close

Enter

Log in using OpenID

サンプル - リム情報開発

embedDownload
-1
☆RIM LNG DAILY
★No.1220 Jun 2 2015
Copyright (c) 2015 Rim Intelligence Co. All rights reserved.
「リム価格」は登録商標です 登録番号・第5387777号
--TOKYO, 15:00 JST Jun 2 2015
◎お知らせ
○リムエネルギー総合指数22種(レックス22)
○アセスメントの変更
リム情報開発は、Europe(DES)における NBP 対比のプレミアムおよび、絶対値のアセスメント方法
の変更を検討しております。また、Europe(DES)のアセスメントのタイミングを変更することも併
せて検討しております。現行のアセスメントの対象は、当営業日を起算とし、期先、15~30 日、
31~45 日および 46~60 日の 3 期間の間に入着するカーゴですが、これを同、31~45 日、46~60
日および 61~75 日を対象に変えるものです。本件に関してのご質問は、LNG チームまでお問い合
わせください。
電話:03-3552-2411、E-Mail:[email protected]
〇LNGカーゴの入札および傭船成約のデータ掲載
リム情報開発は、LNG レポート内において、LNG カーゴの売買入札および、傭船成約のデータの掲
載を始めます。ご質問は、LNG チームまでお問い合わせください。
電話:03-3552-2411、E-Mail:[email protected]
【リムレポートサンプル】 ※レポート名をクリックすると、各レポートの見本にジャンプします。
サンプルは本日付けではございません。あらかじめご了承ください。
原油・コンデンセート
石油化学
LNG
RIM Data File
アジア石油製品 ジャパン石油製品
石油化学データ
中国語版ウェブサイト
ローリーラック
LPG
Rim LNG Intelligence Daily
2日のレックス22は、前日から1.94ポイント上昇し111.03です。
RIM INTELLIGENCE
LNG
Daily
1-9-8,Hatchobori, Chuo-ku,Tokyo,Japan Tel (81)-3-3552-2411, Fax (81)-3-3552-2415
Singapore Tel (65)-6345-9894, Fax (65)-6345-9894
◎Spot LNG Price Assessment
○DES Japan (DJ)
Jul
7.90
Daily Changes
0.00
Jan
9.00
Daily Changes
0.00
($/mmBtu)
Aug
7.95
0.00
Feb
9.20
0.00
Sep
7.85
0.00
Mar
8.80
0.00
Oct
7.70
0.00
Apr
8.45
0.00
Nov
8.15
0.00
May
8.25
0.00
Dec
8.50
0.00
Jun
7.90
0.00
○Northeast Asia (DES)
Jul 2H
Aug 1H
Aug 2H
RIM Index
--Northeast Asia (DES)
7.65-7.95
7.70-8.00
7.70-8.00
7.83
Daily Changes
0.00
0.00
0.00
0.00
RIM Index Monthly Cumulative Avg
7.83
*RIM North Asia Index is the cumulative average of the average price of North Asia price
assessment.
Sep
Oct
Nov
Dec
Jan
Feb
--NEA Forward 7.60-7.90
7.50-7.80
8.10-8.40
8.45-8.75
8.75-9.05
9.00-9.30
Daily Changes
0.00
0.00
0.00
0.00
0.00
0.00
*NEA: Northeast Asia
Summer
Autumn
Northeast Asia Seasonal Index
7.80
8.17
Daily Changes
0.00
0.00
○Others
--Middle East (FOB)
Daily Changes
--Middle East (DES)
Daily Changes
--India (DES)
Daily Changes
--Atlantic (FOB)
Daily Changes
--Europe (DES)
Premium/NBP
Daily Changes
--South America (DES)
Daily Changes
Jul 1H
6.85-7.15
0.00
7.50-7.80
0.00
7.50-7.80
0.00
Jun 2H
6.80-7.10
0.00
6.37-6.67
0.15/0.45
0.00
7.25-7.55
0.00
Jul 2H
7.00-7.30
0.00
7.60-7.90
0.00
7.60-7.90
0.00
Jul 1H
6.85-7.15
0.00
6.33-6.63
0.00/0.30
0.00
7.30-7.60
0.00
Aug 1H
7.05-7.35
0.00
7.60-7.90
0.00
7.60-7.90
0.00
Jul 2H
6.85-7.15
0.00
6.33-6.63
0.00/0.30
0.00
7.30-7.60
0.00
◎Freight Market
Prompt($mmBtu)
380cst Bunker Prices(Jun 01)($/mt)
--Middle East/Northeast Asia + 1.03- 1.08 +
--Tokyo
391.50
--Atlantic/Northeast Asia
1.43- 1.48
--Singapore
365.50
--Middle East/Europe
+ 1.21- 1.26 +
--Rotterdam
338.00
*All chartering rate are based on the loading for the prompt cargoes
1
RIM INTELLIGENCE
LNG
Daily
1-9-8,Hatchobori, Chuo-ku,Tokyo,Japan Tel (81)-3-3552-2411, Fax (81)-3-3552-2415
Singapore Tel (65)-6345-9894, Fax (65)-6345-9894
*Rates are on conventional size for single voyage including all costs
--Conventional tankers
--Tankers with DFDE engine
Daily Rates ($)
24,000- 29,000
30,000- 35,000
*** Please visit https://eng.rim-intelligence.co.jp/rpt/assessment/select/type/lng-en
to refer to the assessment methodology for the above price assessments.
◎Japan Crude Cocktail(JCC) Price
----------- Expected -------------- ----- Result ------Sep
Aug
Jul
Jun
May
Apr
Mar
Feb
JCC(bbl)
65.46 65.03 64.87 64.40 58.52 56.09 54.78 49.54
Daily change
-0.11 -0.12 -0.16
0.00
0.00
------JCC(mmBtu)
11.10 11.02 11.00 10.92
9.92
9.51
9.29
8.40
◎Natural Gas Future Prices ($/mmBtu)
○NYMEX Henry Hub (Jun 01)
Jul
Aug
Sep
Oct
Settle
2.649 2.677 2.689 2.728
Change +0.007 +0.012 +0.014 +0.014
High
2.672 2.696 2.704 2.743
Low
2.603 2.626 2.635 2.675
Estimated Volume: 263,166
◎Petroleum Future/Physical
○NYMEX Petroleum Future (Jun 01)
-WTI Futures ($/mmBtu)
10.379
($/bbl)
60.20
-Heating oil ($/mmBtu)
13.890
(cts/gal) 192.64
○ICE NBP (Jun 01)
Jul
Aug
Sep
Oct
Settle
6.334 6.346 6.389 6.667
Change -0.075 -0.084 -0.094 -0.097
High
6.436 6.410 6.433 6.699
Low
6.319 6.343 6.384 6.673
Estimated Volume:
25,325
○Petroleum Physical (Jun 01)
-Dubai crude
($/mmBtu)
10.928
($/bbl)
63.39
-Minas crude
($/mmBtu)
10.221
($/bbl)
60.10
-LSWR Indonesia ($/mmBtu)
9.927
($/bbl)
61.55
-HSFO Singapore ($/mmBtu)
9.496
($/mt)
379.75
-LPG CFR Japan ($/mmBtu)
10.215
(Propane)
($/mt)
486.25
○ICE Petroleum Future (Jun 01)
-Brent Futures ($/mmBtu) 11.264
($/bbl)
64.88
-Gasoil Futures($/mmBtu) 13.869
($/mt)
589.75
◎Coal price and Electricity Prices
○Coal price(Jun 01)
-FOB New Castle-Global coal ($/mmBtu) 2.500
($/mt)
57.20
-ICE futures FOB Richards Bay($/mmBtu) 2.705
($/mt)
61.90
○Electricity Prices(Yen/kWh)(Jun 02)
-Jepx 24h baseload
16.48
-Jepx daytime
18.67
-Jepx peakload
22.62
◎LNG Benchmark
Apr-15
Mar-15
2
Feb-15
Jan-15
Dec-14
Nov-14
RIM INTELLIGENCE
LNG
Daily
1-9-8,Hatchobori, Chuo-ku,Tokyo,Japan Tel (81)-3-3552-2411, Fax (81)-3-3552-2415
Singapore Tel (65)-6345-9894, Fax (65)-6345-9894
-JLC Japan LNG Cocktail($/mmBtu) 10.235
($/MT)
529.79
-Asia CIF Cocktail price($/mmBtu) --($/MT)
---U.S landed price avg ($/mmBtu)
---
12.305
636.81
11.617
601.29
---
13.419
694.52
12.716
660.83
8.651
15.066
779.85
13.986
670.12
10.333
15.745
815.05
15.137
823.69
7.042
16.377
847.77
14.426
797.59
---
○Transactions
Recent Spot Transactions
Dealt Date
Origin
Seller
Buyer
Price
FOB/DES
Timing
Destination
H2 May
H1 May
H2 May
end
Apr-early
May
mid to
late May
H1 May
May
H1 May
May
H1 May
Snohvit
Qatar
Pluto
Spain
Statoil
Qatargas
Woodside
Spanish player
T.B.R.
Petrobras
Trafigura
western Jpn end-user
T.B.R.
mid or high $6s
T.B.R.
low $7
DES
FOB
DES
DES
Jun 8
end May
H1 Jun
Jun
Argentina
Brazil
India
Japan
T.B.R.
T.B.R.
KPC or DUSUP
above $7.5
DES
H2 Jun
Middle East
Snohvit
PNG
Malaysia
T.B.R.
Statoil
ExxonMobil
T.B.R.
Japanese trader
T.B.R.
term buyer
western Jpn pwr company
SK E&S
T.B.R.
T.B.R.
T.B.R.
T.B.R.
DES
DES
DES
DES
May 26
Jul
T.B.R.
Jul
ITOCHU
T.B.R.
T.B.R.
T.B.R.
Netherlands
T.B.R.
Japan
S. Korea
T.B.R.
T.B.R.
Shell
Recent Term Transactions
Reported
Date
Origin
May 29
Seller
Buyer
Price
FOB/DES
Volume
Start
Duration
portfolio
BP
KEPCO
May 21
T.B.R.
T.B.R.
GAIL
including US
natural gas link
$7.00-$7.50
DES
13 mil mt
May 2015
23 yrs
May 12
T.B.R.
Trafigura
CFE
NBP + premium
DES
3-4 cargoes
Jun 2015
3 months
DES
6 cargoes
Jun 2015
3 months
May 11
Alaska
ConocoPhillips
CPC
May 11
Alaska
ConocoPhillips
KEPCO
T.B.R.
DES
1-3 cargoes
Mar 2015
8 months
T.B.R.
DES
4-5 cargoes
Mar 2015
8 months
Recent Tenders
Reported
Date
Issuer
Close
Buy/Sell
FOB/DES
Timing
Price($)
Origin
Winner
Jun 1
ExxonMobil
Jun 4
Sell
DES
H2 Jul
T.B.R.
PNG
T.B.R.
May 28
GSPC
T.B.R.
Buy
DES
Jul x 2
T.B.R.
T.B.R.
T.B.R.
May 27
ConocoPhillips
Jun 2
Sell
FOB
Jun 30-Jul 1
T.B.R.
T.B.R.
T.B.R.
May 26
NLNG
Jun 1
Sell
FOB
Jun 14-16
T.B.R.
T.B.R.
T.B.R.
May 22
Pertamina
May 26
Sell
FOB
Jul 7-8
T.B.R.
T.B.R.
T.B.R.
Recent Shipping Transactions
Date
Jun 1
Name
Taker
counter party
Price ($10k)
Start
Duration
na
May
2-3 wks
Awilco
above 30k
na
a few month
Teekay
above 30k
na
a few month
Golar LNG
na
May-Jun
na
T.B.R.
na
May-Jun
1-2 voyage
Asia Vision
BP
na
May 28
WilPride
Petrobras
May 28
Magellan Spirit
Petrobras
May 25
6 tankers
Trafigura
May 22
T.B.R.
Petrobras
***レポートの発行日に判明した情報は、赤字で表記しています。
3
RIM INTELLIGENCE
LNG
Daily
1-9-8,Hatchobori, Chuo-ku,Tokyo,Japan Tel (81)-3-3552-2411, Fax (81)-3-3552-2415
Singapore Tel (65)-6345-9894, Fax (65)-6345-9894
◎マーケットコメンタリー
○概況 **詳細は、下記のコメンタリ-を参照
【DES Japan】
-横ばい。前日同様、売買唱え交わされず。
【北東アジア】
-DES 北東アジア相場=7 月後半着が 7.65~7.95 ドル、8 月前半着が 7.70~8.00 ドルと横ばい。
-東京湾、5 月の LNG 入着数は 42 隻。このうち 2 隻が短期契約玉を荷揚げか。スポット玉はなし。
-NWS、供給障害の影響軽微。先月後半に「ブリティッシュルビー」号に積まれた NWS 玉は CPC が
手当て。
【インド・中東】
-DES インド=横ばい。
-インド勢、国政で余剰気味となる廉価な重油の引き取りを優先。LNG は北東アジア着相場に比べ
大幅安をターゲットに。
-PSDF の運用、1 日に開始。
-FOB中東=前日から横ばい。
-イエメン情勢は長期化の様相。エンジーが代替カーゴの確保に注力。
【大西洋圏・欧州】
-FOB 大西洋圏相場=横ばい。NLNG の販売入札の結果待ちで商い閑散。
-DES 欧州相場=横ばい。域内向けのガス需要は限定的。
-DES 南米相場=横ばい。
-「アークティックオーロラ」号、アルゼンチンに航行中。スタットオイルが、YPF の入札落札者
に販売したカーゴを積載の可能性。
【傭船・運航】
-短期傭船相場=横ばい。
-米国出し物の輸送用船舶、傭船入札が先送りされる傾向に
【長期契約・プロジェクト】
-プルートプロジェクトで、大規模定修。
-アンゴラプロジェクトの生産再開は今年の第 4 四半期。供給再開は、2016 年の第 1 四半期へ持
ち越される。
【国内市場】
-盛岡ガス、天然ガスを原料とした都市ガスの供給を開始。
○DES Japan
Japan OTC Exchange(JOE)における DES Japan(DJ)は、いずれの限月も前日から同水準。アジア
太平洋圏出しカーゴを対象とした販売入札の結果待ちで北東アジア着市場での動きが乏しい。
○北東アジア
DES北東アジアのスポット相場は、7月後半着が7.65~7.95ドル、8月前半および後半着が7.70~
8.00ドルといずれも前日から横ばい。7月および8月着では8ドル前後、あるいはそれ以上の売唱え
が聞かれた程度。ただ市場では、インドネシア国営プルタミナが26日締め切りで実施した、および
4
RIM INTELLIGENCE
LNG
Daily
1-9-8,Hatchobori, Chuo-ku,Tokyo,Japan Tel (81)-3-3552-2411, Fax (81)-3-3552-2415
Singapore Tel (65)-6345-9894, Fax (65)-6345-9894
米資源開発大手コノコフィリップスおよび米大手エクソンモービルが実施している販売入札の結
果待ちで、目立った動きが見られない。RIM北東アジアインデックスは7.83ドルと前日から変わら
ない。RIM北東アジアシーズンインデックスはSummerが7.80ドル、Autumnが8.17ドルといずれも前
日から変化なし。
西豪州大陸棚プロジェクト(NWS、年産=1,630万トン)の出荷地であるダンピア港沖には2日現在、
「ステナブルースカイ」号(容量=14万5,700立方メートル)や「ダーペンサン」号(同=14万7,000
立方メートル)など2~3隻が滞船している程度と、供給障害の影響はみられなくなっている。また、
「ブリティッシュルビー」号(容量=15万5,000立方メートル)は、5月半ばからダンピア港の沖合
で船積み開始に向け待機していたが、最終的に先月24日に船積みを終え出航。台湾中油(CPC)が運
営する永安基地(年間受入能力=780万トン)へ先月30日に入着し、これまでに荷揚げを終えてい
る。同船舶は、英BPが目下、傭船しており、同社がCPCと結ぶ短期契約の一環としてNWSカーゴを供
給したとみられる。
東京電力および東京ガスが輸入基地を構える東京湾には5月、最終的に42隻のLNG船が入着し、船
舶の容量ベースで合計274万8,443トンのLNGが荷揚された。荷揚げされた42カーゴのうち、短期契
約を通して持ち込まれたものは2カーゴと見られる。内訳は富津基地(年間受入能力=2,010万トン)
で10日に「ステナクリスタルスカイ」号(容量=17万1,800立方メートル)から、13日に「LNGリバー
ニジェール」号(同=14万1,000万トン)から荷揚げされたいずれもナイジェリア玉。いずれのカー
ゴも東電が引き取っていた可能性が高い。その一方で、スポット取引を通して持ち込まれたカーゴ
はなかったようだ。東電および東ガスが、不需要期入りする5月着カーゴのスポット調達を控えて
いたと見られる。
○インド・中東
DESインドの相場は横ばい。7月前半着が7.50~7.80ドル、7月後半着が7.60~7.90ドル、8月前半
着は7.60~7.90ドルとなった。電力会社や肥料会社向けを始めとした需要が散見され、相場が下支
えされている。
インドでは、国営ガス公社(GAIL)および独立系大手リライアンス工業(RIL)が6~7月着カーゴの
スポット需要を抱えている。しかしこれら買い手は、買唱えの切り上げには慎重だ。インド国内の
製油所で精製された重油が大量に出回っており、LNGをもとにした天然ガスに比べ割安に購入でき
る環境にあるためだ。インドのガス事業に携わる関係者は「インドでは重油の需給が緩く余剰気味
に推移している。ガスではなく重油を使用できる各種工場は、重油を優先して使用する動きがみら
れる」としている。このため、GAILを含むインド勢は、北東アジア着カーゴの期近物の足元の相場、
すなわち7ドル台半ばから後半の水準を、大きく下回った価格でなければスポット玉を積極的に購
入しない姿勢を貫いている。
電力システム開発基金(PSDF)による補助の対象に選ばれた電力会社は昨日1日から、日量1,000
万立方メートルのRLNGの受け入れを開始した。電力省やGAILによる確認はとれないものの、市場関
係者は「GAILは選定された10ヵ所の発電所に対して、必要とされるRLNGの供給を開始した」と伝え
ている。この10ヵ所の発電所は、6月および7月の供給を対象とした入札で、選定されていた。GAIL
は発電所に対して、国産ガスおよびRLNGを混ぜあわせて供給する。
またグジャラット州石油公社(GSPC)は、 肥料会社向けに同様のシステムに基づき供給を行う。
現時点で結果は判然としないものの、GSPCは7月分の供給を対象に、2回にわたり入札を実施した。
肥料会社に対する天然ガスおよびRLNGの供給は、7月1日に開始される予定。
FOB中東の相場は、いずれのタイミングも前日から横ばいに留まった。7月前半積みが6.85~7.15
ドル。7月後半積みが7.00~7.30ドル、8月前半積みが7.05~7.35ドル。イエメン情勢には、好転の
兆しが見られない。このためイエメンLNGがLNGの供給に対して不可抗力条項の適用(フォースマジ
ュール)の取り下げを見送っている。しかし、足元の市場では、同プロジェクトの供給停止に伴う
需給のタイト化はみられない。イエメンプロジェクトの大口長期契約者である韓国ガス公社
(KOGAS)の需要低迷が深刻であり、これが供給不足分と相殺される状況が続いている。
5
RIM INTELLIGENCE
LNG
Daily
1-9-8,Hatchobori, Chuo-ku,Tokyo,Japan Tel (81)-3-3552-2411, Fax (81)-3-3552-2415
Singapore Tel (65)-6345-9894, Fax (65)-6345-9894
仏エンジーは、イエメンプロジェクトの代替カーゴの確保に動いている。同プロジェクトの供給
停止が長期化すると見込んでいるようであり、自身が長期ベースの購入契約を持つアルジェリアや、
トリニダードトバゴのアトランティックプロジェクトなどへ傭船している船舶を仕向けている。実
際、先に伝えた「グレースコスモス」号および「グレースアカシア」号に加え、「グレースバレリ
ア」号(容量はいずれも同=15万立方メートル)もイエメンプロジェクトでの船積みを待たずに、
他のプロジェクトへ仕向ける方向で調整中とみられる。一方、船舶事業に携わる関係者は「現時点
でエンジーが船舶を貸し出そうとした動きを見せていない」としている。
○大西洋圏・欧州
FOB大西洋圏の相場は、6月後半積みが6.80~7.10ドル、7月前半および後半積みが6.85~7.15ド
ルといずれも前日から横ばい。1日に締め切られたナイジェリアLNG(NLNG)の販売入札の結果は、東
京時間2日17時の時点で聞かれない。一部市場関係者は昨報のとおり、先週後半の時点で7ドル前後
の応札が入るとの見方を寄せている。対象は6月14~16日積み1カーゴだった。
DES欧州の英NBP天然ガス先物市況連動のスポット相場は、NBP相場において6月限が限月落ちして
いるため、6月後半着は、6月限が期近であった期間の、同月限の平均値である6.233ドルに対して、
15~45セントのプレミアムと前日から横ばい。絶対値では、6ドル台半ばとなった。7月前半および
後半着は同比フラット~30セントのプレミアムと前日と同水準。絶対値では、6ドル台半ばとなる。
欧州では、ターム玉およびパイプラインガスがともに順調に供給されており、域内市場向けとして
の追加需要は非常に限定的だ。
DES南米のスポット相場は、前日と同水準。6月後半着が7.25~7.55ドル。7月前半および後半着
は7.30~7.60ドルとなった。大西洋圏で需給の逼迫感はなく、南米の需要家が買付けを急ぐ様子は
見られない。
「アークティックオーロラ」号(容量=15万5,000立方メートル)は8日、アルゼンチンのバイア
ブランカ基地(年間受入能力=370万トン)に到着の予定。事情に詳しい関係者は、「この船舶は、
ノルウェー出しカーゴを輸送している」と指摘している。スノービットプロジェクト(年産= 430
万トン)のオペレーターを務めるスタットオイルが、アルゼンチン着ベースで販売した公算が大き
い。ただ同社は、アルゼンチン国営YPFがこれまでに実施した買付け入札を落札していない。その
ためスタットオイルが、落札者に対してこのカーゴをアルゼンチン着ベースで販売したと見られる。
先週の段階では、「欧トレーダーが『アークティックオーロラ』号を短期傭船して、スペイン出し
の再輸出玉を輸送している」との見方も寄せられていた。YPFは3月に実施した4~6月着カーゴを対
象とした入札で、バイアブランカ基地に6月3~5日に到着するカーゴを手当てしていた。そのため
このカーゴの落札者が、スタットオイルからカーゴを落札した公算が大きい。このときの入札では、
タイミングは判然としないものの、落札者としてブラジル国営ペトロブラス、仏 EDFトレーディン
グ、BPなどの名前が挙げられていた。
○傭船相場および船舶運行概況
期間が3ヵ月未満の短期傭船市場では、標準型船で1日あたりのレートが2万4,000~2万9,000ドル、
燃費効率の高いDFDEエンジンを搭載した船舶で同3万~3万5,000ドルといずれも前日と同水準。大
西洋圏で、需給の緩みが改善しつつある一方、アジア太平洋圏における需給は緩んだ状態が続いて
いる。
米国出しカーゴを輸送する船舶に関する、傭船入札の実施が先送りにされる傾向にある。このう
ち英電力・ガス会社のセントリカは、2014年7月、入札への応募資格を示す事前資格審査(PQ)の
申請を受け付けていた。現時点で入札は開示されていないものの、同社は2015年3月になり、今年6
月に傭船入札を実施するとしていた。セントリカは2018年以降、3隻の傭船需要を抱えている。一
部船主は「船舶の建造技術の向上が日進月歩であるため、これから傭船を進めるプレーヤーの間で、
少しでも傭船を決める時期を先送りしたいという意向が働いている」と指摘している。
6
RIM INTELLIGENCE
LNG
Daily
1-9-8,Hatchobori, Chuo-ku,Tokyo,Japan Tel (81)-3-3552-2411, Fax (81)-3-3552-2415
Singapore Tel (65)-6345-9894, Fax (65)-6345-9894
○長期契約の商況/プロジェクト関連
豪ウッドサイドは現在、同社がオペレーターを務めるプルートプロジェクト(年産=430万トン)
でメンテナンスを実施し、同プロジェクトにおける生産を停止しているもよう。日本の商社関係者
は「トラブルが発生したわけではなく、数週間の予定で計画されていたメンテナンスが行われてい
る」と指摘。2012年に同プロジェクトが生産を開始して以来、初めての大規模なメンテナンスとな
っているもよう。ウッドサイドは既報のとおり先月後半、限られた参加者を対象とした販売入札を
実施し、トラフィギュラに対してインド着ベースでカーゴを販売していた。そのためメンテナンス
を開始したのは、このカーゴの出荷後と見られる。
アンゴラプロジェクト(年産=520万トン)における供給再開は、2016年第1四半期へ持ち越され
ることになった。同プロジェクトでは2014年4月10日に発生したパイプラインの障害を受け、生産
設備全ての稼働を停止し、メンテナンスを続けるとともに、一部設備における処理能力の改善も進
めてきた。この結果、今年の第4四半期には生産を再開できることになったが、LNGの供給は年明け
にずれ込む見込みだ。
○日本国内天然ガス市場
盛岡ガスは現在、岩手県も盛岡市周辺で都市ガスおよび簡易ガス事業を展開している。同社は現
時点で、
「民生および工業用を含め、5万件以上の顧客を抱えている」(同社関係者)という。盛岡ガ
スは都市ガスの供給について、今月12日から原料を天然ガスに切り替えたと発表していた。この切
り替えを前に、盛岡ガスは昨年、滝沢工場の敷地内に新たにLNGサテライト基地を建設していた。
今回の天然ガスを原料とした都市ガスの供給開始に伴って、南工場での都市ガスの製造を中止した
とも同社の関係者は伝えている。
○NYMEX/ICE天然ガス先物市場動向 (Jun 1)
1 日の NYMEX 市場で天然ガス先物は反発。期近の 7 月限は先週末比 0.7 セント高の 2.649 ドル/
百万 Btu で引けた。これまで続落したことで値ごろ感からの買戻しが見られたが、材料に乏しく
小幅な値動きとなった。
ICE 天然ガスは続落。7 月限は 41.65 ペンス/サームと先週末比 0.24 ペンス安で引けた。現行の
1.5208 ドル/ポンドの相場を基にすると、ドルベースの百万 Btu 換算値は 6.334 ドルと先週末か
ら 7.5 セント安。英国に LNG 船が相次いで入着する予定で、供給潤沢感からの売りが先行した。
最新のナショナルグリッドのデータによると、31 日の当日渡しの現物相場(SAP システム平均価
格)は、43.29 ペンス/サームと前日比 0.13 ペンス安、ドルベースの百万 Btu 換算値は 6.584 ドル
と前日比 5.9 セント安で引けている。
◎マーケットニュース
○関西電=姫路第二LNG火力新5号機、蒸気タービンの異常振動で自動停止
関西電力は 1 日、姫路第二 LNG 火力発電所新 5 号機(定格出力 48 万 6,500kW、兵庫県姫路市)が
同日 13 時 4 分に自動停止したと発表した。通常運転中に蒸気タービンの振動が異常に大きくなっ
た。原因を調査中で、復旧時期は未定。
○東北電=先月3日から不具合停止の能代石炭火力1号機、再開に目途
東北電力は 2 日、ボイラーの不具合により 5 月 3 日から停止している能代石炭火力発電所 1 号
機(定格出力 60 万 kW)について、6 月中旬頃に再開する予定であることを明らかにした。同機は、
通常運転中の 5 月 3 日にボイラー内部から異音が確認され、ボイラー内部の管から蒸気漏洩の疑
いがあると認められたため、同日 20 時 8 分に発電を停止した。現在は不具合原因も特定し、補修
を進めているという。
7
RIM INTELLIGENCE
LNG
Daily
1-9-8,Hatchobori, Chuo-ku,Tokyo,Japan Tel (81)-3-3552-2411, Fax (81)-3-3552-2415
Singapore Tel (65)-6345-9894, Fax (65)-6345-9894
○東電=2日ピーク時の自社火力は2,573万kW
東京電力の 2 日朝方の発表によると、同日のピーク時(14~15 時)に稼働する自社火力は 2,573
万 kW の予定。1 日の火力供給(計画)に比べ 1 万 kW 多い。総供給力に対する自社火力の比率は約
63%で、保有火力の約 66%(※)が稼働する。
東電が準備した 2 日のピーク時の総供給力は、1 日(計画)より 212 万 kW 少ない 4,076 万 kW。
自社火力以外では、他社受電を 210 万 kW、揚水式水力を 10 万 kW 減らした。一方、一般水力は 7
万 kW の上積み。最大電力(14~15 時)については、1 日の実績より 143 万 kW 多い 3,550 万 kW と想
定。この結果、ピーク時は予備力が 526 万 kW、使用率が 87.1%、供給予備率が 14.8%となる見
込み。
供給力のうち予備率 8.0%を超える分で、卸電力取引市場への供給が期待される電力は、約 240
万 kW。
※長期計画停止分、緊急電源および内燃力は除外。
○電力9社=2日ピーク時の需給見通し、予備率は東日本16.4%・西日本14.6%
電力 9 社の 2 日ピーク時(各社の最大電力の予想時間)の電力需給は、周波数が 50 ヘルツの東
日本 3 社と 60 ヘルツの西日本 5 社を市場別に合算すると、東日本は予備率が 16.4%、使用率が
85.9%、西日本はそれぞれ 14.6%、87.2%となる見込み。9 社が朝方までに発表した 2 日の需給
予想に基づいて試算した。予備力の 9 社合計は 1,745 万 kW で、供給予備率が 15.4%、使用率が
86.7%。1 日の実績(18 時台まで)と比べると、予備率が 6.5 ポイント低く、使用率が 4.7 ポイン
ト高い。
卸電力市場への余剰電力投入の目安である予備率 8.0%を上回る部分の予備力は、9 社合計で
1,000 万 kW を下回り 839 万 kW にとどまる見通し。主な内訳は、最大手の東京電力が 242 万 kW と
最も多く、次いで関西電力が 239 万 kW だった。一方、最も少ない九州電力は計算上、9 万 kW。
各社の状況をみると、使用率では 91.8%の九州電、90.4%の四国電力を除く 7 社は 90%を下回
る見通し。最も低い使用率は北海道電力の 76.9%。予備率については、8.9%の九州電以外の 8
社は 10%を上回る。予想される予備率の最高は北海道電の 30.0%。
他社受電(計画)は、データを公表する 5 社のうち東電が 1 日(計画)よりも大幅に減らす。
減少幅は 210 万 kW。そのほか、九州電が 76 万 kW、関西電が 34 万 kW、東北電が 28 万 kW それぞ
れ減らす。一方、北海道電が 1 万 kW 増やす。
6 月 2 日の供給予備率と使用率見通し
ピーク時
供給力
予想最大
電力
供給予備率
使用率
他社受電
応援融通
予想最大
電力時間帯
475
365
30.00%
76.90%
42 (+1)
-
19 時台
東北
1,193
1,020
17.00%
85.50%
302 (-28)
-
14 時台
東京
4,076
3,550
14.80%
87.10%
-
14 時台
東日本 3 社計
5,744
4,935
16.40%
85.90%
-
-
中部
2,079
1,870
11.20%
89.90%
688 (-210)
1,032
(-237)
-
-
14 時台
北海道
北陸
484
405
19.50%
83.70%
-
-
14 時台
関西
2,280
1,890
20.60%
82.90%
416 (-34)
-
14 時台
中国
903
780
15.80%
86.40%
-
-
14 時台
四国
415
375
10.70%
90.40%
-
-
14 時台
九州
1,165
1,070
8.90%
91.80%
267 (-76)
-
16 時台
中西日本
6 社計
7,326
6,390
14.60%
87.20%
-
-
-
9 社合計
13,070
11,325
15.40%
86.70%
-
-
-
単位 :万 kW 、他社受電のカッコ内は前日実績との比
較
8
RIM INTELLIGENCE
LNG
Daily
1-9-8,Hatchobori, Chuo-ku,Tokyo,Japan Tel (81)-3-3552-2411, Fax (81)-3-3552-2415
Singapore Tel (65)-6345-9894, Fax (65)-6345-9894
○韓国原子力発電所運転状況 6月2日発表分
韓国水力原子力公社(KHNP)は 2 日、韓国の全原子力発電所プラント 23 基(出力 20,716-MW)のう
ち、79.65%に相当する 16,500-MW が稼働していると発表した。前週比で変わらずだった。運転停
止中の原発(茶色部分)は以下のとおり。
韓国原子力発電所運転状況
Station
Kori(古里)
Shin-Kori (新古里)
Wolsong (月城)
Shin-Wolsong (新月城)
Hanbit (YeongGwang) (霊光)
Hanul (Ulchin) (蔚珍)
Total
Unit
Capacity (MW)
Current (MW)
Status
No.1
587
0
Shut Down
No.2
650
650
On Line
No.3
950
950
On Line
No.4
950
950
On Line
No.1
1,000
1,000
On Line
No.2
1,000
1,000
On Line
No.1
679
0
Shut Down
No.2
700
700
On Line
No.3
700
700
On Line
No.4
700
700
On Line
No.1
1,000
0
Shut Down
No.1
950
950
On Line
No.2
950
950
On Line
No.3
1,000
0
Shut Down
No.4
1,000
1,000
On Line
No.5
1,000
1,000
On Line
No.6
1,000
1,000
On Line
No.1
950
0
Shut Down
No.2
950
950
On Line
No.3
1,000
1,000
On Line
No.4
1,000
1,000
On Line
No.5
1,000
1,000
On Line
No.6
1,000
1,000
On Line
23
20,716
16,500
Source: KHNP and RIM research
79.65%
○ノルウェー・スノービットLNG=「メリディアンスピリット」号、26日に出航
LNG_Shipments
Departure
Carrier
*1-Jun-15
Arctic Discoverer
Capacity(cum)
Capacity(mt)
140,000
64,400
140,000
64,400
Destination
Arrival
Sagunto, Spain
11-Jun-15
26-May-15
Meridian Spirit
165,500
76,130
*30-May-15
Arctic Princess
147,200
67,712
21-May-15
Arctic Discoverer
140,000
64,400
Gate, the Netherlands
26-May-15
16-May-15
Arctic Aurora
155,000
71,300
Bahia Blanca, Argentina
8-Jun-15
*mid-May-15
Arctic Lady
147,200
67,712
10-May-15
Arctic Voyager
140,000
64,400
Bahia, Brazil
29-May-15
6-May-15
Arctic Discoverer
140,000
64,400
Sines, Portugal
12-May-15
9
RIM INTELLIGENCE
LNG
Daily
1-9-8,Hatchobori, Chuo-ku,Tokyo,Japan Tel (81)-3-3552-2411, Fax (81)-3-3552-2415
Singapore Tel (65)-6345-9894, Fax (65)-6345-9894
1,034,900
*arrival
476,054
○<LNG船動静表>台湾・台中基地、「アルデーベル」号4日入港
LNG_Cargo_Arrivals_at_Taiwan_Terminals
Arrival
Carrier
Capacity(cum)
Capacity(mt)
Origin
145,000
66,700
Qatar
145,000
66,700
Note
Taichung
4-Jun-15
Al Deebel
Total
31-May-15
Taitar No.3
145,000
66,700
Qatar
25-May-15
Taitar No.2
145,000
66,700
Qatar
22-May-15
Al Jassiya
145,700
66,700
Qatar
17-May-15
Taitar No.1
145,000
66,700
Qatar
11-May-15
Taitar No.4
145,000
66,700
Qatar
8-May-15
Milaha Qatar
145,000
66,700
Qatar
870,700
400,200
Total
Editorial and Subscription Inquiry:
Tokyo office - Tel: (81) 3-3552-2411 Fax:(81)3-3552-2415
e-mail: [email protected]
Singapore office -- Tel: (65)-6345-9894 Fax (65)-6345-9894
e-mail [email protected]
Beijing office - Tel: (86)10-6498-0455 Fax: (86)10-6428-1725 e-mail: [email protected]
India office - Tel: (91)-98795-50717 e-mail: [email protected]
Shanghai office - Tel: (86)-21-5111-3575 e-mail: [email protected]
RIMLNGレポートの転送は著作権により堅く禁じられております。購読契約者である組織以外だけ
でなく、同契約者の組織内の他部署、支社、支店などへの転送も出来ません。 LNGレポートの全部
もしくは一部の転載も禁じられています。本レポートに記載された情報の正確性については万全を
期しておりますが、購読者が本レポートの情報を用いて行う一切の行為に関して、リム情報開発株
式会社は責任を負いません。また、天災、事変その他非常事態が発生し、または発生するおそれが
あり、運営が困難となった場合、レポート発行を一時的に中断することがあります。
10
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
677 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content