close

Enter

Log in using OpenID

TKM スターターキット セットアップ・クローニング手順 目次 I. TKM

embedDownload
1
TKM スターターキット
セットアップ・クローニング手順
目次
I.
II.
TKM スターターキットのご使用にあたって

TKM について

メガモス・クリプトのクローニングについて

TKM スターターキットについて

キーライン・クローニングツールプログラムについて
キーライン・クローニングツールプログラムのダウンロード手順
P2-P3
P4-P7
III. キーライン・クローニングツールへのログイン
P8
IV. 884 の登録手順
P9-P10
V. ツールの画面表示を日本語にするには
P11
VI. マイプロフィールで登録を確認する
P12-P13
VII. 884 の接続を確認する
P14
VIII. 884 ディクリプターのアップデート
P15
IX. メガモス・クリプトクローニングのアクティベーション
P16
X. メガモス・クリプトのクローニング手順
P17-P22
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
2
I.
TKM スターターキットのご使用にあたって

TKM について
TKM はキーラインの 884 ディクリプターでメガモス・クリプトトランス
ポンダーをクローニングするために開発されたキーヘッドです。
TK100 はメガモス・クリプトには使用できませんのでご注意ください。
TKM はメガモス・クリプト専用です。テキサス・フィリップスのクローニ
ングには TK100/60/40/24 をご使用ください。

メガモス・クリプトのクローニングについて
メガモス・クリプトのクローニング作業はインターネット環境を有する PC と 884 を接続して行います。
従来のスタンドアローンでは作業ができませんのでご注意ください。
サーバー

クローニング作業中に自動車のデータを取得する工程があります。クローンキーを作成する自動車の
近くで作業を行ってください。

クローニング作業中、データの計算に 10 分から 30 分の時間を要します。作業時間に余裕を持って
臨んでください。

クローン作成が可能な車種・年式はキーライン Web サイトでご確認くだ
さい。リストに掲載されていない車種はクローンしないでください。
万一リスト以外の自動車で作業をされた場合、問題が生じる恐れがありま
す。
キーラインではクローンの検証ができた車種・年式については随時リスト
をアップデートしています。
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
3

TKM スターターキットについて
ご購入されたスターターキットに入っている
TKM には、
お手持ちの 884 をアクティベート(使
用可能)するための ID がメモリーされています。
ID は 1 台の 884 で 1 回のみ使用できます。一度
アクティベーション(登録)に使用した TKM を他
の 884 のアクティベーションには使えません。
アクティベーション(登録)に使用した TKM は、
メガモス・クリプトのクローニング用としてご使用頂けます。

キーライン・クローニングツールプログラムについて
キーライン・クローニングツールは、キーラインサーバーと通信するためのコミュニケーションプログラ
ムです。
ツールはどなたでもダウンロードをして頂くことが可能ですが、ご使用になるにはログイン ID とパスワ
ードが必要です。ID とパスワードをお持ちでない方は手順に従って登録をお願い致します。
キーライン・クローニングツールが使用できる PC の OS 要件は windows7 以降となっています。
Windows
XP、VISTA やそれ以前のバージョン、MAC ドライバーではご利用頂けませんのでご注意
ください。
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
4
II.
キーライン・クローニングツールプログラムのダウンロード手順
①
プログラムをインストールする PC をインターネットに接続して、キーラインの Web サイトにアク
セスしてください。http://www.keyline.it/jpn/
②
ホーム画面のツールバーからトランスポンダー技術⇒クローニング装置⇒TKM の順に進んでくださ
い。
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
5
③
TKM のページでダウンロードをクリックしてください。ダウンロードができない場合はこちらにア
クセスしてください。http://www.keyline.it/files/m/setup_88149.exe
④
プログラムのセットアップ exe がダウンロードされます。ダウンロードが完了後、セットアップファ
イルを開いてください。
⑤
セットアップ言語をドロップダウンリストから
選択してください。ここでは日本語を選択しま
す。OK をクリックするとセットアップを開始し
ます。
⑥
キーライン・クローニングツールのセットアッ
プにようこそ。キーラインクローニングツール
バージョン 1.0.0.0 を貴方のコンピューターに
インストールします。
作業を続けるにあたり、他のプログラムは閉じて
おくようにお勧めします。
作業を続けるには「次へ」をクリックしてくださ
い。中止する場合は「キャンセル」をクリックし
てください。
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
6
⑦
キーライン・クローニングツールは、現在表示
されているフォルダにインストールされま
す。
デフォルトは
C:\Program Files (x86)\Keyline Cloning
Tool です。
宜しければ「次へ」を、インストール先を変更
したい場合は「参照」をクリックしてインスト
ール先を選択してください。
インストールには 8.1MB 以上のディスクス
ペース(空き容量)が必要です。
⑧
セットアップではスタートメニューフォルダ
にショートカットを作成します。
宜しければ「次へ」を、ショートカットの作成
先を変更したい場合は「参照」をクリックして、
作成先を選択してください。
スタートメニューフォルダを作成したくない
場合は「プログラムグループを作成しない」に
チェックを入れてください。
⑨
セットアップで追加する機能を選択します。
ここで「デスクトップにアイコンを追加する」
にチェックを入れるとデスクトップにアイコ
ンを作成することが出来ます。
「次へ」をクリックしてください。
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
7
⑩
インストールの準備が出来ました。
選択されたフォルダや機能が表示されます。
宜しければ「インストール」をクリックしてく
ださい。
変更したい場合は「戻る」で全画面に戻って変
更をしてください。
⑪
「インストール」をクリックするとステータ
スバーが表示された後、インストール完了の
画面が表示されます。
⑫
Keyline Cloning Tool を実行するにチェッ
クを入れると、セットアップ画面を閉じた
後、自動でプログラムが開きます。
「完了」をクリックして、セットアップツー
ルを閉じてください。
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
8
III. キーライン・クローニングツールへのログイン
①
お手持ちの 884 を準備して、USB ケーブルで PC と接続して 884 の電源を入れてください。
②
ツールのインストール後は自動でプログラムが開きます。
開かない場合はデスクトップ上に作成されたアイコンをダブルクリックするか、プロ
グラムファイルからクローニングツールを選択して開いてください。
③
プログラムを開くと最初にログイン画面が表示
されます。既にキーラインの Web サイトで登録
をお済ませの方は Login をクリックしてくださ
い。
お手持ちの 884 をまだ登録されていない方は、
Register をクリックしてください。
(9 ページⅣ884 の登録手順をご参照ください)
④
Login をクリックすると ID とパスワードを入力
する画面が開きます。
半角英数で入力して、下の Login ボタンをクリッ
クしてください。
Remember my password にチェックを入れる
と、次回から入力を省略できます。
ログインが完了すると Ready 画面が開きます。
Insert original key(オリジナルキーを挿入してく
ださい)と表示されれば正常です。
Connect cloning tool(クローニングツールを接続
してください)と表示される場合は、884 の接続を
確認してください。
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
9
IV. 884 の登録手順(既に ID とパスワードをお持ちの方は登録の必要はありません)
①
884 をご購入後にまだ Web 登録をされていない方は、登録が必要です。Register をクリックすると
次の登録画面が開きます。MY DATA に必要事項を入力してください。
②
登録画面は全て半角英数で入力してください。日本語での登録は受け付けられません。
*マークの欄は必須項目です。
設定されたパスワードは忘れないように記録をしてください。
名前
苗字
メールアドレス
パスワード(任意で設定
半角英数で)
パスワード確認
右端の▼から国籍を選択してください
会社名
電話番号
FAX 番号
③
Who am I(どのような業種ですか?)では右端の▼をクリックして、貴社の業種をひとつ選択してく
ださい。
▼をクリックして選択してください
金物店
鍵の専門店
鍵
⇒
ハードウェアショップ
ロックスミス
錠前の製造会社
一般の卸業者
代理店
特別な代理店
その他の業種
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
10
④
ご興味のある項目にチェックを入れてください。
(複数選択可)
鍵
エレクトリックキーマシン
メカニカルキーマシン
トランスポンダー
クローニングマシン
見本市やイベント
その他
⑤
プライバシーポリシーについての記述です。ここで入力された貴方の個人情報の保護について述べら
れています。必須項目すべての入力を確認して*にチェックを入れてください。
キーラインからニュースレターの配信をご希望になる場合は、I am interested in….の欄にもチェッ
クを入れてください。
⑥
項目すべての入力を確認して、画面下の赤いボタンをクリックすると登録完了です。
登録されたアドレスに登録完了メールが配信されます。
ご注意
他人から転売・譲渡された 884 を登録しようとする場合、前所有者が既に Web 登録をされているとキー
ラインでは二重登録となるため受付けられません。
前所有者に登録時の ID とパスワードを確認して一度ログインをした後に、画面右上のツールボックスから
My profile を選択して、My data で変更をしてください。
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
11
V. ツールの画面表示を日本語にするには
①
画面右上のツールボックス
から Setting を選んでくだ
さい。
②
Language(言語)のプルダ
ウンメニューで日本語を選
択してください。
③
表示言語が日本語に変わり
ます。
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
12
VI. マイプロフィールで登録を確認する
①
ログインが完了したら、ク
ローニングツールの登録
状況を確認してください。
画面右上のツールボック
スから私のプロフィール
を選んでください。
②
私の製品をクリックする
と登録の履歴が表示され
ます。お手持ちの 884 デ
ィクリプターのシリアル
番号が正しく表示されて
いますか?
③
もし何も表示されない場合や、番号が間違っ
ている場合はこの画面で登録を編集します。
画面右上の赤い鉛筆のアイコンをクリック
してください。
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
13
④
keyline 社製マシンの項目で、
「はい」にチェックを入れてください。
⑤
モデルのプルダウンメニューから、884 Decryptor Ultegra を選択して、シリアル番号の欄に、
お手持ちの 884 シリアル番号を入力してください。
⑥
入力内容を確認して、画面右下のフロッピーボタンをクリックして保存ください。
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
14
VII. 884 の接続を確認する
①
884 が PC に接続されて、電
源が入っていることを確認し
てください。画面右上のツー
ルボックスから診断を選んで
ください。
②
診断の画面が開きます。左欄
の検出されたデバイスに
884 と表示されているかどう
かを確認してください。何も
表示されない場合は USB ケ
ーブルの接続を確認してくだ
さい。
③
検出されたデバイスを左クリ
ック す ると 接 続さ れ てい る
884 の現在のバージョンと
シリアル番号が右欄に表示さ
れます。
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
15
VIII. 884 ディクリプターのアップデート
①
キーライン・クローニングツールへ
ログインが完了して、登録と接続が
確認されたらメガモス・クリプトの
アクティベーションを行う前に
884 のアップデートを行います。
画面右上のツールボックスから設定
を選んで最新版をインストールして
くださいボタンをクリックしてくだ
さい。
②
アップデートは自動で行われます。
途中、PC の画面が何度か表示され
たり消えたりしますがそのままの状
態でお待ちください。アップデート
中に電源ケーブルや USB ケーブル
が外れないように注意してくださ
い。
③
更新が完了しましたと表示されればアップデート完了です。OK ボタンをクリックしてくだ
さい。
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
16
IX. メガモス・クリプトクローニングのアクティベーション
お手持ちの 884 でメガモス・クリプトのクローニングが可能になるように、キーラインサーバーでアクテ
ィベーション(登録作業)を行います。手順は簡単です。
①
884 が PC に接続され、キーライン・
クローニングツールにログインした状
態で、TKM スターターキットに入って
いるアクティベーション ID がメモリー
された TKM を 884 のアンテナ部に挿
入してください。884 の読み取りボタ
ンを押す必要はありません。
②
PC の画面に下記のメッセージが表示
されます。ID をサーバーに送信中。
TKM をアンテナから外さないでくだ
さい。
③
Status に done と表示されればアク
ティベーション完了です。あなたの
884 でメガモス・クリプトクローニン
グがご利用頂けます。
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
17
X.
メガモス・クリプトのクローニング手順
作業を行う前にキーライン Web の TKM のページで、実車がリストに該当するかどうかを確認してください。
トラブルを回避するために 884 上で Can be copied(コピー可)と表示された場合でも、リストに該当して
いない車種・年式についてのクローニングは行わないようにお願いします。
①
PC をインターネットに接続して、キーライ
ン・クローニングツールを開いてください。
②
884 を USB ケーブルで PC と接続して、電
源を入れてください。
③
クローニングツールでログインをしてくださ
い。
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
18
④
初期画面が表示されます。
⑤
884 のアンテナ部にオリジナルキーを挿入し
てください。
⑥
トランスポンダーのタイプが表示されます。
CRYPTO MEGAMOS MG10(48)の表示を
確認してください。
⑦
オリジナルキーを 884 から抜いて、TKM を
アンテナ部に挿入してください。
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
19
⑧
トランスポンダータイプが TKM と表示され
ます。TKM を 884 から外さないようにして
そのままお待ちください。
⑨
画面に Turn on the eighth times with the
TKM, then insert it in the Cloning Tool
(TKM を自動車のイグニッションで 8 回回
してから 884 のアンテナに挿入してくださ
い)と表示されましたら、884 から TKM を
外してください。
⑩
ホースシューをオリジナルキーの鍵足でキー
カットして、TKM と一緒に自動車へ乗り込み
ます。
⑪
ホースシューと TKM を合わせて(完全に結
合しない)、自動車のイグニッションに挿入し
て、ON の位置で 5 秒待機します。
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
20
⑫
OFF に戻してイグニッションから TKM とホ
ースシューを完全に抜き取ってください。
⑪と⑫の作業を合わせて 8 回繰り返して、イ
グニッションから抜き取った後、884 に戻り
ます。
⑬
自動車のデータを取得した TKM を 884 のア
ンテナ部に挿入してください。
⑭
トランスポンダータイプが TKM-PHASE2
と表示されます。そのままでお待ちください。
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
21
⑮
画面の上部に Insert original key(オリジナ
ルキーを挿入してください)と表示されまし
たら、TKM を外してオリジナルキーを挿入し
てください。
⑯
データの計算が始まります。計算には最大 30
分掛かります。そのままでお待ちください。
計算中に鍵を外さないでください。途中でキャ
ンセルをする場合は Cancel ボタンをクリッ
クしてください。
⑰
計算が終わると画面の上部に Insert TKM
(TKM を挿入してください)と表示されま
す。
オリジナルキーをアンテナから外して、TKM
を挿入してください。
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
22
⑱
画面の上部に Copying writing(コピー書き
込み中です)と表示されるので、TKM を外さ
ずにそのままお待ちください。
⑲
画面の上部に Key copy completed(鍵のコ
ピーが完了しました)と表示されれば作業完
了です。自動車でエンジンの始動を確認して
ください。
KEYLINE JAPAN
TKM
Ver.1.01 29/05/2015
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
2 207 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content