close

Enter

Log in using OpenID

GYPE2K プローブ/GYMSC コントローラ

embedDownload
コントローラ別置きコンパクト シリーズ
GYPE2K プローブ/GYMSC コントローラ
細ロッド・小型ヘッドタイプ
仕様
精度
線形性
分解能
繰返し精度
温度特性
電圧出力
±0.5%FS以下 TYP
0.03%FS以下
±0.03%FS以下
±0.01%FS/℃以下(プローブ)
±0.01%FS/℃以下(コントローラ)
0~10V または 10~0V
出力
(負荷電流Max.5mA、負荷抵抗Min.2kΩ)
電流出力
4~20mA または 20~4mA
(負荷抵抗Max.500Ω)
警報出力
供給電源
サンプリング周波数
耐圧
使用温度範囲
環境性
細ロッド(外径Φ4)と小型ヘッドは機器の設計自由度を拡げ
ます。更にGYHC(42~43頁)、GYDC-05(46~47頁)コントロ
ーラとの組合せにより速度出力やデジタル出力も可能です。
なし
+24(±2)VDC (100mA)
約1kHz(液面計用途は約100Hz)
18MPa(プローブロッド部、静圧10分間)
-20℃~+80℃(プローブ)
0℃~+60℃(コントローラ)
保存温度範囲 -40℃~+80℃
耐振
3G(または 40Hz 1mmPP)
耐衝撃
20G(2msec)
保護規格
IP64(プローブ)
ケーブル
標準1.5m(オプションMax.5m)
・上記精度は有効ストローク100mm以上のセンサに適用されます。
100mm未満のセンサは100mmのセンサ仕様と同等になります。
・ゼロ/フルスケール点の出力微調整はコントローラ前面のトリマにより
行うことができます。(調整範囲:±3%FS)
外形寸法図
■プローブ
M5ネジ
A
ゼロ点
フルスケール点
(φ4)
φ24
No.φマグネット
φ4
22
M18xP1.0
Oリング(P15)
オプション
ケーブル
5
20
15
有効ストローク
35
・シールドはコントローラの
シールド端子に接続してください。
30
3.2a
フロートストッパ(M5ナット)(SUS316)
45°
■小型Ti(チタン)フロート
φ16xL32 Tiフロート
a
1.6
M18xP1.0
刻印(Nマーク)
28
(取付側加工例)
機能
シールド
センサ信号
電源0V
センサ電源
有効ストローク+65
35
±0.16
ケーブル
色
シールド
白
黒
赤
20
φ21.46
■ケーブル
有効ストローク
42
品 名
φ16xL32 Tiフロート
容 積
5.31cm3
質 量
4.17g
フロート比重
0.79(±0.03)
耐 圧
2MPa
材 質
Ti(チタン)
■コントローラ
17.5
99
ゼロ調整用トリマ
ゲイン調整用トリマ
DIN35mmレール取付用フック
24
32
・材質 プローブヘッド:SUS316、
プローブロッド:SUS316
・ロッド先端部に設けられたM5ネジは
フロートストッパやセンサの固定に
ご利用頂けます。
・センサロッド部を密閉構造にする場合は
オプションのOリングをセンサ
ヘッド根元に装着頂き取付側を
上図のように加工します。
(32.6)
114
刻印
(Nマーク)
φ6.7
φ16
フロート外径がφ16ですので、
フロートをプローブに取付けたまま
容器への取り付けが可能です。
型式
■プローブ
GYPE2K-□□□□-□/□-Y4-□□-□□-00
■コントローラ
①
②
③ ④
⑤
⑥
GYMSC-PE2-□□□□-Z□-□□-□-24S
①
②
⑤
⑦
⑥ケーブル取出し
①有効ストローク
G□F:ケーブル直出し/ケーブル端切放し型(標準)
G□A:ケーブル直出し/ケーブル端中継コネクタ付き
(□:ケーブル長さ(m)入力)
50mm~250mm
②根元デッドゾーン
S:35mm(No.Φマグネット使用時)
28mm(小型Tiフロート使用時)
□:□mm(ご相談下さい。)
・マグネット(フロート)との組合せで、対応できる寸法が異なります。
・ケーブルはあらかじめ御指示頂くと、Max.5mまで延長可能ですが、
御指示頂いた長さでご使用ください。ケーブルの延長、切断は
できません。ケーブル途中に端子台、コネクタ等をご使用頂けます。
・延長ケーブルは、ケーブルページ(77頁)をご確認ください。
⑦位置出力
③先端デッドゾーン
S:30mm(No.Φマグネット使用時)
42mm(小型Tiフロート使用時)
□:□mm(ご相談下さい。)
・マグネット(フロート)との組合せで、対応できる寸法が異なります。
AD:0~10V(ロッド先端へ移動時、増加動作)
AR:10~0V(ロッド先端へ移動時、減少動作)
BD:4~20mA(ロッド先端へ移動時、増加動作)
BR:20~4mA(ロッド先端へ移動時、減少動作)
CD□□:バイポーラ出力(-□V~+□V)
(例えば CD10:-10V~+10V)
CR□□:バイポーラ出力(+□V~-□V)
(例えば CR05:+5V~-5V)
④取付ネジ/ロッド径
Y4 :M18xP1.0、ロッド径Φ4(標準)
⑤組合せマグネットまたはフロート
<マグネット>
MG0 :No.Φマグネット(標準)
<フロート>
FL21 :小型Tiフロート
・この型式はプローブと組合せるマグネット/フロートを指定するのみ。
マグネット/フロートが必要な場合は別途ご指示下さい。
25
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
243 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content