close

Enter

Log in using OpenID

2011年11月 第150号「火災とアパートと生活保護」

embedDownload
第150号
オーナー通信
発行人 発行人 有限会社臼井不動産 有限会社臼井不動産 〒 242242- 0006 0006 大和市南林間2大和市南林間2 - 1111 - 4
Tel Tel 046(
046( 274)
274) 0533 0533 Fax Fax 046(
046( 275)
275) 8217 8217 発行責任者 発行責任者 栗山隆太
2011年11月
発行
「火災とアパートと生活保護」
火災とアパートと生活保護」
拝啓 紅葉の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のお引き立てをい
ただき、ありがたく御礼申し上げます。
さて今月6日に新宿区大久保のアパートで火災があり4人の方が亡くなりました。このアパ
ートは「ローズハウス林荘」という新宿区が委託している生活保護受給者用の福祉施設で 23
世帯 24 人が住んでいたそうです。
今年に入り全国の生活保護受給者数が 200 万人を 59 年ぶりに突破(3 月末現在)したことが
ニュースになっておりました。昨年実施された国勢調査によりますと日本の人口は約 1 億 2800
万人なので、全国平均的には 100 人に 1.6 人が受給者ということになります。
東京都の受給者は約 28 万人です(100 人中 2 人)
。新宿区の受給者は約 1 万人で人口 100 人
当り約 3 人が生活保護ということになります。これはかなり高い数字と思われますがなんと 1
位ではないんです。ちなみに 1 位は台東区、2 位は足立区だそうです(新宿区は 3 位)
。
それだけに区としても火事のあったアパートの様に福祉施設として借り上げている物件が
数え切れないくらいあるようですが、当然その様な物件は築年数も相当古くトイレは共同、も
ちろん風呂なしで月額賃料は 53,000 円だそうであります。
こういう数字が出てきますと当然弊社の管理物件と比較してしまうわけです。幸いと申し上
げるのが適当かどうかわかりませんが、弊社の物件で「共同トイレ」という物件はございませ
ん。数年前に最後の 1 棟が解体され土地は売却されました。最後は 2 階の廊下を歩くと床が抜
けるほど老朽化していました。
しかしながら生活保護受給者が多く居住されている物件はあります。市が建物ごと借り上げ
る話は大和市や座間市ではまだ聞いたことがありませんが、ここ数年で入居者数は確実に増え
ています。なにしろ全国では受給者数がこの 1 年で 15 万人増加したということですから。
視点を変えれば古くなってなかなか借り手がつかない物件にとって生活保護者は安定した
入居者でもあります。いま借金をして建物を建替えても果たして満室になるかどうか不安な情
勢であれば例え賃料が安くても需要があるところに目を向けるのもまたビジネスです。
ただ物件全体のイメージや風紀はどうしても荒れます。全てとは申しませんがその傾向は強
いです。当社物件の生活保護受給者の内 9 割が男性というのもその理由の一つでしょうか。
これから空気が乾燥する季節ですので入居者の火の取り扱いには十分配慮したいと思いま
すが、部屋の中まで立ち入る訳にもいきませんから非常に悩ましいところです。ちなみに冒頭
の火災の原因は入居者のタバコの不始末だそうです。
俳句では紅葉は秋の季語、落葉は冬の季語だとのこと。すっかり冬っぽくなってきた今日こ
の頃、暖かくしてお過ごしください。
敬具
お問い合わせは、フリーダイヤル 01200120-642646
642646
http://www.usui2103.jp
(ヤフーで「南林間 賃貸」で検索してみて下さい)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
87 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content