close

Enter

Log in using OpenID

⑧外傷 ※NCD 登録において「外傷」欄にチェックが付されていることが

embedDownload
⑧外傷 ※NCD 登録において「外傷」欄にチェックが付されていることが必須.
○体幹(腹胸部)の臓器損傷手術(術者 3 点/助手 2 点)
NCD_ 術式番号
NA0185
OB0029
OB0030
OB0031
OB0036
OB0060
OB0061
OB0062
OD0549
OH0315
OH0342
OH0343
OH0344
OH0345
OH0362
NN0166
NN0221
NN0223
NN0225
NN0226
NN0227
NN0229
NN0233
ON0001
ON0002
ON0003
ON0004
ON0013
SN0102
NP0266
NP0267
NP0276
NP0139
NP0140
NP0192
NP0193
NP0194
NP0195
NP0206
NP0207
NP0208
NP0209
NP0259
NP0261
NP0262
OP0012
OP0048
OP0053
OP0054
OP0076
OP0094
NCD_ 主たる操作対
象部位大分類
A 体表・皮膚
B 頭蓋
B 頭蓋
B 頭蓋
B 頭蓋
B 頭蓋
B 頭蓋
B 頭蓋
D 頭頚部
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
N 心臓
N 心臓
N 心臓
N 心臓
N 心臓
N 心臓
N 心臓
N 心臓
N 心臓
N 心臓
N 心臓
N 心臓
N 心臓
N 心臓
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
NCD_ 術式名
デブリードマン・体幹の大部
硬膜外血腫除去術
硬膜下血腫除去術
脳内血腫除去術
脳内異物摘出術
髄液漏閉鎖術
頭蓋骨形成術(頭蓋骨のみ)
頭蓋骨形成術(硬膜形成を伴う)
動脈形成術または吻合術・頸動脈
骨盤半切断術
肋骨骨折観血手術
肋骨切除術・第 1 肋骨
肋骨切除術・その他の肋骨
胸骨骨折観血手術
補正胸郭成形術(肺切除後遺残腔)
Delayed sternal closure
胸骨正中切開
縦隔血腫除去術
胸腔内血腫除去
再開胸止血術
冠動脈瘤手術
心臓再手術(ステージドを除く)
両側前側方開胸(clam shell thoracotomy)
心膜縫合術
心筋縫合止血術(外傷性)
心膜切開術
心膜開窓術(胸腔鏡下)
開胸心臓マッサージ術
心臓脱手術
胸腔内異物摘出術
胸腔内異物摘出術(胸腔鏡下)
部分胸膜切除
胸腔鏡下肺切除術,気管支形成をともなうもの
胸腔鏡下肺切除術,気管分岐部形成をともなうもの
気管形成術(管状気管・気管移植など)
(開胸または胸骨正中切開)
気管形成術(管状気管・気管移植など)
(開胸)
試験開胸術(開胸)
試験開胸術(胸腔鏡下)
肺切除術(気管支形成を伴う肺切除術)
肺切除術(肺血管形成を伴う肺切除術)
肺嚢胞手術(楔状部分切除 1 箇所)
(胸腔鏡下)
肺切除術(楔状部分切除 1 箇所)
(胸腔鏡下)
肺切路術(pulmonary tractotomy)
気管縫合修復術(胸部)
気管支縫合修復術
気管形成術(管状気管・気管移植など)
(頸部より)
胸腔内(胸膜内)血腫除去術
膿胸瘻孔手術
膿胸腔郭清閉鎖術 肺空洞切開術
肺切除術(楔状部分切除)
― ―
51
OP0096
OP0097
OP0098
OP0099
OP0101
OP0104
OP0105
OP0106
OP0122
OP0123
OP0124
OP0127
OP0128
OP0129
OP0130
NQ0609
NQ0610
NQ0611
NQ0464
NQ0465
NQ0466
NQ0468
NQ0470
NQ0510
NQ0511
NQ0512
NQ0522
NQ0523
NQ0524
NQ0525
NQ0526
NQ0527
NQ0528
NQ0529
NQ0530
NQ0541
NQ0542
NQ0551
NQ0552
NQ0565
NQ0566
NQ0572
NQ0580
NQ0584
NQ0612
NQ0613
NQ0614
NCD_ 主たる操作対
象部位大分類
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
NQ0615
Q 消化器系
NQ0616
Q 消化器系
NQ0617
Q 消化器系
NQ0618
Q 消化器系
NCD_ 術式番号
NCD_ 術式名
肺切除術(区域切除)
肺切除術(肺葉切除)
肺切除術(1 葉以上の複合切除)
肺切除術(1 側肺全摘術)
肺切除術(肺葉切除)
(胸腔鏡下)
肺切除術(楔状部分切除 2 箇所以上)
(胸腔鏡下)
肺切除術(区域切除)
(胸腔鏡下)
肺切除術(1 葉を超えるもの)
(胸腔鏡下)
気管支瘻閉鎖術
肺縫縮術(開胸)
肺縫縮術(胸腔鏡下)
気管支形成術(楔状切除術)
気管支形成術(管状切除術)
気管支形成術 3.気管分岐部切除術
気管支形成術 4.気管分岐部切除術(再建を伴うもの)
胃管切除
残胃全摘
残胃切除
ventral pancreatectomy
下膵頭切除
肝切除術 系統的亜区域切除
大腸全摘回腸肛門(管)吻合術
Hartmann 手術
肝亜区域切除術
肝外側区域切除術
肝切除術(1 区域切除)
(外側区域切除をのぞく)
十二指腸温存膵頭切除術
膵嚢胞胃吻合術(開腹)
膵嚢胞胃吻合術(腹腔鏡下)
膵嚢胞胃吻合術(内視鏡下)
膵嚢胞腸吻合術(開腹)
膵嚢胞腸吻合術(腹腔鏡下)
膵嚢胞腸吻合術(内視鏡下)
膵嚢胞外瘻造設術(開腹)
膵嚢胞外瘻造設術(腹腔鏡下)
結腸切除術(亜全摘)
結腸切除術(全切除)
小腸瘻造設術
虫垂瘻造設術
開胸止血術
開腹止血術
膵全摘術(動脈もしくは門脈同時再建を伴う)
膵頭十二指腸切除術(動脈・門脈同時再建を伴う)
肝尾状葉切除術
食道切除術(切除のみ)
(頸部食道)
食道切除術(切除のみ)
(胸部食道)
食道切除術(切除のみ)
(腹部食道)
食道切除術(消化管再建を併う)(頸部,胸部,腹部の操作)
(血管吻合を伴わない)
(鏡視下)
食道切除術(消化管再建を併う)(頸部,胸部,腹部の操作)
(血管吻合を伴うもの)
(鏡視下)
食道切除術(消化管再建を併う)(胸部,腹部の操作)
(血管吻合を伴わない)(鏡視
下)
大網充填術または被覆術
― ―
52
NCD_ 術式番号
NQ0619
NQ0620
NQ0621
NQ0622
NQ0623
NQ0624
NQ0625
NQ0626
NQ0627
NQ0628
NQ0629
NQ0630
NQ0631
NQ0632
NQ0633
NQ0634
NQ0635
NQ0636
NQ0637
NQ0638
NQ0639
NQ0640
NQ0641
NQ0642
NQ0643
NQ0644
NQ0645
NQ0646
NQ0647
NQ0648
NQ0670
NQ0671
NQ0672
NQ0673
NQ0674
NQ0675
NQ0676
NQ0677
NQ0678
NQ0679
NQ0685
OQ0003
OQ0004
OQ0005
OQ0027
OQ0028
OQ0029
OQ0048
OQ0049
OQ0055
OQ0056
OQ0057
OQ0077
NCD_ 主たる操作対
象部位大分類
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
NCD_ 術式名
胃空腸吻合術
十二指腸縫合術(穿孔または破裂または損傷)
(腹腔鏡下)
十二指腸縫合術(穿孔または破裂または損傷)
(開腹)
十二指腸損傷漿膜パッチ術
十二指腸憩室化術
幽門空置術
小腸漿膜筋層縫合術
結腸単純縫合術
結腸漿膜筋層縫合術
直腸単純縫合術
直腸漿膜筋層縫合術
肝周囲ガーゼパッキング除去術
肝損傷部焼灼・凝固止血術(止血製剤を含む)
肝切開止血術(hepatotomy)
主膵管再建(膵縫合,Martin 法)
膵胃吻合術
膵損傷部周囲ドレナージ術
膵床ドレナージ術
腹部コンパートメントの減圧開腹術
一時的陰圧閉腹
腹直筋鞘前葉反転法 Component separation 法
腹壁再建術(植皮術を含む)
肝静脈縫合止血術
肝動脈縫合止血術
肝動脈結紮術
短肝静脈縫合止血術
門脈縫合止血術
脾動脈損傷に対する縫合・結紮止血術
脾静脈損傷に対する縫合・止血術
横隔膜縫合術(経胸)
(パッチ再建を伴わない)
横隔膜縫合術(経胸)
(パッチ再建を伴う)
横隔膜縫合術(経腹)
(パッチ再建を伴わない)
横隔膜縫合術(経腹)
(パッチ再建を伴う)
横隔膜縫合術(胸腹合併)
(パッチ再建を伴わない)
横隔膜縫合術(胸腹合併)
(パッチ再建を伴う)
横隔膜縫合術(胸腔鏡下)
(パッチ再建を伴わない)
横隔膜縫合術(胸腔鏡下)
(パッチ再建を伴う)
横隔膜縫合術(腹腔鏡下)
(パッチ再建を伴わない)
横隔膜縫合術(腹腔鏡下)
(パッチ再建を伴う)
腹腔鏡下低位前方切除術
食道縫合術(穿孔または損傷)
(頸部)
食道縫合術(穿孔または損傷)
(開胸)
食道縫合術(穿孔または損傷)
(開腹)
食道切除再建術(頸部・胸部・腹部の操作)
食道切除再建術(胸部・腹部の操作)
食道切除再建術(腹部の操作)
食道再建・食道空置バイパス作成術
食道瘻造設術
食道切除後二次的再建術(皮弁形成)
食道切除後二次的再建術(消化管利用)(血管吻合を伴わない)
食道切除後二次的再建術(消化管利用)(血管吻合を伴う)
ヘルニア手術・腰ヘルニア
― ―
53
NCD_ 術式番号
OQ0079
OQ0080
OQ0088
OQ0089
OQ0090
OQ0091
OQ0092
OQ0093
OQ0101
OQ0102
OQ0121
OQ0122
OQ0123
OQ0127
OQ0128
OQ0152
OQ0153
OQ0159
OQ0162
OQ0163
OQ0171
OQ0181
OQ0182
OQ0183
OQ0184
OQ0195
OQ0196
OQ0198
OQ0201
OQ0211
OQ0212
OQ0213
OQ0222
OQ0224
OQ0225
OQ0226
OQ0227
OQ0228
OQ0230
OQ0236
OQ0250
OQ0251
OQ0252
OQ0259
OQ0261
OQ0262
OQ0264
OQ0265
OQ0266
OQ0267
OQ0268
OQ0269
OQ0271
NCD_ 主たる操作対
象部位大分類
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
NCD_ 術式名
ヘルニア手術・内ヘルニア
腹部開放術(ダメージコントロール目的)
急性汎発性腹膜炎手術(腹腔内貯留膿汁処置および排膿誘導)
汎発性腹膜炎手術(腹腔鏡下)
腸間膜損傷手術(縫合,修復のみ)
腸間膜損傷手術(腸管切除を伴う)
(簡単)
腸間膜損傷手術(腸管切除を伴う)
(複雑)
大網切除術
胃縫合術(穿孔または破裂または損傷)
(腹腔鏡下)
胃縫合術(穿孔または破裂または損傷)
(開腹)
胃局所切除術(開腹)
胃局所切除術(腹腔鏡下)
胃切除術(悪性以外)
胃全摘術(良性)
噴門側胃切除術(良性)
胃腸吻合術
十二指腸空腸吻合術
幽門形成術(開腹)
噴門形成術(開腹)
噴門形成術(腹腔鏡下)
膵頭温存十二指腸切除術
胆嚢摘出術(腹腔鏡下)
胆嚢摘出術(開腹)
胆管形成術
胆管切開術兼胆管形成術
胆嚢―消化管吻合術
総胆管―消化管吻合術
胆嚢外瘻造設術
胆管外瘻造設術
肝タンポナーデ法
肝縫合術
肝損傷面の被覆術
肝切除術(部分切除)
肝切除術(2 区域切除)
肝切除術(3 区域切除)
肝切除術(血行再建を併う)
肝内胆管(肝管)消化管吻合術
肝切除術(部分切除)
(腹腔鏡下)
肝外胆道切除術(胆嚢胆道切除・胆道再建)
肝内胆管外瘻造設術(開腹)
肝損傷止血術(ガーゼパッキング)
膵管結紮術
膵縫合術
膵体尾側切除術
膵体尾部切除術(脾摘を伴なう)
膵体尾部切除術(脾温存)
膵体尾部切除術(周辺臓器の合併切除を伴う)
膵体尾部切除術(血行再建を伴う)
膵体尾部切除術(脾摘を伴う)
(腹腔鏡下)
膵体尾部切除術(脾温存)(腹腔鏡下)
膵頭十二指腸切除術
膵頭十二指腸切除術
膵頭十二指腸切除術(周辺臓器の合併切除を伴う)
― ―
54
NCD_ 術式番号
OQ0272
OQ0273
OQ0274
OQ0275
OQ0277
OQ0278
OQ0280
OQ0284
OQ0285
OQ0286
OQ0287
OQ0288
OQ0289
OQ0290
OQ0292
OQ0298
OQ0299
OQ0310
OQ0311
OQ0312
OQ0314
OQ0328
OQ0330
OQ0332
OQ0347
OQ0406
SQ0046
SQ0047
NS0376
NS0377
NS0380
NS0381
NS0382
NS0383
NS0384
NS0385
NS0386
NS0387
OS0002
OS0011
OS0023
OS0030
OS0031
OS0045
OS0046
OS0051
OS0061
OS0063
OS0078
OS0295
NT0201
NT0214
NT0215
NCD_ 主たる操作対
象部位大分類
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
T 血管
T 血管
T 血管
NCD_ 術式名
膵頭十二指腸切除術(動脈もしくは門脈再建を伴う)
膵壊死部切除術
膵中央切除術
膵全摘術(血行再建なし)
膵管空腸吻合術
膵嚢胞外瘻造設術(内視鏡下)
膵管外瘻造設術
十二指腸温存膵頭切除術
腹腔鏡下膵嚢胞消化管吻合術
脾縫合術
脾部分切除術
脾摘出術(腹腔鏡下)
脾摘出術(開腹)
脾摘出術(食道静脈瘤を伴う)
破裂腸管縫合術
小腸切除術(腹腔鏡下)
小腸切除術(開腹)
結腸切除術(小範囲切除)(開腹)
結腸切除術(小範囲切除)(腹腔鏡下)
結腸切除術(結腸半側切除)
大腸全切除術(腹腔鏡下)
腸吻合術
結腸瘻造設術
人工肛門造設術
盲腸縫縮術
腹部外傷における出血性ショックに対するダメージコントロール手術
非開胸食道抜去術(抜去のみ)
非開胸食道抜去術(消化管再建を併う)
卵管全摘除術,卵管腫瘤全摘除術,子宮卵管留血腫手術(開腹)
卵管全摘除術,卵管腫瘤全摘除術,子宮卵管留血腫手術(腹腔鏡下)
腎損傷面の被覆術
腎損傷部焼灼・凝固止血術(止血製剤を含む)
腎周囲ガーゼパッキング除去術
腎損傷に対する焼灼・凝固止血術(止血製剤含む)
尿管損傷に対する尿管修復術
膀胱損傷に対する膀胱部分切除術
卵巣・卵管損傷に対する修復止血術
卵巣・卵管損傷に対する摘出術
副腎摘出術
腎破裂縫合術
腎部分切除術
腎摘出術(開腹)
腎摘出術(腹腔鏡下)
腎盂尿管吻合術(腎盂形成術を含む)
腎盂尿管吻合術(腎盂形成術を含む)(腹腔鏡下)
腎損傷止血術(ガーゼパッキング)
尿管膀胱吻合術(単純なもの)
尿管吻合術
膀胱破裂閉鎖術
卵巣部分切除術(開腹)
ステントグラフト内挿術 4.内臓動脈
血管結紮術(開胸)
血管結紮術(開腹)
― ―
55
NCD_ 術式番号
NT0218
NT0219
NT0232
NT0235
NT0239
NT0240
NT0243
NT0245
NT0246
NT0247
NT0250
NT0251
NT0252
NT0253
NT0254
NT0255
NT0256
NT0257
NT0258
NT0259
NT0260
NT0261
OT0061
OT0062
OT0064
OT0065
OT0066
OT0067
OT0068
OT0097
OT0099
OT0100
OT0101
OT0102
OT0103
OT0110
OT0111
OT0112
OT0113
OT0114
OT0116
OT0117
OT0118
OT0153
OT0154
ST0063
NV0028
NV0029
OV0003
OV0004
NZ0029
NZ0030
OZ0007
NCD_ 主たる操作対
象部位大分類
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
V リンパ管・リンパ節
V リンパ管・リンパ節
V リンパ管・リンパ節
V リンパ管・リンパ節
Z その他
Z その他
Z その他
NCD_ 術式名
血管移植術またはバイパス移植術・大腿動脈
血管移植術またはバイパス移植術・膝窩動脈
膵全摘術(動脈・門脈同時再建を伴う)
人工血管置換術(腎動脈遮断を伴う腹部大動脈瘤に対するもの)
胸部大動脈縫縮術
胸部大動脈仮性瘤手術
内腸骨動脈塞栓術(開腹)
腎動脈損傷に対する縫合・結紮止血術
腎静脈損傷に対する縫合・結紮止血術
腎血行再建術
腸骨静脈縫合止血・吻合
腸骨動脈縫合止血・吻合
胸部大動脈損傷・縫合止血術
腹部大動脈損傷・縫合止血術
上大静脈損傷・縫合止血術
下大静脈損傷・縫合止血術
大動脈遮断術(開胸)
大動脈遮断術(開腹)
静脈損傷修復または結紮止血,腹腔内静脈(IVC 以外)
腹部大動脈遮断(開腹)
胸部大動脈遮断(開胸,ショック例の開腹前の遮断)
遠位弓部大動脈損傷・吻合又は人工血管置換術
大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む)・下行大動脈
大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む)・胸腹部大動脈
大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む)・腹部大動脈(分枝血管の再建を伴わない)
人工血管置換術(破裂性大動脈瘤)
ステントグラフト内挿術・胸部大動脈
ステントグラフト内挿術・腹部大動脈
ステントグラフト内挿術・腸骨動脈
動脈血行改変術
動脈形成術または吻合術・胸腔内動脈(大動脈以外)
動脈形成術または吻合術・腹腔内動脈(大動脈以外)
動脈形成術,吻合術 6.指(手,足)の動脈
動脈形成術または吻合術・大腿―膝窩動脈
動脈形成術または吻合術・その他の動脈
血管移植術またはバイパス移植術・大動脈
血管移植術またはバイパス移植術・胸腔内動脈
血管移植術またはバイパス移植術・腹腔内動脈
血管移植術またはバイパス移植術・頭頸部動脈
血管移植術またはバイパス移植術・その他の動脈
血管移植術またはバイパス移植術・下腿・足部動脈
血管移植またはバイパス移植 8.内視鏡補助下腹部大動脈
腸骨動脈瘤手術
門脈枝結紮術
膵全摘術(動脈もしくは門脈再建を伴う)
大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む)・腹部大動脈(分枝血管の再建を伴う)
胸管結紮術(乳び胸手術)(開胸)
リンパ管静脈吻合術
胸管結紮術(乳び胸手術)(胸腔鏡下)
乳糜胸手術
脾周囲ガーゼパッキング除去術
脾損傷部焼灼・凝固止血術(止血製剤含む)
腹腔内異物摘出術
― ―
56
NCD_ 術式番号
OZ0012
NCD_ 主たる操作対
NCD_ 術式名
象部位大分類
Z その他
脾損傷止血術(ガーゼパッキング)
○上記以外の外傷手術(術者 1 点/助手 1 点)
NA0119
NA0121
NA0123
NA0124
NA0125
NA0126
NA0149
NA0150
NA0151
NA0152
NA0153
NA0154
NA0155
NA0156
NA0157
NA0158
NA0159
NA0160
NA0161
NA0183
OA0004
OA0005
OA0006
OA0007
OA0018
OA0056
OA0058
OA0059
OA0060
OA0061
OA0062
OA0063
OA0064
OA0065
OA0066
OA0067
OA0068
OA0069
NCD_ 主たる操作対
象部位大分類
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
OA0074
A 体表・皮膚
OA0075
A 体表・皮膚
NCD_ 術式番号
OA0076
A 体表・皮膚
OA0081
OA0082
OA0111
SA0070
SA0071
A
A
A
A
A
体表・皮膚
体表・皮膚
体表・皮膚
体表・皮膚
体表・皮膚
NCD_ 術式名
デブリードマン・半肢の大部
デブリードマン・頸部の大部
デブリードマン・半肢,頭部,頸部及び顔面の大部に準ずる範囲
デブリードマン・1 肢の大部
デブリードマン・骨関節に達する範囲
皮下異物摘出術
皮弁作成術,移動術,切断術,遷延皮弁法・露出部・25cm2 未満
皮弁作成術,移動術,切断術,遷延皮弁法・粘膜部・25cm2 未満
皮弁作成術,移動術,切断術,遷延皮弁法・関節部・25cm2 未満
皮弁作成術,移動術,切断術,遷延皮弁法・露出部・25cm2 以上 100cm2 未満
皮弁作成術,移動術,切断術,遷延皮弁法・粘膜部・25cm2 以上 100cm2 未満
皮弁作成術,移動術,切断術,遷延皮弁法・関節部・25cm2 以上 100cm2 未満
皮弁作成術,移動術,切断術,遷延皮弁法・露出部・100cm2 以上
皮弁作成術,移動術,切断術,遷延皮弁法・粘膜部・100cm2 以上
皮弁作成術,移動術,切断術,遷延皮弁法・関節部・100cm2 以上
動脈組織弁
動脈皮弁手術
有茎筋弁移植術
有茎筋皮弁移植術
遊離穿通枝皮弁移植術
創傷処理(6 歳未満)長径 2.5cm 未満(筋,臓器に達する)
創傷処理(6 歳未満)長径 2.5cm 以上 5cm 未満(筋,臓器に達する)
創傷処理(6 歳未満)長径 5cm 以上 10cm 未満(筋,臓器に達する)
創傷処理(6 歳未満)長径 10cm 以上(筋,臓器に達する)
デブリードマン・1 肢以上の範囲
網状植皮片作成術
瘢痕拘縮形成術
分層植皮術・25cm2 未満
分層植皮術・25cm2 以上 100cm2 未満
分層植皮術・100cm2 以上 200cm2 未満
分層植皮術・200cm2 以上
全層植皮術・25cm2 未満
全層植皮術・25cm2 以上 100cm2 未満
全層植皮術・100cm2 以上 200cm2 未満
全層植皮術・200cm2 以上
同種皮膚移植術・生体移植片使用
同種皮膚移植術・培養皮膚片使用
同種皮膚移植術・死体皮膚片使用・200cm2 未満
皮弁作成術,移動術,切断術,遷延皮弁法(露出部,粘膜部,関節部以外の部位)・
25cm2 未満
皮弁作成術,移動術,切断術,遷延皮弁法(露出部,粘膜部,関節部以外の部位)・
25cm2 以上 100cm2 未満
皮弁作成術,移動術,切断術,遷延皮弁法(露出部,粘膜部,関節部以外の部位)・
100cm2 以上
遊離皮弁移植術
遊離皮弁移植術(自動吻合器使用)
腹腔ドレーン設置術
同種皮膚移植術・死体皮膚片使用・200cm2 以上 500cm2 未満
同種皮膚移植術・死体皮膚片使用・500cm2 以上 1000cm2 未満
― ―
57
NCD_ 術式番号
SA0072
SA0073
OB0004
OB0005
OB0006
ND0576
ND0577
OD0144
NH0369
NH0370
NH0371
NH0814
NH0927
NH0928
NH0929
NH0930
NH0931
NH0932
NH0933
NH0935
NH0936
NH0937
NH0938
NH0939
NH0940
NH0941
NH0981
OH0001
OH0002
OH0003
OH0004
OH0005
OH0010
OH0011
OH0012
OH0013
OH0014
OH0015
OH0016
OH0017
OH0018
OH0019
OH0020
OH0021
OH0023
OH0024
OH0026
OH0043
OH0044
OH0131
OH0132
OH0133
OH0253
NCD_ 主たる操作対
象部位大分類
A 体表・皮膚
A 体表・皮膚
B 頭蓋
B 頭蓋
B 頭蓋
D 頭頚部
D 頭頚部
D 頭頚部
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
NCD_ 術式名
同種皮膚移植術・死体皮膚片使用・1000cm2 以上 3000cm2 未満
同種皮膚移植術・死体皮膚片使用・3000cm2 以上
穿頭術(トレパナチオン)
試験開頭術
減圧開頭術
試験開窓術(外傷)
咽頭喉頭損傷の修復術
耳介血腫開窓術
腱滑膜切除術・手指
腱滑膜切除術・足指
腱滑膜切除術・手足の指以外
靱帯断裂縫合術・前十字靭帯
上腕切断術
前腕切断術
手切断術
大腿切断術
下腿切断術
足部切断術
手指切断術
関節離断術・肩関節
関節離断術・股関節
関節離断術・膝関節
関節離断術・肘関節
関節離断術・手関節
関節離断術・足関節
関節離断術・手指関節
同種移植用骨採取術
創傷処理(6 歳以上)長径 5cm 未満(筋,臓器に達する)
創傷処理(6 歳以上)長径 5cm 以上 10cm 未満(筋,臓器に達する)
創傷処理(6 歳以上)長径 10cm 以上(筋,臓器に達する)
筋肉内異物摘出術
移植用筋膜採取術
筋膜切離術・切開術
筋切離術
股関節内転筋切離術
股関節筋群解離術
筋炎手術 1.腸腰筋,臀筋,大腿筋
筋炎手術 2.その他の筋
腱鞘切開術
腱鞘切開術(鏡視下)
腱切離術
腱切離術(鏡視下)
腱剥離術
腱剥離術(鏡視下)
腱滑膜切除術 2.その他
腱縫合術
筋膜採取術
筋膜縫合術
筋縫合術
自家骨移植術
同種骨移植術(非生体骨)
同種骨移植術(生体骨)
断端形成術(軟部形成のみ)
・手足の指以外
― ―
58
OH0255
OH0274
OH0275
OH0276
OH0314
NP0272
NP0273
NP0258
NP0260
NP0263
OP0001
NQ0571
NCD_ 主たる操作対
象部位大分類
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
H 筋骨格・末梢神経
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
P 肺・縦隔・乳腺
Q 消化器系
NQ0588
Q 消化器系
OQ0050
OQ0082
OQ0154
OQ0155
OQ0214
OQ0235
OQ0340
OQ0341
OQ0342
OQ0343
OQ0344
OQ0345
OQ0346
OQ0436
OQ0450
OS0108
OS0171
OS0172
OS0288
NT0200
NT0227
NT0228
NT0229
NT0236
NT0244
NT0248
NT0249
OT0081
OT0083
OT0094
OT0095
OT0096
OT0180
OT0181
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
Q 消化器系
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
S 生殖泌尿器
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
T 血管
NCD_ 術式番号
NCD_ 術式名
断端形成術(骨形成を要するもの)
・手足の指以外
手指腱縫合術
手指屈筋腱縫合術
手指血管吻合術
骨盤等骨採取術(移植用)
膜型人工肺装着術
膜型人工肺離脱術
輪状甲状靭帯切開
気管縫合修復術(頸部)
気管支鏡 損傷の診断・治療
気管切開術
審査腹腔鏡(診断)
内視鏡的膵管ステント留置術または膵管内プロステーシス(ステント)留置術(内視
鏡下)
食道瘻閉鎖術
試験開腹術(診断,組織試験採取)
経皮経食道胃管挿入術
胃瘻造設術(開腹)
肝膿瘍ドレナージ術(経腹腔)
肝内胆管外瘻造設術(経皮経肝)
小腸瘻閉鎖術(腸管切除なし)
小腸瘻閉鎖術(腸管切除を伴う)
結腸瘻閉鎖術(腸管切除なし)
結腸瘻閉鎖術(腸管切除を伴う)
人工肛門閉鎖術(腸管切除なし)
人工肛門閉鎖術(腸管切除を伴う)
人工肛門閉鎖術(ハルトマン手術後)
経皮的塞栓術(腹部実質臓器)(緊急止血)
動脈塞栓術(脾動脈中枢側)(脾損傷)
膀胱瘻造設術
精巣外傷手術(陰嚢内血腫除去術)
精巣外傷手術(精巣白膜縫合術)
骨盤後腹膜止血術(ガーゼパッキング)
動脈塞栓術
グラフト採取
血管塞栓術(頭部,胸腔,腹腔内血管)
静脈グラフト採取術
末梢動脈瘤切除術
経皮的塞栓術(骨盤)
末梢静脈縫合止血・吻合
末梢動脈縫合止血・吻合
血管露出術(動脈)
血管結紮術(開胸または開腹以外)
末梢動脈瘤切除術 1.吻合または移植を伴うもの
末梢動脈瘤切除術 2.その他のもの
大動脈遮断術(バルーンカテーテル)
経皮的塞栓術(腸管または腸間膜出血)(緊急止血)
経皮的塞栓術(後腹膜)(緊急止血)
― ―
59
注)
○NCD に登録済みの手術症例でも,到達目標 3 に該当しなければ,症例数としてカウントされない(次頁以降参
照)
.
○到達目標 3 の注 2(7)に「最低症例数に関わらず,経験した症例はすべて提出する」とあるので,自身が関与
したすべての症例が NCD に正しく登録されているかどうかを,NCD の閲覧システムより確認しておくこと.ま
た,複数の領域に跨る手術症例は,申請時点でどの領域にカウントするかを選択してもらうので,NCD の登録
内容も確認しておくこと.
○NCD への登録は,当年 1 月から 12 月までの症例は,原則として翌年 3 月末日が締切となる.
― ―
60
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
49
File Size
558 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content