close

Enter

Log in using OpenID

Femap v9.2 日本語版 リリースノート

embedDownload
Femap v9.2 日本語版
リリースノート
Copyright (c) 1986-2006 UGS Corp. All Rights Reserved.
本書には、
『Femap Version 9.2 日本語版』
のリリースに関する情報が記載されています。
本に
含まれる内容は他の文書に含まれる内容よりも新しいものです。
リリース後の追加情報に関し
ては、http://www.cae-nst.co.jp/ および http://www.femap.com/ をご参照ください。
内容 :
Femap v9.2 更新情報
1. お知らせ
2. 新機能と修正
3. インターフェイス
4. Femap API
5. 判明している問題点
NX Nastran 更新情報
1.Femap と NX Nastran ソルバーのバージョン
2.NX Nastran の新機能
3. 解析機能と SOL 番号
4. 判明している問題点
5. カバレージ
6. 要素性能
Femap/Thermal, Flow 更新情報
1. 熱解析機能の更新情報
2. 輻射解析機能の更新情報
3. 流体解析機能の更新情報
Rel-2
1
Femap v9.2 更新情報
Femap v9.2 更新情報
こ の章には、Femap v9.2 の更新情報が記載 さ れています。
1. お知ら せ
1.1 製品の構成
本バージ ョ ン Femap with NX Nastran v9.2 は、Femap v9.2 と NX Nastran v4.1 から構成 さ れ
ます。
1.2 製品 CD-ROM について
Femap の ラ イ セ ン ス を お持ちのお客様へは「セ ッ ト ア ッ プ」デ ィ ス ク が提供 さ れます。
Femap with NX Nastran のラ イ セ ン ス をお持ちのお客様へは上記「セ ッ ト ア ッ プ」デ ィ ス クの
加え「NX Nastran サン プル、ド キ ュ メ ン ト 」デ ィ ス ク が提供 さ れます。
「セ ッ ト ア ッ プ」デ ィ ス ク には Femap と NX Nastran のソ フ ト ウ ェ アが収録 さ れていますの
で、Femap with NX Nastran のデモ版 と し て イ ン ス ト ールすれば、ラ イ セ ン ス をお持ち でな く
て も NX Nastran を ご試用いただ く こ と がで き ます。
1.3 Femap 製品の共存について
1) 異な るバージ ョ ン と の共存
v9.2 は v9.1 以前のバージ ョ ン と 共存で き ま す。v9.2 を イ ン ス ト ール後 も 旧バージ ョ ンの
Femap を使用で き ます。
2) Femap v9.2( または Femap with NX Nastran v9.2) の英語版 / 日本語版の共存
本 v9.2 よ り 英語版 と 日本語版の共存が可能にな り ま し た。両者は独立 し た別のア プ リ ケー
シ ョ ン と し て扱われます。
1.4 環境設定ツール
Femap v9.2日本語版では、Femap を起動せずに最小限の初期設定を行 う ツールプ ロ グ ラ ムを
用意 し ています。Femap が起動 し ない時やネ ッ ト ワー ク ラ イ セ ン スの設定に使用 し ます。
Windows タ ス ク バー[ ス タ ー ト ]-[すべてのプ ログ ラ ム]-[Femap v9.2J(Femap with NX Nastran
v9.2J)]-[ 環境設定ツール ] から起動 し ます。
「5.1 グ ラ フ ィ ッ ク ス カ ー ド の問題」、「5.2 Femap 環境の初期化」も併せて ご参照 く だ さ い。
お知 ら せ
Rel-3
1.5 64bit 環境での使用について
本バージ ョ ン よ り Femap は 64bit 環境に対応 し 、Femap with NX Nastran では 64bit 版 NX
動作環境
動作環境の詳細について『セ ッ ト ア ッ プ ガ イ ド 』「1.3.3 64bit 環境での使用について」(P.5) を
併せて ご参照 く だ さ い。
Femap および Femap with NX Nastran は、Windows XP Professional x64 Edition が稼動する
以下の AMD64 (x86-64) または EM64T の 64bitCPU で使用で き ます。
 Intel Pentium 4 - 5x1, 6xx
 Intel Pentium D - 8xx, 9xx
 Intel Pentium Extreme Edition - 840, 9x5
 Intel Xeon - 5xxx, 7xxx
 AMD Athlon 64
 AMD Opteron
NX Nastran ソ ルバーの 64bit 対応
NX Nastran の以下の解析機能で 64bit ソルバーが使用で き ます。
SOL 番号
解析 タ イ プ
線形静解析
101
固有値解析
103
座屈解析
105
線形過渡解析
109/112
応答スペ ク ト ル解析
109/112
スペ ク ト ル応答解析
103
周波数応答解析
108/111
ラ ン ダム応答解析
108/111
音響解析
108/109/110/111
複素固有値解析
107/110
非線形静解析
106
非線形過渡解析
129
定常熱伝導解析
153
過渡熱伝導解析
159
周期対称解析
114/115/116/118
スーパーエ レ メ ン ト
-
DMAP
-
Femap v9.2 更新情報
Nastran ソ ルバーが利用可能にな り ま し た。
Rel-4
Femap v9.2 更新情報
1.6 セ ッ ト ア ッ プについて
1.6.1 ス タ ン ド ア ローン版
本 Femap v9.2 ではセ ン チネル シ ス テム ド ラ イ バがバージ ョ ン ア ッ プ さ れま し た。本バー
ジ ョ ンの CD-ROM で提供 さ れる ド ラ イバを イ ン ス ト ール し て く だ さ い。旧バージ ョ ンの ド ラ
イバでは Femap v9.2 から セキ ュ リ テ ィ デバイ ス を認識で き ません。
また、64bit 環境で Femap を お使いの場合は 64bit 版セ ン チネル シ ス テム ド ラ イバを イ ン ス
ト ールする必要があ り ます。
詳 し く は『セ ッ ト ア ッ プ ガ イ ド 』「3.2 セ ン チネル シ ス テム ド ラ イ バのイ ン ス ト ール」を ご参
照 く だ さ い。
1.6.2 ネ ッ ト ワー ク版
本Femap v9.2 ではラ イ セ ン ス サーバー ソ フ ト ウ ェ ア FemapLM (FLEXlm)がバージ ョ ン ア ッ
プ さ れま し た。
ただ し 、旧バージ ョ ン と 互換性があ り ますので、稼動中の旧 ラ イ セ ン ス サーバー ソ フ ト ウ ェ
ア を使い続けて も支障あ り ません。
ラ イ セ ン ス サーバー ソ フ ト ウ ェ ア を再イ ン ス ト ールする場合は、Femap のラ イ セ ン スサー
ビ ス を停止 し 後に旧バージ ョ ン を ア ン イ ン ス ト ール し 、改めて新バージ ョ ン を イ ン ス ト ール
し て く だ さ い。
新機能 と 修正
Rel-5
2. 新機能 と 修正
2.1.1 エ ン テ ィ テ ィ 選択ダ イ ア ログ
 標準の[ エ ン テ ィ テ ィ 選択] ダ イ ア ログのレ イ アウ ト を変更 し ま し た。追加 さ れたボ タ ン に
よ り 、 リ ス ト か ら エ ン テ ィ テ ィ を選択、 選択のプ レ ビ ュ ーを行 う こ と がで き ます。
プレビ ュー ボタ ン
エ ン テ ィ テ ィ 選択のプルダウン リ ス ト ボ タ ン
2.1.2 ツールバー
 初期状態のツールバー レ イ アウ ト を シ ン プルに し ま し た。 モデル、 ビ ュ ー、 選択ツール
バーのみが表示 さ れます。
 ツールバーに[ エ ン テ ィ テ ィ 表示] ツールバーを追加 し ま し た。[ ビ ュ ー ク イ ッ ク オプ シ ョ
ン ] と 同様な機能を持ち ます。
 [ 選択 ] ツールバーに [ ア ク テ ィ ブ なエ ン テ ィ テ ィ タ イ プの ク リ ア ] を追加 し ま し た。
 [ ビ ュ ー ] ツールバーに [ 透明度 ] を追加 し ま し た。
Femap v9.2 更新情報
2.1 ユーザイ ン タ ー フ ェ イ ス
Rel-6
Femap v9.2 更新情報
2.1.3 モデル情報 ウ ィ ン ド ウ
 [ ハイ ラ イ ト - 透明 ] によ る表示、サー フ ェ イ ス と エ レ メ ン ト の [ 法線の表示 ] を で き る よ う
に し ま し た。
 モ デル情報 ツ リ ーか ら 解析セ ッ ト を 削除 し た あ と に、 新規解析セ ッ ト を 作成す る と デ
フ ォル ト の設定がおか し く な る不具合を修正 し ま し た。
2.1.4 エ ン テ ィ テ ィ エデ ィ タ
 グループの タ イ ト ルを変更 し よ う と し た場合に、 そのグループが壊れて し ま う 不具合を
修正 し ま し た。
 エ ン テ ィ テ ィ の タ イ ト ル名が長すぎ る場合に生 じ る不具合を修正 し ま し た。
 マ テ リ アルを表示 し た場合の不具合を修正 し ま し た。
 エ レ メ ン ト に荷重が設定 さ れ、 かつ コ ン タ ー タ イ プがエ レ メ ン ト の場合のエ レ メ ン ト の
コ ーナー 1 の出力値がおか し く な る不具合を修正 し ま し た。
2.1.5 レポー ト ( デー タ テーブル ) ウ ィ ン ド ウ
 [ ハイ ラ イ ト - 透明 ] によ る表示、サー フ ェ イ ス と エ レ メ ン ト の [ 法線の表示 ] を で き る よ う
に し ま し た。
新機能 と 修正
Rel-7
 ポ ッ プ ア ッ プに [ 選択行の更新 ] を追加 し ま し た。
Femap v9.2 更新情報
 LS-DYNA one-way コ ン タ ク ト プ ロパテ ィ を表示 し た と き に生 じ る不具合を修正 し ま し
た。
 エ レ メ ン ト に荷重が設定 さ れ、 かつ コ ン タ ー タ イ プがエ レ メ ン ト の場合のエ レ メ ン ト の
コ ーナー 1 の出力値がおか し く な る不具合を修正 し ま し た。
2.1.6 その他
 初期設定、 マ テ リ アル定義、 コ ン タ ク ト プ ロパテ ィ 定義のダ イ ア ロ グを タ ブ形式に し ま
し た。
 剛体 と ス ラ イ ド ラ イ ン エ レ メ ン ト 上の ノ ー ド を [ ピ ッ ク ] オプ シ ョ ンの [ フ ロ ン ト ] モー ド
で選択する と き に、 マ ス タ ーの ノ ー ド だけで な く 、 すべての ノ ー ド を考慮する よ う に し
ま し た。
 [ 削除の確認 ] ダ イ ア ログボ ッ ク スに、[ 再度、削除の確認を行わない ] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を
追加 し ま し た。
 API プ ロ グ ラ ミ ン グ ウ ィ ン ド ウ、プ ログ ラ ム フ ァ イル ウ ィ ン ド ウでシ ョ ー ト カ ッ ト キー
を使え る よ う に し ま し た。
2.2 メ ニ ュ ー コ マ ン ド
2.2.1 フ ァ イル メ ニ ュ ー
2.2.1.1 ニ ュ ー ト ラ ル フ ァ イルのイ ンポー ト
ニ ュ ー ト ラル フ ァ イル読み込み時に、常に新 し いアウ ト プ ッ ト セ ッ ト を生成する オプ シ ョ ン
を追加 し ま し た。
2.2.1.2 解析モデル
デ フ ォ ル ト での表示 さ れる解析 イ ン タ ー フ ェ イ スの項目を限定 し た も のに し ま し た。以前の
解析 イ ン タ ー フ ェ イ スの表示は、初期設定で設定する こ と がで き ますが、こ れ ら の項目は、将
来、削除 さ れる可能性があ り ます。
2.2.1.3 初期設定
 [ 初期設定 ] ダ イ ア ログ を更新 し 、タ ブ形式ですべて を表示する よ う に し ま し た。こ れによ
り 、 各初期設定 メ ニ ュ ーに タ ブ を切 り 替え る だけで簡単にア ク セスする こ と がで き る よ
う にな り ま し た。
[ ビ ュ ー]
 ワー ク プ レーンのデ フ ォル ト 表示を解除 し ま し た。
Rel-8
Femap v9.2 更新情報
 [ ク リ ッ プボー ド 書式 ] セ ク シ ョ ン を削除 し ま し た。
 [ ビ ュ ー ラ イ ブ ラ リ ] 設定欄を [ ラ イ ブ ラ リ ] へ移動 し ま し た。
[ メ ニ ュ ー と ツールバー]
 [ メ ニ ュ ー と ダ イ ア ログボ ッ ク ス]セ ク シ ョ ンに[削除の確認の表示]チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を追
加 し ま し た。
[ デー タ ベース ]
 [ ス ク ラ ッ チ デ ィ ス ク ] セ ク シ ョ ンから ア ン ド ゥ フ ァ イルの設定を削除 し ま し た。
[ イ ン ターフ ェ イス ]
 [Nastran ソ ルバー オプ シ ョ ン ] セ ク シ ョ ンに、 ソルバー用 メ モ リ 、 出力先デ ィ レ ク ト リ 、
ス ク ラ ッ チ デ ィ レ ク ト リ の設定オプ シ ョ ン を追加 し ま し た。
[ ライブラ リ ]
 ス タ ー ト ア ッ プ プ ログ ラ ム フ ァ イル、 ベーシ ッ ク ス ク リ プ ト 、 実行フ ァ イルを起動時に
実行する ための設定を追加 し ま し た。 設定は、 起動時のみ も し く はすべての新規モデル
のいずれかにする こ と がで き ます。
 [ コ ン タ ク ト プ ロパテ ィ ] 設定欄を追加 し ま し た。
 [ ビ ュ ー ラ イ ブ ラ リ ] 設定欄を [ ラ イ ブ ラ リ ] から 移動 し ま し た。
[ カ ラ ー]
 [ コ ン タ ク ト プ ロパテ ィ ]、[ コ ン タ ク ト セグ メ ン ト / セグ メ ン ト ]、[ コ ン タ ク ト ペア ] 設定
欄を追加 し ま し た。
2.2.2 ツール メ ニ ュ ー
2.2.2.1 距離
[ ツール ]-[ 距離 ] コ マ ン ド の距離の測定結果を全体座標系 と ア ク テ ィ ブ な座標系の両方で表
示する よ う に し ま し た。
2.2.2.2 形状特性
[ ツール ]-[ 形状特性 ] コ マ ン ド から自動でマス エ レ メ ン ト を生成する と 、質量 My、Mz が生成
さ れない不具合を修正 し ま し た。
2.2.2.3 ノ ー ド のマージ
 [ ツール]-[チ ェ ッ ク ]-[重複 ノ ー ド ]に[ コ ン タ ク ト 上の重複エ ン テ ィ テ ィ のマージ ]チ ェ ッ ク
ボ ッ ク ス を追加 し ま し た。
 同 じ 拘束条件式を使用 し ている ノ ー ド がマージ さ れて し ま う 不具合を修正 し ま し た。
新機能 と 修正
Rel-9
2.2.3 ジオ メ ト リ メ ニ ュ ー
2.2.3.1 サー フ ェ イ スの延長
イ スのエ ッ ジ カ ーブ を延長する こ と がで き ます。
エ ッ ジ カ ーブ を延長
延長前
2.2.4 コ ン タ ク ト メ ニ ュ ー
2.2.4.1 [ コ ン タ ク ト ] コ マ ン ド
コ ン タ ク ト の設定に関す る コ マ ン
ド を メ ニ ュ ーの上位に移動 し 、[ コ
ン タ ク ト ] コ マ ン ド と し ま し た。こ
れに よ り 、コ ン タ ク ト の設定に関す
る コ マ ン ド に ア ク セ ス し やす く な
り ま し た。
延長後
Femap v9.2 更新情報
[ ジオ メ ト リ ]-[ 中立面 ] に [ 延長 ] コ マ ン ド を追加 し ま し た。こ の コ マ ン ド を使 う と 、サー フ ェ
Rel-10
Femap v9.2 更新情報
2.2.4.2 コ ン タ ク ト の自動検出
[ 自動検出 ] コ マ ン ド を追加 し 、アセ ン ブ リ モデルを構成する ジオ メ ト リ ソ リ ッ ド 間の接触面
を自動検出で き る よ う に し ま し た。検出 し た接触面に コ ン タ ク ト ペア を自動生成で き ます。
2.2.4.3 コ ン タ ク ト ペアの定義
[ サー フ ェ イ スか ら ] コ マ ン ド を追加 し 、複数のサー フ ェ イ スから コ ン タ ク ト ペア を作成で き
る よ う に し ま し た。
新機能 と 修正
Rel-11
2.2.4.4 モデル情報ツ リ ー
モデル情報ツ リ ーの上位に コ ン タ ク ト に関す る項
プ メ ニ ュ ーに、解析で コ ン タ ク ト ペア を有効にす
るか無効にするかの設定を追加 し ま し た。
2.2.4.5 コ ン タ ク ト プ ロパテ ィ の定義
[ コ ン タ ク ト プ ロパテ ィ 定義 ] ダ イ ア ログボ ッ ク ス を タ ブ形式に し 、解析ソルバーに応 じ た コ
ン タ ク ト プ ロパテ ィ タ イ プに簡単にア ク セスで き る よ う に し ま し た。
Femap v9.2 更新情報
目を移動 し ま し た。コ ン タ ク ト ペアのポ ッ プ ア ッ
Rel-12
Femap v9.2 更新情報
2.2.5 モデル メ ニ ュ ー
2.2.5.1 マ テ リ アル定義
マ テ リ アル定義のダ イ ア ログ を タ ブ形式に し ま し た。
2.2.5.2 解析結果のマ ッ ピ ン グ
[ モデル ]-[ 荷重 ] に [ アウ ト プ ッ ト のマ ッ ピ ング ] コ マ ン ド を追加 し ま し た。解析で得られた
アウ ト プ ッ ト を異な る メ ッ シ ュ 形状のモデルへ荷重 と し て マ ッ ピ ン グ し ます。現バージ ョ ン
では、温度 と 変形の結果をサポー ト し ています。
熱伝導解析から得られた温度分布
構造解析用の メ ッ シ ュ にマ ッ ピ ング し た温度荷重のコ ン タ ー
新機能 と 修正
Rel-13
2.2.5.3 解析セ ッ ト マネージ ャ ー
 解析プ ログ ラ ムに LS-DYNA3D を選択で き る よ う に し ま し た。
ジ ャ ーか ら プ レ ビ ュ ーで き る よ う に し ま し た。
 ア ク テ ィ ブ でない解析セ ッ ト を削除する時に生 じ る不具合を修正 し ま し た。
2.2.5.4 アウ ト プ ッ ト
[ モデル ]-[ アウ ト プ ッ ト ]-[ 荷重から ] コ マ ン ド でベ ク ト ル アウ ト プ ッ ト の変換結果が正 し く
な る よ う に修正 し ま し た。
2.2.6 メ ッ シ ュ メ ニ ュ ー
2.2.6.1 4 面体 メ ッ シ ュ
4 面体 メ ッ シ ュ 作成のワー ク フ ロ ー を 見直 し ま し た。メ ッ シ ュ サ イ ズが設定 さ れて い な い
カ ーブには、自動でデ フ ォル ト のサイ ズを設定する よ う に し ま し た。[ メ ッ シ ュ生成:4 面体ソ
リ ッ ド メ ッ シ ュ] ダ イ ア ログに [ メ ッ シ ュサイ ズの更新 ] ボ タ ン を追加 し 、同 じ ダ イ ア ロ グで、
何回で も メ ッ シ ュサイ ズを変更する こ と がで き ます。
2.2.7 修正 メ ニ ュ ー
 [ 修正 ]-[ 編集 ]-[ 荷重 ]、-[ 拘束 ] コ マ ン ド で複数のエ ン テ ィ テ ィ を選択 し た と き に、最初のダ
イ ア ログでの変更をすべてのエ ン テ ィ テ ィ に適用する こ と がで き る よ う にな り ま し た。
 [修正]-[投影]-[ポ イ ン ト をサー フ ェ イ ス上へ - ベ ク ト ル指定]、-[ ノ ー ド をサー フ ェ イ ス上へ
- ベ ク ト ル指定 ] コ マ ン ド を追加 し ま し た。
2.2.8 グループ メ ニ ュ ー
 [ グループ ]-[操作]-[ レ イヤへ移動] コ マ ン ド を追加 し 、グループか ら レ イ ヤを作成で き る よ
う に し ま し た。
 [ グループ ]-[ 操作 ]-[ 生成 - ソ リ ッ ド ] コ マ ン ド の機能を拡張 し ま し た。
Femap v9.2 更新情報
 ANSYS, ABAQUS, MSC.MARC, LS-DYNA3D の解析入力フ ァ イルを解析セ ッ ト マネー
Rel-14
Femap v9.2 更新情報
2.2.9 グ ラ フ ィ ク ス
2.2.9.1 ビ ュ ー オプ シ ョ ン
[ ラ ベル、エ ン テ ィ テ ィ 、カ ラ ー]
 シ ェ ル エ レ メ ン ト に厚 さ 表示を適用 し た と き にシ ェ ル エ レ メ ン ト の表面 と 裏面上のコ
ン タ ク ト セグ メ ン ト の表示が正 し く な る よ う に し ま し た。
[ ツール、ビ ュ ース タ イル ]
 透明度を設定する オプ シ ョ ン を追加 し ま し た。 エ ン テ ィ テ ィ カ ラ ーを変更する こ と な く
透明度を設定で き る よ う にな り ます。 モデル内部、 背面にあ る エ ン テ ィ テ ィ を選択する
と き に有用なオプ シ ョ ン です。
[ ポス ト 処理 ]
 変形図表示で、 変形前モデルを表示 し ないよ う に し ま し た。
 グ ラ フ ィ ッ ク ウ ィ ン ド ウで表示 さ れるすべての浮動小数点は、 [ コ ン タ ー / ク ラ イ テ リ ア
凡例 ] で指数、 桁数の設定を行 う よ う に し ま し た。
 コ ン タ ー ベ ク ト ルにアウ ト プ ッ ト 値表示がで き る よ う に し ま し た。 [ ベ ク ト ル ス タ イル ]
で設定を行 う こ と がで き ます。
 [変形ス タ イル]の[ アニ メ ー ト - マルチセ ッ ト ] と [ ト レース ] で実寸スケールを指定 し た場
合に、 個々の フ レ ームの最大変位 と すべての フ レ ームでの最大変位で表示で き る よ う に
し ま し た。
 コ ン タ ー ベ ク ト ルの [ ソ リ ッ ド 中心 ] の表示で矢印が中心にな る よ う に し ま し た。
 ク ラ イ テ リ アで ラ イ ン コ ン タ ーを表示 し た と きの不具合を修正 し ま し た。
2.2.9.2 その他
 スペースボールを使用 し てい る と き に 「Ctrl+G」 を押す と 、 正 し く ない イ メ ージが表示
さ れる不具合を修正 し ま し た。
 拘束条件式をグループ で表示で き る よ う に し ま し た。
 フ リ ーボデ ィ ー表示時の力の矢印の長 さ を修正 し ま し た。
イ ン ターフ ェ イス
Rel-15
3. イ ン タ ー フ ェ イ ス
Femap v9.2 でサポー ト する CAD/ ジオ メ ト リ のバージ ョ ンは次の と お り です。
Femap イ ン タ ー フ ェ イ ス
最新サポー ト バージ ョ ン
ACIS
ACIS 15.0
Parasolid
Parasolid 17.0
IGES
( 拡張 IGES イ ン タ ー フ ェ イ ス )
読み込み : IGES 4.0, 5.2, 5.3
書き出 し : IGES 4.2, 5.2, 5.3
SolidEdge
SolidEdge18.0
Unigraphics
v11 ~ v18,NX1 ~ 4
I-DEAS
idi9m2
STEP
STEP AP203, AP214
Pro/ENGINEER
v17, 2000i, 2000i2
( 暗号化 / 複合化フ ァ イルをサポー ト )
WildFire2
CATIA v4
CATIA v4.1, 4.2x
CATIA v5
R15
VDA
サポー ト 取 り やめ
他の イ ン タ ー フ ェ イ スの対応バージ ョ ン については『 ト ラ ン ス レ ー タ リ フ ァ レ ン ス』を ご参
照 く だ さ い。
3.1.1 Unigraphics イ ン タ ー フ ェ イ ス
バージ ョ ン ア ッ プ
 NX のパーツ と アセ ン ブ リ を イ ンポー ト する ための新 し い イ ン タ ー フ ェ イ ス を搭載 し ま
し た。
3.1.2 Pro/ENGINEER
バージ ョ ン ア ッ プ
 自動的にバージ ョ ン番号を拡張子に追加する Pro/E Wildfire フ ァ イルの命名規則をサポー
ト する よ う に し ま し た。
3.1.3 VDA
お知 ら せ
 Spatial Technologies 社 と の契約の変更によ り 、 VDA イ ン タ ー フ ェ イ ス を削除 し 、 サポー
ト を取 り やめま し た。
Femap v9.2 更新情報
3.1 CAD/ ジオ メ ト リ イ ン タ ー フ ェ イ ス
Rel-16
Femap v9.2 更新情報
3.2 FEA イ ン タ ー フ ェ イ ス
3.2.1 解析セ ッ ト マネージ ャ
解析セ ッ ト マネージ ャ でサポー ト する解析プ ログ ラ ムのバージ ョ ンは次の と お り です :
Femap イ ン タ ー フ ェ イ ス
最新サポー ト バージ ョ ン
NX Nastran
NX Nastran 4.1
ABAQUS
ABAQUS 6.5
ANSYS
ANSYS10.0
MSC.Marc
MSC. Marc 2005
MSC.Nastran
MSC. Nastran 2005
NEiNastran
NEi Nastran 9.0
LS-DYNA3D
LS-DYNA3D 960
他の解析プ ログ ラ ム イ ン タ ー フ ェ イ スの対応バージ ョ ンについては『 ト ラ ン ス レー タ リ フ ァ
レ ン ス』を ご参照 く だ さ い。
3.2.2 NX Nastran イ ン タ ー フ ェ イ ス
バージ ョ ン ア ッ プ
 NX Nastran v4.1 をサポー ト し ま し た。 Femap with NX Nastran の NX Nastran ソルバー
バージ ョ ンは 4.1 です。
 NXSTRAT カ ー ド で LSEARCH、 CSTYPE を設定で き る よ う に し ま し た。
 AUTOSPC に Singular Value Decomposition (SVD) オプ シ ョ ン を選択で き る よ う に し ま し
た。
 固着 コ ン タ ク ト のための BGSET を設定で き る よ う に し ま し た。
 CQUADR/CTRIAR Z-offsets を読み込む こ と がで き る よ う に し ま し た。
 初期条件の設定だけで過渡熱伝導解析を実行で き る よ う に し ま し た。
 輻射境界条件の書き出 し の機能を強化 し ま し た。 輻射境界条件を定義する ためのプ ロ ッ
ト オン リ ー エ レ メ ン ト を生成する こ と がで き ない と き に、ワーニ ング メ ッ セージ を表示
する よ う に し ま し た。
 [NASTRAN Executive and Solution Option] ダ イ ア ログに、 拡張エ ラ ー メ ッ セージ を出力
する ためのオプ シ ョ ン を追加 し ま し た。
 [NASTRAN Executive and Solution Option] ダ イ ア ログで、 ソルバー用 メ モ リ を設定で き
る よ う に し ま し た。
不具合修正
 コ ン タ ク ト のス レーブ と マス タ ーが反転 し て し ま う 不具合を修正 し ま し た。
 BCTSET カ ー ド の読み込み時の不具合を修正 し ま し た。 解析入力フ ァ イルで定義 さ れた
最初の コ ン タ ク ト ペアだけ し か読み込めませんで し た。
イ ン ターフ ェ イス
Rel-17
 モデルに積層、曲げ、メ ン ブ レ ン エ レ メ ン ト がある モデルの コ ン タ ク ト の BSURF を書き
出す時の不具合を修正 し ま し た。
 BCTSET カ ー ド のパ ラ メ ー タ NX FRIC が書き出 さ れない不具合を修正 し ま し た。
 複数のサブケース を持つ過渡解析結果の XDB フ ァ イル読み込み時の不具合を修正 し ま し
た。
 フ ァ イル名が 80 文字を超え る XDB フ ァ イルの読み込み時の不具合を修正 し ま し た。
3.2.3 ABAQUS イ ン タ ー フ ェ イ ス
バージ ョ ン ア ッ プ
 Surface to Surface Contact の設定をサポー ト する よ う に し ま し た。
 コ ン タ ク ト のアウ ト プ ッ ト の読み込みを改善 し ま し た。 アウ ト プ ッ ト ベ ク ト ルのレ ーベ
ル と コ ン タ ク ト ペアのレーベルがマ ッ チする よ う に し ま し た。
不具合修正
 analytical rigid surface の読み込み時の不具合を修正 し ま し た。
 定式化を 3..Thin Shell(5-DOF/ Node, Small Strain ) に し 、Warping flag を設定 し た と きの 3
角形、 4 辺形のエ レ メ ン ト の書き出 し 時の不具合を修正 し ま し た。 修正前は、 S4RS と 書
き出 さ れなければな ら ない ものが S4R、S3RS と 書き出 さ れなければな ら ない ものが S3R
と 書き出 さ れていま し た。
3.2.4 NEi Nastran イ ン タ ー フ ェ イ ス
バージ ョ ン ア ッ プ
 BSCONP カ ー ド の MAXAD、 TMAX、 TMIN、 MAR、 WO コ ン タ ク ト オプ シ ョ ン をサポー
ト する よ う に し ま し た。
3.2.5 MSC.Marc イ ン タ ー フ ェ イ ス
不具合修正
 バージ ョ ン 2003 の解析結果の読み込み時の不具合を修正 し ま し た。 バージ ョ ン 2003、
2005 の解析結果が読み込める よ う に し ま し た。
Femap v9.2 更新情報
 Sol 701 で初期条件が設定で き ない不具合を修正 し ま し た。
Rel-18
Femap v9.2 更新情報
4.Femap API
4.1 追加 さ れたオブ ジ ェ ク ト
 コ ン タ ク ト ペア、 コ ン タ ク ト セグ メ ン ト 、 コ ン タ ク ト プ ロパテ ィ のための新 し いエ ン
テ ィ テ ィ タ イ プ を追加 し ま し た。
 Sort オブ ジ ェ ク ト を追加 し ま し た。Set オブ ジ ェ ク ト と 同 じ よ う な機能を持ち ますが、 そ
れぞれの ID に追加デー タ を格納で き、 その ID を格納 さ れたデー タ に基づ き ソ ー ト する
こ と がで き ます。
 新 し く 追加 さ れた LS-DYNA3D のイ ン タ ー フ ェ イ ス をサポー ト する ために、 Analysis Set
Manager オブ ジ ェ ク ト に数々の属性を追加 し ま し た。
 新 し い初期設定のために数々の属性を追加 し ま し た。
4.2 追加 さ れた メ ソ ッ ド
 AddContact, SetOutputType, SetOffset, GetOffset, SetRigidType, IsRigidType メ ソ ッ ド
を Connection Region オブ ジ ェ ク ト に追加 し ま し た。
 Match、 SelectOutputVectorID メ ソ ッ ド を Set オブ ジ ェ ク ト に追加 し ま し た。
 ClearNodeList メ ソ ッ ド を Element オブ ジ ェ ク ト に追加 し ま し た。
 IsPlane, IsCylinder, IsSphere, IsCone, IsTorus, Conical, Toroidal, Spherical メ ソ ッ ド を
Surface オブ ジ ェ ク ト に追加 し ま し た。Planar メ ソ ッ ド の呼び出 し 構文を新 し い メ ソ ッ ド
と 合 う よ う に修正 し ま し た。
4.3 修正 さ れた メ ソ ッ ド
 複数のグループ を取得 し 格納する ために、 同 じ オブ ジ ェ ク ト を使用する と グループ を破
壊 し て し ま う Group オブ ジ ェ ク ト の不具合を修正 し ま し た。
 Element オブ ジ ェ ク ト の不具合を修正 し ま し た。
4.4 追加 さ れた関数
feAddToolbarSubmenu
feAddToolbarSubmenuCommand
feAddToolbarSubmenuUserCommand,
4.5 修正 ・ 削除 さ れた関数
 feFileMessageSelect を修正 し ま し た。
 feFileReadVda を削除 し ま し た。
判明 し ている問題点
Rel-19
5. 判明 し ている問題点
症状
NVIDIA GeForce および Quadro シ リ ーズの環境で Femap グ ラ フ ィ ッ ク ウ ィ ン ド ウの リ フ
レ ッ シ ュが正常に行われず、画面に残像が表示 さ れる こ と があ り ます。古いバージ ョ ンのグ ラ
フ ィ ッ ク ス ド ラ イバでは こ の問題が発生 し ない傾向にあ り ます。
対処
Femap 環境設定ツールを使用 し て、Femap フ ォルダ内の FEMAP.INI に画面 リ フ レ ッ シ ュ処
理の遅延を設定 し ます。
BitBiltDelay値(日本語版のデ フ ォル ト は20) を大き く する こ と で、Femapの画面 リ フ レ ッ シ ュ
の時間を延ば し 、確実に リ フ レ ッ シ ュ を行 う よ う にで き ます。
[ 手順 ] : 環境設定ツール (F92ENV.EXE) に よ る BitBiltDelay の設定
1. [ ス タ ー ト ]-[ すべてのプ ログ ラ ム ][Femap v9.2J]-[ 環境設定ツール ]
(F92ENV.EXE) を起動 し ます。
2. [FEMAP.INI] タ ブ を ク リ ッ ク し ます。
3. [BitBiltDelay] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オ
ンに し "20" を入力 し ます。
4. [ 適用 ] を ク リ ッ ク し ます。
5. [閉 じ る ] を ク リ ッ ク し て終了 し ます。
Femap v9.2 更新情報
5.1 グ ラ フ ィ ッ ク ス カ ー ド の問題
Rel-20
Femap v9.2 更新情報
5.2 Femap 環境の初期化
Femap の初期設定やツールバー/ ウ ィ ン ド ウ レ イ アウ ト を初期状態に リ セ ッ ト し たい こ と が
あ り ます。日本向けの設定で初期化を行 う には、付属の [ 環境設定ツール ] を使用 し ます。
環境設定ツールの起動は、Windows [ ス タ ー ト ]-[( すべての ) プ ロ グ ラ ム ]-[Femap v9.2( また
は Femap with NX Nastran v9.2]-[ 環境設定ツール ] を選択 し ます。
初期設定の初期化
1. [Femap.ini] タ ブ を ク リ ッ ク し ます。
2. [ 初期化 ] ボ タ ン を ク リ ッ ク し ます。
ツールバー / ウ ィ ン ド ウ レ イ アウ ト の初期化
1. [ ツールバー レ イ アウ ト ] タ ブ を ク リ ッ ク し ます。
2. Femap のバージ ョ ン を選択 し 、 [ 削除 ] ボ タ ン を ク リ ッ ク し ます。
Femap と NX Nastran ソ ルバーのバージ ョ ン
6
Rel-21
NX Nastran 更新情報
こ の章には、Femap with NX Nastran の更新情報が記載 さ れています。
1.Femap と NX Nastran ソ ルバーのバージ ョ ン
Femap with NX Nastran は プ リ ポ ス ト プ ロ セ ッ サ Femap と 汎用有限要素法 ソ ルバーNX
Nastran を シ ー ム レ ス に 統合 し た 有限要素法解析 ソ リ ュ ー シ ョ ン で す。Femap with NX
Nastran は Femap と NX Nastran で構成 さ れてお り 、それぞれの異な るバージ ョ ン番号を持
ち ます。
以下の表にバージ ョ ンの対応関係を ま と めます。
バージ ョ ンの対応関係
NX Nastran
Femap
4.1
4.0
3.0
1.0
9.2.0
9.1.0
9.0.1
8.3.0.1
Femap with NX Nastran の製品構成は以下の通 り です。
製品名
Femap with NX Nastran/
ベーシ ッ ク バン ド ル
Dynamic Response モ ジ ュ ール
Advanced Nonlinear モ ジ ュ ール
設計感度最適化 モ ジ ュ ール
空力弾性解析モ ジ ュ ール
概要
Femap と NX Nastran の以下の機能のパ ッ ケージ製品
○線形静解析
○固有値解析
○座屈解析
○定常熱伝導解析
○過渡熱伝導解析
○非線形静解析 (SOL106)
○非線形過渡解析 (SOL129)
※自動 コ ン タ ク ト 生成機能追加
※余剰ベ ク ト ル計算の改良
※不整合 メ ッ シ ュ 結合のサポー ト
※ コ ン タ ク ト 定義の修正
パ ッ ケージへの追加機能。
○線形過渡解析
○周波数応答解析
※不整合 メ ッ シ ュ 結合のサポー ト
パ ッ ケージへの追加機能。
○ SOL601 非線形静解析
○ SOL601 非線形過渡解析
○ SOL701 陽解法非線形過渡解析
パ ッ ケージへの追加機能。
○設計感度最適化解析機能
パ ッ ケージへの追加機能。
○ Aeroelasticity I
ア ド バン ス ト 空力弾性解析モ ジ ュ ール
パ ッ ケージへの追加機能。
○ Aeroelasticity II
スーパーエ レ メ ン ト モ ジ ュ ール
パ ッ ケージへの追加機能。
○スーパーエ レ メ ン ト
パ ッ ケージへの追加機能。
○ DMAP
DMAP モ ジ ュ ール
Rotor Dynamics モ ジ ュ ール
構造解析ツールキ ッ ト
パ ッ ケージへの追加機能。
○複素固有値解析で回転体を取 り 扱 う 機能
パ ッ ケージへの追加機能。
○構造解析ツール
NX Nastran 更新情報
製品
Femap with NX Nastran v9.2
Femap with NX Nastran v9.1
NX Nastran for Femap 2.0
NX Nastran for Femap 1.0
Rel-22
NX Nastran 更新情報
2.NX Nastran の新機能
NX Nastran v4.1 よ り 、以下の新機能がご利用頂けます。
2.1 不整合 メ ッ シ ュの固着 (Glue)
一致 し ない メ ッ シ ュ形状同士を結合する Glue( グルー: の り 付け)機能が利用で き る よ う にな
り ま し た。非線形解析での呼び方 と 共通性を持たせる ため、固着 と い う 呼び方を し ます。
こ の機能は、ソ リ ッ ド メ ッ シ ュ をお使いの場合、特に便利です。た と えば、四面体 メ ッ シ ュ と 六
面体 メ ッ シ ュ の フ リ ー フ ェ イ ス同士が一致 し ていれば、その面であたか も 接合 さ れてい るか
のよ う に振る舞わせる機能です。
固着は以下の解析で利用で き ます。
 線形静解析
 固有値解析
 座屈解析
 非線形静解析 (SOL106)
 非線形過渡解析 (SOL129)
 線形過渡解析
 周波数応答解析
 複素固有値解析
 ラ ン ダム応答解析
 音響解析
 スーパーエ レ メ ン ト
現在の と こ ろ、熱伝導解析では熱の受け渡 し を 行え な いので単に無視 さ れ ま す。Advanced
Nonlinear の場合には、Tied 機能を使用 し て下 さ い。
NX Nastran の新機能
Rel-23
固着は Femap の GUI を通 じ て定義で き ます。固着の定義要領はコ ン タ ク ト の場合 と ほ と んど
同 じ で、違いは固着用のプ ロパテ ィ を指定する こ と です。
NX Nastran 更新情報
2.2 動的解析機能の強化
2.2.1 直接加振法の精度向上
周波数応答解析の計算手法を絶対変位法によ る計算手法から相対変位法へ変更 し 、変位 / 速度
/ 加速度に よ る直接加振法での精度上の不具合を解消 し ま し た。ま た、変位、速度、加速度の解
析結果を相対値か、絶対値かを指定で き る よ う にな り ま し た。
Rel-24
NX Nastran 更新情報
2.2.2 ク ロ スパワースペ ク ト ル密度 (CPSD) の出力
ラ ン ダム応答解析の場合、従来のオー ト パワースペ ク ト ル密度関数 (APSD:自己パワースペ
ク ト ル密度 ) に追加 し て、ク ロ スパワースペ ク ト ル密度関数 (CPSD:相互パワースペ ク ト ル密
度 ) を出力で き る よ う に し ま し た。
2.3 Advanced Nonlinear モ ジ ュ ールの機能強化
コ ン タ ク ト セ グ メ ン ト の処理 ア ル ゴ リ ズムに新 し い方法 を 追加 し ま し た。新 し い方法は、
SOL601 でのみお使いいただけます。
新 し い方法は、コ ン タ ク ト サー フ ェ イ スの次数 と 元に し た エ レ メ ン ト の次数が一致 し てい る
場合、特に摩擦力の精度向上が期待で き ます。
2.4 その他の新機能
2.4.1 SOL106 での温度依存性のある積層要素機能の強化
 レ イ ア ッ プが非対称で も処理で き る よ う に し ま し た。
 CQUAD4、 CTRIA3 で メ ン ブ レ ン / 曲げの影響を考慮する よ う に し ま し た。
2.4.2 AUTOMPC
AUTOMPC の性能が向上 し 、多数の AUTOMPC を含むよ う な モデルで効率的な処理が可能に
な り ま し た。さ ら に、AUTOMPC の中に MPC 自由度を追加で き る よ う にな り ま し た。
2.4.3 新 し い AUTOSPC メ ソ ッ ド の追加
 従来か らの固有値法(Eigenvalue法) に追加 し て、SVD法(Singular Value Decomposition法
) をお使いいただけ る よ う にな り ま し た。
3. 判明 し ている問題点
3.1 出力値の問題点
症状
解析に平面ひずみ (CQUAD4) 要素を用いた場合に出力 さ れる vonMises ひずみの値の精度が
低 く な る問題が判明 し ています。
対処
NX Special に変換用のプ ロ グ ラ ムを用意 し ま し た。
Rel-25
解析機能 と SOL 番号
4. 解析機能 と SOL 番号
以下の表に Femap with NX Nastran の解析機能 と それに付随する SOL 番号を ま と めた もの
を示 し ます。こ れに合わせて過去のバージ ョ ン と の比較も示 し ます。 解析機能
SOL ↓
Version と モ ジ ュ ール名
FwNXNv92 & 91
NXN4FV2
NXN4F
V1
Femap
●
●
●
101
●
●
●
実固有値
103
●
●
●
線形座屈
105
●
●
●
定常熱伝導
153
●
●
●
過渡熱伝導
159
●
●
●
線形過渡
109/112
●
●
●
周波数
108/111
●
●
●
複素固有値
107/110
●
●
●
非線形静解析
106
●
●
●
非線形過渡
129
●
●
●
SOL601
601
●
SOL701
701
●
●
スーパーエ レ メ ン ト
●
DMAP
Aeroelasticity
Adv.Aeroelasticity
●
144
●
145/146
●
設計感度最適化
200
●
ロ ー タ ーダ イ ナ ミ ク
ス
111
●
NX Nastran 更新情報
線形静解析
Advanced
BasicPackage
Advanced
Nonlinear
Dynamic
Response
BasicBundle
設計感度最適化
Advanced
Aeroelasticity
Aeroelasticity
Dmap
SuperElement
RotorDynamics
Advanced
Nonlinear
Dynamic
Response
BasicBundle
NXN4FV1 & V2
Rel-26
NX Nastran 更新情報
5. カバレージ
Femap with NX Nastran を お使いいただ く こ と で、広範囲にわた る解析を行 う こ と がで き ま
す。
以下の表に NX Nastran と SOL601、SOL701 の解析機能がカバーする範囲を示 し ます。
解析機能
解析機能
NX Nastran
SOL601
SOL701
Femap
日本語
ド キュ メ ン ト
線形静
基本機能
○
○
-
○
○
線形 コ ン タ ク ト
○
-
-
○
○
不整合 メ ッ シ ュ
○
-
-
○
○
線形ギ ャ ッ プ
○
-
-
-
○
慣性 リ リ ー フ
○
-
-
○
○
温度依存
○
○
-
○
○
熱ひずみ
○
○
-
○
○
静的縮退
○
-
-
△
○
基本機能
○
-
-
○
○
不整合 メ ッ シ ュ
○
-
-
○
○
差分剛性
○
-
-
○
○
スペ ク ト ル応答
○
-
-
○
○
動的縮退
○
-
-
△
○
空 間・帯 域 分 割 ク ラ
ス タ 計算
○
-
-
-
-
基本機能
○
-
-
○
○
不整合 メ ッ シ ュ
○
-
-
○
○
基本機能
○
-
-
○
○
不整合 メ ッ シ ュ
○
-
-
○
○
オ リ ジナル設計感度解析
△
-
-
-
○
線形過渡
基本機能
○
○
-
○
○
不整合 メ ッ シ ュ
○
-
-
○
○
モー ド 法
○
-
-
○
○
直接法
○
○
-
○
○
応答スペ ク ト ル
○
-
-
○
○
基本機能
○
-
-
○
○
不整合 メ ッ シ ュ
○
-
-
○
○
ラ ン ダム応答
○
-
-
○
○
音響
○
-
-
△
○
固有値
複素固有
座屈
周波数
備考
カバレ ージ
Rel-27
解析機能
NX Nastran
SOL601
SOL701
Femap
日本語
ド キュ メ ン ト
特殊
仮想流体
○
-
-
△
○
減衰
オーバーオール
○
-
-
○
○
モー ド
○
-
-
○
○
レイ リー
○
○
○
△
○
基本機能
○
-
-
○
○
固体熱伝導
○
-
-
○
○
自然対流
○
-
-
○
○
強制対流
○
-
-
○
○
輻射
○
-
-
○
○
流体連成
CFD+ 構造
-
将来対応
将来対応
-
-
非線形解
析機能
基本機能
○
○
-
○
○
非線形静解析
○
○
-
○
○
非線形過渡解析
○
○
-
○
○
ギャ ッ プ
○
○
-
○
○
不整合 メ ッ シ ュ
○
-
-
○
○
スライ ド ライン
○
×
-
○
○
コンタク ト
-
○
-
○
○
破断消滅
-
○
-
○
○
ガスケ ッ ト 解析
-
○
-
○
○
非線形座屈
○
○
-
○
○
非線形固有値
○
-
-
○
○
温度依存
○
○
-
○
○
弾塑性
○
○
-
○
○
熱解析機
能
備考
NX Nastran 更新情報
解析機能
Rel-28
NX Nastran 更新情報
NX Nastran
SOL601
SOL701
Femap
日本語
ド キュ メ ン ト
移動/等方硬化則
○
○
○
○
○
移動+等方硬化則
○
○
○
○
○
vonMises
○
○
○
○
○
Drucker-Prager
○
-
-
○
○
Mohr-Coulomb
○
-
-
○
○
Tresca
○
-
-
○
○
超弾性 Mooney
○
○
○
○
○
超弾性 OGDEN
-
○
○
△
○
ク リ ープ
○
○
○
○
○
フ ォ ーム材
-
○
○
△
○
損傷材料モデル
-
-
-
-
-
ガスケ ッ ト 材料
-
○
○
△
○
変位従動荷重
○
○
○
○
○
大ひずみ + 弾塑性
-
○
○
○
○
衝突破壊
-
-
-
-
-
高速弾塑性
-
-
○
○
-
異方性弾塑性
-
-
-
-
-
リ スター ト
○
○
○
△
○
最適化
○
-
-
△
△
周期対称性
○
-
-
△
○
スーパーエ レ メ ン ト
○
-
-
△
○
○
-
-
○
○
○
-
-
-
○
AE1
○
-
-
-
-
AE2
○
-
-
-
-
デー タ ベース転送
○
-
-
-
○
陽解法
-
-
○
○
○
p法
○
将来対応 ?
将来対応 ?
-
○
拘束
○
○
○
○
○
拘束条件式
○
○
○
○
○
解析機能
解析機能
非線形材
料
不整合 メ ッ シ ュ
DMAP
空力弾性
拘束条件
備考
カバレ ージ
SOL601
SOL701
Femap
日本語
ド キュ メ ン ト
加速度
○
○
○
○
○
加速度時間依存
○
○
○
○
○
角加速度
○
-
-
○
○
角速度
○
○
○
○
○
角速度時間依存
○
○
○
○
○
集中荷重
○
○
○
○
○
モー メ ン ト
○
○
○
○
○
変位従動集中荷重
○
○
○
-
○
変位従動モー メ ン ト
○
○
○
-
○
分布荷重
○
○
○
-
○
圧力
○
○
○
○
○
変位従動分布荷重
○
○
○
○
○
変位従動圧力
○
○
○
○
○
強制変位
○
○
○
○
○
ノ ー ド 速度
○
初期条件の
み
初期条件の
み
○
○
ノ ー ド 加速度
○
-
-
○
○
デ フ ォ ル ト 温度
○
○
○
○
○
ノ ー ド 温度
○
○
○
○
○
エ レ メ ン ト 温度
○
-
-
○
○
API プ ロ グ ラ ム
-
-
-
○
○
マ ク ロ プ ログラム
-
-
-
○
○
OLE/COM
エ ク セル連携
-
-
-
○
○
DMAP
○
-
-
△
将来
エ ン タ ープ
ラ イ ズ版の
み
-
-
△
将来
解析機能
ボデ ィ 荷
重
カスタマ
イズ
ユーザサブルーチ ン
備考
NX Nastran 更新情報
NX Nastran
解析機能
荷重
Rel-29
Rel-30
NX Nastran 更新情報
NX Nastran
SOL601
SOL701
Femap
日本語
ド キュ メ ン ト
ノード
○
○
○
○
○
スカ ラポイ ン ト
○
-
-
○
○
エ ク ス ト ラポイ ン ト
○
-
-
○
○
スプ リ ング
○
○
○
○
○
dof ス プ リ ン グ
○
○
○
○
○
減衰
○
○
○
○
○
ロッ ド
○
○
○
○
○
チ ュ ーブ
○
-
-
○
○
カ ーブ ド チ ュ ーブ
○
-
-
○
○
バー
○
○
○
○
○
断面形状付きバー
○
○
○
○
○
ビーム
○
○
○
○
○
断面形状付き ビーム
○
○
○
○
○
ギャ ッ プ
○
○
○
○
○
CWELD
○
-
-
○
○
シ ェル
○
○ (MITC)
一次 (MITC)
○
○
CTRIAR/CQUADR
○
○ (MITC)
一次 (MITC)
○
○
積層
○
○
-
○
○
平面ひずみ
○
○
-
○
○
平面応力/ メ ン ブ レ
ン
○
-
-
○
○
軸対称
○
○
-
△
○
超弾性軸対称
○
○
-
○
○
軸対称シ ェ ル
○
-
-
-
-
せん断パネル
○
-
-
○
○
曲げパネル
○
-
-
○
○
ソリッド
○
○
一次
○
○
スライ ド ライン
○
代用可能
代用可能
○
○
熱伝導/熱伝達
○
-
-
○
○
クラック
○
-
-
-
○
音響流体 ソ リ ッ ド
○
-
-
-
○
音響流体バ リ ア
○
-
-
-
○
音洞
○
-
-
-
将来
解析機能
解析機能
エレ メ ン
ト
備考
カバレ ージ
SOL601
SOL701
Femap
日本語
ド キュ メ ン ト
線形 コ ン タ ク ト
○
-
-
○
○
拘束関数法
-
○
-
○
○
運動拘束法
-
-
○
○
○
ラ グ ラ ン ジ ュ 乗数法
-
○
-
○
○
剛体ス レーブ法
-
○
○
○
○
ペナルテ ィ 法
-
-
○
○
○
摩擦モデル
○
○
ク ーロ ン
○
○
実験 カ ーブ フ ィ ッ ト
(Mooney-Rivlin)
○
-
-
○
○
Mooney-Rivlin
○
○
○
○
○
Neohookean
○
○
○
○
○
OGDEN
-
○
○
△
○
Arruda-Boyce
-
○
○
△
○
Hyperfoam
-
○
○
△
○
小ひずみバイ リ ニア
○
○
○
○
○
大ひずみバイ リ ニア
-
○
○
○
○
小ひずみ ピ ース ワ イ
ズ
○
○
○
○
○
大ひずみ ピ ース ワ イ
ズ
-
○
○
○
○
小ひずみ ピ ース ワ イ
ズ
温度依存
-
○
○
△
○
大ひずみ ピ ース ワ イ
ズ
温度依存
-
○
○
△
○
解析機能
コンタ ク
ト
弾塑性
備考
NX Nastran 更新情報
NX Nastran
解析機能
超弾性
Rel-31
Rel-32
NX Nastran 更新情報
NX Nastran
SOL601
SOL701
Femap
日本語
ド キュ メ ン ト
線形応力 と ひずみ
-
-
-
-
○
不変量
-
-
-
-
○
非線形応力 と ひずみ
-
-
-
-
○
材料力学
-
-
-
-
○
振動応答
-
-
-
-
○
衝撃応答
-
-
-
-
○
減衰
-
-
-
-
○
ラ ン ダム振動
-
-
-
-
○
振動制御
-
-
-
-
○
フ ー リ エ変換
-
-
-
-
○
確率的設計手法
-
-
-
-
○
材料強度
-
-
-
-
○
複合材の強度
-
-
-
-
○
ハニ カ ム材の特性
-
-
-
-
○
有限変形理論
-
-
-
-
○
Mooney-Rivlin
-
-
-
-
○
Neohookean
-
-
-
-
○
OGDEN
-
-
-
-
○
Arruda-Boyce
-
-
-
-
○
Hyperfoam
-
-
-
-
○
塑性学
-
-
-
-
○
輻射 と 形態係数
-
-
-
-
○
輻射
-
-
-
-
○
運動方程式
-
-
-
-
○
固有値計算手法
-
-
-
-
○
要素の精度
-
-
-
-
○
シ ェ ル要素の理論
-
-
-
-
○
ビーム要素の理論
-
-
-
-
○
Reisnner-Mindlin
-
-
-
-
○
DKT/DKQ
-
-
-
-
○
音響工学
-
-
-
-
○
解析機能
解析機能
背景解説
備考
Rel-33
要素性能
6. 要素性能
NX Nastran と SOL601、SOL701 の要素性能を比較 し ます。NX Nastran で利用で き る主な要
素はそのま ま SOL601 で も利用で き ます。シ ェ ル要素 と 高次ソ リ ッ ド 要素は非常に高い信頼
性 と 安定性を も ち、非線形性のきわめて強い問題で も有効に処理で き ます。
要素性能
NX Nastran
SOL601
SOL701
質量
各軸質量
○
○
○
慣性モー メ ン ト
○
○
○
慣性乗積
○
×
×
オフセ ッ ト
○
×
×
質量マ ト リ ク ス
○
○
○
DOF ス プ リ ン グ
○
○
○
スプ リ ング
○
○
○
減衰
○
×
×
剛体
○
○
○
軸剛性
○
○
○
ね じ り 剛性
○
×
×
非線形弾性
○
○
○
ク リ ープ
○
○
○
弾塑性
○
○
○
非構造質量
○
×
×
基準温度
○
×
×
線膨張
○
○
○
材料構造減衰
○
×
×
チ ュ ーブ
○
×
×
カ ーブ ド チ ュ ーブ
○
×
×
ロッ ド
備考
NX Nastran 更新情報
解析機能
Rel-34
NX Nastran 更新情報
NX Nastran
SOL601
SOL701
断面形状定義
○
○
○
中立軸オ フ セ ッ ト
○
×
×
せん断中心オ フ セ ッ ト
×
×
×
まげね じ り
×
△
△
非構造質量
○
×
×
小ひずみ弾塑性
×
○
○
材料特性温度依存性
○
×
×
弾塑性温度依存性
×
×
×
基準温度
○
×
×
線膨張
○
○
○
材料構造減衰
○
×
×
断面形状定義
○
○
○
中立軸オ フ セ ッ ト
○
×
×
せん断中心オ フ セ ッ ト
○
×
×
断面変更
○
×
×
まげね じ り
○
△
△
せん断緩和
○
×
×
非構造質量
○
×
×
小ひずみ弾塑性
○
○
○
材料特性温度依存性
○
×
×
弾塑性温度依存性
×
×
×
基準温度
○
×
×
線膨張
○
○
○
材料構造減衰
○
×
×
接触/解法
○
○
○
静止摩擦
○
×
×
動摩擦
○
×
×
解析機能
要素性能
バー
ビーム
ギャ ッ プ
備考
要素性能
SOL601
SOL701
厚さ
○
○
○
オフセ ッ ト
○
×
×
サン ド イ ッ チモデル
○
×
×
平面応力/ メ ン ブ レ ン
○
×
×
非構造質量
○
×
×
小ひずみ弾塑性
○
○
○
大ひずみ弾塑性
×
○
○
弾塑性温度依存
×
○
○
材料物性温度依存
○
○
○
等方性
○
○
○
直交異方性
○
○
○
異方性
○
×
×
基準温度
○
×
×
線膨張
○
○
○
材料構造減衰
○
×
×
コンタク ト
×
○
○
厚 さ /積層
○
○
×
オフセ ッ ト
○
×
×
積層破壊モデル/層間破壊モデル
○
×
×
非構造質量
○
×
×
小ひずみ弾塑性
○
○
×
大ひずみ弾塑性
×
○
×
弾塑性温度依存
×
×
×
材料物性温度依存
○
×
×
等方性
○
○
×
直交異方性
○
○
×
異方性
○
×
×
基準温度
○
×
×
線膨張
○
×
×
材料構造減衰
○
×
×
要素性能
シ ェル
備考
NX Nastran 更新情報
NX Nastran
解析機能
積層
Rel-35
Rel-36
NX Nastran 更新情報
NX Nastran
SOL601
SOL701
厚さ
○
○
×
非構造質量
○
×
×
小ひずみ弾塑性
○
○
×
大ひずみ弾塑性
×
○
×
弾塑性温度依存
×
○
×
材料物性温度依存
○
○
×
ク リ ープ
○
○
×
超弾性
○
○
×
等方性
○
○
×
直交異方性
○
×
×
異方性
○
×
×
基準温度
○
×
×
線膨張
○
○
×
材料構造減衰
○
×
×
溶接要素 CWELD
○
×
×
スライ ド ライン
○
×
×
メ ンブレン
○
×
×
軸対称
○
×
×
軸対称シ ェ ル
○
×
×
超弾性軸対称
○
○
×
小ひずみ弾塑性
○
○
○
大ひずみ弾塑性
×
○
○
弾塑性温度依存
×
○
○
材料物性温度依存
○
○
○
ク リ ープ
○
○
○
超弾性
○
○
○
ガスケ ッ ト
×
○
○
等方性
○
○
○
直交異方性
○
○
○
異方性
○
×
×
基準温度
○
×
×
線膨張
○
○
○
材料構造減衰
○
×
×
解析機能
要素性能
平面ひずみ
ソリッド
備考
熱解析機能の更新情報 (Femap/Thermal)
7
Rel-37
Femap/Thermal , Flow 更新情報
Femap v9.2 の リ リ ースに と も ない更新 さ れた、Femap/Thermal , Flow の機能を以下に示 し ま
す。
1. 熱解析機能の更新情報 (Femap/Thermal)
1.1 熱境界条件機能の拡張
1.1.1 PID 制御 (Advenced Thermal)
P.I.D 制御の ヒ ー タ ーを モデル化で き る よ う に し ま し た。P.I.D コ ン ト ロー ラ ーは制御シス テム
の中 で 標準的に使われ る フ ィ ー ド バ ッ ク デバ イ ス の一つ で す。サー モ ス タ ッ ト と 同様に、
P.I.D コ ン ト ロー ラ ーは、過渡解析でのみ有効です。
流入熱量、比例ゲ イ ン、積分ゲ イ ン、微分ゲ イ ン、バイ アス、設定温度を入力値 と し ます。
1.1.2 温度境界
解析結果か ら温度固定の境界条件を定義で き る よ う に し ま し た。
1.1.3 境界条件のマ ッ ピ ン グ
 対流境界のマ ッ ピ ン グに追加 し て、 熱流束のマ ッ ピ ン グ を行 う こ と がで き る よ う に し ま
し た。 定常解析、 過渡解析のいずれの結果も マ ッ ピ ングする こ と がで き ます。
 対流境界条件を マルチ レ イ ヤプ レ ー ト 要素 も し く はプ レ ー ト 要素の表面、 裏面にマ ッ ピ
がで き ます。
 対流境界条件、 熱流束境界条件を軸対称モデルにマ ッ ピ ン グで き る よ う に し ま し た。
1.2 熱伝導のモデル化
熱伝導のモデル化で要素外心法 (Element Center method) を使用する際の要素数の最大値を
100 万か ら 500 万に増や し ま し た。
Femap/Thermal , Flow 更新情報
ン グで き る よ う に し ま し た。 定常解析、 過渡解析のいずれの結果 も マ ッ ピ ン グする こ と
Rel-38
Femap/Thermal , Flow 更新情報
1.3 熱結合
熱結合 (Thermal Coupling) の
輻射熱結合 (Radiation) の機能
を 強化 し ま し た。こ れ ま で の
グ レ ーボデ ィ ビ ュ ー フ ァ ク タ
に加え て、ScriptF 値を定義で
き る よ う に し ま し た。ScriptF
値は、熱赤外放射率 に グ レ ー
ボデ ィ ビ ュ ー フ ァ ク タ を乗 じ
た値です。
1.4 出力結果の追加
新たに以下の解析結果を出力で き る よ う に し ま し た。こ れに伴い、出力結果のベ ク ト ル名の う
ち [Heat Flux] を [Conductive Flux] に変更 し ま し た。
 [Total Load/Flux]
 [Phase Change Quality]
輻射解析機能の更新情報 (Femap/Thermal)
Rel-39
2. 輻射解析機能の更新情報 (Femap/Thermal)
2.1 ソ リ ッ ド 要素によ る輻射面の設定
ソ リ ッ ド 要素の フ リ ー フ ェ イ ス を輻射面に設定で き る よ う に し ま し た。ソ リ ッ ド 要素のマ テ
リ アルで設定 し た熱光学特性を用いて、フ リ ー フ ェ イ スで輻射熱交換を計算 し ます。
2.2 輻射要素機能の拡張
輻射要素の表面 (Front) と 裏面 (Reverse of) 間の熱交換のモデ リ ン グを簡単に行え る よ う に し
ま し た。
[Create Reverse Side] ダ イ ア ログから表面 と 裏面の間を [Heat Transfer Coefficient] も し く は
[Effective Emissivity] を用いて自動で結合 し ます。こ れま では、表面 と 裏面の熱交換のモデ リ
ング を行 う ために熱結合を別途作成する必要があ り ま し た。
空の散乱輻射率 (Diffuse Sky Radiation Factor) に "1" 以上の値を設定で き る よ う に し ま し た。
こ れによ り 、大気の混濁度合いが高い状態を シ ミ ュ レーシ ョ ン で き る よ う にな り ま し た。
2.4 Hemicube 法の機能強化 (Advenced Thermal)
 計算を オ フ ス ク リ ーン で行 う よ う に し ま し た。 以前のバージ ョ ン では、 計算時に小 さ な
ス ク リ ーンが表示 さ れていま し たが、 こ のス ク リ ーンが他のウ ィ ン ド ウで隠 さ れる と 計
算がで き な く な る不具合があ り ま し た。 計算の進行状況は、 [Solution Monitor] に表示 さ
れます。
 解析に影響 し ない小 さ な ビ ュ ー フ ァ ク タ を削除する ための新 し いアルゴ ニズムを導入 し
ま し た。 こ のアルゴ ニズムの導入で解析時間が短縮 さ れます。
Femap/Thermal , Flow 更新情報
2.3 日照解析機能の拡張 (Advenced Thermal)
Rel-40
Femap/Thermal , Flow 更新情報
3. 流体解析機能の更新情報 (Femap/Flow)
3.1 非ニ ュ ー ト ン流体のサポー ト
非ニ ュ ー ト ン流体を モデル化で き る よ う に し ま し た。非ニ ュ ー ト ン流体のモデル化は、Power
Law model, Bingham plastic model, Herschel-Bulkley model のいずれかを用いて行います。
 Power Law model は、 溶解ポ リ スチ レ ン、 ポ リ マー、 塗料のよ う なス ラ リ ー状も し く は
ペース ト 状の流体のモデル化に適用する こ と がで き ます。
 Herschel-Bulkley model は、 粘塑性流体に適用する こ と がで き ます。 粘塑性流体の例 と し
て、 血液、 ス ラ リ ー状の粘土、 マ ヨ ネーズ、 歯磨き粉があ り ます。 "Power Law index" を
1 にする こ と で、 Bingham plastic model を モデル化で き ます。
3.2 超音速流体のサポー ト
 マ ッ ハ 4 ま での超音速流体を
サポ ー ト す る よ う に し ま し
た。 以前のバージ ョ ン では、
流体の速度がマ ッ ハ 1 を超え
る と 解が不安定に な る 傾向
が あ り ま し た。 [3D
Flow
Auto-Connect Options] ダ イ
ア ロ グの [High Speed Flow]
のチ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オ ン
にする こ と で、 全エ ン タ ルピ
の式を支配方程式に適用 し 、
こ の問題を解消 し ます。
 超音速流入境界 (Supersonic Inlet) を設定する ための新 し いボ タ ン を追加 し ま し た。
3.3 3-D Flow と Duct Flow のカ ッ プ リ ング (Advanced Thermal/Flow)
Advanced Thermal でモデル化 し た Duct Network と Flow で モデル化 し た 3 次元の流体を カ ッ
プ リ ング し て一つの ド メ イ ン と し た解析を行 う こ と がで き ます。
Duct Network を使 う こ と で、ダ ク ト 、パイ プ、周期性のある構造物のモデル化を効果的に行 う
こ と がで き ます。
3.4 流体要素 タ イ プ
二次 ソ リ ッ ド 要素を モ デ リ ン グに使用で き る よ う に し ま し た。解析では、二次 ソ リ ッ ド 要素
は、線形 ソ リ ッ ド 要素 と し て取 り 扱われます。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
22
File Size
1 638 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content