close

Enter

Log in using OpenID

Domaine Julien Meyer

embedDownload
ド
メ
ー
ヌ
ジュリアン
メ イ エ ー
Domaine Julien Meyer
アルザス地方の首都ストラスブルグより南、コルマール方向に下
った所にノータンテールという村が有ります。何とワイン通り
(Route du Vin)という素敵な住所なので、訪問する前からワ
クワクです。だって知る人ぞ知る‘ジュリアン・メイエー’はバ
イオダイナミック実践者の間では有名にも関わらず、雑誌などの
媒体が嫌いで、一切マスコミに出ていない醸造家なのです。勿論、
今、信憑性の高いClassementにも出てません。勿論レベルから
すると当然出てもおかしくないほど偉大な醸造家なのですが、サ
ンプルを送ってないから出ないのは当然です。例えばプリュー
レ・ロックが出ていないのと一緒で、宣伝する必要の無い造り主
は、サンプルを送る必要はないのです。その幻の醸造家、噂には
かなり気難しい人と聞いておりました。久しぶりに緊張した訪問
です。でも会ってみるとそんな噂とはかけ離れて、学者肌の素晴
らしいインテリ醸造家。バイオダイナミックの実践者で理論ばか
り先行しがちに見える最近、彼の実践の伴った理論には驚かされっぱなしです。
勿論、彼の作ったワインは素晴らしいの一言です。彼の所には有名ソムリエや有名レストラン、ワイ
ン評論家が沢山コンタクトを取ってくるらしいのです。でもサンプルワインを送りません。そして会
っていない人へのワイン販売は一切行っていないのです。普通は喜んで送るのがほとんどです。でも
彼はここに直接訪問してくれた人には喜んで自分のワインを紹介するけれど、郵送で送ったりは絶対
にしないそうです。言われてみると正統派な意見ですが、それは理想であって、なかなか実践が出来
ないのが現状です。
でもそれを頑なに行い続けているポリシーの持ち主、ですから尾ひれはひれ付いて、神秘的な噂さえ
たってしまうのですが、実際はオープンな職人気質の方であります。
1705年から存在する歴史ある造り主で、もともとほとんどBIOの農法でした。彼の代、1990年か
ら完全無農薬(BIO)に切り替え、1999年から100%バイオダイナミック農法にしました。一見優
等生に見える彼も、学生の頃は勉強しない悪い生徒だったけど、沢山のワインを飲んでいくうちに自
分の中のワイン作りに目覚めたと語っておりました。9歳、12歳、15歳の3女と奥様の5人家族、
アメリカにも輸出され、ロバート・パーカーも高い評価を下しております。彼から教わった事は沢山
有り過ぎるのですが、素晴らしい名言の中の1つ「土を醸造家が借りている」と言ってました。大き
な自然界の中で、今、この瞬間借りさせて頂いている、だからいいかげんな仕事をしてはいけないの
だそうです。 私の尊敬する醸造家が叉1人増えました。パトリック・メイエー氏です。(お父様の名
前がジュリアン氏)
(第9回目訪問 2011.1.17)
メール
エ
コ キ ア ー ジ ュ
Mer & Couquillages 2011
もうすっかりおなじみになりました、海のイメージのエチケットのがぶ飲
み白ワイン。バイオダイナミックの事で判らない事があると相談する醸造
家の1人、私の尊敬するパトリックが2004年のビンテージに納得のいく
リースリングが出来なくて、偶然誕生したワイン。これが評判が良くて、
結果毎年作って貰う事になりました。
Merは毎年若干配合が違いますが、この2011年はシルバネール85%と
リースリング15%のブレンド。天然アルコール度数 11.78度。
色合いは若干緑のニュアンスのある淡いレモンイエロー。ジュースは奇麗
で、熟したグレープフルーツのような香り。このミネラル十分な酸味が日
本食の繊細な味わいにピッタリ合ってきます。例年より果実の実りがよかったのか、いつもの塩味や
ミネラル感より、熟した果実味がより前面にでてふくよかな味わいになっています。それでも裏方に
回ったしっかりとした酸とミネラル感が支え、いつものM&Cより重量感がある仕上がりに。‘メー
ル・エ・コキアージュ’(Mer=海 Couquillarges=海鮮貝類)、勿論危険を侵してもSO2はほとん
ど入れておりません。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
234 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content