close

Enter

Log in using OpenID

ネットワークカメラ設定管理API標準GenICam - Hi-HO

embedDownload
ネットワークカメラ設定管理API標準GenICam
大野邦夫
株式会社安土
[email protected]
1. はじめに
ションのリアルタイム実行などが、デジタル
カメラの遠隔制御のための一般的な課題に
なっている。その結果、カメラへのインタ
フェースは高度なものになってきた。
GenICamは、ネットワークを経由してカ
メラを制御する標準のプロトコルとインタ
フェースである。さらにその設定には
XMLを用いることに特徴がある。私はハー
ドウエアとしてのカメラに関しては素人であ
るが、ネットワークやXMLに関しては多少
の素養があるので、後者の観点から本稿では
GenICamについて紹介する。
GenICamのゴールは全てのカメラに対し
汎用的なプログラミングインタフェースを提
供することにある。インタフェース技術が何
であれ、実装機能がどうあれ、多様なニーズ
に基づくサービスのためのアプリケーション
に対してAPIは常に同一であるべきである。
図1は、カメラ構成における階層を示す。ア
ネットワークカメラの今後の活用には興味
を持たざるを得ない。最近もオウムの指名手
配容疑者逮捕に監視カメラの映像・画像が有
効に使用されたが、今後は社会生活にネット
ワークカメラが広く導入されることは確実で
あろう。プライバシーの侵害などの問題はあ
るが、安全・安心な社会のための必要なシス
テムとしての認識と社会的な合意が形成され
つつあると思われる。
GenICamは、そのようなシステム構築の
ための基本的なインタフェースとなる可能性
が高い。本稿では、インタフェースの仕様書
[1]と ト ラ ン ス ポ ー ト 層 の 仕 様 書[2]に 基 づ
き、その概要を紹介する。
図1 カメラへのアクセスAPI
2. インタフェース仕様
プリケーションはカメラAPIを要求し、それ
でカメラの機能を操作する。
2.1 基本的考え方
インタフェース仕様は、GenICam Standard Generic Interface for Cameras Version
2.0に記載されている。ここではその概要を
解説する。
GenICamにおいて、カメラの機能はフ
ラットなレジスタの集合として扱われる。ア
プリケーションは、C言語的なコードで記述
されることを想定している。例えば以下のよ
うなコードを記述する。
最近のデジタルカメラは、単に画像の配信
に留まらず多様な機能を提供する。画像処
理、画像データストリームへの追加情報の付
加、外部ハードウエアの制御、アプリケー
Camera.Gain = 42;
1
属し、レジスターからの整数(integer)の
抽出を行う。Rootノードから見ると、それは
カメラの機能として見える。従って、Root
ノードは、Gainノードを参照するpFeature
という名前のリンクを包含する。Gainレジ
スターを読んだり書いたりするために、
Gainノードはカメラポートにアクセスする
必要があり、そのためにDeviceノードへのリ
ンクを保持している。そのリンクはpPortと
呼ばれ、Deviceノードを参照する。
GenApiモジュールは、トランスポート層
APIで提供されるアクセス関数を呼び出して
下記のようなレジスタ呼び出しの縦列命令に
翻訳する。
TransportLayer.WriteRegister(
0x0815, 0x2A, 2 ); // address, data, length
最後に、トランスポーと層は、呼び出しを
カメラインタフェースに伝達する。
GenICam規格は、XMLによるカメラ記述
ファイルの仕様とトランスポート層の意味的
対応を定義すると共に、機能についての標準
的な名称(name)と型(type)を定めてい
る。
図2の完全なカメラ記述ファイルは、図3の
ようにXMLで記述される。
<?xml> ノードは、XML宣言で、ファイ
ルの符号化情報を与える処理要素で常に同じ
である。
2.2 カメラ記述ファイルの基本構成
カメ ラ 機 能 は、 X M Lフ ァ イ ル で 記述 さ
れ、そのノードは、型とユニークな名称で記
述される。ノードは互いにリンクとして関係
付けられ、個々のリンクは特有のロールを持
つ。図2は、簡単なグラフ記法(notation)
の例である。ノードは、”type::name,”でラ
ベル付けされた楕円で示され、関係はロール
名でラベル付けされた矢印で示されている。
<RegisterDescription>要素は、最も外側
のブラケットで、カメラの全てのノード記述
をカプセル化している。カメラはモード名
( M o d e N a m e) とベ ン ダー 名( Ve n d o rName)属性で識別される(この場合は、
” T e s t ” ベ ン ダ ー か ら の モ デ ル ” E x a mple01”)。
<RegisterDescription>要素の内部では下
位の要素としてのノード群がフラットに順番
に置かれている。個々のノードはユニークな
名前属性を持ち、他のノードの名前を包含す
るpRoleとしての名前の下位要素にリンクで
関係付けられる。
個々のノードは、<ToolTip>要素(必須
ではない)を持ち、そこで簡単に説明され
る。GainノードはR ootに追加された要素
で、IntReg型であり、レジスターの番地や
データ長を通知する機能を有する。
XMLファイルの構文は、XML schemaで
定義され、それはschemaLocation属性によ
り与えられる。このschemaは規格の一部と
なっている。
図2 簡単な記述ファイルのグラフ
トポロジー
2.3 値の取得と設定
2つの特別なノードが存在する。ノードグ
ラフをたどる始点となるRootノードと、トラ
ンスポート層への接続を提供するDeviceノー
ドである。図2のGainノードは、IntReg型に
ユーザがノードの値を読み書きする時、当
該ノードは、ノードグラフ上をカスケード的
2
<?xml version=”1.0” encoding=”utf−8”?>
<RegisterDescription
ModelName=”Example01”
VendorName=”Test”
ToolTip=”Example 01 from the GenApi standard”
StandardNameSpace=”None”
SchemaMajorVersion=”1”
SchemaMinorVersion=”1”
SchemaSubMinorVersion=”0”
MajorVersion=”1”
MinorVersion=”0”
SubMinorVersion=”0”
ProductGuid=”1F3C6A72−7842−4edd−9130−E2E90A2058BA”
VersionGuid=”7645D2A1−A41E−4ac6−B486−1531FB7BECE6”
xmlns=”http://www.genicam.org/GenApi/Version_1_1”
xmlns:xsi=”http://www.w3.org/2001/XMLSchema−instance”
xsi:schemaLocation=”http://www.genicam.org/GenApi/Version_1_1
http://www.genicam.org/GenApi/GenApiSchema_Version_1_1.xsd”>
<Category Name=”Root”>
<ToolTip>Entry for traversing the node graph</ToolTip>
<pFeature>Gain</pFeature>
</Category>
<IntReg Name=”Gain”>
<ToolTip>Access node for the camera’s Gain feature</ToolTip>
<Address>0x0815</Address>
<Length>2</Length>
<AccessMode>RW</AccessMode>
<pPort>Device</pPort>
<Sign>Unsigned</Sign>
<Endianess>BigEndian</Endianess>
</IntReg>
<Port Name=”Device”>
<ToolTip> Port node giving access to the camera</ToolTip>
</Port>
</RegisterDescription>
図3 カメラ記述ファイルの例
に逐次トリガーする。図4はGain機能につい
て示している。
もしユーザがGainノードの値を設定する
場合、実装は対応するGainMinとGainMax
ノードを通じてMinとMaxの値を読み、範囲
(range)をチェックする。もし値が許され
る範囲内であれば、GainノードはGainValueノードとカメラへのDeviceノードを通じ
てその値を書込む。対応するIntRegノードの
ユーザがGainノードの値を読むと、呼び
出しはGainValueノードにディスパッチされ
る。それはさらにDeviceノードからのIPort
インタフェースを用い正しいレジスターを照
会する。
3
り、カメラのようなデバイスにネットワーク
経由でアクセスするための完全なソフトウエ
アアーキテクチャを提供する。
3.2 GenTLの基本構成
GenTLは、基本的には2種類の実体、プロ
デューサーとコンシューマーから構成され
る。GenTLプロデューサは、ソフトウエア
ドライバーでGenTLインタフェースを実装
しアプリケーションやソフトウエアライブラ
リーにハードウエアへの汎用的なアクセスや
構成を実現し、デバイスからの画像データを
配信する。
図4 値の読み書きの際の制御フロー
GenTLコンシューマは、一つ以上の
GenTLプロデューサを使用するソフトエア
で定義されたGenTLインタフェースを経由
する実体である。これらの関係は図5で示さ
れる。これはアプリケーションまたはソフト
ライブラリの一例である。
Cashable属性によってMinとMaxの値を
キャッシュする場合もある。
3. トランスポート機能仕様
3.1 機能の概要
3.3 GenTLモジュール
GenICam GenTL規格は、GenICamアプ
リケーションの相互運用性を確保するための
汎用的なTransport Layer Interface (TLI)を
定義することにある。このトランスポート技
術とサードパーティソフトの間のソフトウエ
アインタフェースは、Cインタフェースに準
拠し、一連の機能名称、意味的内容で定義さ
れる。これらの機能にアクセスするために、
GenICam GenApiモジュールが用いられ
る。
GenTL標準は、GenTLインタフェースを
ライブラリ実装するために階層的な構造を定
義する。個々の階層はモジュールとして定義
される。モジュールは図6に示すようにシス
テムモジュールをベースとしてツリー構造と
して構成される。
3.3.1
システムモジュール
G e n T Lコンシ ューマにとって、 ハイア
ラーキのルートであるシステムモジュールは
GenTLプロデューサのソフトウエア・ドラ
イバへのエントリーポイントである。それは
GenTLライブラリの視点からのホスト側に
おける全システムを代表する。
GenICam GenAPIモジュールは、前章で
述べたとおりXML記述ファイルフォーマッ
トを定める。標準的な機能名称の記述は
XMLファイルを通じてこれらの機能の振舞
いをニュートラルに定義する。
システムモジュールの主要なタスクは、実
装がカバーする提供可能なインタフェースを
枚挙しインスタンスとして生成することであ
る。
GenTLソフトウエアインタフェースは、
通信確立の場合を除き遠隔デバイスのデバイ
ス依存の機能を包含しない。GenTLはGenApiモジュールを経由して遠隔デバイス機能
へのアクセスを許すポートを提供する。
システムモジュールは、さらにGenTLコ
ンシューマへ通知機能とXML記述による構
成を提供する。
これ は、 GenT L がデ バイ スと そ のス ト
リームデータを通信させる汎用のソフトウエ
アインタフェースを構築することを意味す
る。GenApiとGenTLとの組み合わせによ
複数のトランスポート層技術に関係する単
一の Gen T Lプロデューサを異なるインタ
4
図5 GenTLコンシューマーとGenTLプロデューサ
図6 GenTLモジュール階層
フェースモジュールとして公開することは可
能である。この場合、システムモジュールの
トランスポート層技術は、複合的であり子供
のインタフェースモジュールは、それらの実
際のトランスポート層の技術を実現する。
3.3.2
Ethernetベースのトランスポート層技術に
とっては、これはNICカードとなる。カメラ
リンクベースの実装では、これはフレーム獲
得基盤である。このインタフェースにおける
適合デバイスの枚挙とインスタンス生成がこ
のモジュールの主たる役割である。インタ
フェースモジュールは、さらにGenTLコン
シューマのコンシューマへの非同期通知とモ
ジュール構成機能を代表する。
インタフェース・モジュール
インタフェースモジュールはシステムにお
ける物理インタフェースを代表する。
5
3.3.3
は完全にハードウエアによってのみ制約され
る。
デバイスモジュール
デバイスモジュールは、GenTLプロ
デューサにおける物理的な遠隔デバイスのプ
ロキシを代表する。デバイスモジュールの責
任は、遠隔デバイスの通信を可能にし、デー
タストリームモジュールを枚挙しインスタン
ス生成することである。デバイスモジュール
は、さらにG e n T Lコンシューマへのコン
シューマへの非同期通知とモジュール構成機
能を提示する。
3.3.4
3.3.5
バッファ・モジュール
バッファ・モジュールは、単一のメモ
リー・バッファをカプセル化する。その目的
は、画像取得の標的として機能することにあ
る。バッファのメモリーは、ユーザ又は
GenTLプロデューサが割り付ける。後者は
システムメモリーとして事前に割り付けられ
ていることもある。さらにバッファ・モ
ジュールは、GenTLコンシューマに、非同
期通知やモジュール構成機能を提供する。
データストリームモジュール
遠隔デバイスからの単一の(画像)データ
ストリームは、データストリームモジュール
で代表される。このモジュールの目的は、取
得エンジンを提供し、内部バッファプールを
維持することにある。それと共に、データス
トリームモジュールは、GenTLコンk
シューマにコンシューマへの非同期通知とモ
ジュール構成機能を提供する。一つのデバイ
スは、ゼロ、1、または複数のデータスト
リームを包含する。デバイスが保有するスト
リーム数の論理的な制限は存在しない。これ
3.4 GenTLモジュール相互運用部品
GenTLコンシューマとGenTLプロデュー
サのア クセ スと 互換 性は、図7に 示す よう
に、CインタフェースとGenApi機能インタ
フェース(モジュール、コンシューマへの非
同期通知、XML記述による構成、データ取
得エンジンの振る舞いの記述など)の相互運
用性を通じて保証される。
図7 GenICam GenTLインタフェース(CおよびGenApi機能インタフェース)
イベントインタフェース(コンシューマへの
非同期通知)の3種類の論理的部品で構成さ
GenTLプロデューサドライバは、Cインタ
フェース、XML記述構成インタフェース、
6
れる。インタフェースの詳細は下記のとおり
である。
3.4.1
GenTLプロデューサとGenTLコンシュー
マの変換性(intercangeability)を保証する
ために、言語依存の機能は決められていない
が、例外的に、ANSI CがGenTLプロデュー
サのインタフェースで用いられている。
Cインタフェース
Cインタフェースは、GenTLプロデューサ
の実体への位置を提供する。それは、全ての
モジュールインスタンスを枚挙して行く。そ
れにはデータストリームモジュールにより操
作される画像取得が含まれる。モジュールの
コンシューマへの非同期通知・構成インタ
フェースもCインタフェースを経由して
GenTLコンシューマにアクセスされる。こ
のようにして、Cインタフェースを用いるだ
けで下位の技術を使用しないで画像を転送す
ることが可能になる。さらにこのことは、
GenTLプロデューサがデバイスを開放しそ
れからのデータの受信を保証することを意味
する。Cインタフェースは、下記のような理
由で選択されている。
3.4.2
モジュール階層へのアクセス
個々のモジュールはGenTLポート機能を
提供するので、GenICam のGenApi(また
は同様の非参照実装)がモジュール階層のア
クセスに用いられる。GenTLプロデューサ
実装の基本操作は、特別なモジュール構成を
用いないCインタフェースで行われる。より
複合的または実装依存のアクセスは、フレキ
シブルなGenApi機能インタフェースで行わ
れ、GenTLポート機能と提供されるGenApi
のXML記述を用いる。
個々のモジュールは、このXML記述を提
供し、それと共にモジュールのポートがモ
ジュールの設定を読んだり変更したりする。
そのために、個々のモジュールはその仮想レ
ジスタマップを保有し、それはポート機能に
よりアクセスされる。このようにして、汎用
的な遠隔デバイスへのアクセス方法がトラン
スポート層自身へ拡張される。
・複数のクライアント言語サポート:Cイ
ンタフェース・ライブラリは、沢山のプログ
ラム言語でサポートされる。基本型は容易に
言語間やモジュール間(異なるheap、実装の
詳細)でマーシャリング可能である。
・ライブラリの動的なローディング:C言
語の関数を動的に呼び出すのは容易に可能で
ある。このことは、実行時に一つ以上の
GenTLコンシューマの実装を動的にロード
することを可能にする。
2.3.3 コンシューマへの非同期通知(イベ
ント)
個々のモジュールはGenTLコンスシュー
マへのイベント通知の提供を可能にする。例
えば、新しい画像情報データが遠隔デバイス
から到着すると、New Bufferイベントが生
じてコンシューマへの非同期通知される。特
定のモジュールを支援するためのイベント数
は、モジュールとその実装に依存する。
・アップグレード可能性:Cライブラリ
は、当初の段階ではバイナリ互換で設計され
る。そのため、GenTLコンシューマは改版
されても再コンパイルを必要とはしない。
上記の理由でCインタフェースが選択され
ても、実際のGenTLプロデューサ実装はオ
ブジェクト指向言語で実行することが可能で
ある。グローバル関数以外は、インタフェー
ス関数は、オブジェクトにマップされて操作
される関数として機能する。
Cインタフェースは、GenTLコンシューマ
がレジスタにイベント登録することを可能に
する。用いられるイベントオブジェクトは、
プラットフォーム及び実装に依存するが、C
インタフェースにおいてはカプセル化されて
いる。
Cインタフェースのライブラリをエクス
ポート可能な任意のプログラム言語で
GenTLプロデュサは実装可能である。
4. まとめ及び考察
7
以上、GenICam Standard Generic Interface for Cameras Version 2.0と、GenICam
GenTL Standard Version 1.2の2つの仕様書
の概要を紹介した。ネットワークカメラの設
定にXMLファイルを用いることが大きな特
徴である。
Webソケットを用いる全二重化されたHTTP
が話題になっているようだが、GenICam
は、むしろ古典的なRPCやCORBAでも実現
可能なアーキテクチャを実現している。その
鍵は、C言語をコアとした実装だからであ
る。
カメラの機能は多種多様であり、それは
W3CのXML Schemaで記述される。設定
ファイルは、このXML Schemaのインスタ
ンスである。この X MLインスタンスは、
XMLの本質として木構造を持つが、この構
造がカメラの状態遷移を表現するノード関係
を定義し、設定するカメラのレジスタへのア
クセスを記述している。
Webでは、HTML5でSVGを用いて、図形
や画像を表示するが、その実態はデータを上
回るタグの伝送と処理に通信路とコンピュー
タが使われており、工学系のセンスの乏しい
技術の進展を苦々しく思っていたところであ
るが、GenICamはその点エレガントな技術
的なアプローチを採っているように思う。
5. おわりに
X M L フ ァ イ ルで 定 義 さ れ た状 態 ノ ー ド
は、型と名前を持つ。この型と名前は、C言
語のAPIに対応し、APIに値を設定するよう
な手順で、GenApiというモジュールがトラ
ンスポート層にデータを渡し、それがネット
ワーク経由で遠隔のカメラのレジスタのデー
タを設定する。設定するだけでなく、当然レ
ジスタの値を読むこともできる。
カメラのハードウエアについては、レジス
タの集合という以外は全く触れないで、ネッ
トワークとXMLの世界からGenICamを取り
上げたのであるが、 Webや XMLの世界に
どっぷり浸かりこんでいる技術者からすると
目から鱗のような技術である。組込系のよう
な、ハードウエア、ソフトウエア、ネット
ワークといった複合的な技術を推進するため
に必要なセンスを培うには、GenICamのよ
うな技術はきわめて興味深いと感じる。この
ような分野に関心を持つ技術者が今後育って
くれることを期待したい。この技術を知る
きっかけを与えていただいた、
(株)テクノ
スコープの白川 進氏に感謝します。
以上のメカニズムから、多様な応用が考え
られるであろう。いわゆるWebカメラのイン
タフェースが一元化されるので、多様なカメ
ラに対して同じアプリケーションを使用する
ことが可能になる。さらに、複数のカメラを
連携させて画像処理を行わせることにより、
移動体の追跡なども容易になるであろう。
文献
トランスポート層については、構成だけで
具体的な実装の議論が十分できなかったが、
これは仕様書だけを見ても良く分からない。
要するにトランスポート層以下を自由に構成
するためのモジュールとインタフェースの規
定だけが述べられているからである。だが
WebサービスによるXMLデータばかり扱っ
ていた者としては、C言語に割り切ったコン
パクトなインタフェース設計は優れた手法で
あると思う。
[1] EMVA; ”GenICam GenTL Standard
Version 1.2”, http://www.emva.org/cms/
upload/Standards/GenICam_Downloads/
GenICam_GenTL_1_2.pdf
[2] EVMA; “GenICam Standard Generic
Interface for Cameras Version 2.0”,
http://ebookbrowse.com/genicam−standard−v2−0−pdf−d68384593
Webの世界のプロトコルの主流はHTTPや
HTTPSであり、最近はHTML5の流行で、
8
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
153 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content