close

Enter

Log in using OpenID

ノイズスケール

embedDownload
M
磁気式リニア用表示カウンタ MA508 取扱説明書
磁気センサー・電池内蔵 コンパクトカウンタ
MA508-A-02
1、はじめに
このたびは、SIKO社製磁気センサー・電池内蔵型コンパクトカウンタ、MA508をお買い上げ
頂き、誠にありがとうございます。
本製品は、工作機械等に対応の磁気スケールと共にセットし、移動体の移動量を検出、表示
する為の物です。
本製品を安全にお使い頂く為に、この説明書をよくお読みの上、正しくセットしてお取り扱い
下さい。
注意
◆本製品は精密部品で構成されております。落としたり、強い衝撃を加えたりしないよう
取扱には十分注意して下さい。
◆本体に切粉、水、油等がからないようにして下さい。また、塩分、蒸気、腐食ガスの
雰囲気中でのご使用は避けて下さい。故障の原因となります。
◆本製品に高圧線や動力線を近づけると、誤作動や破損の原因となる場合があります
ので、30㎝以上離して下さい。
◆外来ノイズを避ける為、出来るだけ短い配線で使用して下さい。
◆分解したりしないで下さい。本製品は工場で精密な調整行い、出荷しております。
分解・解体された場合、精度が保証されなくなり、ケガや故障の原因となります。
◆清掃する際は、乾いた柔らかい布で拭いて下さい。汚れが気になる場合は、中性
洗剤を水で薄めて柔らかい布に浸し、よく絞ってから拭いて下さい。
アルコール、ベンジン、シンナーなどを使うと外装が変色したりする場合があります。
P1
M
2、特徴・仕様
本製品は表示検出一体型測定ユニットです。内蔵された駆動電池により、測長・角度
などの位置情報を長期間(数年単位)保持することが出来ます。
背面に埋め込まれた検出センサーによって磁気スケールの位置情報を検出し、5桁のLCD
にて表示します。
型式
MA508
材質
アルミダイキャスト
センサー
カウンタ内蔵(一体型)
取付方法
パネルマウント
デューティサイクル
電池寿命
20%時 10年 (20℃)
40%時 19年 (20℃)
100%時 6年 (20℃)
3V リチウム電池 電池
電池の電圧低下時、液晶表示器に表示
注.電池交換は出来ません
表示器
液晶(LCD) -表示付き 5桁表示
文字高さ
13mm
カウント範囲
±9999.9
検出速度
Max:4m/s
スケールヘッドギャップ
Max:1.5mm
磁気テープ
巾10mm/厚さ1.7mm
測定長
Max:10m
測定精度
±(0.1+0.03×L)mm (L=m)
パネルスイッチ
3キー メンブレンタイプ
分解能
0.1mm
繰り返し精度
±0.1mm
使用温度
0℃~60℃
保存温度
-20~70℃
湿度
保護等級
95% RH (結露無きこと)
IP40
磁気テープ
MB500-□.□□
注、長さ指定 m単位
ご注文時、有効長をm(+0.1m:デットスペース分)の長さで指定して下さい。
有効長1mの場合、発注型式はMB500-1.10となります。
P2
M
3、設置
本製品の保護等級は『IP40』となっております。必要に応じて水や油などの噴霧水、打撃、
塵埃、極端な温度など、様々な環境影響から製品を保護して下さい。
本製品と磁気スケール、またはそのどちらかを取り付ける際は、”4-2-2カウンタ位置・
角度調整”をよく読み、センサーと磁気テープの間の位置調整が正しく設定出来ていることを
確認して下さい。
4-1.本体固定
本製品を組込型筐体装置に取り付ける場合は、69×49mmのパネル取付穴を開けて、
M3のスタット、ネジによって固定して下さい。
4-2-1.外形寸法
P3
M
4-2-2.カウンタ位置・角度調整
測定を行う際は、磁気センサーと磁気スケールの検出距離は使用範囲内全てで一定かつ、
最大有効幅以内に調整して下さい。(下図参照)
この調整時の作業で発生したエラーは無視して構いません。
また、フルストローク時の累積誤差が測定精度範囲から外れないよう、注意して下さい。
P4
M
5.電気接続
◆ ノイズによる影響
設置場所は、ノイズなどがセンサーに影響を与えることがない場所を選んで下さい。
もしくはノイズの影響(電源切替、モータ、インバータ、リレーなどが原因で起こる事がある)を
必要最小限に抑制、対策してご使用下さい。
◆ 必要な対策
本製品は、ノイズの発生するケーブル・装置から十分に離して配線し、必要に応じて金属
製の筐体を用意して下さい。
ノイズの影響を抑える為、ノイズの発生するケーブルにはシールド線を接続し、電磁スイッチを
使用する際には、コイルにサージキラーを接続して下さい。
◆ 電池
OFFスイッチによりディスプレイの表示を消した後も、表示カウントデータは電池寿命の続く
限りそのカウント情報を保持します。
電池寿命は、使用頻度(デューティサイクル)に依存します。
※詳しくは「2、特徴・仕様」に明記してあります。
注意
内蔵電池電圧が低下した場合、ディスプレイに警告マークが点灯します。
直ちに位置決め操作を完了し、カウンタを交換して下さい。
6.オペレーション及び操作上のモード
フロントパネル上の3個のメンブレン・キーを使ってディスプレイの設定と操作を行います。
◆キーの役割
操作モードによって、キーは様々な役割を果たします。(設定モード・入力モード)
キーを長押しすることによって設定出来るモードもあります。
①
内蔵電池電圧降下警告
①
②
インクリメンタル・モード
②
③
プリセット データ設定モード
③
④
ディスプレイ ON/OFF スイッチ
- プリセット マイナス方向数値設定キー
reset
on/off
⑤
ABS/INC・モード切替スイッチ
⇔ プリセット 設定切替スイッチ
⑥
④
⑤
⑥
現在値 ゼロリセット スイッチ
+ プリセット プラス方向数値設定キー
P5
M
6-1.絶対値(アブソリュート)の測定
電源投入時の位置決めモードは、絶対値(ABS)モードになります。
注意
磁気スケールが検知されていない場合 ”Error”がカウンタに表示されます。
”Error”表示時は一度
reset
キーを押して”Error”を解除して下さい。
その後にスケールの測定基準点に移動し、表示プリセットを行います。
(プリセット値設定方法は 6-3 を参照下さい)
以下の場合、測定システムの現在値設定を調整する必要があります。
① 設置及び各種設定変更を行った後
② ”Error”表示が出た後
③ センサー検出位置が設定公差外で検出結果が合わなかった場合。
表示プリセットは、
reset
キーを押して下さい。
この時表示される値は、プリセット値の設定(6-3)で変更可能です。 (初期値= 0)
6-2.相対値(インクリメンタル)の測定
相対値(インクリメンタル測定)モードへ切り替えます。
キーを押すと現在値が「0」になり、ディスプレイ左に②マークが出現し、相対値モードへ
切り替ります。
更に キーを押すと、絶対値(アブソリュート)モードに戻ります。
警告
相対値モード時、
reset
キーを押すと絶対値モードへ切り替わり、現在値はプリセット値
に変更されます。
P6
M
6-3.プリセット値の設定
◆プリセット値設定モードへの入り方 キーを長押しすると、プリセット値設定モードになります。
(ディスプレイ左に③マーク出現、Error状態では不可)
◆プリセット値の入力方法
設定値をプラスへ調整
→
設定値をマイナスヘ調整
→
reset
on/off
入力したい数値が小さい場合
キーを短く押すと、1ポイントずつ数値変更が出来ます。
入力したい数値が大きい場合
キーを長押しする事で、表示されている数値が高速で切り替ります。
◆プリセット値設定モードから測定モードに戻るには
設定完了後に キーを押すと、絶対値(アブソリュート)モードへ戻ります。
この時は設定前の現在値データが表示されます。
6-4.エラー
エラーが発生した際は、ディスプレイ上に”Error”と表示されます。また、”Error”が表示
されていても、電源のon/offは行えます。
注意
”Error”が表示された場合、位置検出の変化は感知されなくなります。
◆”Error”が発生する主な要因
1) 磁気テープとセンサーとの距離が、最大有効範囲から外れている。
→磁気テープとセンサーとの距離を確認し、最大有効範囲内に調整して下さい。
2) 絶対値(アブソリュート)カウント値が+99´999を超えるか、-99´999以下に
なってしまった場合。その状態で電源を入れた際は、「FULL」が表示されます。
但し、カウンタ内の位置データは内部で保持されています。
→ 使用可能範囲内で使用して頂き、表示をプリセットしてからご使用下さい。
3) センサーの検出可能速度を超えてしまい、位置検出が出来ない。
→ センサーの移動速度を下げて(4m/s以下)ご使用下さい。
P7
M
◆”Error”状態からの復帰
on/off
キーを押し、表示をリセットします。センサー部の位置を測定可能な範囲内に
reset
調整してから キーを押して復帰します。
この時に表示される値は、プリセットで設定した値となります。
以下に設定モード表及びキー操作一覧を示します。
ABS測定
INC測定
reset
on/off
操作モード 長押し時間
1秒以下
2秒以上
1秒以下
INC測定切替
表示ON/OFF
2秒以上
プリセット値設定
ABS測定切替
プリセット値
設定
1秒以下
マイナス設定
2秒以上
マイナス設定(高速)
エラー
表示時
1秒以下
2秒以上
表示ON/OFF
プリセット値
表示
プラス設定
プラス設定(高速)
変化なし
エラー復帰
(プリセット値表示)
7.トラブルシューティング
トラブル内容:
● ”Error”表示が消えません。
解決策/推定される要因:
◆ 磁気テープとセンサーとの「距離」または「角度」が、設置許容範囲から
外れている。
◆ 磁気センサーと磁気テープの状態、設置公差を確認し、調整して下さい。
トラブル内容:
● ディスプレイ上にバッテリーマークが表示されます。
解決策/推定される要因:
◆ 内蔵電池電圧の低下になります。初期不良の場合は、最寄の弊社営業所へご連絡
下さい。(無償保証は購入後1年まで。)
使用バッテリー対応年数は100%使用で6年ですが、使用条件(温度が23℃一定)の
場合であり、温度変化での影響は含まれておりません。
P8
M
8.保証
■納入後の保証について
弊社製品の保証期間は納入後1年間です。保証期間中は部品不良または製造上の
原因による故障は、無償で引き取り修理を致します。
但し、次のような場合は保証期間中でも有償修理となる可能性があります。
・ 指定電源外の使用または電源異常による故障の場合
・ 火災、地震、風水害、ガス害、落雷、暴動、テロ行為、戦争行為、
放射能汚染及びその他天変地異などの不可抗力事故の場合
・ お客様の故意による故障または損傷の場合
・ 保証書を無くされた場合
・ 機械が転売された場合
この保証は国内外に適用されますが、製品の修理または交換のみとし、貴社指定
場所へ弊社負担によりご送付致します。なお、ここで言う保証とは本製品単体の保証を
意味するもので、納入品の故障により誘発された損害は保証の対象外となります。
■注記
・ 本書内容の全部または一部を無断で転載することを禁じます。
・ 製品の仕様及び本書の内容に関して、将来予告無しに変更する場合が
あります。
・ 本書の内容については万全を期しておりますが、万一ご不明な点や、
誤り、お気付きの点がございましたら、弊社またはお買い求めの販売店に
ご連絡下さいますようお願い申し上げます。
・ 運用した結果の影響につきましては、上記の内容に関わらず責任を負い
かねますのでご了承下さい。
P9
M
株式会社ムトーエンジニアリング
本社
東京都世田谷区池尻3-1-3
●お問い合わせは
〒154-8560
東京
HOME-PAGE
東京都世田谷区池尻3-1-3
http://www.mutoheng.com
〒154-8560 TEL 03-6758-7133
中部
愛知県名古屋市千種区姫池通2-8
[email protected]
〒454-0055 TEL 052-762-5217
関西
E-mail
大阪府豊中市新千里西町1-1-8 第一火災千里中央ビル1F
〒560-0083 TEL 06-6871-9231
P10
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
510 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content