 上の SAMPLE デ
ータベースをDIANNEに R̲SAMPLEとし
ノード・ディレクトリー
ディレクトリー中の項目数
ノード 1 項目 :
ノード名
プロトコル
ホスト名
サービス名
以上で、リモートサーバー上の SAMPLE
= 1
データベースが R̲SAMPLE という名前で
=
=
=
=
R_JACK
TCPIP
jack
db2c_DB2
クライアント上にカタログされました。ここまで
の作業を図にしたのが図 3 です。DIANNE
てカタログします。まず、JACK のレジストリー
変数であるDB2COMM が、TCPIPに設定
されていることを、次のコマンドで確認します。
db2set -i
上のクライアントアプリケーションからデータベ
次 に 、サ ー バ ー で ある J A C K 上 の
ースに対して接続要求が来たときに、システ
SAMPLE データベースを R̲SAMPLE と
ム・データベース・ディレクトリーが対象データ
いう名前でクライアント上にカタログします。
ベースはリモートかローカルかを判断して、そ
れぞれのノード・ディレクトリーにデータベース
db2 catalog database r_sample remote at node r_jack
結 果 が 次 のように 表 示 され れ ば 、
DB2COMMはTCP/IPに設定されています。
とノードの情報を問い合わせていることが分
データベースが正常にカタログされたか
かると思います。
どうかは、次のコマンドで確認できます。
説明が多少冗長になってしまいましたが、
結 果
クライアント・アプリケーションが DB2 サー
db2 list database directory
バーに接続するためにどのような設定が必
DB2COMM=TCPIP
次に、DBM 構成ファイルのパラメーター
DIANNE
SVCENAME を調べます。
db2 get dbm cfg
SAMPLE
JACK
TOOLSDB
⑤リモートデータベースへの
接続
インスタンス:DB2
db2 connect to r̲sample
結 果
TOOLSDB
SAMPLE
TCP/IP サービス名
(SVCENAME) = db2c_DB2
続いて、db2c̲DB2という名前のエントリ
ーが services ファイルに存在しているかを
確認します。
db2c_DB2
R̲JACK
TOOLSDB
R̲SAMPLE
ローカル・
ディレクトリー
ノード・
ディレクトリー
システム・
データベース・
ディレクトリー
③ TCPIPノード:
R̲JACKの作成
db2 catalog tcpip node ….
ローカル/リモートの
全データベース情報
④データベース:
R̲SAMPLEのカタログ
db2 catalog db …
50000/tcp
図 3:手動でカタログを実行する際の作業の流れ
212
DB Magazine 2003 September
①プロファイル・レジストリー
DB2COMM=TCPIP
② db2c̲DB2
50000/tcp
DB2 ア
ジニ
エン
実践講座
要かを理解すると、次に説明する構成アシ
スタントやアクセス・プロファイルのツールも
理解しやすくなると思います。エンジニア試
験対策の観点から言うと、使用できる通信
プロトコルの種類などが頻繁に問われてい
ますし、TCP/IP の設定に必要なレジスト
リー変数や DBM 構成ファイルも覚えておい
てください。
【例題】
画面 3:データベースの
追加ウィザード
LIST DB DIRECTORYコマンドについ
ての記述で、最も適切なものは次のうち
どれですか?
〔A〕ローカル・データベースのディレクト
リー項目型は ホーム と表示される
〔B〕システム・データベース・ディレクト
リーの内容がリストされる
〔C〕リモート・データベースのディレクト
リー項目型は 間接 と表示される
〔D〕各リモート・データベースに対する
コネクション数がリストされる
【解説】
services ファイルにあるエントリーのポート
通信プロトコルに TCP/IP を使用する場
合には、DB2 UDB サーバーにて、
いですが、server が正しいです。
・DB2COMM レジストリー変数に TCPIP
● ディスカバリーを使ってカタログを行なう
の追加
ディスカバリーは、db2クライアント構成ア
・DB2 サーバー側の servicesファイルにサ
ービス名とポート番号の追加
解答:B
【解説】
式のツールで、ステップ・バイ・ステップで接
続の構成を行なえます。ディスカバリーには
SVCENAMEを追加したサービス名で更新
「KNOWN ディスカバリー」
と
「SEARCH デ
ィスカバリー」の 2 種類があります。ディスカ
バリーを起動するには、CA のメニューから
を行なう必要があります。
めのコマンドです。図 3にあるように、ローカ
ル/リモートのデータベースの情報がシステ
シスタント
(CA)から起動できるウィザード形
・D B M 構 成 ファイル の パ ラメーター
LIST DB DIRECTORYは、システム・デ
ータベース・ディレクトリーの内容を表示するた
番号を使用するので services 混同しやす
[選択]
−
[データベースの追加(ウィザード
【例題】
を使用)
]
を選択し、
「データベースの追加ウ
ム・データベース・ディレクトリーに格納されま
TCP/IP ノードを R̲JACK という名前
ィザード」を立ち上げ、 ネットワークを検索
す。ここで表示されるディレクトリー項目型は、
で、ホスト名 JACK にある DB2 サーバ
する を選択します(画面 3)。
ローカル・データベースの場合は間接、リモー
ーに対して構成しようとしています。次の
ト・データベースの場合はリモートになります。
どのコマンドを実行したらよいですか?
〔A〕db2 catalog npipe R̲JACK remote
JACK server 50000
【例題】
TCP/IP ノードをカタログする際に、DB2
サーバー側で設定されていなくてはなら
ない項目はどれですか?
(2 つ選択)
〔A〕データベース・ディレクトリー
〔B〕PORT DBM 構成パラメーター
〔B〕db2 catalog node R̲JACK remote
JACK server 50000 using tcpip
〔C〕db2 catalog tcpip node R̲JACK
remote JACK server 50000
〔D〕db2 catalog tcpip node R̲JACK
remote JACK service 50000
すでにクライアントで認識しているリモー
トサーバーのインスタンス/データベースの
情報を検索します。
データベースの追加ウィザードで[システ
ムの追加]
ボタンを押して、出現したダイアロ
グボックスにマシン名、プロトコルなどの必
要な情報を入力してノードとデータベースの
カタログを行ないます(画面 4)。
〔C〕DB2COMM レジストリー変数
解答:C
〔D〕SVCENAME DBM 構成パラメーター
【解説】
解答:C、D
・Known ディスカバリー
前 述 の 解 説 を 参 考 にしてください 。
・Search ディスカバリー
ローカルネットワーク上にブロードキャス
DB Magazine 2003 September
213
画面 4:必要な情報を入力してノードと
データベースのカタログを行なう
トした問い合わせに対してレスポンスを返
画面 5:ネットワーク検索の結果から利用可能な
DB2 サーバーの一覧を表示
【例題】
のインスタンスを選択し、メニューより
[サー
した DB2 サーバーのインスタンスとデータ
リモートDB2 サーバーへの TCP/IP デー
バー・プロファイルのエクスポート]
を選ぶこ
ベースの情報を使用します。これは、事前
タベース接続をカタログするには、次の
とにより作成されます(画面 6)。
に接続先の情報を知らなくても良い反面、
うちどの情報が最低限必要ですか?
Search ディスカバリーからのメッセージが
ルーターとブリッジによってフィルタリングさ
れてしまい、適切な情報を取得できない場
合があります。その場合は、Known ディス
カバリーを選択してください。画面 5 は、ネ
・クライアント・アクセス・プロファイル
〔A〕ホスト名
クライアントで構成されたカタログ情報が
〔B〕パスワード
入ったプロファイルで、他のクライアントに設
〔C〕許可 ID
〔D〕オペレーティングシステムのバー
ジョン番号
アシスタントからプロファイルをエクスポート
することにより作成されます(画面 7)。
ットワーク検索を行なった結果リストされ
解答:A
た利用可能な DB2 サーバーの一覧を示し
ています。
定をコピーできます。クライアント上の構成
【解説】
● それぞれ構成方式の考慮点
Known/Search ディスカバリーを使用す
Search ディスカバリーを使用すれば、対
ここまで、カタログを行なう3 つの方式を
る場合、次のパラメーターを有効にする必
象となるマシン名だけで接続の構成を行な
見てきました。それぞれに長所と短所があ
要があります。
うことが可能です。
りますので、環境に合わせて適宜選択して
ください。表 2 に方法選択のためのガイド
・クライアント/サーバーの DBM 構成
ファイルのパラメーター
● アクセス・プロファイルを使用したカタログ
を示します。
アクセス・プロファイルには、
「サーバー・アクセス・プロファイ
DISCOVER=SEARCH(or KNOWN)
DISCOVER_COMM=TCPIP(使用する通信プロトコル)
ル」
と
「クライアント・アクセス・プ
ロファイル」の2 種類があります。
・サーバーのDBM 構成ファイルのパラメーター
DISCOVER_INST=ENABLE
・サーバー・アクセス・プロ
ファイル
DB2 サーバーのすべてのイ
・サーバーの DB 構成ファイルのパラメーター
DISCOVER_DB=ENABLE
ンスタンス、データベースに関
する情報が記載されています。
コントロール・センターから対象
画面 6:コントロール・センターからサーバー・
プロファイルをエクスポート
214
DB Magazine 2003 September
日本アイ
・ビー・エム より
おトクなお知らせ
DB2 グローバルマスター
1万人達成記念
スキルアップ・キャンペーン
実 施 中!
期間
対象
画面 7:構成アシスタント
からプロファイル
をエクスポート
表 2:環境の違いによるカタログ方法一覧
構成方式
環境
サーバー・アクセス・プロファイル
・クライアントが多数存在している
・接続するデータベース・サーバーが多数ある
クライアント・アクセス・プロファイル
・クライアントが多数存在している
・クライアントは同じデータベースにアクセスする
Known ディスカバリー
・大規模なネットワーク環境
Search ディスカバリー
・単純なネットワーク環境
・クライアントが多数存在している
・DB2 サーバーが頻繁に増加するような環境
手動
・拡張オプションを使用する場合
・APPC プロトコルを使用する場合
・スクリプトを使用する場合
2003年5月1日〜12月20日まで
DB2アドバイザー資格保有者
および DB2エンジニア資格保有者
DB2 技術者の需要拡大に伴い、おかげさまで、
昨年 1 年間で1 万人以上の方がDB2グローバ
ルマスターの資格を取得され、その数は約 1 万
2000名となりました。今年度は1万人達成記念
として、上位資格の取得を目指される「DB2アド
バイザー」
「DB2エンジニア」の有資格者を対
象に、スキルアップ・キャンペーンを実施していま
す。ぜひこの機会に上位資格を取得して、DB2
の知識をより深めていただくと同時に、データベー
スの世界において活躍の場を広げてください!
スキルアップ・キャンペーン
対象
内容
A
DB2アドバイザー資格保有者
DB2エンジニア取得支援
(2003年5月1日〜9月30日まで)
1. 試験対策セミナーと試験割引バウチャーを
キャンペーン価格でご提供
2. セミナー参加者、先着100名に
翔泳社「iStudy(DB2エンジニア模擬試験
CD-ROM)」
(定価15,000円)をご提供
【例題】
ーを使用した基本的な DB2 オブジェクトの
3. エンジニア合格者には
特製DB2 グローバルマスターグッズ
プレゼント(後日郵送いたします)
同じデータベースにアクセスするクラ
作成方法も見ていきたかったのですが、思
イアントが多数ある場合に、最も適して
いのほかカタログの説明にページを費やし
いるクライアント構成方法は、次のうち
てしまいました。ただ、例題を見てもらえば
どれですか?
分かるように、表層的な知識だけではなか
書籍『IBM 教科書 DB2エンジニア』
(翔泳社)
をWebからご購入の方に、DB2エンジニア認定
試験割引バウチャーをご提供
なか追いつかない問題も出てくることがあ
14,000 円 ⇒ 10,000 円(税別)
〔A〕Searchディスカバリー
ります。元来、クライアントの設定は何度も
〔B〕Knownディスカバリー
行なうようなものでもなく、ローカルな環境で
〔C〕手動構成
〔D〕クライアント・アクセス・プロファイル
を使用する
は構成の設定も必要ないので、なおさら覚
【解説】
表 2 を参照してください。
対象
内容
B
DB2エンジニア資格保有者
える機会がないことも確かです。これを機
会に是非とも覚えておきましょう。
解答:D
スキルアップ・キャンペーン
次回は今回説明できなかったコントロー
ル・センターを使ったDB2オブジェクトの作成
と基本的な SQL の使用方法を解説します。
DB2エキスパート取得支援
(2003年5月1日〜12月20日まで)
1. 試験対策セミナーと試験割引バウチャーを
キャンペーン価格でご提供
2. セミナー参加者、先着100名に
翔泳社「iStudy(DB2エキスパート模擬試験
CD-ROM)」
(定価15,000円)をご提供
キャンペーンの詳細はこちらをご覧下さい。
おわりに
今回は、クライアントの構成方法について
説明しました。本当はコントロール・センタ
田中耕一郎(たなかこういちろう)
たがわ製作所 技術主任。DB2、Oracle な
どの商用 RDBMS に精通したデータベース
プログラマー。週末のバスフィッシングのた
めに、平日身を粉にして働く。
ibm.com/jp/software/data/db2gm
DB2 グローバルマスターに関するお問い合わせ
E-mail: [email protected]
DB Magazine 2003 September
215
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
589 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content