close

Enter

Log in using OpenID

iJSME2016 講演プログラム(ver3)

embedDownload
iJSME2016 講演プログラム(ver3)
⽇程
時間
第三会議室
3階ロビー
第4室
第5室
受付開始
12:30〜
3Dプリンタを利⽤した⾼分⼦ナノ構造の評価⽅法の開
粉末床溶融型積層造形技術における、粉⾯の評価/〇
発/〇松葉 豪(⼭形⼤)
中野 禅,清⽔ 透,佐藤 直⼦,中⾥ 裕⼀,堀⽥ 哲哉
(産総研)
⾦属3D積層造形法による⾮合⾦型⾦属複合材料の製
3Dゲルプリンタによるゲルの⼒学特性のデザイン/〇
13:30-14:30
プラスチック・
⿑藤 梓,太⽥ 崇⽂,⽥勢 泰⼠,⾼松 久⼀郎,川上
ゲル・⾼分⼦系
勝,古川 英光(⼭形⼤)
ポスター掲⽰ 3D造形技術と
(準備)
作/〇⼾⽻ 篤也,鈴⽊ 逸⼈,平野 繁樹(北海道総研)
⾦属系3D造形
技術とその材
料,周辺技術
その材料,周辺
光弾性法を⽤いたPVAハイドロゲル応⼒測定の基礎的研
技術
究/〇安部 修平(名⼤院),池⽥ 誠⼀(ファインバイ (13:30-14:30) 技術の開発/〇⼭下 順広,⾈⽥ 義則(⽯川県⼯試),
(13:30-14:30) オメディカル),溝尻 瑞枝,櫻井 淳平,秦 誠⼀(名⼤
⾯直噴射型レーザクラッディング装置による微細⾁盛
村⾕ 外博(村⾕機械製作所),佐藤 雄⼆,塚本 雅裕,
院)
阿部 信⾏(阪⼤接合研)
温度応答型三次元⾎管モデルを⽤いた温度履歴計測/
⾦属3次元積層造形装置におけるX線透過観察を⽤い
〇渡邉 貴⽂,丸⼭ 央峰,早川 健,新井 史⼈(名⼤
た⾦属粉末溶融現象の解明/〇堀⽥ 哲(茨城⼤),中
院)
野 禅,清⽔ 透,佐藤 直⼦,瀬渡 直樹(産総研),⻄
野 創⼀郎(茨城⼤)
休憩
14:30-14:45
11⽉24⽇
14:45-15:45
招待講演(1)
ポスター掲⽰
(準備)
招待講演(2)
材料異⽅性パターニングによる4次元プリンタ/〇津
守不⼆夫(九⼤院)
社会変⾰に向けた新しいものづくり/〇浦島邦⼦(⽂
科省科政研)
休憩
15:45-16:00
バイオマス燃料を利⽤した農業温室⽤加温装置の開発
マルチスケールトポロジー最適化と積層造形/〇加藤
――実験⽤機の設計および製作/〇蒋 夢婷,劉 希希,
準治,⼩川 竣,⼀番ケ瀬 俊季,⼲場 ⼤也(東北⼤)
伊森 雄亮,⾼ 峰(⻄⽇本⼯⼤)
摩擦攪拌成形(FSF)とその応⽤/〇⼤橋 隆弘,モフィ
Au-Cu系リボン状⾦属ガラスを⽤いた⾦属ガラス流動
ディ タバタバイ ハメッド,⻄原 公(国⼠舘⼤)
積層法の検討/〇蟹江 道弘,櫻井 淳平,溝尻 瑞枝(名
⼤院),⽜越 弘彰(⽜越製作所),秦 誠⼀(名⼤院)
イノベーション
16:00-17:15
ポスター掲⽰
技術
(準備)
(16:00-17:15)
Ti-Ni-Zr⾼温形状記憶合⾦鋳造材の形状記憶特性評価/
〇北村 ⼀浩(愛知教育⼤)
新しい3D造形
技術とその周辺
技術
設計案のすり合わせに対するブレイクスルー(多⽬的
(16:00-17:15)
三次元マイクロ光造形鋳型を⽤いた樹脂転写とその⼒
学解析/〇鈴⽊ 宏明,辻 知章(中央⼤)
ヘテロ凝固の原理を応⽤した⾼造形性・⾼強度を実現
性能の同時満⾜化設計⼿法)/〇⽯川 晴雄,佐々⽊ 直
する3D造形⽤Ti-6Al-4V合⾦粉末/〇渡辺 義⾒,佐藤
⼦(電気通信⼤)
雅史,知場 三周,佐藤 尚(名⼯⼤),中野 禅,佐藤
直⼦(産総研),鈴⽊ 進補(早⼤)
電解式塩素発⽣⽤電極触媒のコンビナトリアル探索法に
マイクロ成形加⼯可能なTi-Ni-Zr⾼成形性形状記憶合⾦
関する基礎研究/〇⾼⽊ 進吾,宮本 将志,溝尻 瑞枝,
/〇渡邊 寛⼈,溝尻 瑞枝,秦 誠⼀,櫻井 淳平(名⼤
秦 誠⼀,櫻井 淳平(名⼤院)
院)
受付開始
9:00〜
9:30-10:30
ポスターセッ
ション
12:00-13:30
発表準備
休憩
10:30-10:45
10:45-12:00
ショットガン
M&P2016
ポスターセッ
ション
ショットガン
発表
M&P2016
発表順(別紙)に3分間発表
(10:30-12:00)
昼⾷
招待講演(3)
13:30-14:30
M&P2016
招待講演(4)
結晶塑性モデルの活⽤による塑性加⼯シミュレーショ
ンの新しいかたち/〇浜 孝之(京⼤院)
技術と社会をつなぐためのシナリオ・アプローチ/〇
⽊下裕介(東⼤院)
休憩
14:30-14:45
⾼分⼦学会での3Dプリンタを利⽤した研究の発展に向
けた取組/〇松葉 豪(⼭形⼤)
11⽉25⽇
機械学会をイノベーションのハブへ進化させる〜イノ
14:45-15:45
ポスターセッ
ション
ディスカッション ベーションソサエティの取組〜/〇秦 誠⼀(名⼤
M&P2016
セッション
(14:45-15:45)
院)
技術のSNS、イノベーションSNS構想〇秦 誠⼀(名⼤
院)
ディスカッションタイム
15:45-16:00
休憩(ポスター撤収)
M&P特別講演
16:00-17:00
講師:⼩川ゆめ⼦⽒(経済産業省素材産業課)
講演題⽬:「⽇本が強みとする⾼機能素材の現状と将来展望」
会場:井深⼤記念ホール(国際会議場1F)
18:00-20:00
合同懇親会
会場:リーガロイヤルホテル東京
ショトッガン発表(第5室) 11月25日(金)1030-11:30
発表順 論文番号
タイトル
発表者
01
0002
Hoffman則による一方向および擬似等方層間高靭性化CFRP厚肉積層板の
世木 選
面外方向強度評価
02
0006
トポロジー最適化と3Dプリンタによる複合材構造の設計および成形の基礎
検討
鈴木 浩治
03
0010
高成形性形状記憶合金の熱的特性のハイスループット評価法の基礎検討
村上 元規
04
0011
SOI基板を用いたコンビナトリアル探索用カンチレバーデバイス製作
前谷 卓哉
05
0014
フェムト秒レーザ還元直接描画法による非平面基板上への温度センサ作製 伊藤 恭章
06
0015
画像処理によるPVAハイドロゲル応力分布測定の基礎的研究
07
0018
MEMSデバイスによるリチウム電池正極材料のコンビナトリアル探索に関する
平井 友喜
研究
08
0019
微細周期構造形成のためのPDMS微小パーツ作製
飯嶋 勇樹
09
0021
近赤外太陽光発電のためのCu/Cu-Ni薄膜熱電デバイスの作製
清水 悠希
10
0023
PELIDと3Dプリンタの複合システムを用いたハイブリット砥石の製作
塚田 並輝
11
0028
レーザグラニュエーションによる鉄粒子の三次元造形の基礎検討
青野 祐子
12
0030
液中プラズマ還元法を用いた白金ナノ粒子担持グラフェンの作製および電
気化学特性評価
田中 由浩
13
0037
3Dプリンタの食品への応用
小玉麻衣
14
0035
生体親和性柔軟素材を用いた3D造形
吉田 一也
15
0025
福井大学 材料加工研究室 研究紹介 1
大津 雅亮
16
0024
福井大学 材料加工研究室 研究紹介 2
岡田 将人
17
0020
福井大学 材料加工研究室 研究紹介 3
三浦 拓也
18
0036
名古屋大学 マイクロ・ナノプロセス研究グループ 研究紹介
秦 誠一
粂野 勇貴
【発表者の方へ(重要)】
1.ポスターについて
ポスターは所定の位置に,原則25日の9:00までに掲示してください.
2.ショットガン発表データについて
ショットガン発表のデータは, iJSME受付の「ショットガン発表受付」までUSBメモリ等でお持ちください.
ファイル名は「(発表順).ppt」としてください.(例:「16.ppt」)
データ提出時間:11/24 15:00~17:00まで,11/25 9:00~10:00まで
3.スライドテストについて
当日は原則,会場に用意した固定PC(Windows 8.1 Pro)にてショットガン発表を行います.パワーポイント
のスライドが予定通り機能するかどうかは,下記のテスト時間中に,ショットガンプレゼン発表会場にて
ご確認ください.個人PCでの発表はやむを得ない場合のみとします.
スライドテスト時間:11/25 9:30~10:15
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
421 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content