close

Enter

Log in using OpenID

必要ならダウンロードして - Ruby on KWU Home Page

embedDownload
Cygwin、Emacs インストールマニュアル
(1)LAN の接続方法
①有線
・ブラウザ(Internet Explorer など)にアクセス
・ブラウザのアドレスバーに「1.1.1.1」と入力
・ユーザ名(k から始まる京女のユーザ名)とパスワード入力
②無線(S・F・Y・U 校舎のみ)
・[スタート]→[ネットワーク]→[ネットワークと共有センター]を選択
・[新しい接続またはネットワークをセットアップ]を選択
・[ワイヤレス ネットワークに手動で接続します]を選択し、[次へ]をクリック。
・[ネットワーク名(SSID)][ネットワーク認証][データの暗号化][ネットワークキー]
を以下のように設定し、[この接続を自動的に開始します]にチェックを入れ、[次へ]を
クリックします。
・ネットワーク名(SSID):kyoto-wu2011
・セキュリティの種類:WPA2-パーソナル
・データの暗号化:AES
・セキュリティ キー:marutakeebisu2oshioike
・ [正常に kyoto-wu2011 を追加しました]と表示されているのを確認し、[[ネットワー
クへの接続ダイアログ]を開いています]を選択します。
・[表示、修正、並べ替えが可能なネットワーク]の一覧に[kyoto-wu2011]が追加されて
いることを確認し、画面を閉じます。
→ブラウザを起動
ユーザ名とパスワードを入力し[Log in]ボタンクリック
(2)Windows8 の基本設定
・スタートページで Windows キーを押しながら、X キーを押す(Win-X)
。
→メニューが現れる。
・メニューの[デスクトップ]をクリック
→Windows7 までのようなデスクトップになる。
*エクスプローラー:Windows7 までのメニューでのコンピューターに相当
(3)小波先生のページへのアクセス方法
・ブラウザで「小波」で検索
・トップのサイトをクリック
・[情報系科目:情報学基礎 II,アルゴリズムとデータ構造,プログラミング実習 I/II,数
理モデル]をクリック
・[→PC でプログラミング]をクリック
(4)Firefox のインストール
・[PC でプログラミング]ページの「インストールの流れ」– [1.Firefox のインストール]
をクリック
→Firefox インストールの手順に従う
※以下、小波先生ページの[1.Firefox のインストール]内の内容と同じ。小波先生ページ
では画像付きで説明されてある
・Firefox 無料ダウンロード(検索エンジンで”Firefox”と検索しても無料ダウンロードペ
ージにアクセスできる)をクリック
・途中、「実行」または「保存」しますかという表示画面が出たら「実行」をクリック
・あとは画面の指示に従ってインストールを進める
・以降、「実行」,「同意する」,「次へ」,「標準」などのデフォルト設定でインストール
を進める
→また、他のブラウザから設定を「インポート」するの場合もクリック
・Firefox を起動する(以降、Firefox で作業)
・Firefox の画面左上[Firefox]→[オプション]→[一般タブ]にて「ファイルごとに保存場所
を指定する」にチェック
・Firefox の画面上の[ツール]→[オプション]→[コンテンツタブ]にある「フォントと配色」
にて「サイズ」を”12”か”13”にする
※この後の作業は Firefox で進める
(5)インストールのための準備
ハードディスク
・[スタート]→[エクスプローラー]で H D が ”C:” と ”D:” の 2 つある場合は ”D:”
を、”C:” のみの場合は ”C:” を使う。
※以下 “X:” は、”C:”, “D:” のどちらか自分が当てはまる方に読み変えて進める
・[エクスプローラー]画面左上の[表示]タブをクリック→[ファイル名拡張子]にチェック
・ダウンロードするファイルの置き場所を ”X:” に作る
[スタート]→[エクスプローラー]→[ローカルディスク(X:)]を開く→フォルダ内で[右ク
リック]→[新規作成]→[フォルダ]をクリック。
このフォルダの名前を“download“に変更する。以降ファイルのダウンロード先はこ
の”download“フォルダとする。
・ホームディレクトリを作る
ドライブ X:(C:または D:) の中に“home”フォルダを作る。作り方は上の“download”
フォルダ作成と同じ。
この”home“フォルダは、自分のファイルを置いたり、プログラムを作成したりする
仕事場の玄関として使う。
・環境変数の設定
[コントロールパネル]→([システムとメンテナンス]これはないときもある)→[システ
ム]→システムのプロパティボックスが開く
システムのプロパティボックスにて、[詳細設定]をクリック→[環境変数]をクリック→
[新規]をクリック→“変数名”には「home」、“変数値”には「X:¥home」(X:は C:か
D:)と入力する→[OK]
(6)Cygwin と Ruby のインストール
・Cygwin は Windows 上で走る 擬似 Unix 環境である。Wiwdows という OS の 上
に Unix という別の OS が乗っていると思えばよい。Cygwin を 利用することによ
って,強力なコマンド群とシェルを活用して プログラミングを行うことができる。
・64 ビット CPU 対応かどうかの確認方法
Cygwin のアプリケーションには、64 ビット CPU 対応の“setup-x86_64.exe”と、そ
れ以外の“setup-x86.exe”が存在する。
自分の PC が 64 ビット CPU 対応なのかどうかを確認する必要がある。
→【確認方法】[コントロールパネル]→[システム]をクリックすると、コンピュータの
基本的情報が表示される。その表示内の「システム」内にある「システムの種類」に
そのコンピュータのオペレーティングシステムが何ビットなのか記されている。
例)64 ビット オペレーティング システム
※例の場合、64 ビット CPU 対応の“setup-x86_64.exe”をダウンロードする。
・Cygwin のサイト(http://cygwin.com/)にアクセスする→左側メニュートップの“Install
Cygwin”をクリックすると、
“Install and Updating Cygwin”というタイトルページ
になる→“setup.exe”をクリック(※この“setup.exe”は上記の確認で 64 ビット対
応なら“setup-x86_64.exe”を、それ以外なら“setup-x86.exe”を当てはめる)
→ボックスが現れた場合[ファイルを保存]をクリック→ダウンロードのためのボック
スが開く→[ローカルディスク(X:)]→[download]
[download]内で右クリック→[新規作成]→[フォルダ]で新規フォルダを作成→このフォ
ルダの名前を“cygwin”に変更→“cygwin”フォルダ内に入る→[保存]
・ダウンロードが終了したら[エクスプローラー]→[ローカルディスク(X:)]→[download]
→[cygwin]内に保存した“setup.exe”をダブルクリックして、インストール開始
・セットアップの操作
基本的には[次へ]を押し、そのまま進む
-ダウンロードするサイトの選択
途中、ダウンロードするサイトの選択画面になる。選択するサイトは国内サイト(ドメ
イン名が“.jp”で終わるもの)を選ぶ。
-インストール内容の設定
下の方にある“Ruby”のところをクリックし、表示を“Install“にする→[ 次へ]
※ダウンロードが 100KB/s を超えていればストレスなく進む。しかし表示される速度
が 100KB/s を超えることがなければ中止し、別サイトを選んでやり直す。
-最後に“Instalation Complete!”などの表示が出れば終了
この時点でデスクトップに Cygwin のショートカットが作られているはず
・Cygwin のシェルの設定
小波先生ページから“.profile“ファイルをダウンロードする(ファイルの場所は、(3)
の[PC でプログラミング]にある[Cygwin と Ruby のインストール]→下の方「Cygwin
のシェルの設定」にある)
“.profile”を開く→[名前を付けてページを保存](ブラウザのファイルメニューから、
もしくは右クリックから)→保存先は“X:¥home”のなかに保存
・Ruby の確認
デスクトップの Cygwin Terminal をダブルクリック→“ruby --version”と入力→
[Enter キー]→Ruby がインストールされていれば Ruby のバージョンが表示される
(7)GNU Emacs のインストール
・インストールの段取り
「Emacs for Windows」のダウンロードページの下方にある”emacs-2x.x-bin-i386.zip”
というファイルのうち、最もバージョンが大きいもの(新しいもの)をダウンロード→
ダウンロード先は、”X:¥download”
→ダウンロードしたファイルをダブルクリックして展開を指示して進める→進める
と”emacs-2x.x-bin-i386”というフォルダの中に展開される
→この”emacs-2x.x-bin-i386”フォルダ内にある”emacs-2x.x”フォルダを”C:¥”
の下にドラッグ&ドロップで移動させる
→移動してきたフォルダの名前を”emacs”に変更
・設定ファイルを置く
Cygwin のターミナル(シェル)を開く
→ターミナル上で「rm –f .emacs」とタイプしリターンキーを押す(この作業は、
Meadow の設定のために置かれている”.emacs”というファイルを削除するもの)
→「mkdir .emacs.d」とタイプして、”.emacs.d”というディレクトリを作成する
※この際、”File.exists.”というエラーメッセージが出る場合があるが、その時すで
にこのディレクトリが作られているので気にせず進む
→PC でプログラミングページにある「GNU Emacs と Google 日本語入力のインスト
ール」のページ内にある“init.el というファイルへのリンク”をクリックし、右クリッ
クして「別名で(名前をつけて)リンク先を保存」とする。 先程 Cygwin 上で作成し
た“ .emacs.d” の中にダウンロード(保存)する.
→「emacs &」とタイプし、Emacs が立ち上がることを確認
→設定が正しく行われていれば、青の透過色のオープニング画面が出てくる
※Emacs が立ち上がらない場合は,小波先生のホームページ内の「PC でプログラミン
グ」にある「GNU Emacs と Google 日本語入力のインストール」ページの下方にある
対策を試してみること
(8)Google 日本語入力のインストール
・PC でプログラミングページにある「GNU Emacs と Google 日本語入力のインスト
ール」の下方「Google 日本語入力のインストール」の項目から、
“Google 日本語入力
のページ”にアクセス
・ダウンロードボタンを押して,ダウンロードとインストールを実行
・[コントロールパネル]→[キーボードまたは入力方法の変更]→[キーボードと言語]→
[キーボードの変更(ボタン)]で現れるメニューから「追加」をクリック。そうして
Google 日本語入力をインストールされているサービスに加える.
※場合により、デスクトップまたはタスクバーの言語バーをいじり 入力方法を
Google 日本語入力に変更する必要があるかも知れない。
・Emacs の scratch 画面(Emacs 画面上部のメニューバーの Buffer を開いて選ぶこ
とができる)などで適当に日本語を入力してみて機能していることを確かめる。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
252 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content