close

Enter

Log in using OpenID

新規則の遵守に備え適用除外(Exempt) - Masuda, Funai, Eifert

embedDownload
雇用労働法
速報
2016 年 5 月 18 日
<<ニュース速報 – 要対応>>
米国労働省-給与レベルに関する最終規則を発表
全雇用主は、新規則の遵守に備え適用除外(Exempt)従業員の給与額を見
直す必要がある
(本規則に関するウェビナーも開催中)
BREAKING NEWS – ACTION REQUIRED
Final Salary-Level Rule is Released
All Employers Must Review Exempt Salary Levels to Ensure Compliance
Sign-up For a Webinar
概要
今朝、米国労働省(「労働省」)は、雇用主が、経営幹部(executive)、運営管理職(administrative)または専門職
(professional)の従業員に対する残業手当の支払義務免除資格があるか否かを判断する基準となる最低給与額を
更新し、その基準額を引き上げるための最終規則を発表しました。2016 年 12 月 1 日から、適用除外従業員(exempt
employee)とみなされるための年収額は、47,476 ドル以上でなければなりません。本規則の有効日に、従業員の年
収が 47,476 ドルに満たない場合、(同従業員が適用除外従業員とみなされるには)雇用主は、最低給与額の基準を
満たすようにその給与額を上げるか、あるいは1週間の労働時間が 40 時間を越えた全時間数については残業手当
を支払わなければなりません(この場合、従業員は適用対象従業員(non-exempt)とみなされます)。本規則により、
すべての雇用主が影響を受けることになります。
増田・舟井法律事務所では、本最終規則とその影響に関するウェビナーを行いますので、お申し込みください。
背景: 2015 年 7 月 6 日、米国労働省は、公正労働基準法(「FLSA」)の下で免除条項について定める規制を、近代
化に伴い更新し、簡略化するための規則案を発行しました。250,000 件以上もの意見が交わされた後、今日、労働
省は、その最終規則を発表しました。本最終規則の発効日は、2016 年 12 月 1 日です。したがって、すべての雇用
主は、本規則の遵守に備え、従業員の給与レベルを見直さなければなりません。一般的に、FLSA による残業規則
の適用から免除されるには、従業員は、以下の3つの必要要件をすべて満たしていなければなりません。
(1) 従業員が遂行した業務内容の質と従業員の任務項目の達成結果に拘わらず、固定給が支払われなければなら
ない(「給与ベース・テスト(salary basis test)」)。
本書は、クライアントの皆様に情報を提供するために作成されたものであり、法務相談に代わるものではありません。広告とみなされる
©2016 Masuda, Funai, Eifert & Mitchell, Ltd. All rights reserved.
内容を含む場合もあります。
(2) 現在支給されている給与額が、現在の最低給与基準額(23,660 ドル)の条件を満たしていなければならない
(「給与レベル・テスト(salary level test)」)。
(3) 従 業 員 の 職 務 内 要 が 、 主 と し て 、 経 営 幹 部 (executive) 、 運 営 管 理 職 (administrative) ま た は 専 門 職
(professional)としての職務内容であること(「任務内容テスト(duties test)」)。
本最終規則の下で、労働省が大幅な変更を加えたのは、給与レベル・テストです。
本最終規則の主要条項: 発効日 - 2016 年 12 月 1 日
(1) 適用除外従業員(exempt employee)とみなされるための給与額、すなわち年収は 23,660 ドルから 47,476 ドル
に引き上げられます。
(2) 高額賃金従業員(highly compensated employee)とみなされるための給与額、すなわち年収は 100,000 ドルか
ら 134,004 ドルに引き上げられます。
(3) 本規則の下、これらの給与レベルは、2020 年 1 月 1 日から 3 年ごとに自動的に更新されます。
(4) 雇用主は、給与額の 10%の金額を超えない限り、特定されたボーナスや(コミッションなどの)報酬金もその給与
額の一部として支払うことができます。
増田舟井主催のウェビナー: 本最終規則の実施は大きな改革です。増田・舟井法律事務所では、本規則について、
および本規則を遵守するための必要手段についてご説明するためにウェビナーを行います。下記のスケジュールで
行いますので、ご都合のよろしい日を選び、お申し込みください。
2016 年 5 月 27 日(金)
午後 12:00 – 1:00
米国中部標準時間
2016 年 6 月 8 日(水)
午後 12:00 – 1:00
米国中部標準時間
2016 年 6 月 15 日(水)
午後 12:00 – 1:00
米国中部標準時間
上記のいずれかの無料ウェビナーに登録なさりたい方は、ここをクリックしてください。
本件または他の雇用法関連事項に関してさらに情報をご希望の方は、雇用労働法部門のフランク・デルバ
ルト弁護士(Tel: 847.734.8811 Email: [email protected])までお問合せ下さい。
© 2016 Masuda, Funai, Eifert & Mitchell, Ltd. All rights reserved
雇用労働法部門
増田・舟井法律事務所
増田・舟井法律事務所の雇用・労働法部門は、
米国でビジネスを行う外資企業のユニークなニ
ーズや事業に焦点を当て、雇用・労働法の全て
の局面における専門知識を提供します。日常的
な相談から、雇用関連訴訟、トレーニング、事業
再編、福利厚生、OSHA 問題、組合キャンペー
ン(争議行為)、団体交渉に至るまで全ての面に
おいて経営陣を代理します。また、日々変わり続
ける雇用・労働法の最新情報をクライアントに提
供するため、雇用監査やセミナーの実施、記事
やニュースレターの発行などを行っています。
増田・舟井法律事務所は、米国で事業経営や投
資を行う国際企業ならびに米国企業を代理する
法人向けの総合法律事務所です。シカゴ、シカ
ゴ郊外(シャンバーグ)、およびロサンゼルスに事
務所を構え、所属する 40 名以上の弁護士たち
が、会社設立・買収・融資、不動産の所有・開発・
リース、海外からの従業員派遣、雇用・労働・福
利厚生および紛争解決、知的財産・著作権・商
標、商事訴訟、債権者の権利とリスク・マネジメン
ト、サービス・製品の流通・販売システムの構築な
ど、事業のあらゆる側面においてクライアントにリ
ーガル・アドバイスを提供しています。
CHICAGO
LOS ANGELES
SCHAUMBURG
203 North LaSalle Street
Suite 2500
Chicago, Illinois 60601-1262
TEL 312.245.7500
FAX 312.245.7467
19191 South Vermont Avenue
Suite 420
Torrance, California 90502-1051
TEL 310.630.5900
FAX 310.630.5909
200 North Martingale Road
Suite 800
Schaumburg, Illinois 60173-5485
TEL 847.734.8811
FAX 847.734.1089
www.masudafunai.com
© 2016 Masuda, Funai, Eifert & Mitchell, Ltd. All rights reserved
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
201 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content