close

Enter

Log in using OpenID

濁 度 - Turbidity

embedDownload
濁 度 - Turbidity
液体の濁りは漂った微粒子が原因
濁 度 と は
濁度はネフェロ分析濁度ユニット(Nephelometric Turbidity Units; NTU)で計測される液体中の非溶解微粒子の密度のことです。濁度はサンプ
ルの透明度や不透明度の重要な単位になります。
濁ってくすんでいる色の水は高濁度状態を示し、透明や半透明の水は低濁度状態といえます。高い濁度値はてシルト、泥、微生物や有機物の
微粒子が原因とされます。濁度はこれらの微粒子対して直接計測する訳ではなく、これら微粒子の光散乱を利用して計測されます。
濁 度 の 重 要 性
水の透明度判定は飲料製造業、食品加工業、飲料水製造工場のような多くの製造分野で重要になります。
たとえば飲料水用途では、濁度値がバクテリア、病原菌や消毒工程を潜り抜けた有害な有機体などの存在を判定する指標になっています。
それゆえ、水処理工場にとって清潔さを保証する濁度測定は非常に重要です。
産業分野では、処理・製造工程での効率性を検証する品質管理方法の一部として濁度は使用されています。
正 し い 測 定 方 法
濁度はとても複雑な分析計測方法で多くの外部要因-検知角度、光線の開口、入射ビームの波長やフォトセルの感色性のような装置固有のデ
ザイン-によって影響を受けやすいが、迷光、気泡やバイアルへの配慮等、装置やアクセサリの適切な配慮を通じて未然に防ぐことができま
す。
Eutech 社 CyberScan TB 1000 は、NTU 測定の US EPA 180.1 規格に準拠した濁度計です。赤外光源仕様は ISO 7027 基準にも合格して
います。また Eutech 社製防水型ハンドヘルド濁度計 TN100 は、US EPA 認証の non-formazin 規格と ISO 7027 に順守しており、持ち運び
が便利で素晴らしい精度と再現性をもっています。
サ ン プ ル バ イ ア ル の 取 扱 い 方 法
サンプルバイアルは細心の注意を払って重大なスクラッチを防止し清潔に取扱わなければなりません。屋外での取扱時は薄いシリコンオイルを
コーティングしてください。これにより小さな欠陥とスクラッチを隠し正常な迷光の手助けになります。サンプルバイアルは光路の妨害をするような
汚れや指紋の付着を避けるために必ず上部をもって取り扱ってください。
良 い サ ン プ ル バ イ ア ル
濁度測定の良い精度と再現性はシングルもしくはインデックス付バイアルの使用で実現します。しかし、より利便性を考慮して異なったバイアル
を用いて同じ溶液を測定することも可能です。つまり、メーターは同じ読み込みもしくはテスターの特定精度の再現性・精度内で測定を行いま
す。
1
濁
度
サ ン プ ル の 適 時 性
温度、沈下による微粒子の変質を避けるためにサンプルはすぐに計測してください。もし沈殿物が存在する場合、微粒子の活動や新しい微粒子
の創出による温度変化が微粒子に影響を与えるので注意してください。また希釈水は微粒子を溶解し性質を変える恐れがあります。したがって、
濁度計の測定準備が整った後にサンプルを取り出すことを推奨します。装置のウォームアップ時には、サンプルのセッティングはやめてくださ
い。
重 要 な サ ン プ リ ン グ 手 法
1.
微粒子が破壊されたり、液体に空気が入る恐れがありますので、サンプルを強く振ったり、強くかき混ぜたりしないでください。旋回するよう
にやさしくサンプルバイアルをかき混ぜるのは、微粒子の沈下を減らすための良い方法になります。
2.
サンプルバイアルは本来の使用目的以外では使用しないでください。
3.
測定時には必ず目視観測を実施してください。サンプル内に泡がないことを確認し、バイアルは清潔でスクラッチがないようにしてください。
4.
濁度計にセットされたサンプルは同じ温度と処理工程で測定してください。温度変化が生じた場合、水溶性コンパウンドの沈殿の原因にな
り、読み取りに影響します。
5.
バイアルが使用可能か否かを判定する場合、サンプルバイアルで低濁度水(洗浄後)を計測してください。もしバイアルが腐食していると判
定された場合はバイアルを廃棄してください。この評価作業を週に 1 度実施することを推奨します。
6.
サンプルバイアルのスクラッチや汚れがひどいと思われるものは、破棄してください。
Eutech 社製 CyberScan deluxe 卓上濁度計 TB 1000 はサンプルをバイアルに移さずに瞬時にサンプリングができます。したがって面
倒のない研究調査が可能です。
飲料水製造工程
水族館
2
Turbidity
濁 度 計
Deluxe Bench & Waterproof Turbidity Meters
Eutech 社の TN 100 と CyberScan TB 1000 濁度計は屋外もしくは研究所内における厳しい要求でも濁度測定をいとも簡単に実施します。ISO
7027 に準拠し、自動マルチポイントプッシュボタンでの校正機能を装備。Eutech 社のオートレンジ濁度計が測定時はいつでも高い品質と精度を
保証します。
RS232C 経由でデータを
キュベットなしでアセンブリモジュールに
PC にダイレクト送信可能
注いで瞬時にサンプリング(注)
CyberScan TB 1000
3 点プッシュボタン校正まで
±2%フルスケールの最適で幅広い精度
オートレンジ機能
幅広い測定範囲で速い反応と高い分解能(0.01NTU まで)
自動校正で ISO や GLP 準拠
ユーザ設定した間隔で再校正のスケジューリング可能
GLP 準拠の時間/日付
自己診断機能
スライド式のクイックガイド
(注)オプションの注ぎ口アセンブリ(C/N: ECPORTHASSY)
TN 100
4 ポイントプッシュボタン校正で幅広い研究精度-順序にそって校正する
必要がない
最新の電源管理機能で単 4 電池 1 本で 1200 回のテスト実施が可能
軽量、IP67 準拠の防水機能で水に浮かぶ
ISO 7027 準拠で US EPA 認証の non-formazin 規格を順守
頑丈なキャリングケース付きの校正標準セット、キュベット、電池と操作
マニュアル一式
用途
頑丈なキャリングケースに格納し
飲物製造、スイミングプール
持ち運びが便利
水族館、環境関係
3
濁 度 計
Turbidity
濁度計仕様と注文案内
CyberScan deluxe 卓上型濁度計
TB 1000W
TB 1000IR
防水型ハンドヘルド濁度計
TN 100
濁 度 計
仕 様
濁度
卓上型濁度計、GLP、RS232C
ネフェロ方式、ISO7027準拠
0 ~ 1000NTU
測定パラメータ
特徴
方式
範囲
軽量、IP67防水
オートレンジ選択
0.00 ~ 9.99 NTU
10.0 ~ 99.9 NTU
100 ~ 1000 NTU
0.01 ~ 19.99 NTU
20.0 ~ 99.9 NTU
100 ~ 1000 NTU
分解能
0.01NTU (0 ~ 9.99NTU)
0.1 NTU (10 ~ 99.9 NTU)
1 NTU (100 ~ 1000 NTU)
0.01 NTU (0 ~ 19.99 NTU)
0.1 NTU (20.0 ~ 99.9 NTU)
1 NTU ( 100 ~ 1000 NTU)
相対精度
読込の±2 %
0 ~ 500 NTU: 読込の±2%±1digit
501 ~ 1000 NTU: 読込の±3%±1digit
再現性
校正
校正基準
反応時間
サンプル許容容量
RS232C接続
光源
動作温度範囲
サンプル温度範囲
外装素材
電源
≦ 読込の±1%
1 ~ 3ポイント(自動)
0.02 NTU, 10.0 NTU, 1000 NTU
< 6秒
30 ml
Yes
白色光(タングステン)
赤外光
0 ~ 40 ℃
0 ~ 50 ℃
ABS
UL, CSA準拠 12 V DCアダプタ
寸法(LxWxH) ; 重量
本体: 25.4 x 23.7 x 12.1 cm ; 1550 g
ケース: 35.5 x 31.5 x 25 cm ; 2380 g
4ポイント
0.02 NTU, 20.0 NTU, 100 NTU, 800 NTU
10 ml
-
赤外LED (850nm波長)
0 ~ 50 ℃
ABS、IP67準拠
4 x 1.5 V単4電池(>1200回読取)
本体: 15.5 x 6.8 x 4.6 cm; 200g
ケース: 35.5 x 16.5 x 10.5 cm; 1160g
濁度計
光源
アクセサリ
✓
(120VAC)
ECTN100CALKT
ケ
ス
✓
✓
✓
✓
✓
3
個
キ
ヤ
リ
ー
赤
外
光
)
TB 1000W ECTBDW100010 01X259105
TB 1000IR ECTBDIR100010 01X259103
TN 100
ECTN100IR
01X357301
白
色
光
ECTBDIRCALKT
型番
サ
ン
プ
ル
バ
イ
ア
ル
ー
注文コード
電
源
ア
ダ
プ
タ
(
商品
ECTBDWCALKT
校正キット
✓
✓
✓
✓
弊社ではテスター用アクセサリや校正液も供給可能です。
株式会社アーンスト・ハンセン商会
〒554-0024 大阪府大阪市此花区島屋 4-1-131
電話:06-6460-1960 FAX:06-6460-1961
URL: http://www.hansen.co.jp/
4
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
15
File Size
354 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content