close

Enter

Log in using OpenID

別マシンへのバージョンアップ作業手順書(Ver.6 or Ver.7からVer.8)

embedDownload
技術文書番号:1-HUL8-PC005-01
株式会社セゾン情報システムズ
HULFT 事業部
テクニカルサポート
タイトル
別マシンへのバージョンアップ作業手順書(Ver.6 or Ver.7 から Ver.8)
ドキュメント情報
技術文書番号:
OS:
製品/バージョン:
最終更新日:
1-HUL8-PC005-01
Windows 版全対応 OS
HULFT for Windows Ver.6
HULFT7 for Windows
HULFT8 for Windows Ver.8
2015/4/10
Copyright(c) SAISON INFORMATION SYSTEMS CO.,LTD. All Rights Reserved.
1/4
技術文書番号:1-HUL8-PC005-01
「HULFT for Windows Ver.6」または「HULFT7 for Windows」から「HULFT8 for Windows」へのバージョ
ンアップ時に、旧マシンから新マシンに HULFT をバージョンアップする場合の手順について、記載します。
1.
バージョンアップ前作業
「HULFT8 Windows 導入マニュアル」の第 8 章「8.1 バージョンアップ前作業」の「(1)バージョンアッ
プ前の確認事項」をご一読ください。
2.
旧 HULFT の終了
旧マシンの「HULFT for Windows Ver.6」または「HULFT7 for Windows」の HULFT サービスを停止しま
す。
3.
外字テーブル情報の出力
旧マシンの「HULFT for Windows Ver.6」または「HULFT7 for Windows」で外字テーブル展開コマンド
を使用し、旧マシンの外字テーブル情報をファイル出力します。
例)
EUC からShift-JIS の外字テーブル情報の出力の場合
コマンドプロンプトから、下記のように実行してください。
> cd "C:\HULFT Family\hulft7\bin"
> utlgtfextdV -o es > gtetos.txt
※外字テーブル展開コマンドについては旧マシンでご利用のバージョンの「アドミニストレー
ションマニュアル」をご参照ください。
4.
HULFT の新規インストール
新マシンに「HULFT8 for Windows」を新規にインストールします。
インストールについては、「HULFT8 Windows 導入マニュアル」の「第 2 章 インストール」をご参照く
ださい。
2/4
Copyright(c) SAISON INFORMATION SYSTEMS CO.,LTD. All Rights Reserved.
技術文書番号:1-HUL8-PC005-01
5.
etc フォルダ以下と外字テーブル情報のコピー
旧マシンの「HULFT for Windows Ver.6」または「HULFT7 for Windows」で使用していた「etc」フォ
ルダ以下を、新マシンの「HULFT8 for Windows」がインストールされているフォルダ以外の任意の場所
にコピーしてください。
例)
HULFT8 for Windows のインストール先 :C:\HULFT Family\hulft8
HULFT7 for Windows のetcコピー先 :C:\temp\hulft7\etc
上記3にて外字テーブル情報を出力したファイルが etc 配下以外の場合は合わせて新マシンへコピー
してください。
6.
管理情報の手動コンバート
管理情報を手動でコンバートします。コンバートについては、「HULFT8 Windows 導入マニュアル」の
第 8 章「8.3 手動での各種管理情報のコンバート」を参照してください。
例)
コマンドプロンプトから、下記のように実行してください。
> cd "C:\HULFT Family\hulft8\bin"
> hulconv -hulpath C:\temp\hulft7\etc
※旧マシンのシステム動作環境設定に[自ホスト名:myhostname]タグを設定していない場合、新
マシンのホスト名が自ホスト名として採用されますが、指定されていた場合、新マシンに引
き継がれます。
マシン環境に依存したくない場合、[myhostname]タグにて自ホスト名の設定を行ってください。
7.
外字ファイルの展開
上記5にて新マシンにコピーした旧マシンの外字テーブル情報の出力ファイルを展開します。
旧マシンの外字テーブル情報の出力ファイルを HULFT8 for Windows の「etc\gtf」フォルダ配下に上
書きコピーし、外字テーブル展開コマンドを実行します。
例)
EUC からShift-JIS の外字テーブル情報のインポートの場合
コマンドプロンプトから、下記のように実行してください。
> cd "C:\HULFT Family\hulft8\bin"
> utlgtfextdV -i es
※外字テーブル展開コマンドについては「HULFT8 Windows アドミニストレーションマニュアル」の第3章
「3.9.1 外字テーブル展開コマンド」をご参照ください。
Copyright(c) SAISON INFORMATION SYSTEMS CO.,LTD. All Rights Reserved.
3/4
技術文書番号:1-HUL8-PC005-01
8.
クラスタ対応機能固有の作業
「HULFT8 Windows 導入マニュアル」の第 8 章「8.2.2 クラスタ対応機能固有の作業」を行ってくださ
い。
※HULFT8 for Windows-Server導入時のみ実行して下さい。
9.
ユーザアプリケーションの変更
「HULFT8 Windows 導入マニュアル」の第 8 章「8.2.3 ユーザアプリケーションの変更」を行ってくだ
さい。
10.
確認
管理情報や履歴情報が正常にコンバートされているかどうか、管理画面などを使用して、確認を行っ
てください。
管理画面で管理情報を確認する際、[検索条件]や[検索最大件数]の設定により、全件が表示されてい
ない可能性がありますので、ご注意ください。
11.
etc フォルダの削除
上記5にて新マシンにコピーした旧マシンの「HULFT for Windows Ver.6」または「HULFT7 for Windows」
で使用していた「etc」フォルダを、削除してください。
以上で、「HULFT8 for Windows」へのバージョンアップは終了です。
各管理情報などは移行されますが、下記の情報などは移行されませんので、別途移行をお願いいたし
ます。
・ HULFTコンソールログ
・ ジョブ通知履歴
・ リモートジョブ実行履歴(サーバ)
・ utlrjob実行履歴(クライアント)
・ HULFTから起動されているバッチファイル 等
・ 操作ログ
以上
4/4
Copyright(c) SAISON INFORMATION SYSTEMS CO.,LTD. All Rights Reserved.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
100
File Size
95 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content