close

Enter

Log in using OpenID

平成27年度 下水道デーイベント業務委託仕様書(案)

embedDownload
平成27年度
下水道デーイベント業務委託仕様書(案)
目次
Ⅰ 概要
1 委託概要
2 イベント概要
Ⅱ 委託内容及び提案事項
1 ステージイベント
2 再生水を利用したイベント
3 会場レイアウト・装飾デザイン
4 運営
5 広告
6 ノベルティの作成及び配布
7 アンケートの実施
Ⅲ 成果物及び企画にあたっての注意事項
1 提出物の作成
2 作成物について
3 費用等の支払い
4 注意事項
東京都下水道局総務部
広報サービス課広報係
電話
03-5320-6515
Fax
03-5388-1700
I
概要
1 委託概要
(1)件名
平成27年度 下水道デーイベント業務委託
(2)履行期間
契約締結の日の翌日から平成27年10月30日まで
(3)委託内容
下記Ⅱ1~7の「委託内容」を十分に理解し、
「平成27年度下水道
デーイベント」を企画し運営すること。
2 イベント概要
(1)主旨
9月10日の「下水道の日」に合わせて、「イベント」、「施設見学」、
「広告」を実施し、公共用水域の水質保全に寄与するなど下水道の役割
をPRする。
(2)会場
①ステージイベント
品川シーズンテラス(港区港南 1‐2‐6)イベントスペース
②芝浦水再生センター等を利用した再生水イベント
(場所は採用した提案による)
③施設見学会
芝浦水再生センター(港区港南 1‐2‐28)
(3)開催日
平成27年9月5日(土)10:00~16:00(予定)
(ステージイベントは午前と午後に各1回実施)
※設営、撤去作業時間については別途調整
(4)内容
下水道や水環境に係る内容についてトークショーを行うとともに、
著名人に「一日水再生センター長」を務めてもらい、お客さまに下水道
事業をPRする。また、施設見学会及び広告を併せて行う。
Ⅱ
委託内容及び提案事項
下記の1~7の各項目の「提案事項」について提案すること。
1
1 ステージイベント
(1)委託内容
トークショーを中心としたステージイベントを企画、運営すること。
また、トークショーに出演する著名人、ミス日本「水の天使」、司会
者との連絡調整を行うこと。
(2)提案事項
ア 下記の条件を満たす一日のステージプログラムを提案すること。
・子供から大人まで楽しめる内容であること。
・下記のプログラムを含むこと。
①著名人の「一日水再生センター長」就任式
②著名人、ミス日本「水の天使」による下水道や水環境に関するト
ークショー
③著名人による施設見学会
イ 上記「ア ①~③」について、下記の内容を含むあらすじを提案
すること。なお、詳細については委託者と協議の上、決定する。
①「一日水再生センター長」に就任した著名人による、お客さまに
向けた下水道に関するPR
②下水道が身近に感じられるような話、下水道にまつわる意外な話
③著名人が「一日水再生センター長」として、来場者に芝浦水再生
センターの施設を説明する施設見学会。
2 再生水イベント
(1)委託内容
再生水を利用したイベントを企画し、実施すること。
(2)提案事項
ア お客さまが喜ぶような内容を提案すること。
イ 大勢の人が参加できるような内容を提案すること。
ウ イベントに参加したあと、施設見学に興味が持てるような内容を
提案すること
エ 当日その場で参加できる内容を提案すること。
オ 途中からでも参加できる内容を提案すること。
カ 雨天の場合の運営も提案すること。
3 会場レイアウト・装飾デザイン
2
(1)委託内容
ステージを含むイベント会場のレイアウト及び装飾を企画し、設営
及び撤去すること。また、イベントを行うに当たり、必要な演出機材
関係一式を設営及び撤去すること。
(2)提案事項
下記の条件を満たすレイアウト及び装飾を提案すること。
・来場者が聞きやすく、見えやすいレイアウトとすること。
・下水道のイベントだと分かる装飾を施し、人目をひくこと。
・子供から大人まで楽しめる内容とすること。
・実施日当日は気温が高いことが想定されるので、屋外に設置する
休憩所を必ず提案に入れること。
・品川シーズンテラスから芝浦水再生センターの施設見学へ来場者
が流れるようにすること。
・微生物を分かりやすく表示するパネルを提案すること。
・水再生センターの仕組みを分かりやすく解説するパネルを提案す
ること。
また、提案には、下記の項目を含めること。
・会場内レイアウト及び装飾のラフスケッチ
・会場内動線図(来場者・出演者)
4 運営
(1)委託内容
運営計画及びマニュアルを作成し、会場の運営を行うこと。また、
当日の会場運営等について、会場側と連絡調整を行うこと。
(2)提案事項
下記の条件を満たす運営計画を提案すること。
・イベント全体の進行
イベント全体の進行役を配置すること。
・上記 「1 ステージイベント」の進行
ステージイベントの進行に必要な司会者を配置すること。なお、こ
の司会者はイベントでの司会経験があり、各出演者の会話を引き立
て、盛り上げ、まとめることができること。司会者の過去の司会実
績やプロフィールも提出すること。
・音響等の演出
イベントを行うに当たり必要な音響等の演出を行うオペレーター
を配置すること。
・「アースくん」着ぐるみによるPR方法を提案すること。
3
着ぐるみの運用には操作役 1 人、補助員 2 人を配置すること。
・施設見学会を行う会場での来場者の導線を提案すること。
・来場者のカウントについて、具体的な方法を提案すること。
・来場者の案内・誘導
・アンケート配布・回収
・ノベルティ及び資料等の配布
・会場警備(開催時間外の夜間・早朝等)
また、提案には、下記の項目を含めること。
・スタッフの役職、配置場所、人数
・安全な運営のための工夫
・通行人を集客するための手法
5 広告
(1)委託内容
広告によるPR手法を企画し、実施する。
(2)提案事項
ア デザインの提案
お客さまに「下水道デーイベント」及び「下水道の日」を効果的に
周知できるデザインを提案すること。
イ PR手法及びPR期間の提案
「下水道デーイベント」及び「下水道の日」を周知するために効果
的なPRの手法について提案し、実施すること。なお、品川駅周辺の
街頭PRについては、必ず企画に盛り込むこと。
6 ノベルティの作成及び配布
(1)委託内容
下記について、それぞれ異なるノベルティを作成し、イベント会場で
配布する。
ア 会場来場者用(2,000個)
イ アンケート回答者用(1,000個)
・アースくんフィギュア付きシャープペンシル(詳細については別
途指示する)
(2)提案事項
次の条件を満たすノベルティを提案すること。
4
ア
会場来場者用
・単価200円程度
・会場を離れた後も、イベントで得た知識や感想を思い起こしても
らえるようにすること。
・来場者の興味を引き、持ち帰ってもらえる内容、デザインにするこ
と。
イ アンケート回答者用
・シャープペンシルの各部品の色及び本体軸のデザインを提案する
こと。
・本体軸のデザインは「下水道の日」をモチーフにしたものとする
こと。
7 アンケートの実施
(1)委託内容
ア お客さまの下水道事業に対する意識や、下水道デーイベントの効果
を調査するため、イベント会場来場者に対してアンケートを実施する。
イ 原稿を委託者と協議の上作成し、印刷、配布、回収及び分析を行
う。
ウ イベント期間中、イベント会場で1,000人を目標にアンケー
トを配布及び回収し、分析結果とともに当局へ提出する。
(2)提案事項
ア 今後の広報手法を検討する上で参考となる効果的なアンケートの
実施、分析方法を提案すること。
イ アンケートブースの位置をイベント会場レイアウトの中で明示す
ること。
Ⅲ
成果物及び企画にあたっての注意事項
1 提出物の作成
(1)写真等を添付した実施報告書を1部提出すること。また、電子データ
をCD-R又はDVD-Rに納め、1枚提出すること。
(2)印刷物・パネル等の成果物の版下データ(Windows 版イラストレータ
で編集可能な電子データ)とPDFデータをCD-R又はDVD-Rに
納めて各1枚を納品すること。
(3)上記CD-R又はDVD-Rはウイルスチェックを行ったうえで納品
すること。なお、ウイルスチェックを行った証明書を添付すること。
5
2 作成物について
(1)会場装飾用として使用したもの以外(パネル・ノベルティ等)は原則
として委託者に帰属する。
(2)作成した印刷物・パネル等著作物の著作権は委託者に帰属し、委託者
は受託者の承諾なしに自由に使用・改変・複製できるものとする。
なお、委託者と受託者間で「『平成27年度下水道デーイベント業務
委託』に係る著作権に関する確認書」を取り交わす。
3 費用等の支払い
イベント実施に係る諸費用(著作物に係る費用を含む)は全て受託者の負
担とする。
4 注意事項
(1)展示物、備品等の会場への搬送、設置、イベント当日の運営及び撤去
作業等イベント実施のすべてについて、危険防止等の安全策を講じるこ
と。事故等が発生した場合は、受託者の責任において処理するとともに、
速やかに委託者に報告すること。
なお、手配車両に必要なガソリン等燃料代、有料道路使用料等の費用
は、本契約に含むものとする。
(2)委託者が用意する、「アースくん」着ぐるみ等の備品を輸送する際に
は、備品の破損、遺失を防ぐための梱包を行うこと。
(3)本イベントを実施するにあたり、スタッフを必要数配置すること。
(4)緊急事態が発生した場合の具体的な体制を示したフローを作成し、当
日の担当職員を含めた全スタッフに周知すること。
(5)食品の管理には関連法令等に基づき十分気をつけること。
(6)印刷物は次のとおりとする。
ア インキは次のとおりとする。
(ア)aのインキを使用すること。ただし、aによれない場合bのイ
ンキを使用すること。
a ノン VOC インキ(石油系溶剤を使用しないインキ)又はリサ
イクル対応型 UV インキ
b 植物由来の油を含有したインキであって、かつ、芳香族成分
が1%未満の溶剤のみを用いるインキ
6
(イ)インキの化学安全性が確認されていること。
(ウ)リサイクル適性を表示すること。
(エ)aのインキを使用した場合は、印刷物の裏表紙等に「石油系
溶剤を含まないインキを使用しています。」と表示するか、マー
クを表示すること。
イ 用紙は次のとおりとする。
(ア)総合評価値 80 以上でリサイクル適性Aランクであること。
(イ)用紙の総合評価値及びその内訳がウエブサイト等で容易に確認
できること。
(ウ)バージンパルプ原料の使用に関しては、合法性が証明されたも
のであること。
ウ 印刷物について納品時に以下の証明書を提出すること。
(ア)使用材料及びインキについて、
「資材確認票(兼 資材使用証明
書)」を提出すること。
(イ)印刷の各工程における環境配慮について、
「オフセット印刷又は
デジタル印刷の工程における環境配慮チェックリスト兼証明書」
を提出すること。
エ 印刷の各工程において、
「オフセット印刷又はデジタル印刷に関連す
る印刷の各工程における環境配慮項目及び基準」に示された環境配慮
のための措置が講じられていること。
(7)環境により良い自動車利用
本契約の履行にあたって自動車を使用し、又は利用する場合は、都民
の健康と安全を確保する環境に関する条例(平成 12 年東京都条例第 215
号)の規定に基づき、次の事項を遵守すること。
① ディーゼル車規制に適合する自動車であること。
② 自動車から排出される窒素酸化物及び粒子状物質の特定地域にお
ける総量の削減等に関する特別措置法(平成 4 年法律第 70 号)の
対策地域内で登録可能な自動車利用に努めること。
なお、当該自動車の自動車検査証(車検証)、粒子状物質減少装置装
着証明書等の提示又は写の提出を求められた場合には、速やかに提示又
は提出すること。
(8)本仕様書に記載のない事項及び記載事項に疑義が生じたときは、委託
者と協議の上、その指示に従うこと。
(9)実施に当たっては、関係法令等を遵守すること。
(10)受託者は、委託者から業務の進行状況等の説明を求められた場合には、
速やかに説明しなければならない。
(11)その他詳細については、委託者の指示に従うこと。
7
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
295 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content