close

Enter

Log in using OpenID

はじめての CANalyzer.J1939

embedDownload
はじめての CANalyzer.J1939
Version 1.0
2012-06-28
Application Note AN-JON-1-0709
Restrictions
Abstract
Public Document
このアプリケーションノートは初めて CANalyzer.J1939 を使って測定・解析を行う方のための入門書です
Table of Contents
1.0
はじめに ................................................................................................................................................................................................................... 2
2.0
CANalyzer.J1939 の設定 .................................................................................................................................................................................. 2
2.1
新規コンフィギュレーションの作成............................................................................................................................................................. 2
2.2
ボーレートの設定 ............................................................................................................................................................................................. 3
2.3
チャンネル数の設定 ........................................................................................................................................................................................ 3
2.4
データベースの割り当て ................................................................................................................................................................................ 4
3.0
測定・解析のための機能ブロックの設定と利用 ...................................................................................................................................... 5
3.1
トレース Window ................................................................................................................................................................................................. 5
3.2
データ Window .................................................................................................................................................................................................... 6
3.3
グラフィック Window .......................................................................................................................................................................................... 7
3.4
J1939 イベントフィルター(J1939 フィルターブロック) ........................................................................................................................ 8
3.4.1
PG フィルター .................................................................................................................................................................................................. 8
3.4.2
ノードフィルター .............................................................................................................................................................................................. 9
3.5
J1939 診断モニター(DTC モニター) ......................................................................................................................................................11
3.6
J1939 スキャナ ................................................................................................................................................................................................12
3.7
インタラクティブジェネレーターブロック(IG) ........................................................................................................................................14
4.0
よくあるご質問(FAQ) .......................................................................................................................................................................................16
4.1
ユーザー独自の PG(メッセージ)を追加するには? .......................................................................................................................16
4.1.1
データベースを開く .....................................................................................................................................................................................16
4.1.2
シグナルの新規作成 .................................................................................................................................................................................16
4.1.3
メッセージの新規作成とシグナルの割り当て ..................................................................................................................................17
4.1.4
4.2
データベースの保存 ...................................................................................................................................................................................19
簡単に J1939 のリクエストを送信するには? ....................................................................................................................................19
4.2.1
J1939 スキャナを利用してリクエストを送信する ............................................................................................................................19
4.2.2
インタラクティブジェネレーターブロックを利用してリクエストを送信する ..............................................................................21
4.3
CANalyzer.J1939 fun でメッセージを受信してそれに対する応答メッセージを送信するには? ....................................22
4.4
J1939 トランスポートプロトコルの送信間隔を制御するには(CAPL)? ..................................................................................22
5.0
参考情報................................................................................................................................................................................................................23
6.0
お問い合わせ先 .................................................................................................................................................................................................23
1
Copyright © 2013 - Vector Japan Co.,Ltd.
はじめての CANalyzer.J1939
1.0 はじめに
この資料では、初めて CANalyzer.J1939 を使って測定・解析を行うために必要な J1939 特有の設定や機能を説明します。
測定・解析機能のための CANalyzer の基本的な利用方法は、「CANoe/CANalyzer クイックマニュアル」に記載されておりま
すので、併せてご覧下さい。また、本資料に書かれている機能を利用するには CANalyzer のオプション製品である“オプシ
ョン J1939”が必要です。
2.0 CANalyzer.J1939 の設定
ここでは、測定を開始する前に必要な設定のうち J1939 特有のものに関して説明します。尚、ハードウェアの接続とチャン
ネル数の設定に関しては、「CANoe/CANalyzer クイックマニュアル」をご覧下さい。
2.1
新規コンフィギュレーションの作成
CANalyzer.J1939 のメインメニューの[ファイル]-[新規コンフィギュレーション]を選択すると、下記のようなテンプレート選
択ダイアログが表示されます。J1939 用のテンプレート[J1939.tcw]を選択します。
[OK]ボタンを押すと以下のような、3つのデスクトップやトレース Window などが含まれるコンフィギュレーションが作成され
ます。
2
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
2.2
ボーレートの設定
J1939 の規格では、ボーレートは 250kBaud または 500 kBaud が規定されています。CANoe/CANalyzer.J1939 の
Version8.0 以降のバージョンをお使いの場合は、ネットワークハードウェア設定の[J1939 設定] で 250kbaud または
500kbaud を選択できます。それ以前のバージョンをお使いの場合は、ネットワークハードウェア設定の[J1939 設定] では
250kbaud を選択できます。(以前のバージョンのものをお使いの場合は[設定]画面で 500kbps に変更できます)
ネットワークハードウェアの設定は、CANalyzer のメインメニューの[設定]-[ネットワークハードウェア設定]を選択して表
示できます。 [J1939 設定]を選択したら、[適応]ボタンまたはチェックボックス選択して、ボーレートを設定します。
2.3
チャンネル数の設定
メインメニューの[設定]-[オプション]を選択すると、下記のようなオプション設定ダイアログが表示されます。[コンフィギ
ュレーションの設定]-[チャンネルの利用状況]を選択し、CAN のチャンネル数を設定します。利用するチャンネル数はお
客様のシステムに応じて適切に選択して下さい。
3
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
2.4
データベースの割り当て
メッセージの中の個々のデータを分かりやすく表示するためには、CANalyzer にメッセージの定義情報であるデータベース
を登録する必要があります。CANalyzer.J1939 にはサンプルデータベースが付属しています。サンプルデータベースファイ
ル”J1939.dbc “には J1939 規格で定義されたメッセージが含まれています。サンプルのデータベースは、サンプルコンフィ
ギュレーションをインストールしたディレクトリーの下のディレクトリー<Demo_J1939_CL\Database>中に存在します。
CANalyzer Version7.6 の場合のデフォルトのインストールフォルダ:
<C:\Documents and Settings\All Users\Documents\Vector\CANalyzer\7.6\CANalyzer Demos>
以下の手順でデータベースを割り当てます。
メインメニューの [ファイル]-[データベースを関連付け]を選択し、データベース管理 Window を表示します。
次に、データベース管理 Window で[チャンネル1]-[データベースを追加]を選択します。
次に、”J1939.dbc”選択します。作成済みのデータベースを持っている場合は、そのデータベースファイルを選択します。
4
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
3.0 測定・解析のための機能ブロックの設定と利用
ここでは、J1939 の PG(メッセージ)を測定・解析の機能で J1939 特有の機能と設定を紹介します。
3.1
トレース Window
トレース Window のカラムには、PGN(パラメーターグループナンバー)、Src(ソースアドレス)、Dest(デスティネーションアド
レス)、Prio(プライオリティ)などの J1939 特有の情報が表示されます。
トレース Window のカラムを個別に表示・非表示にできます。また、J1939 特有のカラムを選択して追加できます。カラムを
右クリックして、[カラム設定]を選択するとカラム設定ダイアログが表示されます。(J1939 テンプレートを使用してコンフィギ
ュレーションを作成した場合は、J1939 特有のカラムがデフォルトで追加されます)
5
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
3.2
データ Window
データ Window には、SA(ソースアドレス)と DA(デスティネーションアドレス)、J1939 インジケーターのカラムが追加できま
す。複数のノードから同じパラメーターグループ(メッセージ)が送信されている場合に、同じ名前のシグナルの送信元アドレ
スが簡単に判断できます。シグナルは、データ Window 上で右クリックし [シグナルを追加] を選択し、追加できます。
J1939 インジケーターは、シグナルの値に応じて、●緑色: 有効な値、●黄色: 無効な値、●赤色: エラーのアイコンが
表示されます。
また、データ Window 上でシグナルを選択し、右クリックをして[編集]を選択すると編集ダイアログが表示されます。このダ
イアログでは、各シグナルの送り元アドレス(SA),送り先アドレス(DA)を指定できます。この設定は、データベースに定義さ
れたパラメーターグループ(メッセージ)のアドレスが未定義(*NULL)の場合に指定できます。この設定は、1つのノードが
複数のノードに対して同じ種類の PG(メッセージ)を送信している場合と、複数のノードから同じ種類の PG が送信されてい
る場合に利用します。
6
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
3.3
グラフィック Window
グラッフィック Window はシグナルを視覚的に分かりやすく表示し、データの傾向が判断できます。指定した測定点の値と、
2 点間の差分も表示できます。
グラフィック Window で右クリックをして、[設定]を選択するとグラフィックの設定ダイアログが表示されます。[設定]-[シグ
ナルリスト]を選択すると、登録されているシグナルの一覧が表示されます。シグナルリストのカラムには J1939 インジケー
ターのカラムがあります。このチェックボックスを有効にすると、登録したシグナルは J1939 規格のシグナルコーディングに
従って解釈されます。シグナル値が Not available の場合には、グラフにデータは表示されず、最後の有効範囲内の値が破
線で表示されます。
7
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
3.4
J1939 イベントフィルター(J1939 フィルターブロック)
J1939 イベントフィルターを利用して、トレース Window に見たいメッセージだけを測定し表示できます。J1939 イベントフィル
ターは測定設定 Window の各機能ブロックの前のホットスポットを右クリックして、[イベントフィルターを挿入]-[J1939]を
選択して追加できます。追加した[JFB]のブロックをダブルクリックすると、J1939 フィルターブロックの設定画面が表示され
ます。
イベントフィルターには、PG フィルターと ECU フィルターの2種類のフィルターがあります。通過フィルター/ブロックフィルタ
ーを設定し、特定 PG や特定の ECU に対して送信される PG などをフィルタリングできます。
3.4.1
PG フィルター
J1939 フィルターブロックの[PG フィルター]タブを選択し、フィルターブロックの[編集]メニューから[データベースから追
加]/[PG フィルターを追加]/[PG 範囲フィルターを追加]のいずれかを選択してフィルター設定を追加します。
8
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
下の画面は[データベースから追加]を選択して、PG フィルターを設定したものです。必要に応じて、ソースアドレス、デステ
ィネーションアドレスも設定します。
3.4.2
ノードフィルター
ノードフィルターは特定のノードで送受信される PG だけを表示させる場合や、特定のノードの送受信される PG だけを表示
させないようにするために利用できます。
J1939 フィルターブロックの[ノードフィルター]タブを選択し、フィルターブロックの[編集]メニューから[データベースから追
加]または[ノードフィルターを追加]のどちらかを選択してフィルター設定を追加します。
9
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
下の画面は[データベースから追加]を選択して、ECU フィルターを設定したものです。必要に応じて、プロパティも設定しま
す。
10
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
3.5
J1939 診断モニター(DTC モニター)
J1939 DTC モニターは、ECU が送信する J1939-73 既定の診断メッセージを視覚的に分かりやすく表示します。各 ECU の
アドレス毎に異常機能や警告などの状態を表示できますので、車両内の各 ECU の状態を一目で把握できます。Window
下部のタブに現在有効な DTC や DTC の履歴 の内容が表示されますので、各 ECU の状態をより詳細に監視できます。ま
た、さまざまな診断メッセージをこの Window からリクエストできます。
DTC モニターは、測定設定 Window に追加します。測定ウィンドウの機能ブロックを選択し、右クリックすると下記のようなコ
ンテキストメニューが表示されます。[J1939 診断モニターを挿入]を選択し、追加します。追加したブロックをダブルクリック
すると J1939 診断モニターが表示されます。
赤枠で囲まれたメッセージアイコン隣の矢印をクリックするとコンテキストメニューが表示されます。コンテキストメニューはタ
ブ毎に表示される項目が異なります。ノードを選択した場合は、選択したノードに対してリクエストが送信されます。ノードが
選択されていない場合は、リスト表示されている全てのノードに対して個別にリクエストが送信されます。[グローバル]を選
択した場合はグローバルアドレス宛に送信されます。
11
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
3.6
J1939 スキャナ
J1939 スキャナは、J1939 規格では必須機能であるアドレスクレームの情報を元に、ネットワーク上に存在する ECU とその
アドレス、さらにアドレスの変化を分かりやすく表示します。
J1939 スキャナは、測定設定 Window に追加します。機能ブロックを選択し、右クリックすると下記のようなコンテキストメニ
ューが表示されます。[J1939 スキャナを挿入]を選択し、追加します。追加したブロックをダブルクリックすると J1939 スキ
ャナが表示されます。
J1939 スキャナの[システム]タブを選択し、表示されたネットワークノードを選択すると、右側にデバイス名などが表示され
ます。
12
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
[ノード]タブを選択すると、アドレスを取得した時間が表示されます。
13
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
3.7
インタラクティブジェネレーターブロック(IG)
インタラクティブジェネレーターブロックは、メッセージを送信するための機能です。周期送信やボタンやキーを押しての送
信など、さまざまな方法でメッセージを送信できます。
インタラクティブジェネレーターブロックは、測定設定 Window の送信ブランチに追加します。送信ブランチの四角いボックス
(ホットスポット)を右クリックするとコンテキストメニューが表示されます。[インタラクティブジェネレーターブロックを挿入]を
選択すると、“IG”のブロックが追加されます。“IG”のブロックをダブルクリックすると IG の Window が表示されます。
IG でメッセージを送信するためには、送信するメッセージを登録する必要があります。IG の[新規]ボタンを押すと、
[メッセージおよびバスイベントの選択]画面が表示されますので、ここでメッセージを選択します。画面の上部にあるテキス
トボックスにメッセージ名の一部を入力して、双眼鏡のアイコンをクリックするとメッセージを検索できます。
14
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
オプション J1939 の場合、[J1939]タブを選択できます。Prio(プライオリティ)、SRC(ソースアドレス)、DST(デスティネーショ
ンアドレス)、EDP、 DP など J1939 特有のフィールドを自由に設定できます。IG の下半分の画面には、メッセージの中のデ
ータ(シグナル)が表示され、ここで値を設定します。下の図でオレンジ色に強調されているシグナルは、J1939 のシグナル
コーディングに基づき、「Not Available」と解釈されたものです。
15
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
4.0 よくあるご質問(FAQ)
4.1
ユーザー独自の PG(メッセージ)を追加するには?
データベースにユーザー独自の PG を追加できます。追加方法は下記の手順で行います。

データベースを開く

シグナルの新規作成

メッセージの新規作成とシグナルの割り当て

データベースを保存
既に CANalyzer のコンフィギュレーションを作成し、データベースが割り当てられていることを想定し手順を示します。ここで
は、名前が“UserPG”、PGN が 0xFF01、ソースアドレスが 0x08, プライオリティが 6 である PG を追加します。また、メッセー
ジ長は1バイト、シグナルは8ビットの符号なしデータで名称は”UserData”とします。
4.1.1
データベースを開く
CANalyzer のデータベース管理 Window を選択し、割り当てたデータベースをダブルクリックします。Vector CANdb++エディ
ターが起動され、データベースが表示されます。
4.1.2
シグナルの新規作成
左側のツリービューの[シグナル]を右クリックして、[新規]を選択します。シグナル編集ダイアログが表示されるので、[名前]
に“UserData”を入力し、[値タイプ]は”Unsigned“を選択し、[OK]ボタンを押します。
16
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
4.1.3
メッセージの新規作成とシグナルの割り当て
左側のツリービューの[メッセージ]を右クリックして、[新規]を選択します。
メッセージ編集ダイアログが表示されるので、[名前]に“UserPG”と入力し、[DLC]を”1 “に変更します。
さらに、[ID]の入力ボックスの右側のボタンを押し、ID 編集ダイアログを表示させます。ここでは、[PGN]を0xFF01、優先度
を0x06、送信側を0x08に設定します。また、メッセージの[タイプ]は“J1939 PG(ext.ID)”を選択します。
17
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
次に、メッセージ編集ダイアログの[レイアウト]を選択し、[追加]ボタンを押します。シグナルを選択するダイアログが表示さ
れるので、[値]の入力ボックスに“UserData”と入力し[フィルター]ボタンを押します。登録したシグナルがリストボックスに表
示されるので、UserData を選択し、「OK ボタンを押します」
以下のように割り当てられたら、[OK]ボタンを押して、メッセージの編集を終了します。
以上の手順で下記のようにメッセージが登録されます。
18
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
4.1.4
データベースの保存
データベースにメッセージを追加したら[ディスク]アイコンをクリックして保存します。
4.2
簡単に J1939 のリクエストを送信するには?
簡単に J1939 のリクエストを送信する方法は下記の2通りの方法があります。

J1939 スキャナを利用する方法

インタラクティブジェネレーターブロックを利用する方法
ここでは、アドレス0xF9 の“ECU A”からアドレス0x01の“ECU B”に対して EEC1(0x00F004)をリクエストする例を示し
ます。
4.2.1
J1939 スキャナを利用してリクエストを送信する
この方法は、リクエストの宛先のノードからのメッセージを J1939 スキャナが受信している場合にのみ利用できます。
初めに、J1939 スキャナを表示し、アドレス0x01のノードが表示されていることを確認してノードを選択します。
19
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
次に、右側に[パラメーターグループをリクエスト]の項目を表示し、EEC1 を選択し、[PG をリクエスト]ボタンを押します。
リクエストに対する応答を受信すると、受信データは下記のように表示されます。
20
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
4.2.2
インタラクティブジェネレーターブロックを利用してリクエストを送信する
インタラクティブジェネレーターブロックの追加方法は3.7章の「インタラクティブジェネレーターブロック」を参照してください。
ここでは、リクエストメッセージの選択とデータの設定方法を説明します。データベースはサンプルデータベース J1939.dbc
が割り当てられているものとして説明します。
IG の Window を表示し、[新規]ボタンを押します。[メッセージおよびバスイベントの選択]画面が表示されますので、ここで
メッセージを選択します。画面の上部にあるテキストボックスに“RQST”と入力して、双眼鏡のアイコンをクリックするとメッセ
ージが選択されます。[OK]ボタンを押し、IG のリストに登録します。
次に、ソースアドレス(SRC)に0xF9、デスティネーションアドレス(DST)に0x01、ParameterGroupNumber に0xF004 を入
力し、設定は完了です。
21
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
測定を開始して、IG の送信トリガーの [今すぐ]ボタンを押して、リクエストが送信されることを確認します。
4.3
CANalyzer.J1939 fun でメッセージを受信してそれに対する応答メッセージを送信するには?
メッセージを受信して任意のメッセージを送信するためには、CAPL でプログラミングする必要があります。そのため、
CANalyzer.J1939 pro が必要になります。
4.4
J1939 トランスポートプロトコルの送信間隔を制御するには(CAPL)?
output()関数で J1939 トランスポートプロトコルのデータを送信する場合、送信間隔は固定です。送信間隔を制御したい場
合は、CAPL を用いて J1939 トランスポートプロトコルをプログラミングする必要がございます。
22
Application Note AN-JON-1-0709
はじめての CANalyzer.J1939
5.0 参考情報
CANoe/CANalyzer クイックマニュアル(pdf)
QM-JSP-10801-1
CANoe/CANalyzer -ファーストセットアップ(Web ページ)
6.0 お問い合わせ先
ベクター・ジャパン株式会社
(東京本社)
〒140-0002 東京都品川区東品川 2-2-20 天王洲郵船ビル 16F
(名古屋支社)
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄 4-5-3 KDX 名古屋栄ビル 9F
URL: http://www.vector-japan.co.jp
■ 営業部
(東京)
TEL: 03-5769-6980
(名古屋) TEL: 052-238-5020
E-mail: [email protected]
FAX: 03-5769-6975
FAX: 052-238-5077
■ カスタマーサポート部
(東京)
TEL: 03-5769-6971
E-mail: [email protected]
23
Application Note AN-JON-1-0709
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
47
File Size
983 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content