close

Enter

Log in using OpenID

SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー

embedDownload
SAP BusinessObjects Web Intelligence
クエリー - HTML を使用したクエリーの
作成
SAP BusinessObjects XI 3.1 Service Pack 3
著作権
© 2010 SAP AG. All rights reserved.SAP、R/3、SAP NetWeaver、Duet、
PartnerEdge、ByDesign、SAP Business ByDesign、および本書に記載されたその他
のSAP製品、サービス、ならびにそれぞれのロゴは、ドイツおよびその他の国々にお
けるSAP AGの商標または登録商標です。Business ObjectsおよびBusiness Objects
ロゴ、BusinessObjects、Crystal Reports、Crystal Decisions、Web Intelligence、
Xcelsius、および本書で引用されているその他のBusiness Objects製品、サービス、
ならびにそれぞれのロゴは、米国およびその他の国々におけるBusiness Objects
S.A.の商標または登録商標です。Business ObjectsはSAPのグループ企業です。本
書に記載されたその他すべての製品およびサービス名は、それぞれの企業の商標
です。本書に記載されたデータは情報提供のみを目的として提供されています。製
品仕様は、国ごとに変わる場合があります。これらの文書の内容は、予告なしに変
更されることがあります。また、これらの文書はSAP AGおよびその関連会社(「SAP
グループ」)が情報提供のためにのみ提供するもので、いかなる種類の表明および
保証を伴うものではなく、SAPグループは文書に関する誤記・脱落等の過失に対す
る責任を負うものではありません。SAPグループの製品およびサービスに対する唯
一の保証は、当該製品およびサービスに伴う明示的保証がある場合に、これに規
定されたものに限られます。本書のいかなる記述も、追加の保証となるものではあり
ません。
2010-06-23
目次
第1章
Web Intelligence について
7
Web Intelligence が Web 上でビジネス インテリジェンスを実行する仕組み......8
Web Intelligence がオフラインでビジネス インテリジェンスを実行する仕組み....8
Web Intelligence レポートの対話型モードでの表示......................................8
Web Intelligence レポートの表示と印刷.................................................9
Web Intelligence レポートのドリル........................................................9
オンレポート分析の実行....................................................................9
Web Intelligence ドキュメントの作成と編集................................................10
Web Intelligence クエリー - HTML.....................................................10
Web Intelligence Java レポート パネル................................................11
Web Intelligence リッチ クライアント.....................................................11
Web Intelligence HTML レポート パネル.............................................11
第2章
InfoView からの Web Intelligence へのアクセス
13
InfoView にログインする........................................................................14
InfoView からログアウトする....................................................................14
Web Intelligence InfoView のオプション....................................................15
Web Intelligence ドキュメント作成と表示のオプション.............................15
Web Intelligence ドリル オプションを設定する.......................................20
Web Intelligence のロケール オプション..............................................22
第3章
クエリーを使用したデータの取得
25
ドキュメントの作成、編集、保存...............................................................26
ドキュメントを保存する......................................................................26
クエリーの作成と使用............................................................................26
クエリーを作成および実行する..........................................................26
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
3
目次
クエリー名を変更する.......................................................................28
クエリーを中断する..........................................................................29
クエリーを削除する..........................................................................29
複数のクエリー................................................................................29
クエリーを追加する..........................................................................30
クエリーを複写する..........................................................................31
クエリーによって生成された SQL の表示.............................................31
分析範囲の設定..................................................................................32
分析範囲.......................................................................................32
分析範囲のレベル...........................................................................33
分析範囲を設定する........................................................................34
クエリー コンテキスト.............................................................................34
不明瞭なクエリーとは.......................................................................34
コンテキストとは...............................................................................34
クエリー実行時のコンテキストの選択...................................................35
Web Intelligence クエリーのプロパティ.....................................................35
他のユーザーによるクエリー プロパティの編集を許可............................35
[最大受信時間]クエリー プロパティ...................................................35
[最大受信行数]クエリー プロパティ...................................................36
クエリー プロンプトの順序.................................................................36
[重複する行を無視しない]クエリー プロパティ.....................................36
クエリー ストリッピング.......................................................................36
[最新表示時にコンテキストをリセット]クエリー プロパティ.......................38
[コンテキストの削除]クエリー プロパティ.............................................38
[サンプルの結果セット]クエリー プロパティ.........................................38
第4章
クエリー フィルタを使用したデータのフィルタ処理
41
クエリー フィルタの定義.........................................................................42
クエリー フィルタとレポート フィルタの比較................................................43
クエリー フィルタの種類.........................................................................43
定義済みクエリー フィルタ................................................................43
4
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
目次
カスタム クエリー フィルタ.................................................................44
クエリー フィルタとプロンプト演算子....................................................47
クエリー フィルタの結合....................................................................51
キー日付変数を使用したクエリーのフィルタ処理.......................................53
1 つのクエリーのキー日付をクエリー パネルで設定する.........................54
複数のクエリーのキー日付をクエリー パネルで設定する .......................54
第5章
プロンプトを使用したデータのフィルタ処理
57
プロンプトについて...............................................................................58
結合プロンプト................................................................................59
カスケード プロンプト............................................................................59
階層的な値の一覧...............................................................................59
クエリー フィルタとプロンプト演算子.........................................................60
Equal To 演算子.............................................................................60
Not Equal To 演算子.......................................................................60
Different From 演算子.....................................................................60
より大きい......................................................................................60
Greater Than or Equal To 演算子......................................................61
Less Than 演算子です。...................................................................61
Less Than Or Equal To 演算子.........................................................61
Between 演算子..............................................................................61
Not Between 演算子........................................................................61
In List 演算子................................................................................62
Not In List 演算子..........................................................................62
Matches Pattern 演算子...................................................................62
Different From Pattern 演算子..........................................................62
Both 演算子...................................................................................62
Except 演算子................................................................................63
クエリー - HTML でプロンプトを作成する.................................................63
プロンプト表示の定義......................................................................64
プロンプトを削除する............................................................................65
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
5
目次
プロンプトの結合..................................................................................65
プロンプトとクエリー フィルタの結合....................................................65
クエリー - HTML でプロンプトの順序を変更する.......................................65
付録 A
6
より詳しい情報
67
索引
71
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
Web Intelligence について
1
1
Web Intelligence について
Web Intelligence が Web 上でビジネス インテリジェンスを実行する仕組み
Web Intelligence が Web 上でビジネス インテリジェン
スを実行する仕組み
Web Intelligence を使用すると、ビジネス ユーザーは、セキュリティで保護されたイン
トラネットやエクストラネット上、または Web 上の会社用データを基にしたレポートを、
使いやすい対話型で柔軟性のあるユーザー インターフェイスを通して作成および分
析できます。Web Intelligence ソフトウェアは、管理者によって職場のネットワーク上に
ある Web サーバーにインストールされます。
ローカル コンピュータから Web Intelligence にアクセスするには、インターネット ブラ
ウザを使ってビジネス インテリジェンス ポータルである InfoView にログインします。ロ
グイン後は、取得しているセキュリティ プロファイルに応じて、会社用ドキュメントに保
存されているレポートの対話型モードでの表示や編集、Web Intelligence レポート パ
ネルを使ったドキュメントの作成などが可能となります。
Web Intelligence がオフラインでビジネス インテリジェ
ンスを実行する仕組み
Web Intelligence は Web Intelligence リッチ クライアントとしてオフラインで使用できま
す。Web Intelligence リッチ クライアントは、Java レポート パネルと同じように、コンピュー
タにインストールできるスタンドアロンの Microsoft Windows アプリケーションです。Web
Intelligence リッチ クライアントを使用すると、CMS に接続できない場合、サーバーで
はなくローカルで計算を実行する場合、および CMS またはアプリケーション サーバー
をインストールせずに Web Intelligence ドキュメントを使用する場合に、Web Intelligence
(WID)ドキュメントを継続して使用することができます。
Web Intelligence リッチ クライアントは、CMS に接続している場合でも使用できます。
Web Intelligence レポートの対話型モードでの表示
取得しているセキュリティ プロファイル、および使用環境への Web Intelligence の導
入形態に応じて、レポートのデータを表示、分析、拡張および編集することができま
す。
8
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
Web Intelligence について
Web Intelligence レポートの対話型モードでの表示
Web Intelligence レポートの表示と印刷
ビジネス インテリジェンス ポータルである InfoView にログインした後は、Web Intelligence
ドキュメントにアクセスしてレポートを表示することができます。画面上にあるナビゲー
ション ボタンとドキュメント マップにより、セクションからセクション、レポートからレポー
トへと簡単に移動することができます。
同一のレポートを使用しながら、必要なデータのみを表示するようプロンプトで指定す
ると、そのドキュメントを開いた各ユーザーのニーズに合わせた情報のみをカスタマイ
ズして表示することができます。
レポートを印刷すると、Web Intelligence ではレポートのコピーが最適な印刷品質とな
るように PDF 形式で自動生成されます。レポートの印刷は、PDF にエクスポートせず
に Web Intelligence Java レポート パネルまたは Web Intelligence リッチ クライアント
から直接行うことができます。
Web Intelligence レポートのドリル
Web Intelligence レポートをドリルすることにより、表示されている結果の裏側にあるよ
り詳細なデータを分析することができます。表示しているレポートをドリル可能なレポー
トに変更するか、元のレポートの複製をドリルすることで、ドリル分析前のバージョンの
結果を保持することができます。
ドリルによって必要な情報に辿り着いたら、その状態のレポートのスナップショットを保
存して他の Web Intelligence ユーザーとその分析結果を共有したり、ドキュメントを
Excel または PDF 形式で保存して社外のユーザーに電子メールで送信したり、印刷
したりできます。
オンレポート分析の実行
Web Intelligence レポートを対話型表示形式で表示すると、レポートを拡張し、レポー
トに含まれるデータを微調整して、最も興味のある情報を必要に応じて強調表示でき
ます。
オンレポート分析は次のようなユーザーを対象に設計されています。
•
•
クエリーを作成後、レポートを作成したいユーザー
他の人によって作成されたレポートを操作する必要のあるレポート使用者
オンレポート分析では以下が可能です。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
9
1
1
Web Intelligence について
Web Intelligence ドキュメントの作成と編集
•
•
•
•
•
•
レポートの裏側のデータを理解し、レポートの構造やフィルタの適用方法を確
認するための、ドキュメント メタデータの表示
結果のフィルタと並べ替え
新しいテーブルとチャートの追加
式の追加と変数の作成
チャートとテーブルのレイアウトの書式設定と変更
他のデータをチャートとテーブルを追加することによるスライス アンド ダイス結
果
注
管理者が JSP モードで Web Intelligence をデプロイした場合にのみ、対話型表
示形式による Web Intelligence レポートのオンレポート分析を利用することができ
ます。
Web Intelligence ドキュメントの作成と編集
Web Intelligence ドキュメントの作成または編集には、Web Intelligence HTML レポー
ト パネル、Web Intelligence クエリー - HTML、Web Intelligence の対話型モード、Web
Intelligence Java レポート パネル、および Web Intelligence リッチ クライアントを使用
できます。
Web Intelligence クエリー - HTML
基本的な HTML 環境でのクエリーの作成を必要とするユーザーを対象として開発さ
れた Web Intelligence クエリー - HTML により、複数のデータ ソースにドキュメントの
データ コンテンツを定義できます。クエリー - HTML では、新規ドキュメントを作成し
たり、Web Intelligence ツールを使って作成したドキュメントに含まれているクエリーを
編集したりすることが可能です。
クエリー - HTML は、オンレポート分析と共に使用することで、基本的な HTML 環境
でのクエリーの作成と強力なレポートの設計を可能にする、高度なソリューションを提
供します。クエリーを実行して標準レポートを生成すると、Web Intelligence オンレポー
ト分析機能を利用して、複数のレポートの書式設定、式の追加、および変数の作成を
行うことができます。
注
管理者が JSP モードで Web Intelligence をデプロイした場合にのみ、対話型表
示形式の Web Intelligence クエリー - HTML とオンレポート分析を利用できます。
10
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
Web Intelligence について
Web Intelligence ドキュメントの作成と編集
Web Intelligence Java レポート パネル
Java レポート パネルは、レポートのレイアウトの設計および式や変数の定義に、より柔
軟性を必要とするユーザーを対象に設計されています。グラフィカルな式エディタで
は、ドラッグ アンド ドロップを使用して迅速に式を作成できます。
注
Web Intelligence Java レポート パネルは、管理者が Web Intelligence を ASP モー
ドまたは JSP モードで導入した場合に使用できます。
Web Intelligence リッチ クライアント
Web Intelligence リッチ クライアントは、ローカルにインストールされる Microsoft Windows
アプリケーションで、ローカルまたは CMS に格納されている Web Intelligence(WID)
ドキュメントを処理できます。
CMS に接続しないで作業する場合は、CMS でセキュリティ保護されているドキュメン
トまたは保護されていないドキュメントをローカル マシンで処理できます。
Web Intelligence リッチ クライアントは、Web Intelligence Java レポート パネルに基づ
いているため、Java レポート パネルと同じドキュメントの作成、編集、書式設定、印刷
および保存機能を備えています。
Web Intelligence リッチ クライアントを使用して WID ドキュメントを処理するのは次の
ような場合です。
•
•
•
Web Intelligence ドキュメントを処理する必要があるが、CMS に接続できない
場合(旅行中など)。
計算のパフォーマンスを向上させる場合。Web Intelligence リッチ クライアント
ではサーバーではなくローカルで計算を実行し、サーバー計算よりもローカル
計算の方がパフォーマンスが向上します。
CMS またはアプリケーション サーバーをインストールせずに Web Intelligence
ドキュメントを処理する場合。
Web Intelligence HTML レポート パネル
HTML レポート パネルは、基本レポートを作成する必要があるユーザーのために設
計されているので、クエリーおよびレポート機能をシンプルなウィザード形式のインター
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
11
1
1
Web Intelligence について
Web Intelligence ドキュメントの作成と編集
フェイスで提供します。各ドキュメントは単一のデータ ソースを元に作成されており、異
なるサブセット情報を表示するレポートを複数含めることができます。
さらに、HTML レポート パネルは米国リハビリテーション法 508 条に準拠しているの
で、特化されたデプロイメント用にカスタマイズできます。
注
Web Intelligence HTML レポート パネルは、管理者が Web Intelligence を JSP
モードでデプロイした場合にのみ利用できます。
12
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
InfoView からの Web Intelligence へ
のアクセス
2
2
InfoView からの Web Intelligence へのアクセス
InfoView にログインする
Web Intelligence レポートへのアクセス、およびグローバル Web Intelligence オプショ
ンの設定は、企業のビジネス インテリジェンス ポータルである InfoView で行います。
InfoView にログインする
InfoView および Web Intelligence を使用するには、次の情報が必要です。
•
•
•
•
InfoView サーバーの URL
InfoView サーバー名とポート番号
ログイン名とパスワード
利用可能な InfoView リソースを制御する認証情報
ユーザー名とパスワードが分からない場合は、管理者に詳細をお問合せください。
注
デフォルトでは、InfoView ログイン ページに InfoView サーバー名と認証方法は表示
されません。管理者がこれらのオプションを表示するように設定している場合に限り、
この情報を入力する必要があります。
Web Intelligence にアクセスするには、Web ブラウザを使用して企業のビジネス イン
テリジェンス ポータルである InfoView にログインします。InfoView にアクセスしたら、
Web Intelligence レポートを分析および拡張できます。
1 Web ブラウザを起動します。
2 ブラウザで、InfoView のブックマーク、または URL を指定します。
InfoView のログイン ページが表示されます。
3 [システム]ボックスが空白の場合は、InfoView サーバーの名前を入力し、その
後にコロン(:)に続けてポート番号を入力します。
4 [ユーザー名]ボックスにユーザー名を入力します。
5 [パスワード]ボックスにパスワードを入力します。
6 [認証]ボックスで、管理者から指定されている認証を選択します。
7 [ログオン]をクリックします。
InfoView ホーム ページが表示されます。
InfoView からログアウトする
InfoView または Web Intelligence での作業が終了したら、単にブラウザを閉じずに、
必ずログアウトしてください。
14
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
InfoView からの Web Intelligence へのアクセス
Web Intelligence InfoView のオプション
InfoView からログアウトすると、InfoView セッション中に変更したすべての設定が確実
に保存されます。管理者は特定の時間にログインしたユーザー数を把握して、InfoView
および Web Intelligence のパフォーマンスを最適化できます。
•
[ログアウト]をクリックします。
ログイン ページが表示されます。これで、InfoView からのログアウトが完了しま
した。
Web Intelligence InfoView のオプション
Web Intelligence ドキュメント作成と表示のオプション
Web Intelligence を使用して、ドキュメントの作成方法、表示方法、対話方法を設定す
る Web Intelligence オプションを設定できます。
ドキュメントは、ドキュメント データを取得するためのクエリーを作成するクエリー エディ
タを使用して作成します。クエリーによってデータがドキュメントに返されると、このデー
タを表示し、対話することができます。
ドキュメントの作成オプション
説明
Java レポート パネル、Java アプレットを
使用してドキュメントを作成してから、
Web ブラウザで起動します。
詳細設定
Java レポート パネルは、クエリーの作
成、レポートの編集、データ分析を行う
統合された環境です。ドキュメント作成
オプションとして[詳細設定]を選択した
場合、クエリーによって返されるデータ
の操作用 Java レポート パネルも使用
します。[デフォルトの表示形式を選択]
オプションは無視されます。
Java レポート パネルでは、Web Intelli
gence クエリーの作成、レポートの編集、
データ分析を行う環境をすべて備えた
充実した機能が提供されます。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
15
2
2
InfoView からの Web Intelligence へのアクセス
Web Intelligence InfoView のオプション
ドキュメントの作成オプション
説明
対話型
クエリー - HTML、および HTML ベー
スのクエリー エディタを使用してクエリー
を作成します。
デスクトップ
Web ブラウザの外で実行するスタンドア
ロン バージョンの Java レポート パネル
である Web Intelligence リッチ クライア
ントを使用して、クエリーの作成、レポー
トの編集、およびデータの分析を行い
ます。
Web アクセシビリティ
リハビリテーション法第 508 条対応のク
エリーおよびレポート構築環境である
HTML レポート パネルを使用してレ
ポートを構築することができます。
既存の Web Intelligence ドキュメント、またはクエリー エディタを使用して作成したド
キュメントは、次の表示形式を使用して表示し、対話することができます。
16
表示形式
説明
Web
レポートを開く、プロンプトへの応答、レ
ポートのナビゲート、ドリル分析の実行に
は、Web(HTML)形式を使用します。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
InfoView からの Web Intelligence へのアクセス
Web Intelligence InfoView のオプション
表示形式
説明
フィルタ、並べ替え、計算の適用、書式の
変更、テーブルやチャートの表示データ
の変更、ドリル分析の実行には、対話型
形式を使用します。
クエリー - HTML を使用してクエリーを
定義し、これらのクエリーに基づいてレ
ポートを書式設定して、式と変数を追加
する場合は、対話型形式を使用します。
対話型
対話型形式と クエリー HTML の併用は、
純粋な HTML 環境では Java レポート
パネルまたは Web Intelligence リッチ ク
ライアントとほぼ同等の機能をもたらしま
す。
また、対話型形式を使用して、HTML レ
ポート パネルから生成されたレポートを
照会および処理することもできます。純粋
なクエリー構築環境であるクエリー HTML とは異なり、HTML レポート パネ
ルではこれを使用してレポートを定義す
ることもできます。クエリーの実行後、対
話型形式を使用するか、HTML レポート
パネルに戻り、レポートの処理を続行す
ることができます。
対話型表示形式は、管理者が JSP モー
ドで Web Intelligence をデプロイした場
合にのみ利用できます。
PDF
静的レポートを表示する場合は、PDF
モードを使用します。
Web Intelligence クエリー エディタを選択する
1 InfoView ツールバーの[基本設定]ボタンをクリックします。
2 [Web Intelligence ドキュメント]をクリックして Web Intelligence のオプションを
表示します。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
17
2
2
InfoView からの Web Intelligence へのアクセス
Web Intelligence InfoView のオプション
3 [デフォルトの作成/編集ツールの選択]でクエリー エディタを選択します。
4 [OK]をクリックします。
Web Intelligence の表示形式を選択する
レポートに表示する情報の使用方法に応じて、Web Intelligence ドキュメントのさまざ
まな表示形式を選択できます。Web Intelligence 表示オプションは InfoView で選択し
ます。表示オプションを変更した場合、変更した設定は次に Web Intelligence ドキュメ
ントを開いたときに有効となります。
1 InfoView ツールバーの[基本設定]ボタンをクリックします。
2 [Web Intelligence ドキュメント]をクリックして Web Intelligence のオプションを
表示します。
3 [表示形式を選択]セクションで、表示形式を選択します。
新しいドキュメントに使用するデフォルトのユニバースを選択する
1 InfoView ツールバーの[基本設定]をクリックします。
2 [Web Intelligence ドキュメント]をクリックして Web Intelligence のオプションを
表示します。
3 [デフォルトのユニバースを選択]で[参照]をクリックし、デフォルトとして選択
するユニバースを参照します。
InfoView の最新表示オプション
SAP BusinessObjects XI 3.1 SP3 では、テキスト、Excel ファイル、およびカスタム デー
タ プロバイダ プラグインのようなカスタム データ ソースから作成した Web Intelligece
ドキュメントの最新表示が InfoView でサポートされています。
注
最新表示オプションが使用できるのは、Windows オペレーティング システムだけです。
テキストまたは Excel ファイルを最新表示するには、RefreshOnServer レジストリを次
の値に設定します。
サーバーでの最新表示を無効にするには、RefreshOnServer = NO または Disable
に設定します。
サーバーでの最新表示を有効にするには、RefreshOnServer = YES または ENABLE
に設定します。デフォルトでは、YES または Enable に設定されています。
18
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
InfoView からの Web Intelligence へのアクセス
Web Intelligence InfoView のオプション
Windows サーバーでのみ最新表示を有効にするには、RefreshOnServer =
ALLOW_USE_WINDOWS_SHARE と設定します。
レジストリのパスは、[HKEY_LOCAL_MACHINE] > [SOFTWARE] > [Business Objects]
> [Suite 12.0] > [Default] > [Web Intelligence] > [ Calculator] > [PDP] です。
InfoViewからドキュメントを最新表示する前に、次の点に注意してください。
1 カスタム データ プロバイダが BOE サーバーにあり、クラスタ化されている場合、
各クラスタにおいて、カスタム データ プロバイダの同じコピーで最新表示を実行
する必要があります。
2 ブロッカーの問題があり、元のソースの場所からファイルがアクセスできない場合、
フィールドを各サーバーのデフォルトの場所に配置する必要があります。
デフォルトのサーバー パスは、<インストール ディレクトリ>Business
Objects\PersonalDPFilessymantecです。レジストリの Server_Path の値を変更
することで、このパスを変更することができます。
3 Server Intelligence Agent(SIA)は、ネットワーク ドメインで有効なユーザー認証に
よって管理する必要があります。通常、SIA はローカル システム アカウントを使用
して管理しますが、このプラクティスではサーバーにカスタム データ プロバイダを
デプロイしている場合はお勧めしません。
4 一般的な Web サービスを基にしたドキュメントを最新表示するために、
『<Installdir>\javasdk\jre\lib 』 にある net.properties ファイルを次の行で更新し
ます。
http.proxyHost=bluecoat-proxy
http.proxyPort=8080
http.nonProxyHosts=localhost|127.0.0.1|10.
ここで proxyHost はプロキシ サーバー名(たとえば、proxy.mydomain.com)、
proxyPort は使用するポート番号(デフォルト値は 80)、
nonProxyHosts は、プロキシ サーバーを無視して直接アクセスされる必要がある
ホスト名一覧で“|”で区切られています(デフォルト値は localhost および 127.0.0.1)。
注
.pac ファイルはサポートされていないため、URL のプロキシ設定にプロキシ サーバー
を明示的に設定する必要があります。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
19
2
2
InfoView からの Web Intelligence へのアクセス
Web Intelligence InfoView のオプション
Web Intelligence ドリル オプションを設定する
レポートをドリルすることでテーブル、チャートまたはセクションに表示されているデー
タを掘り下げ、要約された結果に隠れている詳細な内容を発見できます。ドリル セッ
ションを始める前に、InfoView でドリル オプションを設定して、ドリルを実行するたびに
レポートをどのように変更するかを指定します。
1 InfoView ツールバーの[基本設定]をクリックします。
2 [Web Intelligence ドキュメント]をクリックして Web Intelligence のオプションを
表示します。
3 [ドリル オプション]でドリル オプションを選択し、[ドリル セッションの開始]を
選択します。
ドリル ツールバー オプションの非表示
レポートに表示されている値をドリルするときに、ドリル ツールバーが表示され、ドリル
した値が表示されます。このツールバーに表示される値によって、ドリルしたレポートに
表示される結果にフィルタが適用されます。
たとえば、2001 年をドリルすると、ドリルしたテーブルに表示される結果は、2001 年の
第 1 四半期、第 2 四半期、第 3 四半期、および第 4 四半期になります。これは、ドリ
ルする四半期ごとの値が 2001 でフィルタされることを意味します。
注
ドリルしたレポートに複数のクエリーからのディメンションが含まれている場合、フィ
ルタの値にカーソルを置くとツールヒントが表示されます。ツールヒントには、クエ
リー名と値のディメンションが表示されます。
ドリル ツールバーを使って同じレベルで別の値を選択し、別の結果を表示することが
できます。たとえば、上の図のドリル ツールバーを使って“2002”を選択すると、2002
年の第 1 四半期、第 2 四半期、第 3 四半期、および第 4 四半期の結果がドリルした
テーブルに表示されます。
ドリル モードの開始時にドリル ツールバーを表示しないよう設定することもできます。
ドリル ツールバーは、ドリル セッション中にフィルタを選択する場合にのみ使用できま
す。
20
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
InfoView からの Web Intelligence へのアクセス
Web Intelligence InfoView のオプション
ドリルでさらにデータ オプションが必要な場合のプロンプトの表示
Web Intelligence レポートに表示される値をドリルする際、ドキュメントの分析範囲に含
まれていない上位または下位レベルの情報にドリル アップまたはドリル ダウンするこ
とが必要な場合があります。そのような場合は、Web Intelligence は新しいクエリーを
実行して、データ ソースから追加のデータを取得する必要があります。
大量のデータに対するクエリーは多くの時間を必要としますので、新規クエリーが必要
な場合にはプロンプトを表示させることができます。このプロンプト メッセージは、追加
クエリーを実行するかどうかを問い合わせます。また、新規クエリーに含めた追加ディ
メンションにこのプロンプトでフィルタを適用することもできます。これによりクエリーの
サイズを制限し、分析に必要なデータだけを取得することができます。
ドリル セッション時に分析範囲外にドリルを実行するには、管理者がその権限を認め
ている必要があります。
[レポートのブロックのドリルを同期化]オプション
[レポートのブロックのドリルを同期化]オプションを選択すると、すべてのブロックの表
示がドリル アクションと一致するようになります。たとえば、“年”から“四半期”へとブロッ
クをドリル ダウンし、レポートにも年単位のデータを表示するチャートが含まれている
場合、チャートが四半期単位のデータを表示するようになります。
このオプションを指定しない場合、ドリル アクションに対してドリルされたブロックのみ
が変更されます。
[ドリル セッションの開始]オプション
[ドリル セッションの開始]オプションは、ドリル モードの開始時の Web Intelligence の
動作方法を制御します。
[既存のレポートでドリル セッションを開始]オプション
[既存のレポートでドリル セッションを開始]を選択すると、ドリル モードの開始時に現
在のレポートがドリル可能になります。ドリル モードを終了すると、レポートにはドリルし
た値が表示されます。
[レポートのコピーでドリル セッションを開始]オプション
[レポートのコピーでドリルを開始]を選択すると、ドリル モードの開始時に現在のレ
ポートのコピーが作成され、そのコピーでドリル操作を行います。この場合、元のレポー
トの結果と、ドリル分析の結果を比較できます。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
21
2
2
InfoView からの Web Intelligence へのアクセス
Web Intelligence InfoView のオプション
Web Intelligence のロケール オプション
ロケールは、Web Intelligence のインターフェイス(メニュー項目やボタン テキストなど)
およびデータ(日付や数値の書式設定など)の表示方法を決定します。
Web Intelligence には、以下の 3 つのロケールがあります。
ロケール
説明
製品ロケール
Web Intelligence インターフェイスの表示
に使用されるロケール
ドキュメントのロケール
現在ドキュメントに含まれるデータのロケー
ル
優先表示ロケール
ドキュメント データの表示に関するユー
ザーの優先ロケール
InfoView の設定によって、ドキュメントのロケールと優先表示ロケールが相互に作用し
てドキュメントデータを表示する方法が決定されます。
関連項目
•
24 ページの「ドキュメントとロケールを永続的に関連付ける」
製品ロケール
製品ロケールは、Web Intelligence のインターフェイス(メニュー項目やボタン テキスト
など)の表示に使用されるロケールです。
注
GetLocale 関数は、製品ロケールを返します。
製品ロケールを設定する
1 InfoView メイン ツールバーの[基本設定]をクリックします。
2 [全般]をクリックして一般的なオプションを表示します。
3 [製品ロケール]一覧から製品ロケールを選択します。
22
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
InfoView からの Web Intelligence へのアクセス
Web Intelligence InfoView のオプション
ドキュメントのロケール
ドキュメントのロケールは、ドキュメント内のデータの書式設定を行います。たとえば、ド
キュメントのロケールによって Web Intelligence の日付および数値の表示方法が決定
されます。
InfoView の Web Intelligence 設定で[データの書式設定に現在の優先表示ロケール
を使用]が設定されており、ユーザーの優先表示ロケールが優先されるよう指定され
ている場合、ユーザーがドキュメントを開いた時に Web Intelligence がドキュメントのロ
ケールを優先表示ロケールに設定します。ユーザーがドキュメントを保存すると、Web
Intelligence はドキュメントとともにこのドキュメントのロケールを保存します。
Web Intelligence 設定でユーザーの優先表示ロケールが優先されるよう指定されてい
ない場合、Web Intelligence はドキュメントとともに保存されているドキュメントのロケー
ルに従ってデータの書式設定を行います。
ユーザーがドキュメントを作成すると、InfoView の Web Intelligence 設定でユーザー
の優先表示ロケールが優先されるよう指定されているかどうかに関係なく、Web
Intelligence は常にユーザーの優先表示ロケールをドキュメントの初期ロケールとして
割り当てます。
ユーザーは、[地域の永続的な書式設定]オプションを選択した状態でドキュメントを
保存することにより、現在のドキュメントのロケールを永続的にドキュメントに関連付け
ることができます。このオプションを選択した状態でドキュメントが保存されると、Web
Intelligence は InfoView 設定を無視し、常に保存されたドキュメントのロケールを使用
してドキュメント データの書式設定を行います。これは、[地域の永続的な書式設定]
オプションを選択したユーザーだけではなく、すべてのユーザーに当てはまります。
注
GetContentLocale 関数は、ドキュメントのロケールを返します。
関連項目
•
24 ページの「ドキュメントとロケールを永続的に関連付ける」
ドキュメントのロケールを設定する
1 [Web Intelligence ドキュメント]をクリックして Web Intelligence のオプションを
表示します。
2 [ドキュメントの表示]の[データの書式設定にドキュメント ロケールを使用]をク
リックします。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
23
2
2
InfoView からの Web Intelligence へのアクセス
Web Intelligence InfoView のオプション
優先表示ロケール
優先表示ロケールは、ドキュメント データの表示に使用されるユーザーの優先ロケー
ルです。InfoView 設定で優先表示ロケールが優先されるよう指定されると、ドキュメン
トのロケールがユーザーの優先表示ロケールになります。
注
GetPreferredViewingLocale 関数は、優先表示ロケールを返します。GetLocalized
関数も、翻訳された文字列の表示に優先表示ロケールを使用します。
優先表示ロケールを設定する
1 InfoView メイン ツールバーの[基本設定]をクリックします。
2 [全般]をクリックして一般的なオプションを表示します。
3 [優先表示ロケール]一覧から優先表示ロケールを選択します。
4 [Web Intelligence ドキュメント]をクリックして Web Intelligence のオプションを
表示します。
5 優先表示ロケールを使用してデータを書式設定する場合、[ドキュメントの表
示]の[データの書式設定に現在の優先表示ロケールを使用]をクリックしま
す。
ドキュメントとロケールを永続的に関連付ける
1 Web Intelligence Interactive で、メニューから[ドキュメント] > [プロパティ]を選
択して[ドキュメント プロパティ]ダイアログ ボックスを表示させ、[地域の永続
的な書式設定]を選択します。
2 Web Intelligence Java レポート パネルまたは Web Intelligence リッチ クライア
ントで、レポートの空白領域を右クリックし、[ドキュメントのプロパティ]を選択し
て[ドキュメントのプロパティ]枠を表示させ、枠の[ドキュメントのオプション]セ
クションで[地域の永続的な書式設定]を選択します。
3 ドキュメントを保存します。
現在のドキュメントのロケールが、ドキュメントに永続的に関連付けられます。
24
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
クエリーを使用したデータの取得
3
3
クエリーを使用したデータの取得
ドキュメントの作成、編集、保存
ドキュメントの作成、編集、保存
Web Intelligenceドキュメントを作成するには、最初に InfoViewでユニバースを選択し
ます。各ユニバースは、企業のビジネス情報が格納されているデータベースにマップ
されています。ユニバースに接続すると、Web Intelligence は InfoView の[Web
Intelligence ドキュメント基本設定]ページで選択されたドキュメント エディタを自動的
に起動します。
ユニバースを選択した後、ユニバース内のオブジェクトを使用してクエリーを構築し、
データベースから Web Intelligence ドキュメントにデータを返します。
ドキュメントを作成したら、このドキュメントを InfoView レポジトリに保存できます。
ドキュメントを保存する
1 クエリー - HTML ツールバーの左側で、[ドキュメントの保存]ボタンの右にあ
る矢印をクリックします。
2 表示されるドロップダウン リストで[保存]をクリックすると、すでに保存済みのド
キュメントが再度保存され、[名前をつけて保存]をクリックすると、ドキュメント
が新しい名前で保存されます。
[名前をつけて保存]をクリックした場合、またはそのドキュメントを初めて保存
する場合は、[名前をつけて保存]ダイアログ ボックスが表示されます。
3 [名前をつけて保存]ダイアログ ボックスを使用して、ドキュメントを InfoView リ
ポジトリに保存します。
クエリーの作成と使用
クエリーを作成および実行する
Web Intelligenceドキュメントを作成するには、最初に InfoViewでユニバースを選択し
ます。各ユニバースは、企業のビジネス情報が格納されているデータベースにマップ
されています。ユニバースに接続すると、Web Intelligence は InfoView で選択された
クエリー エディタを自動的に起動します。クエリー ‐ HTML を開く場合は、ドキュメン
トの作成オプションとして“対話型”を選択する必要があります。
1 InfoView で[ドキュメント一覧]をクリックし、[新規] > [Web Intelligence ドキュメ
ント]を選択します。
26
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
クエリーを使用したデータの取得
クエリーの作成と使用
2 クエリーを作成するユニバースをクリックします。
[Web Intelligence クエリー - HTML]が開きます。
3 [ユニバース]枠でオブジェクトを選択して[結果オブジェクト]枠までドラッグし、
クエリーに追加します。
• クラス内のすべてのオブジェクトをクエリーに追加するには、クラス フォル
ダを[結果オブジェクト]枠にドラッグします。
• クエリーからオブジェクトを削除するには、[結果オブジェクト]枠のオブジェ
クトをドラッグして[ユニバース]枠に戻します。
• クエリーからすべてのオブジェクトを削除するには、[結果オブジェクト]枠
の右にある[すべて削除]をクリックします。
4 [結果オブジェクト]枠でオブジェクトを選択し、左または右にドラッグ アンド ド
ロップするか、[結果オブジェクト]枠の右にある[左へ移動]または[右へ移動]
をクリックします。
5 分析範囲を設定します。
6 クエリー フィルタを定義します。
7 クエリーのプロパティを設定します。
8 [実行]をクリックします。
ユニバース オブジェクトをデータにマップする方法
クラスとサブクラス
オブジェクトは、クラスと呼ばれるフォルダにグループ分けされます。また各クラスには、
1つまたは複数のサブクラスを含めることができます。サブクラスには、そのクラスのオ
ブジェクトの下位レベルに属するオブジェクトがまとめられます。
クラスの役割は、オブジェクトを論理的なグループに分けることです。ユニバースでク
エリーを作成する際、クラスを使用することでクエリーで指定する情報を表すオブジェ
クトが簡単に見つかります。
ディメンションオブジェクト
ディメンション オブジェクトは、レポートで行う分析のベースとなるデータを表します。
ディメンションオブジェクトでは通常、顧客名、リゾート名、日付などの文字型のデータ
を取得します。
ディメンション オブジェクトは、Web Intelligence クエリー パネルに次のように表示され
ます。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
27
3
3
クエリーを使用したデータの取得
クエリーの作成と使用
詳細オブジェクト
詳細オブジェクトは、ディメンションについての補足データを提供します。詳細オブジェ
クトは常にディメンションに従属し、ディメンションに関連付けられた詳細情報を提供し
ます。たとえば、[年齢]は、“顧客”ディメンションに関連付けられた詳細オブジェクトで
す。
詳細オブジェクトは、Web Intelligence クエリー パネルに次のように表示されます。
メジャー オブジェクト
メジャー オブジェクトは、データベース内のデータで行われた計算の結果を示す数値
データを取得します。たとえば、[売上げ]は、販売個数に単価を掛けた計算結果で
す。メジャー オブジェクトは通常メジャー クラスに属します。
メジャー オブジェクトは、Web Intelligence クエリー パネルに次のように表示されます。
メジャーには、次の 2 種類があります。
•
•
クラシック メジャー:Web Intelligence による計算
スマート メジャー:ユニバースのベースになるデータベースによる計算
スマート メジャーが、Web Intelligence の計算結果の表示方法に影響を与えることも
あります。スマート メジャーに関する詳細については、 『SAP BusinessObjects Web
Intelligence における関数、式、計算の使い方 』ガイドを参照してください。
クエリー名を変更する
1 変更するクエリー名が表示されているタブを右クリックします。
2 メニューの[名前の変更]をクリックします。
3 新しい名前を入力し、Enter キーを押します。
• 50 文字を超えるクエリー名を指定することはできません。
• クエリー名に [ は使用できません。
• 2 つのクエリーに同じ名前を付けることはできません。
クエリー タブに新しくつけた名前が表示されます。
28
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
クエリーを使用したデータの取得
クエリーの作成と使用
クエリーを中断する
クエリーを中断すると、部分的な結果だけがドキュメントに返されます。ドキュメントに表
示される値は、クエリーの定義を完全に反映したデータではありません。
1 [データの最新表示進捗]ダイアログ ボックスで[キャンセル]をクリックします。
[データ受信の中止]ダイアログ ボックスが開きます。
2 [OK]をクリックします。
クエリーを削除する
1 該当する[クエリー]タブを右クリックして、削除するクエリーを選択します。
2 [削除]をクリックします。
複数のクエリー
Web Intelligence ドキュメントには、1 つまたは複数のクエリーを含めることができます。
ドキュメントには、1つのユニバースだけでなく、InfoViewで使用できる複数のユニバー
スに対する複数のクエリーを含めることができます。
たとえば、1つのドキュメントに製品の売上げデータと顧客データを含めることができま
す。この場合、製品の売上げを記録した企業データを提供するユニバースと顧客デー
タを提供するユニバースが別々にあります。製品の売上げ実績と顧客の年齢層の情
報を同じレポートに表示することにします。これには、それぞれのユニバースに対する
クエリーを含んだ1つのドキュメントを作成する必要があります。両方のクエリー結果を
同じレポートに表示し、書式を設定します。
ドキュメントで使用するデータが複数のユニバースに分散している場合や、同じユニ
バースに焦点の異なるいくつかのクエリーを作成する場合は、同一ドキュメントに複数
のクエリーを定義する必要があります。新規ドキュメントの作成時に複数のクエリーを
定義したり、既存のドキュメントにクエリーを追加したりできます。すべてのクエリーから
得た情報は、同一ドキュメント内の1つのレポートや複数のレポートに表示することがで
きます。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
29
3
3
クエリーを使用したデータの取得
クエリーの作成と使用
複数のクエリー、複合クエリー、同期クエリーの比較
Web Intelligence ドキュメントでは、複数のクエリーを様々な形で関連付けることができ
ます。
•
基礎となる複数のクエリーによって、異なるソースから関連しないデータが引き
出されます。
•
クエリーの同期化を実行すると、両方のクエリーに共通するデータを含むディメン
ションを中心に、異なるクエリーのデータが関連付けられます。これらのディメンショ
ンは、結合ディメンションと呼ばれます。
複数のクエリーを作成して実行した後で、Web Intelligence レポーティング インター
フェイスでディメンションを結合します。
•
複合クエリーは、Web Intelligence クエリー インターフェイスで作成する特殊なクエ
リーです。データベースでサポートされている場合は、複合クエリーによって
UNION、INTERSECT、および MINUS の各演算子を含む SQL を生成するか、こ
れらの演算子の効果をシミュレートします。
複合クエリーを使用すると、標準のクエリーでは公式化が難しい複雑なビジネス上
の質問に答えることができます。
クエリー - HTML では複合クエリーを作成できません。
クエリーを追加する
1 [クエリーの追加]をクリックします。
[クエリーの追加]ウィンドウが開きます。
2 使用するユニバースを選択し、クエリーを作成します。
ドキュメントで既に使用しているユニバースを使って、または別のユニバースを
選択して新しいクエリーを作成することができます。デフォルトでは、現在のド
キュメントで使用されているユニバースが最初に表示されます。
3 [OK]をクリックします。
4 クエリーのオブジェクト、フィルタ、分析範囲、プロパティを定義します。
ここで定義したデータ コンテンツ、分析範囲、フィルタは、選択したクエリーに
だけ適用されます。ここで定義したクエリーのプロパティは、選択したクエリー
にだけ適用されます。
30
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
クエリーを使用したデータの取得
クエリーの作成と使用
クエリーを複写する
ドキュメントですでに使用しているユニバースに別のクエリーを作成する場合は、クエ
リーを最初から定義する代わりに、そのユニバースに対する既存のクエリーを複写し、
それを変更して利用することができます。
1 レポート パネルの下に表示されている適切なクエリー タブを右クリックして、複
写するクエリーを選択します。
2 [複写]を選択します。
クエリーによって生成された SQL の表示
Web Intelligence でクエリーを構築すると、データベースに対して実行する SQL が生
成され、クエリーの結果が返されます。構造化照会言語(SQL)はすべてのリレーショ
ナル データベースで認識されるクエリー言語です。
Web Intelligence で生成された SQL は、表示および編集することができます。
注
データベース ストアド プロシージャを呼び出すクエリーの SQL を照会することはでき
ません。
生成された SQL を表示および編集する
注
クエリーにオプションのプロンプトが含まれている場合は、クエリー SQL を編集できま
せん。SQL を編集する前に、クエリーを編集してオプションのプロンプトを削除してく
ださい。
1 クエリー ツールバーで[SQL]をクリックして、[SQL ビューア]ダイアログ ボック
スを表示します。
SQL が編集可能でない場合、プロンプトに対して入力された値はクエリーに
直接表示されます。
たとえば、[Country]のプロンプトに対して「UK」と入力すると
Resort_country.country In ('UK')
上記のような行がクエリーに表示されます。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
31
3
3
クエリーを使用したデータの取得
分析範囲の設定
プロンプトに値が入力されない場合は、プロンプトの Web Intelligence 構文がクエ
リーに表示されます。構文については次に示します。
2 [カスタム SQL の使用]をクリックして、生成された SQL を編集可能にします。
SQL を編集可能にすると、プロンプトの Web Intelligence 構文がクエリーに表
示されます。
たとえば
Resort_Country.country = @prompt('Enter Country:','A','Resort\Country',
Mono,Free,Persistent,,User:0)
上記のような行がクエリーに表示されます。
3 SQL の編集後、[確認]をクリックすると、編集が有効かどうかを確認できます。
4 [コピー]をクリックすると、SQL がクリップボードにコピーされます。ただしこれ
は、Java レポート パネルおよび Web Intelligence リッチ クライアントの場合の
みです
5 [印刷]をクリックすると、SQL が印刷されます。ただしこれは、クエリー - HTML
の場合のみです
分析範囲の設定
分析範囲
クエリーの分析範囲とは、クエリーの各オブジェクトが返す結果をより詳細なレベルで
構成させるためにデータベースから取得する追加データのことです。この追加データ
は、初期の結果レポートには表示されませんが、データ キューブ内で保持されるた
め、追加データをレポートに取り込むことで、いつでも詳細な情報にアクセスできます。
このようにデータを下位の詳細なレベルまで絞り込むプロセスのことを、オブジェクトを
ドリル ダウンするといいます。
ユニバースでは、分析範囲はクエリーに選択したオブジェクトの下位の階層レベルに
相当します。たとえば、オブジェクト[年]の 1 レベル下の分析範囲には、[年]のすぐ
下に表示される[四半期]オブジェクトが含まれることになります。
このレベルは、クエリーの作成時に設定できます。これにより、[結果オブジェクト]枠に
表示せずに階層の下位レベルのオブジェクトをクエリーに含めることができます。ユニ
バースの階層によって、分析範囲とそれに応じてドリル可能なレベルを選択できます。
32
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
クエリーを使用したデータの取得
分析範囲の設定
また、Java レポート パネルおよび Web Intelligence リッチ クライアントでは、特定の
ディメンションを[分析範囲]枠に選択することで、カスタムの分析範囲を作成すること
もできます。
注
クエリー ドリル モードでの作業中、分析範囲を設定することはできません。これ
は、このドリル モードを使用すると、Web Intelligence により、ドリル アクションに呼
応して動的に範囲が変更されるためです。
分析範囲のレベル
分析範囲に設定できるレベルは次のとおりです。
レベル
説明
なし
[結果オブジェクト]枠に表示されるオブ
ジェクトだけをクエリーに含めます。
•
•
•
[結果オブジェクト]枠の各オブジェクトに
ついて、階層ツリーの下位 1、2、または
3 レベルまでのオブジェクトをクエリーに
含めます。これらのオブジェクトのデータ
は、ドキュメントに追加されるまでキューブ
内に保管されます。
1 レベル ダウン
2 レべル ダウン
3 レべル ダウン
カスタム
注
[分析範囲]パネルに手動で追加された
このオプションは、Java レポート パネルお すべてのオブジェクトをクエリーに含めま
よび Web Intelligence リッチ クライアント す。
のみで使用できます。
ドキュメントに分析範囲を含めると、ドキュメントのサイズが増大します。指定した範囲
のデータは、ドリル モードを開始してデータをドリル ダウンして対応する値を表示する
まではレポートに表示されませんが、ドキュメントには保存されます。
ドキュメントのサイズを最小限に抑え、パフォーマンスを最適化するには、ユーザーが
ドリルを必要とすることが確実な場合にだけ、ドキュメントに分析範囲を含めることをお
すすめします。
クラスとオブジェクトの階層を表示しながら、簡単に分析範囲を設定する方法を次に示
します。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
33
3
3
クエリーを使用したデータの取得
クエリー コンテキスト
分析範囲を設定する
1 クエリー ツールバーで[クエリーのプロパティ]をクリックします。
2 ドロップダウン リストから[なし](デフォルト)、[1 レベル]、[2 レベル]、または
[3 レベル]を選択します。
クエリー コンテキスト
不明瞭なクエリーとは
不明瞭なクエリーとは、潜在的に2種類の情報を返す可能性があるオブジェクトを含ん
だクエリーのことです。
ユニバース内のディメンションには、データベース内で異なる2つの目的に使用される
値を持ったものもあります。たとえば、次のクエリーの[国]ディメンションは 2 種類の情
報を返すことができます。
•
•
[顧客]と顧客が休暇を過ごした[国]
[顧客]と顧客が休暇を予約した[国]
このクエリーでの[国]の役割はあいまいです。国は、休暇を過ごした国と休暇が予約さ
れている国のどちらにも当てはまります。1つは現存する情報(売上げ)であり、もう1つ
は未来の情報(予約)です。
クエリーの不明瞭さを避けるため、ユニバース デザイナはユニバース内のオブジェク
トのさまざまな用途を識別し、それらのオブジェクトの組み合わせ方に制限を適用しま
す。このような制限をコンテキストと呼んでいます。
コンテキストとは
コンテキストとは、共通のビジネス上の目的を共有するオブジェクトのグループを定義
したものです。このビジネス上の目的とは、通常これらの関連オブジェクトが表す情報
の種類です。たとえば、売上げコンテキストは売上げに関するクエリーに使用できるオ
ブジェクトをすべて集めたグループです。予約コンテキストは、予約に関するクエリー
に使用できるオブジェクトのグループです。コンテキストは、ユニバース デザイナによっ
てユニバース内に定義されます。
同じコンテキスト内のオブジェクトであれば、自由に組み合わせてクエリーを作成でき
ます。また、異なるコンテキストのオブジェクトを組み合わせることもできます。2つのコ
34
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
クエリーを使用したデータの取得
Web Intelligence クエリーのプロパティ
ンテキストに共通するオブジェクトを使用した場合、Web Intelligenceはクエリー内のほ
かのオブジェクトに最適と思われるコンテキストを判断しようとします。
コンテキストを決定できない場合は、クエリーに適用するコンテキストを指定するよう
ユーザーに問い合わせます。
クエリー実行時のコンテキストの選択
クエリーを作成したり、レポートを最新表示する際、クエリーが実行される前にコンテキ
ストを選択するよう要求される場合があります。コンテキストは、不明瞭なクエリーを回
避するためにユニバースに設定されます。
クエリーの実行時にコンテキストを選択する
1 複数のコンテキストを含むクエリーを実行します。
[コンテキストの選択]ダイアログ ボックスが表示されます。
2 [コンテキストの選択]ダイアロ グボックスでコンテキストを選択します。
Web Intelligence クエリーのプロパティ
他のユーザーによるクエリー プロパティの編集を許可
このオプションを選択すると、編集権限を持った他のユーザーもクエリー ビューにアク
セスし、ドキュメント内のクエリーを変更できるようになります。このオプションを選択しな
い場合は、クエリーを変更できるのはレポートの作成者だけになります。このオプショ
ンは、デフォルトで選択されています。選択したクエリーにだけ適用されるほかのクエ
リー プロパティとは異なり、このオプションはドキュメント内のすべてのクエリーに適用
されます。
[最大受信時間]クエリー プロパティ
クエリーを停止するまでの最大実行時間データ超過やネットワークの問題でクエリー
の実行に時間がかかる場合には、このオプションが役立ちます。実行時間を制限し
て、クエリーを制限時間以内に終了させます。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
35
3
3
クエリーを使用したデータの取得
Web Intelligence クエリーのプロパティ
[最大受信行数]クエリー プロパティ
[最大受信行数]クエリー プロパティは、クエリーの実行時に表示されるデータの最大
行数を定義します。必要なデータ量を限定できる場合は、このオプションを使ってド
キュメントのデータ行数を制限することができます。
[最大受信行数]は、データベース レベルでは動作しません。[最大受信行数]を 1000
に設定し、クエリーで 5000 行が返された場合、Web Intelligence はまず 5,000 行す
べてを取得してから 4,000 行を破棄し、最初の 1,000 行だけを維持します。
[サンプルの結果セット]クエリー プロパティでもクエリーに行数の制限が適用されます
が、この処理はデータベース レベルで行われます。[最大受信行数]を 2000 に設定
し、[サンプルの結果セット]を 1000 に設定すると、クエリーで取得されるのは 最大
1,000 行だけです。
この設定は、管理者がセキュリティ プロファイルに設定した制限値によって無効にな
る場合があります。たとえば[最大受信行数]を 400 行に設定しても、セキュリティ プロ
ファイルで受信できる行数が 200 行に制限されている場合、クエリーの実行時に取得
できるのは 200 行のデータだけです。
クエリー プロンプトの順序
プロンプトが一覧表示されます。上下の矢印を使ってプロンプトを移動し、プロンプト
が実行される順序を変更できます。
[重複する行を無視しない]クエリー プロパティ
データベースでは、同じデータが何行にも渡って繰り返されていることがあります。ク
エリーでこれらの繰り返し行を取得するか、一意の行だけを取得するかを選択できま
す。
クエリー ストリッピング
クエリー ストリッピングでは、クエリーの生成を自動的に最適化することができます。ク
エリー ストリッピングを有効化すると、Web Intelligence は、レポートに効果的な結果を
もたらすオブジェクトのみを含むクエリーを生成します。接続サーバーにストリッピング
済みクエリーを送信することにより、レポートのパフォーマンスが向上します。
36
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
クエリーを使用したデータの取得
Web Intelligence クエリーのプロパティ
クエリーを最新表示するたびに、Web Intelligence はレポートに(直接的または間接的
に)効果的な結果にならないオブジェクトをレポートから削除します。同様に、SQL
Viewer タブからも削除します。レポートに直接関係あるクエリーのみを最新表示しま
す。ストリッピング済みオブジェクトは、レポートから削除され、データ マップでは太字
で表示されるので、ストリッピング済みオブジェクトを簡単に確認することができます。
これらのオブジェクトをレポートにドラッグ アンド ドロップすると、再度表示することがで
きます。これらのオブジェクトをドラッグ アンド ドロップすると、レポートの列ヘッダーに
はオブジェクトの定義が表示され、データ セルには[#REFRESH]と表示されます。ス
トリッピング済みオブジェクト データをレポートに表示するには、再度クエリーを最新表
示します。
注
•
•
クエリー ストリッピングは OLAP データベースのユーザーのみ使用できます。
クエリー ストリッピングが有効なドキュメントでは、メジャー オブジェクトでクエリー
フィルタが使用されると、Web Intelligence がオブジェクトをストリップしません。
Web Intelligence での操作の詳細については、SAP Help Portal(http://help.sap.com)
の 『Web Intelligence リッチ クライアントを使用したレポートの構築 』 ガイドを参照して
ください。
クエリー ストリッピングを制御する
2 レベル、つまり、クエリーおよびドキュメント レベルのプロパティで[クエリー ストリッピ
ング]を有効化または無効化して、クエリーの自動最適化をコントロールすることができ
ます。
•
•
クエリー レベル のプロパティ:クエリー レベルのプロパティでは、クエリー スト
リッピングは、Web Intelligence レポートを作成し、レポートのクエリーと初期構
造を定義するパワー ユーザーのみが、有効化または無効化することができま
す。クエリー レベルのプロパティでのクエリー ストリッピングは、デフォルトでは
無効になっています。同じドキュメント内に複数のクエリーがある場合、クエリー
ストリッピングのためのクエリー セットが削除され、その他のクエリーは影響され
ずに残ります。
ドキュメント レベルのプロパティ:ドキュメント レベルのプロパティでは、クエリー
ストリッピングは、分析のためにレポート オブジェクトを変更するすべての Web
Intelligence のユーザーが、有効化または無効化することができます。ドキュメ
ント レベルのプロパティでのクエリー ストリッピングは、デフォルトでは無効に
なっています。
Web Intelligence のドキュメントを作成する場合、デフォルトではクエリー ストリッピング
は無効です。パワー ユーザーは、特定のクエリー オブジェクトをストリッピング処理す
るためには、このパラメータを有効化する必要があります。ドキュメント レベルのプロパ
ティが有効化されて、クエリー レベルのプロパティが無効化されている場合(またはそ
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
37
3
3
クエリーを使用したデータの取得
Web Intelligence クエリーのプロパティ
の逆の場合)、Web Intelligence はクエリーのストリッピング処理をできません。クエリー
ストリッピングは、クエリー レベルのプロパティとドキュメント レベルのプロパティの両方
で有効化されている場合のみ動作します。
クエリー ストリッピングがドキュメント レベルのプロパティで無効化されると、Web
Intelligence は、接続サーバーに送信された特定のクエリーのクエリー パネルで選択
された、すべてのオブジェクトを最新表示するというデフォルトのパターンを維持しま
す。
1 特定のクエリーのクエリー レベルで、クエリー ストリッピングを有効化するには、
Web Intelligence レポートの作成中に、[クエリーのプロパティ]タブで[クエリー
のストリッピングを有効にする]を選択します。
注
[クエリーのストリッピングを有効にする]パラメータは、クエリーを編集したりク
エリーの権限を作成する必要があるパワー ユーザーのみ設定できます。レ
ポートのユーザーはこのパラメータを設定できません。
2 特定のクエリーのドキュメント レベルで、クエリー ストリッピングを有効化するに
は、[ドキュメントのプロパティ]タブで[クエリーのストリッピングを有効にする]
を選択します。
その結果、クエリー ストリッピングが特定のクエリーで有効化されます。
[最新表示時にコンテキストをリセット]クエリー プロパティ
このオプションを選択すると、コンテキストの必要なクエリーを実行するたびに、コンテ
キストを選択するよう要求されます。選択しない場合は、Web Intelligence はクエリーを
初めて実行したときに指定されたコンテキストを常に使用します。
[コンテキストの削除]クエリー プロパティ
このプロパティを選択すると、次回クエリーを実行するとき、またはデータを最新表示
するときに、Web Intelligence が一覧に表示されているコンテキストを削除します。
[サンプルの結果セット]クエリー プロパティ
[サンプルの結果セット]クエリー プロパティは、クエリーから返される最大行数を定義
します。このプロパティでは、データベース レベルで制限が適用されます。データベー
38
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
クエリーを使用したデータの取得
Web Intelligence クエリーのプロパティ
スがサンプリングをサポートしている場合、Web Intelligence はデータを返すために生
成する SQL にこの制限を追加します。
[固定]オプションを選択すると、固定サンプリングが使用されます。データを最新表示
するたびに、クエリーは同じ行数を返します。[固定]オプションを設定しない場合は、
ランダム サンプリングが使用されます。データを最新表示するたびに、クエリーは異な
る行数をサンプリングして返します。
[サンプルの結果セット]は、クエリーですべての行数を取得してから制限を超える行
数を破棄する[最大受信行数]よりも効率的です。
すべてのデータベースが固定およびランダム サンプリングをサポートしているわけで
はありません。固定およびランダム サンプリングがサポートされていない場合、それら
のプロパティは、Java レポート パネルでは無効、クエリー - HTML では非表示になっ
ています。すべての HTML レポート パネルでサンプリングを使用できるわけではあり
ません。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
39
3
クエリー フィルタを使用したデータ
のフィルタ処理
4
4
クエリー フィルタを使用したデータのフィルタ処理
クエリー フィルタの定義
クエリー フィルタの定義
クエリーを定義する際にフィルタを適用して、ドキュメントに返されるデータを制限する
ことができます。クエリー フィルタを使用することで、特定のユーザー グループに公開
しないデータを保護したり、ネットワーク上に保存するドキュメントのサイズを制限したり
することができます。クエリーをドキュメントに実行すると、Web Intelligence はクエリー
フィルタ定義に一致した値だけをドキュメントに返します。
クエリー フィルターは、Web Intelligence がドキュメントに返すデータを制限します。ま
た、データベースからデータのサブセットを取り出し、対応する値だけをドキュメントに
返します。フィルタは、ビジネス上の質問に一致するように定義します。たとえば[年]
ディメンションにフィルタを適用して 2003 年の売上げだけを表示したり、[年収]ディメ
ンションにフィルタを適用して年収 150 万ドル以上の顧客だけを表示することができま
す。
クエリー フィルタの目的:
•
•
•
特定のビジネス上の疑問に答えるために必要なデータだけを取得する。
特定のユーザーがドキュメントにアクセスしたときにデータを隠す
ドキュメントに返されるデータの量を最小限に抑え、パフォーマンスを最適化
する
例 担当地域で 2002 年の第 4 四半期に 1,300,000 円を超える利益を上げた店舗
関西のマーケティング マネージャは、関西地区の利益を把握しておく必要がありま
すが、ユニバースには日本全体のデータが含まれています。利益が2002年の第4四
半期の四半期目標額である1,300,000円に達した店舗の情報にも関心があります。
必要な情報だけを含んだドキュメントを作成するためには、[都道府県]、[年]、[四半
期]のディメンションと[利益]メジャーにそれぞれフィルタを適用します。
“年”等しい(=)2002
“四半期”等しい(=)Q4
AND
“都道府県”等しい(=)東京
[利益]以上(≧)\130000
[結果オブジェクト]枠に[年]、[四半期]、[都道府県]オブジェクトを追加せずに、フィ
ルタの値「京都」、「大阪」、「兵庫」、「奈良」、「2002」、「第4」がテーブル列の[年]、
[四半期]、[都道府県]に表示されないようにします。レポートを生成すると、2002 年
42
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
クエリー フィルタを使用したデータのフィルタ処理
クエリー フィルタとレポート フィルタの比較
第 4 四半期の利益が 1,300,000 円以上の京都、大阪、兵庫、奈良の店舗がレポー
トに表示されます。
店舗名
売上げ
利益
e-Fashion Houston
307,914
133,802
e-Fashion Houston
Leighton
316,232
136,055
クエリー フィルタとレポート フィルタの比較
フィルタは2つのレベルで適用できます。
•
•
クエリー フィルタ - クエリーに定義するフィルタで、データ ソースから取得し
Web Intelligence ドキュメントに返すデータを制限します。
レポート フィルタ - このフィルタはドキュメント内のレポート、テーブル、チャー
ト、セクションに表示する値を制限しますが、データ ソースから取得するデー
タを変更するのではなく、単にレポート レベルで値を隠すだけです。
クエリー フィルタの種類
次の種類のクエリー フィルタを作成できます。
•
•
•
•
定義済みフィルタ - 管理者が作成したフィルタ
カスタム フィルタ - ユーザーがクエリーに定義するフィルタ
クエリー フィルタ ‐ 単純なフィルタに使用する簡易形式のカスタム フィルタ
プロンプト - ドキュメントにクエリーを実行するたびに異なるフィルタ値を選択
できるよう、質問や値の一覧を表示する動的フィルタ
同じクエリーに、異なる種類のフィルタを組み合わせて適用することができます。
定義済みクエリー フィルタ
定義済みフィルタ は、レポートで最も必要とされる特定のデータを、常に Web
Intelligenceで使用できるようにします。このフィルタは管理者によって作成され、ユニ
バースに保存されます。定義済みフィルタの多くには、データベース構造の詳細な知
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
43
4
4
クエリー フィルタを使用したデータのフィルタ処理
クエリー フィルタの種類
識を要する複雑な表現が含まれています。ユニバースに定義済みフィルタを作成して
おくことで、そのユニバースを使って Web Intelligence ドキュメントを作成するたびに
同じカスタム フィルタを作成する必要がなくなります。
Web Intelligenceユーザーは、定義済みフィルタのコンポーネントを表示したり、フィル
タを編集することはできません。
定義済みクエリー フィルタを選択する
•
定義済みフィルタをダブルクリックするか、[クエリー フィルタ]枠にドラッグしま
す。
クエリーを実行すると、選択したクエリー フィルタに対応するデータはレポートに返さ
れます。
カスタム クエリー フィルタ
カスタム クエリー フィルタを作成して、ドキュメントのデータを次のような情報に限定す
ることができます。
•
•
特定のビジネス上の疑問に答えるデータ
特定のユーザー グループのビジネス情報のニーズに答えるデータ
たとえば、カスタム フィルタを作成して、特定の日付、商品、サービスの売上げデータ
を取得したり、高収入の顧客や特定の地域に住む顧客だけの情報を表示したりする
ことができます。
カスタム クエリー フィルタの追加と削除
1 フィルタを適用するオブジェクトを選択し、[クエリー フィルタ]枠にドラッグしま
す。
クエリー フィルタが[クエリー フィルタ]枠のアウトラインに表示されます。
2 デフォルトの演算子([リスト内])の横にある矢印をクリックし、演算子の一覧か
らクエリー演算子を選択します。
3 クエリー フィルタの右側に表示される矢印をクリックし、適用するフィルタのタイ
プを選択します。タイプには、[定数]、[一覧からの値]、[プロンプト]、[このク
エリーからのオブジェクト]、[他のクエリーからの結果、他のクエリーからの結
果(任意)]、[他のクエリーからの結果(すべて)]があります。
44
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
クエリー フィルタを使用したデータのフィルタ処理
クエリー フィルタの種類
オプション
説明
定数
オブジェクトを定数値と比較して、クエリー結果のフィルタ処
理を行います。
一覧からの値
オブジェクトを一覧からの値と比較して、クエリー結果のフィ
ルタ処理を行います。
プロンプト
データの最新表示時に、ユーザーがフィルタ値を入力する必
要があるフィルタを作成します。
このクエリーからの オブジェクトを、同じクエリーからのオブジェクトによって返さ
オブジェクト
れた値と比較します。
他のクエリーから
の結果
他のクエリーから
の結果(任意)
他のクエリーから
の結果(すべて)
オブジェクトを、他のクエリー(フィルタ クエリー)からのオブ
ジェクトによって返された値と比較して、クエリー結果のフィル
タ処理を行います。
オブジェクトを他のクエリー(フィルタ クエリー)からのオブジェ
クトによって返された任意の値と比較して、クエリー結果のフィ
ルタ処理を行います。
オブジェクトを他のクエリー(フィルタ クエリー)からのオブジェ
クトによって返されたすべての値と比較して、クエリー結果の
フィルタ処理を行います。
4 フィルタに含める定数、値の一覧、オブジェクトを入力または選択します。
5 フィルタを削除するには、フィルタを選択して[削除]キーをクリックし、[クエリー
フィルタ]の右上隅にある[削除]をクリックします。すべてのフィルタを削除す
るには、[クエリー フィルタ]枠の右上隅にある[すべて削除]をクリックします。
関連項目
•
•
58 ページの「プロンプトについて」
45 ページの「他のクエリーから返された値に関するクエリーのフィルタ処理」
他のクエリーから返された値に関するクエリーのフィルタ処理
他のクエリーから返される値を使用してクエリーのフィルタ処理を行うことができます。
たとえば、クエリー 1 で、クエリー 2 の国に対応する国がある国に関するすべての結
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
45
4
4
クエリー フィルタを使用したデータのフィルタ処理
クエリー フィルタの種類
果が返されるようにするには、[クエリー 2].[国] オブジェクトの値を使用して [クエリー
1].[国] オブジェクトのフィルタ処理を実行することができます。
フィルタ対象クエリーは、リレーショナル(RDBMS)データ ソースを基盤とするユニバー
スに含まれている必要があります。フィルタ値を供給するクエリー(フィルタ クエリー)
は、リレーショナル データ ソース、OLAP データ ソース、またはローカル データ ソー
スを基盤とすることができます。
クエリー上にクエリーを構築する場合、フィルタ クエリーは、実行または保存されるま
でフィルタ クエリーとして使用可能なクエリーの一覧に表示されません。
フィルタ対象クエリーを最新表示しても、フィルタ クエリーは最新表示されません。
クエリー フィルタは、フィルタ クエリーによって返されるすべての値または任意の値に
ついてフィルタ処理を実行することができます。サポートされる演算子とフィルタ モー
ドの組み合わせについて、以下の表に示します。以下の表にある演算子を選択しな
い場合、[他のクエリーからの結果]メニュー項目が表示されません。
演算子
フィルタ
モード
説明
等しい(=)
任意
フィルタ クエリーによって返されるいずれかの値と等し
いフィルタ対象クエリーの値が保持されます。
等しくない
(≠)
すべて
フィルタ クエリーによって返されるすべての値と異なる
フィルタ対象クエリーの値が保持されます。
より大きい
(>)
任意
以上(≧)
フィルタ クエリーによって返されるいずれかの値よりも大
きい、またはそれ以上のフィルタ対象クエリーの値が保
持されます。
つまり、フィルタ クエリーによって返される最小値よりも
大きい、またはそれ以上のフィルタ対象クエリーの値が
保持されます。
より大きい
(>)
以上(≧)
46
すべて
フィルタ クエリーのすべての値よりも大きいフィルタ対象
クエリーの値が保持されます。
つまり、フィルタ クエリーによって返される最大値よりも
大きい、またはそれ以上のフィルタ対象クエリーの値が
保持されます。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
クエリー フィルタを使用したデータのフィルタ処理
クエリー フィルタの種類
演算子
より小さい
(<)
フィルタ
モード
任意
以下(≦)
説明
フィルタ クエリーによって返される任意の値よりも小さ
い、またはそれ以下のフィルタ対象クエリーの値が保持
されます。
つまり、フィルタ クエリーによって返される最大値よりも
小さい、またはそれ以下のフィルタ対象クエリーの値が
保持されます。
より小さい
(<)
すべて
以下(≦)
フィルタ クエリーによって返される任意の値よりも小さ
い、またはそれ以下のフィルタ対象クエリーの値が保持
されます。
つまり、フィルタ クエリーによって返される最小値よりも
小さい、またはそれ以下のフィルタ対象クエリーの値が
保持されます。
InList
任意
フィルタ クエリーによって返される値の一覧内にあるい
ずれかの値と等しいフィルタ対象クエリーの値が保持さ
れます。
Not InList
任意
フィルタ クエリーによって返される値の一覧内にあるい
ずれかの値と等しくないフィルタ対象クエリーの値が保
持されます。
クエリー フィルタとプロンプト演算子
Equal To 演算子
ある値と等しいデータを取得するには、Equal To 演算子を使用します。
たとえば、US のデータのみを返すには、“国 Equal To US”フィルタを作成します。
Not Equal To 演算子
ある値と等しくないデータを取得するには、Not Equal To 演算子を使用します。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
47
4
4
クエリー フィルタを使用したデータのフィルタ処理
クエリー フィルタの種類
たとえば、US 以外のすべての国のデータを返すには、“国 Not Equal To US”フィル
タを作成します。
Different From 演算子
ある値と異なるデータを取得するには、Different From 演算子を使用します。
たとえば、第 4 四半期以外のすべての四半期のデータを取得するには、[四半期]
Different From "第 4 四半期" フィルタを作成します。
より大きい
ある値よりも大きいデータを取得するには、Greater Than 演算子を使用します。
たとえば、60 を越える年齢の顧客のデータを取得するには、“[顧客の年齢] Greater
than 60”フィルタを作成します。
Greater Than or Equal To 演算子
ある値以上のデータを取得するには、Greater Than or Equal To 演算子を使用しま
す。
たとえば、売上げが 150 万ドル以上のデータを取得するには、“[売上げ] Greater than
or equal to 1500000”フィルタを作成します。
Less Than 演算子です。
Less Than 演算子は、ある値よりも小さいデータを取得する場合に使用します。
たとえば、試験結果が 40 点より低いデータを取得するには、“[試験結果] Less Than
40”フィルタを作成します。
Less Than Or Equal To 演算子
ある値以下のデータを取得するには、Less Than Or Equal To 演算子を使用します。
たとえば、年齢が 30 歳以下の顧客のデータを取得するには、“[年齢] Less Than Or
Equal To 30”フィルタを使用します。
48
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
クエリー フィルタを使用したデータのフィルタ処理
クエリー フィルタの種類
Between 演算子
2 つの値およびその間の値からデータを取得するには、Between 演算子を使用しま
す。
たとえば、第 25 週から第 36 週までの週(第 25 週と第 36 週を含む)のデータを取得
するには、“[週] Between 25 and 36“フィルタを作成します。
Not Between 演算子
2 つの値の範囲に含まれないデータを取得するには、Not Between 演算子を使用し
ます。
たとえば、第 25 週から第 36 週までの週を除くすべての週(第 25 週と第 36週を含ま
ない)のデータを取得するには、“[週] Not between 25 and 36”フィルタを作成します。
In List 演算子
In List 演算子は、値の一覧の値に対応するデータを取得する場合に使用されます。
たとえば、US、UK、および Japan のデータのみを取得する場合、[国] In List
("US";"UK";"Japan") フィルタを作成します。
Not In List 演算子
複数の値に対応しないデータを取得するには、Not In List 演算子を使用します。
たとえば、US、UK、および Japan のデータを取得しない場合、[国] Not In
("US";"UK";"Japan") フィルタ を作成します。
Matches Pattern 演算子
Matches Pattern 演算子を使用して、特定の文字列または文字列の一部を含むデー
タを取得します。
たとえば、1972 年生まれの顧客を取得するには、フィルタ [DOB] Matches Pattern
"72" を作成します。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
49
4
4
クエリー フィルタを使用したデータのフィルタ処理
クエリー フィルタの種類
Different From Pattern 演算子
Different From Pattern 演算子を使用して、特定の文字列を含まないデータを取得し
ます。
たとえば、1972 年生まれではない顧客を取得するには、フィルタ [DOB] Different
From Pattern '72' を作成します。
Both 演算子
Both 演算子を使用して、2 つの値に対応するデータを取得します。
たとえば、固定電話と携帯電話を所持している顧客を取得するには、フィルタ [Account
Type] Both '固定' And '携帯' を作成します。
Except 演算子
Except 演算子を使用して、1 つの値に対応し、もうひとつの値を含まないデータを取
得します。
たとえば、固定電話を所持し、携帯電話を所持していない顧客を取得するには、フィ
ルタ [Account Type] '固定' Except '携帯' を作成します。
Except 演算子は、Different From 演算子や Not In List 演算子よりも制限が厳格で
す。たとえば、顧客を返すレポートで、フィルタが [Lines] Different From 'アクセサリ'
の場合、'アクセサリ' 行に販売済みアイテムが含まれている販売レコードはすべて除
外されます。同じ顧客が購入済みアクセサリとアクセサリ以外のアイテムを所持してい
る場合、この顧客はレポートに表示されますが、支払い合計にはアクセサリ以外の販
売額のみが含まれます。
フィルタが [Lines] Except 'アクセサリ' の場合、レポートにはアクセサリを購入してい
ない顧客だけが含まれます。
関連項目
•
•
50
62 ページの「Not In List 演算子」
60 ページの「Different From 演算子」
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
クエリー フィルタを使用したデータのフィルタ処理
クエリー フィルタの種類
クエリー フィルタの結合
AND 演算子と OR 演算子
クエリー フィルタまたはレポート フィルタを結合およびネストするには、AND 演算子ま
たは OR 演算子を使用します。フィルタの結合に AND を使用すると、Web Intelligence
には演算子でリンクされた両方のフィルタの基準を満たすデータだけが表示されます。
OR を使用すると、Web Intelligence では演算子でリンクされたフィルタのいずれか 1
つの基準を満たすデータが返されます。
フィルタを結合およびネストするときに、AND と OR 演算子を両方とも使用することが
できます。たとえば、(フィルタ 1 OR フィルタ 2)AND フィルタ 3 という関係では 3 つ
のフィルタをリンクできます。この場合、Web Intelligence では最初にフィルタ 1 または
フィルタ 2 の条件でデータが制限され、次に、このデータがフィルタ 3 と比較されて、
この条件に対応するデータだけが返されます。
クエリー フィルタの結合
典型的なビジネス上の疑問では、複数の基準に一致した情報が要求されます。たとえ
ば、顧客サービス データを分析する場合、特定の期間に加えて特定の地域、さらに
は特定の顧客サービス契約レベルに限定して顧客データを絞り込むといったことは珍
しくありません。同じクエリー内でフィルタを結合することで、このような複数の基準に対
応するデータを取得できます。
例 床面積が4,000平方フィートを超え、今年の売上げが1,500,000円以下の店舗を
分析する
この例のユーザーは小売チェーンの業務管理者です。会社が目標として設定した
売上げ高を達成していない、チェーン内の大型小売店に関する情報を分析しようと
しています。
これには[年]ディメンションに定義済みフィルタを追加し、今年の値だけを取り出す
よう指定します。次に[店舗床面積]ディメンションに 2 つ目のフィルタを作成し、床
面積が 4,000 平方フィートを超える店舗のデータだけを取り出すよう指定します。さ
らに[売上げ]メジャーに 3 つ目のフィルタを作成し、売上げ高が 1,500,000 円以下
の店舗のデータだけを取り出すよう指定します。最後に、これらの3つのフィルタを
And演算子を使って結合します。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
51
4
4
クエリー フィルタを使用したデータのフィルタ処理
クエリー フィルタの種類
去年
AND
販売床面積 以上(≧)4000
売上げ より小さい(<)1,500,000
クエリーを実行すると、3つの条件をすべて満たした店舗のデータだけがレポートに
返されます。
クエリー フィルタを結合する
1 フィルタを作成し、それらを[クエリー フィルタ]枠に追加します。
デフォルトでは、Web Intelligence はフィルタを AND 演算子で結合します。
2 演算子をダブルクリック(Java レポート パネル、リッチ クライアント、およびクエ
リー - HTML の場合)、または演算子のチェックボックスの横にある矢印をク
リックして他の演算子を選択し(HTML レポート パネルの場合)、AND と OR
を切り替えます。
クエリー フィルタのネスト
クエリー フィルタをネストして、同じレベルにあるフィルタを結合した場合よりも複雑な
フィルタ条件を作成できます。
フィルタをネストする場合は、Web Intelligence でそれらを評価する順序を設定します。
たとえば、Web Intelligence では、OR 関係(どちらか一方のフィルタ条件が true かど
うか)で結合された 2 つのクエリー フィルタで指定されたデータを返し、別のフィルタ
をそれに適用してこのデータをさらに制限できます。この場合、OR 関係の 2 つのフィ
ルタがネストされてから、AND 関係で他のフィルタと比較されます。
これについて次の例を使って説明します。
例 Q4、または売上げが 1000000 を超える日本でのすべての販売の一覧表示
この質問に回答するには、次のネストしたクエリー フィルタを作成します。
52
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
クエリー フィルタを使用したデータのフィルタ処理
キー日付変数を使用したクエリーのフィルタ処理
国 等しい(=)日本
四半期 等しい(=)Q4
AND
OR
売上げ より大きい(>)
1000000
Web Intelligence では最初に Q4 の販売データ、または売上げが 1000000 を超え
た販売データを返してから、このデータをさらに制限して日本で行われた販売のデー
タのみを返します。
クエリー - HTML でクエリー フィルタをネストする
1 最後に評価するクエリー フィルタまたはフィルタの組み合わせを[クエリー フィ
ルタ]枠に追加します。
2 フィルタを選択するか、複数のフィルタがある場合は AND または OR 演算子
を選択し、[クエリー フィルタ]枠の右にある[ネストされたフィルタを追加]をク
リックします。
ネストされたフィルタのアウトラインは、デフォルトでは OR 演算子を使用して
表示されます。
3 ネストされたフィルタ演算子を選択した状態で、ネストしたフィルタに表示する
1 つ以上のオブジェクトを選択し、[>>]をクリックしてそれらをネストしたフィル
タに追加します。
4 ネストしたフィルタ演算子をダブルクリックして、AND と OR を切り替えます。
5 さらにネストしたフィルタを追加するには、フィルタの現在のセット内の任意の
レベルのオブジェクトを選択し、[ネストされたフィルタを追加]をクリックしてネ
ストしたフィルタを追加します。
6 ネストしたフィルタのセット内の任意のレベルにあるフィルタを追加または削除
するには、そのレベルにあるフィルタをリンクする AND または OR 演算子を選
択し、フィルタの一覧にオブジェクトを追加するか、一覧からオブジェクトを削
除します。
キー日付変数を使用したクエリーのフィルタ処理
キー日付変数は、ディメンションのメンバーを、指定された日付の値に制限する SAP
BW 変数です。SAP BW データ ソースに基づいてクエリーをユニバースに作成する場
合にキー日付を設定できます。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
53
4
4
クエリー フィルタを使用したデータのフィルタ処理
キー日付変数を使用したクエリーのフィルタ処理
キー日付が設定されると、クエリーに定義されたプロンプトの値の一覧には、キー日付
に従ってフィルタが適用されます。クエリーが返すディメンション値にもキー日付に従っ
てフィルタが適用されます。
各クエリーに 1 つのキー日付を定義できます。つまり、たとえば、同じクエリーに基づ
く 2 つのデータ プロバイダを作成し、これに異なるキー日付を使用すれば、データの
変化を比較できるようになります。
Web Intelligence では、ユニバース内でキー日付が有効であると、クエリー パネルで
キー日付の値を設定できます。キー日付は、SAP BW キューブで使用されるデフォル
トの日付または Web Intelligence に設定された日付を使用できます。
クエリー パネルでキー日付を定義する場合は、レポート データを最新表示するたび
に、レポート ユーザーがキー日付を選択し直すように定義することもできます。
1 つのクエリーのキー日付をクエリー パネルで設定する
1 [キー日付のプロパティ]をクリックして、[キー日付のプロパティ]ダイアログ ボッ
クスを表示します。
2 SAP BW キューブのキー日付の値を利用する場合は、[デフォルトの日付を使
用]を選択します。
特定のデフォルトの日付が SAP BW キューに設定されている場合は、その日
付が Web Intelligence に表示されます。キューブに日付が設定されていない
場合は、利用可能な最終のキー日付が使用され、Web Intelligence の[利用
可能最終日時]に表示されます。
3 キー日付を独自に設定する場合は、[日付の設定]を選択し、カレンダーから
日付を選択します。
複数のクエリーのキー日付をクエリー パネルで設定する
1 [キー日付のプロパティ]をクリックして、[キー日付のプロパティ]ダイアログ ボッ
クスを表示します。
2 SAP BW キューブのキー日付の値を利用する場合は、[デフォルトの日付を使
用]を選択します。
特定のデフォルトの日付が SAP BW キューに設定されている場合は、その日
付が Web Intelligence に表示されます。キューブに日付が設定されていない
場合は、利用可能な最終のキー日付が使用され、Web Intelligence の[利用
可能最終日時]に表示されます。
54
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
クエリー フィルタを使用したデータのフィルタ処理
キー日付変数を使用したクエリーのフィルタ処理
3 すべてのクエリーに同じ日付を設定する場合は、[すべてのクエリーの日付の
設定]をクリックし、カレンダーから日付を選択します。
4 各クエリーに異なる日付を設定する場合は、[各クエリーの日付の設定]をク
リックします。
5 SAP BW キューブのキー日付の値を利用する場合は、各クエリーのドロップダ
ウン リストから“デフォルト”を選択します。独自に日付を選択する場合は、ド
ロップダウン リストから“詳細”を選択し、カレンダーの日付を選択します。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
55
4
プロンプトを使用したデータのフィル
タ処理
5
5
プロンプトを使用したデータのフィルタ処理
プロンプトについて
プロンプトについて
プロンプトは、特殊なタイプのクエリー フィルタです。これは、ドキュメント内のデータを
最新表示するたびに取得するデータを問い合わせる動的フィルタです。データを最新
表示する前に、取得するデータの値を入力あるいは選択します。Web Intelligence は、
指定された値に対応するデータだけをデータベースから取得し、ドキュメント内のレ
ポートに返します。プロンプトを使用することで、複数のユーザーが同じドキュメントを
使い、データベース内の異なる情報を取得して同じ形式のテーブルやチャートに表示
できます。プロンプトには、データベースからのデータ取得に要する時間を短縮できる
という利点もあります。
プロンプトには、次の要素が含まれます。
•
•
•
フィルタ適用オブジェクト
演算子
メッセージ
たとえば、ユーザーに特定の年を選択するよう要求するには、[年]ディメンションにプ
ロンプトを定義します。
Year Equal To ("Which year?°)
このプロンプトで、フィルタ処理されるオブジェクトは“年”、演算子は Equal To、プロン
プト メッセージは「年を指定」です。
プロンプトは、任意のディメンション、メジャー、または詳細オブジェクトに定義すること
ができます。たとえば、“年”ディメンションにフィルタを適用して特定の年の値だけを取
得したり、“売上げ”メジャーにフィルタを適用して特定の範囲の売上高を取得したり、
“年/週”詳細にフィルタを適用してある年の特定週の値だけを取得したりすることがで
きます。
同じクエリー内に複数のプロンプトを作成し、AND または OR 演算子で関連付けるこ
とができます。プロンプトをネストすることも可能です。ユーザーがクエリーを実行する
と、Web Intelligence はプロンプトを表示します。
プロンプトは、Web Intellignece クエリーによって生成された SQL で、プロンプトに対
して入力された値(SQL が読み取り専用の場合)または Web Intelligence プロンプト
構文(SQL が編集可能な場合)として表示されます。たとえば、Country に対するプロ
ンプトは、次のように生成済みの SQL で表示されます。
Resort_Country.country = @prompt('Enter Country:','A',
'Resort\Country', Mono,Free,Persistent,,User:0)
または
Resort_country.country In ('UK')
58
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
プロンプトを使用したデータのフィルタ処理
カスケード プロンプト
プロンプトはオプションの場合があります。オプションのプロンプトに対しては値を指定
する必要はありません。値が指定されていない場合、プロンプトは無視されます。
結合プロンプト
ドキュメントに複数のデータ プロバイダが含まれている場合、(1)同じデータ型のオブ
ジェクト、(2)同じ種類の演算子、(3)同じプロンプト テキストを使用するプロンプトは結
合されます。
データ プロバイダがすべて最新表示された後は、これらのプロンプトについて同一の
プロンプト メッセージが表示されます。
結合されたプロンプトで表示される値の一覧は、最も厳しい条件の表示プロパティを
持つプロンプトのオブジェクトに関連した一覧です。
カスケード プロンプト
プロンプトの定義に含めると、Web Intelligence でカスケード プロンプトを表示させる
オブジェクトがあります。そのようなオブジェクトには、ユニバース作成者により、同じユ
ニバースにある他のオブジェクトの値の一覧に関連させて階層的に値の一覧が設定
されています。
カスケード プロンプトを使用すると、プロンプトにオブジェクトの値を設定する際、オブ
ジェクトのすべての値を検索せずに、必要な値だけを簡単に探すことができます。
例 店舗の選択
この例では、ユニバース作成者により、“店名”、“都市”、“都道府県”オブジェクトが
階層的に定義されています。[店名] Equal To <値> というプロンプトを含めると、Web
Intelligence で[プロンプト]ダイアログ ボックスにそれらのオブジェクトが階層的に表
示されます。店舗を選択するには、初めに店舗の都市が存在する都道府県を選択
し、次に店舗が存在する都市を選択し、最後に店舗を選択する必要があります。[都
道府県]の値を選択すると、選択した都道府県に存在する[都市]の値だけが Web
Intelligence で表示され、[都市]の値を選択すると、選択した都市に存在する店舗
だけが Web Intelligence に表示されます。
階層的な値の一覧
ユニバースに階層的な値の一覧が含まれている場合、それらの一覧がツリー フォー
ムで表示されます。ツリーを下方向に移動して、対象とするアイテムを表示します。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
59
5
5
プロンプトを使用したデータのフィルタ処理
クエリー フィルタとプロンプト演算子
値の一覧は、ユニバースでの一覧の構成に応じて、カスケード プロンプトまたは階層
構造のいずれかで表示されます。詳しくは、管理者にお問い合わせください。
クエリー フィルタとプロンプト演算子
Equal To 演算子
ある値と等しいデータを取得するには、Equal To 演算子を使用します。
たとえば、US のデータのみを返すには、“国 Equal To US”フィルタを作成します。
Not Equal To 演算子
ある値と等しくないデータを取得するには、Not Equal To 演算子を使用します。
たとえば、US 以外のすべての国のデータを返すには、“国 Not Equal To US”フィル
タを作成します。
Different From 演算子
ある値と異なるデータを取得するには、Different From 演算子を使用します。
たとえば、第 4 四半期以外のすべての四半期のデータを取得するには、[四半期]
Different From "第 4 四半期" フィルタを作成します。
より大きい
ある値よりも大きいデータを取得するには、Greater Than 演算子を使用します。
たとえば、60 を越える年齢の顧客のデータを取得するには、“[顧客の年齢] Greater
than 60”フィルタを作成します。
60
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
プロンプトを使用したデータのフィルタ処理
クエリー フィルタとプロンプト演算子
Greater Than or Equal To 演算子
ある値以上のデータを取得するには、Greater Than or Equal To 演算子を使用しま
す。
たとえば、売上げが 150 万ドル以上のデータを取得するには、“[売上げ] Greater than
or equal to 1500000”フィルタを作成します。
Less Than 演算子です。
Less Than 演算子は、ある値よりも小さいデータを取得する場合に使用します。
たとえば、試験結果が 40 点より低いデータを取得するには、“[試験結果] Less Than
40”フィルタを作成します。
Less Than Or Equal To 演算子
ある値以下のデータを取得するには、Less Than Or Equal To 演算子を使用します。
たとえば、年齢が 30 歳以下の顧客のデータを取得するには、“[年齢] Less Than Or
Equal To 30”フィルタを使用します。
Between 演算子
2 つの値およびその間の値からデータを取得するには、Between 演算子を使用しま
す。
たとえば、第 25 週から第 36 週までの週(第 25 週と第 36 週を含む)のデータを取得
するには、“[週] Between 25 and 36“フィルタを作成します。
Not Between 演算子
2 つの値の範囲に含まれないデータを取得するには、Not Between 演算子を使用し
ます。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
61
5
5
プロンプトを使用したデータのフィルタ処理
クエリー フィルタとプロンプト演算子
たとえば、第 25 週から第 36 週までの週を除くすべての週(第 25 週と第 36週を含ま
ない)のデータを取得するには、“[週] Not between 25 and 36”フィルタを作成します。
In List 演算子
In List 演算子は、値の一覧の値に対応するデータを取得する場合に使用されます。
たとえば、US、UK、および Japan のデータのみを取得する場合、[国] In List
("US";"UK";"Japan") フィルタを作成します。
Not In List 演算子
複数の値に対応しないデータを取得するには、Not In List 演算子を使用します。
たとえば、US、UK、および Japan のデータを取得しない場合、[国] Not In
("US";"UK";"Japan") フィルタ を作成します。
Matches Pattern 演算子
Matches Pattern 演算子を使用して、特定の文字列または文字列の一部を含むデー
タを取得します。
たとえば、1972 年生まれの顧客を取得するには、フィルタ [DOB] Matches Pattern
"72" を作成します。
Different From Pattern 演算子
Different From Pattern 演算子を使用して、特定の文字列を含まないデータを取得し
ます。
たとえば、1972 年生まれではない顧客を取得するには、フィルタ [DOB] Different
From Pattern '72' を作成します。
Both 演算子
Both 演算子を使用して、2 つの値に対応するデータを取得します。
62
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
プロンプトを使用したデータのフィルタ処理
クエリー - HTML でプロンプトを作成する
たとえば、固定電話と携帯電話を所持している顧客を取得するには、フィルタ [Account
Type] Both '固定' And '携帯' を作成します。
Except 演算子
Except 演算子を使用して、1 つの値に対応し、もうひとつの値を含まないデータを取
得します。
たとえば、固定電話を所持し、携帯電話を所持していない顧客を取得するには、フィ
ルタ [Account Type] '固定' Except '携帯' を作成します。
Except 演算子は、Different From 演算子や Not In List 演算子よりも制限が厳格で
す。たとえば、顧客を返すレポートで、フィルタが [Lines] Different From 'アクセサリ'
の場合、'アクセサリ' 行に販売済みアイテムが含まれている販売レコードはすべて除
外されます。同じ顧客が購入済みアクセサリとアクセサリ以外のアイテムを所持してい
る場合、この顧客はレポートに表示されますが、支払い合計にはアクセサリ以外の販
売額のみが含まれます。
フィルタが [Lines] Except 'アクセサリ' の場合、レポートにはアクセサリを購入してい
ない顧客だけが含まれます。
関連項目
•
•
62 ページの「Not In List 演算子」
60 ページの「Different From 演算子」
クエリー - HTML でプロンプトを作成する
ドキュメントには複数のプロンプトを適用できます。プロンプトは作成した順序に表示さ
れますが、表示される順序はあとで変更することが可能です。
1 [ユニバース]枠からプロンプトを適用するオブジェクトをドラッグし、[クエリー
フィルタ]枠にドロップします。
アウトライン クエリー フィルタが[クエリー フィルタ]枠に表示されます。
2 アウトライン クエリー フィルタの右側にある[フィルタ タイプの定義]をクリック
し、フィルタ演算子の一覧から[プロンプト]を選択します。
3 プロンプト メッセージを編集してビジネス上の質問を作成するか、デフォルト
メッセージをそのまま使用します。
4 [プロパティ]をクリックして、[ プロパティ]ダイアログ ボックスを表示します。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
63
5
5
プロンプトを使用したデータのフィルタ処理
クエリー - HTML でプロンプトを作成する
5 [プロンプトのプロパティ]ダイアログ ボックスを使用して、プロンプトの表示方
法を定義します
プロンプト表示の定義
プロンプトには、デフォルトでプロンプト ボックスと値の一覧が表示されます。プロンプ
トに答えるにはボックスに値を入力するか、一覧から値を選択します。
次のオプションを組合せ、プロンプトの表示方法を変更することができます。
プロンプトに表示する内容 (状況)
選択するオプション
デフォルトで選択されたオ
フィルタを適用するディメン オブジェクトのすべての値
プションをそのまま使用す
ション、メジャー、詳細に関 を表示し、適用する値を選
る:値の一覧を伴うプロンプ
連付けられた値の一覧
択する場合
ト
現在の月のように、ドキュメ
前回の実行時にプロンプト ントの最新表示で基本的に
オプションを選択する:最後
で選択された値(別の値の は同じ値を指定するが、必
に選択した値を維持
選択は可能)
要に応じて別の値を選択で
きるようにする場合
現在の年のように、ドキュメ
ントの最新表示でほぼ毎回
デフォルトとして指定した値
オプションを選択する:デ
同じ値を指定するが、必要
(別の値の選択は可能)
フォルト値の設定
に応じて別の値を選択でき
るようにする場合
ユーザーが選択する値の
一覧
データベースに存在しない
オプションを選択する:一覧
値が入力されることを防ぐ
から選択
場合
プロンプトをオプションにするには、[オプション プロンプト]を選択します。このプロン
プトに対しては値を指定する必要はありません。この場合、プロンプトは無視されます。
注
日付のプロンプトで日付の選択にポップアップ カレンダを使う場合は、[値の一覧
を伴うプロンプト]は選択しないでください。
64
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
プロンプトを使用したデータのフィルタ処理
プロンプトを削除する
プロンプトを削除する
•
プロンプトを選択し、Delete キーを押します。
プロンプトの結合
1つのクエリーに複数のプロンプトを組み合わせことによって、ドキュメントに返すデー
タを細かく制限できるため、同じレポートを表示する複数のユーザーがそれぞれのニー
ズに対応した情報だけを表示できるようになります。たとえば、客アカウント ドキュメン
トで次の 3 つのプロンプトを結合できます。
•
•
•
顧客名
アカウント番号
期間:開始または終了
ドキュメントを表示する各経理責任者は、特定の期間の特定の顧客のアカウントのデー
タをレポートに表示できます。
プロンプトの結合は、クエリー フィルタの結合と同じ方法で行います。
プロンプトとクエリー フィルタの結合
1 つのクエリーにプロンプトとフィルタを組み合わせると、フィルタで一部のクエリー オ
ブジェクトの値を限定し、プロンプトで他のオブジェクトの値をさらに限定できます。た
とえば人事ドキュメントでは、次のようにフィルタとプロンプトを組み合わせることができ
ます。
•
•
•
[年]等しい 今年
[役職]等しくない 基幹職
従業員名の指定
ドキュメントを表示するユーザーは、どの従業員の情報を表示するかを選択できます
が、今年のデータに限定され、さらに基幹職のデータを見ることはできません。
クエリー - HTML でプロンプトの順序を変更する
1 [クエリー プロパティ]をクリックして、[クエリー プロパティ]ダイアログ ボックス
を表示します。
2 [プロンプトの順序]ボックスで順序を変更するプロンプトを選択し、ボックスの
横にある上向きまたは下向き矢印を押します。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
65
5
より詳しい情報
A
A
より詳しい情報
情報リソース
場所
SAP BusinessObjects
http://www.sap.com
製品情報
http://help.sap.com から SAP BusinessObjects を選択しま
す。
SAP ヘルプ ポータルでは、すべての SAP BusinessObjects
製品とそのデプロイメントについて扱った最新のドキュメンテー
ションにアクセスできます。PDF 版またはインストール可能な
HTML ライブラリのダウンロードが可能です。
SAP ヘルプ ポータル 一部のガイドは SAP サービス マーケットプレイスに格納され
ており、SAP ヘルプ ポータルからは入手できません。ヘルプ
ポータルのガイド一覧で、そのようなガイドには SAP サービ
ス マーケットプレイスへのリンクが付いています。メンテナン
ス契約を締結されたお客様には、このサイトにアクセスするた
めの正規ユーザー ID が付与されます。ID の入手方法につ
いては、お客様担当のカスタマー サポート担当者までお問
い合わせください。
http://service.sap.com/bosap-support > ドキュメンテーショ
ン
•
•
SAP サービス マー
ケットプレイス
68
インストール ガイド:https://service.sap.com/bosap-inst
guides
リリース ノート:http://service.sap.com/releasenotes
SAP サービス マーケットプレイスには、一部のインストール
ガイド、アップグレードおよび移行ガイド、デプロイメント ガイ
ド、リリース ノート、サポート対象プラットフォームに関するド
キュメントが格納されています。メンテナンス契約を締結され
たお客様には、このサイトにアクセスするための正規ユーザー
ID が付与されます。ID の入手方法については、お客様担当
のカスタマー サポート担当者までお問い合わせください。SAP
ヘルプ ポータルから SAP サービス マーケットプレイスにリダ
イレクトされた場合は、左側のナビゲーション ペインのメニュー
を使用して、アクセスするドキュメンテーションが含まれている
カテゴリを探します。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
より詳しい情報
情報リソース
開発者向けリソース
場所
https://boc.sdn.sap.com/
https://www.sdn.sap.com/irj/sdn/businessobjects-sdklibrary
SAP Community Net- https://www.sdn.sap.com/irj/boc/businessobjects-articles
work 上の SAP BusinessObjects に関する これらの記事は、以前はテクニカル ペーパーという名称でし
た。
記事
https://service.sap.com/notes
ノート
これらのノートは、以前はナレッジ ベース記事という名称でし
た。
SAP Community Nethttps://www.sdn.sap.com/irj/scn/forums
work 上のフォーラム
http://www.sap.com/services/education
トレーニング
伝統的な教室での学習から的を絞った e ラーニング セミナー
まで、それぞれのニーズと希望する学習スタイルに応じた幅
広いトレーニング パッケージを提供しております。
http://service.sap.com/bosap-support
SAP サポート ポータルには、カスタマー サポート プログラム
とサービスに関する情報が含まれています。また、さまざまな
オンライン カスタマー テクニカル情報およびダウンロードへのリンクも用意されてい
サポート
ます。メンテナンス契約を締結されたお客様には、このサイト
にアクセスするための正規ユーザー ID が付与されます。ID
の入手方法については、お客様担当のカスタマー サポート
担当者までお問い合わせください。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
69
A
A
より詳しい情報
情報リソース
場所
http://www.sap.com/services/bysubject/businessobjectscon
sulting
コンサルティング
70
コンサルタントは、初期の分析段階からデプロイメント プロ
ジェクトの実現まで一貫したサポートを提供します。リレーショ
ナル データベースと多次元データベース、接続、データベー
ス設計ツール、カスタマイズされた埋め込みテクノロジなどの
トピックに関する専門的なサポートを行います。
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
索引
数字
508 への準拠
HTML レポート パネル 11
GetPreferredViewingLocale 関数 24
Greater Than Or Equal To 演算子 48, 61
Greater Than 演算子 48, 60
H
A
Active Server Pages(ASP)
Java レポート パネル 11
And 演算子 51, 52, 53
B
Between 演算子 49, 61
Both 演算子 50, 62
C
CMS 8
D
Different From Pattern 演算子 50, 62
Different From 演算子 48, 60
E
Equal To 演算子 47, 60
Except 演算子 50, 63
HTML レポート パネル
508 への準拠 11
JSP 11
定義済み 11
ドキュメントの作成ツールとして選択 15
I
In List 演算子 49, 62
InfoView 8
Web Intelligence へのアクセス 14
クエリー エディタの選択 17
製品ロケールの設定 22
デフォルト ユニバースの選択 18
ドキュメントの作成と表示のオプションの選択
15
ドキュメントの表示形式の選択 18
ドリル オプションの設定 20
優先表示ロケールの設定 24
ユニバースの選択 26
ログアウト 14
ログイン 14
ロケール オプションの設定 22
InfoView からのログアウト 14
InfoView へのログイン 14
G
GetContentLocale 関数 23
GetLocale 関数 22
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
71
索引
J
Q
Java Server Pages(JSP)
HTML レポート パネル 11
Java レポート パネル 11
オンレポート分析 9
クエリー - HTML 10
対話型表示形式 15
Java レポート パネル
Web Intelligence リッチ クライアント 11
定義済み 11
データ サンプリング 38
ドキュメントの作成と表示ツールとして選択 15
分析範囲 33
Query on query 45
S
SQL
オプション プロンプト 31
クリップボードにコピー 31
検証 31
表示と設定 31
編集可能にする 31
SQL の検証 31
SQL をクリップボードにコピー 31
SQL を編集可能にする 31
L
Less Than Or Equal To 演算子 48, 61
Less Than 演算子 48, 61
M
Matches Pattern 演算子 49, 62
N
Not Between 演算子 49, 61
Not Equal To 演算子 47, 60
Not In List 演算子 49, 62
O
OLAP ユニバース 53
Or 演算子 51, 52, 53
Web Intelligence
InfoView 8
InfoView からのアクセス 14
オフラインの使用 8
ビジネス インテリジェンス 8
Web Intelligence インターフェイス
ロケールの設定 22
Web Intelligence のプロンプトの結合方法 59
Web Intelligence リッチ クライアント 8
Java レポート パネル 11
定義済み 11
ドキュメントの作成と表示ツールとして選択 15
分析範囲 33
WID ドキュメント 8
CMS での操作 11
ローカルでの操作 11
あ
P
PDF 形式 9
ドキュメントの表示 15
72
W
値
階層の一覧の表示 59
値の一覧
階層 59
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
索引
値の一覧 (続き)
プロンプト回答の制限 64
プロンプトでの表示 64
い
インターフェイス ロケール
設定 22
インターフェイス ロケールの設定 22
え
演算子
And 51, 52, 53
Between 49, 61
Equal To 47, 60
Except 50, 63
Greater Than 48, 60
Greater Than Or Equal To 48, 61
Less Than 48, 61
Less Than Or Equal To 48, 61
Not Between 49, 61
Not Equal To 47, 60
Or 51, 52, 53
パターンと一致 49, 62
パターンと異なる 50, 62
等しくない 48, 60
リスト外 49, 62
リスト内 49, 62
両方 50, 62
お
オブジェクト
クエリーへの追加 26
クラシック メジャー 28
クラスとの関係 27
詳細 28
スマート メジャー 28
ディメンション 27
メジャー 28
オプション プロンプト
SQL 31
定義済み 58
オンレポート分析 9
か
階層的な値の一覧の表示 59
カスケード プロンプト 59
カスケード プロンプトの例 59
カスケード プロンプトへの回答 59
カスタム クエリー フィルタ 43, 44
追加と削除 44
カスタム クエリー フィルタの削除 44
カスタム クエリー フィルタの追加 44
カスタムの分析範囲レベル 33
関数
GetContentLocale 23
GetLocale 22
GetPreferredViewingLocale 24
き
キー日付
クエリーのフィルタ 53
単一クエリーの設定 54
複数のクエリーの設定 54
キー日付を使用したクエリーのフィルタ処理 53
行
クエリー レベルでの数の制限 36
重複行を受信 36
データベース レベルでの数の制限 36, 38
データベース レベルでのサンプリング 38
く
クイック クエリー フィルタ 43
クエリー
SQL の表示と編集 31
アクセスの制限 35
オブジェクトの追加 26
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
73
索引
クエリー (続き)
キー日付の設定 54
キー日付を使用したフィルタ処理 53
クエリー - HTML を使用した作成 10
クエリー コンテキスト 34
クエリー コンテキストの定義 34
クエリー フィルタの定義 42
コピー 31
[コンテキストの削除]プロパティ 38
[最新表示時にコンテキストをリセット]プロパ
ティ 38
[最大受信時間]プロパティ 35
削除 29
[サンプルの結果セット]プロパティ 38
実行時のコンテキストの選択 35
制限時間の設定 35
生成された SQL の表示 31
生成された SQL の編集 31
中断 29
[重複行を受信]プロパティ 36
追加 30
名前の変更 28
複数、複合、および同期されたクエリーとの比
較 30
複数のクエリー 29, 30, 31
不明瞭なクエリー 34
プロンプトの結合 65
プロンプトの作成 63
プロンプトの順序の変更 36, 65
他のクエリーからの値を使用したフィルター処
理 45
他のユーザーによるクエリー編集を許可 35
クエリー - HTML
JSP 10
オンレポート分析 10
クエリー エディタとして選択 15
定義済み 10
データ サンプリング 38
クエリー エディタ
クエリー - HTML 10
選択 17
クエリー エディタの選択 17
74
クエリー コンテキスト 34
クエリーの最新表示時にリセット 38
クリア 38
選択 34, 35
定義済み 34
ユニバース 34
クエリー コンテキストのクリア 38
クエリー コンテキストの選択 35
クエリー ストリッピング 36
クエリー フィルタの演算子
Between 49, 61
Equal To 47, 60
Except 50, 63
Greater Than 48, 60
Greater Than Or Equal To 48, 61
Less Than 48, 61
Less Than Or Equal To 48, 61
Not Between 49, 61
Not Equal To 47, 60
パターンと一致 49, 62
パターンと異なる 50, 62
等しくない 48, 60
リスト外 49, 62
リスト内 49, 62
両方 50, 62
クエリー フィルタの結合 51, 52
例 51
クエリー フィルタのネスト 52, 53
クエリー プロパティ
コンテキストの削除 38
最新表示時にコンテキストをリセット 38
最大受信行数 36
最大受信時間 35
サンプルの結果セット 38
重複行を受信 36
他のユーザーによるクエリー編集を許可 35
クエリー ユニバースの選択 26
クエリー内の行数の制限 36
クエリー内のデータのフィルタ処理 43
クエリーに対する制限時間の設定 35
クエリーの SQL を表示 31
クエリーの SQL を編集 31
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
索引
クエリーの起動 26
クエリーの構築 26
クエリーの削除 29
クエリーの中断 29
クエリーの追加 30
クエリーの複写 31
クエリー フィルタ 45
カスタム 43, 44
カスタム クエリー フィルタの削除 44
カスタム クエリー フィルタの追加 44
クイック フィルタ 43
組合せ 51, 52
種類 43
定義済み 42, 43
定義済みクエリー フィルタの定義 43
定義済みの選択 44
ネスト 52, 53
ネストによる複雑さの追加 52
プロンプトとの組み合わせ 65
他のクエリーからの値を使用したクエリーのフィ
ルタ処理 45
レポート フィルタとの比較 43
クエリーへのオブジェクトの追加 26
クエリー名
制約 28
クエリー名の制約 28
クエリー名の変更 28
クラシック メジャー 28
クラス
オブジェクトとの関係 27
役割 27
コンテキスト
クエリー実行時の選択 34, 35
クリア 38
最新表示時にリセット 38
定義済み 34
ユニバース 34
[コンテキストの削除]クエリー プロパティ 38
け
せ
計算
パフォーマンスの向上 11
計算パフォーマンスの向上 11
製品ロケール
設定 22
定義済み 22
製品ロケールの設定 22
こ
固定データ サンプリング 38
さ
最新表示時にクエリー コンテキストをリセット 38
[最新表示時にコンテキストをリセット]クエリー プロ
パティ 38
[最大受信行数]クエリー プロパティ
[サンプルの結果セット]プロパティとの比較 36
[最大受信時間]クエリー プロパティ 35
サブクラス 27
[サンプルの結果セット]クエリー プロパティ
[最大受信行数]プロパティとの比較 38
サンプルの結果セットの取得 36
し
詳細オブジェクト
定義済み 28
ディメンションとの関係 28
す
スマート メジャー 28
た
単一クエリーのキー日付の設定 54
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
75
索引
ち
と
チャート
レポートへの追加 9
重複行を受信 36
[重複行を受信]クエリー プロパティ 36
同期されたクエリー
複合クエリーとの比較 30
複数のクエリーとの比較 30
ドキュメント
印刷 9
作成 26
作成および編集用のツール 10
作成と表示のオプションの選択 15
デフォルト ユニバースの選択 18
ナビゲーション 9
表示 9
編集 26
保存 26
ロケールの永続的な関連付け 24
ドキュメントの作成 10, 26
ドキュメントの作成と表示のオプション 15
ドキュメントの表示形式の選択 18
ドキュメントの編集 10, 26
ドキュメントの保存 26
ドキュメントのロケール
定義済み 22, 23
データの表示 23
ドキュメントのロケールを使用したデータの表示 23
ドリル
オプションの設定 20
開始 21
スナップショット 9
ドリル ツールバーの非表示 20
ブロックの同期化 21
レポートのコピーで開始 21
ドリル オプション
[既存のレポートでドリルを開始]オプション 21
さらにデータ オプションが必要な場合のプロン
プト 21
設定 20
[ドリル セッションの開始]オプション 21
[ドリル ツールバーの非表示]オプション 20
[レポートのコピーでドリルを開始]オプション
21
つ
ツールバー
ドリル ツールバー 20
て
定義済みクエリー フィルタ 43
定義済みクエリー フィルタの選択 44
データ
クエリー レベルでのフィルタ処理 43
クエリーを使用した取得 26
取得の中断 29
ドキュメントのロケールを使用した表示 23
並べ替え 9
フィルタ処理 9
分析 9
優先表示ロケールを使用した表示 24
レポート レベルでのフィルタ処理 43
データ サンプリング
Java レポート パネル 38
クエリー - HTML 38
データのフィルタ 9
データベース
Web Intelligence クエリー 31
サポートのサンプリング 38
データベース レベルでの行のサンプリング 38
データベース レベルでの行の制限 38
テーブル
レポートへの追加 9
デフォルト ユニバース 18
76
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
索引
ドリル オプション (続き)
[レポートのブロックのドリルを同期化]オプショ
ン 21
ドリル オプションの設定 20
ドリル スナップショット 9
ドリル ツールバーの非表示 20
ドリル モード
分析範囲 32
ドリル モードの開始 21
ドリル ツールバー
非表示 20
ひ
ビジネス インテリジェンス
Web Intelligence 8
Web 経由 8
オフライン 8
日付プロンプト 64
表示形式
選択 18
ふ
フィルタ
カスタム クエリー フィルタ 43
カスタム クエリー フィルタの削除 44
カスタム クエリー フィルタの追加 44
クイック クエリー フィルタ 43
クエリー フィルタの定義 42
組合せ 51
定義済みクエリー フィルタ 43
定義済みクエリー フィルタの選択 44
フォーミュラ
レポートに挿入 9
複合クエリー
同期されたクエリーとの比較 30
複数のクエリーとの比較 30
複数のクエリー 29, 30, 31
同期されたクエリーとの比較 30
複合クエリーとの比較 30
複数のクエリーのキー日付の設定 54
不明瞭なクエリー 34
ブロック
ドリルの同期化 21
プロンプト
値の一覧の表示 64
以前選択した値の表示 64
階層的な値の一覧の表示 59
カスケード プロンプトの例 59
カスケード プロンプトへの回答 59
クエリー フィルタとの結合 65
組合せ 65
結合 59
削除 65
作成 63
順序の変更 36, 65
定義済み 58
デフォルト値の表示 64
プロンプト演算子
Between 49, 61
Equal To 47, 60
Except 50, 63
Greater Than 48, 60
Greater Than Or Equal To 48, 61
Less Than 48, 61
Less Than Or Equal To 48, 61
Not Between 49, 61
Not Equal To 47, 60
パターンと一致 49, 62
パターンと異なる 50, 62
等しくない 48, 60
リスト外 49, 62
リスト内 49, 62
両方 50, 62
プロンプト回答の制限 64
プロンプトとクエリー フィルタの結合 65
プロンプト内の値の一覧の表示 64
プロンプト内のデフォルト値の表示 64
プロンプトの結合 58, 59, 65
プロンプトの削除 65
プロンプトの作成 63
プロンプトの順序
変更 65
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
77
索引
プロンプトの順序の変更 36, 65
プロンプトのネスト 58
分析範囲
カスタム 33
設定 34
定義済み 32
ドキュメント サイズに対する影響 33
ドリル モード 32
ユニバース階層 32
レベル 33
分析範囲の設定 34
分析要素オブジェクト
定義済み 27
優先表示ロケールを使用したデータの表示 24
ユニバース
OLAP ユニバース 53
階層的な値の一覧 59
カスケード プロンプト 59
クエリー コンテキスト 34
クエリー ユニバースの選択 26
定義済み 26
定義済みクエリー フィルタ 43
デフォルトの選択 18
ユニバース階層
分析範囲 32
り
へ
ページ間のナビゲーション 9
リレーショナル データベース
Web Intelligence クエリー 31
ほ
れ
他のクエリーからの値を使用したクエリーのフィル
タ処理 45
他のクエリーからの値を使用した適用 45
他のユーザーによるクエリー プロパティの編集を
許可 35
レポート
PDF での表示 15
印刷 9
コピー 21
対話 8, 15
データの並び替え 9
データのフィルタ処理 9
データの分析 9
ドリル 9
ドリル可能にする 21
ナビゲーション 9
表示 9, 15
保存 9
レポート フィルタ
クエリー フィルタとの比較 43
組合せ 51
レポート フィルタの演算子
Between 49, 61
Equal To 47, 60
Greater Than 48, 60
Greater Than Or Equal To 48, 61
Less Than 48, 61
む
無作為データ サンプリング 38
め
メジャー オブジェクト
定義済み 28
ゆ
優先表示ロケール
設定 24
定義済み 22, 24
優先表示ロケールの設定 24
78
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
索引
レポート フィルタの演算子 (続き)
Less Than Or Equal To 48, 61
Not Between 49, 61
Not Equal To 47, 60
等しくない 48, 60
リスト外 49, 62
リスト内 49, 62
レポート フィルタの結合 51
レポート内のデータのフィルタ処理 43
レポートの印刷 9
レポートのドリル 9
レポートの表示 9
レポートへのチャートの追加 9
レポートへのテーブルの追加 9
レポートへのフォーミュラの追加 9
ろ
ロケール
製品ロケール 22
定義済み 22
ドキュメントとの永続的な関連付け 24
ドキュメントのロケール 22, 23
優先表示ロケール 22, 24
SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリー - HTML を使用したクエリーの作成
79
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
624 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content