close

Enter

Log in using OpenID

「いばらき商店街活性化ファンド」の設立について

embedDownload
ニュースリリース
平成 27年 12月 25日
「いばらき商店街活性化ファンド」の設立について
株式会社常陽銀行(頭取
寺門 一義)は、このたび、株式会社地域経済活性化支援機構(以下、「機構」
と い う ) と の 間 で 、 株 式 会 社 常 陽 産 業 研 究 所 お よ び REVIC キ ャ ピ タ ル 株 式 会 社 を 無 限 責 任 組 合 員 と す る
「 い ば ら き 商 店 街 活 性 化 投 資 事 業 有 限 責 任 組 合( い ば ら き 商 店 街 活 性 化 フ ァ ン ド )」( 以 下「 本 フ ァ ン ド 」
と い う ) を設立しましたので、下記のとおりお知らせいたします。
当行と機構は、本年 3 月に「商店街活性化に関する連携協定」を締結し、共同で茨城県内の商店街の賑わい
創出と活性化に取り組んでまいりました。今般、同連携協定にもとづきファンドの設立に至りました。
本ファンドを通じ、まずは勝田駅東口周辺の商店街活性化、および坂東市の中心市街地の賑わい創出に向けた
資金面でのサポートを実施してまいります。また、今回の取り組みを一つのモデル事業とし、茨城県内のほ か
の地域においても活用を検討してまいります。
当行は、今後とも、地域の課題解決に積極的に取り組み、地域社会・地域経済の発展に貢献してまいります。
記
1.ファンド設立日
12 月 25 日(金)
2.ファンド概要
名
対
称
象
設立時ファンド金額
設立時組合員構成
存続期間
業務運営
いばらき商店街活性化投資事業有限責任組合
茨城県内の商店街活性化に資する取り組みを行う事業者等への
安定資金供給
350 百万円
㈱常陽銀行、㈱常陽産業研究所
㈱地域経済活性化支援機構、REVICキャピタル㈱
約 7 年間
㈱常陽産業研究所、REVICキャピタル㈱
以
上
(ご参考)
※株式会社地域経済活性化支援機構の概要
本社所在地
東京都千代田区大手町 1 丁目 6 番 1 号 大手町ビル 9 階
資 本 金
260 億 8,480 万円
設
立
平成 21 年 10 月 14 日(株式会社企業再生支援機構)
(平成 25 年 3 月 18 日 現名称に商号変更)
株
主
預金保険機構等
※REVICキャピタル株式会社の概要
本社所在地
東京都千代田区大手町 1 丁目 6 番 1 号 大手町ビル 9 階
資 本 金
約1億円
設
立
平成 25 年 6 月 28 日
株
主
㈱地域経済活性化支援機構
※株式会社常陽産業研究所の概要
本社所在地
茨城県水戸市三の丸 1 丁目 5 番 18 号
資 本 金
1億円
設
立
平成 7 年 4 月 3 日
株
主
㈱常陽銀行等
※「いばらき商店街活性化ファンド」スキーム図
地域経済活性化支援機構
(REVIC)
常陽銀行
常陽産業研究所
REVIC キャピタル
LP出資
GP 出資
GP 出資
いばらき商店街活性化ファンド
A社
B社
(ひたちなか市)
(坂東市)
C社
D社
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
231 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content