close

Enter

Log in using OpenID

運輸安全マネジメント情報公開 - SBS即配サポート株式会社

embedDownload
平成 28 年 1 月 15 日
運輸安全マネジメント情報の公開
SBS 即配サポート株式会社
安全統括管理者 執行役員
佐伯 禎泰
1.
輸送の安全に対する基本的方針
(1) 社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の
確保に主導的な役割を果たす。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場を
十分に踏まえつつ、従業員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させる。
(2) 社長並び、安全統括管理者、及び現場部門を管理する責任・権限を有する部門は、安全方針の意義・
内容等を深く自覚するとともに、従業員に安全方針の内容を理解させ、その実績を促す為、社長の
率先垂範により、あらゆる機会を捉え事業者内部への周知を効果的に行う。
(3) 社長は、安全方針に関する従業員の理解度及び浸透度を定期的に把握する。
(4) 社長は、輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を確実に実
施し、安全対策を不断に見直すことおよび、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶
えず輸送の安全の向上に努める。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。
2.
輸送の安全に関する目標及び達成状況
平成 28 年度目標
交通事故件数を前年比で 20%削減する。
27 年度
事故件数
交通事故件数を 27 年度比で 20%削減する
平成 26 年度
平成 27 年度
平成 27 年度
平成 28 年度
事故件数
目標件数(結果)
事故件数
目標件数
27 件
15 件(未達成)
17 件
13 件
7
6
5
物損
4
17
3
人身
3件
2
1
0
1
3.
4.
平成 27 年度自動車事故報告規則第 2 条に基づく事故統計
転覆
転落
路外逸脱
火災
踏切
衝突
死者・負傷
0
0
0
0
0
0
0
危険物
運転違反
健康起因
救護
車両故障
交通障害
その他
0
0
0
0
0
0
0
輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統
・
運輸安全マネジメント管理体制(運行管理の組織図 PDF )
社長――営業執行役員部長―――即配事業部・埼玉支店長――兼務・統括運行管理者
(安全統括管理者)
運行管理者―補助者
―――即配事業部・神奈川支店長――兼務・統括運行管理者
運行管理者―補助者
―――即配事業部・城北営業所長――兼務・統括運行管理者
運行管理者―補助者
―――即配事業部・多摩支店長――兼務・統括運行管理者
運行管理者―補助者
―――即配事業部・府中営業所長――兼務・統括運行管理者
(係長)
運行管理者―補助者
―――即配事業部・千葉支店長――兼務・統括運行管理者
運行管理者―補助者
―――即配事業部・東京配送センター ―兼務・統括運行管者理者
(課長)
運行管理者―補助者
―――環境事業部・東雲事業所長――兼務・統括運行管理者
運行管理者―補助者
―――環境事業部・横浜事業所長――兼務・統括運行管理者
運行管理者―補助者
――――――管理部運行管理課長
5.
輸送の安全に関する重点施策
(1) 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令等及び本規程に定められた事項
を遵守すること。
(2) 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行う。
(3) 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置または予防措置を講じること。
(4) 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達・共有すること。
(5) 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実施すること。
(6) 想定した重大な事故等に対する対応措置の責任者及び措置の内容を定め実施体制を構築し、もしく
は構築の指示をすること。
(7) 安全重点施策について定期的に進捗・達成状況を把握するとともに、少なくとも 1 年毎に見直しを
2
行う。
6.
輸送の安全に関する計画
別紙―①
7.
事故災害に関する報告連絡体制
社長――執行役員(運送事業担当)―各事業部長―各支店長(事業所長)――係長――主任――社員
(安全統括管理者)
管理部長
(統括運行管理者)
(運行管理者・補助者)
(整備管理者)
管理部運行管理課
8.
輸送の安全に関する教育及び研修計画
運輸安全マネジメント教育
開催予定
開催場所
実施状況
実
施 内 容
講師:管理部運行管理課長
4月
本社・大会議室
4 月 14 日
対象:各支店長
内容:運輸安全マネジメント教育
講師:管理部運行管理課長
9月
本社・大会議室
9 月 13 日
対象:各支店の統括運行管理者及び
整備管理者
内容:運輸安全マネジメント教育
安全会議
日
程
各支店にて毎月 1 回以上開催する
講
師
営業部長、各支店長、運行管理者、運行管理補助者
対
象
各支店運転手、作業員
・ 国土交通省告示第 1366 号に基づく安全教育
(飲酒運転・過労運転・薬物、危険ドラック・無免許無資格運転・速度超過・
過積載運転・救護義務違反等に関する悪質違反を含む)
内
容
・ 貨物自動車運送事業輸送安全規則第 15 号に基づく教育
・ 事故事例、危険予知訓練、ヒヤリ・ハット教育等を題材とした教育
・ 適正診断(一般・初任・適齢・特定)の受診診断結果に基づく教育
・ 運転記録証明書に基づく教育
・ 同乗指導結果に基づく教育
3
研修会
国土交通省告示第 1402 号に基づく運行管理者(基礎講習・一般講習・特別講習)講習
貨物自動車運送事業輸送安全規則第 15 号に基づく整備管理者講習
事故惹起者及び管理者を対象とする再発防止講習
運行管理者・整備管理者(補助者含む)社内研修
エコ安全ドライブ研修
トラック協会主催運輸安全マネジメント等各種講義及び研修への参加
ドライブレコーダーによるヒヤリ・ハット事故防止研修
初任運転手安全教育
適正診断(初任者適正)受診結果に基づく指導教育(同乗指導含む)
安全規則第 3 条第 1 甲に基づく(初任運転者に対する特別な教育)
運転免許履歴書に基づく指導教育
雇入れ時による健康診断結果による指導
9.
輸送の安全に関する内部監査結果及び是正処置
別紙―②
10. 輸送の安全に関する実績額(27 年度)
No
施
策
詳
細
実績金額(円)
春・秋の全国交通安全運動
東京都トラック協会交通安全運動
1
交 通 安 全 運 動
年末年始無災害運動
250,000
SBSグループ安全スローガンポス
ター代金
運行管理者、整備管理者、管理者研修
2
運輸安全マネジメント
安全衛生研修費用
内部監査費用
150,000
外部講師による研修
200,000
3
運転記録証明
補助金対象外(35 名)
4
外 部 研 修
いすゞエコ安全ドライブ講習会
5
車両安全装置
デジタコ、ドライブレコーダー等装着
(全営業車両)
合
100,000
22,050
150,000
453,000
1,325,050
計
4
別紙―①
平成 28 年 1 月 15 日
平成 28 年度
マネジメント
部
門
全支店
運輸安全
教
育
1
月
2
月
3
4
月
月
5
運輸安全マネジメント計画表
月
6
月
7
月
・内部監査
8
月
・監査対応巡回
9
月
月
・KYT教育
月
・ナスバネット
・運転記録証明
・ヒヤリ・ハッ
・ヒヤリ・ハッ
(管理部運
定見直し
一般適性診断
一般適性診断
修得(善支店)
ト
ト
行管理課に
・ナスバネット
・千葉支店
・神奈川支店
・ナスバネット
一般適性診断
情報収集及び
ト
目標設定準備
よる毎月の
一般適性診断
一般適性診断
・城北営業所
教育
情報収集及び
年末年始事故
各支店巡回
・横浜事業所
・神奈川支店
・支店巡回監査
・支店巡回監査
教育
防止
を行う)
・東雲事業所
・支店巡回監査
・ヒヤリ・ハッ
・過積載防止強
・目標検証
化教育
・2017 年度
・意識・品質の
・運行管理者及
・整備管理者・
・KYT教育
・意識・品質の
・意識・品質の
・運行管理者・
・運行管理者・
整備管理者・補
・意識・品質の
・意識。品質の
向上
び補助者への
補助者への社
・新入学児童、
向上教育
向上教育
補助者への社
補助者への社
助者への社内
向上教育
向上教育
・プロデキュー
社内教育
内教育
新入学生を守
内教育
内教育
教育
ブ勉強会
・プロデキュー
・外部講師によ
る事故防衛
・夏休みの事故
・運行管理者資
ブ勉強会
る安全教育
防止
格試験
(管理職対象・
・後退事故防止
・達也済の事故
2016 年度総括
)
全支店
研修(該当者)
補助者含む)
整備管理者
年末年始無災
各支店巡回
各支店巡回
防止
・春の全国交通
各支店巡回
各支店巡回
各支店巡回
各支店巡回
研修(該当者・
補助者含む)
運行管理者
・後退事故防止
安全衛生
12
月
・ナスバネット
運行管理者
交通安全運動
11
・目標・施策設
全支店
・監査対応巡回
10
研修(該当者・
補助者含む)
・秋の全国交通
各支店巡回
各支店巡回
・年末年始無災
害運動
安全運動
安全運動
害運動
各支店巡回
・トラック協会
・トラック協会
・各支店巡回に
広報車活動参
・広報車活動参
て過積載防止
加
加
活動を行う
・各支店巡回
・各支店巡回
全支店
夜間従事者
安全衛生会議
安全衛生会議
安全衛生会議
安全衛生会議
安全衛生会議
健康診断受診
健康診断受診
安全衛生会議
安全衛生会議
安全衛生会議
安全衛生会議
健康診断受診
産業医面談(希
産業医面談(希
産業医面談(希
産業医面談(希
産業医面談(希
安全衛生会議
安全衛生会議
産業医面談(希
産業医面談(希
産業医面談(希
産業医面談(希
安全衛生会議
望者)
望者)
望者)
望者)
望者)
産業医面談(希
産業医面談(希
望者)
望者)
望者)
望者)
望者)
望者)
・熱中症予防
・メタボリック
・インフルエン
・ノロウィルス
・PM2.5 と受
・長時間労働の
シンドローム
ザ2
とは
動喫煙
全支店
・健康診断表の
・インフルエン
・花粉対策
見方
・不眠症対策
・飲酒の危険性
・ストレスチェ
ザ1
ック
G マーク新規
Gマーク認定
申請提出
発表
・千葉支店
G マーク
・神奈川支店
更新申請提出
・東雲事業所
・城北営業所
5
危険
別紙―②
平成 27 年 11 月 25 日作成
27 年度
内
部
監
査
結
果
報
告
表記の記号 ◎:良く出来ている ○:指摘する事はない △:指摘はないがレベル UP ×:改善指導
東京配
監査項目
項目内容
送セン
ター
運行管理
整備管理者
選任状況及び研修への参加の確認
衛生管理者及び推進者
埼玉
支店
神奈川
支店
城北
千葉
多摩
府中
営業所
支店
支店
営業所
事業所
事業所
東
雲
横
浜
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
点呼状況
必要事項のチェック及び対面点呼
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
事故管理
事故報告書による再発防止教育
○
〇
○
〇
〇
〇
○
◎
◎
教育管理
国土交通省告示 1366 号に基づく教育
◎
○
〇
◎
〇
◎
○
◎
◎
車両台帳の管理保管
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
法定点検の実施状況
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
日常点検の実施状況
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
台帳作成及び授受簿管理
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
台帳管理
運転者台帳作成及び管理
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
私有車通勤
任意保険加入内容の確認
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
就労管理
拘束時間の確認
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
労働契約
締結及び更新状況の確認
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
健康管理
健康診断及び産業医による就労判定
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
特にな
特にな
特にな
特にな
特にな
特にな
特にな
特にな
特にな
し
し
し
し
し
し
し
し
し
車両管理
カード管理
ETC・給油カード
監査結果に対する措置内容
6
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
276 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content