close

Enter

Log in using OpenID

11月1日号【ナンバー101】 11月2日発行(PDF:6737KB)

embedDownload
市 報
20
09.
11.
1
1
No1
.0
平野義幸選手(村松浜出身)
・日本一!
トキめき新潟国体に出場した平野義幸選手(新潟県代
表・自衛隊体育学校)
がボクシング競技・成年ウェルター級
で堂々のチャンピオンに輝きました !
!
(写真は10月17日、市内ホテルで開催された祝勝会で)
企画・編集:胎内市役所 総務課
〒9
592693胎内市新和町210
志02
54436111 思0
254435502
emai
l
:
[email protected]
t
y.
t
ai
nai
.
l
g.
j
p
ht
t
p:
/
/
www.
ci
t
y.
t
ai
nai
.
ni
i
gat
a.
j
p/
おもな内容
捌 新型インフルエンザワクチン接種P.
2~ 3
捌 市内保育園・幼稚園入園受付
P.
4~ 5
捌 街のわだい
P.
6~ 7
捌 市政トピックス
P.
8~ 10
捌 黒川地区地域審議会委員募集
P.
11
捌 いんふぉめーしょん
P.
12~17
捌 学校探訪/お口の通信
P.
18~19
捌 自然・歴史/トキめき新潟国体 P.
20~21
捌 健康伝言板
P.
22
捌 天下太平くん
P.
26
新型インフルエンザワクチン
クチン
接種について
接種につい
て
【問い合わせ】
健康福祉課元気応援係
ほっとHOT・中条
☎4
4・868
0
インフルエンザワクチンは、新型インフルエンザ対策にとって有効な手段の一つです。 その接種が
健康被害の低減に有効であると期待されるからです。ただし、万能の解決策ではありません。その
生産量は世界的に見ても限界があり、限られた医療資源といえます。そのワクチンの活用について、
ぜひ知っていただきたいこと、ご理解いただきたいことをまとめました。
新型インフルエンザの特徴
新型インフルエンザの特
徴
感染力は強いのですが、多くの感染者は軽症のまま回復しており、治療薬(タミフル・リレンザ)が
有効です。ただし、基礎疾患(糖尿病、喘息など)を有する人や妊婦さんは重症化する可能性があ
り、注意が必要です。
ぜん そく
インフルエンザワクチン接種の意義
これまでのデータから、今回の新型インフルエンザワクチンには、重症化や死亡の防止に一定の効果
が期待されます。ただし、感染防止効果は証明されておらず、接種したからといって、かからないわ
けではありません。
接種スケジュール・優先的に接種する方々
新型インフルエンザワクチンは、当面提供できる量に限りがあるため、より必要性の高い方々に接種
の機会が提供されます。重症化リスクの高さという観点から、下記のとおり優先的に接種していた
だきたい方と接種の標準的なスケジュールが定められました。
ワ
ク
チ
ン
接
種
ス
ケ
ジ
ュ
ー
ル
※妊婦は1
1月2日からのワクチン
接種が可能となりますが、保存剤
なしのワクチン接種が可能となる
のは16日以降です。
中学生、高校生、高齢者に順次接種
8日頃
小学校4~6年生
8日頃
1歳未満児等の保護者
8日頃
小学校1~3年生
14日
幼児(1歳~就学前)
14日
基礎疾患(その他)
1日
基礎疾患(最優先者)
2日
妊婦※
2日
16日
医療従事者
1
9日
10月
11月
12月
1月
2月
3月
国内産ワクチン
輸入ワクチン
○スケジュールは変更される可能性があり、前倒しになることも考えられます。
○基礎疾患を有する人は、かかりつけ医での接種が原則となりますが、かかりつけ医でできない場
合は、かかりつけ医が発行する「優先対象者証明書」を、他の医療機関に提示することにより接
種が可能です。
市報たいない 200
9.
11.
1 P.
2
基礎疾患の分類
基礎疾患の分
類
⑴ 慢性呼吸器疾患 ⑵ 慢性心疾患 ⑶ 慢性腎疾患 ⑷ 慢性肝疾患
⑸ 神経疾患・神経筋疾患 ⑹ 血液疾患 ⑺ 糖尿病 ⑻ 疾患や治療に伴う免疫抑制状態 ⑼ 小児科領域の慢性疾患
接種までの流れ
❶スケジュールと
接種場所の確認
葛優先接種の対象者に該当する人は、かかりつけ医に問い合わせ、接種の
できる医療機関の場所を確認してください。
❷提示書類の準備
葛優先接種対象者証明書、母子健康手帳、各種健康保険被保険者証等。
❸接種の予約
葛接種を実施する医療機関に問い合わせをし、予約を入れてください。
❹接種の実施
葛現在は、一人につき4週間の間隔をあけて2回接種の予定ですが、今後
変更になる可能性もあります。
副反応
接種後、発熱、
局所の発赤、腫脹(はれ)、硬結(しこり)や発疹が認められる場合があります。 ほとんど軽い一過性の症状でおさまりますが、気になる症状が出たり長引いたりするときは医師に
連絡をしてください。
接種費用
接種費用は実費を徴収させていただきます。2回接種の場合は、合計6,
15
0円です。
全国一律で1回目=3,
60
0円、2回目=2,
55
0円(1回目と異なる医療機関で2回目を接種した場合は
3,
6
00円)
となります。
※胎内市では、生活保護世帯と市民税非課税世帯のうち優先対象者に該当する方には申請により全額
助成します。
胎内市の新型インフルエンザワクチン接種費用助成事業
◆ 申請期間 平成21年11月9日~平成22年1月31日
市内に住所を有する低所得世帯の優先接種対象者等に対し、接種費用を全額助成す
るものです。
かかりつけ医と相談の上、該当すると思われる方は、印鑑を持って申請においでく
ださい。
申請窓口またはお問い合わせ先は、ほっと HOT・中条または黒川庁舎
です。課税状況等確認の上、接種券を交付します。接種を受ける際に、
医療機関に接種券を提出してください。申請は混み合うことが予想され
ますので、接種時期が来年1月以降の方は、1
2月に入ってから申請にお
いでください。
P.
3 市報たいない 2009.
11.
1
平成2
2年度 保育園入園受付を開始します
市立・私立保育園に4月からの入園を希望される方は、入園申込書に必要事項を記入の上、お申し込みください。
入園申込書は保育園に直接提出してください。
● 受付期間 11月2日㈪~11月30日㈪
● 申込場所 第1希望の保育園
■ 入園決定 ■ 入園基準 胎内市に居住していて、保護者が下記のいずれかの状
況にあるとともに、同居の親族等の方も保育できない状
態にあるお子さんを保育します。
入園基準(保護者・
家庭の状況)
入園期間
(目安)
必要書類
家庭外労働
就労している期 就労状況証明書
(外勤、自営、農業等) 間(最長、小学 または家庭状況
産 前 産 後 各 2 母子手帳の写し
か月、計4か月 など
母親の疾病等
入園は、家庭の状況などから入園基準を満たしている
かを総合的に判断して決定し、来年2月上旬頃までに
「保育所入所承諾書」を送付する予定です。
父母などの就労や傷病の場合が優先され、求職活動中
の場合は入園が難しいことがあります。また、申し込み
人数によっては、希望の園以外の保育園に調整させてい
ただく場合があります。
〈 保育園での一日 〉
■ 保育料
家庭内労働(内職等) 校就学前まで) 申立書
母親の出産
※入園申込書は各保育園のほか、健康福祉課こども係、
黒川支所市民サービス係に用意してあります。
※年度途中(5月以降)の入園を希望される方は、健康
福祉課こども係まで別途ご相談ください。
病人の看護等
医師の診断書
診断書など
等による期間
家庭の災害
市 長 の 認 め る 罹災証明書など
その他
期間
り さい
保 育 料 は、父 母
(児童と同居してい
る祖父母などを含
む場合あり)の平成
21年の所得税課税
額などの合計によ
り決定します。
別途指示
8:00~ 8:30
順次登園
8:30~10:00
自由遊び
10:00 ~11:30
計画保育
11:30~12:30
給食
12:30~14:30
昼寝
14:30~15:00
おやつ
15:00 ~16:00
順次降園
〈 保育園一覧 〉
保育園名
所在地
電話番号
定員
対象
(名)
保育時間
早朝保育
延長保育
通園
バス
若宮保育園
北本町2‐2
43‐2444 90 1歳児~
○
日の出保育園
大川町15‐59 43‐2509 90 1歳児~
○
市
ふたば保育園
立
ついじ保育園
黒川保育園
さわらび保育園
さわらび乳児園
私(3歳未満)
立 ひだまり保育園
新和町2‐57 43‐5225 120 6か月児~
築地3246
45‐1100 160 6か月児~
早朝保育
7:30~
平日・土曜
黒川1124
47‐2442 130 6か月児~ 8:00
星の宮町1‐6343‐5584 60 6か月児~
~
16:00
表町6‐17‐1643‐7708 29 6か月児~
延長保育
~19:00
十二天91‐5 46‐3131 150 2か月児~
きすげ乳児保育園 坪穴字樽ヶ橋
47‐2665 20 2か月児~
(3歳未満)
1897‐1
※ 3歳未満児の延長保育は、各保育園におたずねください。
※ 通園バスは3歳児以上からです。バスの運行区域は各保育園におたずねください。
○
○
○
○
×
○
×
◆皿◆ 問い合わせ 各保育園・健康福祉課こども係(内線1131)
◆皿◆
市報たいない 200
9.
11.
1 P.
4
平成2
2年度 本条幼稚園新入園児募集
● 受付期間 11月9日㈪~12月11日㈮
※願書に必要事項を記入し、本条幼稚園へ
お申し込みください。
※願書は、教育委員会学校教育課と本条幼稚園
にあります。
■ 募集定員
■ 経費の概要(平成21年度の例) ▪3歳児 平成18年4月2日~
0名
平成19年4月1日生まれ………3
○保育料 7,000円
○入園時に必要なもの
▪制帽、体育パンツ、スモック
(3歳児のみ)3,555円
▪4歳児 平成17年4月2日~
4名
平成18年4月1日生まれ………1
▪5歳児 平成16年4月2日~
2名
平成17年4月1日生まれ………1
■ 入園許可
平成22年1月中旬に幼稚園見学をしてもらい、下旬
に保護者へ通知いたします。
■ その他
▪通園には、付き添いを必要とします。
▪所得に応じて「幼稚園就園奨励費」が補助されます。
▪希望により、通園バスを利用できます。
▪保育用品 3歳児3,
670円
4・5歳児 4,3
65円
▪教材費、絵本代、保護者会費等 毎月1,060円
○給食費(年間) 3歳児 41,6
24円
(1食242円)
4・5歳児 46,4
64円
(1食264円)
◆皿◆ 問い合わせ ◆皿◆
本条幼稚園(西条町2‐22)
☎43・380
5
平成2
2年度 中条聖心幼稚園 プレイスクール 園児募集
■ 経費支援事業
● 受付期間 (受付中)~12月11日㈮
※ ㈰を除く8:00~17:00
■ 募集定員
葛プレイスクール(2歳未満児) ………6名
葛幼稚園
▪満3歳児(平成22年度中に満3歳になる幼児)
平成19年4月2日~
平成20年4月1日生まれ………6名
▪3歳児 平成18年4月2日~
0名
平成19年4月1日生まれ………1
▪4歳児 平成17年4月2日~
0名
平成18年4月1日生まれ………1
▪5歳児 平成16年4月2日~
0名
平成17年4月1日生まれ………1
■ オープンスクール 11月4日、11日、18日、2
5日、12月2日、9日(すべて
㈬)9:
4
5~11:
15、
「交流広場」
とあわせて行います。
■ 説明会
11月7日、21日、12月5日(すべて㈯)
16:
00~17:
00
P.
5 市報たいない 2009.
11.
1
▪就園奨励費:保護者の所得に応じて支給します。
▪胎内市の幼児教育事業によって10歳以下の第3子以
下は保育料が免除されます。
▪2人以上在園児の1人、小学1年生以下の第2子の保
育料が半額に減免されます。
▪通園バスを無料で運行しています。
■ 子育て支援事業
▪預かり保育を保育時間前後(7:30~8:30、1
4:
00
~18:
30)、平日の休園日、土曜日に開設しています。
▪水曜日、9:45~1
1:15に「乳幼児とお母さん・お
祖母さんの交流広場」を開設しています。
▪公開講演会などの各種催しの開催、子育て相談に随時
応じております。
■ 保育料・経費 募集要項をご覧になるかお問い合わせください。
◆皿◆ 問い合わせ ◆皿◆
中条聖心幼稚園 ☎43・3650 胃4
3・6
7
1
0
死i
[email protected]
shi
nkg.
com
ホームページ http:
//www.
sei
shi
nkg.
com/
ス
新
潟
☎
025
・
282
・
0
0
1
1
きょ か
問
い 屋 ブ
合 書 ン
わ 店 )
、
せ ・
ト
峰
弥 ッ
㈱ 書 プ
ア 店 カ
ル ル
ビ ほ チ
レ か ャ
ッ
ー
ク
蔦
プ
レ
イ
ガ
イ
ド
(
セ
ブ
ン
イ
レ
ケ
ッ
ト
、
チ
ケ
ッ
ト
ぴ
あ
、
C
N
プ
チ と レ ▪ ▪ ケ こ イ 小 大 ッ ろ ガ 中 人 ト 高 ( 陸 市 午
イ 当 前 全 上 総 後
ド 当 前 日 売 席 競 合 1
日 売 自 技 グ 時
ロ 1 1 由 場 ラ キ
ー 800
ウ ッ
500
3 0 )
ソ 円 円 0 0 ン ク
ン
ド オ
0 0
チ
フ
円 円
い
7月1日、黒川燃水祭で採火された炬火「自然が活きる 人が輝く 交流の火」を携えて行進する胎内市の代表者
表彰台で笑顔を見せる藤井智子選手(競技:9月2
7日、表彰式:
9月28日、右は新潟県ライフル射撃協会会長・渡辺孝衛さん)
《ご
ト声
キ援
めあ
き
新り
潟が
と
国う
体
》ご
ざ
い
ま
し
た
!
9月26日、東北電力ビッグスワンスタジアムで行わ 藤井智子選手(新潟商業高校・西栄町)
が9月2
7日、地元
れた国体開会式。多くの人が見守る中、
堂々の行進 胎内市を会場に行われたライフル射撃競技・ビーム・ライフ
をする胎内市代表。採火の様子を再現しました。
ル少年女子立射で見事6位に入賞しました。
で
見
ら
れ
ま
し
た
。
ど
思
い
思
い
に
楽
し
む
姿
が
各
所
リ
コ
プ
タ
ー
に
よ
る
遊
覧
飛
行
な
ミ
ニ
ラ
イ
ブ
・
歌
謡
シ
ョ
ー
、
ヘ
を
彫
っ
て
楽
し
む
コ
ー
ナ
ー
や
、
満
味 喫
覚 し
の ま
ほ し
か た
に 。
も
、
か
ぼ
ち
ゃ
0
0
0
人
が
訪
れ
、
秋
の
味
覚
を
も
恵
ま
れ
て
、
家
族
連
れ
ら
約
6
内
秋
の
味
覚
ま
つ
り
」
。
天
候
に
車 場 10
特 月
設 12
会 日
場 、
で 胎
行 内
わ ス
れ キ
た ー
「 場
胎 駐
「牛大鍋汁」ほか多くの味覚がそろいました
子どもに大人気
「ガチャピンふあふあ」
▪
優 種
さ 飛
ん 勝 ば
( し
新 か 大
栄 し 会
町 わ 2
) や 0
/ 0
466
ゆ 9
㎝ う
き
「かぼちゃカービング体験」
◆
た
い
な
い
ジ
ャ
ン
ボ
か
ぼ
ち
ゃ
▪
優 コ
ン
勝 テ
( 河 ス
下 内 ト
江 松 2
端 雄 0
) さ 0
/ ん 9
123
㎏
◆
た
い
な
い
ジ
ャ
ン
ボ
か
ぼ
ち
ゃ
し が 原 公
た 生 リ 開
。 中 ゾ 放
継 ー 送
で ト も
全 」 行
国 ほ わ
に か れ
発 当 、
信 市 「
さ の 胎
れ 魅 内
ま 力 高
は
ふ
る
さ
と
旅
す
る
ラ
ジ
オ
」
の
さ
ま れ
た ま
、 し
N た
H 。
K
ラ
ジ
オ
「
こ
こ
や
ま
ぼ
う
し
の
苗
木
が
無
料
配
布
れ
た
こ
と
を
記
念
し
て
市
の
木
・
ト
キ
め
き
新
潟
国
体
が
開
催
さ
お
い
し
さ
い
っ
ぱ
い
《
秋
の
味
覚
ま
つ
り
》
市報たいない 200
9.
11.
1 P.
6
呼
び
掛
け
ま
し
た
。
断
時
の
確
実
な
安
全
確
認
な
ど
を
の
夜
光
反
射
材
の
活
用
と
道
路
横
に
配
布
し
な
が
ら
、
夜
間
外
出
時
と
夜
光
反
射
材
な
ど
を
買
い
物
客
「 安
無 全
事 広
カ 報
エ を
ル 実
施
」
の し
マ ま
ス し
コ た
ッ 。
ト
マ
ッ
ク
ス
バ
リ
ュ
中
条
店
で
交
通
G
A
K
U
レ
デ
ィ
ー
ス
」
ら
が
、
参
加
者
同
士
が
交
通
事
故
を
起
こ
ど
を
実
際
に
再
現
し
、
見
学
し
た
教
習
コ
ー
ス
で
出
合
い
頭
事
故
な
を
受
け
た
後
、
同
校
の
指
導
員
が
転
へ
の
影
響
な
ど
に
つ
い
て
講
義
わ 協 胎
署 れ 会 内
員 ま ) 警
か し が 察
ら た 9 署
、 。 月 ・
加
22
胎
齢
日 内
が
、 市
及
同 交
ぼ
校 通
す
で 安
運
行 全
全
運
転
を
誓
い
ま
し
た
。
い
よ
う
に
し
ま
す
」
と
今
後
の
安
心
掛
け
、
交
通
事
故
を
起
こ
さ
な
挑
戦
し
「
年
齢
に
応
じ
た
運
転
に
後
、
教
習
コ
ー
ス
で
法
規
走
行
に
ど
を
話
し
合
い
ま
し
た
。
そ
の
さ
な
い
た
め
に
注
意
す
る
こ
と
な
P.
7 市報たいない 2009.
11.
1
通
安
全
母
の
会
会
員
と
「
H
A
N
ル
」
(
主
催
:
中
条
自
動
車
学
校
・
全
大
使
」
に
任
命
し
、
胎
内
市
交
時 あ 9
や 月
子 29
さ 日
ん 、
を 胎
「 内
一 警
日 察
交 署
通 長
安 が
ル ラ バ イ 65
ー バ 歳
ド ー か
ら
ラ 14
84
名
イ
歳
ビ が ま
ン 参 で
グ 加 の
ス し 高
ク 、
「 齢
ー シ ド
「
一
日
交
通
安
全
大
使
」
が
広
報
活
動
高
齢
ド
ラ
イ
バ
ー
の
た
め
の
交
通
安
全
教
室
を
よ
く
確
認
す
る
こ
と
「
」
暗
い
夜
た
交
通
安
全
の
寸
劇
で
、
「
左
右
デ ル
ィ ー
ー プ
ス 「
」 H
が A
水 N
戸
黄 G
門 A
に K
扮ふんU
し レ
さ
胎 れ
内 ま
警 し
察 た
署 。
の
女
性
警
察
官
グ
が
来
場
者
の
盛
大
な
拍
手
で
採
択
実
現
し
た
い
」
趣
旨
の
大
会
宣
言
通
事
故
の
少
な
い
明
る
い
社
会
を
野
金
吾
さ
ん
か
ら
「
一
件
で
も
交
通
市 安
老 全
人 宣
ク 言
ラ 大
ブ 会
連 」
合 。
会
長
・
小
て 65
行 歳 10
わ 以 月
れ 上 22
た の 日
「 方 、
胎 約 産
内 350
業
市 人 文
高 が 化
齢 参 会
者 加 館
交 し で
エ
ル
」
な
ど
が
手
渡
さ
れ
ま
し
た
。
作
り
し
た
マ
ス
コ
ッ
ト
「
無
事
カ
通
事
故
防
止
の
願
い
を
込
め
て
手
よ
り
「
反
射
材
つ
き
エ
コ
バ
ッ
グ
」
通
指
導
隊
・
胎
内
警
察
署
・
胎
内
み
当 ま
日 し
来 た
場 。
し
た
人
全
員
に
、
交
に
よ
る
華
麗
な
演
技
な
ど
を
楽
し
に
よ
る
演
奏
、
カ
ラ
ー
ガ
ー
ド
隊
よ
る
歌
謡
シ
ョ
ー
や
県
警
音
楽
隊
の
演
歌
歌
手
・
時
あ
や
子
さ
ん
に
呼
び
か
け
ま
し
た
。
ま
た
、
当
市
る
」
と
ニ
ッ
コ
リ
し
て
い
ま
し
た
。
さ
。
「
子
ど
も
が
大
喜
び
し
て
い
園
で
作
っ
た
も
の
で
、
ち
ょ
う
ど
ン
佐 ジ
藤 ン
さ を
ん 収
が 穫
自 し
宅 ま
裏 し
の た
家 。
庭
菜
も
の
実
が
複
雑
に
絡
み
合
っ
た
ニ
歳 ) 佐
が 藤
、 京
一 子
つ さ
の ん
ヘ (
タ 東
か 本
ら 町
7 ・
つ 43
と
胎
内
市
交
通
安
全
母
の
会
が
交
市
交
通
安
全
協
会
ほ
か
の
提
供
に
手
の
ひ
ら
に
の
る
く
ら
い
の
大
き
道
で
の
反
射
材
の
着
用
」
な
ど
を
交
通
事
故
に
あ
わ
な
い
た
め
に
!
《
胎
内
市
高
齢
者
交
通
安
全
宣
言
大
会
》
(「
続コ
・レ
実、
りな
のー
秋
)に
?
」
「ウォーキングが健康的だったから」
…参加の動機 第1位
て
参 い
加 き
者 た
の い
み と
な 思
さ っ
ん て
、 い
あ ま
り す
が 。
を
組
み
合
わ
せ
た
企
画
を
実
施
し
季
節
感
や
健
康
的
な
雰
囲
気
な
ど
こ
と
か
ら
、
今
後
も
さ
わ
や
か
な
が
参
加
者
か
ら
多
数
寄
せ
ら
れ
た
増
え
て
よ
か
っ
た
」
な
ど
の
意
見
え
て
よ
か
っ
た
「
」
草
木
の
知
識
が
を
う
れ
し
く
思
っ
た
「
」
大
木
に
会
越
し
い
た
だ
き
ま
し
た
。
今
回
が 29
ま ド 案
あ 名 参 し の 内
り 。 加 た も 人
、 市 者 。 と ・
遠 外 は
、 本
く か 定
10
間
は ら 員
月 英
三 も を
12
樹
条 12
若
日 さ
市 名 干
に ん
か の 超
行 の
ら 参 え
わ ガ
お 加 た
れ イ
ん
な
い
い
環
境
・
自
然
が
あ
る
の
よ
か
っ
た
「
」
身
近
な
と
こ
ろ
に
こ
い
た
け
ど
、
イ
メ
ー
ジ
と
違
っ
て
「 で
平 し
た
坦 。
な
道
を
歩
く
と
思
っ
て
が
発
見
で
き
る
刺
激
的
な
コ
ー
ス
じ
た
こ
と
が
な
い
胎
内
平
の
魅
力
な
収
穫
の
あ
る
行
事
で
す
。
ス
ケ
ジ
ュ
ー
ル
で
実
施
す
る
大
き
て
企
画
・
立
案
し
、
3
泊
4
日
の
ラ
ス
の
枠
を
越
え
て
仲
間
を
募
っ
粉
」
と
い
う
こ
と
で
胎
内
市
に
た
潟
、
そ
し
て
今
お
米
と
言
え
ば
米
そ
の
原
材
料
の
お
米
と
言
え
ば
新
か
に
上
達
し
て
い
ま
し
た
。
「
の
こ
ぎ
り
」
の
使
い
方
は
、
明
ら
ま
し
た
。
た
っ
た
一
日
で
児
童
の
偶
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
。
は
、
胎
内
平
の
牧
草
地
を
縦
断
偶
う
で
す
。
学
ぶ
こ
と
が
た
く
さ
ん
あ
っ
た
よ
き
ま
し
た
。
生
徒
た
ち
に
と
っ
て
い
の
学
び
を
求
め
て
出
発
し
て
い
王
国
や
埼
玉
県
草
加
市
へ
せ
ん
べ
し
翌 ま
日 し
に た
は 。
新
潟
市
の
せ
ん
べ
い
農泊には子どもも
地域にも「気づき」
があることを改め
て実感。
自分たちで作った
米粉ピザが昼食に
て
市
内
の
農
泊
受
入
民
家
に
宿
泊
験
を
行
い
、
農
村
生
活
体
験
と
し
レ
ッ
ツ
館
で
米
粉
ク
ッ
キ
ン
グ
体
粉
㈱
を
視
察
し
た
後
、
胎
内
ア
ウ
大長谷小学校と粟島浦小学 築地小学校の木工体験
校の枝打ち体験
ど
り
着
い
た
そ
う
で
す
。
新
潟
製
り
!
胎
内
平
ウ
ォ
ー
ク
」
が
森
の
平
を
め
ぐ
る
「
一
足
早
い
紅
葉
狩
少
し
ず
つ
色
づ
き
始
め
た
胎
内
で
、
市
ス
タ
ッ
フ
も
今
ま
で
に
感
の
天
然
林
を
通
る
と
い
う
も
の
策
道
で
あ
る
原
生
林
に
近
い
状
態
し
、
「
青
少
年
の
森
」
内
の
自
然
散
た
い
日
本
文
化
を
探
し
出
し
、
ク
た
。
生
徒
一
人
ひ
と
り
が
体
験
し
が 文 研 国 10
修 際 月
の 学 14
た 園 ~
め 中 15
当 等 日
市 部 、
を 3 横
訪 年 浜
れ 生 市
ま 32
の
し 名 公
で
、
「
せ
ん
べ
い
と
言
え
ば
お
米
、
い
ろ
い
ろ
な
こ
と
を
学
ぶ
も
の
菓
子
で
あ
る
せ
ん
べ
い
に
つ
い
て
し
た
生
徒
た
ち
が
日
本
の
伝
統
お
日
。
「
せ
ん
べ
い
コ
ー
ス
」
を
選
択
当
市
で
の
滞
在
期
間
は
1
泊
2
と
簡
単
に
切
れ
た
の
で
驚
い
て
い
し
ま
し
た
。
お
互
い
の
息
が
合
う
ニ
ー
」
と
声
を
か
け
な
が
ら
切
断
挑
戦
し
「
イ
チ
・
ニ
ー
・
イ
チ
・
引
き
合
っ
て
切
る
の
こ
ぎ
り
に
も
ダ
ー
を
つ
く
り
ま
し
た
。
二
人
で
さ
わ
や
か
ウ
オ
ー
キ
ン
グ
米
粉
ク
ッ
キ
ン
グ
&
農
村
生
活
(
農
泊
)
を
体
験
!
し
、
コ
ー
ス
タ
ー
や
キ
ー
ホ
ル
ナ
ラ
や
杉
の
木
等
を
輪
切
り
に
市政
トピックス
ル
放
送
・
B
S
放
送
対
応
)
概 用
デ く
ィ 要 だ
ス : さ
プ 65
い
レ イ 。
イ ン
(
地 チ
上 プ
デ ラ
ジ ズ
タ マ
整
っ
た
良
材
に
す
る
た
め
に
下
枝
は 興
、 局
将 の
来 職
、 員
節ふしか
が ら
な 「
杉
く の
形 枝
質 打
の ち
体
こ 験
ど を
も 行
た い
ち ま
は し
、 た
新 。
潟
地
域
振
が
、
蔵
王
地
内
の
森
林
で
枝
打
ち
月 粟 2 島 9
日 浦 月
に 小 25
は 学 日
築 校 は
地 の 大
小 全 長
学 児 谷
校 童 小
4 が 学
年 、 校
生 10 ・
後
に
は
、
見
通
し
が
よ
く
な
っ
た
を
恐
る
恐
る
使
っ
て
い
ま
し
た
持
っ
て
枝
を
落
と
し
て
い
き
ま
し
れ
て
、
一
人
ひ
と
り
の
こ
ぎ
り
を
杉
午 林
後 に
か 感
ら 激
の し
木 た
工 様
体 子
験 で
で し
は た
、 。
が
、
徐
々
に
早
く
な
り
、
一
時
間
ど
も
で
き
ま
す
。
お
気
軽
に
ご
利
た
。
初
め
の
う
ち
は
、
の
こ
ぎ
り
ニ
引 ュ
き ー
続 ア
き ル
、 し
市 ま
議 し
会 た
の 。
傍
聴
な
コ
ー
ナ
ー
」
に
あ
る
テ
レ
ビ
を
リ
説
明
を
受
け
た
後
、
各
班
に
分
か
産
業
文
化
会
館
1
階
「
情
報
産
文
1
階
「
情
報
コ
ー
ナ
ー
」
の
テ
レ
ビ
を
一
新
枝
打
ち
体
験
・
木
工
体
験
を
切
り
落
と
す
も
の
で
す
」
と
の
市報たいない 200
9.
11.
1 P.
8
明
る
い
街
づ
く
り
を
目
指
し
て
、
贈
呈
さ
れ
ま
し
た
。
全
に
安
心
し
て
生
活
で
き
る
よ
う
平
会
長
か
ら
吉
田
市
長
に
目
録
が
を 役 日
市 い ・ 本
で た 中 海
は だ 田 カ
、 き 邦 ン
交 ま 彦 ト
通 し ) リ
遺 た 様 ー
児 。 か (
の
ら 代
方
10
表
が
万 取
安
円 締
く
だ
さ
い
と
、
黒
川
商
工
会
の
大
市
の
社
会
福
祉
関
係
に
役
立
て
て
コ
ン
ペ
の
収
益
金
8
万
4
千
円
を
▼
商
工
会
チ
ャ
リ
テ
ィ
ー
ゴ
ル
フ
か
ら
チ
ャ
リ
テ
ィ
ー
金
と
し
て
㈱
コ
ン
ペ
協
賛
各
社
参
加
者
一
同
様
▼
交
通
遺
児
基
金
チ
ャ
リ
テ
ィ
ー
す 一
。 層
の
充
実
を
図
っ
て
ま
い
り
ま
善
意
を
あ
り
が
と
う
(
寄
附
)
軽罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫頚
荊NASVAは、自動車事故被害者のご家庭に対する「交通遺児等荊
荊
荊
荊への育成資金貸付」および「重度後遺障がい者への介護料支給」荊
荊を行っています。
荊
荊 また、交通事故被害に遭われお困りの時、相談先を紹介する荊
荊
荊
荊『NASVA交通事故被害者ホットライン』をご利用ください。 荊
荊交通遺児等への育成資金
荊
重度後遺障がい者への
荊
荊
介護料の支給
荊(無利子)貸付
荊
荊自動車事故で保護者が亡くなら 自動車事故により重い障がいを 荊
荊れたり、重度の後遺障がい者に 受け、介護を必要とする重度後 荊
荊なられたご 家庭に、国の資金を
遺障がい者を抱える家族に介護 荊
荊
荊
料を支給しています。
荊無利子でお貸ししています。
荊
◆支給対象者
荊◆貸付対象者
荊
❶特Ⅰ種受給資格者(最重度) 荊
荊 0歳~中学校卒業までのお子様
荊 ※貸付申込者は、そのお子様を扶
❷Ⅰ種受給資格者(常時要介護)荊
荊 養している保護者
❸Ⅱ種受給資格者(随時要介護)荊
荊
荊
荊◆交通事故被害者ホットライン ☎0570・000738
(ナビダイヤル)荊
荊
荊
荊◆ NASVAの問い合わせ 独立行政法人自動車事故対策機構 荊
荊 新潟主管支所 ☎025・283・1141
荊
鶏罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫罫芸
に
な
る
講
演
会
と
な
り
ま
し
た
。
と
歓
声
が
起
き
、
楽
し
く
て
た
め
ど
児 を
童 披
た 露
ち し
か て
ら も
は ら
大 い
き ま
な し
笑 た
い 。
り
の
デ
モ
ン
ス
ト
レ
ー
シ
ョ
ン
な
代
の
話
や
ロ
ー
プ
を
使
っ
た
木
登
ジ
ェ
ス
チ
ャ
ー
を
交
え
た
幼
少
時
も ケ
の ー
は シ
」
』 ョ
と ン
題 ~
し 「
た 家
講 族
演 に
で 大
は 切
、 な
P.
9 市報たいない 2009.
11.
1
『 100
人
~
が
愛 参
と 加
笑 し
い ま
と し
た
コ 。
ミ
ュ
ニ
童
や
先
生
、
地
域
の
方
々
な
ど
約
同
校
体
育
館
で
行
わ
れ
、
全
校
児
橋 さ し
小 ん て
学 の い
校 講 る
閉 演 ジ
校 会 ョ
記 が ン
念 10
ギ
事 月 ャ
業 16
ス
と 日 ラ
し 、 イ
て 柴 ト
N
H
K
教
育
テ
レ
ビ
に
も
出
演
メ
ッ
セ
ー
ジ
を
「
人
権
ハ
ー
ト
」
街
が
明
る
く
き
れ
い
に
ふたば保育園
館
・
黒
川
庁
舎
〈
障
子
張
り
〉
「
み
ん
な
笑
顔
ワ
ッ
ハ
ッ
ハ
!
」
の
掲
げ
て
発
表
後
、
学
校
と
し
て
落
ち
葉
拾
い
〉
▼
黒
川
地
区
公
民
に
つ
い
て
取
り
組
む
べ
き
標
語
を
手
入
れ
〉
▼
北
公
園
〈
草
刈
り
・
園
・
黒
川
保
育
園
〈
園
庭
の
庭
木
と
お
り
で
す
。
▼
ふ
た
ば
保
育
し
い
心
”
“
正
し
い
心
”
“
思
い
や
内
ス で
ト 実
ー 施
リ し
ー た
は も
、
『 の
県 で
民 す
の 。
“
優
で
全 す
学 。
年
の
ク
ラ
ス
代
表
が
人
権
《トジ
柴
橋さョ
小んン
学特ギ
校別ャ
》講ス
演ラ
会イ
る
こ
と
に
な
っ
た
』
と
い
う
設
定
れ
今 い
回 に
行 な
っ り
た ま
奉 し
仕 た
活 。
動
は
次
の
会
が
5
日
か
ら
9
日
に
か
け
て
県
仕 の ン 活 所 タ1
0
動 員 ー 月
に ・ 胎2
1
よ 会 内 日
り 員 事 、
、 65
務 シ
街 人 所
ル
が が (
バ
明 行 会
ー
る っ 員 人
材
く た 234
き 奉 人 セ
)
権
啓
発
活
動
ネ
ッ
ト
ワ
ー
ク
協
議
来
ま
し
た
。
こ
れ
は
、
新
潟
県
人
バ ン1
0
隊 月
が 6
築 日
地 、
小 人
学 権
校 啓
へ 発
や キ
っ ャ
て ラ
校 戦 す
に 」 た
飛 を め
び 実 「
散 施 人
っ し 権
た 、 ハ
か 県 ー
け 内 ト
ら 13
回
を の 収
集 小 大
め 学 作
よ
っ
て
壊
れ
て
し
ま
い
、
元
に
戻
ト
」
が
、
い
じ
め
や
差
別
な
ど
に
し 与 代 木
た さ 表 が
。 れ に 児
ま 授 童
ブ
シ
の
苗
し
て
、
コ
る
心
”
をは
育ぐく
ん
で
き
た
「
人
権
ハ
ー
愛
の
木
と
人
権
啓
発
キ
ャ
ラ
バ
ン
隊
が
築
地
小
へ
キ
ャ
ラ
バ
ン
隊
か
ら
、
友
情
・
友
に
は
め
込
み
ま
し
た
。
ま
た
、
唖娃娃娃娃娃娃娃娃娃娃娃娃娃娃娃娃阿
哀 三浦雄一郎氏 講演会を予定! 哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀
哀 プロスキーヤーで登山家の三浦雄一郎 哀
哀 氏が、来年 2月 5~ 6日に胎内市民の健康 哀
哀 増進とスポーツ振興の推進のため講演会 哀
哀
哀
哀 を行う予定です。
哀
哀 市民のみなさん、ぜひ三浦さんの熱い 哀
哀 講演をお楽しみに! 詳細については後 哀
哀
哀
哀 日、市報等でお知らせします。
哀
愛娃娃娃娃娃娃娃娃娃娃娃娃娃娃娃娃挨
胎内市自主防災リーダー研修講演会
会
胎内市自主防災リーダー研修講演
自主防災組織とは、地域の助け
合いで、少しでも災害被害を少な
くするための大切な絆です。
このセミナーでは、災害発生時
の地域防災のあり方や、町内、集
落単位の自主防災組織活動を行う
うえでのポイントや、活動事例を学びます。いつ起こるかわから
ない災害に備えるきっかけとしてみませんか。
と き 11月23日㈷ 午後1時30分~4時(開場:1時)
ところ 産業文化会館
演題・講師 ❶「自主防災組織の役割、自助・共助の重要性について」
尾身誠司氏(NPO 法人セーフティーネットぼうさい代表理事)
❷「中越沖地震を通じた、被災地のコミュニティの活動発表」
江尻東磨氏(柏崎市北条地区コミュニティ振興協議会会長)
問い合わせ 総務課交通防災係(内線1311)
験
、
濃
煙
体
験
を
行
い
ま
し
た
。
雪割草の植栽参加者募集
雪割草の植栽参加者募集
「新潟県の草花」
に指定されてい
る雪割草を昨年
から関沢森林公
園に植栽してい
ます。
今年は約600本植栽します。皆様の
参加をお願いいたします。
と き 11月14日㈯ 午前9時~正午
ところ 関沢森林公園(現地集合)
持ち物 雨具・飲料水
その他 参加者には雪割草の無料配布
と植栽ミニ講習を行います。
定 員 先着20人
申込締切 11月12日㈭
問い合わせ 商工観光課(内線1251)
▪ ▪ 電 と ○
新 新 話 通
発 番 き 常
田 潟 号 相
▼ ▼ 24
談
☎ ☎
時
20
025
間
・ ・
3
65
88
42
日
・
3 4
4 3
3 4
3
と ○
相 電
談 錆 話 ~ 自
内 0 番 翌 き 殺
容 1 号 日 予
2 ( 午 毎 防
自 0 通 前 月 い
の
殺 ・ 話 8 10
料 時 日 ち
予 738
防 ・ 金 ( 、 の
無 24
午 電
相 556
料 時 前 話
談
) 間 8
) 時
ら
れ
ま
す
。
く
、
相
談
内
容
の
秘
密
は
絶
対
守
受
け
た
ボ
ラ
ン
テ
ィ
ア
に
よ
る
無
と
か
ら
は
じ
め
ら
れ
た
、
訓
練
を
名 み
前 ま
も せ
住 ん
所 か
も ?
言
う
必
要
は
な
○
一
人
で
悩
ま
な
い
で
、
か
け
て
県
の
自
殺
率
が
あ
ま
り
に
高
い
こ
「
自
殺
予
防
い
の
ち
ルの
)
電
新
潟
い
の
ち
の
電
話
は
、
新
潟
健 話
康
(
福 」
祉 フ
課 リ
☎
ー
44
・ ダ
8
6 イ
8 ヤ
0
動
さ
れ
て
い
ま
す
。
事
態
の
中
で
、
ひ
と
り
の
「
い
の
ち
」
を
守
り
た
い
と
の
願
い
で
活
が
3
万
人
を
超
え
る
と
い
う
異
常
料
電
話
相
談
で
す
。
毎
年
自
殺
者
器
を
使
っ
た
消
火
体
験
や
水
圧
体
り
、
消
防
署
員
指
導
の
も
と
消
火
が 行 会 桃 い が 10
崎 ま 万 月
浜 し が 4
グ た 一 日
ラ 。 に 、
当 備 桃
ウ 日 え 崎
ン は 防 浜
ド 、 災 自
に 約 訓 主
集 80
練 防
ま 名 を 災
防
災
訓
練
(
桃
崎
浜
)
使用者も労働者も
使用者も労働者
も
必ずチェック 最低賃金!
必ずチェック 最低賃金
新潟県最低賃金は
新潟県最低賃金は
時間額 669円 です。
賃金が時間額以外(日額、月額、そ
の他)で定められている場合は、日額、
月額等を時間額に換算して比較するこ
とになります。
新潟県最低賃金は、県内で事業を
営むすべての使用者およびその事業
場で働くすべての労働者(臨時、パー
ト、アルバイト等を含む。)に適応され
ます。この機会に、最低賃金額を確認
しましょう。
問い合わせ ▪新潟労働局賃金室 ☎025・
234・
5924
▪新発田労働基準監督署 ☎27・
6680
市報たいない 2009.
1
1.
1 P.
10
担
こ い
れ ま
ま す
で 。
、
指
定
管
理
者
制
活
動
を
行
っ
て
き
ま
し
た
。
め
、
市
長
に
提
出
す
る
な
ど
の
す
る
要
望
事
項
を
取
り
ま
と
と
も
に
、
リ
ゾ
ー
ト
改
革
に
対
問
に
対
し
意
見
を
述
べ
る
と
の
見
直
し
等
に
つ
い
て
の
諮
度
の
導
入
や
新
市
建
設
計
画
持
参
く
だ
さ
い
。
電
子
メ
ー
ル
ま
た
は
直
接
ご
を
記
入
し
、
郵
送
、
F
A
X
、
え
、
応
募
理
由
等
(
400
字
程
度
)
や
ま
ち
づ
く
り
に
対
す
る
考
紙
に
必
要
事
項
、
地
域
活
性
化
⑶ ⑵
に
応 募 す 20
募 集 る 歳 在
要 人 会 以 住
領 数 議 上 ま
に の た
所 5 出 方 は
定 人 席 で 通
で 、
の
き 平 勤
応
る 日 す
募
方 開 る
用
。 催 満
kur
okawac.
s
@ci
t
y.
t
ai
nai
.
l
g.
j
p
◆
▪ ▪ ▪ 問
死 胃 ☎ 市 胎 胎 〒 い
47
47
民 内 内 959
合
・ ・ サ 市 市 ‐ わ
2 2 ー 役 黒 2 せ
1 7 ビ 所 川 8 ・
1 1 ス 1 0
7 1 係 黒 4 7 送
付
川 1
先
支 0
所
見
を
述
べ
る
と
い
う
役
割
を
に
つ
い
て
審
議
し
、
市
長
に
意
い
た
し
ま
せ
ん
。
自
ら
が
必
要
と
認
め
る
事
項
行
わ
れ
る
事
務
事
業
に
関
し
議
し
、
ま
た
は
、
黒
川
地
区
で
●
地
市 域
長 審
の 議
諮 会
問 の
に 役
応 割
じ
て
審
て
い
ま
す
。
で の 黒
設 で 川
置 、 地
さ 平 区
成
れ 27
に
る 年 設
こ 3 け
と 月 ら
と 31
れ
な 日 た
っ ま も
サ
ー
ビ
ス
を
実
現
す
る
た
め
、
さ
せ
、
き
め
細
や
か
な
行
政
見
を
有
す
る
人
や
公
的
団
体
も
ら
う
た
め
、
行
政
に
関
し
識
●
ら 15
地
ま 人 地 域
ち 以 域 審
づ 内 審 議
く で 議 会
り 、
多 会 の
を 様 の 組
検 な 委 織
討 視 員
し 点 数
て か は
⑴ ◆
応 応
募 募
資 方
格 法
市
内
黒
川
地
区
の ら 期 公
2 平 は 今 募
年 成 、 回 に
間 24
平 募 よ
で 年 成 集 り
す 1 22
す 募
。 月 年 る 集
2
月 委 し
31
ま
日 1 員 す
ま 日 の 。
で か 任
た
だ
く
と
と
も
に
、
住
民
か
ら
▪
提 し
出 ま
さ せ
れ ん
た 。
書
類
は
返
却
▪
応 支
募 払
者 わ
の れ
個 ま
人 す
情 。
報
は
、
選
⑸ ⑷
▪ そ 応 も
選 の 11
募 ダ
考 他 月 締 ウ
の
30
切 ン
結
日 ロ
果
㈪
ー
は
必
ド
、
着
で
応
き
募
ま
さ
す
れ
)
考
の
た
め
以
外
に
は
使
用
会
議
開
催
ご
と
に
報
酬
が
▪
委 た
員 方
に 全
な 員
ら に
れ 通
知
た し
方 ま
に す
は 。
の
代
表
者
等
に
参
加
し
て
い
●
「 地
地 域
域 審
審 議
議 会
会 と
」 は
は
、
地
域
住
合
併
前
の
話
し
合
い
に
よ
り
民
の
声
を
行
政
施
策
に
反
映
(
胎
内
市
ホ
ー
ム
ペ
ー
ジ
か
ら
民
サ
ー
ビ
ス
係
に
あ
り
ま
す
。
応
募
用
紙
は
黒
川
支
所
市
一市
般で
公は
募、
の黒
委川
員地
を区
募地
集域
し審
ま議
す会
。委
員
の
任
期
満
了
に
伴
い
、
黒
川
地
区
地
域
審
議
会
委
員
を
募
集
し
ま
す
国民年金保険料の収納事業等が民間委託されました
社会保険庁では、民間のノウハウとの組み合わせにより質の高い効率的な事業運営を推し進める観点から、
平成21年10月 より、国民年金保険料の収納事業等を下記の民事業者へ委託しています。
◆委託事業者名 : 株式会社 オリエントコーポレーション
◆委 託 内 容 : ①国民年金保険料滞納者に対する納付督励業務
②国民年金保険料免除申請手続きの勧奨業務
◆対 象 地 域 : 新潟県全域
※ この事業委託は、「競争の導入による公共サービス
の改革に関する法律」に基づき、社会保険庁が行って
きた事業へ民間事業者の参入機会を広げ、民間の創
意工夫やノウハウを活用して収納の向上を図ることを
目的として実施するものです。(「市場化テスト事業」)
委託を受けた業者は、電話・文書・戸別訪問で国民
年金保険料の納付督励および免除申請の勧奨を行い
ます。
※ 個人情報の保護について
民間事業者に提供する個人情報は、納付督励等を行
ううえで必要となる国民年金保険料の未納者情報に
限定しており、さらに民間事業者に対しては「個人情報
の保護に関する法律」や社会保険庁独自の取扱規定、
本事業に係る委託契約書等で、目的外使用や閲覧、
ろうえい
漏洩、複写等を禁じるなど厳格な安全措置を講じてい
ます。
問い合わせ 新発田社会保険事務所 ☎2
3・2120
P.
11 市報たいない 2009.
11.
1
亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨
同
一
世
帯
と
み
な
し
ま
す
。
建
設
し
、
国
、
県
、
市
な
ど
の
住
し
て
い
る
世
帯
を
除
く
。
)
は
別
世
帯
(
※
二
世
帯
住
宅
に
居
一
棟
の
住
宅
に
居
住
し
て
い
る
世
帯
。
こ
の
場
合
に
お
い
て
、
対
象
次 世
の 帯
い ず
れ
に
も
該
当
す
る
付
し
ま
す
。
対
●
●
国 宅 市 き 住 象
、
で ま し 次 外
県
管 せ て の 世
帯
な
理 ん い い (
ど
、 。 る ず 申
地
運
世 れ 請
方
営
帯 か は
公
し
は の で
共
て
、 住 き
団
い
申 宅 ま
せ
体
る
請 に ん
が
住
で 居 )
申
▪ ▪ 請
係 黒 胎 場
) 川 内 所
支 市
所 本
( 庁
市 (
民 健
サ 康
ー 福
ビ 祉
ス 課
)
い
ま
す
。
約
し
た
業
者
が
取
り
付
け
に
伺
設
置 の
に
つ
い
て
市
が
選
定
し
契
分
気
を
つ
け
ま
し
ょ
う
。
す
る
も
の
の
う
ち
か
ら
1
台
を
給
い
ま
す
。
す
る
低
所
得
世
帯
の
住
宅
に
設
置
記
が
可
能
な
住
宅
の
こ
と
を
い
ら
、
市
で
は
胎
内
市
に
住
所
を
有
の
独
立
が
認
め
ら
れ
て
区
分
登
設
置
が
義
務
化
さ
れ
た
こ
と
か
れ
、
玄
関
が
二
つ
あ
る
構
造
上
日 済 ま み 市
で で 報
に す 9
住 が 月
宅 、 15
に 平 日
火 成 号
災 23
で
警 年 お
報 6 知
器 月 ら
の 1 せ
が
壁
や
天
井
で
完
全
に
区
分
さ
帯
そ
れ
ぞ
れ
の
生
活
ス
ペ
ー
ス
(
内
線
1
1
3
3
)
健
康
福
祉
課
高
齢
障
が
い
福
祉
係
※
○
「 帯 全 低 世
二
員 所 帯
世
の 得
帯
市 (
住
民 平
宅
税 成
」
が 21
と
非 年
は
課 度
、
税 の
二
) 世
世
世 帯
険
証
な
ど
身
分
を
証
明
す
る
も
持
申
参 ま 請
す で 期
る ( 限
も ㈯ の ・ 平
㈰ 成
印 ・ 21
鑑 ㈷ 年
、 を 12
健 除 月
康 く 28
保 ) 日
●
築 平 い
さ 成 場
れ 18
合
た 年
住 6
宅 月
1
日
以
降
に
新
の
承
諾
を
得
る
こ
と
の
で
き
な
は
管
理
者
か
ら
警
報
器
の
設
置
く
)
で
、
住
宅
の
所
有
者
ま
た
件
も
出
さ
な
い
よ
う
皆
さ
ん
で
十
が
胎 実
内 施
市 さ
か れ
ら ま
悲 す
惨 。
な
火
災
を
一
さ
せ
る
と
と
も
に
、
財
産
の
損
失
想
の
一
層
の
普
及
を
図
り
、
火
災
迎
え
る
に
あ
た
り
、
火
災
予
防
思
火
災
が
発
生
し
や
す
い
時
期
を
内
一
斉
に
「
秋
の
火
災
予
防
運
動
」
を
防
ぐ
こ
と
を
目
的
と
し
て
、
県
中
心
と
す
る
死
者
の
発
生
を
減
少
の
発
生
を
防
止
し
、
高
齢
者
等
を
く
ら
し
付住
い宅
た用
し火
ま災
す警
報
器
を
給
パ
ー
ト
な
ど
共
同
住
宅
を
除
れ
て
い
る
世
帯
ま
た
は
外
国
人
●
自
己
の
所
有
で
な
い
住
宅
(
ア
●
ア 宅 地
パ
方
ー
公
ト
共
な
団
ど
体
の
が
共
管
同
理
住
す
宅
る
住
予 新
防 発
課 田
☎ 地
2
2
域
・ 広
8 域
0
9 事
6 務
組
合
消
防
本
部
つ
、
住
民
基
本
台
帳
に
登
録
さ
○
胎
内
市
に
住
所
を
有
し
、
か
登
録
原
票
に
登
録
さ
れ
て
い
る
(『
秋
11
月の
9火
日災
㈪予
~防
運
15
日動
㈰』
)
市役所 ☎43・6111
本庁舎分室
上下水道課 ☎43・2394
黒川庁舎 ☎47・2711
黒 川 支 所(市民サービス係)
☎47・3
404
健康福祉課(元気応援黒川担当係)
☎47・3
400
市民生活課(居宅介護支援事業所)
☎47・2
360
学校教育課 ☎47・3
418
生涯学習課(社会教育係/文化・文化財係)
☎47・3
409
(スポーツ振興係)☎47・3
4
08
(国 体 推 進 室)☎47・3
4
07
ほっとHOT・中条
健康福祉課(元気応援係)
☎44・8
680
市民生活課(地域包括支援センター係)
☎44・8
691
ロイヤル胎内パークホテル
8・3
48
4
胎内リゾート振興課☎4
胎内アウレッツ館
3
21
農林水産課農村交流係☎48・3
乙福祉センター ☎46・2101
築地改善センター ☎45・3101
産業文化会館 ☎43・6400
中央公民館 ☎43・2001
黒川地区公民館 ☎47・3405
図書館 ☎43・3700
スス広
ポポ告
ンン内
ササ容
ーーに
とに関
胎直す
内接る
市お質
と問問
はいな
直合ど
接わに
関せつ
係くき
あだま
りさし
まいて
せ。
は
ん(、
広広
。
)告告
<広告>
市報たいない 2009.
1
1.
1 P.
12
いんふぉめーしょん
亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨
▪
▪
▪ と
午 11
▽ 11
▽ 11
き
( 月 胎 月 聖 月 /
水 17
内 16
籠 13
と
原 日 市 日 町 日 こ
・ ㈫ 産 ㈪ 町 ㈮ ろ
笹 ▼ 業 午 民 午
神 午 文 後 会 後
地 前 化 2 館 2
区 10
会 時
時
) 時 館 ~
~
▼ ~
4
4
午 正
時
時
明
が
あ
り
ま
す
。
や
手
続
き
、
改
正
事
項
な
ど
の
説
を☎ 新
年 次22
平発
田
末 の・
3成税
調 と1
21
整 お7年務
署
の り0分法
基 開 年人
本 催 末課
的 し 調税
な ま 整部
仕 す 説門
組 。 明
み
会
健
セ
ン
タ
ー
瀬
地
区
)
▽
阿
賀
野
市
水
原
保
後
2
時
~
4
時
(
安
田
・
京
ヶ
㈭
、
「
胎
内
フ
ィ
ッ
シ
ン
グ
パ
ー
内
高
原
ビ
ー
ル
園
」
が
4
月
1
日
休
来 業
年 い
度 た
の し
開 ま
園 す
・ 。
開
業
は
「
胎
㈰ ヒ (
「
を ュ ボ
も ッ ー
ち テ ト
ま 」 乗
し の り
て 営 場
、 業 」
冬 は )
、
期 11
「
休 月 奥
園 8 胎
・ 日 内
内 園 フ 」 今
の
ィ 営 年
度
ッ 業 の
シ は 「
胎
ン 11
月 内
グ 30
高
パ 日 原
ー ㈪ ビ
ク 、
「 ー
」 胎 ル
て
み
て
く
だ
さ
い
。
の
若
い
パ
ワ
ー
と
素
直
さ
に
触
れ
ま
せ
ん
。
こ
の
機
会
に
、
高
校
生
会
っ
て
み
て
か
ら
で
も
遅
く
あ
り
す
。
求
人
申
込
す
る
か
ど
う
か
は
で
き
る
専
用
ス
ペ
ー
ス
を
設
け
ま
だ
き
、
気
軽
に
高
校
生
と
お
話
し
企
業
の
皆
様
に
も
参
加
し
て
い
た
二
の
足
を
踏
ん
で
い
ら
っ
し
ゃ
る
用
し
た
こ
と
が
無
い
け
れ
ど
…
と
検
討
中
の
企
業
や
・
高
校
生
は
採
企
業
だ
け
で
な
く
、
高
卒
求
人
を
知
っ
て
も
ら
う
た
め
、
求
人
申
込
詐
欺
の
被
害
防
止
に
十
分
注
意
し
夫
?
」
の
合
い
言
葉
で
振
り
込
め
し
ぇ
、
そ
の
振
り
込
み
は
大
丈
害
皆 が
さ 発
ん 生
し
、
「 て
ち い
ょ ま
っ す
と 。
待
た
っ
も
既
に
2
件
の
振
り
込
め
詐
欺
被
に
あ
り
ま
す
。
ま
た
、
胎
内
市
で
に
向
け
て
被
害
が
多
発
す
る
傾
向
の
被
害
が
発
生
し
、
例
年
、
年
末
▪
被
害
額
約
1
億
4
8
1
6
万
円
▪
被
害
件
数
119
件
は
減
少
し
て
は
い
ま
す
が
、
て
く
だ
さ
い
。
P.
13 市報たいない 2009.
11.
1
胎
内
リ
ゾ
ー
ト
振
興
課
☎
48
・
3
4
8
4
年
末
調
整
説
明
会
点 ご
検 協
時 力
期 を
お
~ 11
願
11
月 い
月 4 い
30
日 た
日 ㈬ し
㈪
ま
す
。
を
行
い
た
い
と
思
い
ま
す
の
で
、
け
通
勤
時
間
帯
以
外
に
点
検
作
業
こ
と
に
な
り
ま
す
が
、
で
き
る
だ
お
歩 り
行 行
者 い
等 ま
に す
ご 。
迷
惑
を
か
け
る
※
試
験
放
送
は
、
断
続
的
に
電
波
送 放 中 区
を な 送 継 、
行 お を 局 大
い 、 予 改 長
ま 11 定 修 谷
す 月 し で 小
。 2 て 12
学
日 い 月 校
か ま 1 区
ら す 日 で
試 。 か も
験
ら 黒
放
本 川
ル
放
送
が
始
ま
り
ま
す
。
グ
放
送
が
終
了
し
、
地
上
デ
ジ
タ
0
1
1
年
7
月
で
現
在
の
ア
ナ
ロ
準 り
備 ま
は す
、 。
お
済
み
で
す
か
。
2
明
る
く
元
気
な
高
校
生
の
魅
力
を
加
今 く
年 だ
は さ
よ い
り ~
多
く
の
企
業
に
、
い
た
だ
け
ま
す
。
お
気
軽
に
ご
参
企
業
で
あ
れ
ば
ど
な
た
で
も
参
加
~ ま 接 生 タ ハ す す が ー 新
ロ 。 る 企 を 発
、 業 会 田
ー
企 ブ 場 市
ワ
業 ー に ボ
ー
説 ス 、 ラ
ク
明 を 未 ン
新
会 ま 内 テ
発
を わ 定 ィ
田
開 っ の ア
管
催 て 高 セ
内
し 面 校 ン
の
末
ま
で
の
振
り
込
め
詐
欺
の
被
害
す
県 。
内
で
は
今
年
1
月
か
ら
9
月
等
の
活
動
を
強
力
に
実
施
し
ま
テビ
等ー
冬ル
期園
休、
奥
園胎
・
休内
業ヒ
ュ
ッ
強
化
に
よ
る
被
害
防
止
<広告>
▪
金
融
機
関
と
連
携
し
た
声
掛
け
を
流
す
の
で
映
ら
な
い
時
も
あ
の
被
害
防
止
広
報
▪
そ
れ
ぞ
れ
の
お
宅
を
訪
問
し
て
る
犯
行
用
具
の
取
締
り
等
の
振
り
込
め
詐
欺
に
使
わ
れ
消
雪
施
設
の
点
検
作
業
を
次
の
と
降
雪
期
を
迎
え
る
に
あ
た
り
、
が
見
ら
れ
な
か
っ
た
鼓
岡
小
学
校
地
域
整
備
課
管
理
係
(
内
線
1
2
1
8
)
の消
点雪
検井
作戸
業・
を消
行雪
いパ
まイ
すプ
☎ 総
今
0 務
5 省
ま
7 地
で
0 上
、
・ デ
地 07
・ ジ
上
0 コ
デ
1 ー
0 ル
ジ
1 セ
タ
ン
ル
タ
ー
放
送
業
▪
振
り
込
め
詐
欺
事
件
の
検
挙
防
活
動
の
強
化
推
進
期
間
と
し
て
滅
の
た
め
の
取
締
活
動
お
よ
び
予
ま地黒
り上川
まデ中
すジ継
タ局
ルエ
放リ
送ア
がで
始も
を
お
待
ち
し
て
お
り
ま
す
。
☎ ハ 説1
1
企
27
ロ
・ ー 明/ 業
6 ワ
の
7
6 ー 会1
み
7 ク 」
㈫
7 新 開「 な
さ
発 催
高ま
田
決校 へ
学 定
卒
生
!
担 !
企
当
▪
架
空
の
銀
行
口
座
・
携
帯
電
話
お
知
ら
せ
i
警
察
で
は
、
振
り
込
め
詐
欺
撲
し
て
お
り
ま
す
。
皆
様
の
ご
来
場
ヒ
ュ
ッ
テ
」
は
5
月
下
旬
を
予
定
胎 進
内
警 し
察 ま
署 す
☎
43
・
0
1
1
0
ク
」
は
4
月
下
旬
、
「
奥
胎
内
振
り
込
め
詐
欺
撲
滅
を
推
いんふぉめーしょん
亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨
餌叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡営
イ と
と
※
▪ ▪
嬰
嬰 き お サ 午 ▼ カ の ベ こ ~ 商 き いど
~あと一歩前へ踏み出したいあなたへ~
の 市 っ
嬰
嬰 、 買 ー 後 ふ ツ 里 ン ろ 4 き 工
観 と
(
観
こ
家田荘子講演会
光
嬰
嬰 野 い ビ 2 れ 丼 午 ト 時 課 光
施 物 秋ん
前 内 乙 ( 11
嬰
嬰 菜 上 ス 時 あ 500
設 産 の 水
休 月
) い 円 10
嬰
嬰 か げ
容 観
管 館
光
館
3
花
1
野
市
、
理 ☎ 感 の
嬰
嬰
時 ▼ 物 日 日
6
を
0
菜
(
ラ
係 4
里
嬰
嬰 プ 0
~
☎ ・
3 謝 ・
直 午 ー 午 ど 産 : ㈷ 4
3
嬰
嬰 レ 0
・ 1 祭 ふ
売 前 メ 後 っ 館 ㈪ 午
6 0
嬰
嬰 ゼ 円
) 後
、 9 ン 7 こ
1 0
れ
嬰
嬰 ン に
1
1
豚 時 300
時 ん
1
あ
嬰
嬰 ト つ
時
汁 ~ 円 ) 水
嬰
嬰
嬰
嬰
と ▼ で な す い 体 め ど 二ち和
共
嬰
嬰
午 和 も 作 が 伝 と 指 和 っ
の 嬰
嬰 日
こ 人ぎし
: 前 き し 親 品 、 統 し で 紙
市 催
嬰
嬰 ㈪ 9 絵 し と 表 に て ち 本 ん 展 り 絵
場 水
嬰
嬰 ) 時 開 ・ ん も 現 つ 表 ぎ 来 の
(
き
絵
(荻
嬰
嬰
~ 催 ち で な し ち 現 り の 里
の
午 中 ぎ い り だ か し 、 性 ☎
と
嬰
嬰
植
野
6
後 ~ り た ま い わ て は 質 4
地
嬰
嬰
・
木潔
7 11
絵 だ す で れ い ぐ を 3
区
嬰 胎内市人権講演会を開催します。
嬰
理子
1
時
月
展
け
。
ユ
た
ま
方
生
花
嬰 入場は無料ですが、整理券が必要となります。 嬰
志
( 29
ま ど ニ 和 す 法 か 0
と
0
氏
嬰
嬰
休
日
す
な
ー
紙
。
を
す
野
氏
)
嬰と き 12月9日㈬ 午後6時開場
嬰
・
館 ㈰
。 た ク で 古 主 た
菜
)
嬰 午後6時30分開演
嬰
嬰ところ 産業文化会館 多目的ホール
嬰
▪ 申 定 ※ 参
と ▼
嬰
嬰 と の 扱 ☎ 敬 た舞
館 と 込 要 加 ~ ち
6
和
嬰演 題 「この世に生まれ、
嬰 公 っ ア 2
・ 学 ち台
「 こ 締 員 予 費 3 き ぎ
3 園
嬰 生きて、生かされて…」
嬰 き 演 た
『 メ
ど ろ 切 約 時 り
な
6 大 』『
リ
嬰講 師 作家・家田荘子さん
嬰 11
1
2
12
っ ( 先
1 ( 11
絵
ど 人 カ
2 学
嬰
嬰 月 を
5 総
こ 共 11
着
0 休 月 体
人
入場整理券取扱箇所
《配付
:
1
1月
4日㈬から》
の
の
嬰
嬰 21
ん 通 月 10
0 館 22
験
行
務
の
嬰 市役所総合案内窓口、黒川支所、ほっとHOT・嬰 日 い 怒 陪
水 ) 19
人
0 日 日 会
課
れ
怒
企
の 乙 日
円
㈰
嬰 中条、産業文化会館、中央公民館、築地農村環境嬰 ㈯ ま る 審
( :
員
画
里 観 ㈭
㈪ 午
午
す
嬰
嬰
れ
・
材
男
」 光
広
嬰 改善センター、乙総合福祉センター
嬰 後 。 た 制
る
料 ) 後
報
度
物
1
嬰問い合わせ 総務課人権啓発係(内線1315) 嬰 1
費
ち
男
係
産
時
時
を
)
』
影叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡映
催
し
問 ※
午 ☎ い ビ
前 28
合 デ
9 ・ わ オ
時 7 せ 、
~ 5 カ
午 1 と メ
後 0 ら ラ
5 ( い 撮
時 ㈪ 夢 影
) ~ 事 は
㈮ 務 禁
・ 局 止
内
)
で
発
売
開
始
音
」
(
新
発
田
市
民
文
化
会
館
レ
ッ
ジ
し
ば
た
内
)
、
喫
茶
「
紫
チ
と ケ 定
ら ッ )
い ト
夢 事 11
務 月
局 24
( 日
サ ㈫
ン か
・ ら
ビ 、
<広告>
料 と
と 多
こ 開 彩
金 ろ 演 き な
( 内
1 新 5 12
容
0 発 時 月 で
0 田 30
26
披
0 市 分 日 露
円 民 開 ㈯ し
( 文 場 午 ま
全 化 ) 後 す
席 会
6 。
指 館
時
結
成
4
年
目
、
元
気
い
っ
ぱ
い
ミ第
ン4
グ回
キし
ッ
ズば
ダた
ンパ
スフ
公ォ
演ー
申 定
に 込 生
な 締 員 以
り 切 下
次 1 …
第 11
0 500
締 月 0 円
切 20
0 (
) 日 人 前
㈮ ( 売
( 先 り
定 着 )
員 )
大
学
生
…
1
0
0
0
円
、
高
校
参 (
加 東 舞 学
費 京 台
『 教
芸 1
2
員
大 術 人
・
人 座 の 藤
… ) 怒 本
2
れ 晃
0
る 嗣
0
男 講
0
た 師
円
ち )
、
』 ▼
<広告>
内 と
れ の こ 時 30
る 裁 容 ろ ) 分
男 判 ~
た 員 ▼ 新
4
ち 制 プ 発
時
』
度
レ
田
1
0
」
( と ト 市
分
敬 『 ー 民
(
和 12
ク 文
開
学 人 「 化
場
園 の 日 会
:
大 怒 本 館
1
市報たいない 2009.
1
1.
1 P.
14
いんふぉめーしょん
亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨
い
汗
を
流
し
て
い
ま
す
。
を
持
っ
た
方
が
参
加
し
、
心
地
よ
し
た
い
な
ど
、
さ
ま
ざ
ま
な
目
標
改
善
し
た
い
、
体
力
を
つ
け
維
持
腹
囲
を
減
ら
し
た
い
、
検
査
値
を
し
て
い
ま
す
。
教
室
に
は
体
重
や
た
め
に
、
健
康
体
操
教
室
を
実
施
市
で
は
、
生
活
習
慣
病
予
防
の
と
て
き い
た
11
だ
月 き
20
ま
日 す
㈮ 。
~
月
1
回
室
参
加
に
つ
い
て
、
了
解
を
得
が
、
主
治
医
の
い
る
方
は
、
教
*
強
度
な
運
動
で
は
あ
り
ま
せ
ん
改
善
に
取
り
組
み
た
い
人
。
上
と
生
活
習
慣
病
予
防
お
よ
び
の
中
に
取
り
入
れ
、
体
力
の
向
員
を
超
え
る
場
合
は
、
次
回
の
す
。
な
お
、
参
加
者
が
多
く
定
い
案
内
通
知
を
お
送
り
し
ま
* 申
申 込 イ
込 締 ル
を 切 代
さ な
れ 11
ど
た 月 )
方 10
に 日
は ㈫
、
詳
し
お
答
え
し
ま
す
。
悩
み
事
に
弁
護
士
等
の
専
門
家
が
ト
ラ
ブ
ル
や
教
育
・
健
康
な
ど
の
ら
し
の
中
で
生
じ
る
さ
ま
ざ
ま
な
第
第1回「ふるさとの歴史とまちづくり研究会」
り研究会」
板額会では、胎内市の中世の歴史を中心に、歴史文化を
次世代へ保存・伝承し、その活動を通して街が活性化する
ことを目的に、さまざまな活動をしています。今年度の
冬季は、「ふるさとの歴史をテーマにしたまちづくり」に
ついて、板額会員と一般参加者が共に考え、話し合う場と
して、研究会を開催いたします。
1回目は講演会で郷土の歴史を知り、2回目以降はまち
づくりの手法を学び、自分たちがどのように活用してい
くかアイデアを出し合います。(*参加無料、興味のある
回にだけでもご参加いただけます。)
第1回ふるさとの歴史講演会「直江兼続の時代と中条氏」
と き 11月15日㈰ 午後1時30分~3時
ところ 産業文化会館・2階会議室 定 員 先着100名
講 師 矢田俊文氏(新潟大学教授・日本中世史) 申込・問い合わせ 中央公民館内「板額会」
(東本町1666)
☎43・
2001 死 communi
t
[email protected]
t
y.
t
ai
nai
.
l
g.
j
p
主
と
と
売 の 契 な こ (
午
な な 約 相 ろ 完
き
後
ど い の 談 全
1 請 ト 内 市 市 予
時 11
求 ラ 容 民 役 約
月
30
制
、 ブ 事 相 所 ) 分 19
借 ル 例 談 1
日
~ ㈭
金 、 室 階
4 ・
、 身
ロ
時 26
訪 に
ビ
日
30
問 覚
ー
販 え
脇
分 ㈭
勤
労
者
福
祉
厚
生
財
団
「
暮
ら
郵
労 新 送 い
働 潟 先 ま
金 市 せ
庫 中 〒 ん
。
本 央 951
店 区 ‐
内 寄 8
居 5
㈶ 町 6
5
新 332
潟 ‐ 県 38
P.
15 市報たいない 2009.
11.
1
※
電
話
で
の
相
談
は
受
け
付
け
て
(胎
無
料内
)
・市
消
1
1
月費
の者
実相
施
談
会
本
・
支
店
の
窓
口
に
あ
り
ま
す
。
▪
専
用
相 )
談 で
用
紙
は
労
働
金
庫
相
談
?
ht
t
p:
/
/
www.
zai
danhukushi
.
or
.
j
p/
問
☎ 同 い し
025
財 合 な
・ 団 わ ん
事 せ で
223
・ 務 も
8 局
相
2
談
3
室
1
」
係
商
工
観
光
課
商
工
振
興
係
(
内
線
1
2
5
3
)
た
は
ホ
ー
ム
ペ
ー
ジ
(
封
の
う
え
、
左
記
へ
郵
送
、
ま
だ
く
場
合
も
あ
り
ま
す
。
コ
ー
ス
を
ご
案
内
さ
せ
て
い
た
(
相 ※
相 談 秘
談 方 密
内 法 厳
容 守
と
、
返
相
信
談
用
無
封
料
筒
)
を
同
<広告>
相
続
、
医
療
、
家
庭
問
題
な
ど
暮
参
加 間
費 と
一
500
緒
円 に
( 実
保 践
険 し
料 ま
・ す
フ 。
)
ァ
多
重
債
務
、
金
融
、
不
動
産
、
暮
ら
し
な
ん
で
も
相
談
元 ほ 募
気 っ
応 と 集
援 H
係 O
☎ T
・
中
44
・ 条
8
6 8 健
0 康
福
祉
課
講
座
・
教
室
健
康
体
操
教
室
参
加
者
対 ん
歳 で
ま 象 み
で ま
の 胎 せ
人 内 ん
で 市 か
、 在 。
運 住
動 の
を 30
生 ~
活 69
継
続
し
た
健
康
づ
く
り
に
取
り
組
あ
り
ま
す
。
ぜ
ひ
、
こ
の
機
会
に
ル
ー
プ
ワ
ー
ク
(
*
自
分
で
目
保
健
師
・
栄
養
士
の
話
、
グ
定
、
運
動
実
践
、
運
動
指
導
士
・
内 と
こ の
容 ろ コ
ー
身 ほ ス
体 っ も
計 と あ
H り
測 O ま
、 T す
血 ・ 。
圧 中 )
測 条
す
の
で
ご
了
承
願
い
ま
す
。
き
取
り
を
さ
せ
て
い
た
だ
き
ま
※
予 相 相
予 分 約 談 談
約 ~ 受 時 員
の 午 付 間 際 後 司
に 5 平 一 法
、 時 日 人 書
相 15
・ 30
士
談 分 午 分
概
前
要
8
の
時
聞
3
0
標
を
設
定
し
、
6
カ
月
間
、
仲
運
動
や
栄
養
に
つ
い
て
の
指
導
も
に
、
運
動
指
導
士
や
栄
養
士
か
ら
約
1
時
間
の
運
動
実
践
の
ほ
か
×
6
回
コ
ー
ス
(
*
2
月
開
始
いんふぉめーしょん
亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨
と し
て
き い
ま
午 11
す
後 月 。
1 12
時 日
30
㈭
分
~
3
時
と
大 考
勢 え
の て
皆 い
様 ま
の す
参 。
加
を
お
待
ち
☎ 市 局 隊
大 新
22
・ 手 〒 発
3 町 957
田
1 6 ‐ 駐
5 ‐ 8 屯
1 4 5 地
( ‐ 3 曹
0 友
内 16
線
新 会
発 事
363
田 務
)
す
活 。
気
あ
る
楽
し
い
会
に
し
た
い
み
く
だ
さ
る
よ
う
お
願
い
し
ま
加
い
た
だ
け
る
方
は
、
お
申
し
込
バ
ー
を
募
集
し
ま
す
の
で
、
ご
参
し
そ た
こ い
で と
、 考
標 え
記 て
検 い
ま
討 す
会 。
メ
ン
し
合
い
、
実
現
性
の
高
い
計
画
に
た
ら
い
い
な
」
と
い
う
意
見
を
出
ら
「
こ
う
な
り
た
い
」
「
達
成
で
き
策
本 定
計 を
画 計
は 画
、 し
一 て
人 い
ひ ま
と す
り 。
が
自
に の が
「 向 楽
胎 上 し
内 を め
市 目 る
歯 指 こ
科 し と
保 、 な
健 平 ど
計 成 生
画 22
活
」 年 の
の 度 質
申 定 ( 込 受 く
・ 員 付 だ
問 開 さ
い 先 始 い
合 着 : 。
わ 30
1
せ 名1
月
9
陸
日
上
㈪
自
~
衛
)
趣
味
、
電
話
番
号
を
お
知
ら
せ
住
所
、
氏
名
、
年
齢
、
職
業
、
申 会 対
と と
込 こ 方 費 象 ろ き
法 ( 3 独 プ 新 午 12
は 当
0 身 ラ 発 後 月
日
が 徴 0 女 ザ 田 2 13
き 収 0 性
ニ 時 日
か ) 円
ュ ~ ㈰
電
ー 6
話
ホ 時
で
テ
、
ル
た
食
生
活
や
豊
か
な
表
情
で
会
話
ふ
れ
あ
い
パ
ー
テ
ィ
ー
緊急雇用対策による臨時・パート職員募集
国の緊急雇用対策事業を受けて、次の職種について、1
1月16日から臨時パー
ト職員を雇用する予定です。
職 種
❶ 事務補助員
❷ 事務補助員
募集人数
2人
4人
税務課
資産税係
土地建物等の台帳整理事業
職務内容
1日6時間
(午前9時~午後4時)㈪~㈮
雇用予定期間 1
1月中旬~3月下旬
胎内リゾート振興課 ロイヤル胎内パークホテル
葛地域資源活用プログラム創出事
業(2人)葛観光マーケティング調
査事業(2人) 1日7時間
(午前9時~午後5時)㈪~㈮
11月中旬~3月下旬
必要な免許等 ワード、エクセル等を使えること ワード、エクセル等を使えること
時 給
770円
77
0円~
※上記は、1
0月15日現在の予定ですので、変更する場合があります。
1
1月9日㈪午後5時までに「胎内市パートタイマー申込書」に履歴書
を添えて総務課に提出してください。申込書・履歴書は総務課に用意
してあります。また、胎内市のホームページのお知らせ情報(平成21
年度 臨時パート職員登録について)から申込書・履歴書をダウン
ロードできます。胎内市パートタイマー申込書の希望職種欄は、1
8
事務補助員・その他を○で囲んでください。※❶または❷のみを希
応募期間
望する場合は、
( )内に記入してください。
《平成2
1年度の臨時・パート職員登録を既に行った方について》
平成21年度の臨時・パート職員登録を既に申し込まれている方で、
1
8事務補助員を希望した方は❶❷の選考の対象にしますので、再度
申し込む必要はありません。既申込者で、希望職種や希望条件の変
更・追加等ありましたら電話等により総務課までご連絡ください。
要 件
今回の緊急雇用対策による臨時・パート職員の申込みついては、上記
雇用期間で失業予定の方に限ります。
なお、年齢制限はありません。
選 考
すでに申し込まれた平成21年度臨時パート登録者(今年度の緊急雇
用による公募で事務補助員を希望した者も含む)で要件を満たして
いる方と今回の申込者の中から、資格や経歴等、必要により面接を行
い選考します。ただし、上記雇用期間で在職予定のある方は対象外
とします。
問い合わせ
総務課人事庶務係(内線13
23)
ち
、
充
実
し
の
健
康
を
保
民
が
歯
と
口
元 ほ バ
気 っ
応 と ー
援 H 募
係 O
集
☎ T
・
中
44
・ 条
8
6 8 健
市 0 康
福
で
祉
は
課
す
べ
て
の
市 、
対 募
試 受
験 月 歳 集
日 付 1 未 象 種
日 満 目
1 11
現 の 中 月 月 在 男 卒 高 陸
23
1 ) 子 ( 等 上
日 日
( 見 工 自
~
平 込 科 衛
1
成 含 学 隊
月
22
む 校
8
年 ) 日
4 17
策「
胎
定内
に市
伴歯
う科
検保
討健
会計
メ画
ン」
新 陸平
発
田 上成
地 自2
1
域
事 衛年
務 隊度
所 生
☎
徒
26
・
5 募
6 集
1
9
募
集
申 と
込 こ
締 ろ
切 ほ
1
1
っ
月 と
1
0
H
日 O
㈫ T
・
中
条
平成22年度採用胎内市職員募集
採用職種
(試験)
採用予定人員
保健師
(中級試験)
2人
昭和5
0年4月2日から昭和63年4月1
日までに生まれた人で、保健師の免許取
受験資格
得者、または平成22年3月31日までに免
許取得見込みの人
採用日
平成22年4月1日
11月2日㈪~11月2
5日㈬
応募受付
午前8時30分~午後5時15分
期間
(ただし、㈯・㈰・㈷を除く。
)
1月31日㈰/胎内市役所(胎内市新和町
第1次試験 210)/教養試験、専門試験(短期大学
卒業程度)、一般性格診断検査
第1次試験合格者に対し、2月下旬まで
第2次試験
に通知します。
① 総務課で「受験申込書」、
「試験案内」を
交付します。時間外による請求には応じ
ません。▪遠隔地のため郵送で請求の
場合は、請求用封筒の表にそれぞれ「保
健師請求」
と朱書きし、返信用封筒(角形
2号)
に、12
0円切手(速達を希望する場
合は、その料金を加えること。
)を貼付の
上、同封してください。(出願者の郵便
番号、住所、氏名(様も書く)
を記入)
応募受験 ※「受験申込書」、
「試験案内」は胎内市
用紙
ホームページからも取得できます。
② 受験申込書に必要事項を記入の上、11
月2
5日㈬までに総務課へ提出してくだ
さい。
・郵送で提出する場合は、封筒の
表にそれぞれ「保健師受験」と朱書きし、
書留郵便等確実な方法で提出してくだ
さい。
11月2
5日(締切日)までの消印の
あるものに限り受け付けます。
※詳しくは「試験案内」の受験手続きをご
参照ください。
問い合わせ
総務課人事庶務係(内線13
23)
市報たいない 2009.
1
1.
1 P.
16
いんふぉめーしょん
亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨亨
~ 自分の発見・未来を拓く・生涯学習 ~
マナビップフェスタ胎内2009
1
1月は生涯学習強調月間です。
3・64
0
0
※各イベントの詳細等については、10月15日号折込のパンフレットをご覧ください。 問い合わせ 産業文化会館 ☎4
と き
ところ
イベント
~3日㈷
午前9時~
市役所前
~3日㈷
午前9時~
黒川地区公民館 黒川展覧会
第4
0回菊花展
3日㈷
午前9時~
陸上競技場
3日㈷
午前9時~
3日㈷
午後2時~
5日㈭
午後1時30分~ 産業文化会館
第5回胎内市ジュニア音楽祭(多目的ホール)
5日㈭~8日㈰
午前9時~
中条体育館
7日㈯~8日㈰
午前9時~
産業文化会館
産業文化会館
第4回胎内市美術展覧会
生涯学習作品展(多目的ホール)
フラワーアレンジメント(企画展示室)
胎内短歌会色紙展(情報コーナー)
文芸たいない展(エントランスホール)
第1
8回写真展(企画展示室)
産業文化会館
舞と音楽とことばの共演(多目的ホール)
胎内市ロード大会
産業文化会館
1
3日㈮ ~1
5日㈰ 午前10時~
1
4日㈯
午前10時~
1
5日㈰
午前9時30分~ 産業文化会館
夢の教室パート6(会議室)
文化の日特別講演会(多目的ホール)
中条カラオケフェスタ(多目的ホール)
新栄町在住の長谷川信雄さんが自ら作詞したオリジナル曲『一筋の人生』を発
表されます。皆様ふるってご参加ください。
(
部
正
明
組
(
村
上
ク
ラ
ブ
)
▼
2
▪
各
組
優
勝
(
す
べ
て
胎
内
市
)
園 内 第
テ 大 39
ニ 会 回
ス (
三
コ
地
ー 10
ト 月 区
親
) 10
日 善
・ ソ
国 フ
際 ト
交 テ
ニ
流 ス
公 胎
組
(
村
上
ひ
ま
わ
り
ク
ラ
ブ
・
村
上
岩
崎
伸
二
組
(
中
条
ク
ラ
ブ
・
糸
▼ 子
2 由
位 美
子
関 組
根 (
一 中
枝 条
・ マ
高 ス
野 コ
勝 ッ
子 ト
)
の テ 也
部 ニ 子
ス ・
小
▼ ク
ラ
1 ブ 島
位 ) 悦
▪ 子
治 シ 組
(
田 ニ 荒
節 ア 川
子 女 ソ
・ 子 フ
ト
0
金6
組 位 A伸
( ) 子
M 斎 ▪ 組
T藤 シ
ニ (
Cみ ア 新
) よ 女 発
▼ 子 子
田
2 ・5
0
位 益 の S
田 部 A
渡 と K
辺 も ▼ U
美 子 1 R
▼ 員 黒 ▼ ▼ 位 部 上
3 ) 松 川 敢 3 、
位 ▼ 川 中 闘 位 渡 ▼ 黒
2 正 ) 賞 辺 1 川
佐 位 太 ▪ 佐 結 位 中
藤 郎 一 片 藤 衣 )
浩 小 ( 般 野 美 ( 三 ▪
( 唄 中 の
咲 以
中
ク 信 条 部 歓 ・ 上 浦 学
菜
ラ 一 中 髙 、 莉 生
レ ( 学 ▼ ( 橋 中 緒
以
条 ▼ 女
)
・ 県 校 1
千
職 教 位 上 晶 中 2 子
佐 )
の
)
、
P.
17 市報たいない 2009.
11.
1
也
、
小
野
ト
ラ
ノ
)
ブ 大
)
▼ 久
2 保
位 満
美
斉 子
藤 組
え (
り 中
子
・ 条
小 ク
野 ラ
太 佐
▼ 三 藤
敢 浦 哲
(
闘 悠 以
樹
賞 ( 上
中 、
橋 条 築
本 中 地
中
周 )
・ )
拓 石 ▼
( 山 3
以 諒 位
ル
、
加
茂
道
子
)
・
5
チ
ー
ム
(
五
十
(
八
幡
勲
、
榎
本
金
司
、
佐
藤
カ
ホ
中 保
村 、
富 福
枝 重
) 富
▼ 美
3 子
位 、
高
2 橋
チ 光
ー 枝
ム 、
(
子 新
の
部 発
田
▼ 商
1 業
位 高
校
渡 )
辺 ▪
美 成
恵 年
・ 女
中
学
校
)
・
森
葉
月
・
村
田
麻
衣
組
渡
辺
美
穂
・
鈴
木
玲
美
組
(
中
条
嵐
修
吾
、
須
貝
ヨ
シ
ミ
、
伊
藤
勝
内
▼ ス
1 ポ
位 少
)
平 ▪
野 中
学
巧 生
▼ 男
2 子
位 の
部
二 間
) ミ
▼ ネ
2 子
位 、
中
8 倉
チ 俊
ー 一
ム 、
( 本
井 間
上 健
組 2 (
( 位 築
村 地
上 高 中
東 橋 学
中 美 校
・
学 紗 新
校 ・ 発
) 大 田
▼ 滝
3 ま 高
位 り 校
菜 )
▼
平
(
0
位 奏 ▪1
成
月
瑠 小
2
1
1
西 ▼ 学1
年
村 2 生 日
・ 度
唯 位 の 中 市
花 部 条 民
(
体
以 羽 ▼ 育 卓
上 田 1 館 球
、 早 位 ) 大
会
す 織
(
べ
第
5
て ▼ 高
回
胎 3 井
)
テ 第 大
▼ ニ
ス 5
1 大 回会
位 会 胎結
( 内 果
3 10
市
チ 月
民
ー 4
フ
ム 日
ォ
( ・
中
忠 条 ア
マ
リ 体 ン
ツ 育 ソ
、 館 フ
本 ) ト
と
き
12
月
5
日
㈯
中
条
体
育
館
☎
43
・
6
1
3
3
胃
43
・
6
1
3
4
第
5
回
胎
内
市
ス
ー
パ
ー
ド
ッ
ス
ポ
ー
ツ
参
試 ク
加 で 合 ラ 学
資 チ 方 ス 校
格 ー 法 体
ム ▪ ▪ 育
市 編 1 小 小 館
内 成 チ 学 学
の し ー 生 生
小 、 ム 低 高
学 7 10
学 学
生 人 名 年 年
、 制 以 の の
ス で 内 部 部
(
ブ 村
松 ) 上
浦 ▪ 市
映 一 役
理 般 所
加 女 ク
・ 子 ラ
川 の ブ
部
村 ・
尚 ▼ 村
上
子 1 ク
組 位 ラ
位
五
十
嵐
弥
一
・
相
田
啓
治
組
ポ
ー
ツ
少
年
団
員
▼ ▼
D C
… …
高 守
橋 弘
俊 美
雄 恵
・ 子
中 ・
村 蓮
祐 沼
子 宏
組 組
▼
A
…
相
馬
晃
・
桐
生
進
組
申
込 用
締 意
切 し
て
11
い
月 る
20
申
日 込
㈮ 書
で
▼
B
…
井
上
保
・
山
内
秀
夫
組
ジ
大
会
参
加
チ
ー
ム
募
集
黒
川
庁
舎
ス
ポ
ー
ツ
振
興
係
に
申
込 さ
方 い
法 )
中
条
体
育
館
お
よ
び
と
こ
ろ
中
条
体
育
館
・
中
条
中
保
( 入 険
申 し 料
込 て み い ス
時 な ポ
に い ー
お 方 ツ
支 は 少
払 1 年
い 人 団
く 30
に
だ 円 加
氏獅獅獅獅獅獅獅獅獅獅獅獅獅獅獅祉
球 位 藤
同 ▼ 佑
(
好 菅 1 胎
会 原 位 内
) 徹 卓
▼ ( 羽 連
3 以 田 )
位 上 野 ▪
愛
、
小 西 一 好
栄
者
嶋 条
モ 町 ▼ の
ト 卓 2 部
ク
ラ
ブ
)
条 村
ク 宏
ラ 生
ブ ・
)
▼ 加
3 藤
位 聡
組
河 (
内 以
直 上
樹 、
・ 中
忠 魚
啓 川
ク
組 ラ
( ブ
糸 )
魚 ・
川 吉
ク 岡
ラ 和
ブ 幸
・ ・
新 兼
潟 田
1
0
第
田 ▪ 月3
6
忠 一 4 回
仁 般 日
阿
・ 男 ・
国
野 子 際 賀
澤 の 交 北
健 部 流 ソ
公 フ
組 園 ト
▼ ▼ テ テ
2 1 ニ
ス ニ
位 位 コ ス
ー 大
木 兼 ト
) 会
氏獅獅獅獅獅獅獅獅獅獅獅祉
子
(
婦
人
卓
球
)
の ( ▼ 石4
ト
5
部 中 2 山 の キ
条
位 隆 部 め
▼ ク 一 き
ラ
1 ブ 八
▼ ク
位 ) 幡 組 1 ラ
(
▪ 治
位 ブ
太 シ ・ 新 )
▪
田 ニ 加 発 築 シ
田
藤
秀 ア
井 ニ
一 男 久 ク
正 ア
ラ
博
・ 子
行 男
ブ
組
0
磯6
) ・ 子
て
も
ら
い
な
が
ら
作
っ
た
竹
製
の
空
気
鉄
砲
等
ま 々
た 。
、
川
で
捕
ま
え
た
ウ
グ
イ
や
教
え
え
て
く
れ
た
の
で
、
上
手
に
で
き
た
。
」
ち
ま
き
作
り
を
し
た
け
ど
、
や
さ
し
く
教
い
に
採
れ
る
か
ド
キ
ド
キ
し
た
。
」
「
始
め
て
て
「 く
お れ
店 ま
に し
売 た
る 。
野
菜
を
採
る
と
き
、
き
れ
ど
も
た
ち
は
、
楽
し
か
っ
た
思
い
出
を
話
し
す
民 。
泊
先
か
ら
学
校
に
も
ど
っ
て
き
た
子
と
っ
て
、
一
番
の
思
い
出
に
な
っ
た
よ
う
で
泊
し
た
こ
と
(
民
泊
)
が
、
子
ど
も
た
ち
に
心
そ を
し 深
て め
、 る
何 こ
よ と
り が
も で
き
農 ま
家 し
の た
お 。
宅
に
一
動
を
通
し
て
、
食
に
対
し
て
の
興
味
や
関
ら
一
つ
選
ん
で
チ
ャ
レ
ン
ジ
し
ま
し
た
。
活
ヤギの搾乳に挑戦
「
フ
ラ
ン
ク
フ
ル
ト
作
り
」
「
ヤ
ギ
の
搾
乳
」
か
き
食 ま
の し
体 た
験 。
で
は
、
「
米
粉
で
ピ
ザ
作
り
」
豊
か
な
自
然
に
ど
っ
ぷ
り
触
れ
る
こ
と
が
で
テ
ー
リ
ン
グ
」
で
は
、
ふ
る
さ
と
胎
内
市
の
ま
「 し
カ た
ヌ 。
ー
体
験
」
「
星
空
観
察
」
「
オ
リ
エ
ン
の
す
ば
ら
し
さ
』
を
体
感
す
る
こ
と
が
で
き
ど
も
た
ち
は
、
改
め
て
『
ふ
る
さ
と
胎
内
市
を
実
施
し
ま
し
た
。
こ
の
三
日
間
で
、
子
と
回
り
成
長
し
た
と
感
じ
ま
し
た
。
る
さ
と
体
験
教
室
で
子
ど
も
た
ち
が
、
ひ
れ
あ
い
が
、
子
ど
も
た
ち
に
と
っ
て
か
け
が
泊
先
で
の
体
験
や
ご
家
族
と
心
温
ま
る
触
か
ア べ
ウ て
レ い
ッ ま
ツ し
館 た
で 。
の
集
団
宿
泊
活
動
・
民
も
の
の
、
一
様
に
満
足
そ
う
な
表
情
を
浮
た
ち
は
、
や
や
疲
れ
た
様
子
が
う
か
が
え
た
も
ふ い
る ま
さ し
と た
体 。
験
教
室
を
終
え
た
子
ど
も
え
な
い
財
産
に
な
っ
た
よ
う
で
す
。
こ
の
ふ
か
ら
五
日
に
か
け
て
ふ
る
さ
と
体
験
教
室
築
地
小
学
校
五
年
生
は
、
八
月
三
日
を
大
切
そ
う
に
持
ち
帰
っ
て
き
た
子
ど
も
築
地
小
学
校
五
年
担
任
岡
﨑
功
一
ふ
る
さ
と
体
験
教
室
に
学
ぶ
第22回
口
に
し
て
食
糧
自
給
の
問
題
や
有
効
活
用
し
た
。
今
後
の
学
習
と
し
て
、
こ
れ
ら
を
糸
た
り
、
作
っ
た
り
、
味
わ
っ
た
り
し
て
き
ま
米
粉
の
よ
さ
を
児
童
は
実
際
に
工
場
を
見
し
米 た
粉 。
ピ 一
ザ 例
作 を
り 挙
の げ
一 る
と
連
の
体
験
で
は
、
・
カ
そ ヌ
れ ー
ぞ 体
れ 験
の
活
動
が
と
て
も
有
意
義
で
・
( ア
五 ウ
日 レ
ッ
目 ツ
) 館
泊
・ ・
か フ
わ ラ
い ン
い ク
小 フ
物 ル
作 ト
り 作
り
星
空
観
測
・
( ア
四 ウ
日 レ
ッ
目 ツ
) 館
泊
ろ
で
生
か
し
て
い
く
こ
と
が
で
き
る
こ
と
を
成
こ 長
の の
貴 跡
重 も
な 見
体 え
験 ま
を し
今 た
後 。
多
く
の
と
こ
願
っ
て
い
ま
す
。
楽しいカヌー体験
・ ・
ナ ウ
イ ォ
ト ー
ウ ク
ォ ラ
ー リ
ク ー
と
が
で
き
た
と
思
い
ま
す
。
子
ど
も
た
ち
の
改
め
て
ふ
る
さ
と
胎
内
の
よ
さ
を
感
じ
る
こ
・
き
ゅ
う
り
の
収
穫
体
験
日
間
で
体
験
す
る
こ
と
が
で
き
ま
し
た
。
・ ・ ・
( ヤ 新 ( 各
三 ギ 潟 二 農
日 の 製 日 家
目 乳 粉 目 で
) 搾 見 ) の
り 学
作
業
・
ア
米
農
イ
泊
ス 粉
体
作 ピ
り ザ
験
作
り
た
学 。
校
で
は
体
験
で
き
な
い
こ
と
が
こ
の
五
さ
い
ま
し
た
。
大
変
お
世
話
に
な
り
ま
し
子
ど
も
た
ち
に
具
体
的
に
指
導
し
て
く
だ
専
門
的
な
知
識
や
技
術
を
持
っ
た
方
々
が
り
( で
一 す
日 。
目
)
り
深
く
交
流
を
す
る
こ
と
が
で
き
ま
し
た
。
活
、
宿
泊
を
し
た
り
す
る
こ
と
を
通
し
て
よ
た
実 。
施
し
た
主
だ
っ
た
プ
ラ
ン
は
次
の
と
お
や
友
達
と
一
緒
に
作
業
し
た
り
、
共
同
生
生
の
児
童
四
十
人
が
体
験
し
て
き
ま
し
泊
五
日
の
「
ふ
る
さ
と
体
験
学
習
」
を
五
年
六
月
二
十
九
日
か
ら
七
月
三
日
に
四
り
人 ま
と し
の た
関 。
わ
り
で
も
、
農
家
の
人
た
ち
的
に
考
え
て
い
く
こ
と
が
で
き
る
教
材
に
な
に
つ
い
て
食
の
面
や
生
産
の
面
か
ら
も
具
体
黒
川
小
学
校
五
年
担
任
西
方
俊
也
充
実
し
た
ふ
る
さ
と
体
験
学
習
市報たいない 2009.
1
1.
1 P.
18
よ
う
に
す
る
こ
と
を
心
が
け
ま
し
ょ
う
。
目安は一口
30回!
合言葉は…
ひとがすき
歯や口の健康普及マーク
「ハビィー」
て
い
っ
て
く
だ
さ
い
ね
。
た
。
こ
れ
か
ら
も
歯
を
大
切
に
し
と
て
も
生
き
い
き
し
て
い
ま
し
二
人
と
も
笑
い
声
が
絶
え
な
く
、
し
た
。
イ
ン
タ
ビ
ュ
ー
時
は
、
お
き
…
記
憶
力
ア
ッ
プ
《
脳
が
刺
激
さ
れ
、
頭
の
働
き
を
活
性
化
し
ま
す
。
》
食
べ
物
一
口
入
れ
た
ら
お
箸はし
を
お
い
て
、
い
つ
も
よ
り
5
回
多
く
噛
む
旦だんと
那ない
様 う
の こ
徳 と
治 が
さ
ん き
が っ
推 か
薦 け
し で
ま 、
悩 春
み 枝
を さ
聞 ん
い か
た ら
こ は
と 歯
が に
な つ
い い
! て
の
「
歯
ご
た
え
」
っ
て
気
持
ち
い
い
で
し
ょ
。
》
な
ど
周
り
で
声
が
聞
か
れ
る
中
、
す
…
ス
ト
レ
ス
を
発
散
《
集
中
力
を
高
め
、
ス
ト
レ
ス
を
緩
和
し
ま
す
。
食
べ
れ
な
い
…
」
「
歯
が
痛
い
…
」
物
質
の
作
用
を
抑
制
し
ま
す
。
》
す
。
食
事
の
際
に
「
硬
い
も
の
が
が
…
が ロ
ん リ
を ー
防 も
ぐ 増
《 加
よ し
く ま
噛 す
む 。
こ 》
と
は
、
唾だえ
液き
の
分
泌
を
促
し
、
発
が
ん
磨
き
を
毎
日
か
か
さ
な
い
そ
う
で
は
、
1
日
2
回
(
朝
・
夜
)
の
歯
と
…
糖
尿
病
を
防
ぐ
《
よ
く
噛
む
と
血
糖
値
が
上
が
り
に
く
く
、
消
費
カ
ひ
…
肥
満
を
防
ぐ
《
よ
く
噛
ん
で
食
べ
る
と
、
満
腹
感
が
得
ら
れ
ま
す
。
》
【
噛
む
こ
と
の
効
果
】
食
べ
る
た
め
だ
け
で
な
く
全
身
の
健
康
づ
く
り
に
効
果
が
あ
り
ま
す
。
も 時 か よ で う 間 け く 皆 今
は と は て 噛 さ 回
、 し 約 1 ん ん は
な な 11
回 で は 「
ぜ い 分 の 食 日 噛か
噛 」 。 食 事 ご む
む 人 最 事 を ろ 」
こ た 近 を し よ と
と ち は し て く い
は が 、 て い 噛 う
体 増 軟 い ま ん こ
に え ら た し で と
良 て か と た 食 に
い い い 言 。 事 注
の る も わ 卑 を 目
で と の れ 弥 し し
し 言 が て 呼 て て
ょ わ 好 い の い み
う れ ま ま 時 ま た
か て れ す 代 す い
。 い 、
「 。 の か と
噛 ま 噛 現 人 ? 思
む す め 代 た い
こ 。 な 人 ち 昔 ま
と
い の は の す
は
「 食 51
」
人 。
、
噛 事 分 は
今
回
入
賞
し
た
佐
藤
春
枝
さ
ん
★
奨
励
賞
( …
黒 佐
川 藤
下 春
町 枝
・ さ
ん
70
歳
)
皆1
1
さ月
ん8
の日
歯は
は『
いい
かい
が歯
での
し日
ょ』
う。
か
。
~
お
口
の
健
康
通
信
~
歯「
のい
コき
ンい
クき
ー人
ル生
」よ
い
オレンジリボンには
子ども虐待を防止す
るというメッセージ
が込められています。
子
子ど
ども
もを
を虐待か
から
ら守
守り
りまし
しょう
捌捌捌捌捌捌捌捌捌捌捌捌捌捌捌捌捌
「きこえるよ 耳をすませば 心のさけび」
「守ろうよ 未来を見つめる 小さなひとみ」
11月は「児童虐待防止推進月間」です
児童虐待とは、親や親代わりの養育者が、子どもの心身を傷つけ、健やかな成長や発達
を損なう行為です。親が「しつけ」と思っても、子どもにとって有害ならそれは「虐待」
です。
いつも子どもが泣いている、子どもが傷を隠す、学校に行っていない・
・
・
「おや」
「おか
しいな」と感じたら、それが注意信号です。
“もしや ?”と思ったら…
子どもの虐待 相談窓口:健康福祉課 こども係 ☎ 43・0304(相談直通)
月~金曜日 午前8時30分~午後5時1
5分(土、日、祝日除く)
※来所、電話でもご相談に応じます。必要に応じて、家庭訪問する
ことも可能です。
または 新発田児童相談所 ☎ 26・9131
P.
19 市報たいない 2009.
11.
1
▪受け付けた相談・情報について
は、市と児童相談所が連携し
て子どもの安全を確認し支援
を行います。
▪通告(相談)した方の秘密は守
られます。
▲
▲
幼
虫
ア
カ
ス
ジ
キ
ン
カ
メ
ム
シ
成
虫
文 に
・ も
写 見
真 え
ま
胎 す
内 。
☎ 昆
48
虫
・ の
3 家
3
0
0
口
を
あ
け
て
笑
う
子
供
の
顔
の
よ
う
い
え
る
で
し
ょ
う
か
。
幼
虫
は
大
き
な
類
が
多
い
の
も
カ
メ
ム
シ
の
特
徴
と
ま
す
。
も
よ
う
が
人
の
顔
に
似
た
種
に
集
団
で
も
ぐ
り
こ
ん
で
冬
を
越
し
幼
虫
の
姿
で
、
地
面
の
落
ち
葉
の
下
ア
カ
ス
ジ
キ
ン
カ
メ
ム
シ
の
場
合
は
胎内の自然 (42)
アカスジキンカメムシ
(カメムシ目キンカメムシ科)
し
も
種
類
に
よ
っ
て
さ
ま
ざ
ま
で
す
。
嫌
わ
れ
ま
す
が
、
カ
メ
ム
シ
の
冬
越
家
の
中
に
入
っ
て
く
る
こ
と
で
ひ
ど
く
カ
メ
ム
シ
は
、
秋
に
冬
越
し
の
た
め
山口知行所絵図
(17
35年)中条氏家臣の屋敷
中条氏家臣の末裔が暮らす白鷹町大字山口
移住3
60年記念碑(白鷹町大字山口)
中条氏家臣が山形に移住したことを記した碑。
い
「 ま
じ す
ょ 。
ろ
虫
」
と
呼
ば
れ
る
ク
サ
ギ
た
鮎
貝
村
の
人
々
と
の
争
い
が
の
木
の
実
か
ら
汁
を
吸
っ
て
生
活
し
て
け
暮
れ
、
ま
た
元
々
住
ん
で
い
ミ
ズ
キ
や
キ
ブ
シ
、
ホ
オ
ノ
キ
な
ど
た
が
、
自
給
自
足
の
開
墾
に
明
文
胎 ・
内 写
市 真
教
育
委
生 員
涯 会
学
習
課
成
虫
は
初
夏
か
ら
夏
に
か
け
て
現
れ
、
角
に
屋
敷
地
を
与
え
ら
れ
ま
し
ど
、
山
地
の
林
に
生
息
し
て
い
ま
す
。
市
内
で
は
櫛
形
山
脈
や
奥
胎
内
な
え
ア る
カ の
ス が
ジ 特
キ 徴
ン で
カ す
メ 。
ム
シ
は
胎
内
を 小しょ翅はねメ
お 楯うじの ム
ゅ
お 板んば付 シ
の
い
んけ
、 と 根 仲
一 い に 間
見 う 小 は
甲こう部 さ ど
虫ちゅ分 く れ
も
のうが 付 、
よ 背 い ふ
う 中 て つ
に 全 い う
見 体 る は
ち
は
山
口
村
(
白
鷹
町
)
の
一
こ
こ と
の と
際 な
、 り
中 ま
条 し
氏 た
の 。
家
臣
た
置
賜
郡
白
鷹
町
鮎
貝
)
に
移
る
家
の
国
替
え
に
よ
り
山
形
(
西
を
行
っ
て
い
ま
す
。
関
連
市
町
村
と
文
化
交
流
事
業
歴
史
を
ま
も
る
た
め
「
新
地
元
家 記
臣 念
の 碑
末まつが
裔えい建
の て
方 ら
々 れ
が 、
先 中
祖 条
の 氏
組
」
を
結
成
し
、
中
条
家
当
主
や
た
が
、
豊
臣
秀
吉
に
よ
る
上
杉
を
拠
点
と
し
て
い
た
武
将
で
し
い
す
じ
の
入
っ
た
美
し
い
姿
。
キ
ン
カ
違
う
所
は
、
緑
色
に
輝
く
地
色
に
赤
約
2
セ
ン
チ
。
ほ
か
の
カ
メ
ム
シ
と
鮎
も 貝
と 城
も 主
と 中
は 条
現 三
在 盛
の 。
胎
内
市
軍
に
加
わ
り
最
上
軍
と
戦
っ
た
関
ヶ
原
の
戦
い
で
直
江
兼
続
へ
の
忠
義
を
支
え
に
四
百
年
生
苦
し
い
も
の
で
、
誇
り
と
殿
様
た
び
た
び
お
こ
る
な
ど
生
活
は
き
現 抜
在 い
、 て
白 き
鷹 ま
町 し
大 た
字 。
山
口
に
餌叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡営
嬰
嬰
嬰
嬰
黒川郷土文化伝習館企画展
嬰
嬰
嬰
嬰
「胎内市と天地人」
嬰▪期 間 11月30日まで
嬰
嬰▪入館料 大人200円、小・中学生100円
嬰
嬰※写真パネルや、中条氏・黒川氏関連の宝物、遺物を展示します。嬰
嬰
嬰
嬰▪問い合わせ
嬰
嬰 黒川郷土文化伝習館☎47・3000
嬰
影叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡叡映
種
ア 類
カ が
ス い
ジ る
キ の
ン で
カ す
メ 。
ム
シ
は
体
長
そ
ん
な
カ
メ
ム
シ
の
中
に
も
変
わ
っ
た
仲
間
は
と
か
く
嫌
わ
れ
者
。
し
か
し
臭くさ
い
に
お
い
を
出
す
カ
メ
ム
シ
の
胎
内
市
の
歴
史
探
訪
)
(4
4
中 胎
条内
氏市
のと
面天
影
を地
訪人
ね
て
④
山
形
に
暮
ら
す
家
臣
の
末
裔
市報たいない 2009.
1
1.
1 P.
20
威尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉惟
意
意
意
意
意
意
意
意
意
意
意
意
意
No.
23 意
意
意
意
意
大会開催期間 平成 21年 9月 26日~ 10月 6
大会開催期間 6日
日
意
意
慰尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉易
2009
第64回国民体育大会
胎内市在住選手が新潟県代表として出場しました。
氏 名
八幡 勇樹
(笹口浜)
平野 亜美
(村松浜)
藤井 智子
(西栄町)
兼田 忠仁
(二葉町)
松田 亮輔
(笹口浜)
堀 勝俊
(八幡)
高橋 あゆみ
(東本町)
競 技 名
種 目
ライフル射撃
BRS
60JM
(少年男子)
ライフル射撃
10mS
40JM
(少年女子)
ライフル射撃
BRS
40JM
(少年女子)
ソフトテニス
(成年男子)
軟式野球
(成年男子)
クレー射撃
スキート
(成年男子)
バスケットボール
(成年女子)
成 績
開 催 期 日
15位
9月27日㈰~30日㈬
26位
9月27日㈰~30日㈬
6位
9月27日㈰~30日㈬
1回戦敗退
9月27日㈰~30日㈬
1回戦敗退
9月27日㈰~30日㈬
団体12位
個人 9位
9月28日㈪~10月1日㈭
2回戦敗退
10月2日㈮~6日㈫
ライフル射撃競技では、八幡勇樹選手が15位、平野亜美選手が26位。
藤井智子選手は、ファイナルまで進み、見事6位入賞を果たしました。
ソフトテニス競技(成年男子)では、兼田忠仁選手が出場し、1回戦で神奈川県と対戦。第1ペアの
兼田・中野(上越市)組は、ゲームカウント4-0で敗戦し、後続のペアも敗れ、3-0で初戦を勝利
で飾れませんでした。
軟式野球競技(成年男子)には、松田亮輔選手が9番ショートで出場。
1回戦で静岡県と対戦しましたが、3-1で惜しくも敗れました。
クレー射撃競技では、堀勝俊選手が出場しました。スキート団体戦12位、スキート個人戦9位で惜しく
も入賞を逃しました。
バスケットボール競技(成年女子)には、高橋あゆみ選手が出場しました。
2回戦で熊本県に55-51で惜敗し、2年連続決勝進出は果たせませんでした。
にぎ
10月6日に閉会した『トキめき新潟国体』。胎内市の各競技会場も大いに賑わい、市民ボランティアの皆さまにも大
変お世話になりました。ご協力ありがとうございました。
トキめき新潟国体 胎内市実行委員会事務局(黒川庁舎2階国体推進室)
☎ 47・3407/胃 47・2988
実行委員会ホームページ ht
t
p:
/
/
www.
ci
t
y
.
t
ai
nai
.
ni
i
gat
a.
j
p/
k
ok
ut
ai
/
k
ok
ut
ai
.
ht
ml
電子メールアドレス k
ok
ut
ai
@ci
t
y
.
t
ai
nai
.
l
g.
j
p
P.
21 市報たいない 2009.
11.
1
問い合わせ ほっとHOT・中条 健康福祉課 ☎4
4・86
80
黒川庁舎 健康福祉課 ☎4
7・3400
健康伝言板 (11月3日~)
※ 会場は「ほっと HOT・中条」です。 ※ 年間予定表は、ほっとHOT・中条で配付しています。
健診・教室名
対 象
と き
今後の母子保健事業予定
受付時間
と き
健診・教室名
1歳児親子歯科 健診 パパママ学級 11月2
6日㈭ 蟹
(前期) H20.
9.
10月生 の子と保護者
12月 3日㈭
開 7カ月児健診
H2
1.
4月生
12月 7日㈪
蟹 育児教室
H2
1.
6月生
12月 7日㈪
開 4カ月児健診
H2
1.
7月生
11月2
5日㈬ 開
平成21年6月
生まれの子
4カ月児健診
平成21年3月
生まれの子
7カ月児健診
平成18年9月
生まれの子
3歳児健診
11月 4日㈬
11月 5日㈭
11月11日㈬
午後1時
~1時30分
午後1時 12月 9日㈬
~1時30分
午後1時
~2時
対 象
H22.
3.
4.
5月 出産予定の夫婦
開 1歳6カ月児健診 H2
0.
4月生
12月1
5日㈫ 開 2歳児歯科健診
H1
9.
9.
1
0月生
12月1
6日㈬ 開 3歳児健診
H1
8.
10月生
1月13日㈬ 開 4カ月児健診
H2
1.
8月生
1月14日㈭ 開 7カ月児健診
H2
1.
5月生
パパママ学級 1月15日㈮ 蟹
(後期) H22.
3.
4.
5月 出産予定の夫婦
1月18日㈪ 蟹 育児教室
H2
1.
7月生
1月20日㈬ 開 1歳6カ月児健診 H2
0.
5月生
平成20年3月
生まれの子
1歳6カ月児
健診
11月17日㈫
11.
1
2月生 午後1時15分 1月27日㈬ 開 1歳児親子歯科 H20.
の子と保護者
健診 ~1時30分
1月28日㈭ 開 3歳児健診
H1
8.
11月生
2月1日㈪
H2
1.
9月生
開 4カ月児健診
* 蟹は午前、開は午後の受付です。
【休日診療所】 ※保険証を必ずお持ちください。
中条地区休日診療所
新発田地区救急診療所
ほっと HOT・中条(西本町1111) ☎44・8621
◎午前9時~1
1時30分、午後1時30分~4時30分
健康開発センター(新発田市本町41683/
カルチャーセンター前) ☎23・8350
と き
先 生
本
敏
と き
11月 3日㈷
橋
之
11月 8日㈰
時
田
亮
11月15日㈰
鈴
木
雄
【㈪~㈮】 午後7時30分~10時
【 ㈯ 】 午後6時30分~9時
レストラン
「ミサゴ」
週替わりランチ
~ 7日㈯
8日㈰~1
4日㈯
15日㈰~2
1日㈯
22日㈰~2
8日㈯
2
9日㈰~1
2月5日㈯
【㈰・㈷】 午前9時~11時30分
午後1時30分~4時30分
午後6時30分~9時
11月 《和食・洋食からお選びください》営業時間:午前11時~午後2時30分(ラストオーダー)
1,
2
00円(税込)
和 食
海鮮キムチ鍋定食
洋 食
冬の日本海の幸たっぷりあんかけ
和 食
黒豚ロースカツ煮定食
洋 食
スープカリー ミサゴ風
和 食
鮭バター焼き定食
洋 食
国産牛の煮込みマデラ酒風味
和 食
鍋焼きうどん定食
洋 食
特選リブロース ステーキ・地場産温野菜添え
和 食
新潟地鶏照り焼き丼
洋 食
近海沖の渡り蟹(ガニ)の米粉パスタ
ロイヤル胎内パークホテル
☎48・2211
ht
t
p:
/
/
www.
t
ai
nai
.
i
nf
o
ランチは平日限定30名
(㈯・㈰・㈷は50名)
市報たいない 2009.
1
1.
1 P.
22
市 長 動 静
(9月21日~1
0月2
0日)
9月
2
1㈪ 敬老会(中条会場)、
板額の宴
2
4㈭ 議会運営委員会、
全員協議会
11月
1月の 保育園 ・幼稚園開放日
若宮保育園 ちびっこ広場
(北本町☎4
3・2
44
4)
ひだまり保育園 子育て支援センター
6・31
32)
メイプルクラブ(十二天☎4
6日㈮ 午前9時30分~1
1時
㈪~㈮ 午前9時~正午、午後1時~3時
<相談日>㈫・㈭ 午後1時~3時
育児相談、メール相談を行っています
詳しくは園のホームページをご覧ください
日の出保育園 ポプラの会
(大川町☎4
3・2
50
9)
2
5㈮ 市町村職員共済組合短期部会
(新
ふれ愛の里きすげ乳児保育園
9日㈪
午前10時~1
1時15分
潟市)
2
6㈯ 国体ライフル射撃競技代表者会議
ふたば保育園 すくすくらんど
(新和町☎4
3・5
22
5)
2
7㈰ 国体少年男子ゴ ルフ大会、
ライフ
1
8日㈬ 午前1
0時~11時15分
黒川保育園 カンガルーム
(黒川☎4
7・24
4
2)
ル射撃大会
2
8㈪ 市町村職員共済組合理事会
(新潟
市)、
ライフル射撃大会
さわらび保育園
(星の宮町☎4
3・558
4)
4日㈬ 午前1
0時~11時10分
ついじ保育園 子育て支援センター
(築地☎4
5・11
0
0)
3
0㈬ ライフル射撃大会
㈪~㈮ 午前1
0時~午後3時
育児相談等も行っています
1
0月
2㈮ 定例議会(初日)
3㈯ 日立稲荷祭
7㈬ 畜産施設利用連絡協議会
9㈮ 決算審査(特別会計)
しゅんこう
1
0㈯ 新発田高等学校改築竣 工記念式典
1
3㈫ 決算審査(企業会計)
、
企業誘致委
員会
1
4㈬ 決算審査(一般会計・採決)
1
5㈭ 定例議会(一般質問)
1
6㈮ 定例議会
(一般質問)
、胎内市老人
クラブ連合会芸能発表会
1
7㈯ 県立坂町病院活性化促進大会
1
8㈰ 胎内市消防団秋季総合演習
2
0㈫ 黒川地区地域審議会
P.
23 市報たいない 2009.
11.
1
子育て支援センターふれ愛の里なかよし
(樽ヶ橋☎4
7・2
66
5)
㈪~㈮ 午前 9時~正午、午後1時~3時
第1・3・4㈯ 午前 9時~正午
<子育て相談>㈪~㈮ 午前 10時~午後5時
ほっとHOT・中条
子育て支援センターきらら
(西本町☎4
4・8
68
0)
毎日 午前1
0時~午後3時
1
1日㈬ 午前1
0時~11時15分
2
9㈫ 褒賞審査委員会、国保運営協議会、
ライフル射撃大会
※祝日は除きます。
育児相談等も行っています
本条幼稚園 ひまわりクラブ
(西条町☎4
3・3
80
5)
2
0日㈮ 午前1
0時20分~11時3
0分
中条聖心幼稚園 交流広場
(西栄町☎4
3・36
50)
4日・1
1日・18日・2
5日㈬
午前9時4
5分~1
1時15分
安庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵按
暗
ほっと HOT料理教室 / レシピを紹介 暗
暗
暗
暗 11月は「正月料理」です。
暗
暗
暗
暗と き 11月18日㈬ 午前10時~正午
暗
暗献 立 松風焼き、祝い巻き、金襴寒天、茶巾卵
暗
暗
暗
暗ところ ほっとHOT・中条 美味工房
暗
暗持ち物 エプロン、参加費400円
暗
暗担 当 胎内市食生活改善推進委員
暗
暗
暗
暗申込・問い合わせ 健康福祉課 元気応援係 ☎44・8680
暗
暗
暗
暗
暗
『おからのお焼き』8枚分
暗
暗
暗 材 料 おから:400ℊ、卵:2個、長芋:200g、万能ネギ:50g、桜えび:10g、 暗
暗 出し汁:大さじ2
暗
暗 作り方 暗
暗 臼おからは生の場合は電子レンジで4分かける。
暗
暗 渦出し汁は削り節で作っておく。
暗
暗
暗
暗 嘘臼のおからにすりおろした長芋、卵、出し汁を加えよく混ぜ合わせ、桜えびと 暗
暗 小口切りした万能ネギを加え、さらに混ぜる。
暗
暗
暗
暗 唄小判型か丸い型にし両面焼く。
暗
暗 欝出来立ての熱々をポン酢や辛子醤油などで食べます。
暗
暗
暗
暗 噛おからには、カルシウム、鉄、ビタミン B群が豊富で、カロリーが低いのが魅 暗
暗 力です。食物繊維が多く含まれているので便秘の解消に役立ちます。
暗
暗
暗
案庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵庵闇
相談コーナー (11月3日~20日)
≪高齢者福祉相談≫
栢地域包括支援センターみらい
☎4
4・
8
6
9
1
と き 毎週㈪~㈮
午前8時30分~午後5時15分
栢地域包括支援センター胎内市社協
☎4
4・
8
6
8
7
と き 毎週㈪~㈮
午前8時30分~午後5時15分
栢地域包括支援センター中条愛広苑
☎4
6・
5
6
0
1
と き 毎週㈪~㈮
午前8時45分~午後5時30分
栢地域包括支援センターやまぼうし
☎4
7・
2
1
1
5
と き 毎週㈪~㈮
午前8時~午後5時
≪なんでも健康相談≫
皿保健師・栄養士が担当します。
と き 1
1月5日、
12日、
1
9日㈭
午前9時~正午
ところ ほっとHOT・中条
※電話での相談は㈪~㈮まで利用でき
ます。(☎44・
86
80)
≪教育相談≫
家族に言えない「心の悩み」、なんでも
ご相談ください。
と き 毎週㈪~㈯
午前9時~午後4時
ところ 勤労青少年ホーム内
教育相談センター ☎4
3・
3
5
00
≪さわやかルーム≫
「学校生活にちょっと疲れぎみ」という
あなた。一度来てみませんか?
ところ 勤労青少年ホーム内
さわやかルーム ☎4
3・
2
2
77
≪子育て相談≫
子どもの発育や子育てに関すること
(児童虐待等含む)など、気軽にご相談く
ださい。
※秘密は堅く守られます。
と き 午前8時3
0分~午後5時15分
(㈯・㈰・㈷を除く)
ところ 健康福祉課 こども係
☎4
3・
0
30
4
(相談直通)
対象 昭和24年11月2日~
昭和24年12月1日生まれの人
農業経営を後継者に移譲しようと
する人は、11月1
0日㈫までに農業委
員会へおいでください。
皿国民年金 (65歳になる人)
対象 昭和19年11月2日~
昭和19年12月1日生まれの人
誕生日の前日から年金の請求がで
きます。(添付書類・届出場所は社会
保険事務所に確認しましょう。)すで
に厚生年金をもらっている方は、15
日頃までにハガキが届くので、忘れ
ずに出しましょう。
【ねんきんダイヤル☎0
57
0・05・1
1
6
5】
≪弁護士による無料法律相談≫
相談時間:
1人30分
(※要予約)
予約は、
11月5日㈭午前9時から電話で
先着順に受け付けます。
ただし、相談できる回数は原則として
年度内1人1回とさせていただきます。
相談による秘密は厳守されます。
と き 11月1
8日㈬
午前1
0時~正午
ところ 中央公民館洋室
問い合わせ 総務課 人権啓発係
(内線1
31
5)
≪精神科医師による心の健康相談≫
≪障がい者に関する福祉相談≫
相談支援員が対応します。
・と き 毎週㈪~㈮午前9時~午後6時
ところ 地域生活支援センター
ぐみの郷(本郷54
41)
・と き 1
1月19日㈭
(毎月第3㈭)
午後1時3
0分~4時
ところ 黒川地区公民館
(教養娯楽室)
問い合わせ ☎4
3・
4
40
0
皿国民健康保険高齢受給該当者
(70歳になる人)
対象 昭和14年11月2日~
昭和1
4年12月1日生まれの人
12月1日から該当になります。
11月中に保険証兼高齢受給者証
(胎内市国民健康保険加入の人のみ)
を送りますので、12月1日から使用
してください。
皿後期高齢者医療
毅
毅
毅
毅
毅
◎75歳の誕生日から 該当しますの
で、誕生日以降は必ず新しい保険
証を使用してください。また、そ
れまでお使いの保険証が胎内市国
保以外の方は、返却の要否を勤め
先にお問い合わせください。
◎保険料の納付書が届いたら市役所
や金融機関で納期限内に納めま
毅
毅
やる気が出ない、眠れないなど、ご相
談ください。(前日まで要予約)
と き 1
1月18日㈬
午後1時3
0分~3時30分
ところ 新発田地域振興局
健康福祉環境部
問い合わせ ☎2
6・
9
13
3
問い合わせ[農業者年金=農業委員会事務局(内線1
2
32)]
市民生活課 ほけん年金係(内線1
1
47)
[その他]=
黒 川 支 所 ☎4
7・340
4
ほけん・年金のお知らせ
皿農業者年金 (60歳になる人)
と き 毎週㈪~㈮
午前8時30分~午後5時3
0分
ところ 胎内市社会福祉協議会
(ほっと HOT
・中条内)
問い合わせ ☎4
4・
86
82
しょう。事情により納付できない
場 合 は、お 早 め に ご 相 談 く だ さ
い。
◆国民健康保険税は納期限内
に必ず納めましょう
病気やけがをしたときの治療代や
出産したときの出産育児一時金な
ど、国民健康保険(国保)が行う様々
な給付は、国保に加入している皆さ
んから納めていただく国保税によっ
て支えられています。国保税は必ず
納期限内に納入されるようお願いし
ます。
■納税相談を行っています
事情により納付できない場合は、
滞納のままにせずにお早めにご相談
ください。
市報たいない 2009.
1
1.
1 P.
24
1月
おぼえがき 1
2俄
県20Kロード選手権大会、 市ロード大会 3 峨 どっこん水の里ふれあい市・秋の感謝祭
ウォーキングツアー 4 我 【夜間窓口】
消雪井戸・消雪パイプ点検(~30日)
6画
☆問題 3択問題です。○にあてはま
る正解はどれでしょうか?
7 臥 生涯学習作品展(~8日)
煙トキめき新潟国体では胎内市在住選
(~8日)
5 牙 市美術展覧会
ねんきん定期便無料相談会
8 蚊 ★今月の賞品
A:図書カード
B:温泉入浴券(ロイヤル胎内パークホテル)
手が○名、新潟県代表として活躍し
9 俄 秋の火災予防運動(~15日)
1
0峨 1
1我 【夜間窓口】
1
2牙 1
3画 第18回写真展(~15日)
1
4臥 1
5蚊 第1回ふるさとの歴史講演会
1
6俄 元気会、年末調整説明会
1
7峨 1
8我 【夜間窓口】身近な救急法
ました。
(ア:3、イ:5、ウ:7)
☆締切 11月13日㈮
☆賞品 問題の正解者のうち、ご意見
等をお書きいただいた方の中から、
抽選で希望する賞品(AまたはB)を
それぞれ5名の方に差し上げます。
1
9牙 消費者相談会
2
0画 2
1臥 (前月号の答え)
イ:団
(応募32通・正解32通)
☆応募方法 ハガキで
2
2蚊 2
3俄 自主防災リーダー研修講演会
2
4峨 認知症サポーター養成講座
2
5我 【夜間窓口】
2
6牙 消費者相談会
2
7画 ◎前月号の当選者
(A:図書カード)
菅原登美子 さん(西条町)
高橋誠一郎 さん(荒井浜)
南波ケイ子 さん( 乙 )
羽田 澄子 さん(追 分)
花野 翔太 さん(二葉町)
(B:クアハウスたいない利用券)
阿部 由美 さん(荒井浜)
河内 絵里 さん(持 倉)
斎藤 靖彦 さん(羽 黒)
高橋 透 さん(小舟戸)
田中 百合 さん(桃崎浜)
2
8臥 2
9蚊 市民バドミントン大会
3
0俄 樺鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄株
兜
兜
兜
兜
兜
兜
兜
兜
兜 下記市税の納期限は 11月2日㈪ でした。 兜
兜
兜
兜 納め忘れはないでしょうか?
兜
兜
兜
兜 ■ 市 県 民 税 3期
兜
兜
兜
兜
兜
兜 ■ 国 民 健 康 保 険 税 6期
兜
兜
兜
兜
兜
兜 *納付に便利な口座振替制度もあります。
兜
兜 ぜひご利用ください。
兜
兜
兜
兜 *納期を過ぎて20日後には督促状を発送し督促料が 兜
兜
兜
兜 加算されますので、お早目の納付をお願いします。兜
兜 問い合わせ 税務課収納係(内線1125)
兜
兜
兜
兜
兜
竃鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄蒲
納期限のお知らせ
P.
25 市報たいない 2009.
11.
1
樺鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄株
兜
兜
兜
兜
兜
兜
兜 兜
兜 下水道は自然を守り、私たちの快適な生活環境を支兜
兜える大切な働きをしています。
兜
兜
兜
兜 ご家庭などが下水道につながると、トイレや台所、兜
兜浴室などから出る汚水が下水道管に流れて処理され兜
兜るため、住宅や事業所などの周辺で
兜
兜の悪臭や害虫に悩まされることなく
兜
兜快適な生活ができるとともに、清潔
兜
兜な町並みになると同時に川や海など
兜
兜
兜
兜を汚さず、水環境が改善されます。
兜
兜 住みよい環境づくりのため、ぜひ
兜
兜早期に接続をお願いいたします。
兜
兜 市では接続に伴う排水設備工事資金の低利融資制兜
兜度を設けていますので、気軽にお問い合わせくださ兜
兜い。
兜
兜問い合わせ 上下水道課お客様係 ☎43・2394
兜
兜
兜
兜
兜
竃鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄鞄蒲
下水道への接続をお願いします
平成2
1年1
1月2
毎月1日
5日発
【発行
発行日】
平成2
1年1
1月2日(月)
毎月1日・1
5日発行
そ
それ
れ行
行け
け!
!
天
天下
下太
太平
平く
くん
ん
ぼくの
わたし
ぼ
ぼく
くの
の わ
わた
たし
しの
の
歯
げ
き
歯 げ・ん・
げ・
・ん
ん・
・き
No.
2
6
1
BY I
KE
* 3才児健診でムシ歯のなかった子を紹介します。
3才児健診でムシ歯のなかった子を紹介します。
携帯電話
じゅんだい
とき わ
飯田 准大 ちゃん
伊藤 常葉 ちゃん
齋藤 渉吾 ちゃん
(協和町)
(竹島)
(西条)
ゆ
【次回発行日】
1
1月1
6日(月
(月)
る
事
が
で
き
る
と
思
い
ま
す
。
(
新
)
しの
ょ上
う、
か足
?を
運
きん
っで
とみ
「
秋て
」は
をい
見か
つが
けで
れ
て
い
ま
す
。
皆
さ
ん
お
誘
い
合
わ
せ
で
は
今
月
、
多
く
の
イ
ベ
ン
ト
が
予
定
さ
て様
は々
ど挙
んげ
なら
「れ
秋ま
」す
でが
し、
ょ皆
うさ
かん
?に
と
市っ
節
と
比
べ
て
、
秋
を
表
現
す
る
言
葉
は
秋
」
「
ス
ポ
ー
ツ
の
秋
」
・
・
・
。
他
の
季
し
て
き
ま
し
た
。
「
食
欲
の
秋
」
「
読
書
の
肌
寒
い
日
が
続
き
、
秋
の
訪
れ
を
実
感
ら
かん な
ゆう ま
齋藤 優良 ちゃん
佐藤 栞那 ちゃん
髙田 悠真 ちゃん
(あかね町)
(西栄町)
(西本町)
れん
こうすけ
さく や
高地 漣 ちゃん
髙橋 孝介 ちゃん
遠山 咲也 ちゃん
(羽黒)
(あかね町)
(東牧)
こう た
えい と
ひなた
中村 紘太 ちゃん
水谷 英仁 ちゃん
村山 陽 ちゃん
(築地)
(柴橋)
(近江新)
編
・
集
・
後
・
記
あく あ
猿男15,
645人
人口の動き(住民基本台帳 2,
147人(前月比-20) 猿女16,
10月20日現在)●3
502人
印刷/昭栄印刷㈱
しょう ご
し ゆう
渡辺 博愛 ちゃん
渡辺 紫友 ちゃん
(東本町)
(東本町)
猿転入:
32 猿出生:
22
猿転出:
46 猿死亡:
28
●世帯数10,
273戸(前月比-4)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
48
File Size
6 736 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content