close

Enter

Log in using OpenID

イングランド - 全国手話通訳問題研究会

embedDownload
イングランド、ウェールズ、北アイルランド
サラ・ヘインズ [email protected]
WASLI カントリーレポート
国名:イングランド、ウェールズ、北アイルランド
協会名:手話通訳者協会、ASLI
イングランド、ウェールズ、北アイルランドの総人口はおよそ 5,500 万人であ
る。
(スコットランドの人口も加えるとイギリスとしての人口は 6,000 万人を超
えます)正確なろう者の数はわからないが、5 万~7 万人の BSL を使用するろう
者がいると言われている。
ろう者社会の現状
イギリス手話(BSL)は在来イギリス言語として政府より認められているが、い
まだに法的保護はない。つまり、ろう者へのサービス、教育、雇用のための支
援は、障害者法制または「平等」法制によって行われている。最も新しいもの
は 2010 年 か ら 施 行 さ れ て い る 平 等 法 で あ る 。
http://www.equalities.gov.uk/wquality_act_2010.aspx. 人権関連の法律に
より差別はとがめられる。
イギリスのろう者は比較的サービスを受けやすく、あらゆるレベルでの職業に
つくことも可能であるが、ほとんどは地位の低い仕事である。職場における全
ての障害者に対して、イギリス政府 は“職業へのアクセス(Access to Work)”
と呼ばれる資金援助を提供している。それによってろう者は通訳支援を受ける
ことができる。この支援は無制限ではないが、ろう申請者は個々に評価を受け、
職務上の通訳サービスのための予算を割り振られる。
ほとんどのろう児は学校でメインストリーム教育を受けている。手話による支
援がつくこともあるが、多くの場合は口話法またはいくつかの支援方法を併用
して行われている。国内にろう学校はわずかしかないが、多くは過去数十年の
間に閉校となっている。これはメインストリーム方針校にできるだけ多人数の
児童をインクルージョンさせようとする政府施策によるものである。このよう
にまだ存在しているろう学校も多く閉校の危機にさらされている。
現在、多くの子どもたちは人工内耳を装用し、またより幼いろう児の大多数は
人工内耳を装用している。
手話はメディアにおいて目立ちやすいものであるが、BSL による視覚的な通訳は
ほんのわずかなテレビ番組でしかつけていない。社会的には手話は人気がある。
何十万もの聴者が初級程度の手話を学んできているが、ろう者の立場ではいま
だに支援を得ることについてはバリアが多い。
BDA(イギリスろう協会 http://bda.org.uk/) という全国ろう者協会がある。こ
の協会は今年組織を改編し、現在の重点的取り組みは BSL を使用したサービス
の利用を向上する呼びかけと、BSL をイギリスの法律に認知されるための準備で
ある。
手話通訳の現状
イギリスでは通訳利用者のための保障措置として手話通訳者の登録システムが
ある。登録には、通訳者は保険に入り、過去に犯罪歴がないかを調べる犯罪記
録局のチェックを受けることが求められる。通訳者を含む、ろう者及び盲ろう
者と共に働く全ての言語支援専門家は、現在、ろう者及び盲ろう者との全国コ
ミュニケーション専門家登録協会(NRCPD)www.nrcpd.org.uk に登録することが
できる。通訳者はこの登録に際して、他の音声言語の習熟レベルと同等である
と見なされる、全国言語センター(CILT)全国職務基準に達していることが求
められる。これは現在ではイギリス手話のレベル6と、イギリス手話と英語間
通訳のレベル4とされている。
( http://www.cilt.org.uk/home/standards_and_qualifications/uk_occupati
onal_standards/interpreting.aspx)
多くの通訳者は大学での学習を通してこれらのレベルに到達している。現在で
は学部課程が設けられており、そこで通訳研修の一部を受けることが可能で、
これは修士レベルの資格認定の一部を満たしている。適正な能力水準の保証証
明を備えた職業専門コースを経て資格を習得する通訳者が増えている。これら
の研修経験により、各自の言語能力に応じて、研修員補佐(Junior Trainee)、
または研修員通訳者(Trainee Interpreter)として研修コース別に登録されて
いる。登録により通訳の仕事をするが、プロとしての完全な地位を得るまで研
修を続ける。
現状はプロ通訳者、研修員、研修員補佐の合計で約 1000 人の通訳者がいる。現
在の2つの研修員レベルを1つの“研修”レベルに置き換えるための支援状況
の確認を協議中である。この登録は、通訳者として活動するための法的要件で
はない。そのため、コミュニティ内や教育現場で活動している登録をしていな
い通訳者の数はわからない。
この登録は、会員同士の協会で支援も提供している手話通訳者協会(ASLI)
www.asli.org.uk.とは別のものである。ASLI は通訳者に対してネット討論会や
地域内会合の機会等の支援ネットワークを提供している。ここには、あらゆる
レベルの通訳者に対して、研修を受けた指導者を付けるという指導教育計画の
広がりがある。そして全国組織と政府(そしてはるか遠くの WASLI)とともに必
要な代表者の役割を担っている。ASLI はまた、2年ごとに会議を開催している。
2012 年は ASLI の 25 周年記念である。
最近の通訳部門の発展状況
最近は資格を持った熟練の通訳者に対して、研修と向上についてより重要視さ
れている傾向がある。ASLI によって設立された CPD(継続的専門性向上)計画
は、専門家としての向上に大いに携わっている全ての通訳者に対して奨励され
ているが、その会員は年内に CPD 取り組み記録の提出を求められている。この
計画は私たちの目的である“通訳者と専門職の向上”に合致している。
最近の別の展開としては、パソコンやテレビ電話を使用する遠隔ビデオリレー
通訳への関心の高まりがある。これはろう者がテレビ電話を使って通訳を通す
ことが可能である。通訳サービスを使用できるこのシステムを用いている特に
専門家のろう者の数は、少ないけれども増加している。このシステムに対する
全国的な整備は整っていないが、数年の内に爆発的に増加すると予測している。
ろう通訳者の登録
近年の大きな進歩のひとつとしては、ろう通訳者の登録機会の広がりがある。
最初に 2010 年 9 月から 2 つの手話間の通訳技能が十分であるろう通訳者を登録
できるようになった。その後引き続き、書き言葉と手話間のろう通訳者と、言
語修正にかかわる人にも登録が広がるだろう。これはイギリスの通訳専門家に
とってうれしい展開であった。ASLI はろう通訳者を支援し続け、専門的団体の
メンバーとして多くのろう者との関係を積極的につなげて行きたいと考えてい
る。
経済的影響
昨今は財政削減や緊縮政策が各国で影響を及ぼしており、これはイギリスも例
外ではない。イングランド、ウェールズ、北アイルランドで活動する通訳者の
ほとんどは自営業である。
(ASLI による 2011 年の謝礼金、給与調査では 77%の
ASLI 会 員 は フ リ ー ラ ン ス で あ る と 報 告 さ れ て い る 。
http://www.asli.org.uk/fees-salaries-report-p122.aspx)また、多くの通訳
者は将来の収入に不安を抱いている。経費削減が強まると、養成を受け、資格
を持つ通訳者は脇へ追いやられ、通訳養成が十分ではない人たちとより安く契
約するという懸念がある。さらに、ろう者学コースを閉じる大学が出てきてい
る。最も影響が大きいのは、多くの優秀な通訳者が養成を受けてきたブリスト
ル大学のろう者学課程の終了である。イギリスでの通訳という職業は高い地位
的レベルを維持しており、これはろうコミュニティからの期待度に反映されて
いる。社会のあらゆるレベルにあるろう者にサービスを高品質で享受できるこ
とを保証している労力の多い仕事が、経費削減によって危機にさらされる恐れ
がある。ASLI は、多くの場合、通訳者を依頼者に派遣している代理店と共に活
動している。そのことによって代理店が通訳の高品質を維持することを確保す
るよう務めさせる目的がある。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
175 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content